5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

保守ヲタクの薄らサヨク詐欺師・中島岳志

1 :名無しかましてよかですか?:2008/01/10(木) 19:08:46 ID:b+aFIZjv
小林(サピオ・正論11月号)やウッシー牛村(諸君1月号)によって徹底的に吊るし上げられ化けの皮が剥がされた詐欺師・中島岳志。
(論座2月号)での懇願クリンチ作戦も功を奏さず、突如として不正アクセスを理由に自身のブログを閉鎖(1月7日)。
”若くして老練な対話の達人”とやらも証拠を隠滅していよいよ遁走か。
一方、中島との共著を今月出版した西部邁(正論1月号)は、小林の反撃(正論2月号)にいかなる対応をするのか。。
さらには依然として相手にされないもてない男・小谷野敦の動向は。。
今後ともこのパール判事論争の行方からは目が離せないw

ウィキペディア(Wikipedia) 小林よしのりとの批判合戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%B2%B3%E5%BF%97

【祝「平和の宣言」(ラダビノード・パール著田中正明編 ・小学館)2月上旬復刊】

ゴーマニズム板に書き込まれたパール史料情報を残すサイト
http://wikis.jp/PAL/index.php#r9fd2a93
前スレ
逃走する新進気鋭詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1198685926/l50
続・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1196566676/l50
中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1189325137/l50

2 :名無しかましてよかですか?:2008/01/10(木) 19:11:31 ID:Fymnstgy
【書評】
2007年10月14日 [評者]赤井敏夫(神戸学院大教授)
http://book.asahi.com/review/TKY200710160275.html
評・御厨 貴(東京大学教授) (2007年10月15日)
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20071015bk0a.htm
小谷野敦
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20071216
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20071223
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20071127
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20071121

【近況】
・2008年01月08日 「保守問答」 西部邁との共著:1,680円
老いてなお凜冽たる精神を保つ 西部邁、若くして老練な対話の達人 中島岳志 「日本の保守思想を再生する!!」
・週刊ダイヤモンド1月12日号 新春特別企画 アマデウスたちSPECIAL
中島岳志×長塚圭史×上田泰己 ロストジェネレーションを語る
・2008年01月13日放送予定 (再放送:2008年1月14日)
司 会 長田渚左 ・中江有里
特 集 中島岳志 「パール判事」を語る
http://www.nhk.or.jp/book/prog/2003preview02.html




3 :名無しかましてよかですか?:2008/01/10(木) 19:12:03 ID:Fymnstgy
【参考】
コールタールの地平の上で(中島岳志blog)【1月7日閉鎖・復旧作業中らしいw】
http://www.indo.to/log/nakajima/?itemid=895
『ナショナリズムと宗教:現代インドのヒンドゥーイズムとナショナリズム運動』春風社。2005年「第1回南アジア学会賞」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jasas/07gakkaisho.html
戦後は何も片付いていない――中島岳志インタビュー
http://media.excite.co.jp/book/daily/friday/028/
12月20日 中島岳志的アジア対談:制定から10年、アイヌ文化振興法−−佐々木高明さん
http://mainichi.jp/enta/art/news/20071220dde014070004000c.html
11月22日 中島岳志的アジア対談:フリーター、「左派」or戦争−−赤木智弘さん
http://mainichi.jp/enta/art/news/20071122dde014070009000c.html
中島岳志×森達也トークショー
2007年9月6日(木)19時 於:丸善・丸の内本店 3階 日経セミナールーム
http://www.hakusuisha.co.jp/topics/talk070906_1.php
中島岳志氏の「保守と右翼」批判
「西部邁氏は保守、小林よしのり氏は右翼、…に位置するそうだ。…」
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/5013/nakazimat.html
TBSラジオ「アクセス」「誠二と真理のコレを見た!」ゲスト・中島岳志
「日中韓でナショナリズムが高まる傾向にあるのは問題か?」
http://tbs954.cocolog-nifty.com/ac/2006/10/post_3259.htmlダウンロード


4 :名無しかましてよかですか?:2008/01/10(木) 19:13:33 ID:Fymnstgy
【資料】
日本學士院紀要 Vol.25 , No.3(1967)pp.153-175
パール判決書 東京裁判研究会著東京裁判刊行会発行 (昭和四十二年六月十二日提出) 田岡 良一
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnlabstract_ja.php?cdjournal=tja1948&cdvol=25&noissue=3&startpage=153
田中正明著『パール博士のことば』を掲載しているサイト
http://www6.plala.or.jp/mwmw/kotoba.html

朝日の論壇時評
「近代の超克」日本の立場の二重構造  政治学者 杉田敦
(略)
最近では中島岳志の『パール判事』をきっかけに、戦争責任論が改めて争点になっている。
東京裁判でのインドのパール判事の少数意見は、事後法の禁止など法律的見地からの
「日本無罪論」であり、日本の戦争を正当化したという保守論壇的な見方は誤りだと中島は主張した。
これに対し牛村圭は、中島の資料操作は恣意的であるし、右派のパール論だけを問題にし、
左派のパール批判の一面性を見ていないとした。
戦争肯定論の文脈でパール判決を不当に用いたと中島に言われた小林よしのりは、
「サピオ」での連載などで中島批判を強めている。
そうした中、西部邁は両陣営に割って入り、小林は戦争肯定論についてはパールに依拠せず、
「独自の見解として展開」しているので、中島の批判は見当はずれだとする。
中島がパールを9条護憲論者に結びつけたことにも、資料上の根拠が無いと述べる。
その一方で、保守派が戦争前面肯定の文脈でパールに言及する「瑕疵」は中島の指摘通りだと言う。


5 :名無しかましてよかですか?:2008/01/10(木) 19:16:54 ID:Fymnstgy
http://history.gr.jp/~tokyo/
パール博士の日本無罪論
・パール博士言行録(PDF)




6 :名無しかましてよかですか?:2008/01/10(木) 19:22:13 ID:b+aFIZjv
あと書評にこれも。

長崎暢子 日本経済新聞 H19.8.26
http://www.world.ryukoku.ac.jp/~nagasaki/pearl.pdf (PDF)



7 :名無しかましてよかですか?:2008/01/10(木) 19:45:00 ID:Fymnstgy
中島 岳志(なかじま たけし)
【経歴】
1975年生まれ。
1999年大阪外国語大学外国語学部(ヒンディー語学科)卒業。
1999年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程入学(5ヵ年一貫制博士課程)
2004年3月博士号(地域研究)取得・修了。
京都大学人文科学研究所研修員、日本学術振興会特別研究員。
2005年『中村屋のボース』で大佛次郎論壇賞受賞。
2005年秋から2006年春までハーバードのライシャワー研究室。
2006年秋北大准教授就任。
2007年「パール判事」によって詐欺師確定


8 :ななしですが:2008/01/10(木) 22:38:15 ID:qSpgXcvO
「平和の宣言」が復刊とのことだが小学館のHPにはまだ出版予定には
出ていない・・・少しおくれるのかな?三冊ほど購入予定です。

9 :名無しかましてよかですか?:2008/01/10(木) 23:04:44 ID:Fymnstgy
>>1
訂正です。
(論座2月号)→(現代2月号)


10 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 00:08:59 ID:vTLJgBGO
http://www.42ch.net/UploaderAnime/source/1199793220.jpg
中島岳志の似顔絵

11 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 00:31:04 ID:MNlGXTnW
あの戦争裁判で、私は日本は道徳的に責任はあっても、法律的には責任はないという結論を下しました。


だそうです

12 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 00:35:13 ID:p0wqF1hM
>>11
誰も道徳的に全く責任がないなんて言っていない。
中島の妄想w

13 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:03:33 ID:p0wqF1hM
多かれ少なかれ道徳的責任があるのはあたりまえ。
問題はどの程度か?ということだ。

後、『日本無罪論』は法律的に『日本無罪論』なんだよ。サヨクはこの言葉にひびって妄想するからおかしくなる。
田中氏も『パール判事の日本無罪論』p20で区別してる。
──多くの日本国民は「ともかく、あのような無謀な戦争をしでかしたのであるから、その責任者が処刑されるのは当然だ」
「たくさんの罪もない国民が、戦争のために死んだのだ。国民はどんなに苦しい思いをしたかもしれない。
先立った者が死刑になるくらいは当たり前だ」と考えている。それはもっともなことである。ただし、それは、一般的な感情論であり、道義の問題である。

われわれは道義と法律を混同してはならない。極東国際軍事裁判は、文字どおり「裁判」なのである。裁判は法にもとづいて裁くのであって、感情や道義で裁くのではない。法のないところに裁判はあり得ない。
もしも一般的感情論で逮捕され、処刑されるような社会があるとするならば、それは文明社会でも、法治社会でもない。未開・野蛮時代への逆行である。

もとよりわれわれは、戦争を憎む。
それがたとえ、侵略戦争であろうと、防衛戦争であろうと、戦争それ自身が「罪悪」であると、私は考える。──
というわけだ。
サヨクが問題にしている本のしょっぱな20頁からきちんと分けてるぞ。
「東京裁判」での判決書を道義的に無罪なんざ、恐怖心からくるサヨクの妄想。

その後の言行録からもわかるが、パール氏は欧米がたちの悪い悪であることを強調し続け、日本に過剰なほどの期待をかけたわけだ。
中島が言う、パール氏が単に絶対平和主義者の視点に立って過去の日本の行為を道義的に断罪した。
というのは、都合よく史料を継ぎ接ぎしたためでてきたデタラメ。

14 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:13:42 ID:vTLJgBGO
>>11
その箇所は、「中国がどーだこーだ」とか、東京裁判のインチキさで
話が盛り上がってしまい、水を差す為に言った部分でしょ。
そこにおける道徳的問題とは、サヨクとは全く違う。
(判決書の時点で、未だに言われている俗説が殆ど否定されてる。)

「アジア解放という志が侵略にされたのは何故か。
 もちろん私は、そう思っていない」などの発言からも、
パールは大東亜戦争を含め、日本を悪い国なんて思っていないし、
「非武力の戦いをしていないから日本はダメだ」なんて、
傲慢で他者を見下した理解をしていないのは明らか。

「だからと言って」再度、日本には武力で戦って欲しくないってことだよ。
さらに、これは日本だけに言うべきことではないと明言しているが、
それが実現すると考えること自体、今はバカバカしいってのが
最後の来日の時の立場だな。

中島みたいな東京裁判史観のデンパが、パール解釈で援用するのは、
それこそ「史料の切り取り」なんだよな。

15 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:17:17 ID:pg6AHKYo
中島の本質って詐欺師なんだよな。
本当に感心する。以下、決して嫉妬ではなく言う。

大阪外国語大学外国語学部ヒンディー語学科って、物凄く入りやすい。
たぶん、ヒンディー語はまったく身についていないと思う。三流大英文科の学生が英語読めないようなもんだ。
で、京大大学院アジア・アフリカ地域研究研究科のインドは穴場だったと思う。
指導教官を知っているが、まあマジシャンみたいな人だ。波長があったんだろう。大学院は教授の判断で入れる。
「インド留学」って、別にインドの大学院に入ったわけではない。
「フィールド・ワーク」というワーホリだ。でも、そのインド滞在という研究経験をもつ者は少ない。
折からのインド・ブームで、実業界も出版界もインドモノが欲しかった。
でも、インド研究者は少ないし、ヒンディ語を読める者も少ない。
だから、誰も中島を検証できなかった。嘘書いても分からなかった。
彼は、見事に論壇賞を取る。
ワイシャワー研究室ってのも、まあアジア研究で入り込むのは京大のコネなら簡単だ。
たぶん、英語はまったく話せない。たぶん読めないと思う。
でも、後から振り返ってみると、経歴的には完璧なんだよ。凄い奴だと思う。
本当に中島は素晴らしいと思う。

16 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:20:49 ID:vTLJgBGO
そもそも、どうしてサヨクは、一語をそこまで日本批判の
「東京裁判史観(=戦勝国史観)」の結論に結び付けられるのか。
蛸壺史観とは、まさにこの事だな。

パールは明らかに、欧米に追い詰められて開戦に至ったことを判決書で認め、
「欧米こそ憎むべきアジアへの侵略者である」と断言している。

東京裁判史観=戦勝国史観により、日本だけを悪にする視点なんか
一番に否定してたのは事実なわけでね。

17 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:24:17 ID:CPpeMxfO
誰か『中村屋のボース』を検証する時間のあるやついないかな。

18 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:28:41 ID:vTLJgBGO
>>15
確かに、語学の勉強は嫌いだったとか言ってたし、
史料検証として明らかに問題があったわけだからな。
「事実の探求」なんて考えより、「自らが詐欺師とバレないかどうか」、
って面子ばっかり考えて、ブログにやったり
関係ない雑誌に出たり、姑息な「戦略」ばっかりなんだよな。

実はポピュリズムの「空気」に乗って、価値相対主義と「売り方」に訴えて
ごまかすしか、能力が無い人なんだと思う。

19 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:29:31 ID:p0wqF1hM
>>14
──アジア民族の独立という聖なる目的さえも、アジアの貧困と文盲と疫病からの解放という聖なるこころざしさえも、侵略≠ニいう名の下に一言で片付けられてしまつた。私はもちろんそうとは思わない。
またインドをはじめアジア諸民族も、決してそうとばかり受け取っていない。だが世界は侵略≠フ名の下にこれを裁いた。なぜだろうか──
>1に貼り付けてあるURLのサイトからこの講演の全部が読めるよ。

20 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:30:33 ID:vTLJgBGO
>>19
dクス

これ小林論文でも指摘されてたよね。中島はまさに詐欺師だな

21 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:40:29 ID:p0wqF1hM
>>20
判決書でも日本のやむを得ない事情まで認めていたし、人種差別にも踏み込んでいるからね。
裁判官として反対意見にとどまっているけど。

その後の言行録とか明らかに日本に期待しまくり。
欧米に対する批判は厳しい。
ここまで言ってもわからないサヨクはイカれた脳の持ち主だね。

22 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:57:04 ID:MNlGXTnW
みなさんは、次の事実を隠すことはできない。
それはかつてみなさんが戦争という手段を取ったという事実である。

23 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:58:20 ID:AkBcTgKg
>>12
2chだけでもいっぱいいるだろが

24 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 01:59:24 ID:MNlGXTnW
怯懦より暴力を選ぶと語ったパール

by小林

25 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 02:02:54 ID:CPpeMxfO
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4560027781/indoto-22
中村屋のボース―インド独立運動と近代日本のアジア主義 (単行本)

このアマゾン読者レビューを読む限りでは、この「ボース」も問題ありありだと予想される。
でも、読む気しないんだよな。

26 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 07:21:50 ID:Y5OTYaWC
>>15
なんでこういうところで大学の入りやすさとか言い始めるの?
馬鹿なの?



27 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 08:17:15 ID:p0wqF1hM
>>22
それでしてやったつもりか?
中島の本読んで得意がるな。
パール氏はおまえらサヨクのように同じ穴の狢論で日本を断罪していないんだよ。
日本のやむを得ない事情も汲んでるんた。
人間のなしうるかぎりの最も知性ある政治の典型といってもいいほどの政治家がいてもどうしようもないくらい追い込まれてたんだよ。
だからそれまでの平和的政策を変更せざるを得なかったんだ。
このことは、判決書にもあるし、その後何回も論文として掲載されたんだよ!

んでもう一つ
あんたが言う中島本の帯にわざわざ書いてる言葉がある講演は『平和の宣言』
「佛陀のこころに生きる」
p67だ。その講演中にこう言っている。p72
──しかし、非暴力ということは、断じて怯懦ということではない。「暴力と怯懦といずれを選ぶかと問われるなら、私は躊躇なく暴力を選ぶであろう」とマハトマ・ガンジーも喝破している。──

さらにラダビノード・パール著パール博士歓迎事務局編
『I Love Japan─パール博士言行録』東京裁判刊行会出版
中島は巻末でパール著をつけ忘れてるがな。
これは前スレで親切な方が掲載してくれたものだ。
p17
─墓苑から靖国神社の横に出て市ヶ谷通りを走ると、やがて右手に極東国際軍事裁判所のあった市ヶ谷の高台が見える。
「むかしこの道を毎日、帝国ホテルから歩いて通ったものです。運動のためにーーもっとも帰りは車だったが・・・・、四十分から四十五分位かかりました」
パールさんは嬉しそうに町並を眺めながら言った。
陸軍士官学校から大本営陸軍部、そして国際軍事裁判所の法廷と変わり、いまは陸上自衛隊が駐屯しているその高台の下を、車は徐行して進んだ。
「いまも米軍がいるのですか」とたずねて、山脇嬢から説明を聞くと、「それはよかった」と言った。──
わかるか?アメリカ軍なんかに駐屯されてヘコヘコするくらいならまだ自衛隊の方がましだから安心しているんだよ。
絶対平和>暴力>怯懦
ということだ。
理想を求めるがな。

28 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 09:09:51 ID:MNlGXTnW
日本が武器を持って再軍備するということは、東洋的な平和手段ではなくて、西洋的な道を選ぶことになる。

29 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 10:19:27 ID:liBMobjA
28≫東洋的に平和なんかあったか?、日中韓北やら、革命やら戦争やら、地域紛争や国内暴動、民主運動による流血沙汰

   いーっぱいあるんじゃん

   

30 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 12:15:21 ID:vTLJgBGO
>>22
中島は普段の言動からも、価値相対化の
足して二で割る式ばかりを適用するが、
(自称・保守主義も、単なる相対化のことだろう。)
明らかにパールにそうした浅い視点は無いね。

>>28
違うよ?パールは日本も含む全ての国が、平和を考えるべきで、
日本だけに言う事では無いと言っている。

だが決して、理想と現実を取り違えるデンパでないのは、
米軍でなく自衛隊が居た事で「それは良かった」と云っていることでも分かる。

「広がる可能性も無い、日本だけの一国平和」なんて言う
サヨク解釈は、全く主張してない。

そもそも東洋的ねぇ。パールは、大東亜戦争を侵略とは思わない、
「アジアも必ずしもそう受け取っていない」と言っているんだが。わかる?

