5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教えて】皇室の存在意義【下さい】part46

1 :右や左の名無し様:2007/11/09(金) 13:32:56 ID:???
副題【れ電波のれれれ電波大妄想】

れ電波が電波を垂流すスレです
本当に電波過ぎるのでご注意ください

れ電波取り扱い上の注意事項 改訂版
※とてつもなく長く文、論点が定まらない文を出してきます
※知らぬ間に論点がズラされます
※電波なので己の認識が皆の認識だと思い込んでます
※電波なので読め理解しろと言います
※己の発言を記憶しないうえに、変化させます
※故意に漢字を間違って表記します
※形勢不利だと逆ギレしDQN扱いします
※もっと形勢不利だと雲隠れします
※放置を自ら希望しながら盛んに関与しようとします
※なぜか稀に電波支援に隠れキャラ「ふざけた奴」が出現します (出現条件:今だ不明)
※終了宣言が唐突に行なわれます

前の電波スレ
【教えて】皇室の存在意義【下さい】part45
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1186656585

※1000逝かず容量がパンクしますのでご注意ください

48 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/24(土) 16:35:39 ID:???
>天皇、皇族自身をも含め権威を悪用しようとする者
>にとり天皇は格好の道具になり得ることが一番の問題なのさ。
軍事力・警察力・法律・・・なんでもそういう言い方で問題視できてしまうんで・・・w

官僚など、時に国を勝手に動かしたり、腐敗の温床になり、あるいは税の無駄遣いを起こす
からと言って、官僚制度が問題だという認識を持ち、官僚を国から遠ざければよいと考えるなら
それはおバカな子の妄言としか評価されないだろう。

軍事力は、軍隊も含めその武力を悪用しようとする者にとって格好の道具になりえることが
一番問題なのさ・・・ニヤリ・・・といったところで、軍隊を廃止し、あるいは国から遠ざけようと考えるなら
それはおバカな子の妄言としか評価されないだろう。


49 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/24(土) 20:25:41 ID:???


 きみは保守主義者ではないのかい?

50 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/24(土) 23:41:25 ID:???
>>47
>近似値、近似解で十分実用になる。

 いまは、合理の話でしょう。
 近似値、近似解が十分実用に耐えるからといってそれらは合理ではないでしょう。合理ではないのに、実用に耐えられる限り合
理的に使う。その結果、とんでもない不合理が生じる。
 自然と人間を対立軸におくと、自然という理に対して、合うとか合わせるとか(合理)・・・。そういう発想じたいが不合理な
んじゃないかと、そういう考え方をする人間は不合理なんじゃないかなと。わかりにくい?

>『天皇は権威』とか『物事を決定しない・権力を行使しない』とかほざく御仁もいるようだが、天皇、皇族自身をも含め権威を
悪用しようとする者にとり天皇は格好の道具になり得ることが一番の問題なのさ。

 天皇に権威はあるのだろうか?
 確かに歴史的に長く続いているからそこから来る権威(歴史的アイデンティティ)はある。しかし、それは歴史的アイデンティ
ティに権威を感じるからだ。ところが、日本は歴史的アイデンティティが敗戦によって断絶してしまった。
 国が敗戦によって断絶(一時的に消滅し再興する)ことはあっても、歴史的アイデンティティは断絶しない。だから国は一時的
に消滅しても再興するし、また維持されるのだが、日本の場合、国は断絶していない。「国体の護持」が最優先されてしまった。
しかし、敗戦によってそれまでの歴史的アイデンティティを捨てたのである。

 その結果、「日本の伝統的な主義主張なるものがあるのかどうかも、俺には疑問ではある。w」。れをしても無いと思ってしま
う。無いのではなく、失くしたのである。

 私は、天皇制には悪用できるほどの権威はないと思う。『天皇は権威』とか『物事を決定しない・権力を行使しない』とかは言
わせておけばよい。右曲がりと敬遠されるか、かえって反感を買うだけだから

 悪用しようと思えば天皇制に限らずなんだって悪用できるよ。ただし、その人に悪用できる能力や資質がないとだめだけど。

>○○○○に刃物とか言われるが阿呆共に身に過ぎた余計なものを持たせれば碌なことにはならないってことなのさ。

 有能な人たちに身に過ぎた余計なものを持たせる方が怖いと思うぞ。

51 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/25(日) 09:56:57 ID:???
> 天皇に権威はあるのだろうか?
タンに憲法上の国事行為を行うにあたっての権威なら、「ある」ということになるわな。
権力(=武力などを背景として従わせる力)を行使せず、天皇の任命行為を契機として
国会が指名したものが総理大臣となり、それに人々は従うわけだから、従わせる力が
存在する。(国会の召集なども同じだろうよ・・・)
武力などの物理的な力を背景としない従わせる力を権威というなら
権威はあり、その権威の源泉は憲法であり、究極的には制憲した国民に由来する。

どうも、権威を「威厳」などと勘違いしている人もたまにいるわけだが、権力ではない
従わせる力というのは、国にとって極めて重要なことなんだよ。
特に重要な場面は「権力者の交代」だな。日本でいえば政権交代だよ。政権は
軍事力・警察力などの権力を掌握しているわけだが、これを交代させるのだから
当然に政権交代は、権力の強制力を行使できない=担保にならない。

で、もう一つ肝心なことは「憲法」とか「国民」というのは抽象的存在であるということだな。
「だれだれを総理大臣とする」という意思は、憲法や国民は表示できないわけだ。
国民は特定の議員を当選させるという意思を表示するが、それは具体的にだれだれを
総理大臣とするという直接の(具体的な)意思ではない(間接的)。

ここに、君主的地位の必要性があるわけだ。無論国民が直接選択した人が行政のトップに立つ
という手法もありうるが、議院内閣制をとる世界中の国では、君主や「象徴的大統領」が「必ず」
存在する理由はここにある。

52 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/25(日) 10:05:01 ID:???
> きみは保守主義者ではないのかい?
人の思想を分類する趣味はない。意味がないから…。

ただ、どちらかと言えば保守主義者の言い分に好感を持っている。

保守主義というものが存在し、その中で一般にどう言われているか程度の理解は
ここの議論では必要なことだが、誰々は保守主義者だから、こうである・ああであるというような
言論は、さほどに意味を感じない。書いてあることを書いてある通り受け止めて具体的に
議論すればいいのだし、そこに「保守主義者であるからこうであるはずだ…などの予断」を
介在させずに(必要ならば確認しながら)会話はできるはずである。


53 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/25(日) 10:20:27 ID:???
で、君の最大の勘違いを指摘しておく。

>しかし、敗戦によってそれまでの歴史的アイデンティティを捨てたのである。

である。捨ててなどいない。そもそも君は、歴史的なアイデンティティとはいかなる代物なのかを
提示せず、単に「捨てた」と書いているので、意味不明なのだが、君の言うとおり「国が断絶していない」
のである。仮に国という枠組みが断絶しても歴史的なアイデンティティは失わなかった民族は
そもそも多数存在するのである。

日本のアイデンティティは結局は「多元的で重層的な宗教の発展」に示されるように
  何事かを絶対化しない=人々の話し合いで物事を決めていこうとする精神
である。これを和の思想と呼ぶ人もいるだろうし、責任や原理原則に無頓着であると表現する人もいるし
あるいは民主主義に関して民度が低いなどと表現したものもいたわけだが、この精神はなかなかに
複雑なんだよ。そもそも宗教も、思想も、なにがしかの原理原則に基づいた絶対性を持っている。
これが排除される社会…ではない。その原理原則や絶対性はそれなりに尊重され(従って多元的に
発展できる)中で、全体としては絶対性・原理原則よりも話し合いの結果に価値を置く・・・というのは
日本人は無自覚だが、実は大変なことなんだぜw

しかも重層的なんだよ。わかるか?つまり、その宗教や思想が持つ原理原則・絶対性は、「その領域」
では「誰でも尊重する」から重層的なわけだ。

つまり、宗教や思想の絶対性はその領域内では絶対だけれども、全体的な決定の場においては、
妥協譲歩の要因にはなるという意味で尊重はされるけれども、話し合いが優先されるわけだ。
これは西欧の「討論」とはちがう「譲歩・妥協を前提とした=全員一致を目指した」話し合いなわけだ。

どうかね、歴史的なアイデンティティたるこれは、全く失われておらず、国政の場での西欧民主主義さえ
その国政という領域内での建前・・・担っているだろう?相も変わらず、「話し合いに基づく妥協譲歩で
大連立が組まれようとしていた・・・じゃない。そういう根本的な部分で、なにも変わっていないのよ。

54 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/25(日) 11:43:33 ID:???
興奮するなよ、みっともないw

55 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/25(日) 13:50:40 ID:???
誰か興奮している香具師がいるのか?この程度で興奮しているなんて感じているようだから、
まぁ、そういうレベルなんだろうなぁ。w

