5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教えて】皇室の存在意義【下さい】part47

1 :右や左の名無し様:2008/01/26(土) 01:57:22 ID:Cm/O+zVb
そろそろ容量オーバーっぽいんで
同一内容のコピペとかいちいちAAをコピペしちゃいかん
削除対象じゃわい
削除ガイドライン
http://info.2ch.net/guide/adv.html
sisou:政治思想[レス削除]
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1029945978/

議論は冷静かつ慎重に
議論に役立つ詭弁の特徴のガイドライン
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%EB%CC%CA%DB%A4%CE%A5%AC%A5%A4%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%F3?kid=68366

前スレ
【教えて】皇室の存在意義【下さい】part46
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1194582776/

512 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/20(水) 13:22:01 ID:???
>そもそも人権を享受する存在ではないのである。
>根拠として、参政権は制限されていない。前提として参政権がないのである。

参政権は、まぁ、立候補権と投票権のことだろう。

最高裁判事も、皇族も、むろん公職に就く一般国民も、「立候補権がない」のである。
つまり同等である。

投票権は皇族・天皇についてのみ、ない。だったら、投票権はありにすればよいと既に言っている。
根拠になっていないわけだが…。単にバカなのだろうと思う。前提云々の根拠にはなり得ない。
単なる法改正で可能なことなのだから・・・。w

天皇に投票権を付与することは、国政に関する権能の一部と考えられるから無理だろう。
皇族に投票権があったとして、いったい何の問題があるのだろうか。
天皇という存在がニュートラルである必要があることと、ニュートラルな存在を公約を前提とした選挙などでの選択に
ゆだねることが論理矛盾である指摘と、一方で皇族の間、一定の国政に関する権能があることは何の矛盾もないわけだが…。



513 :右や左の名無し様:2008/02/20(水) 17:42:49 ID:???
>>512
だからのーう
たかだか太平記の中の一部の物語のさらに脇役を
芝居なり口頭で聞いただけで
知ったことになるんかお前に聞いとるやんけ?
ええかげんに答えーや

主役の行動に感動すれば満足やろ
いくら脇がキバっても主役がだめなら満足せんわ

知らんのなら話ならんわな
片寄ったもんしか見てへんのやからお前は

お前の評価関係ないやん?
美談ですか?聞いたのお前やで?
俺が美談思える結末書いただけやからお前ようなし
それになお前極道もんの映画があるんのも知らんのか?

だからお前はオナニーせんのか?
オナニー嫌いなんか答えーや
好きであかんのか?

忠臣モノの一番重要なのは忠臣の行動やろがあほちゃうか?
忠臣なしに忠臣モン作れるんかいな
お前一度「おしん」でも見てきーや
「おしん」に同情しても雇い主に同情なんてせえへんからの(w

514 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 00:05:58 ID:???
>>513
> たかだか太平記の中の一部の物語のさらに脇役を
(略)
> ええかげんに答えーや
だから答えてるよね
登場人物の設定を全く知らなきゃ物語を全く知らないのと一緒
登場人物の設定や背景がストーリーや読み手の反応を変えるんだから
> 主役の行動に感動すれば満足やろ
その行動の原理や、行動の内容や対象
> いくら脇がキバっても主役がだめなら満足せんわ
誰も主役がダメとか言ってないし
> 美談ですか?聞いたのお前やで?
だからあんま美談っぽくないし、もし、仮に美談になる要素があるなら
親分が世間様を怨むようになったいきさつや子分が親分のために命をかける動機
なんかを描かないと美談になりようがないし、なければ人殺しが殺されてせいせいしたぐらいにしかなんない
そういうの、忠義モノじゃないしね
> それになお前極道もんの映画があるんのも知らんのか?
極道モンはあまり見たことないけど、少なくともカタギに平気で手を出す極道なんかは敵役というかヤラレ役みたいなもんじゃないの
> 好きであかんのか?
好きで結構だけど、それを他人に見せたり強制したりするのやめろよな
「美談やわーめっちゃ美談やわー気持ちええわー。ほらお前も美談思うやろ?気持ちええやろ?」
キメェよ死ね^^
> 忠臣モノの一番重要なのは忠臣の行動やろがあほちゃうか?
そうだよ、そしてその忠臣の対象が
> 忠臣なしに忠臣モン作れるんかいな
誰がいつそんなこと言った?
> 「おしん」に同情しても雇い主に同情なんてせえへんからの(w
おしんって赤穂浪士や弁慶や楠木正成みたいに忠臣なの?
忠臣モノの作品だったんだ?へー^^

515 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 01:04:22 ID:???
>>514
また答えてないやんけ
たかだか太平記の中の一部の物語のさらに脇役を
芝居なり口頭で聞いただけで
知ったことになるんか、はよ答えーや

お前はスポーツ見て感動せんやろ
単純に行動だけでも感動できるしらんのか?
行動原理?それは主人公が主体や

やから主役の行動に感動すれば満足やろ
主体は主役、脇やないで

他人に見せたり強制してないやん
お前は人のオナニーにケチ付けようだけや
お前が美談かどうかの評価はいらん
俺の基準やかなら
お前「美談ですか?」と俺に聞いたん忘れたんか?
コテ落ちのれはコテ落ちでも物忘れはげしいーのう

お前は忠臣モンは忠誠対象の脇が一番やろが!
忠臣モノの一番重要なことは君臣に対する読み手の「同情」 や
言うてんのお前やがな

「おしん」は奉公しとるんや
雇い主に絶対忠誠やろがちゃうんかい?ぼけ

516 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 01:11:28 ID:???
極道もんは堅気にも手だすはあほ
勧善懲悪モンしか見んやつは、つまらんのーう
やからお前の頭の世界はごく一部の世界しかないんやな
デスノートでも読んで世の中絶望して死ねや



517 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 01:27:53 ID:???
>>515-516
> たかだか太平記の中の一部の物語のさらに脇役を芝居なり口頭で聞いただけで
> 知ったことになるんか、はよ答えーや
だから、主要な登場人物の設定や背景を知らなかったら物語時代を知らないんだから
最低限の設定は知らざるをえないだろ
本当にバカだな
脳みそに糞でも詰まってんのか?
> お前はスポーツ見て感動せんやろ
> 単純に行動だけでも感動できるしらんのか?
何でスポーツと物語を急に同列化するの?バカだから?バカだからなんだろうねぇ
> お前が美談かどうかの評価はいらん
> 俺の基準やかなら
だからそれがオナニーだっての
キメェからさっさと死ねよ^^
> お前は忠臣モンは忠誠対象の脇が一番やろが!
え?いつ誰がどのレスで言った?
早く示してみな
> 忠臣モノの一番重要なことは君臣に対する読み手の「同情」 や言うてんのお前やがな
そうだよ?それが何で「お前は忠臣モンは忠誠対象の脇が一番やろが!」になるの?
脳みそに糞しかつまってないのは確実として、蛆虫までわいてるのか
> 雇い主に絶対忠誠やろがちゃうんかい?ぼけ
違うよ
まずおしんに主人を選ぶ選択権は無いでしょ
「おしん」の売りはおしんの忠誠心ではなく、嫌な主人にも負けず精一杯働く健気さと哀れさ
「主人のため」ではなく「自分のため」に働いている
> 極道もんは堅気にも手だすはあほ
「忠臣」的な描かれ方してる極道連中もカタギに手出すのか?
つーか高倉健の極道モンなんてヒーロー映画みたいなもんだろ

518 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 03:08:13 ID:???
>>505を見てここにまた電波と同列の狂信者が現れたと思う

陛下にお願いしてもよい行為とは、一体どこの世界の事であろうかと疑問に思う
皇室は税金で暮らしている、それも国民の税金でである
皇室典範にも憲法にも、【お願い】などの項目はない
それほど自由に動きたいのであるのならば、今すぐ皇室から離脱すべきであろう
国民の税金で皇室を維持している限り、拘束されるの当たり前である
我は前にも語ったが江戸時代にて禁中方御条目が出されて以降は、天皇は法の枠に捕らわれるのである

さて少し話は変わるが天皇の【権威】が確実にないと言える証明がある
それは【日本国王】又は【日本国大君】の称号である
これらは対外的なものであるが、天皇に本当に【継続性】がある【権威】があるのであれば天皇以外に付くことはなかったものである

519 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 03:39:27 ID:???
          ????━━???
       ??           ???
      ????                ??
     ??■      ??          ?
    ??▼??■? ??           ┃
   ?? ?  ??                 ??
    ??  ???                 ??
    ??? ?? ?         ???????■
    ??? ??????? ???■?■? ?▼?
    ???????■??  ▼?????▼ ??
     ??????   ▲         ? ┃
     ????   ????????       ┃   さっさと天皇制廃止しろ 
      ??????▼?■?   ???   ┃     
      ■????? ? ?▲?◆?    ┛
        ■?? ???????▼?   ┃
         ???▼????        ??
         ???????      ▲   ?━????
        ??■?■??     ?■?          ━???

