5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(´・ω・`)

1 :少年法により名無し:2008/01/10(木) 15:46:20 0
15歳のとき、島根県の叔父宅に預けられ、現地の中学校を卒業し
集団就職で日本電装(現・デンソー)に入社したが、2年で退職
その後は転職を繰り返し、商品取引業者の岡地に入社
岡地では高い営業成績を上げていたが
顧客の金を勝手に小豆市場につぎ込んで大穴を明けたことが発覚して解雇されている
その後も再び職業をめまぐるしく変えているが
この間の1976年3月30日、大垣競輪場のトイレでスリを働いて逮捕されている

1981年4月22日に大阪豊田商事を設立。永野が「豊田(トヨダ)」を会社名にした理由は
中学校を卒業して最初に就職した先がトヨタグループの自動車部品メーカーであるデンソーであったため


豊田商事で数千億円もの金を集めるのに成功し、高級乗用車を乗り回し
さらには自家用のクルーザーまで保有するなど派手好みではあったが
一方では「顔を知られると殺される」と恐れ、マスコミを嫌っていた
また、「女房に累が及ぶ」ことから結婚もしなかった

永野が恐れていた「顔を知られると殺される」は現実となった
1985年6月18日夕方、大阪市北区の自室マンションの玄関前に
「今日逮捕」との情報を聞きつけてマスコミ取材班が集まる中
被害者の元上司に当たる自称右翼の男二人が窓ガラスを破って侵入し
刺殺した。このときの永野の所持金はわずか700円あまりだった
惨殺される映像はNHKや民放テレビ各局で流れ
NHKは「子供には見せないでください」と慌ててアナウンサーが呼びかけた
読売新聞が読者投票で選ぶ1985年の日本10大ニュースでは
この惨殺事件が日本航空123便墜落事故に次いで第2位に選ばれた




2 :少年法により名無し:2008/01/10(木) 23:49:30 O
何が言いたい?

3 :少年法により名無し:2008/01/10(木) 23:52:39 O
>>1
もういいだろ?
死ねよ

4 :少年法により名無し:2008/01/11(金) 10:53:31 0
参議院議長 木 村 睦 男 殿
   大韓航空機撃墜事件の真相解明に関する質問主意書
 大韓航空機事件については、これだけの日時を経てもなおかつ
事件の真相と実態についての解明は遅れている
よつて、以下の点について政府側の見解を伺いたい
一 ソ連機による過剰反応や軽卒な撃墜が
全く弁解の余地もない非道なものであることは当然としても
事件そのものの主因ないし第一義的責任は
領空侵犯した大韓航空機側にあるとは考えないか
二 真相解明の大きな鍵として必須のものは、米国側資料であり
とりわけ重要なものとしては、米空軍が保管しているものと思われる
次の二つのレーダー基地の資料ではないのか
その一つは、各国民間機のフライト・プランを事前に連絡されているアリューシャン列島中部
シェミア米軍基地のDEWレーダーがとらえた大韓機の航跡データであり
今一つは、アラスカ西端、ケープ・ローマンゾフ基地の米空軍DWEレーダーによる
大韓機関係データである。日本政府の照会に対して、去る九月二十二日
米国政府からアンカレッジ・レーダーの件については
既にラフな回答が寄せられているが、肝心のシェミア・レーダー等には全く触れていない
この二つの基地のデータが明らかになれば、大韓機事件の真相解明は大きく前進するものと思われる
この二つの基地の関係資料を含め、改めて具体的な対米要請を行うべきではないか
三 前記両基地のデータも大韓機関係に限局したものであり
基本的に米国の国防上の安全や機密に触れるものではあるまい
ソ連側がさまざまなレベルでキャンペーンしている
「大韓機スパイ説」や「米国による謀略説」への具体的な反論として
この際前記データは肝要なものと考えられる
政府の早急な対応を期待したいがどうか
四 運輸省の航空事故調査委員会は
この種のわが国と関連の深い航空機事故の原因と真相の解明に当たるため
調査委員会を開くべきであると考えるが、政府の方針はいかがか
  右質問する


5 :少年法により名無し:2008/01/11(金) 15:32:19 0
2000年にセルビア軍はコソボから撤退し、一応の終結を見た
ミロシェビッチ大統領は失脚し、裁判にかけられた
以後、コソボは国連の監視下に置かれているが
今度はアルバニア系住民のセルビア系住民に対する迫害が問題となり
セルビア系住民の多くがコソボを追い出されて難民となった

