5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

学園物語★KOVA17歳15〜デンパと毒餃子

1 :名無しかましてよかですか?:2008/02/22(金) 02:17:21 ID:jakkxLZN
あるところに一人の男がいた・・・。彼はネットで、リアルで、学校で、
職場で、家庭で様々な伝説を作り上げていった・・・・。
彼の名前はコヴァ。このスレッドは彼らの波瀾万丈の日常を記録した
ネタスレである。ネタであってくれ…。本当にネタだよな・・・・

前スレ
学園物語★KOVA17歳14〜渡り叩かれの豚
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1190452672/

まとめサイト
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/

2 :名無しかましてよかですか?:2008/02/22(金) 02:18:41 ID:jakkxLZN
・このスレって??
もし「ゴーマニズム宣言」に感化されまくった人=コヴァが実際に高校生として生活していたと
したらどうなるだろう…みたいな感じで投稿された文章を楽しむネタスレです。>>1のログを見てね。
たまにコピペを貼りに来るジバクや自画自賛の妄想を書き込みに来る長野や兵庫の汚物はスルーしてね。
人大杉です 2ちゃんブラウザ(無料)を入れましょう
http://www.monazilla.org/

・登場人物はどんな感じなの?
木場ヒロシ…一応このスレの主人公。17歳。私立有名進学高校に通う。
        周囲からは「コヴァ」の愛称(?)で呼ばれている。政治思想板の引退した某コテハンがモデルとも言われる。
        かつては最悪レベルの問題児だったが、ここ最近、林間カヅフサの強烈なデンパにやられてしまったのと、
        元ネタが一般人化しつつある現状を踏まえ、社会復帰が進み、日に日に一般人に近づきつつある。
        ただし、たまに昔の性格に戻る事もあるが…
林間カヅフサ…35歳。元ネタのあまりのデムパぶりにこのスレでもほぼコヴァを差し置いて主人公の座をのっとった男。
          一応コヴァたちの通う私立海武学園の教師だが、
          それ以前は長い間ニート生活を送っていた。大阪府比良方市出身。
          怒ったときに「かんしゃくおこす!!!1!」と絶叫する癖がある。
担任…最もコヴァたちの電波を浴びてしまっている人その一でありコヴァ被害者の会会長。
     コヴァの高校の担任にして、日本史の教師なので何かと苦労が多い。30近い年齢だが未だ独身。
     よく「日教組」とコヴァに罵られるが、組合には所属していない模様。
     林間カヅフサが加わってからというもの、ますます頭痛がひどくなる。
     最近、倉田サユリと結婚、ようやく幸せを掴み始めている…?
木場正一…ヒロシの父親。公立中学校の美術教師。日教組の組合員でかなり現場に顔が利く模様。
        サヨクというより左翼思想の持ち主にして「北の将軍様」にそっくりのルックス。
        また、彼の父親は一成といい、コヴァと同じような思想だったらしい。
       なお、現在クビにリーチかかっていてテンパってます。

3 :名無しかましてよかですか?:2008/02/22(金) 02:20:14 ID:jakkxLZN
木場秋子…ヒロシの母親。最もコヴァの電波を浴びてしまっていた人そのニ。
        温和な女性。正一との結婚理由は最大の謎か。
       ここ最近、息子たちが社会復帰しつつあることから、
       長い間の苦しみから解放されつつある。
木場マサオ…ヒロシの兄。おそらく字は「正男」。木場家の長男。23歳。思想的にはコヴァに近い。
         というよりコヴァは兄経由で小林よしのり氏と出会ったものと思われる。
         かつては無職のヒッキーだったが、現在は郵便局のアルバイトとして働いている。
        そして、いまやほぼ一般人と変わらない状態にまで社会復帰を成し遂げた。
教頭…コヴァの通う高校の教頭。定年間近の年齢と思われる。某政党の元代表とは関係ないと思う。多分。
     立場上、コヴァと話すより担任と話すことの方が多く、担任の良き相談役となっている。
     が、よく担任をピンチに追い込むのもコイツである。恐らく、国崎学級にマホ・ジバク
    キモの三人を送り込んだのもコイツの仕業と思われる。ここ最近、GTOの教頭化が進行中。
真保…フェミファシストと損ニーと朝鮮半島をこよなく憎む元帥。あけおめ砲と強力な
    視覚兵器を持つ。ここ最近孤立気味。通称カルボナーラ真保
千葉…銃とジャイアントカプリコをこよなく愛する神○モテモテ王国の自称国王。
    突撃隊長であるらしい。肝井と林間と三人で行動する。本名千葉久之。
    年老いた保険外交員のママーンがいるぞ!DQNと犬が苦手。
肝井…長野県出身のキモい人。ヲタのキモい部分だけ濃縮して、ヲタ成分を全部抜いた
    キモさ純粋培養150パーセント。学園内でかまってくれるのがコヴァご一行のみに
    なってしまったため金魚のウンコのようにひっついてかまってもらっているらしい。
    女装好きでマゾ(本人の弁によるとツンデレ)でアニメやゲームの女キャラのなりきりが大好き。
守本…エイトプリンスシティーの「特に一人の人」。海武学園非常勤講師。
    毎日ゴミ捨て場のゴミ袋をあさっているらしい。本名は守本紳八。
    かつては林間カヅフサも住んでいた大阪府比良方市に住んでいた。

4 :名無しかましてよかですか?:2008/02/22(金) 02:20:50 ID:jakkxLZN
菊地メグミ…コヴァの義妹にあたる。16歳。M高校1年生。
        かつて正一が岩手への出張の折に知り合った現地の女性との子。
        母を亡くしてエイトプリンスのコヴァ家に居候することに。
        木場家にはすっかり家族の一員として馴染んでいる。
吉田シゲル…コヴァの友人その一。後述の三人娘の一人、吉田キリコの弟で、
         実家は、栃木県ギョーザ市ではいろんな意味で有名な病院を経営している。
         普段は常識人であるが、銀様をはじめとする銀髪美少女に目がなく、
         それらを過度に侮辱されると、理性が飛んで破壊王と化す。
鳥坂…コヴァの友人その二。ファーストネームは特に定まっていない。
    大阪府の出身でアニメ好き。三人の中ではやや存在感が薄い。性格は至って常識人。
精神科医三人娘…都立松沢病院に勤務する三人の女医。
            免下怜、ヨシダキリコ、月宮アユミの3人から成る。

その他のキャラはこんな感じです。
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/zinbutu.html

上記の設定は自然発生的に出てきた物なので、ある程度は無視して書いても
ネタとして完成されてあればごく普通に喜ばれる傾向にあるようです。

・感想を書きたいんだけど?
大歓迎です。ネタ職人さんも喜ぶものと思われます。
ただその感想を元に延々と議論したりするのはスレの趣旨上(ry
あと、キモ味、ジバク、兵庫の汚物はとことん無視してください。
NGワードは下記に挙げるスレにある彼らのカキコから適当に拾ってください。
かまってあげると大喜びするので、とことん無視でお願いします。

5 :名無しかましてよかですか?:2008/02/22(金) 03:41:20 ID:VI7Nkr5/
>>1
乙です。前スレ急に落ちたね。

6 :名無しかましてよかですか?:2008/02/22(金) 15:41:28 ID:0QlOlFmJ
『見つかった!南京の記述!、翰林版にも!』

 「Voice of America」などによると
 南京の記述が無い無いと騒いでいた(2007年2月ころ 主にネット上で)、
 翰林版の教科書にも、最後の付録の大時紀(大年表)に
 "日軍入城大肆殺戮、是為南京大屠殺"
 と書いてあるそうです。
 ---------------------------------

 news VOA com

 Voice of America

  臺教科書淡化南京屠殺國民黨不滿 記者: 張永泰
   台北
   Feb 13, 2007

   台灣新版高中歴史教科書當中,出現了淡化處理南京大屠殺事件的情形。
   在野黨的國民黨對此相當不滿,並提出了批評。

   有關1937年的南京大屠殺事件,
   台灣今年許多不同版本的高中歴史課本都出現了淡化處理的情形。
   以翰林版為例,課文沒有提到南京大屠殺,
   只在最後附録的大事紀當中提到“日軍入城大肆殺戮,
   是為南京大屠殺”15個字。

  その他の情報は、
  http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news2/1197429824/
   大阪府知事選@議論板
    152.〜154.

7 :名無しかましてよかですか?:2008/02/22(金) 20:06:56 ID:QMq+uHL3
>>1

8 :デンパのセカイ:2008/02/22(金) 21:07:09 ID:ab+W2q66
肝井「ぶしゃあああああああ!!痛いいいいいい!!何をするんだよ!!」
月「この機会を狙っていたんだ。お前の部下がほとんどいなくなり、そして、
お前を元の世界に連れ帰ってくれる人が来るのを!」
肝井「う、嘘だ…ボクと仲良くするように人格を元に戻したのに」
月「確かに僕は洗脳されてた。お前を尊敬するように仕向けられていた。
だが、数時間後には僕の心にはお前を心底軽蔑する感情しか残らなかった。」
肝井「ぶ、ぶしゃああああ…」
月「僕にお前を尊敬させる心をもたせたのが間違いだったな。
誰がお前みたいなクズを尊敬するものか。何が『ボクが神』だ、思い上がるなよ」
鳥坂(お前も原作で神気取りやったやんけ…どうやらデスノートがないんで、普通の性格になったっぽいな)
肝井「ぶひいいいいいい」
月「さぁ、吉田、鳥坂、木場、こいつを元の世界に連れて帰ってくれ。」
その時だった。肝井がナイフを創造し、いきなり自分の喉にあてがった。
コヴァ「な、何を」
肝井「前にも言っただろ?ボクが死んだら、この世界も消える運命なんだ。
君たちは宇宙空間か、無の空間に放り出され、二度と帰れなくなるんだ。
ボクは死ぬけど、これで相討ちだ…お前たちを絶対幸せにはしない!!永遠に!!
ぶーっしゃっしゃっしゃっしゃ!!しかし、ボクが生きているうちにやる事がある。
まずは裏切り者の処刑だ!!」
月「!みんな!こいつを絶対に元のせ…」
月はすべて言い終わる前にこの世から存在自体を消された。
肝井「ぶしゃあああああ、次はお前らだ!!この世界の消える様をそこで悔しがって見てろ!!」
その時、クラスの生徒たちが一斉に部屋になだれ込んできた。
涼宮「みんな!助けに来たわよ!」
コヴァ(ま、マズいですにょ)
肝井「ぶしゃああああああ、みんなあいつを殺せ!!新世界の神たるボクをいじめたあいつを殺せ!!」
泉「ふざけてんじゃないわよ!!人の心を操るなんて許せない!」
長門「肝井味平、あなたの存在を永遠にこの空間から抹消する」
肝井「何を言っている!!お前たちを創造したのはこのボクだぞ!!
お前たちのゆがんだ性格を治してやるのは、創造神たるボクの義務だ!!」
コヴァ達「!」
涼宮「な、何を言っているの?ハハハ…バ、バカじゃない!?」

9 :デンパのセカイ:2008/02/22(金) 21:08:49 ID:ab+W2q66
肝井「嘘じゃないんだよもん。元々、君達はこのボクが好きな漫画やアニメ、ゲームのキャラなんだよもん。
例えば、ハルヒたん、君は『涼宮ハルヒの憂鬱』っていうアニメのキャラなんだよもん。」
涼宮「うそよ…うそ…」
肝井「本当さ。こなたんは『らき☆すた』と言うアニメのキャラ、レナたんは『ひぐらしのなく頃に』という
ゲームのキャラ、アスカたんは…」
「もうやめて!!」
肝井「ブヒヒ…とどめだよ…それじゃあ、証拠を見せてあげる!」
肝井が念じると、目の前に朝比奈みくるが現れた。みくるは目を光らせるとみくるビームを発し、
涼宮達の目の前の床を焼いた。肝井は満足そうな表情を浮かべると、彼女を消した。
キョン「朝比奈さんが二人いる!と、と言う事は俺もあいつに…!」
涼宮「キョン!しっかりしなさい!それでもSOS団員なの!?」
肝井「これでわかったかい?創るも消すもボクの自由って事だ…ハハハハハ…」
世界で一番大嫌いな人間に創られたという信じられない事実に生徒たちは
気分が悪くなり、その場にうずくまった。
「い…嫌だ!ボクがあんな奴に創られた存在なんて信じない…オエー!」
「く…胃液が逆流する…何なの、この気分」
「クールになれ!クールになれ前原圭一…駄目だ!!どうしてもこのショックは…」
全員が絶望の淵に立たされたと思ったその時だった。涼宮が凛とした表情で言った。
涼宮「みんな!たしかにあたし達はあいつに創られた存在なのかもしれない。
でも、私たちはあいつとは別個の人間よ!あたち達はあたし達、気分が悪くなったりする必要はないのよ!!
逃げちゃ駄目よ!今こそあいつを元の世界に追い返しましょう!」
「…そうだね…わかったよ…ボク、やってみる!」
「了解したわ。」
「はは…そうだよな…奴に創られたとはいえ、俺は俺だ。卑屈になる必要なんぞどこにも無いよな!」
肝井「ぶ、ぶしゃ…」
肝井はナイフを再び首にあてがった。その時だった。意識を取り戻した担任が肝井に詰め寄った。
担任「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」
担任は肝井にすさまじいラッシュを浴びせた。これまでに無い、強い怒りと悲しみをたたえたラッシュを。