>>24
ガンジー主義に照らして言えば、再独立からの九条体制は
怯懦にあたり、まだしも再軍備した方がマシってのが実態。

31 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 12:40:28 ID:CPpeMxfO
どうしてサヨクというのは文脈無視、コンテキスト無視で、「ことば」を抜いてきて、
それをスローガンや呪文のように、後生大事に「曲解」してられるのだろう、と考えると、

結局、小林の言う、「国語力のなさ」というか、大本で「学力のなさ」が露呈するわけで、

それ以上に「精神障害」で、現実も文章も理解できなくなってしまってるのだろう。

病気だと思う。

32 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 12:48:40 ID:CPpeMxfO
サヨクウィルスに犯されると、現実が見えなくなり、文章が読めなくなる。


33 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 13:07:25 ID:CPpeMxfO
自分の精神障害に似せて「世界」や「人間」を粗末に扱い、それを流布宣伝して周り、
この世界や人間を、貧しいものに変えていく。それがサヨク。

豊かな現実が、粗末なものになり、
複雑な人間が、単純粗雑になる。

これはひとえに、サヨクの単純粗雑な脳みそのせい。

「豊かさ」を知らないのが、サヨク。

知らないのではない、自分の粗末な回路じゃ、「見えない」だけだ。

34 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 13:09:43 ID:Pl7EKrjo
月刊現代2月号
「毎日新聞経由で小林氏に公開討論会を持ちかけたが拒否された。何故かこのことはSAPIOには掲載されてない」

2月発売の3月号が楽しみです。

35 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 13:17:11 ID:CPpeMxfO
>>34
802 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 2008/01/08(火) 12:08:57 ID:2u/CofQH
「私との対談を断ったことをサピオで読者に伝えてないじゃないか」

         このことを書き加えるのって、どこまでも虚勢をはりたい中島の、
         (小林が論争から逃げてるという印象操作をして)
         見せ掛け上の優勢を保ちたいという魂胆が見え見えですよね。

803 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 2008/01/08(火) 12:11:18 ID:5TI9sndN
>>802
これほど間抜けな発言はないよね。
これが学者なのか?

36 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 14:14:55 ID:uxeBis/h
>>35
この発言は毎日新聞経由の公開討論会を拒否したことをSAPIOで掲載しなかったからだぞ?

SAPIO次号で小林よしのりはどういう態度を取るか?

1 公開討論会を受諾
2 理由をつけて拒否
3 黙殺して掲載せず

また3番でないの、無視するだなんてへたれネット右翼のブログそっくり

37 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 14:32:29 ID:miQIKEOd
>>36
2

38 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 14:46:46 ID:fadT0vl5
「わしは今までたくさんの対談を持ちかけられ、多忙のため断ったことも多いが、
断ったことを読者に伝えていないと批判されたのは今回が始めてである。
あきれて物も言えない。中島は自分が何様だと思っているのだろうか。あまりにも無礼で非常識である。」

こんな感じで欄外で触れるだけでしょ。
ゴー宣初期で、一橋の学生だかが学生新聞に小林を出したときに、
「この新聞のことを欄外で宣伝してくださっても結構です」みたいなこと書いてきて、
小林が激怒したことがあったけど、中島はこの時の学生と同じ匂いがする。


39 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 14:57:22 ID:CPpeMxfO
詐欺師と討論したら、歴史の実証ができるのかよw



40 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 15:02:01 ID:srX3qJuH
>>38

多忙って?
例えば朝日新聞が読者からの質問を多忙だからと無視しても当然ということかい。

>>39

はいはい。
万が一名誉棄損だと訴えでることがあったらお前のパパやママが警察のごやっかいになるからな。

41 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 15:04:11 ID:CPpeMxfO
>>40
低学力の馬鹿がきたw

42 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 15:04:18 ID:2IYJS9bo
>>2  御厨貴とか中島、五百旗頭真のような系譜、
保守気取りしながら左方面にも理解ありますよみたいな、
保守も左も同時に批判しますよみたいな、こういう連中タチ悪い 


結局、自分が一番高い所に立ちたいポジション取りに汲々としているだけという
左も保守も右も、全部オレの下の存在だと思い込みたいだけ
どーでもいいが、お前ら保守もどきの自意識ごっこのために史料曲解すんなと
大人ぶった余裕のある態度のつもりでやってるんだろうが 外からみてりゃ子供の態度そのもの

43 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 15:08:03 ID:CPpeMxfO
「金くれよぉ〜ん」じゃなく、「討論してくれよぉん」ってのは初めてのタイプだなw?中島

44 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 15:13:41 ID:CPpeMxfO
>万が一名誉棄損だと訴えでることがあったらお前のパパやママが警察のごやっかいになるからな

お前、本人かよ。大体、詐欺師がどうやって訴えるんだ。詐欺師だということが宣伝されるんだぞw

45 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 15:26:20 ID:cDDQLN6o
39は根拠のない誹謗中傷を行っているから捕まるな

46 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 16:12:44 ID:qEInA7wH
42≫
  2ちゃんや、他のネット上の掲示板の住人共に見られる精神構造じゃんw

  まあ俺も

47 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 16:18:43 ID:fHFM9Hf6
>>26
いろんな含意があるんだと思う。
一つは、語学力への疑い。
一つは、「うまくやったなあ」という感嘆。
一つは、皮肉な意味でも「優等生」ではなく、「詐欺師だ」という本音。


48 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 16:38:21 ID:8QwnJO14
>>41
>>44

ちょっと待て
なんで「パパやママ」って言葉を笑わないんだ?
ひょっとしたらいまだにそんな言葉を許容しているのかい

49 :大輔と大悟の呉越同舟?:2008/01/11(金) 16:46:17 ID:qEInA7wH
俺、小林よしのりと中島岳志の対決を見て、漫画家の故手塚治が描いた「ブラックジャック」を思い出した

ブラックジャックが、自分自身とよく似た、悪徳医師と対決するシーンを思い浮かべてしまったw

小林は、小泉、竹中の新自由主義保守への嫌悪感から、中島岳志ら、毎日系保守に傾斜したと思ったけど、

パール論争がなかったら、自由主義保守と、半藤一利、保坂正康らの、朝日読売保守しか小林は警戒せず

毎日系の保守=中島岳志、とで、反ネオリベラルで共闘してたかもね、小林と中島で

じゃあ西部邁、中島岳志系サヨ保守がだめなら、宮台真司系のサヨ保守と小林よしのりは共闘するの?、ここでも相違や摩擦がなければいいが

50 :大輔と大悟の呉越同舟?:2008/01/11(金) 17:07:53 ID:qEInA7wH
そもそも,「SAPIO 一月23日号」での、西部邁氏への「あんた呼ばわり」は、西部を批判するにしても慇懃無礼だった

これに平気になってる西部邁氏も、西部氏だが、小林は産経新聞社の論壇誌「正論2月号 西部邁氏の誤謬を正す」では

中島岳志が、パール論争絡みで「渡部昇一を自称保守呼ばわり」する慇懃無礼さで中島岳志を責めてたが、

西部への「あんた呼ばわり」の小林の慇懃無礼は良くて、中島岳志の「渡部昇一への自称保守呼ばわり」の慇懃無礼が悪いんじゃあ

お話にならない、小林が節度のなさを批判した堀江貴文、田中真紀子らと小林はまさに同じ

小林よしのりは「新ゴー宣6巻」や「戦争論」でも「学級崩壊」や「父権母権の喪失」した親子を罵倒し、「戦争論」ではあんた呼ばわりされる父母に違和感を覚えていたそうだけど


大体目上に、意見する時でも、「あんた」「お前」呼ばわりするのか?、小林は実力主義なら、学級民主主義OKでもいいと描くのだろうか


新自由主義ならば、ルール無視でもいいとゆう風潮を批判して来た、小林だけど滑稽だね



51 :大輔と大悟の呉越同舟?:2008/01/11(金) 17:10:28 ID:qEInA7wH
こんな事位俺でも解ってるのに・・・・・

52 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 17:19:49 ID:fHFM9Hf6
まずオマエは「慇懃無礼」の意味を間違っている。話にならんな。
ゆとり教育の馬鹿はまず学校の勉強しろ。

53 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 17:40:41 ID:drl24tfa
>>52
日本語でおk。

54 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 17:48:50 ID:EerJBIWh
>>50
二人称で非難するとはwww
確かにあんたは失礼だがな
少なくとも自称保守と、あんたでは「失礼」の質が違う


あんたは、相手への距離感だから小林-西部間だけの話だが

「自称保守」は、渡部の保守としての評価に関わってくる



55 :>>52は正しい>>50と>>53(プッ):2008/01/11(金) 17:55:15 ID:EerJBIWh
慇懃無礼は表面上の礼儀はきちんとしていないと成り立たないよ
小林氏はあんた呼ばわりしてんだから慇懃無礼ではなくて、ただの無礼
西部氏も自称保守などという言葉を使う時点で慇懃無礼ではない

56 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 18:07:57 ID:MvsB3Utq
>>ID:qEInA7wH
と言うか礼節云々と言う話なら先ず

  アンカーの付け方を覚えようぜ

散々指摘されてるのに直す気が無いのならそれこそ無礼

57 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 18:46:57 ID:imm7yC1M
西部敵前逃亡
ttp://jp.youtube.com/watch?v=BfsQfidYqYo


58 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 19:09:02 ID:fadT0vl5
>>56
そいつキチガイだから相手にしないほうがいい

59 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 19:23:45 ID:PA47zHbD
54 55 56>
        みーんな正しい うん正しいよ
        
  

60 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 19:39:54 ID:gZaN3GgD
西部先生は過去の人でしょう。新聞も読んでないと言ってたし。

61 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 20:56:05 ID:KLui1SRp
>>55
ホッとした。


コヴァ板にもまだ日本語理解しとる人がおった(涙

62 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 21:03:30 ID:xvwynGbE
四文字熟語使いたいなら「傲岸不遜」とかなんとか書くべきだったよねw

63 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 22:14:46 ID:Panjo/ba
>>36
小林が「公開討論いつでもやるぞ!」と言ってたのに中島がいざ本当に申し込んだら
黙殺したって言うなら君や中島の言ってる事も成り立つだろうけど。
今回の場合論戦で追い詰められた中島が勝手に「公開討論だ!」と騒いでるのを
小林が無視してるってだけだよな。中島の勝手な提案を無視したからってなぜ
小林がへたれという事になるのかがわからん。

自分の勝手な提案なんだから断られたら「ああ、断られたか。じゃあまた紙面で反論しよう」となるのが普通だろ?
何で「SAPIOの紙面で書け」とかわけわからない話になるわけ?

64 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 22:17:18 ID:lBqCBRE8
つーか学者ならまともな論文で反論しろよって話

65 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 22:22:57 ID:pg6AHKYo
>>50
お前、とことんゆとり教育の馬鹿だろw
「慇懃無礼」の意味がぜんぜん違うだろw

中島の研究と一緒で、もうお前のいうことは全面的に信用できない。

66 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 22:26:20 ID:xvwynGbE
>>63
中島を擁護するつもりは毛頭ないけど、順序としては、中島は「論戦で追いつめられ」る前、「最初から」対談
志向だったよな。
これやってもいいと思うんだ。本当は。
ただ、小林よしのりは、「速筋」があまり発達していなくて「遅筋」が異様に発達してるような気がする。
ブレーンもしくはサーチャーとしてのトッキーの存在も大きいかもしれないな。

67 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 22:28:34 ID:fadT0vl5
中島が対談にこだわる理由

1.詐欺師だから話術には自信がある
2.完全に論破されたから何とかクリンチに持ち込みたい
3.実はホモ

このなかのどれ?

68 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 22:33:30 ID:CPpeMxfO
>>66
なにゆえ、対談が必要なのか。

問題点ははっきりしてる。それに答えればいいだけの話じゃないか。

69 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 22:38:35 ID:xvwynGbE
>>68
そうそう。「必要」ではない。「やってもいい」。必ずしも得をするのは中島とは限らない。
でも、まあ、そうだね、やる必要はない。そういう小林よしのりも見てみたいけど。

70 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 22:50:14 ID:hd3xp1Xo


日本の核武装だけは決して許される行為ではない!!!





http://society6.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1200059261/l50







71 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 23:01:49 ID:Panjo/ba
対談志向の中島に対し小林は思い返せば旧ゴー宣スガヒデミとの論争の頃から
「言論人って会って喋って何となくなあなあになるより論戦で真実を見つけることの
方が大事なんじゃないか?」って言ってたよな。
それ以降会って直接話すことが大事だ的な発言をした事はないと思うんだけど。
(久米や古館みたいな影響力の違うテレビで好き勝手言ってる奴らに「わしを番組に
出せ」と言った事はあったけど)基本的に会って話すことにそんなに意味はないと考えてるんだろう。
まして今回の場合追い詰められてる中島からの提案だから斉藤貴男の時みたいに印象操作で一発逆転を
狙ってる可能性も高いし。

まあ何はともあれ断られたんだから「断った事を書け」とかわけのわからない事言ってないで
議論の本筋で反論しろって話だ。

72 :名無しかましてよかですか?:2008/01/11(金) 23:49:10 ID:/bvocfBz
>>31
つーか願望だけで生きてるからサヨクは

73 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 00:24:09 ID:x8ZhjX17
中島の対談要求って、あれだな。
ブサイクな男が、「セックスさせろ!」と言い出して女が断ると、
「カラダに何か欠陥でもあるのか?欠陥がないならできるはずだ!」
とか言い出すのと同じくらい滅茶苦茶だな。

74 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 00:44:07 ID:Q6BwvKaj
>>57
・・・西部さんかわいいw
宮台、この頃はかなり酷いなぁ。「世直しモード」とか言ってた頃だっけ。

75 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 00:54:50 ID:Q6BwvKaj
>>36
明らかに、小林論文から逃げるため
クリンチを狙ってるのは中島だろう。
既に論文を出されてるんだから、それにマトモに返答しないと
どうしようもない。

そもそも、断られたらいちいち公表する「対談」要望者なんて、聞いた事がないよ。
返答なしでも構わないと思うよ。

>>69
小林は、対話の必要があると思えば誰とでもやるし、自分が負ける事も恐れない人間だよ。
今までの経緯から見てもね。
でも今、中島と対談する意味ってのは全くないな。

>>73
それを「仕事の上で不都合な相手」に言ってる感じだよな、
中島ってのは。

76 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 01:08:27 ID:YOztv6gO
国としての日本が、悪魔的な暴力の道を選ぶか、
理性と宗教と友愛を信じて立つか、いまだいじな岐路におかれている。

77 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 01:10:42 ID:Q6BwvKaj
>>76
なぜ日本だけに?それは、世界中の国が考えるべき問題でしょう。

78 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 01:27:12 ID:lYzwVB29
現代2月号の中島の文章はとても恥ずかしい文章です。私の周囲では、失笑ものです。

79 :大輔と大吾の呉越同舟:2008/01/12(土) 02:12:15 ID:D6vVXHBf
70≫東京裁判判事のラダビノート パール氏の著書や、パール氏の大東亜戦争の考え方で、民族派内部で見解の相違があっただけ

   日本のハト派陣営や 総連 民団は 核武装論議で中島岳志氏、小林よしのり氏の相違があったと勘違いされているようだが

   俺の独断と偏見だが 甚だお門違いだ

80 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 02:13:58 ID:Q6BwvKaj
>>78
サヨクも脱力しただろうなアレ見たらw

81 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 02:16:21 ID:NXuXO9o8
対談がクリンチってどういう発想だよw
小林がいなければ朝も明けない小林信者ってどうしようもねえな。
堂々と目の前で論破すれば小林の株が上がるだけだろうが。

82 :大輔と大吾の呉越同舟:2008/01/12(土) 02:18:18 ID:D6vVXHBf
70 79≫
     福田康夫首相の小沢一郎の抱きこみかよw

83 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 02:25:03 ID:NXuXO9o8
小林を脳味噌にインストールした信者は、
ウスラ左翼だの、詐欺師だの、国語力がないだの、
罵倒の言葉遣いまで師匠と一緒になっちゃうのな。
ここじゃ西部も老いぼれにされちゃったしな。
ごくろうさんなこったw

84 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 02:37:02 ID:Xb4XmBqT
>>81
じゃあそもそも中島は何で「堂々と紙面で論破」しないの?学者が何でそこまで
必死に対談に持ち込みたがるの?