現在、コソボ自治区は形式上はセルビア共和国に帰属しているが
事実上の独立国となっている。旧ユーゴスラビア連邦の中でコソボは最も貧しい地域であり
最先進地域でEU加盟も果たしたスロベニアとは8倍もの経済格差がある
国家再建の足かせになるコソボの独立をセルビアが断固として認めなかった理由は
セルビア人にとって、コソボは民族の栄光と悲劇を象徴する場所だからである
コソボは中世セルビア王国の首都が置かれた場所であり
セルビア正教の聖地でもある。1389年、セルビア王国はコソボの戦いにおいてオスマン帝国に敗れ
コソボはオスマン帝国の支配下に置かれ、セルビアもトルコに臣従することになった
そのときの物語から、コソボは、セルビア人にとって聖地とされてきたのである



6 :少年法により名無し:2008/01/11(金) 15:42:27 0
前駆地震活動期 (1989.11〜1990 11/16)
橘湾(千々石カルデラ)で地震群発開始(1989.11)
山頂へ震源域拡大・微動発生(1990.7)
噴煙活動期 (1990. 11/1〜1991.5/19)
1) 九十九島・地獄跡火口活動期(1990.11/17〜1991.2/11)
両火口より噴火開始(11/17):水蒸気爆発
2) 屏風岩火口活動期(1991.2/12〜1991.3/28)
屏風岩新火口噴火開始(2/12):水蒸気爆発
3) 3火口同時活動期(1991.3/29〜1991.5/11)
マグマ水蒸気爆発
4) 地殻激変期(1991.5/12〜1991.5/19)
山体膨張・熱消磁・火口直下地震激増・地割れ発生
溶岩ドーム形成期 (1991.5/20〜1995.3)
1) 第1期(1991.5/20〜1992.12):主にローブ形成
溶岩噴出開始(5/20)火砕流発生開始(5/24)
大火砕流(6/3,6/8,9/15: 安中地区へ流下)
溶岩噴出激減(1992末)
2) 第2期(1993.1〜1993.10):主にローブ形成
溶岩噴出再開(2/2)大火砕流(6/23〜24:千本木地区へ流下)
大火砕流(6/26,7/19: 安中地区へ流下)
3) 第3期(1993.11〜1995.2):主に破砕溶岩丘形成
中小火砕流南北両側へ拡大(1994.1〜9)
溶岩噴出停止(1995.2)
後続変動期 (1995.3〜1998.6現在)
溶岩ドーム・火道冷却収縮・自重沈下進行中


7 :少年法により名無し:2008/01/11(金) 15:47:16 0
−経緯−
平成4年2月24日、東京地検は東京佐川急便の渡辺広康社長ら4人を特別背任容疑で逮捕した
乱発した債務保証は数千億円といわれ、この内回収不能は950億円
乱発した資金の大半は暴力団・右翼団体に流れ、20億円は政治家への闇献金としてばら撒かれた
闇献金は、総理経験者や金丸信副総理など大物政治家12人に渡ったとされる

−驚く初公判−
同年9月22日の初公判で、渡辺社長は以下の証言をした

昭和62年当時、自民党総裁後継でポスト中曽根の座を安倍晋太郎、宮澤喜一らと激しく戦っていた竹下登に対して
香川県の右翼団体・日本皇民党は「ほめ殺し」を街宣車で展開していた
「金儲けの上手な竹下さんを総理にしよう」などと全国で展開された竹下は
このピンチを乗り越えようと腹心で参謀の金丸真に相談
そこで金丸は、東京佐川急便社長の渡辺に皇民党の活動を中止するよう依頼した

この意を受けた渡辺は、広域暴力団の稲川会の石井進前会長に相談する
そこで、昭和62年10月に石井前会長は皇民党の稲本虎翁総裁と会談した
石井前会長の街宣活動中止要請に対して皇民党は
ほめ殺しの中止条件として、田中元総理に対して謝罪を要求したという