10 :デンパのセカイ:2008/02/22(金) 21:11:13 ID:ab+W2q66
担任「肝井の大バカ野郎!!肝井、コヴァを見てみろ!あいつも少し前までお前と同じ状態だった。
しかし、あいつは自分を変えようと頑張って、その結果、吉田や鳥坂という友達が出来、
こっちの世界でも友達が出来、自力で最悪の状況を少しずつ変えていったんだ!
お前がそういう努力をしたことがあるか?自分の妄想を優先した結果がこれだ!
お前は相手が自分の気に食わないとすぐDQNだのキモヲタだの意味不明なことを喚いて敵視し、
歩み寄りをしようという形跡すらみられない。人にはすぐ何かを要求するくせに、
自分では何も動こうとしない、そんな人間、誰からも嫌われて当然だ!!
なぁ、肝井。おまえはまだ17歳だ、今から自分を変えれば社会復帰はまだまだ容易なんだ。
25歳くらいににもなっても、今の状態のようじゃ、永遠に社会復帰できないぞ!!
人間、楽な道ばかり歩んでいられないんだ。特にお前のような人間は、辛い道も乗り越えないと、
その先に待ち受けているのは破滅の未来だけだ!」
肝井「ぶしゃ、ぶしゃあ…」
ヨシノリ「もうそのくらいでいいでしょう。国崎さん。不十分な分は向こうの世界でやってください。
エルヴァ捜査官!」
エルヴァ「わかったわ。」
エルヴァは肝井の胸に手を当て、念じた。すると、光が肝井の体から飛び出し、
エルヴァの体に吸い込まれていった。
エルヴァ「これでよし。これでもう肝井って子にこの世界の管理権はなくなったわ」
エルヴァは屋敷の外に出ると、先ほどの光を再び体から出した。光は上空へ上ると、
無数の光に分裂し、どこかへ飛んでいってしまった。
鳥坂「今のは?」
エルヴァ「この世界の管理権をこの地球に溶け込ませたのよ。もう、だれもこの世界を操れない。
この世界に積極的に干渉する者は誰もいないわ。」
ほるす「短いようで、長かったな…さぁ、それでは帰ろうか。」
ほるすは元の世界につながる空間の扉を開いた。
泉「ねえ、もう行っちゃうの?」
ヨシノリ「そうです。私たちが去ると、皆さんのこの事件に関する記憶はなくなります。
そして、向こうの世界でも人間の皆さんも時間軸を事件発生前に戻した上で
それまでの記憶を一切合財失います。それが天界情報局のルールなのです。
でも、皆さんの存在が消えることはありません。」

11 :デンパのセカイ:2008/02/22(金) 21:12:49 ID:ab+W2q66
泉「そっかぁ…」
コヴァ「皆さん、お世話になりましゅた。お元気で…」
吉田「2ヶ月いたけど、凄く充実した世界だったよ」
鳥坂「元気でなー!みんながんばれよー!」
担任「今回は肝井の奴が皆さんにご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません(土下座ラッシュ)」
ほるす「名残惜しいが、帰る事にしようか」
一同「はい…!」

そして、コヴァ達の世界
ほるす「お疲れ様だった。それでは、我々もここでお別れだ。礼によって記憶は消させてもらうが、
国崎さんが肝井に言った事だけは肝井の記憶に残しておく事にするよ。」
ヨシノリ「お別れです…」
コヴァ「さようならですにょ。皆さん。皆さんと4回目の再会が無いように祈っておきますにょ。」
ほるす「今回のサルベージ部隊の仕事は前回のセト事件以上に大変になるぞー」

そして、世界が元に戻って1週間がすぎたある日の事…
肝井「みんな〜かまってぇ〜かまってぇ〜いい子いい子してぇ〜ぶっしゃあああああ
This is a pen! My name is Ajihei Kimoi! ほら、頭いいでしょ?褒めて褒めてぇ〜」
真保「うるせーな、今俺は千葉と話しているんだ。お前は俺のコトリピンナップでも見てろ」
肝井「ぶしゃああああああああああああああ!!」
真保のフラスペを見た肝井はひきつけを起こして倒れた。
千葉「やっぱりコトリスキー君もか!!しかし、妙な夢なのじゃよ〜、
昨日、二人そろってミクたんを追いまわす夢をみるなんて…」
真保「でも、おかしいな。ミクたんは俺たちを愛しているから、
あっちから近づく事はあっても俺たちから逃げる事なんて無いはずなのに…」
ちなみにこの二人、向こうの世界で初音ミクと同じクラスになったのだが、
連日のようにミクに執拗にストーカーを続け、彼女をノイローゼで再転校に追い込んでいたりする。
千葉「林間先生はそういう夢は見なかったのじゃよ?」
林間「うるせーな!!1!!俺はそういうキモヲタ向けの女なんか眼中にねえんだよ!!!
時代はリンたんだろ!!!1!金髪だし!!」

12 :デンパのセカイ:2008/02/22(金) 21:13:42 ID:ab+W2q66
コヴァ(あれれ?この授業、受けた覚えがしますにょ。初めて習ってたはずなのに…)
吉田(初見なのに、いやに頭に入ってくるな。すでに2,3かい聞いているかのように)
鳥坂(?ここは予備校でもやっとらんで?何で知っとるんや)

一方向こうの世界では…
「キョン!古泉!事件よ事件!すぐに部室に来なさい!こないと死刑よ!!」
「やれやれ…」
「ねぇねぇ、かがみ、こんな歌があるんだけど知ってる?おなかがすく歌だから、
かがみんにはちょっときついかもしれないけど、いち、にの、さん! ♪らららコッペパン…」
「はぅ〜、沙都子ちゃんも、梨花ちゃんもかぁいいよぉ〜、お持ち帰りぃ」
「持ち帰るなよ!」
「うぐぅ、鯛焼きはおいしいなぁ〜」
「バカシンジ!お、お弁当作りすぎたから、あんたが責任もって食べなさいよ!」
「はいはい(全く素直じゃないな、アスカは)」
どうやら向こうの世界の住人たちも楽しくやっているようです。
                                          (完)
----------------------------------------------------------------------------------
ようやく完結しました。「肝井が、肝井の好きなセカイ系作品の主人公になったら」
「肝井が神様のような存在になったら」というコンセプトで書きはじめたのですが、
完全に意味不明なオナニー作品になってしまいました。
本当、つくづく話の作り方や面白い文章の書き方がなっていないと痛感しました。
こんな話ですが、最後まで読んでくれた方には、感謝してもしきれません。
どうもありがとうございました。

13 :名無しかましてよかですか?:2008/02/23(土) 00:59:40 ID:svZctGYa
初の長編乙

14 :名無しかましてよかですか?:2008/02/23(土) 03:23:00 ID:ey5eG2zU

できれば
最初から張ってくれる人がいると嬉しい
なんか一回見逃したくさい

15 :テンプル漏れ:2008/02/23(土) 10:09:03 ID:QnhduVxG
・ネタを作りたいんだけど?
貴方が見つけた紳士/コヴァの微笑ましい行動61
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1192388035/
貴方が見つけた紳士/コヴァの微笑ましい行動62
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1203388739/
【そして】紳士様専用ライブスレッド29【無職へ…】
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1202824299/
上記のスレでライブ活動を繰り広げている人々を参考にしてネタを作ってくらはい
勿論、ほかのスレや板でネタ元を見つけてそこからネタを作るのも大歓迎です。

・学園物以外でもいいですか?
コヴァがタイムスリップしたり映画の予告編みたく書くのも
特に問題無いようです。要は面白ければ何でもOK??

・思想的にはコヴァに近いんだけど参加したい。
もちろん大歓迎です。ただネタスレである事をくれぐれもお忘れなく…。

・自分が馬鹿にされているような気がしたので煽りたい。
スレの趣旨上(ry

・学園モノじゃなきゃダメなの?新しくキャラ作ってもいいの?
学園物に限ると言うことでは決してありません。どんどん違う年代のコヴァを
作っていって下さい。大歓迎です。既に大学生コヴァはいますし。
でも、年齢が上に行けば行くほど悲惨な
展開に(リストラとかホームレスとか)になりやすいので注意。
新しいキャラはどんどん作ってかまいません。ただ、自分で育てるつもりがないと
厳しいかも。いかに思想的にキャラを立てることが出来るかが正念場ですね。
このスレ割りと名前が出てきても一発キャラで終わる人多いですw
あと、キモちゃんとか理系たんとか評論家とか観察人とかAA貼り付けてるゴミクズというのは紳士さまやキモヲタを通り越した、
キモイ物体の自作自演なので無視してください。

16 :デンパのセカイ:2008/02/23(土) 10:15:49 ID:gjcOFmcT
>>14
一話から最終話までまとめたtxtふぁいるをつくりました。どうぞ。
http://sund1.sakura.ne.jp/uploader/source/up19307.zip

17 :名無しかましてよかですか?:2008/02/23(土) 13:19:10 ID:02TQul/R
>>12
GOOD!おもしろい、乙でした。

18 :名無しかましてよかですか?:2008/02/23(土) 13:40:44 ID:a+uB3WLP
>>12
乙!

>>12の2段落の会話、全部行頭に”肝井”がついてても違和感無いなw

19 :名無しかましてよかですか?:2008/02/23(土) 14:03:01 ID:gjcOFmcT
>>18
そりゃ、元ネタの人は誰かのなりきりしないと何も言えないんだからw
違和感無くてあたりまえかもw

…ここまで書いていてこち亀に出てきたスピーカー無しでは
極端に小心になってキョドって何も言えないが、
スピーカーを持たせると、とたんに饒舌になる警官のことを思い出した。

20 :名無しかましてよかですか?:2008/02/24(日) 19:52:38 ID:hEjy21xa
今回のタイトルの元ネタ、シゲルと元ネタのヒトが好きそうだな。
あれで白狼で美輪明宏でなければ

21 :25歳:2008/02/26(火) 23:31:42 ID:H4TESHKF
木場ヒロシは大学を卒業し、印刷会社に勤めていた。

鳥坂ヨシユキも大学を卒業し、テレビ局に勤めていた。

吉田シゲルも、大学を卒業しシステム開発会社に勤めていた。

真保トシヤ、千葉ヒサユキも、大学を出、ラーメン馬鹿月のアルバイトとして働いていた。

肝井味平は・・・。
専門学校を中退し、(長野県の四方を)山岳(で囲まれた実家で、駄スレを)監視員になっていた。

22 :名無しかましてよかですか?:2008/02/27(水) 23:17:01 ID:scpRwrpZ
そして、そんなキモ味を監視・・・もといストーカーする人間が現れた。
そう、ツンデレのID:hEjy21xaがそれだ。

23 :名無しかましてよかですか?:2008/02/28(木) 00:28:47 ID:zxOzTQ9s
いいから働け。

24 :名無しかましてよかですか?:2008/02/28(木) 00:49:54 ID:TBKfA3oj
レス乞食の相手しないように

25 :名無しかましてよかですか?:2008/02/28(木) 17:24:46 ID:MftAkyJu
 中国製ギョーザ中毒事件で、中国公安省が同国内での有機リン系殺虫剤「メタミドホス」混入の可能性は
極めて低いと発表したことについて、警察庁幹部は「まったく理解できない」「科学的根拠を示してほしい」と話した。

 同庁は詳しい内容を確認するため、大使館などを通じた情報収集を急いでいる。

 事件では警察庁の安藤隆春次長が25日に訪中し、同省幹部と早期解決に向けた連携強化で合意したばかり。
同庁幹部は「連携もできるのか分からない。とにかく理解できない」と繰り返した。

 中国側が、日本の警察当局が被害現場の視察や物証確認に応じなかったのは遺憾とした点についても、
「視察は捜査と解釈でき、主権侵害になるため認められない。物証は捜査状況の説明を受けた上で、
必要性があれば外交ルートで提供すると伝えている」と首をかしげた。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200802/2008022800513&rel=j&g=soc

過去に葉鍵信者を馬鹿にしたのに、言っていないとか、中国人ですか?

26 :楽屋ネタ:2008/02/28(木) 19:09:10 ID:WVfOcT00
ある日の愛国サークル
林間「むぅ〜ん、いかんいかん…」
千葉「どうしたのじゃよ?金髪スキー君」
林間「最近、俺って空気になってきていないか?その一方で肝井の奴が急に主役化しつつあるんだが。
こないだ完結した長編なんて、今まで作者が忘れていたかのような唐突な登場の仕方だったんだぞ。
それも物語終盤だった上、出番もほとんど無きに等しい状態だったし。」
肝井「うぐぅ、いい事じゃん。このスレの職人さんたちはボクを悪者にしつつも、
本当は素直になれないツンデレさんだし!みんなキモちゃんが大好き!ボクはみんなのアイドル!!」
真保「ねーよ」
林間「肝井よ、お前は頭の構造が単純でいいな。それにしても、なぜ俺はここ最近空気化が進んでいるんだ?」
千葉「元ネタがIDの出ない軍板に引きこもってしまったし、ブログも消して遁走したからのう…
おまけに最近入院説も流れているし…当然の帰結なのじゃよ。」
真保「それに引き換え、俺の元ネタはブログでしっかり定点観測されているからな。
奴の頑張り次第で俺も主役になれる芽があるって事だ。
ジバクの元ネタにしても、全盛期ほどコヴァ板で湧かなくなったとはいえ、
ヲチ板の新風連スレや生活板のヒキパラプースレに行けば連日のように出てくるし、
肝井の元ネタに至っては現時点でコヴァ板を主な活動拠点にしている唯一の電波だ。
おまけに、最近ニートになって脱糞回数、電波濃度も増しつつあるようだし」
肝井「脱糞っていうな!!!ニートって言うな!!キモ味は山岳監視員のパートだぞ!!
謝罪を要求する!!!謝罪するまで魂魄百万回生まれ変わっても要求しつづけるぞ!!!」