520 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/21(木) 10:13:21 ID:???
>それは【日本国王】又は【日本国大君】の称号である
>これらは対外的なものであるが、天皇に本当に【継続性】がある【権威】があるのであれば天皇以外に
>付くことはなかったものである

甲いう歴史認識だから、いやになる。
天皇以外が日本国王を名乗り、あるいは名乗ろうとしたことが、史実にある。

では国王という言葉の意味はいかなるものなのか…ということである。英国の国王(キング)とは、
まったく異なる概念であることを、まず認識すべきだろう。

よく、意義留守は国王なのに、ナポレオンは皇帝である・・・この工程と国王は一体何が違うのか
というような話がされるが、日本国王という意味合いは、それとはまったく異なる。

中華思想における「国王」は「未開で野蛮な部族」が「冊封体制に入ったことでえられる称号」なの
である。一言でいえば「皇帝=天が選びし一族…天命を受けたもの」の支配下にはいったも野蛮な
者どものトップ…という意味合いである。

我が国のトップが天皇を名乗ったということは、そののち、大陸や半島との外交関係で分かるように
文化は輸入するけれども冊封からは離脱する・・・つまり皇帝の支配下からの離脱…を意味する。
そういう理解があれば、全く出てこない発言である。




521 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 11:06:13 ID:???
天皇もウンチする。健康であれば性欲が湧きあがりSEXする。
これは紛れもない事実である(戦時中このようなことを口に出せば
確実に憲兵にしょっぴかれてるだろう)。
どうして天皇って特別なのか? 俺たちとどこが違うのか?
何か国民を教導するでもなく 容姿や能力とかで選ばれるのでもない。
権力者の圧政や貧困に苦しむ人民の嘆きを聞いても天皇はどうにもできない。
天皇制そのものは責任の所在をうやむやにするシステムです。
毎年3万人超の自殺者がでている。宮内庁の役職も無駄にしか見えないものばかりです。

わが国の神サマは公務を放棄し岩戸に引き篭もってるのに高級レストランには行けたり、
アル中になるまで酒びたり、刺青して外人に抱かれて歓喜のブログを掻いたりする有様です。
環境破壊したことを今になって悔いています。こうするうちに我々の税金が無駄に消えていくのです。
エンペラーの称号だの万世一系だのそんなものは何の役にも立たない。
国民のみなさん、これでもあなたは天皇制に縋りますか?

522 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 12:39:04 ID:???
既婚女性板からもってきた
17: 2008/02/20 13:43:41 tIyg2PpwO [sage]
あっそれと
2008/02/19 Yz4fJ4wM0様。まんまアルアル様のようで大変そうですね。
心中御察し致します。
納豆食ってもっと脳みそにも足先から子宮までサラサラと血液流した方がよいよ。
どこの地域にも社交界という物があり誰でも会える訳でない奥の院がある国家は
素敵でありその国民は奥の院の存在だけで徳に与れるものなんですよ
F1やゴルフやテニスなんてのは社交界が王家の承諾得て世界的開催へとなってきた今昔。
まず自分が広く大きく豊かになる事をしたら如何かな?そういう意味で天皇は父であり自分を写す鏡だよ
批判というやすき行為はいつでも出来る、棺桶まで批判心持って行くのも自由ですが
そんな波動のままでは線香あげる子孫が可哀想でないかい?

523 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 13:09:16 ID:???
天皇・皇族一家が俺らと俺らの先祖のために血の汗を流したことがあったか?
国民のために武器を取って民の先頭に立って戦った君主が一人でもいるか?
国のために身を捧げた多くの庶民の犠牲より天皇は尊い存在なのか?
2600年の伝統?万世一系だ?アホか!今生きてる人間みんな万世一系でんなモン自慢にならねえんだよ。
天皇は神なんかじゃねえ、俺らと同じ便所でケツ拭く紙の世話になる人間なんだよ。

524 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 16:26:04 ID:???
万世一系の意味を知らないアホ。

525 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/21(木) 17:08:41 ID:???
>>523
>天皇・皇族一家が俺らと俺らの先祖のために血の汗を流したことがあったか?
>国民のために武器を取って民の先頭に立って戦った君主が一人でもいるか?
>国のために身を捧げた多くの庶民の犠牲より天皇は尊い存在なのか?
武器を持って戦ったことが、君主の条件である・・・というのは、どうも理解のほかですね。
以前にも跳ね馬とか言うコテハンがそのようなことを言っていましたが、では、たとえば
東郷平八郎の子孫なら納得しますか?。

基本的に天皇制に批判的な人は、国のために身をささげた多くの英霊に対して、国として
儀礼をささげることに批判的ですが、あなたはどうなんです?

>2600年の伝統?万世一系だ?アホか!今生きてる人間みんな万世一系でんなモン自慢にならねえんだよ。
>天皇は神なんかじゃねえ、俺らと同じ便所でケツ拭く紙の世話になる人間なんだよ。
天皇が神であるという認識自体が誤りです。そもそも天皇の地位にあって神として祭祀されていない
方々は多数おられます。生きている人々と天皇が、同様に同じぐらいの祖先をもっていることについて
何の反論もする人はいないでしょう。ただ、伝統というものの大切ささえ理解できないということは、
おかしなことです。われわれ現代に生きる人々と、我々の祖先との同一性を確信できるなら、
先人たちもまた、われわれと同様に、よりよくしてこの国を引き継ぎたいという意思があったことを確信でき
るでしょうし、その集積が、天皇に関すること以外にも多々ある「伝統」です。

伝統を大切にする気持ちがあるならば、それが天皇に関することだけ、理由なく除外するというのもおかし
なことでしょう。理由があるんだというなら、それを述べましょう。


526 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 17:17:14 ID:???
120代の先祖が守護しているだけでわしらとは違う
例え養子入り婿あろーとも継承された重みです

527 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 20:51:36 ID:???
> 陛下にお願いしてもよい行為とは、一体どこの世界の事であろうかと疑問に思う
陛下にお願いしてもよい行為とは、国民の下僕である統治権力に対する事だが何か?
天皇は法のわくには縛られない。
それでは天皇を縛っているのは何か?

>皇室は税金で暮らしている、それも国民の税金でである
要するに慣習に縛られているという事だ。
わざわざ、法で縛る必要も無い。

528 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 20:52:19 ID:???
>>527>>518に対する返答ね

529 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 22:39:25 ID:???
>>517
やから、芝居で知ったことそれも
忠誠対象の脇役の設定知ったから言うて
現実のもんも知ったことになるんかはよ答えーや
はぐらかさんとな

行動だけで感動できるもん教えたんやが何か?
感動するもっとも最低限なもんが行動やからな

美談ですか?と聞いたんお前やがのーう
俺が美談に思えるか聞いたんちゃうか?
ならな俺が美談だと思える話作ったんやから
オナニーあたり前や
お前にだれが押付けたんや?
お前は俺に美談じゃないと押付けようけどな

お前人にオナニーするな言う前に答えーや、オナニー嫌いなんか?
やったことないんか?

忠臣モノの一番重要なことは君臣に対する読み手の「同情」 や
言うてんのお前やがな、一番ついとるがな
忠臣の行動が一番ちゃうんやろ?
君臣に対する読み手の「同情」せな感動せんいうのも間違いやな

ナニいうてんの?おしんは奉公もんの話やで
そなら雇い主がいるんや忠誠対象と同じやないか
お前脇の設定が「同情」に値せな感動せんのやろ?
北の零年もみいや、君主なんてな同情の余地無しや

極道もんが高倉健のみかえ
ほんま一部しか見ん奴やよーう
この天皇バンバイザーは

530 :右や左の名無し様:2008/02/21(木) 23:38:17 ID:???
>>529
「現実のもん」ってなによ?
例えば物語上の浅野内匠頭ではなく実際の浅野内匠頭のこと?
そりゃ知るわけないだろ
誰がいつどこでそんなこと言った?勝手に言ってんなバカ
> 行動だけで感動できるもん教えたんやが何か?
スポーツだってさ、結局は背景とかある特定の状況がなければ感動できないよ
例えばマラソンで金メダルを取った感動
それは「金メダルをとった」という特定の状況があって初めて成立するんだよね
子供がただ単にかけっこしてるの見て感動するか?
> 忠臣モノの一番重要なことは君臣に対する読み手の「同情」や言うてんのお前やがな
そうだよ、それでなんでそれが「忠誠対象の脇が一番やろが!」になるの?
脳みそに糞しか詰まってないとミラクルな解釈しちゃんだね^^
> ナニいうてんの?おしんは奉公もんの話やで
奉公モンと忠臣モンは違うよね
大方の忠臣を描いた物語は、その主人に仕えることを強制させられていない
例えば弁慶は義経に仕えなくてもよかったし三国志演義の関羽も諸葛亮も劉備に仕えなくてもよかった
四十七士だって仇討ちに参加するかしないかはそれぞれの自発的な裁量によった
> そなら雇い主がいるんや忠誠対象と同じやないか
おしんが本当に、本心から主人に忠誠を誓ったって設定だったか?
というか物語上の「忠臣」は、主人のために戦って死ぬようになってんだけどなー