確かに数日後、竹下は突然、田中元首相の私邸に訪問している
この結果、日本皇民党の竹下に対する「ほめ殺し」はピタっと止まる

だが、稲川会は貸しができた東京佐川急便に対して
以降様々な理由で資金援助を要請し前述の通り
数千億単位で資金が闇社会に流れていく
東京地検も闇献金や不正融資などの追及を続けたが結局
東京佐川急便からの政治献金の中で5億円の授受をしていた金丸信が
平成4年9月28日に政治資金規正法違反で略式起訴されただけで
その他の大物政治家や闇資金ルートは解明されないまま事件は闇に葬らされた


8 :少年法により名無し:2008/01/11(金) 16:00:57 0
北海道南西沖地震復興宣言

 1993年7月12日午後10時17分、奥尻島民にとっては永遠に忘れることのできない日となった
 自然の恵みにつつまれた平穏な島のたたずまいが大地の鳴動とともに
一瞬にして廃虚と化したあの日、あの時の悪夢を…
 焦燥と悲惨さにあえぎ、さながら“瓦礫のマチ”をさすらった島民が
その再起、再生の悲願に燃え、立ち上がったのは
全国から差しのべられた救援のあたたかい手のぬくもりであり
島民にとっては決して忘れることのない人間の愛の尊さだった
 人は苦しみ、悲しみを時として忘却の彼方に追いやる
しかし、家族や友人など198名の尊い人命を失った冷厳な事実を
私たち生きながらえた島民は、長く後世に語り継ぐ責務がある
 私たち島民は、あの辛さ、苦しみに耐え、希望と勇気を今
21世紀の新しいスタートに向け、未来「奥尻創造」
の大いなる理想に英知と総力を結集することを誓い
ここに完全復興を宣言する

                     平成10年3月17日
                     奥尻町長 越森幸夫


9 :少年法により名無し:2008/01/11(金) 16:07:35 0
事件は収まったかのように思われたが、4月7日になって犯人グループは
「かい人21面相」名で「けいさつの あほども え」との書き出しで始まる
和文タイプライターで記された挑戦状を新聞社に送りつけてきた
マスメディアや捜査本部では企業へ脅迫目的で送られた手紙を脅迫状
新聞社やテレビ局、週刊誌などに送って社会へ公表することを前提に書かれた手紙を挑戦状として区別している
このマスコミに当てた挑戦状をそのまま紙面に載せることについては
朝日新聞社内でも犯人の意図に沿うことになるのではないかと異論も出たが
結果的に載せることになり、マスメディアを通じて
犯人から国民へ向けた情報発信がなされることになった
これをもって、社会評論家の赤塚行雄はグリコ・森永事件を劇場型犯罪と名付けて
同時期にマスメディアを騒がせていたロス疑惑と共にこの表現は使われた
5月10日に送られてきた脅迫状の文面には「青酸ソーダ(シアン化ナトリウム)入りのグリコ製品を置いた」とあったが
その時には青酸ソーダ入りのグリコ製品は発見されていない
その後、10月7日に江崎社長の自宅(当時)がある兵庫県西宮市内のコンビニから
「どくいり きけん たべたら しぬで かい人21面相」と関西弁で書かれた紙が張られた森永製菓製品の菓子が発見され
実際にシアン化ナトリウムが検出された。防犯カメラに犯人とおぼしき男(野球帽の男)が映っていた為
警察はその男の写真を公開、幅広く情報収集に乗り出したが有力な手がかりは無かった
その後、かい人21面相と書かれた脅迫状が丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋に
次々と送りつけられ現金を要求。江崎グリコに対する休戦宣言の裏で丸大食品を脅迫したが実際失敗している
9月18日には森永製菓に脅迫状が送りつけられ2ヵ月後の11月14日にはハウス食品に脅迫状が届いた
ハウス食品は犯人の指示どおり
車に1億円を積み名神高速道路の指定された大津パーキングエリア内で待機したが
その前後に以前から犯人グループの一人と目されていた
「キツネ目の男」が一般道から進入できるパーキングエリアで複数回目撃されている