56 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/25(日) 17:59:57 ID:???
>>32
>日本の伝統的な主義主張なるものがあるのかどうかも、俺には疑問ではある。w

 自分の言ってることに矛盾があるのに気づけよ。きみは疑問でありながら保守主義者の言い分に好感を持っていることになる。
 仮に日本の伝統的な主義主張なるものがないとしたら、「アメリカ合衆国の巨大な経済力・軍事力の実情とアメリカの同盟国
(というより衛星国)という立場を認識し、当面は米国の戦略に付き従うべき」という親米保守は主義主張が"ある"のだから合致
しない。

>そこでいっている保守は保守勢力のことだから、何を保守するのかという質問と結びつかない。

 きみにとっては少なくとも伝統的な主義主張ではないよな。あるのかどうかも疑っているから。
 きみの得意ワザがでたね。この場合、保守と保守勢力を分けることに意味があるとは思わない。

>我が国という枠組みを維持する目的で、現実可能な選択は安全保障上の親米でしか
現在的には選択肢はない・・・親米派目的ではない・・・ぐらいは読み取って、まともな質問を頼むよ。w

 きみが目的としていないと思ってるだけで、親米保守が果たして親米を目的としていないといえるのか、親米が目的になってい
ないかは明確ではない。
 多分このまま議論していても、きみが思う親米保守ではそう思わないとなるだけであろう。
 大体、「我が国という枠組みを維持する」安全保障という国家としての根幹をなす事項を他国に頼るという発想が、保守主義で
はない。歴史的に安全保障を他国に頼ったことが日本にはあるのか。我が国という枠組みを維持する目的を達するためにん千億を
思いやり、肝炎に苦しむ人への30億をケチる。安全保障とは国にとっての最も基本的な目的と思うが。
 それしか選択肢がないだの、親米が目的ではないと、みみっちい言い訳をくっつけてるあたりがさらに情けないれ

57 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/25(日) 18:00:21 ID:???
>はっきりというと、理性の存在そのものに懐疑があるかどうかが重要な要素だろうよ。

 またまたまた思い込み。もう滅茶苦茶。理性を懐疑する≠理性の存在を懐疑する。君は自動的脳内変換してしまうが
 確かに西洋には理性が存在する。しかし、存在するからそれに基づくというのが短絡的。存在はするがそれに基づかないから保
守主義は成立したんだよ。君は保守主義を語れる知識が決定的に不足している。典型的な西洋コンプレックスか。

「何度か書いているが、西欧の人々が「理性」にもとづく「論理的帰結」に一定の信頼を置くことは彼らの伝統文化からして、当
然至極なのだよ。その理性的な判断の要素に「先人が判断し、
現実の中で研鑚されたがゆえに一定の重き・価値を置く」のが保守主義であり、」

「理性なるものがあって、その理性にもとづいて冷静に思考し、時に討論して、何か正義とか真実とかそういったものが人には見いだせるはずだ…という
考え方が、保守主義であっても、急進的進歩主義者であっても存在するんだよ、西欧では。」

 思い込みを頑なに喧伝するのはやめましょう。

58 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/25(日) 18:02:52 ID:???
 保守についてはきみの提示してくれたうぃきに面白い件があった。

「ハンティントンによる定義

 3. 状況的定義
 いつの時代にも見られる、歴史を越えた存在として定義。保守主義は、どんな社会秩序であろうと、それを正当化しようとする
もの。保守主義の本質は、現存する制度の価値を情熱をもって肯定することである。但し、全ての変化に反対するのではなく、社
会の根本的要素を残すために第二義的変化については黙従することもある。」

 保守主義の本質は、現存する制度の価値を情熱をもって肯定すること。私の、「保守主義が保守するのは「現状」である」に近
くないか?
 そして、「親米」というのは差し詰め第二義的変化に当たるのか? でも、「親米である以外に、少なくとも現在的には選択肢
はない」ならば、第二義的ではなく根本的要素なんじゃないかな? そもそも安全保障上の問題は国の根本的要素でしょう?


59 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/25(日) 18:12:10 ID:???
>きみは疑問でありながら保守主義者の言い分に好感を持っていることになる。
おいおい、保守すべきものが「主義主張」ではないと、俺は言っているわけだが…。w
浅すぎて話にならないねぇ。保守すべきものは「人間化・世界観」であり、その人間観・世界観
に基づく共有される価値観なんだが…。

政策(親米など)と主義主張(その現地原則)と、原理原則の根源たる価値観の区別もつかない
わけではあるまい?・・・君は俺の言っていることの人かけらさえ理解せず、君の脳内で混在して
いる様々を、糞も味噌も一緒に処理しているんで、軽すぎるし、稚拙すぎるし、恣意的な指摘だし、
子供すぎてお相手致しかねる。



60 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/25(日) 18:20:20 ID:???
ここでいう「価値」とは親米・反米などの価値のことではないんだよね。
例えば日本なら、話し合いの結果に対する価値・・・つまり、何事かの原理原則に基づく帰結
や、西洋近代主義に基づく正義や真理などという価値観と、妥協譲歩に基づく話し合いの結果とに
対立が生じた場合に、どちらに価値を置くか…というような意味での価値。

例えば米国なら、正義というものを確信し、その正義とはどのようなものであるのかということに
関する価値判断のことなんだよ。

それを「親米とか反米とか極めて刹那的な利害に関する政策の現状に置き換えているところが
軽い、子供だといっているわけだよ。君はそういう文章を読む能力が、大層に不足していると思うねぇ。w

制度自体を維持しようとするのではないのだよ、制度の精神な価値の序列に関して
情熱を持って肯定しようとするのよ。肯定するんじゃなくて肯定しようとする・・・つまり一定の
価値をそこに見出すわけだよ。なぜなら、現状の制度に全く問題がない・悪臭因習が存在しないと
考える保守は、まず存在しないから、当然に何かを保守しようとし、何かを改革しようとする政治思想なのよ。



61 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/25(日) 18:54:35 ID:???
>>51
>武力などの物理的な力を背景としない従わせる力を権威というなら権威はあり、その権威の源泉は憲法であり、究極的には制憲
した国民に由来する。

 こいつはたまげた。憲法すらわかってないのかよ。
 憲法の法源として権威なり権力が存在する。権威や権力の法源が憲法って。滅茶苦茶だよ。しっかりしろ、れ!!

62 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/25(日) 19:08:58 ID:???
>>53
>仮に国という枠組みが断絶しても歴史的なアイデンティティは失わなかった民族はそもそも多数存在するのである。

 しかし、日本はそうではなかった。国という枠組みが断絶しなくて、歴史的なアイデンティティを失った。ここがユ
ニークなんだよ。

>日本のアイデンティティは結局は「多元的で重層的な宗教の発展」に示されるように何事かを絶対化しない=人々の話し合いで
物事を決めていこうとする精神である。

 きみねー。その具体的事例が一向に示せてないだろう。君が勝手にそう思い込んでるだけ。つける薬なし

>相も変わらず、「話し合いに基づく妥協譲歩で大連立が組まれようとしていた・・・じゃない。

 しかし、失敗したじゃない。すでに君の思う価値観が失われて久しいからだよ。そういう根本的な部分で、少しずつ進歩してるんだな



63 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/26(月) 09:19:47 ID:???
>>61
お前がしっかりしろよ。w

>>62
>その具体的事例が一向に示せてないだろう。
宗教のたf玄的重層的な発展は最高裁判決で指摘されているねぇ。
具体的には、雄略天皇の即位式の式次第・継体天皇即位における群臣のかかわり・17条憲法
称徳天皇の禅譲事件における神託と群臣のかかわり・その他、江戸幕府の合議制・明治立憲に
おける明治天皇のかかわり方、から、現代の建前としての民主主義の様相まで、何度か具体的な
項目を挙げているが、君は一切コメントできずにいるじゃない。www


64 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/26(月) 12:16:16 ID:???
歴史的アイデンティティとはいかなるものなのかを説明しないで、失ったと断言されても
それじゃ、単なるあなたの脳内でしょう?