531 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 00:04:00 ID:???
>>530
やっとかい、ほなら太平記の一部の物語だけで
現実のもんの天皇知るなんちゅうのはないわな

感動するときはするやろ
どん臭いのが主役なればな

一番重要なんやろ?
一番ついとうやないけあほ

三国志演義の関羽も諸葛亮も生まれながら劉備配下の
家柄ちゃうで?
それに比べ忠臣蔵は大半が浅野配下の家柄や
生まれながら組み込まれてんのや
強制やのーう

逆らえやせんとこが同じやろ?
一生懸命雇い主に付くさなあかん
忠臣は死ぬだけやないしな
お前片寄りすぎや

おろ?オナニー話土どないしたん?
嫌いか好きかぐらい言えや
オナニーもこけんEDかお前は


532 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 00:12:16 ID:???
>>531
> 現実のもんの天皇知るなんちゅうのはないわな
最初から誰もそんなこと言ってないんだけど
>>391に“「日本には天皇という偉い存在がいるらしい」と漠然とでも庶民は理解するだろう”
って書いてあるのが読めない?ロクに文字すら読めないなんて終わってるな
死んでいいよ^^
> 一番重要なんやろ?
> 一番ついとうやないけあほ
「君臣」の意味わかりますか?「君主と臣下」の意味ですよ?
まさか君臣のことを主人の意味だと思ってたのか?絶望的にバカだな
> 逆らえやせんとこが同じやろ?
> 一生懸命雇い主に付くさなあかん
だからさ、それが自発的に、自らそういう関係を望んで作ったか作ってないかで大きく違うだろ
コーラも小便も「液体」という共通点があるからってまるっきし同じじゃないよね
> 忠臣は死ぬだけやないしな
そりゃそうだよ
ただし、物語として、特に江戸時代に人気のあった忠臣モノの主役の臣下はたいがい死んでると思うよ

533 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 01:52:13 ID:5N9Kyf1+
宮中三殿は穢れを嫌う
他板では雅子妃が叩かれているが、「性○から出血してないか?」と聞かれ
月のモノの周期まで他人に管理される身を思うと、下着の色を聞くだけで
セクハラになる昨今、紀子妃はよくやってるとは思うものの
雅子妃を叩く気にはなれない

皇室存続派ってセクハラ行為を受ける女性がいても
「存続の為には致し方なし」って訳か?

皇室が日本の一般家庭の見本なら、姑がなかなか孫を産まない嫁に
「月のものはちゃんときてる?」と聞いた事に嫁が反発しても
姑が「何言ってるの皇室の嫁さんたちも聞かれてるのよ」と金科玉条の如く
使われても俺は知らないw

534 :日本語を話す猿 ◆0G0PB9Gqrg :2008/02/22(金) 02:01:06 ID:???
>>505
 個人的には納得していない部分もあるが、解釈としては面白いと思う。

 私の個人的見解では、日本国憲法においては天皇は公職であり、国事行為は公務であり、象徴天皇制は統治権力に属すると思っている。
 しかし、それは日本国憲法において、である。歴史的伝統的な観点からは必ずしもそうとは言えない。太古より天皇の本質的な「存在意義」を法的に規定されたことがないからである。
日本国憲法で規定しているのは天皇の「存在意義」の一部である。その境界は曖昧だが。
 規定されたことがないのだから、天皇は公職・公務にとらわれない超越した存在であるとも言える。天皇が統治権力やその他の何かに属するのかと言えば、単なる統治権力をも超越した存在、何も属さない存在であるとも言えるのである。

 もっとも、歴史上天皇が全く規定されたことがないということではない。本質的な「存在意義」が規定されたことがないのである。
 歴史上初めて天皇が規定されたのは禁中並公家諸法度であるが、本質的な存在意義には触れられていない。本質的な「存在意義」について学問研究が進むのは
禁中並公家諸法度の制定以後だから仕方がない部分もあるが、そのことがやがて台頭してきた本質的な存在に対抗できず、江戸幕府の終焉をもたらした。
 大日本帝国憲法でも天皇は規定された。しかし、欧米立憲をなかば強引に当てはめたため、やはり本質的な存在意義を明確に規定しきれなかった。
そのことが大日本帝国憲法を超越した現人神を現出させ、やがて敗戦に至った。

 では、天皇の「本質的な存在意義」とは何であろうか?
 「天皇がすべしろしめすお国柄」という日本の国体にある、と私は思っている。すべしろしめすは統治することであるが、要はこの解釈、定義の問題である。
 例えば、大日本帝国憲法にある「統治権ヲ総攬シ」。統治権を総覧するのが統治権力自体であるはずはなく、それを超越すると解釈できる。
 天皇は統治権力かそれらを超越する国柄そのものか。いずれにしてもシンパにとっては天皇は特別な存在なのである。

535 :日本語を話す猿 ◆0G0PB9Gqrg :2008/02/22(金) 02:02:40 ID:???
 さて、翻って日本国憲法において再考してみる。実は大日本帝国憲法と根本的には変わっていないと思う。
 確かに、天皇は地位つまり公職となり、従って国事行為も公務となった。神聖にして侵すべからずとして統治権を総攬した大日本帝国憲法とは異なり、天皇を法の下に規定しているようにも見える。
 ところが、日本国憲法は肝腎の(地位以外の)天皇の本質的な存在意義を規定していないのである。大日本帝国憲法は超越した存在と暗に認めていた(と解釈できる余地)のであって、日本国憲法はそのことを放置したのである。
 天皇を縛れなかった大日本帝国憲法、天皇を縛れきれていない日本国憲法。「統治権力を規定する憲法では天皇を縛る事が出来ない事は至極当然の事と理解できると思う。」結果として当たっている。

>田吾作役人が捏造した根拠のない制約に陛下や皇室の方々があえて従ってこられたという事実性に、寄り掛かる形で戦後の象徴天皇制や皇室制度が回ってきた。

 問題はこの事実性がどこまで確実なものなのかということである。天皇や皇室が従ってきたという主観的なものであった場合、当人たちの意思に左右されることになり、非常に不確実なものになってしまう。憲法では天皇を縛る事が出来ないのだから。
 私は、天皇や皇室が従ってきたことは認めつつもそれは私的な自由意思ではなく、国家権力によって強制された結果と見る。
 敗戦によって国体が揺れた。国体の本義であった神国思想が崩壊したからである。皇国史観も相当のダメージを受けた。つまり、戦前までは超越した存在だったものが戦後はそうではなくなった。制度は残ったが、存在意義は大いに失墜した。
 そのため、天皇や皇室において本質的な存在意義で捉えることよりも日本国憲法で規定された象徴や公職として捉えることが主流になった。
 そのため、天皇や皇室の本質的な存在意義で捉えることも少なくなったが、私的な自由意思もなくなった。公が強くなれば私が弱くなる。天皇は超越した存在であるとは言えなくなっている。

536 :日本語を話す猿 ◆0G0PB9Gqrg :2008/02/22(金) 02:05:27 ID:???
>>511
>具体的な「人権の種類」と「制限の状態」を記述するように求めているのだが…。
>日本語を話す猿クンは、なぜ、この、肝心なことに回答できないのだろう。

 (公職でない)私としての皇室の人々は「そもそも人権を享受する存在ではないのである。根拠として、参政権は制限されていない。前提として参政権がないのである。」
 人権がないと言っているのに、その人権を制限することはできない。
 回答できないからその理由を言ってるんだが、なぜあなたはこんな簡単なことが理解できないのだろうか?

>最高裁判事も、皇族も、むろん公職に就く一般国民も、「立候補権がない」のである。つまり同等である。

 根拠が全く異なるだろう。まだ比較できず混同している。
 最高裁判事や公職に就く国民も本質的には立候補権がある。しかし、公職であるがゆえにそれが制限されている。皇族には本質的に立候補権がない。
 「ここが分からなかったら、あなたは多分一生理解できない。」

 以下、本当にお話にならない。本当にバカなのだろうと思う。ちょっと時間をあげるから出直してきて下さい。
 こんな体たらくでは>>534>>535は絡まない方が身のためだ。

537 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 02:20:21 ID:???
>>520を見て歴史を知らないのはどちらかと思い
>>527を見て法で定めたとはどういうものかも知らぬキチガイだと思う

天皇そのものが中華思想からの発生である
そして【日本国王】の称号は明から貰っている
つまり他国の皇帝にわざわざ称号を貰い受けたこの時点において、同じ【皇】であるものであるはずの天皇には【権威】はない
また【大君】は朝鮮では日本の天皇を示すものであるがそれを【将軍】が、使用した時点で天皇は頂点ではないと、対外に示したということである
日本が統一されている状態で対外的に頂点を宣言したことで、日本の統治者はその【将軍】であり天皇はその存在すら対外的に抹消されるのである

>天皇は法のわくには縛られないというキチガイがいるようだが、天皇に縛りがなかったのは江戸時代前までである
【統治機構】が天皇と別に存在する状態での法の枠の縛りがない状態とは何の権利もないことを示す
また法の枠の縛りがある状態は【統治機構下】に置かれた状態を示す
国民は税金により天皇を維持してやっているだけである
それも【総意】の天皇であるはずが日本総国民の意向も聞かずにである