10 :少年法により名無し:2008/01/12(土) 09:18:44 0
1997年7月、翌1998年の総選挙を控えて対立してきた二大与党(人民党及びフンシンペック党)の間で
武力衝突が発生し、ラナリット第一首相(フンシンペック党党首)は国外へ逃れた
これに対し、我が国事変発生以前には橋本総理(当時)のイニシアティブで事態沈静化のため
仏と共に特使(今川元大使)を派遣した他事変発生後においても訪日したフン・セン首相への働きかけや
停戦とラナリット殿下の選挙参加に関する4項目提案を行うなどして
自由・公正な選挙実施による事態の正常化のために貢献した
1998年7月の総選挙に対しては、選挙費用21百万ドル(当初見積もり)の内
912万ドルを支援し、選挙専門家1名及び監視員32名を派遣した
 その後も次の通り選挙支援を実施している

 2002年2月の地方選挙:選挙費用約18百万ドルの内
3百万ドルをノンプロ無償見返り資金により支援
NGOによる有権者教育活動等を草の根無償で支援
我が国現地大使館員を中心とする18名により選挙監視活動を実施
 2003年の総選挙:国家選挙管理員会に226万ドル
NGOに草の根無償で13.6万ドルの支援を実施。選挙監視団25名を派遣


11 :少年法により名無し:2008/01/12(土) 12:53:09 0
概要
1948年12月30日午前3時頃、熊本県人吉市で祈祷師夫婦が殺害され
娘二人が重傷を負わされ、現金が盗まれた
翌1949年1月13日、警察は熊本県球磨郡免田町(現:あさぎり町)在住の免田栄を
玄米を盗んだ罪で別件逮捕し、同月16日には殺人容疑で再逮捕した
この3日間余りの間、警察は免田に拷問と脅迫を加え、自白を強要させていた
同月28日に強盗殺人罪で起訴。免田は第一審の第三回公判で自白は拷問で強要されたものであり
事件当日には特殊飲食店の女性と遊興しておりアリバイがあるとして無罪を主張

警察はアリバイの捜査を行うが、アリバイ証人に対し「一緒にいたのが翌日」というように証言を誘導させた
また、検察は証拠品である凶器の鉈、免田が犯行時に着ていて血痕が付着していたとされる
法被・マフラー・ズボンなどを廃棄するという証拠隠滅とも思える行動をとっている

判決
1950年3月23日、熊本地裁八代支部は死刑判決を言い渡す
免田は控訴するが1951年3月19日に福岡高裁で控訴が棄却される
更に免田は上告するが、1952年1月5日に最高裁で上告が棄却され、死刑が確定した

再審
免田は再審請求を行うが、第5次請求まで全て棄却された
そして第6次再審請求が承認され、1979年9月27日に再審が開始される

再審ではアリバイを証明する明確な証拠が提示されたこと
検察側の主張する逃走経路に不自然な点が見受けられたことなどが指摘され
1983年7月15日、発生から34年6ヶ月後、無罪判決が言い渡された

刑事補償法に基づき、死刑確定判決から31年7ヶ月の拘禁日数12,559日に対して
免田に9,071万2,800円の補償金が支払われた


12 :少年法により名無し:2008/01/12(土) 13:02:30 0
 1988年8月20日、イスラム原理主義国家イランと
サッダーム・フセイン大統領独裁の世俗国家イラクとの
8年間に及ぶイラン・イラク戦争が一応の停戦を迎えた
 戦争中にアメリカ合衆国、ソビエト連邦などの大国や、ペルシャ湾岸のアラブ諸国に援助された軍事力は
イスラエルをのぞいた中東では最大となったが、イラクは600億ドルもの膨大な戦時債務を抱えることとなり
戦災によって経済の回復も遅れていた。イラクが外貨を獲得する手段は石油輸出しかなかったが
当時の原油価格は1バーレル15から16ドルの安値を推移し、イラク経済は行き詰っていた
 イラクが戦時債務を返済できないことから、アメリカは余剰農作物の輸出を制限し始めた
食料をアメリカに頼っていたイラクはすぐに困窮してしまった
 また、アメリカが工業部品などの輸出も拒み始めたことで
石油採掘やその輸送系統についても劣化が始まり、フセイン大統領は追い詰められた
 一方、サウジアラビアとクウェートがOPECの割当量を超えた石油の増産を行なっていた
サウジアラビアは表向きOPECの指示に従っていたが、国有油田とは別にサウド家の私有物として
石油を採掘し、海外に売りさばいていた。クウェートはOPECを完全に無視して大量に採掘し
原油価格は値崩れを起こした。こうして石油価格は大きく下がり
石油輸出に依存していたイラク経済に打撃を与えていた
 クウェートはルメイラ油田から大量採掘を行ったが、この油田については
イラクも領有を主張しておりクウェートの行為は盗掘だと非難した
 また、クウェート国内では石油利益の配分を巡って対立が起こっており
政府がイラクに無償援助した約100億ドルを返済させる運動が起こったため
クウェートはイラクに返済を働きかけたが、当然ながらイラクには返せる財産はなく
反対に更なる援助を要求され、両国は外交的衝突に至った
 フセイン大統領はOPECに対し、原油価格を1バーレル25ドルまで引き上げるよう要請していた
しかし、OPECは聞き入れず、クウェートやサウジアラビアはなおも増産を続けたため、ついにイラク軍が動いた
7月27日にはクウェート北部国境に機甲師団を集結しているところを米偵察衛星が発見した
集結した戦車隊は砲門を南側へ向け、威嚇していた