85 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 03:41:48 ID:x8ZhjX17
中島の公開討論は、基本的にクリンチ。で、耳元でもう勘弁してください、
と談合する場なわけだ。

日本には、公開討論の作法がないから、大抵は公開討論すると、なあなあで終わる。
つまり、中島にとっては一番ありがたい状態。

86 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 04:01:27 ID:A4PYbRuk
とりあえず
小林が指摘した箇所に対する反論、弁明くらいは
するのが道理ってモンだと思うが

87 :大輔と大吾の呉越同舟:2008/01/12(土) 04:05:55 ID:D6vVXHBf
「中央公論2月号」の「田中均×田原総一郎×中川昭一」の激突対論は面白かった

 まあこの対論は なあなあじゃない印象を受けたが 月刊現代での中島岳志の公開討論要請に、小林が答えたら

 どうゆう流れになるか・・・・・・

88 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 05:10:35 ID:r7QM+LaU
>>76
こいつは、中島が『平和の宣言』から都合よく引用した部分をそのまま載せてるだけ。
何が論争の論点かわかっていない。
だからパール氏が再軍備反対していたことくらいで勝ち誇れる。
せめて引用箇所の論題と頁数くらい書いておけよ。
不親切なやつだなあ。ちなみに論題は
「佛陀のこころに生きる」。
引用箇所は、俺が>>27で引用したすぐ隣。
72頁。
まあこいつは中島本p257から引用したのだがな。

俺が>>27で言ったことや>>14さんが言ってることいい加減悟れよ。
戦争=悪だからあらゆる事情を却下して過去の日本は悪だ〜〜と叫ぶのはサヨクだけだよ。
俺は初出史料で東京裁判後パール氏が何度も論考で判決書と全く同じ論旨(日本のやむを得ない事情)を書いてるのを知ってるの。
そのうち何個か掲載したからそれ読んでおけ。
信用ならないなら図書館で見つけろ。時間がなければ国会図書館や大学図書館、都道府県立図書館、その他施設に複写郵送を申し込め。
あと、原子爆弾が出て来たこともかなり重要だぜ。
この意味わかるか?



んで手に入りにくい例は
『文芸日本』昭和二十八年三月号
は東京都目黒区駒場にある日本近代文学館にいけば手に入る。

入館料が300円だし、閲覧資格が満18歳。入れねえよww
遠くに住んでいる人は複写郵送を頼めばいいと思う。複写料金は100円と高いがね。電話で詳しく聞いて、文書で申し込みをすればいいよ。時間は結構かかるだろうけど。

89 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 06:47:53 ID:r7QM+LaU
>>88について
複写料金は一枚につき100円。
では久しぶりに前スレ857の続き将来の世界に責任持て

──外交政策とは実際には複雑多様な世界の中に生残ってゆく条件をつくり出すことでなければならないということなど今さら諸君に告げる必要もあるまい。
しかし我々は真の生残りということは今や統合された世界に生残ることを意味しているのだということを忘れてはならぬ。
私は自尊心について伝統的な観念をもつ日本は自らが決定した自身の政策を必ずもつようになると確信している。
また私は諸君らの伝統的な自尊の観念は、たとえ諸君が他国の支配下に服しているような時でさえ諸君を追随者たらしめないであろうと確信している。

【すなわちその観念は世界が諸君に反対している時でも諸君をして自分たちこそ正当であると考えさせることが出来るであろう。
諸君の原爆体験は朝鮮型のいかなる解放≠ノ対しても諸君がその仲間になることを差し控えさせるだろう。】
実際二つの世界大戦の教訓を学んだ後になってさえどの国もその戦前の考え方を固執しているということはいささか驚くべきことである。
私は日本が他のアジヤ諸国と友好関係を結び新しい世界を形成すべき勢力についての完全な認識に照らして、啓発された自己の利益に基づいて行動するようになることを期待したい。
平和のみならず正義、商業、産業、科学など全世界の平衡は威厳並びに人間という言葉の信頼如何にかかっている。この威厳は諸君らの伝統であった。
そして個人的また国家的な行動の源泉力にこの真実を生かし、そして現在被りつつある不信という致命な疾病から世界を救い出すことこそ再び諸君らの使命となるべきである。

以上

さて
日本が再軍備することに反対した博士の気持がわかるか?

日本にガンジー主義を貫けるほどの伝統の力があると期待しているからこそだ!

単に同じ穴の狢論ならこんなに期待するわけがない。

90 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 07:38:02 ID:r7QM+LaU
しかし中島のくそっタレぶりは酷すぎる。細かいことを言えばきりがないくらい。
例えば、中島本第一章p27頁で『平和の宣言』を引用してるところ。これはパール博士が日本の日露戦争勝利に「試験勉強も、そっちのけで、毎日ニュースにかじりつき」興奮し、歓喜していたという箇所。
それで第四章p203では長谷川等の会見談を引用して(前スレにも書いたが)
──この会見談を読む限り、パールが東京裁判以前から日本に対して好意的だったとは考えにくい。…このような感情は来日以降に湧いてきたものと見てよいだろう。──とぬかしやがる。
よほど日本に好意的であってもらっては困るようだな。絶対平和主義者が日露戦争勝利に喜ぶはずないもん。ましてやそれを懐かしげに回顧するはずないもん!ってな感じか。
それでいてp27でアホの中島は[パール一九五三年:二三三]とかバカなこと書いてやがる。
これは「パール博士の日本日記」ですよ。p197以後はこれですよ。正しくは[田中一九五三年:ニ三三]。
こいつの論理展開なら田中正明は信用できないから長谷川会見談が正しい。ということになるだろうが、これは恐らく無意識の悪意だww
第一章に書いてることなんてすっかり忘れてやがる。痴呆症だ。
なぜなら第一章だけ限定して、p49でもp27と同じ間違いをしているから。こいつは『平和の宣言』すらロクによんでいないし、自分の書いた本だってロクに点検していないw
おそらく第一章書いてる頃は、「パール博士の日本日記」を全部読んでなくて、パール著だとでも思い込んでいたのだろう。
p49でも[パール一九五三:二六一‐二六二]とかふざけてるからな。本来「田中」が入るところだ。
天然で無意識の悪意が作用し、詐欺を働き、痴呆症を指摘されるとは・・
さすが天然痴呆症詐欺師中島岳志!

91 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 08:14:00 ID:r7QM+LaU
>>90で指摘したことからもわかるが、中島は田中氏が書いた「パール博士の日本日記」を第一章限定で勝手にパール著にし、改竄している。
その上に、『平和の宣言』第1部が詳しいから引用しただと?
こいつの姿勢なら田中氏の編者したものは一字一句主観が入ってるんじゃないのか?
詳しかったら余計そうだろが!
第2部も初出史料読んでいないのは前スレ等で証明したからまるわかり!

田中正明氏のことを改竄野郎呼ばわりしといて、散々その人が編集したものを恣意的に都合よく引用し、なおかつ、いい加減な間違いをする。
苦し紛れが『月刊現代』に書いてた史料選定方法の言い訳にもならない言い訳。
そんなことは、先に『パール判事』に書き込んでおけ!
まあこいつが史料をロクに読んでいないことはバレバレだがな。
こいつこそが改竄野郎だよ!
結局こいつは小林さんの『戦争論』にいちゃもんつけて屁理屈こねまわすしか方法がないわけだ。
三つの引用箇所のうち他二つはOKとか意味不明なこと言って墓穴掘ってるもんな。
「平和憲法」云々についても全然小林さんの主張に答えていない。
それと、大亜細亜悲願之碑の中島が指摘したことは、その時点では出典不明でほとんど誰も知らなかったんだ。
それを見つけて小林は改竄している。のように改竄呼ばわりしている神経がヤバすぎ。
普通発掘したら今までの引用は修正されなければならない。くらいにとどめておくだろうが。
まあ何にせよ。こんな発掘に意味はないがな。
それで散々小林さんを貶しておいて、自分はもっともらしく誹謗中傷はやめてください。議論をしましょう。
と言いやがるし、危なくなったら先輩あなたの胸を貸してください。討論しましょう。と懇願する。それもクリンチのためにw

こんな天然痴呆症詐欺師と討論する価値なんて見出すことの方が難しすぎる。

92 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 08:39:30 ID:r7QM+LaU
中島の唯一の根拠
『毎日新聞大阪版』昭和二十七年10月31日
平和への軍備はない
入洛のパル博士無抵抗主義を提唱

極東裁判ではA級戦犯の全員無罪を主張、講和後は「日本無罪論」を出版した現カルカッタ大学総長R・B・パル博士は三十日午後四時二十一分京都駅着東京からつばめ≠ナ入洛、
プラットフォームで日本の理解者へ≠ニ〇川京都府知事、高山京都市長らの贈った花束を受けアリガトウ、アリガトウ≠ニえくぼをうかべながら高山市長、牧野虎次世界連邦建設同盟京都連合会長らと固く握手をかわした。
六尺豊かな紺背広姿の博士は京都駅特別式で戦犯問題について記者団に
【私は今なお巣鴨やフィリピン、濠州などに抑留されている戦犯については国際間の友好関係をよくするためにも釈放すべきだと考えているがもっと英、米初め世界各国の関心を呼びさますべき重要問題だと思う。
私が極東裁判で東京に滞在中インドにあった妻が病気になった。
しかし大切な仕事をおいて帰国してはならないと思い、二年八ヵ月東京で頑張って判決文を書き終りやっと帰国したのだが、妻は日本の戦犯のことを非常に心配しながら四ヵ月後に死んだ。】
と語り、さらに
【世界平和を成就するには一つの道しかない。それは平和的手段によることだ。軍備や戦争によって問題を解決することはできない。
原子爆弾もできた現在、戦争によって平和を得ようとすることは死のあとに平和を求めることだ。戦争あるいは戦争の準備にはどこまでも反対しなければならない。】
と結んだ。博士は同夜七時から京都新聞会館で「世界の恒久平和について」と題し別項のような講演ののち、特に日本式旅館に泊まりたいとの希望から吉田山荘に入った。
一日は午前中京都市内を見物
奈良、大阪を経て三日から広島で開かれる世界連邦建設同盟主催アジヤ会議に出席する。
続く

93 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 10:19:02 ID:kZw3D+vX
>>75

もし朝日新聞に公開討論会を持ちかけたとして
朝日新聞が
「公開討論会はクリンチみたいなものだから応じる必要はありません」
という態度をとってもそれを当然だって考えるかい?



94 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 10:24:46 ID:YOztv6gO
”戦争によって、または武装することによって平和を守る“
という虚言に決して迷ってはならない。

95 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 10:45:47 ID:nskZJEIS
中島が全然まともな返答しないから、苦しまぎれの信者の低質な釣りが続いてるな。


96 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 11:08:54 ID:r7QM+LaU
中島が対談申し込む前に『SAPIO』9月26日号
(これは9月12日発売)最後の頁の欄外で
──・・わしは徹底的にやるぞ!いいか、次は文章でやる。どこに載せるか決まってないが、決まったら知らせるから、・・・──
と言ってる。
その上で、中島が対談申し込んだ数日後発売の
『SAPIO』10月10日号
(これは9月26日発売)で、ごーまんかまして──10月発売の『正論』で、丁寧に、詳細に、正確な史料検証に基づく論文を発表する。・・・──
といっていることから史料検証するのに討論なんか必要ない。
ということが読みとれるし、これを読めばまともな神経をしていれば討論拒否の理由を察することが可能。
そもそも中島は小林さんが文章で反論する予定を完全に無視している。
人の予定は無視して、自分の都合を優先してそれを人に押しつける。
中島は自分が討論申し込んだことを読者に報告していないなどと散々小林さんをこき下ろしておいて、先輩胸を貸してください。
などと子供っぽく後輩面して、さも小林さんが、議論もできないほど根拠薄弱で逃亡しているかのように仕立て上げる印象操作をする。
が、わかる人間には、中島の詐欺は明白であり、圧倒的に中島の根拠が薄弱であることがわかる。
だからこそ苦し紛れの『月刊現代』の論文が印象操作をして逃れようとしている詐欺師の逃亡術(クリンチ)であることが見抜ける。
中島は、どちらに転んでも今回の論争をうやむやにできると考えている。
だが、中島は甘すぎる。
小林さんの側にも考えがあることを見逃している。
もし、このまま拒否したとしても、はっきり言って今までの小林さんの言動からいくらでも言える。

たとえ討論をしたとして、印象操作に成功しても後から徹底的に検証することを止めはしないのは確実だ。

小林さんがこの程度のことでビビるとでも思っているのだろうか?
中島は墓穴掘りの天才だな。

97 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 11:48:27 ID:n6hLhlMR
その他に欄外だったかわすれたが
「一番効果的な方法でやるだけだ」と言ってるから
中島の主張の方もきちんと見ている(ひとまず公平な)読者にとっては
小林が対談やらないことは宣言済みなんだけどね

98 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 12:17:43 ID:nskZJEIS
>>90
中島の本読んだとき、「パールが東京裁判以前から日本に対して好意的だったとは考えにくい。」の部分、
何か嫌らしい書き方するな〜と違和感があったが、
言われてみれば確かに、第一章に日露戦争で日本の勝利に喜んだって書いてあったな。
中島は二重人格か?痴呆症か?自分で書いたことも忘れてやがる。

中島は、戦前・戦中の日本と、戦後のアメリカから民主主義と平和憲法を貰った日本を切り離し、
前者を貶め、後者を保守したいのだろう。そのために、パールも後者の日本だけを愛していた、と無理やり結論付けた。

でもパールは中島みたいに浅い人間じゃない。前者の日本も後者の日本も、冷静に評価し、
批判する部分は批判し、そしてどちらの日本も愛した。

中島は本当にクソ野郎だ。まさにペテン師だね。


99 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 12:17:44 ID:bbOle3E4
敢えて中島さんの立場に立ってみると…。
まだまだ若手であり熱心な読者も多くない氏が反論を書いても、
それが長文で本格的であればあるほど、
それを確実に載せてくれる媒体がない。
対するに小林は『正論』『SAPIO』に『わしズム』と、
いつでも使える媒体がいくつもあるので、
まともに文章で論争しては物量的にかなわない。
だから、一発勝負の公開討論会をやることで一気に決着を図ろうとした…。
こういうことであるならば、少しは理解できるかもしれない。

学者同士の論争ならばその業界の学術誌でやりあえばいいけど、
小林・中島が商業誌でやり合ったら、確保できる誌面の文字数が違う。
それなら討論会のほうが公平だ…。
こういう考え方は、一応、成り立つかなと。

100 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 12:44:37 ID:nskZJEIS
中島はなぜ「月刊現代で対談しよう」と書いたのか?
恐らく月刊現代には反小林の編集者がいるんじゃないか?
斉藤貴男との対談のときに、恣意的な編集をして小林を激怒させたのも月刊現代だ。
今回も月刊現代のほうから中島に対談の場を提供することを持ちかけたと予想する。
表紙に「小林よしのりへの挑戦状」と書いて小林を挑発してるのをみても、何か悪意を感じる。



101 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 12:49:17 ID:n6hLhlMR
姑息なのがデフォルトですから

102 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 13:06:37 ID:Q6BwvKaj
>>93
例えば朝日新聞に、史料検証で批判された時に、
その記者に「対談してくれ」って言ってどうするんだ?
普通は対談は、相手の人となりを聞くとか、そういう時にする物だろう。

史料検証などの場合、時間をかけて解釈して、文章にするのが当然だ。
直接対話だと、どうしても誤りが出る。
それなのに、なぜか対談ばかりを申し込む中島は、
クリンチと言うしかないね。

中島は小林を釣って売名したかったんだろう。

103 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 13:12:05 ID:Q6BwvKaj
>>100
ま、この件は確実に、議論の余地無く中島が間違ってるし
小林が責められる要素って一つもないよ。
あると思っているのは、ろくに今までの経緯を見ていない子供なのだろう。

上に「意義あり!」って番組で西部さんが退席した動画があるけど、
実際これは、宮台+佐高らによるハンディキャップマッチな上、
見てみたら、議論で決着してないな。西部さんが怒って退席するのは当たり前。

小林も過去、この番組で慰安婦問題に関して、1対5(プロ市民4+佐高)の論争をやっている。
「こういう絵」を取って勝った負けたと騒ぎ、
本来の論点を無視する状態に陥ることが問題なんだろう。

中島は「熱狂を禁じる」と言うなら、現代の時点で小林に「力を貸せ」とか言うなや。
おまえが感情論で熱狂してるやないか、と。

104 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 13:18:20 ID:Q6BwvKaj
>>99
ただ、全く関係ない雑誌だよなぁ「現代」って。
SAPIO・正論・諸君は、ある程度の読者の重複が見られるけど、
現代はけっこう色が違う。

もし中島が文芸春秋に書き込める権威があれば、
論文を春秋に書き込んでたんじゃないの。
論争の経緯を詳しく知らない人向けに、被害者ぶったとしか思えない。
マトモじゃないよ。

105 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 13:20:04 ID:lYzwVB29
パールを2刷で訂正するにしても、これは論旨としての骨格がボロボロになるから、
絶版しかないだろ。
これ。
そもそも出版するのが間違い。

106 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 13:21:27 ID:lYzwVB29
>>104
「保守問答」講談社だから、販促のページは用意してあったんじゃないか。


107 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 13:24:13 ID:Q6BwvKaj
>>105
妹尾河童の「少年H」のように、大量に修正した結果
デタラメ文章になって、そのまま再販した例もあるからなーw

>>106
なるほど、今回の騒動を販促に使えれば・・・ぐらいの
感じだったのかもな、講談社としては。

小林も、論文ではその対談の影響を指摘し、マンガでは販促にならないよう
全く触れず。鬼だなw

108 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 13:47:58 ID:Q6BwvKaj
一見関係がなさそうな、オウム事件のヤバい弁護士、
横山弁護士VS小林よしのり その4
http://jp.youtube.com/watch?v=N54ud_EOr44&feature=related
小林の登場は終盤。

序盤、プロの意見に対し「私は間違っていると、断言します」などと、
理屈も無視で言いまくる横山弁護士。
こんなんでもある程度やれてしまうのが対談なんだよな。

109 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 13:55:08 ID:9pusUSr7
>>93
紙面できちんと反論してるなら「公開討論をやらなかったから朝日新聞は
逃げた!」なんて誰も思わないと思うけど。朝日って出せば中島の姑息さを
ごまかせるとでも思ってるの?