538 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/22(金) 10:22:38 ID:???
>>536
仮に、人権を享受しない存在であると仮定するなら、(まぁ同意はしないが)人権を享受する
存在に、法的にすればいいことなんで、そのことによって天皇性が致命的な問題を
抱えないならば、天皇の存在意義や廃止論の根拠になりえないから、俺はスルーだと言って
いるわけだが。

だから、仮に、皇族が人権を享受する存在として規定された場合に「天皇性に致命的な問題が
生じるであろう人権の種類とその制限状況を提示しましょう」と述べている。

その基本的なことを無視して一人語りされてもねぇ。

539 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/22(金) 10:26:02 ID:???
>>537
日本は倭の五王の時代には冊封を受けていたが、それから脱却した。

脱却した以上、当然に、王よりも「皇」が上位であるから、将軍が「たかが大陸の属国」に
対して対応するのは当然だし、君という表現で十分だろうよ。www
まぁ、対馬の特殊事情から、正確な情報のい危機ができなかったという状況は史実で
明らかになっているんで、そういう部分を勉強して出直してくれ。

540 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/22(金) 10:31:23 ID:???
>>534
> 歴史上初めて天皇が規定されたのは禁中並公家諸法度であるが、
この人は 律令 の存在を知らないのだろうか…。

541 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 13:26:20 ID:n2NAfOWq
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|    律令は
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧    天皇の号が定まっただけよ
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l       天皇が何するか定まったのが
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl        禁中並公家諸法度なの
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : '

542 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 13:35:16 ID:???
固定化キチガイ君は皇帝と王の違いを知らないんだな
相変わらずのバカっぷり

543 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/22(金) 13:35:18 ID:???
定まっていなかったのではなく、記述されていないだけかと…。w

544 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 13:58:12 ID:n2NAfOWq
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|    記述がないなら天皇が
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧    何をするかわからないじゃない?
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l       何してたのか記述もなく
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl     決まっていたというのは推測じゃなくて?
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl      もし本当に決まっていたなら
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l    禁中並公家諸法度は天皇の
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,       行動は抑制されたということよ
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : '

545 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/22(金) 14:50:05 ID:???
法治主義の時代じゃないんで…。w



546 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/22(金) 15:00:09 ID:???
つうか普通に、征夷大将軍や関白などを任命したり、そういうことをやっているわけで、
決まっていたというのが憶測と言われてもねぇ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AE%9D%E5%BE%8B%E4%BB%A4

>この律令の制定によって、天皇を中心とし、二官八省(太政官・神祇官の二官、中務省・式部省・治部省・
>民部省・大蔵省・刑部省・宮内省・兵部省の八省)の官僚機構を骨格に据えた本格的な中央集権統治体制が
>成立した。
>役所で取り扱う文書には元号を使うこと、印鑑を押すこと、定められた形式に従って作成された文書以外は
>受理しないこと等々の、文書と手続きの形式を重視した文書主義が導入された。

>また地方官制については、国・郡・里などの単位が定められ、中央政府から派遣される国司には多大な
>権限を与える一方、地方豪族がその職を占めていた郡司にも一定の権限が認められていた。

さて、観力機構のトップは誰が任命していたのであろう。文書の受理の主体は誰だったんだろう。
国司の任命は一体だれの権限で、その権限は誰から与えられてものなのだろう。w





547 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 15:14:57 ID:sQNeOVq6
感謝し畏怖すべきものを守り継ぐ存在
http://www.youtube.com/watch?v=VBkdJxs_6Ug&feature=related

548 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 15:57:29 ID:n2NAfOWq
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|     文書主義なら
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧     誰が最後にサインしているのかしら
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l        どうしてその文書出さないのかしら?
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl         
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : '

549 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/22(金) 16:49:30 ID:???
文書主義なのか?文書主義でなくとも文書はあるぞ。www



550 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 17:34:58 ID:n2NAfOWq
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|     文書主義とあなたが持ち出したものに
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧     書いてますわよお馬鹿さん
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l        文書出せるなら出しなさいよ
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl        もちろん現物よね?
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : '

551 :右や左の名無し様:2008/02/22(金) 20:44:04 ID:8wFiLsC5
皇室が存続してるのは、第二次世界大戦に日本が負けたあとにマッカーサーが
日本の統治を円滑に進めるために国外の意見をあえて参考にしないで
残したらしい、あと日本国憲法を作るために皇室は案外いい傀儡だったからな。

552 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 02:01:53 ID:???
>>537

> 【統治機構】が天皇と別に存在する状態での法の枠の縛りがない状態とは何の権利もないことを示す
天皇は統治機構に何の権利も保障されていない。
だから天皇は自らの保身の為に統治機構からのお願いに従わなければならなくなる。

>また法の枠の縛りがある状態は【統治機構下】に置かれた状態を示す

国家と市民との関係を規律する憲法等の公法(天皇は国家でも市民でもない)
私人間の関係を規律する司法(天皇≠私人 裕仁(ひろひと)=私人)
民法、商法、刑法等の実態法
民事訴訟法、刑事訴訟法等の手続法
民事法と刑事法

これらが法による縛り。
天皇を縛るものは無い。

553 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 02:55:13 ID:???
>>539を見てまた電波が史実知らずに電波飛ばすと思い
>>552のキチガイはよその世界に旅立っていると思う

【冊封】脱却したと電波の御仁は述べているが、再び【冊封】を受け入れた史実を知らないのであろう
日本の南北朝時代に懐良親王が受け入れ【日本国王】の称号を得ているのである
これは北朝に対して己の【正統性】を訴えるためのものである
室町幕府の足利もまた【冊封】を受け入れ【日本国王】となっている
同じ【皇】であるはずの天皇より中国の皇帝に称号をもらいうけた時点で天皇の【権威】はないとなるのである
これが確実に史実上より天皇の【権威】がないと言える証明である
また電波の御仁は【日本国王】について対馬の朝鮮通信使を述べたいのであろうが【日本国王】使用しなくとも【大君】を使っている
【大君】そのものは天子を指す
それを江戸幕府で対外的であろうと使っていたのであれば、名実ともに【日本国王】【日本国大君】共にそれを指すものこそ日本の支配者である
つまり、武力も有さずなんの実力もない天皇は飾りとしても活用されなかったと言うことである

>お願いとは、このキチガイの御仁は意味を知っていて述べているのであろうか疑問である
【統治機構】は「お願い」などしない
天皇は保身のために従わざるを得ないのである
それにしてもこのキチガイの御仁は法による縛りがないとひたすら述べているが憲法は法ではないというのであろうか?
もし法ではないというのであれば相当イカレている
また皇室が相続税を払ったことがあることを知らないと見える
相続税は言わずと知れた民法である
ここで「俺は天皇と言っている」などと言ういいわけは通用しない
皇室についても>>505で堂々と述べているからである
それにしても法で縛りがないのなら逆に天皇として天皇が殺されたとき、天皇は人ではないのであろうか疑問である
人ではないのなら犯人に問える罪は器物破損なのであろうかと思う

554 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 10:31:26 ID:???
>>550
いや、だから、俺が持ち出した全部を俺が同意しているなんてことはないぐらいわかれよ。w
つうか、文書主義といったところで、言霊信仰も併せて持っているんだから・・・意味わかるよね。

>>553
親王や将軍が国王を…というのはすでに俺も
>天皇以外が日本国王を名乗り、あるいは名乗ろうとしたことが、史実にある。
と述べている・・・つうか、足利のそれなんかは有名で常識だろうよ。
で、君がおかしい部分は、そのことが、wが国が冊封を受け入れたこと…になってしまうことだね。
天皇がその上にいるんだから、受け入れたことにならないぐらいの、普通の感覚を持ってから
出直したほうがいいよ。冷笑

555 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 10:47:05 ID:???
冷笑してもバカっぽい誤字が多くて、れ自身が自虐的に己を冷笑してる様に見える。
もちろん書いている内容もバカっぽいのは間違いないが。


556 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 11:42:27 ID:bAx66jj2
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|   内容に同意もしてないのに
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧    出してくるあなたはお馬鹿さん?
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l     それじゃあ権限が誰から与えられて
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl       いたかもあなたの推測の上でしか
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl       言えないことよね?
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l     律令が天皇の号を定めただけ
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,      だとわかったかしら?
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,  わからないなら記述もなく
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,    決まっていたなら
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,     あなたの推測ではない
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',  根拠を出して欲しいわね
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',    
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : '

557 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 11:51:57 ID:???
いや、馬鹿なんだからしょうがないでしょうよ。