27 :楽屋ネタ:2008/02/28(木) 19:11:00 ID:WVfOcT00
千葉「あの自己申告には信憑性が全然無いのじゃよ。まず、人と顔を合わせずにすむ仕事がいい
といったキモ味が、四六時中同僚と顔を合わせるような山岳監視員のような仕事に就くかの?
おまけに、山での仕事というのは、その標高の高さや気候の厳しさなどから、
相当体力が無いと勤まらないのじゃよ。」
肝井「な、長野では仕事が無いんだ!!しょうがないじゃないか!!それに、作者の大学の先輩は
山小屋で一夏働いたら大学の半期の授業料を稼げたくらい実入りの多い仕事だったみたいだし!!
あと、ボクは元ネタが性格的にモリモトさんに似ているという点から、デブの設定ができたけど、
キモ味の自己申告では痩せてるんだぞ!!痩せていれば、体力はデブよりはマシだ!
どうだ!!反論できまい!!」
真保「じゃあ、何で昼間にも湧いて出るんだ?」
肝井「冬山だぞ!!夏と違ってそんなに人が来るかよ!!
仕事の事といい、本当、東京人は地方の実情を知らないんだな!!」
千葉「仕事が無いにせよ、真昼間からパソコンで遊んでいるのを許しているなんて、
ずいぶん気前のいい職場じゃのう(笑)」
真保「まぁ、キモ味のカキコに信憑性の無いそもそもの原因は、キモ味が嘘つきだという点が一番大きいがな。」
肝井「は?キモ味がいつうそをついた?証拠を出せ!!」
真保「去年の終戦記念日にティキがエロゲ板で暴れているってURLつきでカキコしていたよな?
そしたら、その直後にそのスレでぜんぜん違うトリップでティキと名乗るものが書き込んでいたんだが…」
肝井「アンチキモ味工作員の陰謀だ!!」
真保「他には、『金があったら毎月エロゲ買う!』っていう捏造もあったな。
実際には、キモ味に対し『お前、金があったら毎月エロゲ買ってんだろ?』といっただけなのに、
お前、それを自分の都合のいいように曲解してたよな?」
肝井「曲解じゃない!!これは自分を基準にしていないと発言できない言葉だ!!!
お前らは頭の悪い文系だからわかんないんだよ!!ボクは選ばれし民、理系だから真実が見える!!」

28 :楽屋ネタ:2008/02/28(木) 19:11:59 ID:WVfOcT00
林間「おい…お前らこのスレの主役の俺を差し置いて何キモ味と盛り上がってんだ!11!!!
かんしゃくおこす!!1!!!俺は主役だぞ!!主役!!」
真保「す、すまん」
千葉「申し訳ないのじゃよ」
肝井「は?脇役は黙ってろ。今の主役は可愛らしい中性的美少年のボクだし!!」
林間「あー、そうかそうか。じゃあ、主役のお前に元主役の俺から一言言わせてもらうわ。
お前の元ネタ、つまりキモ味のカキコは俺の元ネタの推定のそれに比べてつまらんし、
見ててイライラするだけだ。何の役にも立たないんじゃ、脱糞といわれてもしょうがなかろうよ。
脱糞て言われたくなければ、住人が笑えるような新たな芸風を開拓しな。
たとえば、昔みたいにちょっとしたネタでも数十レス単位で荒らしつづけるとかさ(笑)」
肝井「ボクは芸人じゃないいいいいいい!!!」
真保「冗談でも荒らし幇助すんなよ…」
林間「すまん、最後のは冗談だ。でも、キモ味って推定とは違ってお笑い芸人としてのレベルは低いからなぁ…
おまけに、小学生で頭の成長は止まっててそれ以降は成長率ゼロだから、今後劣化はあっても進化は無いだろうし…
千葉!真保!お前らの元ネタがもっとしっかりしてくれないと、このスレ15代目で終わっちまうぞ!
例えば、ジバクは最近活躍が少ないせいでjibakuchan日記の更新は一ヶ月以上も止まったままだ。
まほネ申にしても、最近センズリマンばかりで昔日の勢いが全然無いし。」
真保&千葉「あんたの元ネタも同じだろ」

29 :名無しかましてよかですか?:2008/03/01(土) 19:59:05 ID:4EZNJnr7
しかしまあ 推定先生はホント見かけないなあ

30 :どっかの誰か:2008/03/01(土) 23:43:45 ID:PmvAa1Aj
軍事板の方はどうなんだべか

31 :名無しかましてよかですか?:2008/03/02(日) 12:46:52 ID:bFtm56yL
推定先生が来ない理由

(1) 戦乙女ヴァルキリー2のホムペ見て延々リロード
(2) 闇金ウシジマ君から金を借りた
(3) オサダ塾等へ隔離

32 :名無しかましてよかですか?:2008/03/02(日) 23:53:46 ID:1G2SUHR9
>>31
俺的には(3)あたりが一番いいと思うが、
多分(1)なんだろうな。

33 :就職物語シゲル22歳:2008/03/03(月) 12:13:09 ID:SJXFGHJZ
エイトプリンス、コヴァハウス
十月、大東亜帝国印刷の内定式を終えたローゼン学院大四年生のコヴァ・・・いや、ここでは木場ヒロシと
呼んだ方が良いだろう、は京王線の最終に乗って家に帰ってきた。
木場「ふー、ただいま」
秋子「おかえり、ヒロシちゃん。内定式どうだった?」
母の秋子が迎えてくれた。
木場「みんなと一緒に呑んで帰ってきましたよ」
秋子「会社でやっていけそう?」
木場「まあ、何とかなりそうですよ。みんなどっちかっていえば大人しいヒトばかりでしたし」
秋子「そう、ならよかった・・・まさかヒロシが、一流といえるローゼン学院に合格し、それどころか
東証一部上場の大手印刷会社に入社するなんて、お母さん・・・うっうっ」
木場「お母さん泣かないで下さい。そうそう、お茶漬けが食べたいですね」
秋子「あ、そうなの、ハイハイ」
秋子は台所へと向かった。その時だった
「デッデーデデデーデデ」
木場の携帯が鳴った。発信を見ると「吉田シゲル」
そういえばシゲル君は半年ぐらい話をしていなかったなあ、そんなことを思いながら木場は電話に出る
木場「もしもし、シゲル君ですかね」
・・・
無言だ
木場「いたずら電話ですかね?なら切ってもいいですか?」
シゲル「・・・コヴァ・・・」
ようやく聞こえたシゲルの声は、今にも消え入りそうだ。
木場「シゲル君ですか。どうしたんですかね」
シゲル「オレ・・・、もうダメかもしれない・・・」
木場「どういうことですか?」
シゲル「実は・・・」

34 :就職物語シゲル22歳:2008/03/03(月) 12:14:06 ID:SJXFGHJZ
翌日。学芸会大近く、シゲルのアパート
鳥坂「でー、なんでオレまで来なきゃいけないんだ?」
木場「シゲル君が大変なんですよ。助けてあげないと」
鳥坂「まあ、確かに半年ぐらい前から連絡取れないけど、院試に向けて勉強しとるんだと」
木場「シゲル君、院試落ちましたにょ」
鳥坂「えっ、アイツ臨床心理士になるための大学院受けるって、教員採用の試験受けるリンと
一緒に猛勉強を・・・」
木場「そこら辺についても、あとで説明するです」
木場はシゲルの部屋のインターホンを押した。
ピンポーン
・・・反応無し
鳥坂「何や留守か」
木場「違いますね、鍵が開いていますよ」
木場がドアを押すとドアは動き、間から貯まった新聞がめりめりめりめり
鳥坂「うわっ、何ヶ月分や!」
二人は新聞を掻き分けて中にはいると・・・。
汚れたシーツにくるまった、有らぬ方向に視線を向けたシゲルが。部屋はゴミ屋敷だ
シゲル「やあ、久しぶり」
鳥坂「えっ、ちょ、どういうこと!」
木場「それは・・・」
シゲル「・・・それについてはボクから説明するよ」

鳥坂「えーと、かいつまんで説明すると、同棲していたリンに振られ、リンは教職採用に受かりその
まま小笠原の小学校に赴任することが決まって音信不通。そのショックで院試落ちて、ママンから
『地元の三流私立医大に編入させてやる』と圧力が掛かって精神的に破綻。と」
シゲル「恥ずかしい話だが、そういうことだ」
木場「昨日、とうとうボクのところに電話が掛かってきて言われたんですよ。で、今日お姉さん達と
お母さんが下宿に来るから助けてって」
鳥坂「何やてーーーーー」

35 :就職物語シゲル22歳:2008/03/03(月) 12:15:12 ID:SJXFGHJZ
シゲル「今の状況見たら、多分、親は実家に連れ戻し、地元医大への編入手続きを取るだろう。
そして一生あの家でこき使われるんだ・・・ふふふ、今更ながら真保の気持ちが分かるよ・・・」
鳥坂「何危険な事言ってるんやシゲル!真保やコトライザー作った海老原ボコボコにしてたの
お前やろ!」
木場「お、落ち着くですにょ。ボクチンも昔はそういう気持ちになっていたから分かるです。
だから、ここはなんとかすることを・・・」
鳥坂「何甘ったれてるんやシゲル!オレだってな、サークルで女に振られたり、家が林間のせいで
潰れかけたり色々あったんやで!」
木場「ご、ごめんですにょ。鳥坂君も悪気があったワケじゃないと思うんですよ。でも、ボクのことを
ニッキョーソとママンの次ぐらいに考えてくれたシゲル君がおかしくなるのは嫌なんですにょ。多分、あの
オウチの後を継いだら免下のババアやねーちんみたくなっちゃうのは分かってますし」
シゲル「・・・鳥坂・・・コヴァ・・・ありがとう・・・」
シゲルの眼から涙が。
鳥坂「じゃあ、どうする?部屋片づけるトコからやってたら何時間かかるか分からんぞ」
その時だった。部屋のシゲルの携帯が鳴った。
シゲル「・・・ボクが出るよ。もしもし」
電話口に出たのは、キリコだった。
キリコ「あっ、シゲちゃん?今からね、お母さんともみじがそっちに行くって。だいたい二時間も
あれば着くって。それはそうと、私ね、この前産婦人科に行ったら妊娠三ヶ月だって」
シゲル「きー姉ちゃんおめでとう。プーチンさんとは上手くいってるんだね」
キリコ「そうそう、そういえば結婚式に来たリンって子とは上手くいってるの?」
シゲル「・・・それは・・・そうそう、お母さん達に伝えて欲しいんだけど、駅前の喫茶店で会おうって。
ごめんね、ワガママ言って」
シゲルは半ば無理矢理電話を切った。
鳥坂「どした?」
シゲル「駅前で落ち合うことにした」
木場「リンさんや院試に落ちたことはどう説明するんですかね?」
シゲル「きー姉ちゃんは知らないけど、母さんは知ってるし、多分医大のことも言われると思う。
とりあえず、シャワー浴びて着替えてくるよ」

36 :就職物語シゲル22歳:2008/03/03(月) 12:16:18 ID:SJXFGHJZ
シゲルのアパートの前
そこを偶然通りかかった中年男
林間カズフサである。
そして、一連のやりとりを聞くと林間はあわてて中央線で家に帰った。
林間「ま、まさか最近家にいないようだなと思っていたら、リンに振られて精神的に壊れて
家にオヒキコモリになっていたとはなあ!!!!アンチコヴァのシゲルめ!1!!!1
きゃっほうふふきゃっほうふふ!!!1ざまーみろ!そしてそのまま一生引きこもって
オサダ塾等に送られて一生受理エイティブとは無縁な底辺労働者として一生を過ごすのだ!」
林間は喜びの余り
「海武高校掲示板」「学芸会大掲示板」「ぬちゃそねろの大学、高校関係スレ」そして勿論
ここゴーマニズム板にも「反日勢力!吉田シゲル倒れる!」としてクソスレを立てることとなった。

・・・ここで林間の現状を紹介しよう。シゲル達が卒業して間もなく、付属大学の方で、女子学生や
女子留学生(北欧、東欧系のみ)に変質者的嫌がらせが繰り返されるようになった。勿論怪しいとは
思われていたが、高校の方には林間と並ぶ白人の尻好き守本紳八がいて絞り込むのは困難を極めた。
そんなある日・・・

プール女子更衣室で、ルーマニア人留学生のスキャンティを変態仮面状に被っている林間が発見された。

即座に懲戒免職。ついでに実刑を喰らい、林間はアパートに住みながら警備員や新聞配達などの仕事を
転々とすることとなった。

そんなこともあった上に、シゲルがリンとの同棲を開始したこともあって林間のシゲルへの怨みは
朝鮮半島に置ける日帝36年の支配にも匹敵しなくともないレベルにまで膨れあがっていた。
林間はクソスレを乱立させると、懐かしいメンバーを呼ぶことに決めた。
一人目は伝説のフラスペ職人で、熊谷日蓮大四年生の真保トシヤ
二人目はリアルファー様こと、大東京改造兵器工科大四年の千葉ヒサユキ
そして長野アニメ学院で周囲から激浮きして七ヶ月で辞めた肝井味平
林間「ふっふっふ、シゲルめ・・・オレ達の(逆)怨みを見せてやる!1!!1!」

37 :就職物語シゲル22歳:2008/03/03(月) 12:17:29 ID:SJXFGHJZ
ブソーコガネエ駅前、喫茶店
シゲル母「ムキー、遅いざます遅いざます!」
もみじ「お母様、落ち着いて下さい」
シゲル母「そうね、私達はセ☆レ☆ブですものね、オーホッホッホッホ」
もみじはあくまでも表情を表に出さない。
シゲル母「全く、末っ子だからって甘やかしたのが悪かったのかしら・・・。やはり地元に置いて
ギュッギュと締め上げておいた方が良かったのかしらねえ・・・。キリコはその私譲りの美しい肢体で
ロシアの暗黒精神医療界へも食い込んだというのに、やはり男はダメねーおっとっこっはっっっ!」
もみじ「ところで、シゲルはこのまま番外地医大へ編入させるんですか?」
シゲル母「そうね、ウチの財力があれば科研費の肩代わりなんてちょっと新型クラウン買うような
ものですからね。オホホホホホ」
もみじ「・・・番外地医大の主席としては、不肖の弟を入れることは不服ですがね」
シゲル母「まあ、学長に話はもうある程度つけてありますから、大丈夫で・・・」
カランカラン
シゲルが入ってくる。
シゲル母「・・・シゲル、そこにお座りなさい。貴方、勝手に女性と同棲して振られた挙げ句、大学院の
入試も落ちてこれからどうするつもりなの?」
シゲル「・・・」
シゲル母「それでね、お母さん、貴方の将来を考えて、栃木の番外地医大って言う私立の医大のね
編入試験を受けて欲しいと思って・・・」
シゲル「母さん、それはいいです」
シゲル母「いいですって?良いですねってこと?」
シゲル「違います。嫌です。お断りです。NO!と言うことです」
予感はあったとは言えもみじの血の気がさっと引き、慌てたような様子で携帯でどこかに連絡を入れる。
シゲル母の唇が震えている。
シゲル母「どういうこと!貴方は私の息子なのよ!1!!1!!」
シゲル「貴方達のやり方とは、やはり、距離を置きたいんですよ。大丈夫です。
      私  は  就  職  し  ま  す 」
こうして吉田シゲルの波乱の就職戦線が始まった。