13 :少年法により名無し:2008/01/13(日) 10:40:47 0
2003年2月18日午前9時53分頃、大邱広域市地下鉄公社1号線の
中央路駅構内地下3階のホームに到着した第1079列車の車内で
自殺願望の男性が飲料用ペットボトルの中からガソリンを振りまいて放火し火災となった
 放火された車両は難燃材を用いて製造されていたが、熱には弱い材質であったため
特に窓ガラスの支持等に使用されていたゴム材が溶解して部品が脱落し、火炎が編成全体に行き渡る結果となった
 火災発生時、地下鉄の指令センターは状況を正しく把握しておらず
また防災管理能力も欠如しており、直ちに運転中止措置を取らなかった
そのため、火災発生直後、異常を知らされていなかった対向列車・第1080列車(第5編成)が
中央路駅に入線した。中央路駅は対向式ホームであるため
炎上している編成に隣接して対向列車が停車する形となってしまった
しかも指令センターは状況把握の間運転抑止を行い運転士に対しても何も指示を出さなかった
その後、ようやく発車指令が出されたときには火災によって送電が停止してしまっており
既に駅構内の照明も落ちていた。この送電異常にも指令センターはすぐに気付かなかった
 事故に気づいていたのは警察と消防署だった
脱出してきた乗客が携帯電話で消防署に通報し、駅近くにあった消防署からも
駅から煙があがっているのが確認され、消防署が指令センターに火災状況について知らせるという
事故を想定していないシステムであったことが露呈された
 火災は対向列車に延焼し、指令センターは火災から9分後の10時2分にやむを得ず運転士に避難指令を出した
運転士は即座に全てのドアを開けて乗客に避難するよう告げた
しかし、既に電気配線を燃焼させられ前2両のみの扉しか開放できなかったとされる
運転士は一度ドアを開放したまま避難したが
もう一度電車を動かせるかどうか試みるため運転室に戻り
考えられる全ての方法で通電をしたが電車は動かず
その時ドアの開閉に必要なマスコンキーを抜いて避難
これによって電車のドアが閉まった
対向列車の車両も出火元の車両と同一構造で
ドアには非常開放機構もあったが、その使用法が明確に表示されておらず
窓からの脱出も不可能であるため、閉じ込められた乗客の多くが脱出できないまま焼死した

14 :少年法により名無し:2008/01/13(日) 10:52:11 0
モスクワ劇場占拠事件は、2002年10月23日から10月26日にかけて
ロシア、チェチェン共和国の独立派武装勢力が起こしたテロ事件

42名の武装勢力は、モスクワ中央部にある劇場ドブロフカ・ミュージアムで人質922名を取り
ロシア軍のチェチェン共和国からの撤退を要求した
これが受け入れられない場合は人質を殺害、自分達も爆弾を使って劇場ごと自爆すると警告
これに対し、ロシア当局は強硬な態度を示し、武装勢力の要求を事実上拒否して武装勢力は追い詰められた

その後武装勢力は、10月26日朝までに自分達の要求が受け入れられなければ人質を殺害するという最後通告を行ったため
緊張が高まった。政府はこれに対し交渉を行うとの声明を出したが
実際は突入への準備が行われていたといわれる
26日の午前6時20分頃に特殊部隊が突入。スペツナズと呼ばれる、軍の精鋭部隊である
その際、特殊部隊は犯人を無力化するためにKOLOKOL-1と呼ばれる非致死性ガスを使用した
直後に異変に気付いた武装グループと特殊部隊との間で銃撃戦が発生したが、武装勢力側は全員死亡した
なお、突入の直前に犯行グループ側が人質を殺害したとの報道も流されたが、詳細は不明である