>【大君】そのものは天子を指す
天子ってなによ。ウィキでは
 天子(てんし)は、天下を治める者。
 王は天の子であり天命により天下を治めるとする古代中国の思想を起源とし、秦の始皇帝により、
 天下を治める者の呼称が皇帝へと変わると、皇帝の別名となった。
とかいてある。仮に、朝鮮が「大君(たいくん)」を皇帝・天子の意味だと把握するならば、それは
宗主国たる中国に対する大きな裏切りになる。w わかっていないも甚だしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E5%90%9Bでは、日本国
大君について、もともとは易経に由来し天使を指すが、朝鮮では王子の嫡子を意味する称号えあるとし
ている。

もともと、我が国としては、徳川が冊封を受けていないことは間違いのない事実で、したがって、
朝鮮の使者に「日本国源○○・・・家光」と署名したわけだが、これを対馬の宗氏が、「日本国王」と勝手に
開山したことが発端である。1868年(明治元年)、天皇が外交権を接収するまで続いた・・・とあるように
外交権を持つ権力者程度の意味しか、日本国内ではない。

江戸時代の日本における朱子学では、各大名の忠誠の対象は徳川であり、徳川の忠誠の対象は天皇である。
天皇は、平安以降何の武力も有していないのだから、権力(物理的力を背景として従わせる力)を
有せず、したがって「物理的力を背景とせず従わせる力=権威」をもって、任命などを行っていたのである。
外交は徳川にその権限があるわけで、いちいち、たかが中国の属国の使者風情に、以下略



558 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 11:53:12 ID:???
>>556
え?きみ、養老律令の内容も知らないの?www


559 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 11:57:07 ID:???
れが養老律令についてどこまで知っているかもかなり疑問。


560 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 12:25:31 ID:???
つうか、私の下に
 こういう役所を置き
 このような職位や位を定め、
 このような儀式を行い…
と定めておいて、それを定めた人がなにもやらない前提だなどと想像(妄想)するお馬鹿が
いようとは思わなかった。

養老律令の内容はhttp://applepig.idv.tw/kuon/furu/text/rituryou/yourou/yourou.htm がいいだろう。
官位を決め、中央官庁を決め、そのトップが天皇なんだから、当然に天皇の仕事がそこに規定されているに
決まっているだろうよ。文書主義を一定程度採用したということはできるかもしれないが、そもそも、言霊信仰が
有ることも明らかな史実なんで、天皇の文書が残っていると考えるほうが、日本の歴史に音痴である。
ないものねだりなんだよ。


で、例えば太政大臣や右・左大臣は誰が任命したのかね。
これを天皇が行っていないというなら、たんに馬鹿だと思うぞ。俺の想像ではないんだなぁ。
内閣改制ノ詔(明治18年12月23日)で廃止されるまで、太政大臣という制度は続いている。




561 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 12:34:59 ID:???
>>532
漠然と理解って推察やろ?
漠然なら忘れるほうが多いで

すまん俺の勘違いやったようや

やからのーう言いたいのはな、主人公が主で
脇が同情できん雇い主でも主人公には感動できる
ということや

江戸時代に人気のあった忠臣もん?
忠臣もんそない多いか?
読みもんにしても忠臣もんはさほどないやろ?
死ぬ結末多いのわ、滅びの美学がすきやからや

562 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 12:37:43 ID:???
>そのトップが天皇なんだから、
ああ〜、ダメダメ。
やっぱり養老律令の意味を分かっちゃいねえやな。


563 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 13:06:27 ID:???
>>562
具体的に書かないと・・・。つうか太政大臣を誰が任命していたか…ということを、
説明すればそれで十分なんだから、それにこたえなよ。

推測じゃ駄目だというなら、現に明治時代まで続いている(読み方の変化はあるものの)
具体的に回答sればいいんだよ。www

564 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 13:18:38 ID:bAx66jj2
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V    うふふ、律令としか
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l    私が言ってないのが何を
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|    意味するかもわからなかったようね
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|    律令はアヤフヤも含め三つあることぐらい
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|   知っていたからよ
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧  それでお馬鹿さん、あなたの出したものに
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l     天皇が何すると書かれてないわよ
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl       漢字だらけで読めないのかしら?
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl       公式令をそれらしき内容だと思ったら
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l     大間違いよ
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,      
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,   そうそう忘れてたわ
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,     あなた誰も明治の話は
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,     してないわよ
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',  
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',    
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : '  

565 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 13:27:37 ID:???
>>561
> 漠然と理解って推察やろ?
> 漠然なら忘れるほうが多いで
そりゃ過去のことなんだから推察するしかない
言ってみれば忘れることが多いというのも推察
ただ、自分の体験を探ってみればわかることだろうけど、
感銘を受けた物語を思い出そうとするなら、おおまかな登場人物の設定や背景を思い出すのが普通だよね
登場人物の名前まで思い出すことはないとしても
例えば『ハツカネズミと人間』なら、頭のいい背の低い男とその親友である知的障害者の男が自分達の牧場を持つことを夢見て…
というような、細かい設定は覚えてなくとも物語上の最低限の設定を覚えていないというのは「物語」自体をなーんにも覚えてないのと等しい
物語を見て感銘を受けたのに、登場人物の最低限の設定も全く覚えてないというのはよっぽどの低脳バカか痴呆症ぐらいだな
> すまん俺の勘違いやったようや
バーカ
> やからのーう言いたいのはな、主人公が主で脇が同情できん雇い主でも主人公には感動できるということや
だから、それは「忠臣モノ」であるか否かということだと何回も言ってるよな
「おしん」と「忠臣蔵」ではそもそもジャンルが違う
「おしん」が忠臣モノ?さすがバカのいうことは違うな
> 江戸時代に人気のあった忠臣もん?忠臣もんそない多いか?
多い・少ないって誰が言った?

566 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 13:28:27 ID:???
>>564
いや、別に養老律令でなくてもいいんだが、太政大臣という官位を制定した人がいて、
それを任命する人がいるんだから、任命する人の仕事は「書かれていなくとも規定されている」
だろうよ。明治の話も何も、明治立憲以前の日本の基本法は律令なんだから、律令の話題で、
明治時代排除する理由などどこにもないわけだが…。

まぁ、結構、明治憲法の制定時期さえ知らない人なら、そういうことを言うだろうが、まさかねぇ。w

何やら基本的なことを理解していないようだが…


で?太政大臣はだれが任命していたの?
ほら、回答してくれよ。推測じゃなく史実として証明可能なように。www

567 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 13:42:58 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、 律令の内容、漢字だらけで
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./      読めなかったのね?
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |    明治は関係ないわよ
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |      天皇のお仕事決まっているからよ
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !    
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |      あら、確実に天皇が任命したとの
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |     証拠でもあって?
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |    もしかしたらそこにいただけかも知れなくてよ
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |     そして有力者が決めたことを
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |  天皇の名で任命したのかもよ?
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |    天皇が直接任命でもするのかしら?

568 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 14:06:14 ID:???
>>565
あんなもっともインパクトあるもんは
おぼえとうやろうが、それ以外の登場人物が
どんな当時どのような立場で身分かをまで
おぼえとらんやろ
「天皇」言うてもなにがなんやらわからんまんま
ただ殿さんぐらいの認識かも知れん
やからどっかのバーカが天皇を庶民が知っていた言うんは
ちゃうんや

そならお前、俺がいうた「北の零年」見たんか?
あれも一種の忠臣もんやで

お前一、二個の死ぬ忠臣もんヒットしただけで死ぬんが
多い言うてんの?
里見八犬伝はちゃったよな?

569 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 14:11:57 ID:???
>>567
だから、君のそんな推測はどうでもいいのよ。
つうか、有力者が決めて天皇の名で任命しているなら、一言でいえば「天皇が任命している」
わけで、現代においても、議会の指名と内閣の助言承認によって決定し天皇の名で任命して
いることをして、総理大臣は天皇が任命しているという。

自分で認めているんだから、もういいだろう? www

570 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 14:23:50 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、 天皇の名で任命なら
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./       天皇が任命していることに
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ  ならなくてよ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |       あなたどうも言いくるめようと
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |       しているようだけど
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !       ただいるだけとかだと天皇は何も
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |       していないことになるのよ
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |     特にいまのように取り決めもない時代よ
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |     あなた何のために文書主義や律令出してきたの?
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |     天皇の役割を証明したかったからでしょ?
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |  
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |    でも証明できないのよね?