具体的にどのようなものを「失った」としているのか説明しなさいよ・・・とおれは言っているわけで
失っていないよ・・・という俺の具体的な話を付け加えているわけだから、俺のそれへの反論は
さておき、君自身の、その「失ったそれ」とは何なのかを説明するのが話の  順 番  だと
俺は思うけどねぇ。w

歴史的な同一性という表現でいいのかな?歴史的な同一性がどのように敗戦以前に存在し
それが失われたと考える「敗戦以降の事象」は何なのかを具体的に語ってくれなきゃ
まぁ、話にならんわけだが・・・。無理なんだったら、別にいいけど(期待はしていないんでwww)



65 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/26(月) 12:41:38 ID:???
ついでに言うわけだが、歴史的な同一性〔他国と異なるユニークさ)を失ってなお
我が国という枠組みを維持する「必要性」についてどう思っているのかという話になってしまうわけだ。

無論、その時々の国際情勢などで「国の枠組み」に変化が起きうることは言うまでもない。
朝鮮半島などは、そのように激動しているのだから、当然にそのことは理解できるはずだ。

しかしながら、他国の人はともあれ、「当事者たるわれわれ日本人」は「敗戦とそのときの連合国、
特に米国の都合」という外部的な要因によって現状が構成されているとしても、独立国となった現在
そのことについて評価し総括しなければ、当事者としては話にならないだろうよ。

すくなくとも、新たなアイデンティティとしていったい何を置くのか、を提示せず、現状を守り抜こうとする
のは、いかがなものかと俺は思うわけだ。w 現状の無条件な追認はまずいはずだよね。www

新たにこのようなアイデンティティを獲得し、それが我が国が今後も独立を維持する根拠だ!!
といわないなら、コストを書け人命を賭して防衛をする必要もなくなるだろうし、価値のない枠組みを
維持するために国民の生命をかけさせるなどという暴挙は直ちにやめるべきだろうよ。

歴史的アイデンティティを捨てたと評価する人は、そのあたりも考えて意見を記述してもらわないと
他人事の無責任な考え方だと評価されちゃうぞ。www



66 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/26(月) 22:14:56 ID:???
れとかけて、釣堀の魚ととく

67 :嘘つき政党 ◆yriVPj/pEE :2007/11/26(月) 22:16:19 ID:???
>武力などの物理的な力を背景としない従わせる力を権威というなら
権威はあり、その権威の源泉は憲法であり、究極的には制憲した国民に由来する。


この辺をもう少し詳しく説明してくれないかなぁ。

68 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/27(火) 09:28:16 ID:???
権威という言葉の定義には同意するのかね。


69 :右や左の名無し様:2007/11/28(水) 04:25:32 ID:???
>>65
>ついでに言うわけだが、歴史的な同一性〔他国と異なるユニークさ)を失ってなお
>我が国という枠組みを維持する「必要性」についてどう思っているのかという話になってしまうわけだ。

経済的な同一性〔他国と異なる市場)を外国市場から守り維持するために
我が国という枠組みを維持する「必要性」がある。

70 :右や左の名無し様:2007/11/28(水) 16:05:33 ID:???
>>65
>歴史的な同一性〔他国と異なるユニークさ)
他国と異なるユニークさなんてのはどこの国にもあるのだが。
だから国連加盟国は増加の一途を辿り200ヶ国に近付き今後さらに増加するだろう。
あの歴史なんてものを持たない米国でさえ。

歴史的な同一性とは?
現在の版図が連綿と維持されてきたこと?
天皇家を戴きそれが連綿と続いてきたこと?
この二つは日本の地理的条件によるもので日本人自身の奮闘努力の結果ではないな。
千年を越えて受け継がれて来たとされるものも諸所に存在はするようだが
別に国民全員のものってものでもない。
国民に共通の習俗ということになると、精々100年位の歴史しか持たない。
正月?月見?・・・中国からの舶来でユニークな日本のものじゃない。
君が考える日本のユニークさなんてものは君の在郷限りのものと考えた方が良いぞ。

>「敗戦とそのときの連合国、
>特に米国の都合」という外部的な要因によって現状が構成されているとしても
現状になったのは日本自身というより天皇家の維持存続という内部的要因が
最大因子。一般民衆は一切与り知らぬことなのだが。
だから日本のユニークさを侵すものだなどといって敗戦直後に
民衆が武力蜂起したりはしなかっただろう?

71 :右や左の名無し様:2007/11/28(水) 18:07:27 ID:WBVP5oAt
他国と異なるユニークさと国連加盟国増加の関連性は?

72 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/29(木) 10:04:28 ID:???
>>70
おれに聞かれてもねぇ。歴史的なアイデンティティ・・・というのはお相手の言葉で
アイデンティティを同一性と表現を変えただけだから…。

で、当然ながら、国という枠組みの必要性は「他と異なる同一性の存在」に
よるだろうし、それは「歴史的なそれ」に限定されるはずもないと思うが…。

つまり
>ついでに言うわけだが、歴史的な同一性〔他国と異なるユニークさ)を失ってなお
>我が国という枠組みを維持する「必要性」についてどう思っているのかという話になってしまうわけだ。
の意味は、
同一性はあるが「歴史的なそれはない・・・放棄した」と考える御仁に
別のアイデンティティ(歴史的でないそれ)を獲得した…と考えているのか、あるいは
同一性など必要ないと考えているのか、または必要だが、現在のそれは暫定的なものであり
本来的には違う枠組み(たとえば東アジア連邦なり、日本分割など)が必要と考えているのかを
質問しているわけだが…。

あとのことは、何を言いたいかよくわからんし、なぜおれに…という気もするので、放置。

73 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/29(木) 13:03:23 ID:???
ついでだが、
>この二つは日本の地理的条件によるもので日本人自身の奮闘努力の結果ではないな。
地理的な優位性があったということに異論はないが、すでに奈良時代にはダイナミックな物流が
存在したという指摘、地球儀で日本海を見れば、日本が独立しているというほどに
孤立していない地理条件であるという指摘も、天皇制に批判的な網野氏の指摘である。

前者は、当然に情報の流通も、また軍事の派遣も可能だったという事実を物語っているだろうし、
後者も含めれば、地理的な優位性があるというだけであって、独立の維持に努力を要しないという
程度に極めて優位であったとは言い難い。

史実を見れば、独立維持の様々な政策は実行されている。

国民全員に共通するものを持っている国もないだろうし…。w
習俗などに俺は言及していないし、日本がユニークでない(一国として一つの秩序体系を
有する必然性がないほどに)・・・というなら、日本は独立を維持する必要がない…という結論に
落ち着くわけだが、それでは
>他国と異なるユニークさなんてのはどこの国にもあるのだが。
>だから国連加盟国は増加の一途を辿り200ヶ国に近付き今後さらに増加するだろう。
という記述は一体何なのかと…。歴史的な同一性はないが、現代的な同一性はあるというならば
一体どんな同一性があるのかと聞きたいし・・・w

74 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/29(木) 13:49:44 ID:???
つうか、俺にはよくわからないんだよなぁ。
一国として独立を維持する必要があるほどの同一性で、歴史と無関係な同一性という
思考が…。

というのは、国家の独立の維持というのは、基本的には(よほどのことがない限りという意味で)
世代を超えるものだ・・・とおれは思う。当然ながら一つの秩序体系を有するということは
基本法を共有する。その基本法は改正がたびたびあったとしても、改憲の限界の範囲内なんだ
ろうし、ということは基本理念は変わらない・・・という前提があるわけだろうよ。
無論、革命などで基本理念が変わりうるとしても、基本法は革命を排除しているのだろうから
変わらない基本理念を前提にしている・・・という意味である。

この「変わらない」というのは世代を超えて変わらない…のだろうし、したがって、世代を超えて
・・・つまり未来の国民との一定程度(理念は変わらない=共有できるであろうという程度)の
同一性があるとの前提を基本法は有しているということになる。

世代を超えた同一性の確信は、世代を超えた過去の人々との同一性をして以外に、得られるはずも
ないと思うわけだが…。現代的同一性といったって、世代を超えた同一性でなければ、おかしいだろうと
思うわけで、しかし戦後60年・・・世代を超えた同一性で、敗戦以前と断絶した同一性を示す事象という
ものが一体提示できるのだろうかと…

75 :右や左の名無し様:2007/11/29(木) 17:10:36 ID:???
>>74
>俺にはよくわからないんだよなぁ
>一国として独立を維持する必要があるほどの同一性で、歴史と無関係な同一性という
>思考が
それこそがあんたの思考限界を示すものなのだよ。

>国家の独立の維持というのは、基本的には(よほどのことがない限りという意味で)
>世代を超えるものだ
世代を超えるのはファミリーの累代。ファミリーの累代の結果の一つとして
国家が世代を超えて存在する。

>「変わらない」というのは世代を超えて変わらない
ファミリーにしろ国家にしろ世代を重ねるに従い変容するもの。
一世代の中でさえ変容するものを・・・。

>未来の国民との一定程度(理念は変わらない=共有できるであろうという程度)の
>同一性があるとの前提を基本法は有している
将にそれこそが宗教が押し付ける所の法なのだよ。

国民の同一性などというものは、一つ一つを要素として取り出してみれば
極々ありふれたもので、独自性(ユニークさ)を主張できるものではない。
ある風土の下ではそれが合っている、都合が良いというだけのこと。
要素が重なり合った全体として同一性と見えるものは、ホログラフィーのごとき
ものでしかない。
一つの要素を取り出してこれこそが真髄、これさえあれば同一性が保たれるなどと
いえるものはない。そんなものを要素として掲げるのは正にあの頑迷な一神を奉じる
輩共の所業だわ。
歴史は個々の時々の変容の集積として残された結果に過ぎない。
過去に存在した者が今現在ある姿を意図して積極的に到達させようと図った
目標の集積ではないのだよ。
賢『愚)併せ持つ者の思いに盲従すれば末路は破滅。