38 :名無しかましてよかですか?:2008/03/03(月) 23:06:44 ID:I6H2UvEQ
wktk

39 :名無しかましてよかですか?:2008/03/04(火) 21:04:04 ID:39i9w57/
まとめサイト管理人です。
前スレ補完致しました。

http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/

40 :名無しかましてよかですか?:2008/03/05(水) 01:22:35 ID:UnyIor/f
>>39
乙〜〜

41 :就職物語シゲル22歳:2008/03/08(土) 13:34:08 ID:uRtm9CEf
エイトプリンス、林間のアパート
林間「と言うことでここに貴様等を呼んだのはほかでもない。とうとう吉田シゲルが
就職活動に挑むことになった」
真保「ふーん、まあボクは女の子とつき合ってクリエイターに」
千葉「マンギョンボン号は自爆するんじゃよー」
肝井「ブシャシャシャシャシャ」
林間「ええい、話を聞け!あのアンチコヴァでヒトを見下すしか能がないアイツが就職出来ると
思うのか?」
真保「まあ、ボクはコトリさえいれば」
千葉「ワシは初任給30万のセレブな営業職に決まってるんじゃよー」
肝井「ブシャシャシャシャシャ」
バン
机を叩く林間
林間「答えは否だ!アイツが就職なんて決まるわけがない!元ヤマ○ン勤務(パートで一週間でクビ)、
鳥坂製造所勤務(出張費でクビ)、海武学園勤務(性的嫌がらせでクビ)のオレが言うのだから間違いない!」
千葉「それなら別にかまわないのじゃないのかにゃー、金髪スキー君」
真保「そうだよ。別に吉田がどうなろうが関係ないし」
林間「否!あいつは大学時代、リンと同棲しあーんなことやこーんなことやそーんなことやえっ、そんな
ちょっと待ってらめええええな事をやった挙げ句捨てた犯し捨て団の一員!ここでヤツを完全に破滅に
追い込まなければ我々に未来はない」
逆恨み来ました。
三人「な、なんだってーーーーー!!!」
林間「そのため我々は、ヤツを破綻させるために就職活動を装ったヤツの人生破滅計画を実行することにする!」
真保「おお、アンタ格好いいよ・・・」
千葉「なんという生き神・・・」
林間「そして、今日ここに貴様等を呼んだのは他でもない」
三人「他でもない!?」
林間「就職活動ってどうするんだ?」
三人はずっこけた。

42 :就職物語シゲル22歳:2008/03/08(土) 13:35:12 ID:uRtm9CEf
シゲルのアパート
シゲル「なあ、就職活動ってどうすればいいんだ?」
コヴァ「まず、るくナビですね」
鳥坂「あと、むいナビやご縁ジャパンとかポン経ナビとか就職ナビに登録するところからだな」
シゲルはパソコンを立ち上げ、グーグルで検索し、就職サイトへ行く
シゲル「で、どうしたらいいんだ?」
コヴァ「個人情報を登録するです」
鳥坂「住所氏名年齢、あと資格や志望業界についてもな」
シゲル「ええと現住所と・・・帰省先どうしよう」
コヴァ「どうしてですかね?」
鳥坂「ん?どした?」
シゲル「いや、実家に就職活動してること余り知られたくないんで・・・」
鳥坂「喧嘩別れか」
シゲル「もっと酷いかも」
コヴァ「大変ですね」
シゲル「まあね、だから寮や社宅がある会社に入りたいなあ。できれば」
鳥坂「ところで志望業界はどうする?」
シゲル「志望業界って・・・例えば銀行とか車とか」
鳥坂「銀行は金融、車はメーカーやな。まあ、シゲルの場合秋採用やからあんま有名な会社へは
行くことが難しいとおもっとった方が無難やろ」
コヴァ「それより自己分析で、自分が得意なこと、苦手なこと、好きなこと、嫌いなことをはっきり
させるのも大切ですね」
シゲル「じ、自己分析って・・・」
鳥坂「なーに、難しくはない。例えばオレだったらアニメ制作にプロデュース的な面から関わりたい
からテレビ局や広告会社、あとソッチ系に力入れている総研なんか廻って、一応都銀も見てみたし。
そんなかで運良く東京キー局決まったけどな」
コヴァ「ボクは出版社と新聞社狙いでしたが、全滅してしまい、じゃあ近い業種と言うことで印刷会社を
見て回りましたね。そうしたら最大手から内定が貰えました」
シゲル「そっかー、二人とも凄いなあ・・・。それに比べてオレなんて・・・」

43 :就職物語シゲル22歳:2008/03/08(土) 13:36:28 ID:uRtm9CEf
鳥坂「まあ、会社のデカさだけやないから。大切な事って」
コヴァ「そうですね。やはり会社との相性というのもありますし」
シゲル「ありがと、とりあえず頑張ってみるわ」
シゲルはサイトへの登録を完了させる。
鳥坂「ところで、どういう仕事やりたい?」
シゲル「んー、臨床心理士しか考えてなかったからなあ・・・」
コヴァ「あるいは何か条件とかはありますかね?」
シゲル「親からの自立。これだけ」
鳥坂「シンプルでいいなあ、そんぐらい条件なければ、どっかしら決まるかもwただ、漠然と
就活しても内定って出ないからな。そこだけは注意」
シゲル「な、何か難しそう・・・」
コヴァ「そうだ。業種について殆ど知識がないようですから、向いている仕事を考えてあげるのは
どうですかね?」
鳥坂「いいなあ。コヴァ。よっしゃ、シゲルこれから分析してこ」
シゲル「分析って・・・、まさか姉さん達みたく・・・」
鳥坂「クスリはつかわんわw」
コヴァ「そうですねえ。ボクとシゲル君が最初に会ったのは高校の時ですね。あの頃は理屈っぽくて
バンバン痛いところを突くタイプであまり好きじゃなかったですね」
鳥坂「オレもそんな感じ受けたな。見た目は結構さわやかな体育会系っぽい感じなのに、理屈と
知識で動いてるような感じで違和感あった」
シゲル「へえ。そういう風に見えるんだ」
コヴァ「遠回しな嫌みは天下一品ですね」
鳥坂「確かにそうやw」
シゲル「なんだよ、それは」
コヴァ「あと、女の人に優しいですね」
鳥坂「あー、あるある。凛なんてとんでもねえデムパなじゃじゃ馬だったのに色んな意味で乗りこなしてた
もんなー。シゲル」
シゲル「・・・リン・・・」
鳥坂「あ、アカン、古傷えぐったみたいだ。話変えよ」

44 :就職物語シゲル22歳:2008/03/08(土) 13:37:30 ID:uRtm9CEf
コヴァ「ボクがシゲル君に向いていると思うのは、商社系ですね」
鳥坂「出たっ、インテリヤクザw」
シゲル「島耕作みたいなの?」
鳥坂「アレはメーカー営業や。まあ、ルート営業ってとこは似てるけどな」
コヴァ「多分、取引先の担当が女性なら間違いなく強引な条件で押し切れるですよ」
鳥坂「ニッチな需要やなーwむしろオレは変な人をまとめるコミュニケーション能力と、理屈っぽい
ところが生かせるMRや、SE、あるいは人材派遣会社の営業なんかは向いてると思う」
シゲル「基本的に営業向きなのか?」
コヴァ「ボクよりは向いてると思いますね」
鳥坂「まあ、文系の場合大概やるから、営業」
シゲル「ふうん、意外。結構自分では大人しいと思ってたからさ」
コヴァ「そう、思ってたんですか」
鳥坂「まあ、そこら辺は別にいいやろ」
シゲル「ところでMRとかSEって何するの?」
コヴァ「MRは薬の営業ですね。シゲル君ならお医者さんの家の子ですから優遇されるのでは?」
シゲル「クスリの営業って・・・、ああ、もしかして実家に良く来て遊んで貰ったスーツのおっさんのこと?」
鳥坂「おっさんって・・・」
シゲル「オレが幼稚園や小学校の時、よく遊んで貰ったよ。でも、三ヶ月ぐらいで担当が変わっちゃうんだ」
コヴァ「何やってたか気になりますが聞きたくないですね」
シゲル「あの仕事は大変そうだからいいよ。それに、出来れば医療関係はいきたくない」
鳥坂「そっか」
シゲル「じゃあ、SEって?」
鳥坂「コンピューターの中身作る人やな」
シゲル「理系じゃないとダメじゃないの?パソコン自作とか。一応心理学系だから統計処理のプログラムは
組んだことあるけれど・・・」
鳥坂「そんだけ経験あれば大丈夫やろ。基本的にあの業界って、昔のコヴァよりよっぽど酷いぐらいの
言うこと聞かない人格破綻者がゴロゴロしとって、それのワガママを押さえるのが大変っちゅー話だし」
コヴァ「鳥坂君・・・」
シゲル「へえ、そんな仕事もあるんだ」

45 :就職物語シゲル22歳:2008/03/08(土) 13:38:32 ID:uRtm9CEf
話を聞くと、いくつか気になった会社にエントリーし、検索キーワードに気になる言葉を入れて
検索し、いくつかの会社にエントリーをした。それを数回別のサイトで繰り返し、シゲルははじめての
就職活動をはじめた。

数日後、
シゲル「スーツって・・・成人式の前に仕立てたのでいいのかな?これだけど」
目の前にスーツを着たシゲルがいる。
鳥坂「おお、まあ、こんなんでええんじゃないの?」
シゲル「そうか」
コヴァ「文句なく岡島緑郎のコスプレですね」
シゲル「何故あえてソレなんだ・・・」
コヴァ「ニーズと傾向を捉えたボケですよ」
鳥坂「ん、じゃはじめての説明会行ってこい」
シゲル「おお、頑張るわ」

アパートを飛び出したシゲルをじっとりと見つめる瞳。
勿論シゲルが参加する説明会なんて普通に終わるはずもなく、波瀾万丈の就職活動は本格化する。
(続く

46 :名無しかましてよかですか?:2008/03/12(水) 23:03:56 ID:+GHpTid+
こいつ主人公に大学編作れないかなあ

>446 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2008/03/12(水) 00:31:06 ID:TQYqwcjF0
>『名もなき市民の会』の宗安力代表とやらがピザすぎる
>ttp://shinpuren.img.jugem.jp/20080310_425302.jpg
>ttp://shinpuren.img.jugem.jp/20080311_425774.jpg
>ぐぐると過去の個人ページが見つかったがどう見てもキモヲタw
>ttp://www.eurus.dti.ne.jp/~emerald/index.html
>ttp://www.eurus.dti.ne.jp/~emerald/kazama.html

ネトウヨ・キモヲタ・ワープアの三拍子揃った逸材

47 :名無しかましてよかですか?:2008/03/12(水) 23:28:04 ID:jyHPsElr
>>46
某登場人物とキャラかぶりすぎなのが…w

48 :名無しかましてよかですか?:2008/03/16(日) 00:59:18 ID:vw7qgJqt
さげ

49 :名無しかましてよかですか?:2008/03/20(木) 20:26:46 ID:V+bQkJpG
age

50 :名無しかましてよかですか?:2008/03/29(土) 12:30:24 ID:dnzrFD4h
春休みの海武学園
担任「はぁー、平和だなぁ…長期休みっていいよなー、アレとかに頭悩まされずにすむし」
教頭「くーにーさーきーくーん」
担任「な、何すか」
教頭「うん、ばかに静かだと思わないかね」
担任「ええ、静かですね」
教頭「誰かいないと思わないかね」
担任「え?」
教頭「鈍いな、君は。林間君が修了式からここ数日間無断欠勤しているんだが」
担任「げっ!」

担任は愕然とした。そういえば、林間は修了式のとき、とてもうれしそうな顔をしていた。
まさか、生徒と同じく、教員も休みになると思っているのだろうか。
担任はものすごい勢いで外に出、愛車に飛び乗ると林間の家へ車を走らせた。

林間の家に着いた担任は玄関のチャイムを鳴らすが、応答が無い。
2度、3度、チャイムを鳴らすが、応答が無い。
担任「おい…まさか死んでるんじゃねえだろうな」
担任は何度もチャイムを押していると、乱暴な足音が聞こえ、勢いよくドアが開かれた。
林間「うるせえんだよ!!!11ヴァルたんの喘ぎ声が聞こえんだろうがかんしゃくおこす!11!!1」

林間は下半身丸出しで微妙にポークビッツをおっきさせているという変態丸出しの格好だった。
どうやらポークビッツいじりの最中だったらしい。
おまけに、昼過ぎだというのに、寝巻きのままである。
担任が女性だったらとっくに逃亡しているだろう。

林間「国崎!?何のようだ!俺は今多忙なんだ」
担任「真昼間からオネイニーしているお前のどこが多忙なんだよ
おまえがここ数日無断欠勤しているので、迎えに来た。」
林間「今の俺にはやらなければならんことがいっぱいあるんだ、そんな用事で邪魔するな!!」
担任「やらなきゃならんことって何だよ」

51 :名無しかましてよかですか?:2008/03/29(土) 12:32:09 ID:dnzrFD4h
林間「まず単純所持規制と2次元への適用拡大を反対するための児ポ法改悪阻止闘争だろ、
人権擁護法反対運動に、外国人参政権反対運動、さらに軍ヲタやブサヨの動向をマスコミ各社に
知らせるボランティアに、ダウンロード違法化反対のための運動だろ、北京五輪ボイコット運動に、
さらに今度来るコキントウを出迎えるためにチベット国旗を大量に製作しなきゃならん。
で、これが一番大事なんだが、戦乙女ヴァルキリー2を攻略せねばならん」
担任「ほほう…」
林間「そういうわけだ、新学期になったら真面目に働くから、この春休みだけは休ませてくれ」