571 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 14:24:30 ID:???
>明治は関係ないわよ  天皇のお仕事決まっているからよ
大爆笑だな。明治立憲以前の天皇のお仕事が何であるか、どこでどう明文化されているのか
教えてほしいものだ。

こやつはやっぱり何も分かっていないな。w

572 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 14:28:31 ID:???
>>570
天皇の名で任命している=天皇が任命している・・・これ日本語。
任命yとは任命であって、別に決定過程にかかわっているかどうかなど無関係なことは、
現憲法でわかるだろうよ。

日本国憲法
第六条
天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

573 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 14:45:44 ID:???
>>568
> 「天皇」言うてもなにがなんやらわからんまんまただ殿さんぐらいの認識かも知れん
> やからどっかのバーカが天皇を庶民が知っていた言うんはちゃうんや
それこそ無根拠な推察だよね
まあ以下も推察だけど、当時は現代よりも「身分」というものが重んじられてた時代
自然と読み手・観客の関心も「身分」というものにいくものと考えられる
登場人物が「庶民」か「武士」か「公家」か「皇族」かという違いによってストーリーや受け止め方も違う
例えば庶民が「七たび生まれ変わっても国に報いん」みたいなこといっても、
「なーに分不相応なこと言ってんだアホ」って言われるのがオチでサマになんない
軟弱っぽいイメージの公家が言ってもあまりサマにならない
こういうセリフは武士が言うからかっこいいんよねー
というか、当時の庶民をバカにしすぎだよね
なんにも考えないで物語を見てたと思う?
お前よりも知能レベルは上だっただろうから安心しろよ^^
> そならお前、俺がいうた「北の零年」見たんか?あれも一種の忠臣もんやで
見てないよ
ストーリー概要を見るとあんまり忠臣モノっぽくないね
http://www.kitano-zeronen.jp/story.html
> お前一、二個の死ぬ忠臣もんヒットしただけで死ぬんが多い言うてんの?
「忠臣モノ」というカテゴリーのなかでの話であって、その総量は関係ない
もちろん、何が忠臣モノで何が忠臣モノでないかはあやふやで、言ってしまえば個々人によって違うだろう
まあ、ただパッと頭に浮かぶ君臣(臣下は忠臣)の関係を描いた作品といえば、
義経と弁慶、後醍醐天皇と楠木正成、劉備と関羽・諸葛亮、浅野内匠頭と赤穂浪士
あたりは(作品の全体ではなく一部であっても)忠臣を描いた作品だろう

574 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 14:50:39 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、 禁中並公家諸法度も知らないのかしら?
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./       天皇がやるべきこと書かれているわよ
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ  あらあなたは明文化されたもの 
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |         一つも出さないわね
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |        人には明文化をもとめて、あなたは
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !        明文化されてもないことを
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |           推測で言うだけなようね?
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |     
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |     天皇の名で任命している=天皇が任命している
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |     ではなくてよ、名は騙れるもの
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |   あなたは天皇が確実に任命したと
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |    今のよう時代でもないのに証明できるの?

575 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 15:01:03 ID:???
>禁中並公家諸法度も知らないのかしら?
おいおい、このはなしの発端がそれだろうよ、間抜け。

明文化しない…というか必要がないわけだよ。法治主義じゃないんだから…はじめに言ってあるだろうよ。
ないものねだりをしてもしょうがないとも言っている。

で、あなたが認めたように、天皇の名で任命しているんでしょ?じゃぁ天皇はその名前で任命するという
ことが規定されているということ。実際に朝廷から天皇の使者が下向して、太政大臣とか
征夷大将軍が任命されている史実もある。あ、知らないのかなぁ。

>名は騙れるもの
騙れる可能性があることは全く同意だが、だからと言って天皇の名で任命している=天皇が任命している
という日本語は覆らないのよ。騙っているという証明がなければね。

もういいんじゃないの?きみ俺の質問には全く答えないし。回答できないほどに、君の歴史の程度は
お粗末だとわかったし。

576 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 15:13:12 ID:???
ウィキより
勅使とは、天皇が出先機関の儀式に臨席できない場合や、地方の寺社へ参詣する際などに、
天皇の使者として赴く者のこと。上皇の使者の場合は院使と称される。

勅使は天皇の代理としての資格を以って宣旨を伝達することから、勅使を迎える者が、たとえ
官位において勅使よりも上位であったとしても、天皇への臣礼同様、敬意を払うこととされた。

『主に鎌倉幕府成立以降、勅使は将軍宣下や勅令の伝達を主として担った。』
江戸幕府では勅使下向に際し、大名のうちから勅使馳走役を任じ、これを接遇した。

これでも十分だと思うが…。w勅使下向でいろいろ調べてみれば?


577 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 15:20:08 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、  あなたが発端忘れてるようだから
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./       言ってあげているのよ
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ   
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |        ええ!!私いつ天皇の名で任命
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |        していると認めたの?
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !        
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |        あなた何も明文化されたもの出さないで
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |        推測だけでしょ?
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |     天皇が子供だったら何もできないわよね?
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |      それでも天皇が何かしていると言えるのかしら
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |   実際に天皇の仕事がなんだったのか
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |    確実に天皇が何するとの規定は禁中並公家諸法度以降からなのよ

578 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 15:26:24 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、  あなたウィキからよく出すけど
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./       同意はどこまでしているの?
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ   
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |        あらあらその内容だと
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |        天皇が直接動くこともなさそうね
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !        
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |        「よきにはからえ」で終わりなら
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |        天皇はお飾りでしかないのよ
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |     
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |      
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |  
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |    

579 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 15:27:22 ID:???
>天皇が子供だったら何もできないわよね? それでも天皇が何かしていると言えるのかしら
あなたは、現代における「臨時代行」や「摂政」の意味も知らないのですね。www

実際に、りる料に基づく官位などを勅使などを通じて(幕府だけでなく)出していた現実があるんだから、
天皇の仕事は規定されていたことに間違いはないし、

禁中並公家諸法度にも、将軍宣下などをするとは書いていないので、禁中並公家諸法度が
天皇が何をするかの規定…と言われても、ねぇ。w
で、きみは、なぜ、禁中並公家諸法度が三者の連名になっているか書けるのかな?そこから
禁中並公家諸法度の位置づけをしないと話にならないんだが…。w


580 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 15:31:42 ID:???
> 「よきにはからえ」で終わりなら 天皇はお飾りでしかないのよ
別にお飾り(決定過程に関与しない)ことと、任命が天皇であることは、何の矛盾もしないわけだし、
そもそも、関係者皆の合意を表現するのが天皇であるとおれは言っているわけだから、
表現できていて、それに従う・・・つまり誰が将軍であるかについて異論がない状況なら
それで十分なんですけど。www

俺は何度も言っている通り、手続きというものが重要だと言っているのよ。
決定することが極めて重要だ…というのはその通りなんだけれども、決定しただけじゃしょうがない
わけで、そのことは守られなければならない。守られるためには、その決定を方言する手続き「も」
重要なんだよ。その手続きを担っていたのが天皇なわけで、だから、お飾り(決定過程に関わらず
直接手を下さない)にしても、天皇の名で任命されることが重要なんです。

あなた俺の意見を補完しているだけであることに気づきましょうよ。w

581 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 15:39:22 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、  現代のお話してなくてよ
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./      
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ   禁中並公家諸法度が規定では
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |        ないならなんなのかしら?
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |         三者の連名に天皇がはいてないのなら
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !         天皇は何もしてなかったということよ
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |        きっと言われたことをやるだけの人なのね
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |       
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |      皆の合意を表現するのが天皇もどこにも
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |     明文化されてないわね
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |   お飾りというよりアンティーク感覚かしら?
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |     あら、結論は天皇は何もしてないのね?

582 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 15:45:12 ID:???
だから、お飾りであることが重要なのよ。
本来お飾りなだけなんていらないという意味で言っているんでしょ?
でも、それが1000年以上も存在し続けるということは必要だったんじゃないの?と少しは考えるだろうよ。
なぜ必要かといえば、手続き上重要な権威だったから…と俺は言っているわけ。

だからあなたが「おかざり」という時に「本来いらないものである」という意味を含めているならば、
それは、まぁ、歴史をご存じない人の妄言であり、現実に現代でも議院内閣制をとっている
すべての国が「君主」か象徴的で極めて権能の小さい(お飾りのw)大統領を有している事実なども
検討できていないに他ならないんで、あなたの浅はかな思い込みなどどうでもいいのよ。www

583 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 16:04:38 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、  
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./       あらあら、必要だとかの
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ    お話もしてないわね
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |        
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |        あなたお飾りを認めるのね?
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !    では天皇がいただけで何もしてないと
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |       結論が出たようね 
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |       
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |      わかったのかしら
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |       禁中並公家諸法度以前は
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |   天皇が何をするという規定が
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |    ないってことを

584 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 16:11:33 ID:???
れAAに翻弄されダメだし食らう

585 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 17:54:34 ID:???
日本語が通じないねぇ。「お飾り」という表現が、たんに、決定過程に関与しないという意味なら同意するし、
お飾りだから必要ないという意味なら、全く同意できないと言っているわけだが…。w

なにもしていないんじゃなくて、きちんと必要で重要な手続きを担っているんですよ。
有る決定が決定であると表現する権威だと言っているんだが、まぁ、日本語が通じじない人には
無理…というより、この人も「わかろうとしない人」なんだね。

禁中並公家諸法度というのは三名の連署なのよ。大御所はこのころ官位は何だったか分かるかな?
慶長20年・・・源氏の長者で従一位・・・つまり無官、
将軍は、当時正二位で内大臣、征夷大将軍・・・。二条は従一位 准三宮 ・・・
仮にこの八とがほうであり、天皇を規定したものであるというなら、一体その法公布の権限はどこから
来ているというのだろうか。ここを回答しなきゃ論外の話なんだよ。
八とであると宣言すれば、だれが出しても法度だなんていう理屈なら、馬鹿だし、将軍もまた、天皇から
任命されているわけで、被任命者が任命者を縛るなどということができるはずもない。