76 :右や左の名無し様:2007/11/29(木) 23:16:08 ID:p8MIpsVK
賢愚併せ持たない奴なんているのか

77 :◆r0FmiN9ADk :2007/11/30(金) 10:42:09 ID:???
>>75

一言でいうと、人々の同一性など明確でないから、継続して一つの国として独立を維持する
ほどの価値はない…と言っているのか?それなら、国民の生命財産や国の枠組みを維持す
るための防衛には、人の命まではかけられんわな。

俺には他国に寄与するあふぉyとしか思えん考え方だよ。
べつに「我が国が独立を維持し、日本人という枠組みが一つの大きな価値を持つことについて
それを否定するがごとき思考をできないことをして、お前の限界だといわれても、そんな限界を
とっぱらう必要など毛頭ないから、限界で結構だ…と言っておこう。w


78 :右や左の名無し様:2007/11/30(金) 21:14:18 ID:???
神でない天皇に価値はない。

79 :右や左の名無し様:2007/12/01(土) 00:50:10 ID:???
国民の生命財産や国の枠組みを維持するための防衛に、日本独自のユニークさはない

80 :右や左の名無し様:2007/12/02(日) 14:12:37 ID:???
>人々の同一性など明確でないから、継続して一つの国として独立を維持する
>ほどの価値はない…と言っているのか?それなら、国民の生命財産や国の枠組みを維持す
>るための防衛には、人の命まではかけられんわな。

バラバラの国民がそれぞれの生命財産を守る為に財産の一部を信託して一つの国家を運営している。
みんなで同じ国家を運営しているという同一性がある。

81 :右や左の名無し様:2007/12/02(日) 21:23:42 ID:qVXTZ82c
なんだそれ
苦しすぎ

82 :右や左の名無し様:2007/12/02(日) 21:34:03 ID:???
A型は負け組なのでいつも必死ですw
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1196040465/

ここの191が血液型にかこつけて陛下を侮辱。
血ヲタ(血液型信者)もそれを擁護。
せめて陛下への侮辱だけでも謝るように言っても開き直る血ヲタたち。
こいつら日本の恥だよ。

83 :◆r0FmiN9ADk :2007/12/03(月) 08:03:28 ID:???
>>80
その理屈なら、半島や大陸と一つになったほうが効率がいいじゃない。w


84 :右や左の名無し様:2007/12/05(水) 22:31:18 ID:???
>>83
効率最悪じゃん(w
一人頭の税収が思いっきり下がってインフラを維持できない。
頭悪すぎ。

85 :右や左の名無し様:2007/12/06(木) 05:44:00 ID:???
>>77
>人々の同一性など明確でないから、継続して一つの国として独立を維持する
>ほどの価値はない
なんてことは言っていないのだ。
しかし、一つの国として独立を維持することこそが常に絶対的な価値だとは言えないな。
以前よりより良く生きられることにこそ価値があるな。

>国民の生命財産や国の枠組みを維持す
>るための防衛には、人の命まではかけられんわな
人の生命財産と国の枠組みとは別のものだわな。
概して「人の生命財産」≪「国の枠組みを維持する」ってのが通り相場だったわな。
国民の命は後者のために掛けられて来たし今尚それは変わっていないな。
後者さえ成就出来ればその結果として前者が守られるのだといってな。
まぁなんだ、命を掛けた者のお蔭で命を掛けなかった者の生命や財産が守られるってな
寸法だな。掛けられないのは人の命じゃなくて君の自身の命だろう。

人々の同一性なんてのは妄想だよ妄想!
まして過去や未来の人々との同一性何てものは妄想^∞だWa。
時々において同一の基準の様なものは採用してはいるがね。
逆に日本は過去との同一性など求めないどころか積極的に
変化させて来たからこそ生き残ってこれたのだがね。
頑に過去との同一性を維持しようなどとして破綻したものが身近に多いだろう。

もし日本人のユニークさと言うなら過去に囚われず変化することを恐れない
というより変化に無頓着なことだろうな。
日本語からして家康の言葉など現在の日本人には解せないが、Shakespeareの
英語は現在の英国人にも充分理解出来るのだよ。
物事を考える基本である言葉がこの有様なのだから過去との同一性など
望むべくもないのさ。

86 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/08(土) 12:47:29 ID:???
★哀れ無残な蒙昧の啓蒙と軒先で母屋の崩壊を画策する戦勝第三国人に対峙する若き憂国士たちの為に捧げる論述★教授(as憂国士)★

@★【象徴天皇必要性の現象学的背景】★
それぞれがそれぞれの存在の本質を知り自己同一性を確実な物にして初めて他者との比較対照のステージに乗ることができる。
この事は、生命現象を読み解く生命現象学的真実でもある。
即ち、生物の自己保存の要である免疫システムも自己と非自己の区別を確かなものにする自己同一性が確立して初めて、
自己と非自己の比較対照が可能となり自己保存のシステムが機能するのである。




87 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/08(土) 12:48:33 ID:???
A★天皇は日本国そのものである★と言う現象学的定理、

これは言い換え れば『天皇は日本国という国家概念の形代(依り代)である』という
ことを意味し、これが『天皇の必要性論議の究極の答え』でもある。
つまり天皇の必要性を問う事自体が天皇の本質を何も解っていない蒙 昧の輩の
所業なのである。何となれば、『天皇の必要性を論じる事』
と『日本国存立の必要性を論じる事』とは同義だからである。

つまり『天皇不要論』は『日本国存立不要論』なのである。

では、先ず、初めに社会現象学の公理を提示しておく。

これらの公理は
【★天皇を戴く伝統ある皇室制度を基盤とする日本の象徴立憲君主制こそが
理想的な民主主義の実現に最も近い位置にある、人類史上最も進化し優れた国家システムである現象学的定理を理解する上で、特に重要である。

【社会現象学公理T】
≪社会主義以外に広義の君主(天皇)の存在自体を否定できるような論理は人類史上、
古今東西どこにも存在しない≫

【社会現象学公理U】
≪社会主義は教祖(マルクス)経典(資本論)を有し、宗教弾圧と同じ様に、その思想に反対する者全てを弾圧し、
粛清の名の下に一億3000万人の同胞を虐殺し尽くした、明らかな宗教思想であ≫

【社会現象学公理V】
≪天皇制は皇室制度であり、1600年以上の永きに渡り磐石に続く、日本が世界に誇れる
日本文化そのものである。 その中で育まれる天皇への尊崇の念は、これを蒙昧や反日の輩が、
似非右派=アナキスト=所謂右翼の狂信欺瞞と同一視して、 天皇批判の愚かな具に利用する以外は、
明らかな家長尊崇の念であり、宗教では断じてない≫


88 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/08(土) 12:49:56 ID:???
B【社会現象学公理W】
≪日本の皇室・天皇の真の存在価値は、社会主義者や反日の輩が揶揄する『所謂右翼思想』などと言う思想的なものでは、実は、全く無い。
その真の存在価値は、国家概念の依り代としての存在価値及び、その依り代としての、他に類を見ない、 磐石性が可能にする、『アイデンティティー(自己同一性認識)』の要としての存在価値なのである。≫
注:『自己同一性認識』これは、純粋学問である所謂『社会免疫学的必要性』からも極めて重要である。

【社会現象学公理X】
≪我が国の安定的存立は、1600年以上の永きに渡り堅持された磐石の神聖不可侵なる皇室制度によって強力に担保されている。
皇室制度こそは、国家の健康維持に不可欠な広義の免疫力の要なのである≫

【社会現象学公理Y】
≪日本の皇室が過去に於いて、半島で消滅した朝鮮王朝と王朝外交上関係があっても、
★伝統に培われた王制を廃し、民族の誇りを捨て、独裁者の恣意的野望の具に成り果てた南北朝鮮・在日★
とは 全く無関係である。かつての王朝時代の朝鮮の民は美しき古来の伝統に彩られた文化を育む尊厳在る民であった≫


89 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/08(土) 14:48:00 ID:???
C【社会現象学公理Z】
≪天皇家は当初、日本の古代国家である大和国の王家として出現し、当時は祭政一致であったため、天皇は祭祀王、
すなわち祭祀をつかさどる第一人者であると同時に政治システムの頂点に立つ国王であった≫

【社会現象学公理[】
≪王を頂点として貴族階級・武士階級などの存在する階級区別顕在社会に於いては、
社会主義の回廊に用意された活気あふれる民主主義のお祭りが実現した国民皆兵は存在しない。
国際紛争も貴族・武士などの階級同士の戦いで決着が着く。近代大戦の様な大量の戦死者を見ることも、大規模な環境破壊を見ることも無い≫