プチッ

担任「お前社会人なめてんのか!!やるなとは言わんが、そんな事は仕事の後の余暇でやれ!!
優先順位が逆だろうが!!ふざけるなよ!!いつもいつもくだらん理由で仕事をサボりやがって!!
お前のせいで俺がどんなに苦労したかわかってんのか!!俺はお前の仕事を肩代わりさせられ、
さらにお前の起こすバカ事件の後始末に追われ、おかげで一ヶ月の平均残業時間は余裕で100時間超だ!!
残業だけで社会人時代のキモ味の半分は働いてるんだぞ!!
おまけに、残業の殆どはサービス残業で、さらに、最近の健康診断では
ついに胃に穴が開きかけてるって言われたんだ!!
調子にのんじゃねえ!!この36歳児!!うっ…」

翌日
教師「あれ?国崎先生はどこへ行かれたんですか?」
教頭「うん、過労で倒れて入院中だ。新学期まで出てこれん」
教師「えー、この資料を処理してもらおうと思ってるんですけど…」
教頭「だったら、別室にいる林間君にやらせたまえ」

別室では松沢軍団に監禁され、24時間働かされている林間の姿があった。
林間「眠い!眠いいいいい!!眠らせてええええ!11!!」
団員「寝るな!!」
林間「畜生、人権擁護法が成立したらお前らを真っ先に人権擁護委員会に訴えてやるからなぁぁぁぁ!!!1!」

52 :名無しかましてよかですか?:2008/03/29(土) 19:39:55 ID:kMQPj3/L
新風の皆さんが面白すぎて・・・

53 :名無しかましてよかですか?:2008/04/01(火) 06:37:35 ID:FSYq4TPf
>>52
オチがいいねw
基本っちゃあ基本たけどね

54 :名無しかましてよかですか?:2008/04/01(火) 06:38:05 ID:FSYq4TPf
おっと>>51

55 :名無しかましてよかですか?:2008/04/11(金) 02:23:43 ID:Kaq/cerq
保守

56 :名無しかましてよかですか?:2008/04/19(土) 22:15:59 ID:iGyUApfE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8A%E6%99%82%E9%96%93

57 :名無しかましてよかですか?:2008/04/27(日) 00:46:49 ID:Lz025Hh8
3バカ汚物がヲチ板離れた途端にスレがピタリと止まったな・・・

58 :長野死闘編:2008/04/27(日) 12:38:58 ID:tL9CQ3DW
北京オリンピック聖火リレー
日本での行われたソレは、事前の我々の予想を遙かに下回る規模の混乱で済んだ。
では、何故その程度で済んだのか。その秘密をここで解き明かす。

都立松沢軍団
免下「聖火リレーの警備を我々にねえ・・・」
男「はい。是非ともお願いしたく」
免下「しかし、国境無き記者団の正体はマスゴミがバラしてくれたし、それほど厳重な警戒は
必要ないのではないかね」
免下はコーヒーを啜った。
男「いいえ、どうも警備局ネット警戒班の情報に寄れば、アレでナニでソレなヒトが数百人単位で
バスを借り切って長野へ移動を・・・」
免下の動きがピクリと止まった。
免下「そういうことなら、多少の策は必要かもしれん。祖父のことを知りながら、こっちでこのような
ポストに就けてくれた日本政府への恩もあるしな」
男「ありがとうございます」
男は深々と頭を下げた。
免下「さて、その件についてだが一つ策がある。少なくとも混乱を最小限に抑えるためには・・・」

4月26日長野市善光寺前 早朝
観光バスから降りたいかにもなヒトが数百人単位で集結していた。そしてその中に・・・
「ブフーブフー、チャンコロゆるせないでふー」
××「ちょっといいですかね?」
「おお、愛国同志ですか?」
××「勿論愛国同志ですよ!あのですね。大変なことが起こりましたにょ!事前にスタート地点がまた
変更されて某女子校の中に変更されたですにょ」
「うおおおお!!!女子校の前ですかー!女子校・・・チャンコロ・・・うおおおお!!!11!レイプオブ
ナンキン!1!!!!!行くですつ!行くですつうううううう」
いかにもなヒトは駆け出していった。

59 :長野死闘編:2008/04/27(日) 12:40:06 ID:tL9CQ3DW
数百人のアレな人達は徐々に徐々に東村「転んで巴投げ」昌平率いる本隊から分離され徐々に
近所にある臨時休校中の女子校の方へと誘導される。
9割ほどを分離し終わった頃、免下が携帯で連絡を入れる。
免下「コヴァ、吉田!誘導は終わったか?」
二人「はい。概ね終了しました」
免下「よし、じゃあ県警に逆流しないように進路を塞いで再合流が出来ないようにしろと連絡を
入れろ!」
そう、さっきまで彼らを誘導していたのは我らがコヴァと、キリコの弟のシゲルであった。実は
彼らの類との会話は一般人においては困難を極める。担任のようにごく稀に会話が出来る人間も
いることもいるが、誘導まで持っていくのは難しい。そこで、彼らに近く彼らとの間でラポールを
形成できるコヴァとシゲルを誘導要員として投入。女子高校庭への誘導作戦を行ったところ見事に
はまったというわけだ。
コヴァ「気持ちは分かるだけに心苦しいですにょ・・・」
シゲル「オレはそんなんでもないけどなあ」
コヴァ「でも・・・やっぱり愛国者としては・・・」
月宮「あれやアレ、んーとな。諸外国に日本の恥が広まるよりな・・・」
合流する街路は完全に封鎖された。本隊と彼らは完全に分離された。本隊の方ではチベット支援団体の
動きに乗じてもみ合いが始まったらしい。
免下「おい、そっちはどうだ?」
軍団員「さすがに向こうの騒ぎに気づいたようです」
免下「よし、こっちは長野県警に任せる。我々は全員そちらに向かう。それまではオサダさんとこの
メンバーと耐えられるところまで耐えてくれ」
軍団員「ゾッス」
パチンパチンカーナビを入れる音が聞こえる。
キリコ「じゃあ車出しちゃっていい?」
免下「ああ、車を早く女子校へ動かせ。・・・オサダの連中だけにいい目を見せるわけにはいかないからなあw」

60 :長野死闘編:2008/04/27(日) 12:41:10 ID:tL9CQ3DW
某女子校内
「ブフーブフー。おかしいですにょ」
「いやいや拙者の話を聞く限りこちらで」
「でも向こうでチャンコロのわめき声が聞こえるですつ・・・」
「そもそもスタート地点なのに『ワシが育てた』も誰もいないのは・・・」
雰囲気がさっきまでは違う方向でざわつきはじめる彼ら。
「まさか・・・」
そこに現れたのは可愛らしいツインテールの女子高生。何か長いもの抱えている。
「うほっ、良い女子高生」
「ビッチではない・・・処女の臭いがするぜぐへへへへへへ」
「ところであの持っているのはなんですかね?」
「バンブーブレードだろ、バンブゥゥゥブレェェェェイドォォォォォォォォ!1!!!」
彼らの性欲パワーは破裂寸前だ!ヤバい!ピンチだ!女子高生・・・なんてことはなく
「・・・貴様等、愛国者か?」
「はーい、愛国紳士でーーーす」
「そうか、ならば・・・死ね(思想的な意味で)」
彼女は長いものにかぶせられていたベールを取ると、その中身が刀である事を示し、チャキと鳴らした
後に刀を抜いた。そして間近にいたリュックサックにヘアバンドのガリヲタにスパっとそれを振り下ろす
「うぽぅ」
バタリ、ガリヲタは倒れる。しかし、その身体から血は拭きだしてはいない。彼の心の中にあった、
何かを彼女は切り落としたのだ。

・・・オサダ塾塾長長女、オサダユリ。彼女の持つ刀は、人の心のデムパな部分を切り落とすという
「電斬丸」・・・。

「コヴァ・ノート」以来、約二年ぶりの登場であった。

61 :長野死闘編:2008/04/27(日) 12:42:11 ID:tL9CQ3DW
「てやあああああああああ」
逃げ回るアレな人達からアレな部分をバッサバッサと切り落としていくユリ。殆ど無双シリーズだ
「うぽぽぽぽぽぽぽぽぽおおおお」
「逃げ回るな!むしろチャンスだと思え!あんな可愛い子が俺たちに接近するなんて・・・ぐはっ」
次々と倒れていくアレな人達、しかし、数はアレな人達の方が圧倒的に多い。そこに隙が生じた。
「東村スライディング!1!!」
1人のデブがザ○バーフォ○ムで斬りつけた後のユリの隙を狙い、スライディングを仕掛けた!
スライディングは彼らの持つワザの一つである(他に火病、突進などあり)。だがユリは余裕で
ひょいと飛んで避ける。しかし、それが悪かった。
「パ!パンツ見えたですつうううううううう」
「kwsk!1!!!!」
「縞パン!縞パンでござったああああああ!1!!!赤と白のおおおおおお」
「GJGJ!ネ申降臨!ネ申降臨!」
ユリ「な」
動揺するユリ、そこに更なる追加攻撃が
「メタボクラッシュ!1!!!」
アニメTシャツの芋洗坂係長に吹っ飛ばされるユリ
「うわあ」
校舎に叩きつけられ倒れ込む。
「ぐへへへへへへ・・・さぁて・・・脱ぎ脱ぎしましょうねえ・・・」
「おい、下からだぞ!スカートとパンツを先に脱がすんだぞ!」
「進言サンキュートランクス!さぁて(ぐっはー」
「・・・い、いやあ・・・」
ユリは恐怖心で動けない。そして男の手がスカートに掛かったとき

「おい、そこの性犯罪者集団!罪を重ねる気かw」
ユリ「免下さんっ!」
「誰ですつか!」
免下「都立松沢軍団総帥。免下玲、精神科医だ」

62 :長野死闘編:2008/04/27(日) 12:43:02 ID:tL9CQ3DW
刹那、女子校校庭に一斉に松沢軍団が突入する。
以下、中島みゆきの「世情」でご自由にお楽しみ下さい。
参考
http://www.youtube.com/watch?v=ldZ3qBnu420

長野市内のホテル
「戸塚人材回収機構の芦田ですが」
免下「ああ、債権ならそっちの方でバルクセールされているから、ただ良いのはヨシダんとこに
押さえられているぞ」
「いいんですよ。ウチは残り物で」
免下「そうか。おお、そういえば話が途中だったな」
と男の方を向く免下
男「いいえ、別に大丈夫ですよ」
免下「結局、そっちの方も概ね無事に終わったんだろ」
男「はい、一番憂慮していた事態だけは避けられそうです」
免下「しかし、イケメソの中国人留学生がボコられるとはなあ」
男「まさか、そこまで彼らの現状が追いつめられているとは、政府としても認識不足でした」
免下「いや、こちらとしてもユリのことはある程度織り込んでいたんだが、まさか男にまで
性欲がらみで暴行に至るとは想像していなかった。確かに妬みそねみ怨みは彼らの基本的行動
原則だが、男にまで手を出すとはなあ。凶暴化が進んでいるのやもしれん」
男「はい、政府としても厳重な対処を取ろうと思います」
免下「それでだ。資金の方もそうなんだが、審議会の方も此方の方から何人か出せる事には
なりそうなのかね」
男「はい、やはり官邸の方としては彼らの問題を重要視する態度はアベタソ時代よりは後退した
とは言え・・・」
そして話はまだまだ続いた。(完

63 :名無しかましてよかですか?:2008/05/03(土) 04:14:37 ID:W8EJC3xy
>>58-62
面白かった。
でもその長野で暴れた連中の中に、三大汚物はいたのか?
が結構気になる。

64 :名無しかましてよかですか?:2008/05/03(土) 11:42:50 ID:ZbUBg5eM
>>63
長野・・・自宅でブシャブシャ
麹町・・・地方になんか行かないのじゃよーとヒキコモリ
兵庫・・・ヴァルキリーでチンチンシュッシュッ

65 :それぞれの4月26日:2008/05/03(土) 13:32:32 ID:q5+3cflL
4月26日、日本で聖火リレーが行われた日、海武学園の三大汚物は何をしていたのであろうか…?