>>99
あんだけ持ち上げられてたんだから中島が書かせてくれって言ったのなら
書けるメディアがないって事はないだろう。
それに最悪中島の大好きなブログで反論できるわな。

110 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 14:04:34 ID:lYzwVB29
相変わらず、中島ブログつながんないな。

111 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 14:09:47 ID:Q6BwvKaj
つか、それこそSAPIOに「反論」を書くって事ならOKされたと思うけど。
対談とか言うから意味不明になったんじゃね。

使えるページが少ないのはそれまでの仕事の違いなんだから、
それで討論だ公平だなんてのは「悪平等」だよ。

112 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 14:48:12 ID:qqlxC0jK
いとうせいこうのブログより。

対論といえば、『月刊現代』今号で中島(岳志)さんが小林よしのり氏に直接対話を呼びかけていて、
編集部がつけたタイトルこそ「小林よしのり氏にガチンコ討論を申し込む」と多少扇情的だが、
読んでみると内容は実に冷静で論旨明快であった。
是非、この対論を実現してもらいたい。読みたい。

113 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 14:59:35 ID:NOonM5o6
いとうせいこうって馬鹿なの?
現代読んだけどさ、「より詳しい内容は本書から引用した」なんていってて
その後に田中批判してた文章を論旨明快なんてとても思えなかったんだが。
あと平和憲法か平和主義かの訳出のところも毎日新聞の記事しか根拠がなかったし
あれでパールが平和憲法からガンジー主義を見出したなんてよく言えると思ったよ。

114 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 14:59:52 ID:lYzwVB29
221 名前: 名無しかましてよかですか? [sage] 投稿日: 2007/12/29(土) 01:58:43 ID:ePSRfdyy
>>217
フィールドの「現場」で相手を丸め込むタイプなんだよ。
典型的な詐欺師に多いタイプ。
表面上は絶対に悪人に見えない。人当たりもいい。オヤジ殺しと言ってもいい。

このオバハンなんてころっといってる。
http://pub.ne.jp/okiraku_obasan/?entry_id=1091190
2007.12.13 危うし!中島くん

いとうせいこうも、初対面でころり。
http://ameblo.jp/seikoito/entry-10045315322.html

だからさ、名うてのフィールドワーカーたる自分の資質を十分心得ての、対談要請なんだよ。


115 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 16:02:09 ID:YOztv6gO
結局パール判事読んだのは2、3人か

116 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 16:53:30 ID:gfrYbbto
クリンチクリンチって言ってるやつは人と議論したことないのか。
文章だけの応酬だったら、相手の認識や主張を誤解したり曲解したり
恣意的に切り取ることができるわけだ。
で、相手が特に主張していないことに見当外れの攻撃をしたりする。
文字だけの情報だと自分に都合よく相手の主張を歪曲できる。よくあるパターン。
対面の議論だったら、相手が誤解(曲解)していると思ったらその場ですぐ
訂正できるし、自分と相手の違いがどこにあるのかより明確になる。
てかこの程度のこと、メールするのと実際に会って話すことの違いを考えればわかるわけだが。

これは小林に限ったことじゃないが、特に小林は相手の主張を意図的に
誤解してエキセントリックに罵声を浴びせたり、「ウスラ左翼」「詐欺師」とか
レッテル貼るのが好きだから。
たぶん叩かれた西部にしても「ええーっ!そんなこと言ってないのに」って感じだと思う。
まあ、誤解(曲解)したまま相手を罵倒しつづける方が楽しい、という信者が多そうだけどなw


117 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 16:56:50 ID:NOonM5o6
それは文章を読む力のないやつが言いそうなことだね。
文章は活字として残るからきちんと批判すれば言いだけだよ。

118 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 17:01:58 ID:lYzwVB29
>>116
そういう一般論じゃなくて、ちゃんと、資料や論文引用して、書いてくれよ。どこがどうおかしいのか。

正々堂々とやってるのは小林のほうで、まともな反論もしないで邪道に走ってるのが、詐欺師中島じゃないか。

119 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 17:07:00 ID:lYzwVB29
サヨクというのは現実無視、資料無視、挙句の果てに、資料改竄、そしてとうとう、討論しましょw
一般論はいいからさ、資料に基づけよ。どこがどうおかしいのか。
お前の書いてるのは、印象操作の最たるもので、ああ、サヨクのお得意の戦法がここでもまたって感じだ。
でもな、もう、そういうのでごまかされやしないんだよ。誰も。w

120 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 17:11:45 ID:lYzwVB29
嘘やデマゴギーを撒き散らす詐欺師中島に対して、ここの数人がやってるのは、
いかに中島が、現実のパールの文章を、いいように勝手にねじまげて解釈してるか、ってことを証明してるんだ。
お前は、その、どうでもいいようなことをぬかす前に、この資料によると、中島の言うとおりだ、とでも証明してみせろよ。
それができないから、そんな、印象操作で煙に巻くようなことしかできんのだろう。
根性が悪いというか、性根が卑しいというか、
サヨクというのはほとほと精神障害だと思うよ。

121 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 17:25:18 ID:DmQL4syr
どれだけデタラメを言っても
それを指摘されて負けが明らかになっても
相手を罵倒できるサヨクってすごいなー

122 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 17:35:06 ID:lYzwVB29
資料を読み込みもせず、資料を土台にせず、
己の虫のいいイデオロギーに歪んだ曇った頭で、コンテキスト無視で資料をつまみ食いし、
「ほぉらこの通り、パールというのはこんな人なんですよ。」とやるのは、パールの人格を最も貶めてる行為だろうが。

中島は、ほんとは、パールなんぞどうでもいいに違いない。そういう手法だろ。
詐欺ができるとなりゃ、口八丁手八丁どんなものでも利用しまっせ。
結局、中島も、お前と、同じで、性根が卑しいんだよ。
そして、それを見抜く人間がちゃんといるんだよ。

123 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 17:35:56 ID:nskZJEIS
これには驚いた。いくら何でもこんな暴論が出てくるとは夢にも思わなかった。
言論人に対して「文章は歪曲可能だから、文章ではなく対面で議論しろ」
などと非難した人は日本で、いやおそらく世界でも、>>116が初めてだろう。
言論人が文章を書くことを批判するのだから、この人はそのうち消防士が
火事を消したのを批判し始めるかもしれない。

124 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 17:55:32 ID:uj6iRe2v
>>116
流石にそれはないわ。中島擁護のつもりだろうけど
それでは火に油を注いだだけだわな

・・・というか詐欺と謳われるまでの掻い摘み(ぶっちゃけ恣意的な解釈、捏造)をやらかした中島は自覚あるのかな?

125 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 17:58:25 ID:lYzwVB29
>>124
「現代2月号」じゃ、『「改竄」はやってないぞ。パールの文章を変更してないから』ととんでもないことをぬかしてたな。
改竄いうのは悪用するために文書などの字句を勝手に直すことで、俺は、「直して」ないぞ、って。

プッw

126 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 19:02:08 ID:wv+aoe8E
>>116
いくらなんでもこれは・・・・擁護としても役立たずだ。


127 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 19:41:04 ID:qqlxC0jK
116

ここにも、時にはまともな人間が来るんだね。

対談も論文も両方やればいいだけのこと。
小林信者は、小林が中島に対談でやり込められることが
コワくて仕方がないんだろう。

嫉妬+へたれ=小林信者

128 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 19:48:07 ID:Kpzm5Auy
明らかに、紙上じゃ敵わないから対談に逃げようとしてるのが
あからさまだよね、だったらここまで追い詰められる前に対談
もちかければいいのにね。

129 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 20:12:06 ID:lYzwVB29
>>128
いや、まず「パール」出す前に、小林と対談だろ。それで、OKw

130 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 20:17:37 ID:lYzwVB29
詐欺師としては、「手順」を間違えたんだよ。ま、致命的な間違いなんだけどw

131 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 20:28:17 ID:lYzwVB29
要するに、いずれにしても、脳みそが足りなかったってことだ。w

132 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 20:37:02 ID:x8ZhjX17
文章で残すのは大切だなって、本当に思う。
中島がどのように歪曲しているかってのが、ちゃんと記録に残るからな。
これが対談だと、残りにくい。

でもさあ、例えば、http://pub.ne.jp/okiraku_obasan/?entry_id=1091190
のようなものを読むと、ガクガクとヒザが崩れる感じするよな。どうしたらいいんだろうね?


133 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 21:45:59 ID:YOztv6gO
マッカーサー宛ての手紙を自筆で書き、
田中宛ての手紙はタイプで済ませる変わり者パール

134 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 22:17:12 ID:Q6BwvKaj
>>127
まぁ、万が一将来「互いの考え方を聞きたい」って事があれば、
対談をするのも良いと思うよ。

ただ今回は、資料検証の問題なんだから、それとリンクさせるのは間違いだよね、って話。
「考え方は人それぞれ、対話すれば分かる」ってレベルの話じゃないから。

135 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 22:21:59 ID:GgGcTC2o
ただ、西部さんとは対談してもいいんじゃね?
論文の応酬にいちいちひとつきずつ待つのは大変だからw
まあ今回西部さんが反論するかわからんけど。

136 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 22:25:13 ID:Q6BwvKaj
>>116
まったくダメな擁護だねぇ。他の人にも言われてるけど、全く頭が悪いし、
論点もろくに理解していない。

>文章だけの応酬だったら、相手の認識や主張を誤解したり曲解したり
>恣意的に切り取ることができるわけだ。

これは何?資料を前提に、文章の検証を経てから世に送り出す方が
誤謬の可能性が減るのは自明だろう。
その場限りの対談では、まず前提認識から不正確になりやすい。

無論、互いの「考え」を聞くなら対談も結構だろう。
しかし、今回それは明らかに不適当だな。
(文章なら、一部分を切り取って曲解できるとアンタは言うが、
 対談の方が、より部分的に切り取ってその場を取り繕える。)

小林が指摘したのは、まず「思想」以前の「資料検証」のレベルだぞ?
「曲解」するには共通前提に立っていないとならないが、
それ以前の問題。分かる?

メールと対話を比べるのも不適当な例え。
まず「パールを曲解したのはどちらか?」から議論が始まっている事すら
キミはろくに調べていないが、客観的に見て、明らかに小林に筋が通っている。

「叩かれた西部も、そんな事は言ってないと思ってる」とか言ってるとか、バカげている。
ある資料を前提として、「考え方」が違うのは当然だろうが、
その前提を西部さんは今回、満たしていなかった。それだけのことだぞ?
不正確な前提に立っていた側が批判されるのは当然の事だ。
キミみたいな、似非知識人の愚民は、
「小林なら間違っている」と捉える方が、自分が賢いつもりになれて幸せなのだろう。
ろくに確認もせず、浅薄な妄想を書いて良い気になっているんだからな。

137 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 22:43:16 ID:YOztv6gO
そういや碑文の解釈の件でサピオ読んで
中島説はインド人限定とか言ってたバカいたな

138 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 22:44:55 ID:Q6BwvKaj
結局>>116みたいなのは、論理が韓国中国あたりの反日と一緒なんだよね。
まず前提が壊れているのに、その場のムードでムーブする
テリービーリー(まぁ西部さん風に)。

事実を指摘されたら感情論と、似非ポストモダン的な「価値相対主義」
「解釈は人それぞれ」を持ち出して誤魔化すのは良くある手だが、
それは資料検証という前提がマトモな相手同士のお話だ。
前提条件も整わないのに何を話すんだ?

で今回、エキセントリックに罵声を浴びせ、
ついにその点について謝ってしまったのは中島じゃん。

>まあ、誤解(曲解)したまま相手を罵倒しつづける方が楽しい、という信者が多そうだけどなw

まぁお前のように、「曲げて解釈する」以前に、何が問題かすら「理解」せず、
「小林だから悪い事をしているのだろう」という偏見のみで、
よく平気で話題に入れるよな?
しかも、自分にそれなりに自信があるようだが、お前に自信を持つ資格は無いよ。
これほど、とてつもない知的不誠実を晒しているのだから

どうせ小林も中島も西部も牛村も一つとして読んでいないのだろう。
全てが妄想で、これ以上否定しても何も建設的な事は無い。

139 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 22:51:08 ID:Q6BwvKaj
ま、こういう印象操作が通用しないように
資料検証を前提として、繰り返し浄書した文章で議論をするのが
ある本の記述の正確性を問う際には効果的であり、
誤謬が起きにくい手段なわけだ。

>>137
あぁ、中島が言うには、アレは「パールは同胞の追悼こそ考えていて」
大東亜戦争の肯定はしていないって論旨だろ?それブログにもあったな。

どう考えても小林の言う通り「大東亜戦争も含む」だけど。

140 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 22:53:42 ID:Q6BwvKaj
>>135
対談相手を決めるのは小林だから、好きにすれば良いと思うが、
「対談相手を決めるのは小林」とすれば、
中島の要求とか、「対談を断られたから小林は逃げた」ってのは明らかにおかしいってことよ。

141 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:02:28 ID:qqlxC0jK
対談したら、
非武装中立、再軍備反対、南京虐殺=「鬼畜のような行為」、
日本人も選民的な人種差別主義者だった、満州事変=非難すべきもの、・・・
なんかを中島に問い詰められるからな。

この前の「ゴー宣」では、前言を明らかに覆して、
判決書では大東亜戦争肯定論の主張は書かれていないって書いてるし、
もう議論の一貫性がむちゃくちゃになってしまっている。
この辺を中島に突かれると、こまるもんな。

よって、虚勢を張って対談を拒否するしかないだろう。


142 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:03:54 ID:YOztv6gO
>どう考えても小林の言う通り「大東亜戦争も含む」だけど。

中島は大東亜戦争を含まないなんて書いてないぞ
結局誤解してんじゃねーか

143 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:15:54 ID:qqlxC0jK
「われわれは冷静に反省してみて、たしかに日本には侵略戦争の意図も実践もあつたと思う」

1952年の『日本無罪論−真理の裁き』での田中正明の記述。

144 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:21:28 ID:qqlxC0jK
「パール判事は、半世紀おくれて日本が頭をもちあげた時には、
司法先進国の旗にかこまれていたと述べ、
日本は先進国の模倣をするのに半世紀後れた。
そのために、アジアからも歓迎されず、
また先進国からも叩かれたのである。
という意味のことを論じている」

1952年の『日本無罪論−真理の裁き』での田中正明の記述。


145 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:21:41 ID:Q6BwvKaj
>>141
>この前の「ゴー宣」では、前言を明らかに覆して、
>判決書では大東亜戦争肯定論の主張は書かれていないって書いてるし、