【社会現象学公理\】
文化とは国の内外に誇れるものでなければならない。したがって、
戦勝第三国人が戦勝特権を行使して強引に政府を恣意的に操作し、認めさせた唯一の
私営ギャンブル、謂わば日本の負の遺産であり、単なる風俗業以外の何ものでもなく、
誇れる部分など微塵も無いパチンコなどというものは、日本の文化などでは断じて無い。

【社会現象学公理]】
≪天皇は立憲象徴君主制国家の国家元首であり政治権力とは分離した象徴として君臨する象徴国家元首である≫
元首の概念は時代により変化するものであるが、国家の象徴であること、首相任命などの一連の国事行為、外国元首や外交官の接受といった対外代表性など、
通常国家元首の有する機能を有していれば十分であり、 元首が果たすべき儀礼的機能を天皇が果たしていることは確かな事実である以上、
天皇は、紛れも無い国家元首なのである。


90 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/08(土) 14:49:49 ID:???
D≪『天皇』こそが、この『共通概念』の『拠り代』(概念の貼り付け先)として
最も優れた存在である理由とは≫
【天皇】こそは、その本性から言うと、【1600年以上の永きに渡り維持され現在に至る、人類史上最も安定した【もの】
=【実体的把握可能な【実体のある【もの】であり、その国の人間の感覚・表象・意志・知識が遷り変わっても、
その本性は過去1600年以上の永きに渡り磐石不変であった。他に類は無い。
これこそが、【天皇】が【人類史上最も進化し優れた国家概念の形代(依り代)】である所以であ。
たとえば、【国語】の本性は、遷り変る単なる【概念】でしかなく、変化していくのである。このことは昨今の国語の乱れを見れば想像に難くない。
【天皇】は【最も優れた概念の依り代(形代)】即ち、国家概念を磐石に貼り付ける中庸なる最適の【場】であり、国家概念に磐石の安定をもたらす機能を有する【もの】なのである
(ここでいう【場】とは素粒子物理学で言うところの重力場・電磁場などの【場】という【言葉】の概念と共通する)
 
つまり解り易く言えば【天皇】は 、異民族(異文化)との交流において影響を受け、希薄化し、ともすれば変貌しがちな、国家本来の優れた伝統文化(即ち、その国家本来の民族性や精神性が張り付いた文化)というものを、
日本においては磐石に繋ぎ止める事を可能にした、心柱のようなものなのである


91 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/08(土) 14:52:09 ID:???
E故に【天皇】こそが【日本人の日本人たるアイデンティティー(自己同一性認識)の要】なのである。移り変わる国語をつなぎとめるのも・流入する異文化に流される事なく日本の伝統文化をつなぎとめるものも
【1600年以上の永きに渡り磐石なる日本国という国家概念の形代(依り代)としての機能】を果たし続ける【天皇】の成せる謂わば【人類史の奇跡】なのである。 
では、ここで第四番目の【社会人類学公理】を新たに示しておきましょう
【社会人類学公理W】
≪日本の皇室・天皇の真の存在価値は、社会主義者や反日の輩が揶揄する『所謂右翼思想』などと言う思想的なものに在る
のでは、実は、全く無い。その真の存在価値は、国家概念の依り代としての存在価値及び、その依り代としての、他に類を見ない、
磐石性が可能にする、『アイデンティティー(自己同一性認識)』の要としての存在価値なのである。
『自己同一性認識』これは、純粋学問である『免疫学的必要性』からも極めて重要である。≫

92 :右や左の名無し様:2007/12/08(土) 15:16:01 ID:???
象徴天皇制の発案者は実は日本人なんだけど
ド忘れして、その名前が出てこない。



93 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/09(日) 01:24:18 ID:???
Fでは、なぜ、国家にとって、民族のアイデンティティー(自己同一性認識)がそれほど重要なのか。
その理由を論述していこう。
★★★生物を詳細に観察するとフラクタルな生物の特性が思わぬところに発見できる事がある。
当然の事であると発見後はすこぶる納得が行くのであるが、やはりその精緻な構造や生命の巧妙を
目の当たりにすると、感動を禁じえない。
例えば60兆個の人間の細胞の一つ一つにすべての遺伝情報が格納されているという事実。
たった一個の細胞からでも、体全体をクローン発生させる事が出来る遺伝情報を完備しているのである。
そしてその様な自然の産物である人間は、その物質的構造のみならず、
無意識に、思考にもその自然のルールを採用している。
つまり自然における生物と無生物(意味ある物事と無意味な物事)のちがいは
『異なった微粒子の非周期的で交換不可能な配列
MAKELOVENOTWAR ・・・が見られるか否か』
(これこそ、あらゆる生命過程に必要な、高度の情報内容を貯蔵しうる唯一の方式である)である。
つまり、同じ粒子の周期的で交換可能な配列AABBCCAABBCCAABBCC・・・・・・は
生命を持たない物質の特性なのである。
このルールを我々人間は無意識に言語にという意志伝達手段に採用している。
つまりBBOOKKOOは意味を成さない死んだ記号の羅列であるがBOOKとなれば、
そこには生きた概念が張り付いているのである。
人間の脳は無意識に、要素を交換不可能な非周期的な個別特殊な配列に並べることにより、
(自然と発せられた言葉に由来する)アイデンティティー【自己同一性】識別の依り代をつくりあげ、
そこに特有の概念を貼り付けることによって意志・情報伝達の可能な生きた≪言葉≫を獲得したのである。
そして、この≪言葉≫獲得の根源的プロセスは≪コンピュータの言葉≫にも応用され、あらゆる情報伝達の手段となっているのである。

94 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/09(日) 01:30:11 ID:???
G★★★【社会現象学に基づく知見】★★★

国名の後に国家体制との属性を示す言葉が入っていないのは世界中で日本だけである。
≪属性を捨て切れていない(〜共和国)はアイコン⇒(日本国)はシンボル≫

■象形文字=象の形をそのまま真似たもの
=アイコン=記号であるが指し示す対象の属性がまだ残存している。属性を断つと消えてしまう不安定な存在

■完成の域に近い文字=認識にかえって負担となる無駄な部分を削ぎ落としたもの
=シンボル=指し示す対象属性から解き放たれた自由な概念表現が可能な記号。
対象と完全に分離しているが故に対象の実体的把握が仮にできなくなったとしても、揺らぐ事無く重要な意味を持って存在しつづける事が出来る。
つまり、最早、消す事の叶わぬ磐石の存在。

■アイコン(〜共和国)は進化し⇒シンボル(〜国)となる

95 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/10(月) 02:59:46 ID:???
>>94に続く。【順番が前後いたしました事をお詫び申し上げます。】

つまり、脳は、実体的認識に至る前段階において、あらゆる得体の知れない≪もの≫に対して特定の識別標識(例えば、丸くて
弾む得たいの知れない≪もの≫に≪ボール≫と名づけ言語化することによって可能となる【自己同一性(アイデンティティー)識別】の標識、つまり≪ボール≫という標識
を便宜的与え、それを場(=概念場=概念を貼り付ける場=概念の依り代)と見立てて、その概念場、具体的に言えば、ボールという概念場に≪弾む≫≪丸い≫≪やわらかい≫
等の特定の≪概念=変化し易い、ゆらぎやすい無形の事≫を貼り付ける事によって、初めて、得体の知れない≪もの≫を実体的な≪物事≫≪事物≫として認識可能ならしめシンボライズされた
生きた言葉を獲得するに至るのである。
およそ脳はこの世に存在する全ての≪もの≫を実体的に認識する為に、実体把握する対象となる≪もの≫に他者と区別する同一性識別可能な記号を設定しそれを概念場として、
そこに意志・情報伝達可能な特定の共通概念を貼り付けるという手順を必要とするのである。
そして、脳のその様な手順の結果、得たいの知れなかった≪もの≫はシンボライズされ伝達可能な生きた言葉を獲得し、実体認識可能な≪物≫とへと相変化するのである。
≪液体が個体になる事を相変化というが、ここで言う≪もの≫から≪物≫への変化も、其の様相は、相変化に相似する。この相似性については別記する≫


96 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆ :2007/12/10(月) 03:01:11 ID:???
>>95続き
即ち、以上の仏説(社会)現象学の知見に照らせば、脳が特定の民族を実体的に把握し確固たる認識を獲得するためには、
その民族固有の民族概念(伝統文化や慣習によって永い歴史を経て形成される)と其の特定概念を磐石に貼り付けることの出来る不変の概念場を、
必要とするのである。