前日 東京 キモ味アパートメント
肝井「ええと、これとこれとこれとこれとチベット国旗(手製の萌え絵風)と…できた!
さぁてと、実家に帰るかな」
なにやらわけのわからん物+チベット国旗もどきをリュックサックや紙袋に詰め込んだ肝井は自宅を出た。
町を行く人たちがこちらを見ている。
肝井「ぶしゃ?なんか多くの視線を感じるお…もしかして、これがうわさのモテ期?」

「何だこの臭い…くせぇ」
「なんか物が腐った臭いがするぞ」
「あのデブじゃねえのか?」

実は肝井の荷物の中には中国人にぶつけるための冷凍ギョーザが大量に詰め込まれていた。
肝井は、この日のために数ヶ月前から冷凍ギョーザ(ただし、中国産ではない)を買いあさっていたのだが、
肝井はギョーザを冷凍庫ではなく、冷蔵庫に入れていたため、ギョーザは腐りまくっていた。
しかし、肝井は常に不潔な環境にいるせいか、嗅覚が極めて鈍感になっており、この臭いに全く気づいていなかった。
いわば、気づかないうちに肝井は最臭兵器を運んでいたことになる。
一方で、市民は硫化水素自殺が相次いでいることもあり、すっかり異臭に敏感になっていた。
たちまちのうちに市民の通報を受けた警察官が肝井を職務質問しに現れた。
警官「すいません、警視庁のものですが、いったい何を運搬しておられるのですか?」
肝井「え?ただの荷物ですけどぶしゃああ」
警官「実は市民の方からあなたの周りから異臭がするという通報があったのですが」
肝井「え?何も臭いませんよ」
警官「私たちはものすごい悪臭を感じているんですが」
肝井「じゃあ気のせいじゃない?」
警官「とにかく、ちょっと交番まで来ていただけますか?」
肝井「ええっ、ボクこれから実家に帰る予定で…」
警官「いいから来なさい!これは命令だ!」
肝井「うぐ?ハルヒたんのまね?似てるけど、違うなーハルヒたんはこう」
警官「わけのわからんことをつぶやいてないで来い!」

66 :それぞれの4月26日:2008/05/03(土) 13:33:18 ID:q5+3cflL
交番で肝井の荷物を調べた結果、大量の腐れ冷凍ギョーザのほか、腐った卵、
シュールストレミングなどが発見され、肝井は警官にこっぴどくしかられた後、
涙目で自宅に戻り、オネイニーをして寝た。
翌日、VIPに「在日警官に弾圧された!」というスレを立てるが、誰にも相手にされず、
大規模オフ板でも同様のスレを立てるが無視され、
最後は長野聖火関連のスレを翌日5時まで15時間にわたり荒らしまくったそうな。

26日晩、ジバクハウス
千葉「…わしはムカついたので、そのチャンコロにとび蹴りしてやったのじゃよー
すると、チャンコロが命乞いをしだしたので、わしは殺してやったのじゃよー」
千葉が何かブツブツつぶやきながらぬちゃそねろにカキコしていた。
書き込んでいるスレは大規模オフ板の聖火リレーの総合スレだった。
ジバクは昼過ぎからこのような武勇伝を執拗にスレに書きまくっていたが、相手にされていなかった。
当たり前だ。真実味ゼロのうえ、どのカキコも全く同じような内容である。
相手にされるはずが無い。スレの住人たちは徹底的にスルーを決め込んでいた。
千葉はそれを理解できず、ただひたすら同じようなカキコを繰り返すばかりであった…
勿論、この日千葉は自宅から一歩も外に出なかった。

67 :それぞれの4月26日:2008/05/03(土) 13:34:54 ID:q5+3cflL
26日未明 林間ハウス
林間「よし、これで長野に行く準備はできた。さてと、出かける前に
ヴァルキリーたんと一発やっとくか!」

1時間後…
林間「すごいよ!ヴァルキリーたん!ボクもうイっちゃいそうだよ!うっ…
はぁはぁはぁ…すごいよヴァルキリーたん、今日も5発もさせるなんて…
ああ眠い…仕事のしすぎかな?ちょっと仮眠するか…ンゴーンゴーンゴー」

そして時間は流れ…
林間「ん…朝か…ゲッ!聖火リレーは!」
林間はおもむろにテレビのスイッチを入れた。
アナウンサー「おはようございます。27日月曜日、朝のニュースをお伝えいたします」
林間「月曜日!?な…なんてこった!!30時間近くも寝てしまった…くっそー」
林間は携帯を取り出すと、電話をかけた。
「…なんでしょうか」
林間「吉田ーーーー!1!!!またてめえかーーーー!1!!!」
吉田「日本語でおk。言っている意味がわかりませんよ」
林間「お前、俺に呪いをかけて俺が長野に行けないようにしたんだろ!1!!!はいと言え!1!!!」
吉田「センセー、ゲームのしすぎですか?言ってる事がむちゃくちゃですよ。
まぁ、僕としては先生が長野でおかしなことをして
日本人の恥にならずにすんだんでいいですけど。それじゃ」
プツ、プープープー
林間「ちっくしょおおおおおおおお!!1!!!」

68 :キモ味カンタービレ:2008/05/11(日) 13:54:23 ID:uSe9K83j
ポン、ポロロロロロロン、ポロロンポッポ、ポロロンポッポ…
海武学園の音楽室にきれいなピアノの音が響いていた。生徒たちは非常に驚いた様子で
その様子を見ていた。なぜなら、ピアノを弾いている人物が肝井だったからである。
海武学園高等部の音楽の授業では、年に一度、音楽実技試験を行っている。
この実技試験は歌を歌う、楽器を弾くなど、非常に自由度が高いものであった。
たとえば、肝井と同じく、芸術で音楽を履修している吉田シゲルは
今年、CCOロメンの「木枯らし」を歌っている。

吉田は、肝井のピアノを聴きながら、脳内で去年のことを思い出していた。

去年
肝井「I'm monkey in 奴隷!肉あってモナー食う!奇蟲憑いた体蒸らし!
からみつ君!氷の茶碗メッキ!殺しchu-chuケテーイ!鯖臭う!越中までも!
アンチ平井堅!捕鯨柔和論!エンドレスレイプ!パロマ違反!!
トトロのシチュー煮!!連盟捕鯨!!オロチョンヘッド!!モロッコペンギン!!」
吉田「日本語になってねぇ…」

肝井は去年、X Japan(イクスヤーパン)の「円ドレスレイン」で凄まじい音痴ぶりを披露していたのだが、
それだけに今年の見事なピアノ演奏とのギャップは激しいものがあった。
余談になるがどういう経緯を経たのかは不明だが、肝井の凄まじい歌声は
できて間もない頃のニヤニヤ動画にうpされ、一部の人の腹筋を崩壊させたらしい。
(参考→http://www.nicovideo.jp/watch/sm460

ポラララララララン ジャン ジャン!!

吉田「ブラボーーーーーー!!!!」
生徒たちが肝井に対し、惜しみない拍手と賞賛の歓声をあげた。

69 :キモ味カンタービレ:2008/05/11(日) 13:55:43 ID:uSe9K83j
そして放課後
吉田「肝井の奴、あんな才能を持っていたなんて…コヴァたちは知ってたのか?」
鳥坂「知るも何も、俺は書道を履修しているから、聴く機会もないわ」
コヴァ「ボクチンは知ってましたにょ。」
吉田「でも、お前や肝井と同じ中学上がりの連中も肝井の演奏にびっくりしていたぞ。
という事は、中学上がりの連中も奴のピアノは聴いた事が無いという事だろ」
コヴァ「中二くらいのころでしゅかねぇ、ボクチンとキモいのと、ジバクで真保の家に
いったことがあるんでしゅが、そのときにはじめて聴きました。」

3年前
コヴァ「お邪魔しまーす」
肝井「ぶしゃああ、シンセサイザーだ!ねぇ、真保君、弾いていい?ねえ?」
真保「いいけど壊すなよ」

吉田「あいつシンセサイザーなんか持ってたのか?」
コヴァ「そうなんですにょ。中学生のころは作曲家になって14歳の女の子に
性的な意味も含めて奉仕してもらうって口癖のようにいってましたから。」
吉田「あいつアホか」

肝井「ぶしゃぶしゃ、ピアノに設定してと・・・」
千葉「そんなことどうでもいいから、皆でマリオパーティをやるのじゃよ」

ピロリロンポロリロン ポロリロン・・・
コヴァ「い!?」
千葉「?(理解できていない)」
真保「ちょっと待てコラ!!!なんでお前が作曲家の俺よりうまく弾けるんだ!!!」
肝井「うぐ?ボク、別に上手じゃないよ」
コヴァ「いや、上手すぎですにょ」
肝井「上手くないよ!ボク、ピアノ教室で一番下手だったし!!」
真保「もうアカン・・・自信なくした・・・これからは二番目に得意な絵の世界に生きよう・・・」

70 :キモ味カンタービレ:2008/05/11(日) 13:57:37 ID:uSe9K83j
吉田「そんな事が・・・おーい、肝井」
肝井「うぐぅ!?吉田君から話しかけるなんて珍しいねぶしゃあああああ
ボクの事が好きになったの?でももうだめだよ。ボクの初めては理系たんに捧げる事にしたから」
吉田「いちいちきめぇ・・・ところで、お前、誰かにピアノを教えてもらってたのか?」
肝井「うん。近所に住んでたドイツ人の先生でね、暇だからっていう事で、
近所の子供にピアノを教えていたんだよもん」
吉田「名前は?」
肝井「ミルヒ・ホルシュタインっていう人だけど、何?」
鳥坂「ぬわにいいいいいい!!!ミルヒ・ホルシュタインだと!!」
肝井「どうかしたの?鳥坂君」
鳥坂「ホルシュタインって言ったら、名指揮者、名ピアニストとして世界的に有名な人物だぞ!!」
肝井「ぶしゃ?ミルヒ先生ってそんなに有名だったの?」
鳥坂「有名も何も、「こがめカンタービレ」の影響で少々クラシックをかじっただけの俺でも
知っているんだから、相当大物だぞ!!だからあんなに上手だったのか・・・」
肝井「ふーん・・・でも、ボクは下手だよ。ミルヒ先生に一緒に教えてもらっていた
3人の中では一番下手だったし。それより鳥坂君、こがめのアニメ見てたの?
ボクは一話だけ見たんだけど、萌えないから2話以降見なかったよ」
鳥坂「バカ、俺が見てたのはドラマのほうや。植野ジュリアが主演の奴」
肝井「うぐ?三次元の女のどこがいいの?」
吉田「お前のくだらん女性観の話はいいから、質問に答えてくれ。
念のために聞く、そいつらの名前を言ってみろ」
肝井「えーと、ボクより3つ上の星野ゆかりと同い年の奥田由子って子だけど・・・」
鳥坂「ぎゃにいいいいいいい!!!星野ゆかりと奥田由子ぉぉぉぉ!!!???」
肝井「ゆかり姉さんと由子ちゃんの名前を出しただけでなんでそんなに驚いてるのさ」
鳥坂「お前な!!星野ゆかりといったら、今日本全国で売り出し中のピアニストやないけ!!
そして奥田由子っていえば、これまた17の若さで高校生コンクールを総ナメしている天才やで!!
・・・どおりであの上手さなのに妙な劣等感を持っていたわけやなー。」
吉田「偶然にも程があるぞ…」
肝井「ふーん、あの二人そんなに凄かったんだ…」

71 :キモ味カンタービレ:2008/05/11(日) 13:58:41 ID:uSe9K83j
「肝井!肝井君!」
不意に教室にやってきたのは、音楽教師の滝城太郎先生である。
肝井「うぐ、滝先生どうしたの?」
滝「肝井君、2月の終わりに行われる高校生ピアノコンクールに出場しないか?」
肝井「でも先生、ボクは下手ですよ」
吉田「そんな事無い!お前の上手さは俺が保証するさ」
肝井「でも吉田君はエロゲをやってるくせにやってないと言い張る大嘘つきだから、
信用できないんだよもんぶしゃあああああ」
滝「吉田君の言うとおりさ。君には才能がある。暇潰しに受けてみたら?」
肝井「うーん、じゃ、やります!」

こうして肝井は、二月末に行われるピアノコンクールに向け、練習を開始した。
肝井のアパートにはピアノが無いので、彼は毎晩夜遅くまで滝先生のマンツーマンの
指導を受けながら練習をした。ところで、驚いた事に、練習をはじめた日からコンクールの日まで
肝井は一度も松沢病院に収容される事態を起こさなかったのである。
腐った魚のような目も生きた人間としての輝きを取り戻していた。

そして、コンクール当日。参加者みんながめいめいのすばらしい演奏技術を、
審査員たちに見せつけていた。このコンクール自体はかなりマイナーなコンクールではあったが、
(だからこそ、コンクール出場経験の無い肝井でも参加できたのだが)
素人目からはただただ驚嘆に値する演奏ばかりであった。そして、肝井の番が回ってきた。

司会「23番、海武学園高等部二年生、肝井味平君。曲目はモーツァルトのピアノソナタ第11番 イ長調」
そして、肝井の演奏が始まった。肝井の演奏内容は実技試験のときとは
比べ物にならないくらいほどのレベルアップを果たしていた。
そして、コンクール結果発表
司会「銅賞、瀬戸是利子さん、野牛スバルさん、銀賞、要免狂子さん、蟻角大助君、
金賞、馬巣多二十一君・・・」
ついに肝井の名前は呼ばれる事が無かった。

72 :キモ味カンタービレ:2008/05/11(日) 14:00:09 ID:uSe9K83j
結果発表から1時間後、ヨシダマンソン
肝井「吉田!!大嘘つきでエロゲヲタで性犯罪前科489犯で17歳の癖に非童貞で
低知能の文系のキモヲタオルタナンの吉田シゲルは出てこい!!!」
ガチャ
吉田「うるせーぞ!このクソキモ味が!人のマンションの玄関前で絶叫するな!!
ところで、コンクールはどうしたんだ」
肝井「ぶっしゃああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!
吉田君のうそつき!!!!!!何が『上手だね、愛してるよ、肝井』だ!!!!!!!
この大嘘つきのオルタナンのエロゲヲタ!!!!死ね!!!!!!!!!
金賞どころか銅賞すら取れなかったじゃないか!!!鍵ゲーやなのはやひぐらしの時間まで削って
一生懸命練習してやったのに、賞が取れなかった!!審査員の耳は節穴!!死ね!!!!!!」
吉田「やめろって、おい!殴るな!!わーっ!!助けてくれ!!アドン!サムソン!きい姉ちゃん!」
肝井「もう頭にきた!!ここでウンコしてやる!!出ろぉーーーー!!」
吉田「ぎゃあああああああああ!!!!」

翌日
滝「肝井君」
肝井「なんですか滝先生!!先生も嘘つきだ!!ボクの事上手だって言ってくれたのは嘘なんですね!!!!」
滝「いや、コンクールに来た客の中に宮本武蔵記念音楽大学の先生がいてね、もしよければ
来年、推薦でうちのピアノ科に来ないかって言われたんだけど・・・」
肝井「お断りします!!ボクなんかが音大に進学しても恥をかくだけですから!!
わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!」
肝井は泣きながら教室を飛び出してしまった。
滝「あっ、肝井君!そんな事は無いぞ!!賞が取れなかったのは長い間練習をしていなかっただけで、
大学にいればそのくらいの差は十分に取り返せるってその先生が言ってたぞ、おーーい…」
滝先生も肝井を追って外に飛び出していった。
コヴァ「…結局の話、あいつはあの性格のせいで周囲に理解者がいなかったのが不幸の原因でしゅね」
吉田「ああ、まともな友達が一人でも居てくれればねぇ…」