最初から小林の主張はそうだが?
東京裁判の無効性のためパール判事を採用した、という点に関して、
中島は、食い下がる一箇所以外の他の二箇所について
そう認めてしまっていて、しかも「小林の大東亜戦争肯定論」には同意できるという
認識を明らかにしている。

>>142
「同胞の追悼にこそあったのだ」というのは、
「大東亜戦争」への顕彰の意味を相対化していると読むしか出来ない。

そもそも初期の中島ブログのコメント見たことあるが、
「大東亜戦争によりアジアが解放されたわけではない、
 インドの独立運動を軽視している」という主張をしていたぞ。

146 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:27:31 ID:Q6BwvKaj
そもそもパール判決を、「東京裁判の無効性」を示す意味で利用するのは、
パール当人の思想に関係なく、適用可能。
個々の裁判官の思想と、法的判断、判決は別物だし、別物であるべきだ。

「パール判決」の紹介ならば、「通例の戦争犯罪」とされる南京事件やバターン死の行進について、
パールがどう見たかを描く必要はあろうが、
その後の小林の著作で、既にそれは書いてあることだ。

「大東亜戦争」全体を描くのなら、最新資料を無視して
そうした部分まで、パール判決に依存する必要は無い。

だからパール判決を、東京裁判の無効性を否定する意味で使われるのを
否定するなら、これは「パールの無罪論」を否定しなければならない。
昔の左翼にはそうした主張があったが、
少なくともその方が中島よりは一貫した態度であろう。

147 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:32:56 ID:Q6BwvKaj
>>144
司法先進国って何だ。お前が見ているサイトの引用が恣意的なんだろう。

148 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:36:09 ID:Q6BwvKaj
そもそも「大東亜戦争肯定論」というのは何か。
林房雄の「大東亜戦争肯定論」という本が、その基礎であろうが、

この本は「大東亜戦争は全て正しい戦争であった」という意味での
肯定論は描かれていないし、パールに関する記述にも、殆ど依存していない。
中島が使う「大東亜戦争肯定論」という言葉の意味も不明なんだよな

149 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:44:57 ID:Q6BwvKaj
つかねぇ。
南京事件などに関しては、現在の資料研究で対応すべきであるし、
>日本人も選民的な人種差別主義者だった
「西洋人と同じように、日本人もまた多くは「選民の神」の崇拝者で」
の箇所は、それまでの西洋人への非難と、
日本をそこに追い込んだことへの記述であり、結論としては
「しかし日本の指導者らが、ここで問題となっている方策を案出したときは、
 自称はまったく異なっていたのである。日本の指導者らが、
 これが日本民族保護のため必要な手段であると考えたのであったならば、
 本官はかれらの「善意」を疑う理由を、なに一つ見出すことができない。」
となっている。ま、そういうこと。

>満州事変=非難すべきもの
そうした政策に至らせたのが、日本の平和的政策に
何ら同情を見出さなかった「世界」の問題であるという記述が優先される。

こんなの今さら問い詰めてもムダだよ。部分的な言葉を切り取って
サヨク論に結びつけるのは卑怯すぎる。

150 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:49:14 ID:Q6BwvKaj
ま、対談になればワンフレーズで誤魔化して
押し切るような手段はどんどん使われるだろう。
で、ろくに資料を読み込んでもいない、不勉強な側が面白がるだけだ。

西部さんは「ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)」という考え方を、
伝統と歴史の無いアメリカが頼るべき思想であり、
歴史ある日本がマネをすべきでないと「国民の道徳」で主張していた。

サヨクの無理やりな小林否定、大東亜戦争否定などは、
まさに「ポリティカル・コレクトネス」に従った物に過ぎず、
つまり歴史無視の反保守的、反歴史的な人間の考え方って事だな。

151 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:51:25 ID:nskZJEIS
>>148
そう、小谷野が指摘しているように、中島本では「大東亜戦争肯定論」を定義してないし、
批判の対象として名前をあげたのは小林よしのりだけなんだよ。
それなのに中島は、「小林の大東亜戦争肯定論は、他の論者と違って、同意出来る」って現代に書いた。
何なんだこいつは?じゃあなぜ小林だけを批判した?
お前の同意できない「大東亜戦争肯定論者」は誰だ?
中島クンは迷走しすぎ。対談でクリンチとか以前に、もう誰かタオルを投げてやるべきだ。

152 :名無しかましてよかですか?:2008/01/12(土) 23:52:28 ID:Q6BwvKaj
というか、牛村も西部も、正論2月号では東谷も
小林の側に分があるのを認めている。

この状態で中島に「知と権威」なんか感じてる奴は、
外でたら旧時代的なマルクスボーイぐらいみっともないぜ。

153 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:02:08 ID:54pHqBxk
信者にまで、対談やったら中島に丸め込まれるって思われてる小林って。w


154 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:12:22 ID:54pHqBxk
つーかさ、
大東亜戦争を肯定してるっぽいこと言ってみたり、批判してみたり、
再軍備するなって日本に声高に言ってみたり、
パールの言論が矛盾だらけなのが、そもそもの問題だろ。
サヨクのパールが、
反米・反ヨーロッパを強調するところは「日本の恩人」に読め、
サヨクの地金が出ているところは、非武装とか世界連邦とか
バカまるだしの妄言を叫んでるっていうことが、根本の問題だろ。

どっちを強調するかで、論調が変わるってのが
小林・中島論争の本質なんだよ。


155 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:14:12 ID:84FgqIVV
ご迷惑をおかけしています 先日の不正アクセス障害からの復旧作業を進めているため、
1/6〜12まで動作・表示が不安定になります。ご了承ください。
http://www.indo.to/

1月13日になったが、中島ブログは元通り、復旧するのかねw
詐欺師遁走ってのは、やっぱり、その通りだったのかね。

156 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:14:45 ID:ixzTOAza
>>151
そうそう、それこそ中島の言う「大東亜戦争肯定論」は、
小林の「戦争論」のことなのか?って言いたくなるぐらい杜撰だよな。

そもそも「戦争論」3作と「いわゆるA級戦犯」の参考文献に、
林房雄の「大東亜戦争肯定論」は無いんだよね。
(勿論、小林は林房雄の「大東亜戦争肯定論」を知っているが。)

だったら、小林のソレを認めるってことは、
中島は「大東亜戦争を肯定する」と言っているのに等しいんじゃないか?
と思ってしまう。
「全面肯定論はダメだ!」とかも、「大東亜戦争肯定論」の
何を全面肯定すると言っているのか・・・
ますます意味が混迷してくる。

確かに、もうこれ以上小林のパンチを浴びていると、
中島は、自分の名前も思い出せないドランカーになりそうだな。

>>153
もうちょっと楽しめる煽りを頼む。

157 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:14:50 ID:84FgqIVV
>>154
お前、馬鹿すぎ。

158 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:17:03 ID:84FgqIVV
>>154
お前、もともと、この議論に加わるような、デリケートな頭も複雑な思考力も持ってないよ。身の程知っておとなしくしてろ。

159 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:18:08 ID:84FgqIVV
結局、お前のようなのを「国語力がない」って言うんだよw

160 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:21:26 ID:Hv1bxBo6
>>154
全くその通り
対処法としては、
A、裁判期、
B、裁判後の2度目の来日
C、53年インド法哲学、晩年文明論
てな感じで思考の変遷と捉えるべきだろうな
国連批判して世界連邦は無謀とか言ってるあたりは目も当てれん
カントでも読んどけと

161 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:22:23 ID:ixzTOAza
>>154
ヘレン・ミアーズの「アメリカの鏡・日本」を引用しよう。抄訳版97P。
GHQ側の憲法九条に関する認識だ。

>マッカーサー将軍は、日本軍の完全武装解除を宣言するとともに、
>日本帝国の臨終を宣言するのだ。
>「日本人には、海軍、空軍を問わず、軍事的なもののすべてが禁じられる。
> これによって、日本の軍事的能力、国際問題に対する軍事的影響力は消滅する。
> 日本は大きかろうが小さかろうが、もはや国家とはみなされない」

連合国側の、憲法九条制定の真意は、明らかにここにある。
しかし植民地時代、抵抗不能であったインドにおいて、
「非暴力・不服従」という、抵抗手段をとったのがガンジーだったわけだ。

そこでパールは、九条の意味まで理解していて「武器を持っても無類に勇敢だった」日本に、
「究極にして唯一の抵抗手段」として、ガンジー主義を訴えた、とは考えられないか?
確かに「死を恐れない姿勢」があれば、九条ある中でも「服従しないこと」は可能。

極めて非現実的な主張ではあるし、実際にインドを独立させた功労者は
ガンジーではないと思う。しかし、パールの考える「平和」には、
それぐらいの覚悟がいるんじゃないのか、と。
「世界連邦」に関しても、「国連の遥かにマシな奴」みたいな考え方だろ。

162 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:28:48 ID:Hv1bxBo6
そのマッカーサー宛てにパールが自筆の手紙書いてるのは何なんだ?
田中宛てはタイプ

163 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:30:06 ID:ixzTOAza
で中島は「対米追従しないため、(アメリカに守ってもらいながら)
九条を維持するべきだ」と、反米左翼の主張をしているが、
この男は、パールと言う人物を書いたことで、何を学んだのだろうか?

こんな認識なら、普通に「再軍備する」と言って良いというのがパールの思想だぞ。
いやむしろその方が「怯儒より暴力を選ぶ」思想からすれば
遥かにマシな発想となるでしょ。

この点に関しても、「国民が覚悟を決めたのなら、ガンジー主義を選んでもいい!」と
言ってしまう小林の方が、遥かに理解しているな。

164 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:32:39 ID:ixzTOAza
>>162
それが何の関係があるんだ?
日本とドイツの非武装化は、マッカーサー個人の政策ではなく、
戦中のカサブランカ会談で、ルーズベルトやチャーチルが参加している中で
決められた方針だ。

直筆だから何なんだ?普通に上司だからでしょ。
そもそもマッカーサーは東京裁判に否定的で、
後には「あれは失敗だった」とトルーマンに言ってるが。

165 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:33:02 ID:54pHqBxk
パールの主張を、一貫した思想に基づいたものとする前提を疑う必要がある。
批判する対象の設定によって、パールの議論はゆれる。
ナショナリズムの強調と世界連邦の主張は、やはり最終的には矛盾する。
この論争は、間違いなくパール思想のゆらぎの指摘へと向かう。


166 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:38:05 ID:ixzTOAza
>>165
それは間違っている。
パールの思想は、非常に思想的に一貫した流れを持っている。
最後の来日では、「世界連邦」に対して諦観を持っているが、
かつての思想を否定するにしても、段階を踏んでいて、支離滅裂な流れは無い。

そもそも世界連邦とは、各国家に国際法の制約を負わせようという思想で、
本来の国際法の精神から行けば、当然そこに行き着く。

そして、その前提には各国のナショナリズムは普通に必要となる。
地球市民信者の間違いは、国民国家を否定した上で地球市民を作ろうとしている点で、
これが間違っているのは、地域を基盤として国民国家が成り立っている事でも明らかだ。

167 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:39:07 ID:3z7uYbra
>>165
最終的には矛盾するって、お前「平和の宣言」読んだの?


168 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:40:47 ID:ixzTOAza
そもそも国際法とは、「各国家」を主体として扱う唯一の法だ。
国内でも法治主義により、各人の「自然権」に制約は生まれるだろうが、
それが個人の否定にならないのと一緒だ。

ただし、未だに国際法は、各国のパワーポリティクスに基づいた
自由な振る舞いを、(不十分に)制約する物で、
国際法を適用する主体は(戦勝国連合に過ぎない)国連にある、
というわけだ。そうした状況から行けば、国際法の強化と
法的抑止力を思考するのは、さほど不思議ではない

169 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:43:01 ID:iNEp6TOV
>>97
そうですね。
>>96に加えるとかなりはっきりと対談拒否の理由がわかりますね。
『SAPIO』10月11日号
(9月26日発売)
ごーまんかます前の頁61頁欄外に──中島と議論すべきことは「どっちが曲解してるのか?」それだけだ。
小林よしのりが曲解してると主張する本を出された以上、真偽をはっきりさせねばならない。そのために最も効果のある手段を採るだけだ。──
これが中島に対する返答そのもの。

170 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:43:24 ID:54pHqBxk
パールは「スーパー・ステイト」が必要だと主張している。
これは明らかに現状の国民国家を超えた政治共同体だ。
だから、国連や国際法の現状に批判的だったんだろう。



171 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:44:39 ID:Hv1bxBo6
バングラデシュ生まれで分離独立じゃ正面きってナショナリズム語れんわな
尊敬するガンジーは印パ紛争に反対して暗殺される
東京裁判に便乗して西洋批判で精一杯

172 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:50:16 ID:ixzTOAza
>>170
当然のことだ。
通常の国家においては、国家が暴力装置を握り、
それにより、違法者を捕らえ、刑罰を下す権利を持っている。

しかし国際社会とは、そもそも暴力装置を持って、
各国に公平な、法治を行なう存在がいない。
だから戦勝国連合が、国際法を平気で曲げた裁判を行ない、
違法ともならないわけだ。

この現状を、実際に体感したパールがどう考えるかなど自明で、
明確な法的抑止力を発揮する裏付けを持った存在を必要と考えたのだろう。

パールは52年から、実際に国連で活動しているからな。
この試みを実現しようとしたのだろうが、
国連の現実から、そこには至らなかったのだろう。
しかし思想的には、ナショナリズムを否定する思想という物ではない。

173 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 00:57:39 ID:Hv1bxBo6
>>172
その世界連邦による法治の実効性を担保するのは何?

174 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:01:48 ID:ixzTOAza
>>171
インド独立の力となるため、判事の道を選んでナショナリズムがないか。
急に珍説を主張する人間が増えてきたな・・・

こういうバカげた「ナショナリズムだけは良くないんだ!」的な
主張もやはり妄想に過ぎず、何の先進性も無い。

>>173
自分で考えれば分かるだけの材料は提供したぞ?まーいいが。

国際法の進歩と、それを担保する「上等な国連」による暴力装置だろう、
国家を国際法により、ある程度の制約をするという思想だからな。

現代だって、それこそホッブズ的な世界観が実際にはまかり通るのだから
法治主義に価値を見出す人間が、そう考えるのは自然のことだ。

ただし、国連軍の実態は知ってのとおり、各国の実力がそのまま現れ、
戦勝国にはみな拒否権がある。
この現実には、パールでも対抗できなかったというのが実際の所だろう。

175 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:05:04 ID:ixzTOAza
だから思想に変遷があるとすれば52年、国連に入る前と、
国連で活動をして、それでも世界の戦争を抑止できない現実などを
実感した後は、今後のポイントとして考えられるんじゃないか?