この事実を日本国に当てはめれば、益々国際化しそのアイデンティティーが希薄化する今日において、日本国という存在を実体的に把握し確固たる認識を磐石に確立して自己を確立し、
他国の文化に埋もれる事無く吸収してさらなる独自性を発揮し、文明の新たな進化の道を切り開く為には、類稀なる日本文化に培われた大和民族の民族概念を安定強固に貼り付け続ける事のできる≪磐石強固な
概念場≫即ち1600年の歴史の試練をへて今に続く人類史上最も強固な概念場(日本しか持ち得ない至高・至宝の概念場)である≪天皇の存在≫が必要不可欠なのである。

この意味で、短期の任期で国家の概念場が交代する大統領制や共和制は、きわめて未完成で脆弱な国家システムであるといわねばならない。

そしてこれが、『天皇を戴く伝統ある皇室制度を基盤とする日本の象徴立憲君主制こそが
理想的な民主主義の実現に最も近い位置にある、人類史上最も進化し優れた国家システムである』という事を現象学的事実とする所以でもある。


※上記の≪もの≫という表現は『ものすごい・ものめずらしい・もののけ』等の表現に用いられる≪もの≫であり、『物の化』とは言わない事から解るように≪物≫とは異なる概念を表わす言葉である。
仏説現象学的に言うなら、≪もの≫はその概念場に≪事≫が張り付いて初めて実体把握可能な≪物事≫≪事物≫となる。




97 :右や左の名無し様:2007/12/15(土) 00:39:45 ID:luKvNBNY
天皇を元首と定めることについてどう思いますか?
http://www.yoronchousa.net/result/3252

98 :悟る:2007/12/15(土) 18:00:52 ID:QHekRZ+g
天皇も貧しき庶民もみんな同じ人間だ1
個人個人の思想が国を作るのだ!

99 :右や左の名無し様:2007/12/16(日) 01:35:10 ID:Ws2dx8Fq
ロイヤルニートだから許すよ。ニートの中の最上位だもん。

100 :英機カンゲキ:2007/12/16(日) 08:34:16 ID:???
>>97
事実上元首だけど制度上はそう定めないメリットがあるかも。
たとえば国難があったとき責任を追及されないとかさ。センソーセキニンみたいな。

101 :右や左の名無し様:2007/12/17(月) 01:29:14 ID:???
在日朝鮮人の本音
http://web.archive.org/web/20040609052029/http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm
※文字化けする場合 表示→エンコード→日本語(シフトJIS)
日時:2001年12月14日18時30分〜 場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。 ある統計では、
一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。 そうなれば、
日本で大和民族がマイノリティーになるのです。 だから、私はあと一〇〇年生きて、
なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、
その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。

こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、
いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。

102 :右や左の名無し様:2007/12/17(月) 12:47:45 ID:???
>>101
>日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
ならないよ。
五人中三人が外国人だとしても外国人という一つの民族が存在する訳ではない。
二人のメジャーな大和民族と〇.X人或いは〇.〇X人といったマイナーな
多民族が存在することになるだけだ。君は千年生きようとマイナーなままで終わる。
三人の外国人が一つの民族で成り立っているならば、日本に於いては
たしかにメジャーといえるかも知れないが、本国人からは脱落者乃至は脱走者である
ととして二級以下の市民の地位しか得られないだろう。
日本国籍をとって大和民族だぁというなら、日本のメジャーに仲間入りできるだろうが
二級市民以下の待遇しか得られず、出身本国からは売国奴など蔑まれ続けるだろう。
どう足掻こうと君はどこにいても永遠に二級以下の市民であり続けるしかないのだよ。
それが嫌なら直ちに本国に戻り、下積みから出直す荊の道を歩むしかなかろう。

103 :右や左の名無し様:2007/12/19(水) 12:21:01 ID:UniJ6WNc
宮内庁の役人が、年間200億円以上のお金で食べていけます。
寝てても200億円

104 :右や左の名無し様:2007/12/19(水) 13:26:22 ID:QqhTxRgr
右翼「あっ、あっ、おちんちん触らないで、だめ、おちんちん怖い…」

マルディーニ「怖がらないで、皮を剥いてごらん。これは大人になるための儀式なんだよ」

右翼「おちんちん、ヒリヒリするぅ……」

マルディーニ「大丈夫、こうやって少しずつ剥いて、おちんちんのさきっぽを強くしていくんだ」

右翼「ほんとう?ぼくのおちんちん、強くなれる?」

マルディーニ「なれるさ、なれるとも、さあ、亀頭にぬるめのシャワーをゆっくりあててごらん」

ピルロ「うん…」

105 :右や左の名無し様:2007/12/22(土) 00:47:33 ID:???
象徴天皇制というのは突き詰めれば、日本人お得意の曖昧さで神聖不可侵=神のような存在を象徴と置き換えた事を憲法で定めたものなんだよ
象徴とすることで「崇める」と直結し、その崇める対象は『天皇』なのであるから即ち教祖という事
そう、だから「天皇万歳」など未だに言う奴は天皇教信者だと思うなー

☆象徴天皇制は人類史上最も進化した 国家システム☆なんて戯言みてると、狂信者の戯言と同じと思うなw

106 :右や左の名無し様:2007/12/22(土) 01:08:31 ID:???
在日朝鮮人の本音
http://web.archive.org/web/20040609052029/http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm
※文字化けする場合 表示→エンコード→日本語(シフトJIS)
日時:2001年12月14日18時30分〜 場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。 ある統計では、
一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。 そうなれば、
日本で大和民族がマイノリティーになるのです。 だから、私はあと一〇〇年生きて、
なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、
その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。

こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、
いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。

107 :右や左の名無し様:2007/12/23(日) 12:13:13 ID:???
>>105
「象徴」なんて曖昧なものじゃなくて「国家元首」と明確に規定すべきってことだな

108 :右や左の名無し様:2007/12/23(日) 13:26:18 ID:???
象徴→崇めるってどんだけ単純な思考回路なんだ。

109 :右や左の名無し様:2007/12/24(月) 08:28:42 ID:???
国家元首はどこの国でも、国の象徴という側面がある。

110 :右や左の名無し様:2007/12/24(月) 14:12:11 ID:???
>>108
馬鹿だなーキリストはキリスト教の象徴だろ?
崇める対象でもないのに象徴にはならないんだよ
お前は馬鹿だろうが、象徴が崇める対象でないと言うのなら象徴とは何?

111 :右や左の名無し様:2007/12/24(月) 19:54:33 ID:???
バカ丸出しwww
じゃあドイツでは象徴大統領を神か教祖のように崇め、
アメリカでは象徴である星条旗をご利益ある札のように崇めてるっていうのかw
頭悪すぎwww

象徴とは組織や共同体において、構成員が共有し統一をはかるための有形または無形の概念であり、
対外的には、その組織および共同体の自主性や独立性を表すための役割をも果たすものだ

112 :sage:2007/12/24(月) 21:25:49 ID:???
キリスト教の象徴は十字架やら聖書やらあるやな。

113 :右や左の名無し様:2007/12/24(月) 23:07:02 ID:???
>>111
キリストは象徴ではないのかよ馬鹿ーw
十字架やら聖書も象徴だから崇めているしなー

ドイツだと?実務の首相がいて権威存在が大統領だから象徴だとはならない
連邦の代表であって象徴とはいわないのだよ
星条旗は目印であって象徴でもないし、国旗が象徴であるのなら日本に国旗はあるのだから象徴天皇はいらないなー
代表=象徴だと思うなチンカス馬鹿

天皇とはただの人、人を象徴と化すのならそれは崇める存在でなければ、象徴が有形または無形の概念であるというものに意味はない


114 :右や左の名無し様:2007/12/25(火) 03:56:44 ID:???
おおよそ君主制国家では君主は象徴としての地位と役割を与えられてきた。
国家があが得られる対象である場合に、その象徴は崇められる…。

そもそも、象徴とは抽象を具象化する、無形を有形化する、非感覚を、感覚的なものにする
作用ないしその媒介物を指す。

キリスト教という「崇める対象」を象徴する媒体は当然に崇める対象となる。
象徴だから崇められているのではなく、あがめられる対象を象徴しているから、崇められているのである。
たとえば、品性下劣の象徴たる「江頭5:20」は崇められていない。w



115 :右や左の名無し様:2007/12/25(火) 07:56:29 ID:???
>>113
> ドイツだと?実務の首相がいて権威存在が大統領だから象徴だとはならない
> 連邦の代表であって象徴とはいわないのだよ
いわゆる「象徴大統領制」も知らないとは…可哀相に

お前の言ってる「象徴」は宗教的権威の意味しか持っておらず、本来の意味として使ってない。

【象徴】
(1)直接的に知覚できない概念・意味・価値などを、それを連想させる具体的事物や感覚的形象によって間接的に表現すること。
また、その表現に用いられたもの。例えば、ハトで平和を、王冠で王位を、白で純潔を表現する類。シンボル。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BE%DD%C4%A7&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

平和主義者はハトを崇めてるのか?
王冠や白は崇める対象か?