いろんなところで、初めて天皇を規定した法であるなどと書かれているが、天皇はそれ以前もそれ以降も
官位や将軍の任命をとり行っていて、ぜんぜん規定されていない。そもそも法治主義でないうえに
交付者は天皇の権威によってその地位についている人である。

普通に歴史を見れば、幕府の「朝廷に対する制約」であるとわかる。天皇は政治にもともと口を出さない存
在だから、お前ら(朝廷貴族)天皇の権威を利用して政治に口を出すなよ…という法度だとわかるだろうよ。


586 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/23(土) 18:04:54 ID:???
つうか歴史を知らずに、教科書や、マルクス史観におかされた学者の言い分をそのまま信じちゃう人に、
具体的に指摘すると、ぜんぜん返ってこないのよ。律令は明治立憲までの日本の基本法で有効だし、
太政大臣が廃止されたのは天皇による内閣改制ノ詔(明治18年12月23日)である。
それまでの間、律令に基づく官位は有効。そして実際に宣下などを勅使を通じて行っていた。

個の歴史を普通は知っているだろうよ。
知っているならば、律令が一定の天皇の役割を(明文化されていなくとも…つうか明文化する必要もない)
規定していることは史実として証明されているのであり、かつ「朝廷(朝廷とは天皇と異なり一定の行政を
行う)に対する禁中並公家諸法度を、天皇を規定したものであるなどと言ってしまっては論外もすぎる。

禁中並公家諸法度は現実にそれ以前もそれ以降も行っている天皇の役割を何一つ規定していない。

こういうことをいちいち説明しなきゃわからない…というか説明してもわかろうとしないのだから、まぁ、
何をかいわんやだし、AAの君は、明治立憲以前に明文化された天皇の仕事についての規定があるとか
史実にない論外なことも言っていて、なにも反論できないでいるし…。www

日本の歴史知識に疎い人は、天皇制に批判的になる・・・これはすでに定説に近いな。wwwwww

587 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 18:29:19 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、  
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./       ただいるだけは規定しているとは
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ   言わないわよ?
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |     天皇の行動を規定する   
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |         禁中並公家諸法度が天皇以外で
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !    出されたなら、天皇はお飾りでしかないと
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |       いうことよ、いい加減気付きなさいよ 
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |     いろんなところで初めて天皇を規定した法だと  
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |    書いているのにあなただけの推測で
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |        違うと反論しても説得力もないのよ
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |  普通に禁中並公家諸法度を見れば
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |   天皇に規定をかけたことがわかるのにお馬鹿さん

588 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 18:41:58 ID:bAx66jj2
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、   あらあら、教科書も信じない
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./       あなたが推測したことが
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ   正しいのかしら?
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |      学者でもないあなたを信じる価値あって?  
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |       律令が一定の天皇の役割を定めているなら 
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !        はやくその箇所出しなさいよ
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |        
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |       また、さきほど同様に赤っ恥かくだけよ  
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |      あなた漢字よめないなら漢字読めるように
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |        なってからいらっしゃいお馬鹿さん
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |  
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |   

589 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 18:57:34 ID:???
AAに狂ったように反論するれ
でも・・・反論になってないですから   


                             残念!!

590 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 19:19:30 ID:335qUWIl
残念!とかふりーよオッサン

591 :右や左の名無し様:2008/02/23(土) 22:40:29 ID:GTr4jiHi
じゃあ、ヤババイ♪とかはw

592 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 02:20:07 ID:???
>>554を見てまた電波の世界だけの話を恥ずかしげもなく史実と語る電波と思い
>>557を見て己が出したソース先をよく御覧と笑いたくなる

電波の御仁は我が述べていることを読んでいないらしいと認識す
同じ【皇】である明に【日本国王】の称号を貰い【冊封】を受け入れた時点で、日本の天皇の【権威】はない
天皇がそこに存在しようが関係ないのである
天皇は無視されたということであるのだからである
そもそもhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E5%90%9Bを出してきてこの御仁はどこを読んできたのであろうか疑問に思う
室町時代に【冊封】を受け入れたとかいてあるのだが、この御仁は都合に合わせて見えなくなるようである
【冊封】についてはウィキで述べられているものをここに提示しておこう
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8A%E5%B0%81に【冊封】の再開が載っているので電波の御仁は見ることをお薦めする
さて、我は江戸時代まで【冊封】を受け入れたとは述べていない
貰い受けたと述べいる点と述べてない点で二種あることを電波の御仁は気付くべきである
江戸時代にて【日本国王】【日本国大君】を使ったに続くは、対馬の朝鮮通信使のくだりである
【冊封】を受け入れずにこれらを使用したことから言えることは、【権威】【権力】【武力】ともにそろった将軍こそ日本の支配者であるということである
またもや電波の御仁は都合のいい抜き出ししかしなかったようである
>1868年(明治元年)、天皇が外交権を接収するまで続いた。とウィキには書いてあるがそれには続きがある
「また、幕末の幕政改革においては、西周らにより議会政治を取り入れ、“大君”を元首とする国家体制も構想された」と明記させている
鎖国政策で決まったものしか日本に訪れなかったが、開国の兆しを受け幕末では他の国家にも提示をするためである

それにしてもこの御仁はまたも史実に反することを平気で主張する
天皇は、平安以降何の武力も有していないのなら南北朝時代はどのようにして幕開けしたと言うのであろうか疑問である

日本の歴史知識に疎い人は、天皇制に幻想をいだく・・・これはすでに定説に近いと思われる

593 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 09:38:00 ID:???
日本の歴史については、全面的に教科書を信じちゃうなんて、おバカですよ。ww
資料に基づいて自分で検討して確信しましょう。w

>>592
多分、君の言う権力・権威という言葉と、俺の定義は違うと思うよ。w

>【権威】【権力】【武力】ともにそろった将軍こそ日本の支配者であるということである
【権力】=(【武力】等の物理的力を背景として従わせる力)があた将軍こそ
日本の支配者であるということである …が正しいと思うよ。

で、その統治の地位たる将軍は、天皇の権威=(武力などの物理的力を背景とせず従わせる力)
によってもたらされている・・・これ史実だから…。
誰も天皇が江戸時代の支配者だなんて、いっていないし・・・w
支配者でもない、物理的力を背景としていないにもかかわらず、将軍の上位権威として存在していた
のはなぜか…と言う話をしているのに、君は天皇は支配者じゃないとひたすら言っているわけだ。
支配者じゃないのに君臨していたのはなぜか…という話の流れなんだが、馬鹿なのかなぁとしか
思いようがない。w


594 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 10:36:37 ID:9jIAiVf2
>>593
>多分、君の言う権力・権威という言葉と、俺の定義は違うと思うよ。w

言っちゃ悪いが、君の言葉の定義が一般的なあるいは辞書的な定義からかけ離れてるとしか思えない。

595 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 10:58:45 ID:7e9s4CzW
論理的に考えれば”れ”の主張は、筋が通っているね。
律令が天皇の役割を規定していない理由は唯ひとつ。
それは、
【権威】【権力】【武力】ともにそろった将軍こそ名実ともに
日本の支配者であったという、厳然たる権力構造そのものにあるのだよ。
”れ”はよく勉強しているな。凡庸な人物にできることではない。
いま「菊と権力」を語らせて右に出る人は居ないであろう。



596 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 11:15:20 ID:f+3slHD3
            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ. あなた学者の言っていることも
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.     多くの資料で書かれてることも
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ   否定してるじゃない?
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ     そんなあなたが推測したことが
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ    正しいなんてとてもじゃあないけど
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll    説得力ないでしょ?
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|  
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖   さあ律令が一定の天皇の役割を
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖   定めているなら
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖    はやくその箇所出しなさいよ
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖   それとも書かれている
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|      漢字が読めないの?
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |   
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |    規定していないとあなた叫ぶだけでは
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |        反論になってないわよお馬鹿さん
         〃:::::::マ二      _,ノ

597 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 11:19:24 ID:???
>それにしてもこの御仁はまたも史実に反することを平気で主張する
>天皇は、平安以降何の武力も有していないのなら南北朝時代はどのようにして幕開けしたと言うのであろうか疑問である
疑問も何も、武家の武力は律令に規定されていないんだから・・・。w

いいかな?二官八省一台五衛府・・・八省とは中務・式部・治部・民部・兵部・刑部・大蔵・宮内
このうちの兵部省が、軍事防衛関連事項の一切を司る。
この省庁が平安中期以降全く機能していないのである。国内の治安は、国衙軍制→国追捕使という
流れになるわけだが、これもつまるところ、私兵を雇うということであって、国としての警察力・軍隊ではない。

南北朝の時代の武力が兵部省(軍事防衛関連事項の一切を司る省)に所属していたなどという史実はない。
天皇を助けようとする武力は存在していたが、それは天皇の軍隊・・・つまり国家としての軍隊ではない。
ちなみに、楠正成が南北朝では有名なんだが、
「兵衛尉、従五位下検非違使尉、左衛門尉、河内守、摂津守、贈正一位」である・・・つまり令外官たる検非違使
であって、軍事防衛関連事項の一切を司る兵部省ではない。検非違使は京都の治安維持・裁判の役職である。

まぁ、鎌倉以降同じく令外官である征夷大将軍が武力を掌握したわけで、しかしこれも、単に征夷大将軍を
任命するというだけで、その兵力は私的なものである。

上記のような意味で、平安以降、天皇の軍隊というものは明治の兵部省(のちに陸軍・海軍にわかれる)が
できるまでの間存在しない…という史実を述べているのである。軍事力などの物理的力を背景とした従わ
せる力・・・つまり権力を有していなかった…有していたのは、征夷大将軍であるというあなたの言い分とも
合致するわけだが…。w


598 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 11:39:12 ID:???
>>596
すでに、明文化していなくとも官位や役職を規定している以上、それを任命するという
役割が定まっていること…そしてその実行が勅使によって行われている「史実」を示しているんだが…
何の反論もできないまま同じ質問をするということは、自分の思う回答以外は認めない人だと
判断していいんだろうなぁ。それとも、回答を回答と把握できない馬鹿なのか?