ガスの使用については周囲に一切知らされておらず、解毒薬も特殊部隊の一部にしか与えられていなかったため
人質の救出と治療に問題が起き、最終的に人質129名が中毒死した
ロシア政府は当初、このガスの成分を一切公表しなかったが
後日ロシア保健相が麻酔薬であるフェンタニルを主成分にしたものであるとの発表を行った
しかし、詳細な成分については今なお不明である

15 :少年法により名無し:2008/01/14(月) 12:26:11 0
1988年(昭和63)6月の『朝日新聞』横浜支局のスクープ記事から発覚した戦後最大級の構造汚職疑惑で
問題の多い日本の株式市場のゆがみを利用して政・財・官界など特権階級の人々の
金儲け主義(錬金術)が白日の下にさらされた

事件の発端は、川崎市テクノピア地区へのリクルート社進出にからみ
同市助役へのリクルート社の子会社であるファーストファイナンス社の
未公開株融資付き売買疑惑であったが、まもなく、リクルート・コスモス株の疑惑譲渡先として
元閣僚を含む76人が発覚、さらには、コスモス社の松原社長室長から
この事件追及をすすめていた社会党(当時)楢崎弥之助議員に500万円の贈賄工作があったとの
代議士自らの告発という事態に発展
この模様はテレビで放映され、世論は沸騰した

1988(昭和63)年10月東京地検特捜部は、リクルート社などを強制捜査
松原室長を贈賄容疑で逮捕。翌89(平成元)年2月には
リクルート社江副浩正前会長ら2名を贈賄容疑で
日本最大の企業NTT式場、長谷川の両元取締役を収賄容疑でそれぞれ逮捕
3月にはNTT会長真藤恒(ひさし)、元労働次官加藤孝、元労働省課長鹿野、前文部次官高石邦男らを
各収賄容疑で逮捕、5月には第2次中曽根内閣の官房長宮であった藤波孝生(たかお)代議士と
池田克也公明党代議士らを受託取賄容疑で在宅のまま取り調ベを行った

疑惑が持たれた高級官僚や閣僚たちは
「妻が株をもらった。私は知らない。」とか「家族がもらった、秘書がもらった。」と釈明
当時「妻が、妻が…。秘書が、秘書が…」という言葉が小学生の間にまで流行した

こうして事件は元閣僚、元代議士、事務次官2名、NTT元会長らを
リクルートコスモス社未公開株収受による収賄容疑で起訴及び宮沢大蔵大臣辞任
竹下内閣崩壊というスケールに拡大


16 :少年法により名無し:2008/01/14(月) 12:32:11 0
金大中は1971年の大統領選挙で民主党(当時)の正式候補として立候補したが
民主共和党(当時)の候補・朴正煕(パク・チョンヒ)現役大統領(当時)に僅か97万票差で敗れた
朴は辛くも勝利したが、民主主義回復を求める金に危機感を覚えた
そんなさなかの大統領選直後、大型トラックが金の車に突っ込み、3人が死亡
金は、腰と股関節の障害を負った。同年、朴は
非常事態宣言を発布し憲法を無視して国家を戒厳令下においた
そのとき海外にいた金は韓国に帰れば殺されると判断し帰国を断念
日本やアメリカの実力者と会見をしたり、海外在住の同朋達に講演したりして
韓国の民主主義と自由選挙を求める運動を行った

丁度その頃、朴の側近であった李厚洛(イ・フラク)中央情報部長が平壌を訪問し
平壌の金英柱組織指導部長と会談し、逆に金英柱部長の代理として
朴成哲第二副首相が同年5月29日から6月1日の間ソウルを訪問して李厚洛部長と会談し
7月4日には南北共同声明を発し祖国統一促進のための原則で合意した