象徴=崇める対象だと思うなチンカス馬鹿

116 :右や左の名無し様:2007/12/25(火) 11:54:40 ID:???
党派拘束か

117 :右や左の名無し様:2007/12/26(水) 12:10:19 ID:???
>>115
ならば崇める対象でもない象徴である天皇になにも価値はないだけw
いまだに後生大事に天皇を神聖不可侵な存在だと思っている奴は化石なんだよチンカスw

118 :右や左の名無し様:2007/12/27(木) 08:16:28 ID:???
いまだに後生大事に「天皇を神聖不可侵な存在だと思っている奴がいる」と思っている奴は化石なんだよチンカスw

119 :右や左の名無し様:2007/12/28(金) 02:22:48 ID:???
>>117
バカなんだね
で、象徴の意味は理解できたかねおバカくん
理解できたら感謝しろよ辞書も引けない低脳

120 :右や左の名無し様:2007/12/28(金) 12:26:31 ID:???
>>118
チンカス、お前は天皇を崇める化石信者だろ?そんな奴に化石と言われても苦笑だなw

>>119
直接的に知覚できない概念・意味・価値だと意味かかれているが?
直接的に知覚できないものというのなら、それはもう宗教と同じw


121 :◆r0FmiN9ADk :2007/12/28(金) 13:12:45 ID:???
>>120
天皇を直接的に知覚できないなら、視覚・聴覚・触覚などの障害があると思うから
病院に行ったほうがよいと思う。

「国民の統合の」象徴…だとした場合に「国民の統合」は概念であり、抽象であり無形であるがゆえに
具象であり有形の天皇がこれを象徴する・・・日本国民が統合していることを、天皇という媒体を通じで
表現している・・・というような意味になる。

つまり、何を象徴しているかが問題であって、象徴であること自体は、単なる「具象化の媒体」である
以上の意味はないのだよ。





122 :右や左の名無し様:2007/12/30(日) 23:00:32 ID:???
>>121
チンカス電波、>>115のチンカスに言えよw

だとした場合に?信者の臭っい匂いが漂うなwwww


123 :右や左の名無し様:2007/12/31(月) 12:15:55 ID:???
天皇は元々王様だろうが。自分達一族が暮らしやすいような仕組みを創ってある時期君臨してたんだから
ただそれだけのことだろうが。楽して暮らしたいもんな。
そういう暮らしを1000年以上もしてきたんだから大したもんだよ。
日本人を洗脳し続けてることに成功してたんだからな。

神道だって元々祖霊を祭るようにして洗脳したのが始まりなんだろ。
人間の考えることなんだからさ。
そんな古代の仕組みが現代社会に通用するはずないだろ。
生き残ってもいいけど
現代に生きる日本人の生活のほうが大事だ。
皇室外交なんて嘘。
カルト教団と同じ。「教祖様は我々のために一生懸命やってくださってる」って信心する
ってわけ。
もういいかげん,通用しないよ。いろいろごちゃごちゃ理屈をこねてもダメ。

世の中は人間がつくるもんだろ。
現代日本人が一番生活し易い世の中は税金が必要な部分に必要なだけ使われることだ。
存在自体おかしなものに税金使えるか。


124 :右や左の名無し様:2008/01/02(水) 01:15:46 ID:???
在日朝鮮人の本音
http://web.archive.org/web/20040609052029/http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm
※文字化けする場合 表示→エンコード→日本語(シフトJIS)
日時:2001年12月14日18時30分〜 場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。 ある統計では、
一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。 そうなれば、
日本で大和民族がマイノリティーになるのです。 だから、私はあと一〇〇年生きて、
なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、
その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。

こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、
いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか

125 :右や左の名無し様:2008/01/02(水) 12:04:36 ID:???
>>120
日本語もまともに理解できないバカか
象徴の意味は理解できたかってきいてるんだよチンカス馬鹿w

126 :右や左の名無し様:2008/01/02(水) 16:03:15 ID:???
>>120
お前のような基地外は「理解できたか」という言葉も理解できないほどの馬鹿なんだろうな
まあ絶望的に脳細胞が死滅してるみたいだからしょうがないか
そんなお前に特別に説明してやろう、どうせ糞しか詰まってないお前の頭じゃ理解できないだろうが
直接的に知覚できない概念・意味・価値というのはいわゆる形而上学的概念のことだ
もちろんその中には宗教的概念も含まれる
しかし形而上学的概念=宗教的概念にはならない
なぜなら、形而上学的概念のカテゴリーは宗教の他にも平和や愛情や正義など多くの概念を包括しているからだ
そしてそれら直接的に知覚できない概念・意味・価値である平和を知覚するためにハトを象徴とし、愛情はハートマークを象徴とし、正義はスーパーマンなどの正義のヒーローを象徴とする
そして天皇は何の象徴かといえばそれは憲法第1条に書いてあるだろう
すなわち「国民統合」という直接的に知覚できない概念(=形而上学的概念)を表すための象徴だ
理解できたかチンカス馬鹿?
またアホなレス返すなよ
つっても無理だろうがなw

127 :右や左の名無し様:2008/01/02(水) 18:28:47 ID:???
NaGISAのブログ
http://blogs.dion.ne.jp/pleyel/
http://www.nagisanet.com/

128 :右や左の名無し様:2008/01/03(木) 14:29:48 ID:???
天皇なんて極一部が勝手に決めたもの
だから存在意義なし

129 :右や左の名無し様:2008/01/03(木) 18:25:46 ID:EWHDbsaW
296 :可愛い奥様:2008/01/03(木) 17:49:34 ID:3OBOaIFF0
http://sankei.jp.msn.com/photos/culture/imperial/080102/imp0801021859001-p2.htm

もう、なんていうか・・・・・・(絶句)
可愛いさかりのはずなのに、ブサイクすぎて泣けてくる。
これじゃあ大きくなっても不人気のまま確定ですね。


130 :右や左の名無し様:2008/01/04(金) 01:11:24 ID:???
在日朝鮮人の本音
http://web.archive.org/web/20040609052029/http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm
※文字化けする場合 表示→エンコード→日本語(シフトJIS)
日時:2001年12月14日18時30分〜 場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。 ある統計では、
一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。 そうなれば、
日本で大和民族がマイノリティーになるのです。 だから、私はあと一〇〇年生きて、
なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、
その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。

こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、
いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか

131 :右や左の名無し様:2008/01/05(土) 13:11:30 ID:TsVMWT6m
なぜ在日や朝鮮カルトが天皇万歳なのか?(このスレに参加して間もない人のために)

以前「朝まで生テレビ」で女系天皇をテーマにした時、
統一協会系の「創る会」や「チャンネル桜」の女性キャスターが出演し天皇万歳を叫んでいました。
朝鮮系の宗教団体が天皇崇拝を教義とし軍国日本を目指す意味は不明です。
教団や教祖でなければ真意はわかりません。
推測ですが、日本人信者の大半は現状の日本に適応できなかった人達です。
仕事や社会的地位が確立している人は宗教にすがる必要がありません。
友人や恋人や結婚についても普通の人は教団の信者としてのつながりや合同結婚式に頼る必要がありません。
弱肉強食の社会では生きていけない人が教団の信者となり、自分達を弾き出した日本の現状を変えたがるのです。
戦争を望み、北朝鮮や大日本帝国のような個人崇拝による平等を切望しているのでしょう。
日本の教科書に「創る会」として文句を言う。そして外国に「我々は正しい戦争をしたのだ」と意見広告を出す。
日本にとってそれは不利益でしかありません。
勝共連合として右翼を組織し平和憲法を攻撃し、日本の侵略のシンボルであった天皇を担ぎます。
天皇の軍隊と戦った国々や天皇の軍隊に侵略された国々で日本に対して警戒心が高まります。
日本にとってこれも不利益です。
反省する事を悪い事だと決め付け過去の問題を何時までも引きずらせています。
そのためにドイツのように過去を清算することができません。
過去に汚点が有り不快にさせた友人がいれば皆さんならどうしますか?
謝ってよりを戻すだけの話です。それは自虐ではありませんし不利益も無いです。
「私は悪くない」と突っぱねる方が不利益を生みます。
チャンネル桜のスレを見て下さい。
そこで統一協会の信者が書き込んでいる事と他のスレでネットウヨが書き込んでいることは同じです。
非日本の宗教団体の教義が愛国であると宣伝しています。
普通の人は戦争のない日本、天皇や教祖に従う必要の無い独立した個人として生きる日常に満足しています。
自ら望んで教祖や天皇の支配化に入りたがる人達と価値観は合わないのです。