その後、滝先生は生徒指導の自信をなくしたのか、海武学園を辞職、
風の噂によると、航空自衛隊に入り、「F-15のタカ」の異名でと呼ばれたとか呼ばれなかったとか。

73 :名無しかましてよかですか?:2008/05/18(日) 19:42:24 ID:W8H+zFe2
コヴァ達の理想の社会が実現したら・・・と言うネタを一瞬考えついたが、
性別反転の家畜人ヤプーにしかならなそうなので断念

74 :名無しかましてよかですか?:2008/05/24(土) 16:23:33 ID:WVcEG+PA
そういえばなんだかんだ言ってコヴァ達が日本征服なり世界征服したって設定のSSは
ないんだよな

75 :名無しかましてよかですか?:2008/05/30(金) 10:11:24 ID:/yEpqVYy
夢オチであったような

76 :名無しかましてよかですか?:2008/06/08(日) 04:18:01 ID:Gt9cTFFN
捕手

77 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/08(日) 11:58:38 ID:2TSAXj/P
いつもの海武学園
シゲル「えっー、コヴァがデート!」
コヴァ「うおぅ。そうですにょ」
鳥坂「なんや、松沢の罠か」
コヴァ「違いますにょ。実はですね、昔、ボクチンが漫画喫茶やファミレスで『ウヨのザ・三名様』をやっていた
のは知ってましゅよね」
シゲル「ああ、千葉や真保や、あと他校の八木とか東中野とかだっけ?」
コヴァ「実ですね。渋谷の御子神高校に通う東中野君とこの前あった時、妹さんを紹介されたんでしゅにょ」
鳥坂「まあ、どうせブス山さん・・・」
コヴァ「写真見ますかね?」
コヴァから差し出された写真には、マニア受けしそうな黒髪美少女が
コヴァ「東中野くん曰く、お前なら虫にはならないだろうし、愛国者だから安心だって」
鳥坂「あー、アレだな、これでホテル入ると顔にパッチワークしてある広島弁のオッサン達が」
シゲル「これは、孔明の罠だ」
コヴァ「酷いこといいましゅね。まあ、ボクチンもこれで彼女ができそうですよ。じゃ」

嬉しそうなコヴァを見つめる澱んだ双眸。
林間だ。

愛国サークル部室
林間「おい!大変だ!あの反日勢力に与するコヴァに・・・」
部室には守本センセーしかいなかった。
林間「おい、みんなどうしたんだ!」
守本「むふー、肝井君は法政の中核派に喧嘩売って入院中、真保君は最近落ち込んでばかりで来ませんし、
千葉君はエアガン持ってどっか言っちゃったですつ」
林間「そんな・・・」
林間は、自分の居場所がなくなりつつあることを知りつつあった。

78 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/08(日) 11:59:31 ID:2TSAXj/P
翌日、海武学園
鳥坂「でも、コヴァ、お前にデートなんて荷が重くないか?」
コヴァ「そんなときのシゲル君ですにょ」
シゲル「ってなんでオレに聞くんだよ!」
コヴァ「彼女持ち〜」
鳥坂「彼女おる〜」
二人「彼女いる〜」
シゲル「わーったよ。・・・まずな、やっぱり二人で楽しめるようなところにね」
コヴァ「じゃあ、靖国神社ですね」
鳥坂「あ、やっぱそういう子なのね」
シゲル「真面目な話、意外と靖国デートっているんだよね・・・」
そこに
林間「オラア!そこの犯罪者!さっさと席につけや!」
RODの読子さんみたいな格好して林間が現れた。
コヴァ「相変わらずコスプレ大好きですね」
林間「うるせえ!貴様みたいなセックルセックルセックルセックルセックル」
鳥坂「ワーオ、どっかのイカレた生徒会長みたーい」
林間「うっせークズ!じゃあ今から倫理の授業を始める!」
シゲル「なんでこいつが倫理教えているんだろう・・・」
林間「何か言ったか!この性欲の塊!」
シゲルはあえて反論しない。
林間「コホン、それはともく、今日は、私の大学時代の思い出をちょっと話そうと思う」

十ウン年前、大阪・海遊館
当時の林間は何とか大阪でも簡単に入学できる大学に潜り込んだが、そこは林間、ここは自分がいるべき
場所ではないと悶々とした生活を送っていた。
そして林間は授業にもろくろく出ず、ただひたすらそこら辺をうろつく生活を送っていた。
そんな中、林間は絶好の暇つぶし場所を見つけた。当時作られたばかりのハーバーランドの海遊館である。
当時は景気もよかったので、数日日払いで働けば一週間分程度の遊ぶ金は手に入った。その金でひたすら
当時の林間は海遊館に通い詰めていたのである。

79 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/08(日) 12:00:46 ID:2TSAXj/P
そんなある日のこと
林間がジンベイザメをボーッと見ていると、隣に誰かがちょこんと座った。
林間は少々気になったが、それでも水槽の方を見ていると
××「ねえねえ、おじちゃん、おじちゃんはどうしてここにいるの」
林間は今までにない呼びかけられかたをした。そして林間、当然大人げない。
林間「誰がおじちゃんやーーーーーーーーー」
振り返るとそこには、小さなふわふわの髪をした、金髪の天使が。

林間「そのとき私は思ったね! 天 使 は い る と !」
鳥坂「オッサン・・・」
シゲル「ハァー(ため息)」
コヴァ「大丈夫ですかね(板的に)」
林間「うっさいそこの三人は黙れ!11!!!かんしゃくおこす!11!!!」

××「・・・おじちゃん、怒ってる?」
林間「い、いやいやいやいや、全然怒ってないよ。ところでお嬢ちゃん、お名前は?」
リリス「りりすって言うの、ずっとおっきいお魚みてたの」
林間「そうか、リリスちゃんって言うんだ。へー。ところでここまで誰と来たの?」
リリス「えっとね、・・・・(何か考え込んだ後)大阪のおじいちゃん」
林間「それで大阪のおじいちゃんは?」
リリス「あれ?どうしたんだろ・・・おじいちゃん?おじいちゃああああん?・・・おじいちゃん、いない・・・」
リリスの大きい目に涙がたまる。
林間「リリスちゃん」
リリス「ぐすっ、うえっ、ぐすっえっえっ、・・・何、おじちゃん?」
林間「リリスちゃんは今一人っきりかい?」
リリス「おじちゃんがいる・・・」
林間「そうだね、おじちゃんがいるよね。じゃあ一人っきりじゃないだろう?」
リリス「・・・おじいちゃんはいないけど、おじちゃんはいる・・・(ぐすぐす」
林間「じゃあ、おじちゃん・・・いや、お兄さんと一緒におじいちゃん探そうか?ホラ、お兄ちゃんって呼んでみ?」
リリス「そうだね、おじ・・・お兄ちゃんがいるから大丈夫だよね」

80 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/08(日) 12:02:40 ID:2TSAXj/P
林間「そうして、私はリリスとともに甘い時間を過ごした」
鳥坂「アレか、犯罪者の自白ってヤツか」
シゲル「次はアレですか、紺のラングレーに連れ込んで襲って殺して焼いて喰ってですか?」
コヴァ「・・・さすがにそれは・・・ないと思いたいですにょ・・・」
林間「うっせーな!なわけねえだろ!ちゃんとおじいちゃんに渡してありがとうって言われたわ!
ヒトのことをさんざん犯罪者扱いしやがってかんしゃくおこすううう!1!!!!11!11!」
シゲル「だっていつもいつも金髪の女の子を見ると理性なくすと思ったらこれだもん」
林間「お前だって銀様やレンやカレンやソルの件で理性なくすだろ!」
シゲル「ほお、やるつもりでスか」(ポキポキッ)
コヴァ「ああっ、双方ともに爆発寸前ですにょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
ドカーーーン
放課後
コヴァ「そういえば、明日はボクチンの初デートですね」
鳥坂「そやな、がんばれよ」
シゲル「まあ、林間は授業中ノシておいたから妨害はしないだろうし」
しかし、コヴァはここである違和感を感じていた。
コヴァのデートの前日。それがここのところずっと繰り返されているような気がするのだ。特に毎日林間先生は
シゲルにのされて病院送りにされているような・・・。
コヴァ「・・・シゲル君、鳥坂君、何か、最近変じゃないですかね?」
鳥坂「いつも林間は変やろ」
コヴァ「いや、そうじゃなくって・・・」
シゲル「気のせいだ気のせい、じゃ、帰るぞ」

コヴァは思った。この会話は確か昨日も繰り返された。部分部分微妙に違うところもあるけれども、同じ一日が
繰り返されている。新宿の予備校に通う二人を新宿駅で見送ると、コヴァは都営新宿線に乗り込み、松沢を目指した。
八幡山の駅で降り、いつもの松沢軍団のある場所を目指す。もうすぐ松沢だと思ったそのとき、コヴァは不思議な
現象に襲われた、そこから一歩も先に進めないのだ。まるで、ゲームでその先は作り込んでないかのように
コヴァ「ど、どういうことですかね?」
コヴァはルートを変えて松沢に行こうとする。しかし、やはりあるところから先に進めない。
コヴァ「これって・・・」
そして日が暮れる。ゆっくりゆっくり、コヴァは眠くなっていった。

81 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/08(日) 12:03:56 ID:2TSAXj/P
チュンチュン
朝だ。
どうやら気づいたら家に帰っていたようだ。コヴァは目を覚ました。
トントントン
階段を上がる母の足音
秋子「ヒロシちゃん・・・、ああよかった、今日は遅刻しそうにないわね」
コヴァ「うおぅ、ババア、おはようございますです」
秋子「とにかく、今日は間に合いそうだからちゃんと学校に行ってね」
コヴァ「・・・、最近、遅刻していましたっけ?」
秋子「ヒロシちゃん、あなたはいつも遅刻でしょう。だからいつも国崎先生も心配して・・・」
どういうことなんだろう。今年になってからは、コヴァはほとんど遅刻していない。なのに
そんなことをニッキョーソが言って来るだなんて・・・ニッキョーソも心配性だ。
コヴァはいつものように準備をして、学校に向かった。

江古田駅を降りた。ここから学校までは十分ほどだ。いつもはここら辺でシゲルと鳥坂がやってくるのだが。
「おい、そこのクソコヴァ!」
コヴァ「なんですかね?」
振り向きざまに何かが投げつけられてきた。
バシャ
臭い
腐った卵だ。
「おい、コヴァ、お前に朝ご飯だぞ。ちゃんと食べろよ」
コヴァ「なんでしゅかこれはーーーー!」
気がつくと、周りにチーマー風の男達がぐるりと取り囲んでいる。
「おいそこのクソコヴァ!愛国心があるならオレ達に小遣いくれよ!」
「そもそも一人でクラスの平均点下げてるくせに生意気なんだよデブ!」
「うぽぽぽって面白いつもりなんかブタ!」
「つーか、まずやっちまおうぜ!」
「オー」
ボコボコボボコボコヌルポガッフルボッコ
後にはフルボッコのコヴァが残された。
コヴァ「なんで・・・こんな目に?」(続く

82 :名無しかましてよかですか?:2008/06/09(月) 02:59:34 ID:t7WOigyc
期待あげ

83 :3>79:2008/06/09(月) 20:15:38 ID:DrTs91cM
軍需経済という最も醜悪な病原菌が市民社会に一度根を張ってしまえば取り除くことは出来ない。
軍需経済は市民社会に残虐犯罪を撒き散らし、福祉・教育・平和産業から国家予算や資産、人材を根こそぎ奪い去って行く。
http://thor.prohosting.com/esashib/mdriken01.htm
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/japn080522.ht
北朝鮮のミサイルが飛来した日に日本軍部のトップが軍需商社の接待ゴルフに現を抜かしていた報道は未だ記憶に新しい。
現在、人殺し強盗経済(=軍需経済)は軍部の正面装備を削って、原価がたった2,3割と言われる超巨額詐欺兵器を国民の血税で買わせるというハチャメチャ振りである。
つまり、国土防衛などというのは只の詐欺話であって、インチキ巨額兵器をでっち上げて国民の血税を根こそぎかっぱらうことだけが目的なのだ。
軍需経済という最も醜悪な病原菌によって既に、命令されれば平然と虐殺兵器の引き金を引く不気味でおぞましい若者達や、軍需産業群(=人殺し強盗産業群)からの給与で人生を組み立てて恥じないモラル無き人間達が市民社会を覆いつつある。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/poor01.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
インチキスパイ衛星5022億円、維持運営費年間150億円!6隻保有の詐欺兵器=イージス艦・あたご1隻で1475億円・ 年間維持費40億円
(見せしめに子供や老人の人権を奪われた町・夕張市の総負債はたった360億円!=詐欺艦船イージスたった1隻でこの夕張市が3つも4つも丸ごと救えるのだ!)
(数十年で出来た大阪府900万人の借金はたった4兆3千億円 (全国民の1年分病院薬剤費総額がたったの3兆6千億円=2006年)
一方、平成日本軍部がたった12ヶ月分として国民から血税を強奪して行く軍事予算が5兆8039億円!(2006年度)
(防衛費4兆8139億円、軍事偵察スパイ衛星関連年度分経費612億円、危機管理体制充実強化経費16億円、米軍再編調整関連費1000億円の1年平均分200億円、旧軍人恩給費9072億円etc)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
http://www.magazine9.jp/interv/mika/mika.php

84 :名無しかましてよかですか?:2008/06/14(土) 15:42:11 ID:3TuE9dCt
何これ、千葉君?