この歴史的会談によって李厚洛の韓国国内の評価は一気に高まり
「ポスト朴正煕」との噂さえ囁かれるようになった

そんな中、首都警備団長尹必縺iユン・ピリョン)将軍が李厚洛との談話で漏らした失言
(「大統領はもうお歳だから、後継者を選ぶべき」)に激怒した朴は
両人ならびに関係者を拘束し徹底的に調べ上げるように命じた
しかし、ここで側近から造反者が出たように見られるのは朴政権にとって痛手となるため
李厚洛は釈放された

こうして朴の機嫌を損ねた李厚洛は
何とか名誉挽回に朴の政敵である金大中を拉致する計画を立てるに至ったのである



17 :少年法により名無し:2008/01/14(月) 12:40:14 0
−経緯−
昭和29年1月15日、東京地検は、山下汽船の横田愛三郎社長を贈賄容疑で逮捕した
さらに2月8日、日立造船の松原与三松社長ら4人を特別背任の容疑で逮捕
25日には、飯野海運、新日本汽船、東西汽船などを家宅捜索し
飯野海運副社長の三益一太郎らを逮捕した
事件の発端は、当時日本最大と言われた高利貸し
森脇将光が「日本特殊産業」の猪俣功社長を訴えたことから始まった
当時、森脇が日本特殊産業に貸し付けた金が焦げ付き告訴したのであったが
当局が調査した結果、猪股社長の実体が無い会社から
山下汽船へ1億6000万円、日本海運へ3350万円と融資が焦げ付いていることが発覚した
そこで、東京地検が山下汽船を家宅捜査した際
隠し金の出納を書き込んだ「横田メモ」を発見し
政界・官界に流れた不正資金が明るみになった
−時代背景−
戦前、世界三位だった日本海運業は、敗戦の影響で大打撃を被っていた
そこで、昭和22年から全額政府出資の「計画造船」がスタートした
1隻10億円の外航船の場合、政府出資の「船舶公団」から70%の融資
残りは銀行が貸すという保護措置であった
やがて、朝鮮戦争の勃発で、大型船舶の建造が認められ
しかも資金の70%は米国の「見返り資金」(日本が支払った配給小麦粉などの積立金)を
年利7.5%で使っていいという厚遇処置も受けた
ところが、朝鮮戦争休戦とともに、海運・造船業に不況の嵐が吹く
このため、銀行からの融資の利子を軽減するため
国が一部を肩代わりする「外航船建造利子補給法」の制定を政界・官界に働きかける
この「外航船建造利子補給法」とは、日本開発銀行で借りていた年利5%3.5%をに
11%の市銀からは5%とし、その差額は政府が負担するというものだった
この法案は昭和28年8月、吉田自由党と鳩山自由党、改進党の保守3派共同提出案として
国会に提出され、審議わずか10日間で可決した


18 :少年法により名無し:2008/01/14(月) 12:48:34 0
墜落時の猛烈な衝撃と火災によって、犠牲者の遺体の大半は激しく損傷していた
盛夏であったこともあり遺体の腐敗の進行も早かった
遺体は、機体から投げ出され樹木に突き刺さったもの
機体の残骸に挟まれたり切断されたもの
一部が落下の衝撃で地中深くに埋もれたもの
圧力によって2名の体が一つにめり込むように合体したようなものなどが発見された
遺体の部位によっては、挫砕され完全に識別困難となった部位や墜落の摩擦で完全に消失した部位もあった
また当時はDNA型鑑定の技術も確立されていなかったために、身元の特定は困難を極めた
例として、機長の遺体は顎の骨(前歯5本)のみであった
これは墜落時の体にかかる衝撃の凄まじさを物語っている
当便の乗客であった歌手の坂本九さんは、胴体しか残っておらず身に付けていたペンダントで判断した

当初遺体は墜落現場から山道を自衛隊員・地元消防団・警察官等で人海戦術を使い
上野村で検屍、身元確認作業を考えていたが
「遺体の損傷が酷く、山道で降ろす場合上野村まで時間も掛かり
気候・気温と時間経過により遺体の腐敗進行が早まっている為、人海戦術では無理」と判断され
「上野村ではあまりにも規模が大きく対処しきれない」と結論付けられた
墜落現場に臨時のヘリコプター発着場が自衛隊によって突貫作業で造られ
8月14日午前から遺体搬出作業が始まった、直線距離で墜落現場から約45キロ離れた群馬県藤岡市へ
自衛隊・警察のヘリコプターで運ばれた



25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)