132 :右や左の名無し様:2008/01/06(日) 14:12:33 ID:pwwzNzvW
食品偽装は元従業員の内部告発(ネット)が相次いだため。
組織が行なっていた悪行は組織を離れる人間が増え、告発が容易であれば(ネット)暴露される。
統一協会の活動も同じ。
ちゃんとした職業に就いたり教団以外に自分の居場所や仲間が出来た時に現実に戻ってくる。
自力で結婚できない人やニートで社会や親族から白い目で見られている人は教団に逃げ込む。
そこで現実を攻撃し妄想の世界に浸る。
自分が主権者として生きる社会は自己責任であり自力救済が原則。
天皇や教祖の下僕となる人は他力本願で責任を放棄し他人を攻撃するだけ。
学校にも職場にも他人の支配に入りたがる人はいない。
弱い人が他人に支配される現実があるだけ。
そこから逃れてニートとなっても孤独と虚しさしかない。
だから教祖や天皇にしがみ付く。国や民族でしか他人とつながりを持てないから国粋主義になる。
普通の人は自分が主体。でも天皇や教祖の下では主体は天皇や教祖になってしまう。


133 :◆r0FmiN9ADk :2008/01/06(日) 14:17:51 ID:???
最近 「天皇(を信仰する宗)教の存在を盲信する宗教」 の信者さんが多いような
気がしますw。




134 :右や左の名無し様:2008/01/06(日) 16:36:04 ID:3aZnEf87



http://money6.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1199588792/l50


中国や朝鮮半島との関係改善が急がれる時期に朝日新聞は
適切な役割を示しています。 日本国民は朝日新聞を支持すべきである。


アジア友好を唱える朝日新聞を国民は応援しろ!

http://money6.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1199588792/l50


135 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2008/01/06(日) 20:25:54 ID:fKwewxc6
>>133
何を言っているのか...

「天皇はただの人間。」

これを肯定できない香具師は、進化論を聖書の記述から否定するアメと同じくカルト信者である。

136 :右や左の名無し様:2008/01/06(日) 20:44:42 ID:???
>>135
天皇は法的に国民としても人間としても認められていません。
広義では国民であり人間ですけどな。

137 :右や左の名無し様:2008/01/06(日) 20:59:06 ID:???
>「天皇はただの人間。」

S−RAM ◆nXT9l8d5qU のような馬の骨と違って歴代の記録が明白に存在する。
かく言う俺も、17代前の天皇の子が降嫁された一族の縁戚の子孫にあたる。
」ただの人間¥ではないぜよ
ずが高い ひかええい

138 :  :2008/01/06(日) 21:18:10 ID:x7WEP7OT
>>137
家柄を誇示すると妬まれるよ。反天皇の半分以上、妬みが原因だ。
だけどそれは、かなり子供っぽい考えだな。

それにDNA的には、たいていの日本人は朝鮮や支那の血が入ってるだろう。 
 

139 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2008/01/06(日) 21:31:39 ID:fKwewxc6
普通に考えると、一般の日本人の平均よりは、天皇家の血筋は大陸系が濃いだろうと思われるがな。
愛子ちゃんぐらいになると、大して変わらんだろうけど...

140 :  :2008/01/06(日) 21:46:39 ID:x7WEP7OT
日本人は新モンゴロイドだから、みんな血をひいてるだろ。
特に下戸のDNAは支那が起源らしいから、俺なんか確実に大陸系だ。  

141 :右や左の名無し様:2008/01/07(月) 10:17:23 ID:QNkdGXPe
天皇は人間だよ

だけど、普通の人間と違ってかなり凄い人間みたい



142 :◆r0FmiN9ADk :2008/01/07(月) 12:26:55 ID:???
「天皇は人間である」は否定しないし、する必要は毛ほどもないわけだが
あえてそこに「ただの」をつける必要性が有るのかどうか、さっぱりわからん。

そりゃ、進化論というよりも生物学的に人間であるということではあるが、
そもそも「ただの人間」と「ただ者ではない人間」が生物学的に存在するとしても
その生物学的な違いを、投稿者が把握しているとも思えんが…。w

まぁ、おそらくは「ただ者でないほどの生物学的な特徴」など、なかろうとは
推測できるが、そりゃ単なる推測だし…。

143 :阪京 ◆wOujBmICX2 :2008/01/07(月) 12:56:06 ID:???
>>139
125代くれー続いた皇室がなんで一代くだるとそうかわるんだ? 相変わらず
頭の悪いヤシだな(爆。天皇家騎馬民族説などガセだ。

144 :◆r0FmiN9ADk :2008/01/07(月) 13:00:04 ID:???
ついでに言うと、ダイヤモンドは「単なる炭素」とも言えるし、君が代は「単なる空気の振動」
とも言える。国旗にいたっては「単なる布地」だし、人間たって「単なる有機物、しかもほとんどは
有機物でない単なる水」だしねぇ。

要は生物学的には単なる人間である天皇…そしてフィクションたるその血統というものが
1000年以上にわたって維持され一定の価値を認められてきたのはなぜか…ということを考えるのが
天皇に関する議論なわけで、その場所に来て単なる人間であるなどというのは、単なる文字の羅列で
何も言っていないことと同じなことぐらい、タンなる馬鹿のコテハンでもw普通わかるだろう。w

145 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した制度By教授:2008/01/07(月) 19:19:26 ID:???
初学者が間違い易い全く誤った知見を前提に誤った論述の連鎖に堕ちいている>>105の哀れな有様は観るに耐えない。
しかし、内容を静観していると、何が何でも天皇を貶めたい反日の三国人でもなさそうである。
よって、この御仁を蒙昧な日本人として、啓蒙しておく。
なんとなれば、日本人ならば≪天皇存在が自らの安住にとって必要不可欠である学問的事実≫を啓蒙による開眼で理解させる事が可能性があるからである。

【啓蒙@】〜象徴の意味〜
先ず、>>105象徴天皇制というのは突き詰めれば、日本人お得意の曖昧さで神聖不可侵=神のような存在を象徴と置き換えた事を憲法で定めたものなんだよ
象徴とすることで「崇める」と直結し、その崇める対象は『天皇』なのであるから即ち教祖という事
の解釈は全くの誤りである。

≪象徴≫の意味は恣意的な属性≪勝手な意味付けや価値観≫の貼り付けが出来ない、恣意的改変の不可能な普遍的な概念(例えば清く正しいものに与えられる
≪聖≫という文字⇒聖悪魔は概念的に存在し得ない)という意味であり、
≪象徴天皇制≫とは≪天皇≫が国家概念を磐石に維持する為に必要不可欠な≪不変の概念(例えば聖悪魔のように聖に悪の属性を貼り付ける
などの意味の改変を不可能にした聖の文字のような不変の概念)≫であり、
その様な人類史上最も進化した≪不変の国家概念≫である≪天皇≫という概念を投影して実体把握するにするにふさわしい尊崇すべき皇室を有する国家制度という意味である。

故に≪皇室を神格化して崇めた歴史≫は、一生≪天皇概念維持の為に非人間的な生活を強いられる人間≫に対する尊敬を磐石にするための単なる方便であり、真の目的は、
国家概念の磐石なる維持継続であって、宗教的な教祖を崇める意味では全く無い。

もし≪国家概念磐石維持教団≫なる≪日本だけが継承する独自の伝統や文化を愛する国民皆信者が理論的に成立する教団≫=
=≪伝統文化に育まれた日本国という国家概念がなくなってもよいと考える反日在日だけが異を唱える教団≫を仮定すれば、

皇室制度はその教団の最もふさわしい教祖を磐石に作り出すシステムと言える。

146 :☆象徴天皇制は人類史上最も進化した制度By教授:2008/01/07(月) 19:20:36 ID:???
>>145つづき
世界のあらゆる国が、その国名に≪王国やら共和国やらの改変可能な属性≫を冠し(例えば〜王国・〜社会主義共和国・人民共和国等々)、
いまだ不安定なアイコンでしかない今日、
≪日本≫だけが唯一、改変可能な属性の一切冠する事の無い磐石の概念であるシンボル≪日本国≫にまで進化して既に約800年の歴史を有するのである。

≪国家概念の安定・磐石≫は≪国家の安定・国民の平安≫にとっての必要十分条件であり、
その条件が人類史上最も達成された国家という意味で、
天皇という国家概念を磐石に維持する皇室制度約800年に立脚する立憲象徴君主制たる≪象徴天皇制=象徴元首制=象徴君主制≫こそは、
人類史上最も進化した国家体制なのである。解りましたか?

これに比べ、尊崇すべき三歳からの帝王学の無い一般人がなれる任期4年の大統領の動向に翻弄されるアメリカ合衆国の国家システムは、未だ200年あまりの歴史しかなく、
国家の磐石性に於いては、未だ海のものとも山のものとも知れない極めて不安定なシステムなのである。

この意味で、アメリカ合衆国は、未だ、社会主義の歴史の中で≪衆愚ポピュリズム≫所謂≪民主主義≫が生み出した一時的なお祭り騒ぎの国家に他ならない。


147 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2008/01/07(月) 20:30:19 ID:Y5BFF5At
>>141
次期天皇は、凄く嫁に甘いってか?

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)