学者がいっている?学者がいっていることがすべて正しいの?それも学者の推測じゃない?
言っていることが矛盾してきてしまっているよ、君・・・www
さまざまなサイトや書籍の「読み方」というものを理解しようよ。そこには「史実」と「筆者としての判断」
があるわけだが、俺はその史実やその背景といったものは十分に参考にする。
そのうえで、その学者の判断が的を射ているかどうか…は自分の頭で考えるんだよ。

で、俺の質問には一切答えず、回答済みのことを何度も聞くというタイプなんだね。
いっぱいそういう人を見かけたよ・・・自分の発言には責任を持たないねぇ。
はやく>>571に回答してくれよ。wwwwww

599 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 12:03:58 ID:f+3slHD3
            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ. あらあら、ど素人のあなたより信用できてよ
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.     
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ   「律令が一定の天皇の役割を定めている」
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |   と書いているのはあなたよ?
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ     はやく出しなさいよお馬鹿さん
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ    
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll   >>571に回答してますわよ?
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|   >>574に禁中並公家諸法度だと
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖   回答してますわよ
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖   あなたの考えと違うからといって
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖     否定されても困りますわ
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖   いろんな資料は
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|    禁中並公家諸法度で
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |    天皇の行こないを規定した法
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |     だと書かれてますもの
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |    これ以前に明文化されたものがないのですから
         〃:::::::マ二      _,ノ           常識ですわよお馬鹿さん

600 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 12:11:44 ID:???
自分の思う回答以外は認めない人とれ
でも・・・もっとも認めないのはあ・ん・たですから


                        ラララライッラララライッ
                         回答不能でエクササイーズ

601 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 12:19:49 ID:KEE+rtnS
AA貼ってるヤツもキモいが、とっくにブーム過ぎてる三流芸人のネタ書いてるヤツも薄ら寒いな
職場で空気読めない痛いオッサンで通ってるんだろ

602 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 13:02:53 ID:???
職場でー
空気読めないー
痛いオッサンでもー・・・そんなの関係ねえ♪そんなの関係ねえ♪

603 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 13:25:45 ID:???
可…回答?
禁中並公家諸法度は、天皇を規定しているとしても、「天皇の仕事をお仕事を決めている」わけではない
事さえ理解していないのか…あきれたボーイズ。

天皇の行いを規定した≠天皇のお仕事を決めている

歴史御地のおバカさんには、この当然至極のことさえ理解できないのだろうか。
明治維新以降立憲までの間、天皇としてご沙汰や勅語を出し、また立憲の合議に参加し、あるいは
廃藩置県などを行うなど、さまざまなお仕事があるわけで、それが禁中並公家諸法度で決められている?
ばかですか?

大爆笑の一幕でしたなぁ。

604 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 13:33:19 ID:???
いやー笑ってしまったよ。

>>567
>明治は関係ないわよ  天皇のお仕事決まっているからよ
これが、禁中並公家諸法度を指しているなどという言い訳は見苦しいなぁ。それじゃ、明治も江戸時代も
「関係ないわよ」と言わなければ、そもそも矛盾しているわけだ。禁中並公家諸法度はいつ出されたのかも
知らんとしたら、相当に痛いしなぁ。

そのうえそのいいわけが、「天皇を規定している」とされているとしても「お仕事が決まっている」わけで
はないことは、さんざん説明してきたし、(勅使のお仕事w)さらに言えば、明治時代、立憲以前の天皇の
お仕事が、禁中並公家諸法度に基づいているなんて、よっぽど馬鹿な学者でも言わない与太話ときている。

結局、歴史に無知だから、ぜんぜん的を外していることは証明されてしまったねぇ、AA君。



605 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 14:00:36 ID:f+3slHD3
            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   ) あらあら、仕事は決められたこと行なう行為よ
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´     天皇の行いを規定したのなら
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__       それが天皇に割り当てられた仕事なの
         __,ィ            ヽ. `ヽ.   
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.   何度言わせるの明治は関係ないのよ
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ  明治維新以降は江戸時代なの?
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |   お馬鹿さん
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ     
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ    それはそうと漢字読めないのに
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll  「律令が一定の天皇の役割を定めている」
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|    と言い切ったわりには
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖   今だ出さないわね?
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖    役割なんだから仕事内容でなくて?
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖    
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖    くやしくて言葉
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|    いじりをしたいのかしら?
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |   
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |    
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |    
         〃:::::::マ二      _,ノ           


606 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 14:40:25 ID:???
言い訳と、こじつけはもういいよ。w
出しているものを出してないと判断するんだから、論外だし・・・w

607 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 14:53:33 ID:???
>何度言わせるの明治は関係ないのよ  明治維新以降は江戸時代なの?
お馬鹿だねぇ。明治憲法立憲以前と江戸時代は一体何が違うんだよ。
江戸幕府が大政奉還しただけの話で、基本法は変わっていないんだぜ。つまり律令は有効。
律令の話をしている中で、明治時代(立憲以前)は関係ない…ということ自体が毛玄なんだよ。

で、大政奉還したのに禁中並公家諸法度は有効で、天皇のお仕事が定まっているの根拠だと
君は言っているんだが…ここだけでも十分に笑い話だろうよ、抜け作。w

 「律令が(定める官位や中央省庁の役職が、それを任命するなどの)一定の天皇の役割を定めている」
俺はそう断言しているし、そのように何度も説明しているわけだし、現実に勅使がそのようにしている史
実も存在するわけだが、一体何のどこがわからないんだね。www

惨めったらしく自分のあふぉさ加減をいつまだもさらしているんじゃ、気の毒すぎて…www



608 :日本語を話す猿 ◆0G0PB9Gqrg :2008/02/24(日) 15:01:52 ID:???
>>538
>仮に、人権を享受しない存在であると仮定するなら、(まぁ同意はしないが)

 私は「人権を享受しない存在である」とは言っていない。何に同意しないのか?

 本当に理解力がない。本物の馬鹿である

609 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 15:06:49 ID:???
>>608
いやなんでもいいんだよ、人権を制限されている、あるいは人権がないのなら、人権を
制限しない、人権を享受する方向で解消できるからそれでOKじゃん。

それは廃止の議論や存在意義の議論たりえないとおれは言っているんだよ。
でそのことに同意できないなら、解消できない人権の種類と制限の状況いを提示しなよと
言っているんだから、早く提示しろよ。

参政権?参政権付ければいいだろうよ。俺は別に天皇が投票権を有している天皇性でも何の問題も
ないと思うぜ。無論国政に権能を持たない…を徹底すれば投票権ナシが妥当だろうが、別に天皇制にとって
たいした問題じゃない。

何を話しているかを、まず理解しろよ。



610 :右や左の名無し様:2008/02/24(日) 15:07:23 ID:???
れと議論すると徒労感に襲われて相手にするのが馬鹿馬鹿しくなる。
本人がそれを狙ってるとすれば、それはそれで戦術的なディベート術なのかも。


611 :◆r0FmiN9ADk :2008/02/24(日) 15:19:28 ID:???
この程度で疲れるというのは、まぁゆとり世代なのかもなぁ。勝手に疲れていろよww
俺は片手間で書いていて、一向につかれないぜ。あほらしくはなるけど。

論旨を読めない・・・書いてあることを書いてある通りに理解できない人・・・まぁいるよね。
書いてあることの裏を探って…とかしている人は、疲れるんだと思うよ。
書いてあることを書いてある通りに相手の主張と受け止めればいいじゃない。

例えば、俺は江戸時代に天皇が権力があるなどと書いていないし、国政に関する実効支配は
徳川だと思っているよ。そういう中で、征夷大将軍の任命などの権威(武力を背景としないそれ)
があったと書いているだけで、そこの過小評価も過大評価もしていないわけだが、おバカさんは
支配者は徳川だとひたすら言う・・・これは相手が勝手に疲れるだけ、あるいは憑かれている
だけなんじゃないかなぁと思うよ。



501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)