国際社会の過酷な現実と戦っていたパールの姿というのは、
実際の所、さほど伝わっていないので興味深いが。

176 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:06:48 ID:Hv1bxBo6
>>174
その世界連邦下の国家は、基本的権限を失ってるからもはや国家じゃねぇよ
まさに左翼の妄想だ


177 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:12:56 ID:ixzTOAza
>>174
それが妄想なら、そもそも国民国家の法治主義など成り立っていないぞ。
フランス革命に立ち返り、国民国家も左翼と言うならしょうがないし、
西部さんならそう捉える可能性はあるだろうがな。

しかし「もはや国家じゃない」などと言う意味も不明だ。
不完全とは言え、国際法という物が存在し、今も発展中なのは事実だろう。
保守主義でも、漸進は認めている。守旧主義とは違うんだよ。

178 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:17:26 ID:54pHqBxk
「インド独立の力となるため、判事の道を選ん」だかどうかは、
パール自身が就任理由を語っていないから、真相はわからない。

「日本は戦争という手段を選んだことが問題」っていう主張が、
パールによって繰り返しされているのは事実だ。
しかし、一方で大東亜戦争=アジア解放戦争という発言をしているとしたら
ここにはやはり根本的な矛盾がある。


179 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:23:16 ID:ixzTOAza
少なくとも国家の行動に関しては、未だに法の抑止力という物は
極めて不完全だ。いわゆるネオコンが言う通り、
ホッブズ的な「万人の万人による闘争」の世界観で成り立っているし、
軍事力の多寡で全てが決定される。

そうした原始的な世界観を進歩させるために、
国際法の強化に乗り出すという思想は、はっきり言って論理的なものだ。

「国という集まり」や「民族」を保守する必要はあれど、
「国民国家」の権限を何から何まで保守するのは違うよ。

>>178
「分からない」じゃなくって、分かるよ。
パールが数学教師の道を捨てて判事になった理由は
自らの母親にそれを願われたから。

>「日本は戦争という手段を選んだことが問題」っていう主張が、

>大東亜戦争=アジア解放戦争という発言をしているとしたら
は、普通に矛盾ではない。
「アジア解放という崇高な志」があった大東亜戦争を、
必ずしも侵略とは思っていない。しかし戦争と言う手段を
「欧米に選ばされた」事や、戦争行為そのものを
肯定しているわけではない、ってとこだろ。
0と1を複数配置するだけの思考では、「その中間」は理解できないよ。

180 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:23:47 ID:Hv1bxBo6
>>177
国家と世界連邦比較すんなよ
それこそナショナリズムの欠如
国家はナショナリズムの正統な実現形式


上位の機関による法治は自決権の喪失を意味するな
上位の武力による強制は自衛権の喪失だな
もはや主権国家ではない
主権国家間の連合と規範形成による漸進的軍縮を志向するカントのほうが現実的

181 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:35:22 ID:ixzTOAza
>>180
フランス革命以前「近代国民国家」という形態は存在しない。
そして、フランス革命の姿勢に警鐘を鳴らしたのが保守主義の始まりだな。

当然ながら、国民国家の形成によって、地域自決権は制約された。
日本でも明治維新によって「廃藩置県」されたが、
これは実際には、藩という、ある種の独立国家のような存在が、
「地域」となり権限が損なわれた部分はある。国民国家としての統一の為に。

お前さんの観点だと、そこから否定を始めないとならないし、
保守主義はそういう思想だが、現実に「地域の否定」など起こっただろうか?
、それによりパトリオティズムが消滅しただろうか?
むしろ地域の前提があって、国民国家は成り立ったと言える。

もちろん、国家の側が「地域」を無視して国権を強化していけば、
ファシズムや共産主義のような不自然な存在も出てくるだろう。
だからこそ、「国家」という前提は、国家共同体においても守らないとならない。
地域におけるパトリオティズムがあり、国家におけるナショナリズムがあって、
初めて国家共同体という存在が成り立つ可能性がある。当たり前じゃないか。

当時も現在も、軍事強国が特権など捨てるわけが無い。
だからパールは最後「今は考える事もバカバカしいと思う」と言ったのだろう。

で、カントね。今現在、カントにも至らず、
国際社会はホッブズの世界観に彩られている現実から見れば、
世界連邦的な物を構想するのは、当時として自然にありえた流れであると思うが。
ましてやパールは実務を無視できる思想家じゃ無いからな。

182 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:38:22 ID:iNEp6TOV
>>143>>144
またか。それがなんだ。痛くも痒くもないぞ。論点わかってないなあ。
要するにお前は、小林は大東亜戦争を肯定してるんだぜ。田中はこんなこと書いてたんだぜ。
または中島と同じように田中はその後恣意的に引用してたぜ。どうだ見たか!ってなところか。
『パール判事の日本無罪論』p20でも──多くの日本国民は「ともかく、あのような無謀な戦争をしでかしたのであるから、その責任者が処刑されるのは当然だ」「たくさんの罪もない国民が、戦争のために死んだのだ。
国民はどんなに苦しい思いをしたかもしれない。
先だった者が死刑になるくらいは当たり前だ」と考えている。それはもっともなことである。ただし、それは、一般的な感情論であり、道義の問題である。──こう書いている。
結局こいつは中島が、日本に否定的な部分があるから嬉々として引用した
『日本無罪論─真理の裁き─』p12〜13を引用しているだけ。
しかも中島本しか読んでない。この部分は中島本p193に載ってる。どうせ次は南京虐殺についてだろ。
中島本から『日本無罪論─真理の裁き─』pの文章とっとと書けば
んで最終的にはパール氏を貶めるサヨク。

国語力の問題なんだがやはりパール氏の思想の一貫性を理解できないようだな。

中島が『月刊現代』で引用していたが、『論座』での小林さんの主張の一貫性がわかる?当時自分があの時代にいたとすれば批判していた。
ということの意味はわかるか?

この歴史に、祖先に対する謙虚さを・・
パール氏にも似たように血肉が通った思想があるんだよ。

あくまで、理想を追い求める。
だが単なる傲慢な断罪をする人間ではない。だからといってアホな理想主義者ではない。ガンジーから戦略的な思考も受け継いでいる。
日本の再軍備反対やインド、アジアとの協力を何度も唱えていたのは、戦略でもあるんだ。
彼の発言に矛盾を感じるのは、複雑で重層的な思想や実践を理解できない。というよりもともとそれらを感じることすらできないのだろう。

183 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:42:56 ID:dqPx+Nd4
もともとサヨクの人間観ってのが薄っぺらいというか、
自分の粗末な脳みそに合わせて豊かな現実や人間を解釈しようというのが、そもそもサヨクの間違い。

サヨクのフィルターを通すと、世界や人間が、豊かさを失う。

184 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:45:03 ID:ixzTOAza
>>183
そして当時の前提を分からず、簡単な事で矛盾とか言い出して、
分かった気になるんだよな。

てか、オレが今言っているパール解釈も、
一見、左翼的になっている気はしなくもないんだが、
それを気にしてもしょうがないからな。

185 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:45:17 ID:dqPx+Nd4
豊かさや複雑さをできるだけそのまま理解しようとするのでなく、
単純粗雑な自分の思考回路で切り取り、粗末な感受性で色あせたものにしようとする。

複雑な人間性や思考回路を「そのまま」理解しないで、つまみ食いするだけ。

186 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:47:55 ID:iNEp6TOV
>>182で脱字があった。
その箇所は「p28」だ。

187 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:49:06 ID:ixzTOAza
返答もないし中島ブログもつながらないし寝るわ
みんなおやすみノシ

188 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:50:08 ID:dqPx+Nd4
おやすみ。俺も寝る。GN.

189 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 01:57:18 ID:Hv1bxBo6
>>181
国家と地域比較すんなよ
同様にナショナリズムの欠如
主権、国民、領土を設定する単位としての国家は
世界連邦とも地域とも比較出来るものでも代替出来るものでもない
国家という単位に重要な意義があるから民族やら地域の独立が問題になる

国際連盟ってのモデルはカントの議論
国際関係論の理想主義者連中は大抵カントをモデルにする
それよりさらに急進的なのがパールの世界連邦論
武力による強制を認めるって点ではホッブズの超政府的だな
まさに支離滅裂

190 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 02:14:12 ID:SiHIHvB6
今日の朝8時からのBS2週刊ブックレビューに中島が出るよ
見られない人は深夜の0時に再放送してるのでそっちでチェックしてね

191 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 02:23:27 ID:7a5V4PXK
http://www.s-ht.com/~tress/upld/up214.jpg

192 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 02:27:47 ID:iNEp6TOV
>>162
パール氏が田中氏に宛てた手紙の内容知ってる?

あれらはどう読んでも許可証だ。

わかる? 正式な文書だ。だから復刊もできた。
自分の著作を出版したり、使うのを許可する、仕事と同じようなもの。
自分の考えを広めたいから信頼する田中氏に出版を任せたわけだ。何度もしつこく許可してな。

別に親しげに送る手紙でもないでしょうに。

193 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 02:39:02 ID:iNEp6TOV
>>187>>188
おつかれさま。
おやすみ。


194 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 07:08:23 ID:fUCV0P9Y
NHKBS2

8:00 週刊ブックレビュー
[S]特集・中島岳志“パール判事 東京裁判批判と絶対平和主義”▽

195 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 08:33:01 ID:iNEp6TOV
詐欺師登場!!

196 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 09:03:04 ID:iNEp6TOV
まず司会者は、この本を書いた人間は、もっと年をとっているかと思った。と褒めちぎる
誰も書いてこなかったパールの全体像を知りたいことが本を書いたきっかけ。
パール博士の前半生を語り、
副題について聞かれ、東京裁判の事後法についてパール判事が批判していることを語る。
無罪の真偽を聞かれる。
パール判事が無罪と「いわざるを得ない」立場だったと強調。
通例の戦争犯罪について語り、これを爼上に載せたことに東京裁判の意義があったと強調。
「日本無罪論」という言葉を道義的にも無罪とミスリーディングされることはダメだと妄想。
パール氏が、日本の南京虐殺、満州などを批判していたことを強調。
そして裏付け取ったつもりで日本が道義的に無罪というのがミスリーディングと妄想。
パールの思想は思想的に宗教に基礎をもつもの。
再来日の際の対米追従してる日本批判を解説(したつもり)。
さらに自身の主張とパール氏のとは、違うことを主張。
インドに最初は、あまり興味がなかったが、ヒンディー語を学び、阪神大震災、サリン事件等の出来事から宗教的なものに関心がでてきてナショナリズムに興味を持つ。
さらにパールの再軍備反対の主張を解説。
司会者が明らかに、パール判事の言葉を曲解していることを「危険ですね〜」だとかサヨク。中島びいき。
右左の二分法を批判して、これらがイデオロギーから演繹的にパール判事を語ることを批判し、パール判事がそれら一見矛盾したところを内包していることを指摘し、左右を批判。
こいつの場合は単なる大好きなまんまんなかはおりこうさん。真に理解していない。
司会の若い方は、中島に圧倒されたと感想を語り、同じ北海道出身であることを語る。
32歳でこの本を書いたことを称賛。
圧倒的されたのはそうだろうな。
短時間に自分が言いたいことを短く淡々と歯切れよくまとめることができる。口に自信があるのもうなずける。


197 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 09:07:26 ID:3z7uYbra
NHKどうだった?詐欺師はなんか香ばしいこと言ってた?

198 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 09:10:09 ID:3z7uYbra
>>196
まとめありがとう!
深夜の再放送見てみることにする

199 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 09:17:33 ID:iNEp6TOV
>>196について
「無罪の真偽」ではなく「パール判事が下した無罪の真意」の間違い。
パール判事が【法律的に】無罪と「いわざるを得ない」立場だったと強調。【】が追加。
この主張から明らかに根拠はパール判事が日本を批判していた部分。
いわゆる南京虐殺や満州事変等を根拠に日本は道義的に断罪されていることを主張し、本来ならパール判事は、日本を道義的に裁きたかったぐらい。
これは、パール判事が絶対平和主義者であったことを根拠に、彼が単純に道義的に西洋と同じ穴の狢であると日本を断罪している傲慢な人間だと勘違いしているからおこる錯覚あるいは妄想である。


200 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 09:25:59 ID:iNEp6TOV
>>197
まあ香ばしいことは法律的に無罪と「いわざるを得ない」立場だった。
という本音が普通に出たことくらい。
他はあまり目立つところはない。
帯裏の「平和憲法の死守を主張し続けた。」
とかp236の「憲法九条は、日本人が勇気をもって死守すべき重要なものであり、ガンディー主義を明文化した理想の宣言文であった。」など捏造発言はなかったぞ。
小林さんとの論争にもふれず。
ただ司会のオバハンの方が明らかにサヨクで右派に敵意を剥き出しにしながら質問していた。

201 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 09:44:10 ID:1WQwzYb7
中島叩きで憂さ晴らしする粘着クズ>>196君まとめご苦労


202 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 10:03:24 ID:EREWv2sd
>>201
もはや論理では反論できない哀れな老廃物乙


203 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 10:17:55 ID:l5OmAM2Q
「パール判事は、半世紀おくれて日本が頭をもちあげた時には、
司法先進国の旗にかこまれていたと述べ、
日本は先進国の模倣をするのに半世紀後れた。
そのために、アジアからも歓迎されず、
また先進国からも叩かれたのである。
という意味のことを論じている」

1952年の『日本無罪論−真理の裁き』での田中正明の記述。


204 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 11:58:26 ID:dqPx+Nd4
なにが、「言わざるをえない」だ。どこから、そんな判断を持ち出すんだ。このクソガキゃ。

205 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 12:27:06 ID:dqPx+Nd4
中島ブログ復活w
http://www.indo.to/log/nakajima/?itemid=895

206 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 12:46:10 ID:ixzTOAza
>>189
アナタの「個人的理解」を破壊した事について怒られても困るけどねー

>国家と地域比較すんなよ
そりゃアナタが勉強不足すぎるよ。過去には地域が今で言う「国家」だった。
例えばシチリアの住民の、守るべきパトリ(郷土)は
国家ではなくシチリアに過ぎなかった。

具体的には情報伝達能力により、共同体の最大単位は変化する。
過去には、肉眼と体感で確認できる地域が最大単位であり、
国民国家では、ひとまず国家が最大単位になった。

今でも、テレビとか新聞とかのメディアが消滅したら、
国家を理解する「目」を失うんだから、また国家の単位は「地域」に戻る。
逆に、情報技術の進歩により、国家以上も普通に有り得る。

保守主義が危険視するのは、ナショナリズム(愛国心)ではなくステイティズム(国家統制主義)。
原始から地域となり国家となった、歴史の連続性を否定する事を危険と看做す。
そうすれば、ファシズムや共産主義のような危険な物にも至る。

ということは、国家共同体という物があるにしろ、当然、国家を前提とした物になるってことし、
「国家からの連続性」を確保すれば、実際には保守とも矛盾しない。
「国民が国家を愛すると戦前に向かう!」と、過剰に恐れるサヨクの主張は的外れなわけよ。

207 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 12:47:15 ID:ixzTOAza
>>189つづき
>主権、国民、領土を設定する単位としての国家は
単にキミが「国家」が何なのか、どう成立したのか理解していないだけ。
「国家」に無謬性を認められても。

>世界連邦とも地域とも比較出来るものでも代替出来るものでもない
世界連邦は、パールにしてみれば、不完全な国際法(この点に関してアナタからの返答がないね。)
を強化すべく、法治主義を実現させるための手段。
国際法の強化を訴える裏付けを志向すること、それ自体は、
今現在でも発展中であるし、発展すべき事でもある。

>国家という単位に重要な意義があるから民族やら地域の独立が問題になる
その「独立したい民族」とは、今現在、どういう立場に置かれているのか考えてみなさい。

答えは「どこかの(自民族と異なる)国に属する地域」にされているから。
無主の地で、全く近代の情報に触れず、外部からの侵略もない民族が、
「国民国家」を作るとは考えにくい。
アナタは完全に「今現在」の状況しか理解していない「歴史的近視眼」なんだよ。

>国際連盟ってのモデルはカントの議論

国際連盟は実際には何の効用もなかった。日本が満州事変で国際連盟を脱退して、
それ自体では何も起こらなかったことでも分かる。
そして(戦勝国の)武力を背景とする国際連合が、戦勝国主導で作られたわけだが、
その実態は今でも、ボルトンが言ったように「国連など存在しない。あるのはアメリカだ」と
言い切れる程度に、「旧連合国の世界統治体制」なわけだ。
そして実際に、何の懲罰も国際法的に与えられない。パールの議論は今も生きているな。

208 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 12:48:15 ID:ixzTOAza
>>189

麻生太郎氏が「ヤンキースタジアム(国連)とヤンキース(アメリカ)、どちらと同盟を結びますか?
当然、スタジアムではなく、ヤンキース自体でしょう」と言ったが、
確かに現在の戦略としては、その通り。
ただしそれは、歴史を貫く流れではなく、その1ページ(そういう時代があった)とされる程度に
留まらなければならない。

>武力による強制を認めるって点ではホッブズの超政府的だな

今現在、国連を主導する、拒否権持ちの常任理事国による統治手法が、
実質の「超政府」じゃないか。東京裁判の時から一貫していて、
そこに法治主義が適用されていなかった。

法治主義には推定無罪の原則がある。
特定国家に依拠した存在と、していない存在、どちらが正しく法を適用できると思うかなど、自明。
「戦勝国の横暴」を批判したパールからすれば、そこに行き着くのは当然だろう。

あと、俺はいわゆるネオコンって、頭良いと思うよ。
「カントからホッブズへ」って言葉があるが、
そもそも「カントから」と言えるような世界観が、戦後60年で少しでも進歩してきたかのような幻想を
妄想と言い切り、打ち砕いたわけだから。

だがそれは、国際連合の発足から数年で露呈してたよ。
まさか「パールはダメだがカントは正しい」とでも思ってるの?
そういう思考自体、「思想家の無意味な思い上がり」で端的に無意味で、
何の現実性もありません。

209 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 12:55:47 ID:ixzTOAza
まー満州事変による国連脱退については何も起こらなかったが、
それにより、日本の国際的立場が悪化し、最終的に敗戦に至った、とは
見られなくもないだろうが、つまり当時の国際法というのは
各国が「戦争」に訴える大義名分とか紳士協定、という程度の物。

もし厳格な国際法適用と国際秩序の維持が可能であったら、
そもそも日本は戦争政策に出なかった、そういう事はパールは考えてたろうね。

それを真剣に思考して、国連で実務も行なっていた人間を
「世界市民主義者」と嘲笑することは出来ないね。
しかも対立軸はホッブズでありカントではない。

>>203
そんなどっかのサイトの出典不明の物をコピペしたってしょうがないよ。
極めて不誠実な態度だ。

>>188>>193
こんにちは

210 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 12:57:29 ID:ixzTOAza
>>205
何もかわってねーwしかも荒れてるし

211 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 14:07:39 ID:iNEp6TOV
>>209さんこんにちは。
>>203が貼り付けてるのは中島本p193で
『日本無罪論─真理の裁き─』12〜13頁を引用してるもの。
中島の同じ穴の狢論のおめがねにかなって採用されたものww
>>182でも指摘したしね。
中島の引用の仕方なんて文脈無視の電波引用だからw

結局単なる「方向性」の問題。中島が勝手に同じ穴の狢論を重要と考えているだけ。その他は間違いなんだってさ。
田中正明氏の方が遥かにパール判事の主張の「方向性」に近い。

それとサヨクは最終的にパール氏を貶める作戦にでてくるからね。全くもって論点のすりかえだよ。
頭が悪いから理解できないし、史料無視をしているから妄想に基づいているんだ。

212 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 14:19:11 ID:ixzTOAza
>>211
こんにちは。明らかに中島は最初から結論を決めて資料を切り取ってるね。
で、その思考ってのは「ある価値は必ずしも絶対ではない」って
90年代的ポストモダンと何も変わらなくて、非常に「古い」んだよね。

>>196 について、乙乙。 じゃいくつか。
>パール判事が無罪と「いわざるを得ない」立場だったと強調。
中島は、文章を連続的に読むことが出来ないのかね?