85 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/15(日) 00:37:23 ID:Q6/TNSyz
コヴァはフルボッコにされた後、いつもの海武学園の自分のクラスへ入っていった。
コヴァの机の上には・・・。花瓶に入れられた菊の花が
周りのクラスメートはニヤニヤしてる。
コヴァ「うおう!これはお葬式の花じゃないでしゅか!」
「そうだよ、クソコヴァのために花を置いてやったんだよなあ」
コヴァ「なんでそんなことしたんでしゅか!」
「バカだし、ブタだし、臭いし、何でお前ここにいるんだよ。さっさとやめちまえよクズ」
コヴァ「うぽぽぽおおおおお〜〜〜、よくもよくも・・・」
そのとき、担任が入ってきた。
担任「はいはい、ホームルーム始めるから・・・ってコヴァ?」
コヴァ「はいです」
担任「いいから席に着け」
担任のめんどくさそうな顔
これは本当にニッキョーソなのだろうか、コヴァはそう思った。
担任「じゃあ、出席をとる。青木(ハイ)、安倍(ハイ)、伊吹・・・」
何かが変だ。コヴァはそう思っていた。そしてその理由に気づく
担任「遠山(ハイ)、中川伊蔵(ハイ)、中川誠・・・」
誰かがいない。コヴァはそう思った。そして、最後にそれは確信に変わる。
担任「山本(ハイ)、与謝野(ハイ)、渡辺(ハイ)」

クラスから二人が消えている。

そう、コヴァの友人だった二人が。いや、それだけじゃない。肝井も、千葉も、真保も、
「名前を呼ばれなかった」

コヴァはホームルームが終わると、担任に駆け寄った。
コヴァ「ニッキョーソ!」
担任「だからオレはニッキョーソじゃねえっつーの。ていうかオレは忙しいんだ。バカの相手など
してられん」
コヴァ「あのですね、クラスの鳥坂ヨシユキ君と吉田シゲル君はどうしたのですかね?」
ポカンとする担任

86 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/15(日) 00:38:45 ID:Q6/TNSyz
担任「・・・コヴァ、お前何言ってるんだ?」
コヴァ「どういうことですかね?」
担任「・・・そんなクラスメート、最初からいねえぞ」
沈黙
担任「まあ、友達がいないのはコヴァの勝手だが、脳内の友人までとうとう作り始めたんじゃ、
そろそろ病院かなあ・・・」
コヴァ「ち、違うんでしゅにょ!ボクはこのクラスで、吉田君や鳥坂君と一緒になって成績も上がって」
担任「ハァ?」
担任は一枚の紙を目の前に突きつけてきた。
担任「この白紙答案はなんだ」
今度はコヴァがあっけにとられる番だった。
コヴァ「なんでしゅかね?」
担任「この前のテストで、とうとう全教科零点とったのはお前だろ!そもそも・・・」
コヴァはその後、一時間目が始まるまで説教されることになった。
授業中
コヴァは考えていた。どうもこの世界は変だ。昨日までいたはずのクラスメートはみんなコヴァのことを
いじめの対象か、存在しないゴミ虫のように扱っている。いや、それだけならまだ以前の自分を振り返れば
分かる。でも、友達は不思議とみんな消えていて、担任までも自分を邪険に扱う・・・。
まるで昨日までと世界は一変していた。
コヴァは休み時間ごとにクラスで一番体格がいい森に意味もなく殴られた。昨日までは、シゲルと同じ部活動という
点を除けば接点がなかった森に殴られ、蹴られ、カツを揚げられる。コヴァはどんどんみじめな気持ちになっていった。
コヴァ「なんでこんなことになるのだろう・・・」
デムパだった頃、いつも思っていたこと。いや、それよりも重いかもしれない。
コヴァは昨日までがなんだったのだろうと思い始めていた。
昼休み、森から今日三度目のアッパーをもらった後、ズボンを下ろされ笑われて、屈辱のあまりコヴァは
保健室に逃げ込んだ。逃げるところがなかったからだ。
確か、保健室には優しい姉御肌の保険医のおばちゃんがいるはずだ。
コヴァ「失礼するですにょ」
コヴァはガラっと扉を開けた。
・・・そこには、金髪の大人しそうな白衣を着た女性が。
コヴァ「誰ですかね?」

87 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/15(日) 00:39:42 ID:Q6/TNSyz
彼女は臨時の保険医だと名乗った。つぶらな瞳でウェーブのかかった金髪、そしてどことなく穏やかな雰囲気。
髪色こそ違うが、シゲルの姉にどことなく似ている。
保険医「で、どうしてここに来たの?」
コヴァ「あ、それは・・・」
保険医「ズボン濡れてるけど、換えのパンツはさすがに高校にはないわよ?」
コヴァ「違いますにょ!」
保険医「まあ、冗談はともかくとして」
保険医はコヴァを椅子に座らせた。
保険医「・・・ねえ、生きてるのに現実感がないんでしょ」
コヴァは思っていたことを言い当てられた気分になった。
保険医「昨日まではあんなに楽しくて、友達がいて、みんなに慕われて、楽しかった。でも今日はひとりぼっち」
コヴァ「な、なんで・・・」
コヴァの口から声がこぼれる。
保険医「昨日までは、それまでの自分とどんどん変わっていって楽しかった。でも、今日になったら元通り」
コヴァ「ボ、ボクが思ってることと・・・」
保険医「ね、一緒でしょ?」
保険医はコヴァに微笑みかけた。
保険医「でも、それは夢かも知れない」
コヴァ「どういうことですかね?」
保険医「人間なんて、そうそう簡単には変われない」
保険医の口調が厳しくなった気がする。声も心なしか低い
保険医「自分を変えることは、それまでの自分を殺すこと。でも、それまでの自分を殺して、いいことってあるのかな?」
コヴァ「ボクはあったですよ!友達ができました!成績がよくなりました!・・・そして、彼女もできました!」
保険医はニヤリと笑った。
保険医「それってホント〜?勝手な思い込みだけの夢じゃないの?」
コヴァ「夢じゃないですにょ!本当のことですにょ!」
保険医「じゃあ、友達をここに連れてくれば?」
コヴァは答えに詰まった。
コヴァ「それは・・・」
保険医「やっぱりね、どうせ彼女も勝手な思い込み・・・」
コヴァ「違いますにょ!ぼくはやれる!ぼくはやれるぞおおおおおおおお!1!!!!!!」
コヴァは外へかけだしていく。

88 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/15(日) 00:40:40 ID:Q6/TNSyz
気づいたらコヴァは渋谷の御子神高校のそばにいた。
友人の東中野から紹介された、東中野ちずるさんがいる学校だ。
そうだ、彼女を連れて帰れば・・・。
コヴァは校門そばで待ち構えた。
ちずる「でねー、菊池っていうデムパが・・・」
しばらく待っていると、女子校生が二人、校門から出てきた。
コヴァ「ち、ちずるさん!」
ちずる「だ、誰ですか!」
コヴァ「ボクですにょ!海武学園の愛国者、木場ヒロシですにょ!」
ちずる「そんな人知りません」
コヴァ「お兄さんから紹介されてこの前会った・・・」
ちずる「兄貴?もう三年も口聞いてない」
女子校生「ねえねえ、コイツヤバいよ。逃げようよ」
コヴァ「ボクはあなたと今日デートを・・・」
女子校生「マズイってこいつマヂストーカーだって!」
ちずる「そういえば兄さんもこの前幼稚園に乱入してょぅじょに・・・逃げましょ」
コヴァ「ちずるさん!誤解ですにょ!」
コヴァの手にはいつの間にかカッターが握られていた。コヴァはとりあえず二人を止めることに
必死だった。ここで彼女を連れてくれば夢だなんて言われないですむ。コヴァは必死だった。だから手を振った。
でもその手にはしっかとカッターが握られていた。
コヴァは腕を振り下ろす。女子校生の首にカッターが刺さり、

出血

ちづる「きゃああああああああああああああああああああああああああ」

辺りは一面真っ赤に染まる。コヴァの右手は真っ赤だ。
コヴァ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
遠くからサイレンが聞こえる。聞き慣れたサイレン、黄色い救急車と、パトカーと。
しかし、コヴァはここから逃げないとと思った。コヴァは一目散にその場から逃げ出した。

89 :びゅーちふるどりーまー:2008/06/15(日) 00:41:57 ID:Q6/TNSyz
どこまで逃げたのだろうか。コヴァは都内とは思えないほどの山中にいた。
コヴァの罪状は殺人。警察も病院も機動隊も自衛隊もみんなコヴァのことを追っている。コヴァは全人類にとって
敵になりつつあった。
山中も決して安全ではない。時々
「おい、ヤツは何処だ」
「向こうに行ったぞ」
「おい、追うぞ」
などの遠くの話し声や、
「消防団が投入されるらしい」
「化学兵器も許可されたらしいぞ」
などの遠くの流言飛語が聞こえないはずなのにコヴァの耳に飛び込んでくる。

そして
免下「いたぞ!」
アレは松沢軍団の免下先生の声だ。一番見つかりたくない人物に見つかったらしい。
コヴァはどんどん奥へ進んでいく。
免下「コヴァ〜。止まれ〜。止まれば一生実験動物になることと引き替えに命だけは助けてやる!」
コヴァ「いやですにょ!」
しかし、あっと言う間に崖にコヴァは追い詰められた。
免下「ふっふっふ、さあ、こっちにこい。かわいい実験動物よ」
免下は悪魔の笑みを浮かべている。
コヴァ「いやですにょ!」
でも目の前には崖が。
ここでコヴァは覚悟を決めることにした。
コヴァは崖から飛び降りる。
コヴァ「うぽぽぽぽぽおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

ぱふん
コヴァが落ちたところ。そこはコンクリの地面でも土の地面でもなく、絨毯の上だった。
そして、コヴァが起き上がるとそこには、さっきの保険医が紅茶を片手にくつろいでいた。
そして彼女は言った。
××「アラ、やってきちゃったの」

90 :名無しかましてよかですか?:2008/06/19(木) 15:47:29 ID:CInNTpzf
       _____  
   / ̄/      ̄ヽ              キモオタは犯罪予備軍!!
 ミ ミ ミ . , ─ 、   , ─ 、      ミ ミ ミ   みんな逮捕されればいいのに!
/⌒)⌒)⌒.i .● )  i..● )ヽ   /⌒)⌒)⌒)  ボク?ボクは違うお!!
| / / / `ー'(、●^●,)ー'  │  (⌒)/ / / //ボクだけは一般人!1!!!
| :::::::::::(⌒)   iuUuui.   /  ゝ  :::::::::::/  
|     ノ    ´|,-v-、| `   \  /  )  /    バ
ヽ    /     ヽニニノ     ヽ /    /     ン バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l        ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

    ↓9年後…
      _____    
   / ̄/      ̄ヽ     
  //  /         ヽ       長野県警北アルプス署は、
 /||| | -=・=-  -=・=- ヽ       誘拐の容疑並びに監禁傷害の容疑で、
 | .|| ||  `ー'(、●^●,)ー'  ヽ      長野県北アルプス市の無職、肝井味平容疑者を
 | | ||    ノトェェイヽ     l      逮捕しました。
 | | ||     ヽ`ー'ノ       |、
r―n|l\             ,/ ヽ    (中略)
  \\\.` ー‐ '。つ l     ヽ
.     \        |      |    北アルプス署の発表によりますと、肝井容疑者の自宅からは
.       \ _  __ | ._   |    アニメのDVDやゲームソフトが大量に見つかり…
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|
\      // /<  __) l -,|__) >
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )

逮捕   長野県北アルプス市
     無職 肝井 味平 容疑者(26)

91 :名無しかましてよかですか?:2008/06/19(木) 19:36:57 ID:d/nOlLTz
>>90
ああ、なんだ、ティキのことじゃん。

ジバクに逆の法則が働いているそうだが、おまえらにも働いているな

オタクは世間で受け入れられいる → きんもーっ☆。世間はオタクは軽蔑の対称。マスゴミはオタク叩き。 
秋葉行かない奴は負け組み → 加藤は秋葉に通っていた。
派遣なら正社員になれば? → なんで、派遣制度があるか理解していない。
陵辱エロゲーしてるがそれがどうした? → 監禁王子、バラバラ殺人の星野は鬼畜エロゲーオタ

92 :名無しかましてよかですか?:2008/06/20(金) 08:44:02 ID:CRqT1gwq
>>90
長野はまじでありえるから洒落にならん

93 :名無しかましてよかですか?:2008/06/25(水) 10:26:47 ID:71YNi8p/
|┌──────────┐ 履歴書     平成29年06月25日
||//  /         ヽ  | ┌────────────────
||/||| | -=・=-  -=・=- ヽ| |氏名: 肝井 味平
||| .|| ||  `ー'(、●^●,)ー |│├────────────────
|│| | ||    ノトェェイヽ   l | |生年月日 平成3年 4月1日
||| | ||     ヽ`ー'ノ  /、| ├────────────────
||...イ.ヽヽ、___ 。つ ノ゙- 、   | |現住所: 長野県北アルプス市
||   |  '; \_____ ノ.|ヽ i....| ├────────────────
||   |  \/゙(__)\,| i  | | |連絡先: 080-xxx-xxx ( 携帯電話 )
|└──────────┘ └────────────────
| ┌───┬─┬──────────────────────
| | 年   |月|          学歴・職歴
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |          学     歴
| ├───┼─┼──────────────────────
| |平成19|03|海武学園中等部卒業
| ├───┼─┼──────────────────────
| |平成19|04|海武学園高等部入学
| ├───┼─┼──────────────────────
| |平成22|03|海武学園高等部卒業
| ├───┼─┼──────────────────────
| |平成22|04|温泉アニメ学院専門学校入学
| ├───┼─┼──────────────────────
| |平成23|06|同校廃校により、中途退学
| ├───┼─┼──────────────────────
| |平成23|10|長野理科大学理学部物理学科入学
| ├───┼─┼──────────────────────
| |平成24|03|長野理科大学理学部物理学科中途退学
| ├───┼─┼──────────────────────
| |    ..|.. |          職     歴
| ├───┼─┼──────────────────────

94 :名無しかましてよかですか?:2008/07/01(火) 23:50:29 ID:ZY/Akurf
>>90的確すぎだろ

95 :名無しかましてよかですか?:2008/07/05(土) 07:07:33 ID:oO5OhUkl
test

96 :名無しかましてよかですか?:2008/07/13(日) 20:29:33 ID:6V1sYaet
sage

97 :名無しかましてよかですか?:2008/07/16(水) 21:57:36 ID:WJKTyhgV
age

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)