>通例の戦争犯罪について語り、これを爼上に載せたことに東京裁判の意義があったと強調。
ないよなーw単なる「上官の戦争犯罪に関する責任」なら、こうした国際裁判である意味が無いしw

>「日本無罪論」という言葉を道義的にも無罪とミスリーディングされることはダメだと妄想。
まだこんなこと言ってるのか・・・田中じゃなく、法的無罪の意味を教えない教育体制を
責めるべきだろう。

>再来日の際の対米追従してる日本批判を解説(したつもり)。
ガンジー主義から行けば、民族自決を失うことに問題があるとするんだがなぁ。

>さらに自身の主張とパール氏のとは、違うことを主張。
パールの思想は間違っていて、受け入れる価値も無いと思っているのに
パールの本を書いたってことになるよなーコレ。思い上がりも甚だしい。

しかも、「対米追従しないため、アメリカを利用して自らは軍事行使しない
現行体制を守るべき」だなんて、これほどパールの思想を完全無視した発言があろうか・・・
こんなのテレビに出して何がしたかったんだろうNHKは。受信料払わないぞ。
んまぁ、ダマされたいサヨクが騙されるのは、その方が気持ちいいんだろうから、
愚民でいてもらうしか無いのかもしれないなぁ。

213 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 14:43:10 ID:ixzTOAza
ついでに、マッカーサーの朝鮮戦争後の発言ね。
http://www.chukai.ne.jp/~masago/macar.html

太平洋では、米国は日本を迂回しました。
そして閉じ込めたのです。

日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということを
ご理解いただく必要があります。
そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。

潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、
私が知る限りどこにも劣らぬ優れたものです。(中略)

彼らは、工場を建設し、労働力を抱えていましたが、
基本資材を保有していませんでした。

日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。
彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、
その他にも多くの資源が欠乏しています。
それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。

これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという
恐怖感がありました。
したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この認識は、実際にパールのそれと一致する。そしてこれを「アメリカの鏡・日本」で書いた
ヘレン=ミアーズはGHQの人間で、マッカーサーの部下。
マッカーサーはパール判決もミアーズの本も公表を禁じ、ミアーズのそれは「事実を書いていない」とした。
だが、その当人がその後、まったく同じ世界観を語ってるんだよね。

214 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 15:14:18 ID:iNEp6TOV
>>212
「おりこうさんはまんまんなか〜」って小林さんの言葉が似合ってるね。
>>199>>166の訂正したところがあるからそちらの方もよろしく。>>213
他にもC・A・ウィロビー将軍(米・GHQ参謀第2部長)
レーリング元東京裁判判事
ウエッブ元東京裁判裁判長
ハーバード・フーバー(米・元大統領)
チャールズ・リンドバーグ(米・飛行家・大佐)
エドウィン・O・ライシャワー博士

ナラヤナン(インド大統領)
プライス(米・陸軍法務官)
カール・ヤスパース
ジョージ・フリードマン教授等様々なひとが復讐裁判にたいして反対しているね。

215 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 15:35:35 ID:ixzTOAza
>>214
小林氏の言うことは本質を突いてるわな。
>>199も読みました。中島はますますデンパが強まっている印象だなぁ。

既に小林論文で、「判決と個人の思想を混同する事」の問題点、
「否定論者に妄想で持って行く事」への明確な批判が
何度も為されているのに、よくこんな妄想を言い続けられるもんだ、中島は。

復讐裁判に反対する中には「もう息子は軍人にしない。
こんな裁判が行なわれたからだ」って言った人もいたよな。
中島ってのは、やはり「歴史的遠近感」が全然無い。
じゃでかけてくるノシ

216 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 16:07:53 ID:Hv1bxBo6
>>206
主権国家とはナショナリズムの正統な実現形式であり
それは主権国家体系の確立という歴史的経緯に支えられている。
パールの世界連邦論に関して問題にしているのは権利関係とナショナリズムの両面であり、ナショナリズムの変遷のみに焦点を当てても議論にならない。
現在のみ見ているというが主権国家体系は歴史的に形成されたもので、
国家が国際社会の主要な権利主体であり行為者であるとされ、事実として権力関係については国際社会はそのように出来ている。
これが現実である以上、理想はそれを基礎として考えられなくてはならない。

217 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 16:11:01 ID:Hv1bxBo6
>>206
国際法に関してだが、国際社会が無政府状態である以上、国際社会に法治を実現するのは原理的に不可能。
条約は各国家の合意と並行した国内法整備によって実現されるもので、自発的遵守と相互利益の期待とを根拠に成立する。
それを徐々に構築し安定化させていこうとするのが、連合に基づく国際秩序の理念であり、
世界連邦のような一元的法治ではなく、無政府状態という現実と
条約や制度に象徴される共存への意思との絶え間ない競合と調整の上でその都度実現される。
その秩序は一度形成されれば確実で持続的な効果を期待出来るものでなく、
事例ごとに成功する場合もあれば失敗する場合もあるというような不安定なものだが、
不断の努力によって漸進的に理想的な秩序形成を目指すもの。

「不完全な国際法」というが不完全で当たり前。
完全さを期待するのがそもそも間違い。
こんなのは常識的な認識だろう。


国家に対し強制力を持つような超政府を作ったら、危険性もより大きくなる。
そんなもんは覇権安定論やら二極安定論以上に忌まわしい考えだ。

218 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 16:22:01 ID:Hv1bxBo6
安保理は超政府でもなんでもない。
拒否権は文字通り実力を行使しないことのために用いられる。
また国連軍への参加もなんら強制されるものでもない。

薄らサヨク的発言だな。

219 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 17:02:58 ID:vSWyPGms
朝日朝刊に載ってた『保守問答』新聞広告のコピーなんだが、本当に酷いなw


自称保守の「アンチ左翼」論理を斬る
『中村屋のボーズ』『パール判事』で論壇注目度1中島岳志と
老いてなお凛冽たる精神を保つ思想界の巨人・西部邁が語る
「日本の保守思想の再生」!


結局、小林の著作にも当たらず、自身の脳内で作り上げたイメージだけで
小林の名前を論ったのも「論壇注目度1」にデッチあげるための単なる売名だったってことか。

ただこの場合の「論壇注目度1」てのは悪い意味での論壇注目度なんだがな。
まぁいい加減極まる「自称保守」なんだから売れさえすればどっちでもいいかw

220 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 17:09:59 ID:vsi9quOz
論壇注目度1


たしかにw

221 :星の使途:2008/01/13(日) 17:59:55 ID:8qE2DwY/
214>
   ほう敵国であった、米国人からも そんな声が・・・・・

   

222 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 18:03:53 ID:dqPx+Nd4
>>214
左右関係なく、中島は、資料を読み取る能力のないクズ(馬鹿)だよ。


223 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 18:16:05 ID:tKySp2Vv
みんな中島がクソってことはもう十分語り尽くしただろうから
「毎日新聞の方が平和憲法と平和主義を訳し分けている→両者の違いをはっきり認識していた
→よってパール判事が平和憲法の護持を唱えた可能性は十分残る」
というほぼ唯一の中島の反論について丁寧に言葉を尽くして誰か反論してみてほしいんだが?

俺が上の反論を前提として判断すると
「憲法九条の護持を繰り返し」訴えたという中島の記述は筆が滑ったのだろうし、それを差し引いても「言った」と断言する中島は軽率でしかない。
しかしパールがたった一回にしろ「平和憲法」と言った可能性が全くないかというと、
その可能性は十分残るのではないか・・・・というものなんだけど。

ちなみに「平和の宣言」も何も一切読んでません。
読んでみた人は「読めば解る」とか言わずに、説明してみて欲しい。
これは挑発ではなくて、この議論の本筋だと思うので是非こだわりたい。

224 :大輔と大悟の呉越同舟:2008/01/13(日) 18:33:38 ID:8qE2DwY/
65>
  お前こそ「慇懃無礼」の意味解かってるの? チンピラ並みのイチャモンならお前こそ中島岳志と同じ

225 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 19:45:03 ID:pjGK023J
>>223
確かに「平和憲法」という語を一度だけ口にした可能性があるとの主張であれば、
「訳し分けている」との反論もある程度の説得力を持ったかも知れないね。
けれど新聞記事の記述に絶大な信頼を置かない立場の者からすれば、
単に意訳が不徹底だっただけで、一か所だけ本来の「平和主義」の語のまま
訳したものに過ぎないと見るんじゃないかな。

記者が「明確に訳し分けている」と主張するのであれば、ほかの講演でも
「平和憲法」と発言していた事実を発見出来ない限りは、反論としては些か
弱いんじゃないかと思ったけど…。

226 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 20:16:44 ID:3z7uYbra
文芸単行本 パール博士「平和の宣言」   ラダビノード パール/田中 正明 1,470 2008/02/06

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_newbooks?mm=1&type=s


平和の宣言は、文庫じゃなくて単行本で出るようだ。

227 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 20:17:16 ID:Hv1bxBo6
まぁpeace constitutionなんつってる時点で
小林が英語について調べもせず、いちゃもんつけてるだけなのは明白だがね

228 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 20:55:10 ID:3z7uYbra
>>227
じゃあ何?constitution of peace?peaceful constitution?
どれも検索にあまり引っかからないけど、このなかで一番あるのはpeace constitutionだぞ。

229 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 22:12:33 ID:Hv1bxBo6
pacifist constitution;40000件
peace constitution;16000件

230 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:19:23 ID:EREWv2sd
pacifist constitution の検索結果 約 83,800 件中 1 - 10 件目 (0.03 秒)
peace constitution の検索結果 約 1,860,000 件中 1 - 10 件目 (0.03 秒)

ぐーぐるではこんな感じです。まる

231 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:30:37 ID:Hv1bxBo6
検索の仕方を知らんようだな

232 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:32:40 ID:3z7uYbra
英語版wikiでは、Pacifist Constitutionだな。
http://en.wikipedia.org/wiki/Constitution_of_Japan

このpeace constitution だか pacifist constitution だかを、
53年当時、パールが言った可能性があるかないかだな。

中島の主張は
@新聞記事で訳し分けてる
A田中が捏造した

小林の主張は
@平和憲法という言葉は日本の左翼しか使っていない。
A講演では平和憲法の話なんてしてない
Bパールは、日本はまだ半独立、憲法は自らの手で書くべきと言っていた

こんなところかな。
まあ、平和憲法と平和主義の2つの記述があったのに、注釈もなしに平和憲法を採用したってことが
暴かれた時点で、中島の学者としての良心に疑問を感じるけどね


233 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:33:22 ID:dqPx+Nd4
講演当日の新聞って、毎日だけしか取材してないの? ほかの新聞の表記は?

234 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:35:00 ID:dqPx+Nd4
毎日の、その記事にだけ「平和憲法」って記述しかなくて、ほかの似たような記事の文脈で「平和主義」となってるのなら

ただ、その新聞記者の、勘違いというか、妄想というのでないの?
そういう可能性は?

235 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:39:46 ID:dqPx+Nd4
中島が、この「毎日新聞」の記事を金科玉条として扱うのなら、この「記事」についての検証からやらないといけないでしょ。
そんなことできるの?
中島がただひとつの新聞記事の一箇所に「平和憲法」という表記を見つけ
それを大発見のように、とりあげてるのは、それこそ、不思議な態度じゃないのかな?



236 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:44:51 ID:Hv1bxBo6
普通に読めば宣伝材料なのは明らか
真に受けるやつは頭がおかしい

237 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:51:08 ID:Hv1bxBo6
>>232
田中の捏造とは言ってないだろ
平和憲法の記述がある箇所が田中の抄訳では省かれてるって話だろ

238 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 00:10:56 ID:rauBX/Mp
普通に、単なる誤字の可能性もあるだろうしな。

というか少なくとも、この程度の史料しかない状態で、
「パールは憲法九条(平和憲法にあらず)を護持していた」として、
しかも「ガンジー主義を見出してた」と断言するに至っては
「中島、妄想乙」としか言えない。

ついでに11月号の小林論文は「平和憲法」であった場合も考えて
それでも逃げられないように書いてあるんだよね。

239 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 00:41:09 ID:rauBX/Mp
>>232
平和主義だったらPacifism、で、平和憲法をPacifist-constitution だとすると、
直訳すると「平和主義憲法」になるから、より判別が難しくなるな。

ここで問題になるのはパールが講演した昭和27年、
日本の憲法が「平和憲法」などと、英語圏で言われていたか、
そして、毎日新聞の記者が、序盤を聞いて「平和憲法」と
聞き取り間違いした可能性が無いか、だな。
何しろテープにも残っていないのだから。

240 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 00:57:28 ID:1XXXDLDO
中島が引用した「毎日の記事」全文アップしてなかった?

241 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 01:00:00 ID:rauBX/Mp
>>216
レベル低すぎて嫌になってきたぞ。

>主権国家とはナショナリズムの正統な実現形式であり
これだけ、地域から国民国家に至った経緯を説明し、
国民国家に至ったのも歴史の流れから来る、一時的な物と説明したのに。
ナショナリズムを体感出来る事に、ネーションステートの価値がある訳ではない。

それ自体は環境によって可変可能な精神活動に過ぎず、無謬性は無い。それだけのこと。

>ナショナリズムの変遷のみに焦点を当てても議論にならない。

それは今までの議論の意味を、あなたが理解できていないからだと思う。

「現実」というのは時代によって変わり、過去の自明性は必ずしも現代に通用しない。
無論、より誤謬を減らすには歴史の連続性を重視すべきだが。

そうした意味においても、あなたは現状この時間に置かれた環境のみを
過去現在未来を通じ、唯一絶対の「現実」と看做していて、
まったく保守思想から遠ざかっていて、歴史的遠近感その物が疑われる、

242 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 01:03:07 ID:rauBX/Mp
>>217
「世界連邦」が成り立たなかった現実も、
「パールの思想」を推測して、具体的な当時の環境から説明している。
むしろあなたに、歴史否定の左翼合理主義的な見方を感じる。

漸進的に国家の単位を保守して、ある種の国際秩序を形成するのは、
ナショナルを土台とする世界的な法治主義を志向する意味で矛盾しない。
国家にある程度の権限が失われる事を含めても、ね。
「現状の国家」という状況に無謬性を置くのが保守ではない。

>「不完全な国際法」というが不完全で当たり前。
その「国際法の不完全さ」とは何を指しているのか?
ヒューマニズム、つまり人間には可謬性があり、人間の知性に絶対の信を置けないという
認識の事ならば、それは国際法に限らず、人間が思考する行為全般において
一般的に成り立つ話であろう。そして法治主義は、人治主義による感情的制裁を、
人治主義よりは食い止められるであろう意味で機能するわけだ。

法治主義の前提に、道徳性や宗教性があるという条件が整っていれば、
その徹底は、全く左翼的ではない。
逆に、もし事後法も国家の立場・能力差によって許容するとか、
明確な国際法違反に対しても違法性を追求しないとか、そうした事を主張されては・・・
それこそが逆にヒューマニズム礼賛であり、ホッブズ的世界観から、
自然に国際道徳が生まれるという幻想だ。
「地球市民」思想はデンパに過ぎないが、「国家」という単位と現状形式の何もかもを
守旧せんと構えるのは保守ではないし、あなたの考えで国際道徳が進歩することは無い。

243 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 01:05:07 ID:rauBX/Mp
>>217続き
>国家に対し強制力を持つような超政府を作ったら

従って、これも意味を成さない反論。
国家の違法に対しての「懲罰」を裏付けるならば、
国際法違反の指摘が実行可能な法治集団が必要になる。

それは「国家」の制約ではなく、(なぜ国際道徳から生まれた国際法、
いや法治主義の明確な否定まで擁護される必要があるのか?)単なる法治主義の徹底で、
それにより国家が制約されると言うのはいささか苦しい。

もしネオコンやイスラエルのように「国際法は無意味である」と
言い切る姿勢を取るのは、それはそれで現状の現実だから、ま、否定しない。

しかし、それならば彼らのように、「国家」を単位として扱う国際法(醸成された国際道徳)の
価値など一切認めなければいい話で、何がしかの法治主義を
目指しているような事をあなたが言うのは、二股的な言動である。

244 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 01:09:03 ID:rauBX/Mp
>>218
>安保理は超政府でもなんでもない。
国連の常任理事国が、その振る舞いとして他国を「法的にも」凌駕する
「スーパーステイト」であり、自国に対する非難に対し、
国際法を適用する、唯一最大の存在とされる国連による行動を抑止できることは
厳然たる事実だ。公平な法治主義が適用できる状態と、どちらが良いかなど問うまでも無い。

>拒否権は文字通り実力を行使しないことのために用いられる。
笑わせる。まさに戦勝国の国際犯罪や人権犯罪に対し、
いつでも拒否権を使用して、あるいは国連を無視して行動可能なのが現実ではないか。
今まさに、パールの指摘した「勝者の裁き」が続けられている。

少なくとも、こちらはパールの当時おかれた状況を、それなり分析して
思想を語っているのだから、あなたは「この定義に当たるから左翼!」としか言われていない。
しかも、言っていることは単なる現状追認であり、
「国家の単位さえ守れば保守!」と考えておられる。
保守主義はそもそも、国家に信を置かない。
地域の伝統を保守する形で国家を操縦するのが保守主義の本義であり、
地域→国家の連続性を保守する形で、複数国家の共同体を
想像するのは、別におかしな話では無い。
そうした意味で、(本来の)保守は、それなりにグローバリストなんだよね。

「左右」を判別するだけの能力そのものがあなたには強く疑われる。

245 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 01:23:02 ID:BD7k61Yv
>>241
自分で書いたこと忘れる、人が書いてないこと読み取る、
為された議論を踏まえないで話にならんね君
「不完全な国際法」ってのは君が書いたこと
国家の無謬やら、現在を絶対視なんて、書いてない
現実を踏まえた上で、理想を志向するって態度を二股と言われてもね
現実を踏まえない理想は妄想でしかない
国家に対する法的拘束力の件もすでに述べてるしな

まぁ攻撃は最大の防御ってことか
具体的にどのような機関によって法治が形成されるかも、
その実効性を担保する武力の管理法も、それらとナショナリズムとを両立する術も考えずに
よくも世界連邦やらそれによる法治なんて言えたもんだ
パール自身が諦めてるし、具体的なビジョンも示してるないんだから無理だわな
君は国際法の知識もないようだし

246 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 01:24:37 ID:BD7k61Yv
>>244
常任理事国が超政府とな?
話にならん

247 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 01:48:24 ID:BD7k61Yv
世界連邦が超政府でなくて、常任理事国が超政府って
痴呆症かよ

248 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:14:52 ID:1XXXDLDO
東京裁判で被告人全員の無罪を主張しているパール判事を、早とちりな人は大東亜戦争肯定論者なのかと思うようで、
靖国神社にはパール判事の顕彰碑まであるそうです。しかしながら、パール判事はいかなる戦争をも認める人物ではありません。
 中島岳志という人がパール判事について、次のようなことを毎日新聞に書いています。
 パール判事は東京裁判を批判し、アメリカによる原爆投下に対しても痛烈な批判をする一方、南京虐殺を事実と認定し、
フィリピンでの虐殺を「鬼畜のような性格」をもった行為だとして非難している。パール判事は非暴力主義の信奉者であり、
世界連邦実現を推進する立場だった。日本に招かれて各地で講演をした時には、「平和憲法の死守」と「再軍備への反対」を強く訴えている。
「保守派の論客たちは、パール判事の都合のいい部分だけを利用するのではなく、彼の渾身のメッセージと真摯に向き合ってほしい」
と中島岳志はまとめています。

 「BC級戦犯裁判」には、戦犯裁判を考える中で、イラクやアフガニスタンなどで行われていることも新たに見えてくる、
そういう視点があります。過去を美化するのではなく、きちんと見つめる中で、今の問題が見えてくるのではないでしょうか。
http://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/senpan.html


こうやって、デマは広まっていくんです。トホホ。。。。。。。。。。。。。。

249 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:15:32 ID:rauBX/Mp
>>247
まず「超政府」について、明らかに書き込みの意味を読まず、
熱狂的に感情をぶつけているようだから、その奇怪さを嗤いながら説明するが、

「超政府」的に、「国家」の範囲を超え、世界に影響を及ぼす存在は現にいる。
それが現在、拒否権持ちの常任理事国であり、国連の裏付けで動くこと、
若しくは一国で有志連合を作る、完全な「パワーポリティクス」だ。

国連は戦勝国による世界支配の形態。
世界支配を行なう戦勝国に関して、国際法の裏付けは無視される。
ならば国際法の裏付けが明確にある、法治主義が取られる方がマシであり、
パールはそういう方向を志向したって事だろうと言っているわけだが。

ま、それが分からない上、痴呆症などと人を平気で言えるのだから、
程度が知れているが・・・
「論破」と「罵倒」を勘違いしてもしょうがないぜ。何も建設的じゃない。

250 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:16:09 ID:rauBX/Mp
>>245
>不完全な国際法
の意味など、最初から一貫して話しているぞ。
「国家を主体とした法体系「としての不完全さ」」だとね。
そもそも法として機能していない事についての意味を
自明に理解できないほど不勉強なら、無理に語るべきではない。

>現実を踏まえた上で、理想を志向するって態度を二股と言われてもね
余り笑わせないで欲しい。今現在の現実とは、歴史的経緯により過去から形成された物である。
その一時の現状を無謬化し、過去と未来に何ら目を向けない歴史的近視眼は
「現実」がどこから来て、どこへ行くのかを無視している、
非常に非現実的、非歴史的で無意味な妄想なのだよ。

そして、あなたは明らかに、ナショナリズムと言う思考形態に
無謬の重きを置いているが、それが無謬で無いことは既に示した。

あなたはまず、ビジョンらしき物に至ることすら出来ず、
現状の問題点すら明らかにしていない。
そうした思考こそが、非常に共産主義的な物であるよ。
ま、既に随分と説明し、それに答えられないのに根性だけで食い下がる態度を見せられては、
説教的な物言いをするしか残っていないので、その点は勘弁していただきたい。

251 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:16:58 ID:1XXXDLDO
中島氏はあれほど酷い言葉で非難されながら、自分に至らない所があれば素直に認めるとまで言い、改めて「月刊現代」誌上での小林氏との対談を申し込んだ。

さあ、小林氏はどうするのだろう。勝ち目がなさそうなので、また逃げるのだろうか。
今後の展開が楽しみである。

http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/Entry/60/


これもひどい。

252 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:17:17 ID:rauBX/Mp
>>246
キミのような、煽り口調の人間に「話にならん」と思われるなら、それなりにマトモなことを
話したと言う事であろうから、褒め言葉と受け取っておく。

恐らくキミは、自らの狭い範囲以外の事では(範囲内でも素人臭すぎるが)
「大衆」に過ぎない人間なのだろう。一般にはそういうのを(悪い意味で)オタクと呼ぶ。
オルテガの言う「専門人」は、言ってみれば「オタク」なのだ。
国連に関する浅薄な思考を語り、それが自らの認識と合一するかを
確認するだけの短絡思考の人間など必要ありません。次元が違う。

期待はしていないが、まずもう少し、国民国家の形成についての理解を深めて欲しい。
一般書店の新書で、充分に可能なレベルのことを君は知らない。

過去を理解することは未来を知ること。それが保守だ。
キミは、過去と未来を無視し、ただ「今現在」に留まるという
無価値な思想形態を晒している。しかしながら同意を求める際、
「常識」という歴史的価値観に醸成された物を示す言葉を使っているのだから嗤うしかない。

ま、そんなとこか。どうせここ二三と同様に、
義務教育を受けた程度の国語的思考力による、
マトモな返答は帰ってこないのだろう。ではおやすみ。

253 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:18:33 ID:bqfRrRyG
>>223
史料掲載してる俺に言っているんだろうから、まず君の文章に感じる違和感から説明させてもらう。
まず、中島めちゃめちゃぶりを語り尽くされていない。この程度だと勘違いしないほいうがよい。
俺は『平和の宣言』を「読めば解る」と誤魔化す気など一切ない。
普通に過去レス見てればわかるが>>92で中島の根拠の毎日新聞大阪版を掲載し初めている。

『平和の宣言』の該当箇所も掲載する。先に新聞記事を掲載しようとしてることの意味も察して欲しかったものだがな。
説明してほしいとか言ってるけど俺がいままでなんのために『平和の宣言』や新聞記事やその他中島本の一部を掲載していたのかわかっているのか?
読んでいない人間の目を眩ませるために誤魔化すのならいちいち該当箇所をながったらしく掲載したりしないよ。
あんたみたいな人(読んでいないという共通点にのみ限定)も読んで議論に参加できるように掲載してるんだよ!
それをまるでこちらが逃げているかのように、読んでいるなら誤魔化さずに説明して下さい。これが議論の本筋だと思います。だと?ふざけるなよ!

君の言ってることは俺のレスを完全無視した捏造印象操作だよ。
2chで印象操作されようがどうでもいいが・・・
君自覚がないのだろうけど「おりこうさんさんはまんまんなか」
の教条主義者で人の事情ややってきたことを完全に無視して一般的にきれいと思われる御題目立てて、さも自分が真っ当なことをいってるかのように言い立てる。
これは中島そのものだよ。

254 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:21:24 ID:1XXXDLDO
http://plaza.rakuten.co.jp/henrycow/diary/200712080000/

一読した限り中島がパール判事の思想の根源に迫ることに成功してはいない。
ここで紹介された主張についてはほとんど実質的に触れられていない。
ガンディーの非暴力主義と反植民地主義あたりが軽く登場するくらいである。
非武装中立や非同盟外交に至っては本文のどこに登場したのか全く思い出せない。
いや、ちょっと出てきたかもしれないけど。
憲法9条護持を「繰り返し訴えた」などという主張は本文には出てこない。
序文で予告しながら、本人の発言としては本文には登場しない。
『憲法9条護持を「繰り返し訴えた」という中島の主張は嘘である』という小林の主張は正しいがある意味では間違っている。
予告はしていたが予告さえ果たさなかったのである。

しかし、ガンジー主義の観点から日本の再武装に反対していたことは小林の提示した史料からもうかがえる。
出版社の宣伝文句の『平和憲法の死守を主張していた』という表現も小林は気に入らないようだ。確かに正確ではない。
揚げ足を取られないためには日本の非武装主張していた、にするべきだ。
サヨクにとっては意味するところにそれほどの違いは無いのだが右翼にとってはおお違いである。
なにせ、憎きアメリカの押し付け憲法なのだから。
同じ非武装でも、ガンジー主義の非武装なら全然話が違う。



これはまだましか。

255 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:25:11 ID:rauBX/Mp
>>253
あなたのお仕事は、本当に立派だと思う。だから熱くなりなさんな。

ま、はっきり言って「分からない奴は分からない。」し、
分かりたくもないんだろう。最近、本当にそう思いますよ。

俺も、別に右翼的な意見ばかり使っているわけじゃないんだが、
そんなことは忖度されず、小林氏の側に立てば、
理性のかけらもないような罵倒をする似非知識人から、
「オレは知的だ」という態度で、痴呆と言われる。

しかし、明らかに相手が痴呆であり、さしたる論理を見せてくれないと判断すれば
自分の判断を信じ、聞く価値は無いと判断する。それだけのことです。(もう諦観気味)

256 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:27:47 ID:1XXXDLDO
http://blog.goo.ne.jp/ojisannsama/e/d8dd25573edd828286d83e59d2fa43e6

ここのセンスは、これからしだいかw

257 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:29:27 ID:BD7k61Yv
>>250
>>「不完全な国際法」というが不完全で当たり前。
>その「国際法の不完全さ」とは何を指しているのか?


>>不完全な国際法
の意味など、最初から一貫して話しているぞ。

自分の考えを一貫せず、人の言葉ぶつぎりにしてつつくことしか考えないから、
こうなるんだよ
言いたいことが一貫してれば上の反応はないわな

258 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:30:47 ID:rauBX/Mp
>>254
てか、もうちょっとパールに関する切り口と、
まだ描かれていない時代を考えれば良かったのにね。
その後、パールが国連でどういう仕事をしたかとか。

「右派批判」とやらに気を取られたから、結局は従来本と大差ない
世界観を、護憲デンパで彩った「悪リメイク」に終わったんだよね。
若いことで驚きとかNHKで言われたみたいだが、逆に若いのにこれでは困る。
(オレよりは結構トシだけどね。)

小林が、ほとんど無から戦争論を世に問い、成功したようなパワーには
遠く及ばない、というか、ある種では小林の作ったストリームの「亜流」であり
「副読本」なんだよね。

259 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:38:15 ID:BD7k61Yv
>>250
普通は常任理事国クラスの国は大国っていうんだよ
単に、軍事力、経済力などの強大な影響力を持つだけの話
超政府「的」とも言わん
そんなごまかしは通用しない


で世界連邦の具体的な機構は?

260 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:42:56 ID:rauBX/Mp
>>257
>自分の考えを一貫せず、人の言葉ぶつぎりにしてつつくことしか考えないから、

はいはいそうですか。
そう思うのは、アナタ自身がその点で、後ろ暗いからではないでしょうか(笑)

あなたからは、文章の全体や、当然議論のレベルではあるべき共通認識を持たないままに、
自分のレベルに凝り固まった返答しか見えてこない。
あとは汚い言葉による、知性のかけらもない罵倒だね。

>言いたいことが一貫してれば上の反応はないわな
こんな憶測を書いて、自らの論理的敗退を誤魔化そうとは・・・情けない。
言いたいことも言っていることも一貫していることを
理解していないから、理解させてあげようと説明したのだよ?

どうやらキミは「論理」ではなく罵倒と引きずりおろししか議論と思ってないレベルで、
その割に自己イメージが高く、負けるのが納得行かないのだろう。
それは結構だが、犬みたいに吼えても状況は変わらんよ。

>>259
また勘違いしてる。一般人でも「能力的格差」は存在するし、
それは結構なことだ。だがそれは「法の支配の平等」を崩壊させる物ではない。
だが常任理事国は法の支配を破壊し、超国家として振る舞っている。

同じように振る舞う存在がいれば、それは法的抑止力を明確にした存在の方が良い・・・
と言ってもキミのあたまでは分からないか。
ま、パールもやはり国連に、何がしかの期待をしたのだろうが、頓挫したという話だろう。

261 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:44:00 ID:BD7k61Yv
>>250
問題点しか指摘してないのは君だろう
問題点と世界連邦という極端な妄想のみ

オレは>>217で示した通りだが

262 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:45:15 ID:1XXXDLDO
>>256の続き。
http://blog.goo.ne.jp/ojisannsama/e/075b986fc222eccc188ac47cc20970c6

263 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:45:39 ID:rauBX/Mp
>>261
>>217なんか簡単に論破したが。

>世界連邦のような一元的法治ではなく、無政府状態という現実と
>条約や制度に象徴される共存への意思との絶え間ない競合と調整の上でその都度実現される
特にこれは失笑物だった。その結果が「国際道徳の成熟」なら
何も結論は変わらないからね。こういうしょーもない文章はおやめなさい。

264 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:46:39 ID:BD7k61Yv
>>260
超政府が超国家になったか(笑)

265 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:48:36 ID:rauBX/Mp
>>264
国家には政府が普通に含まれるじゃないか。
何を言っているんだ?

>自分の考えを一貫せず、人の言葉ぶつぎりにしてつつくことしか考えないから、
やっぱこれはキミのことだったね。


266 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:52:56 ID:bqfRrRyG
>>255
今回の本当の目的は、わかる人に読んで納得してもらうことと、史料を探し回るという勉強のため。
今まで図書館を利用していたのとは違って色々なことが勉強になった。史料の探し方がかなり明確になった。本当に時間と金があれば素人でもかなりの史料を集めることができるということがわかった。
それだけに大学教授だから大学図書館にもかなり口が聞けて、史料を比較的に簡単に手に入れれる特権を持ちながら杜撰な中島は録に史料を手に入れていない。
いや、こいつばかり責めても可哀想だろう、他の今までの学者連中が似たようなことをし続けていたから世渡りの上手いだけ中島のような人間が准教授になれたのだ。
何にせよ自分で動いて何かを調べることは良いことで勉強になった。
んで俺思うんだけどこういう史料発掘の経験を高校生の授業の一環として取り入れてみてはどうだろう?
いい勉強になると思うんだがな。
例えば1952年にもすでに、アメリカは真珠湾攻撃を知っていた。とか1950年には、生活保護を受けるにはどうすればいいか?とアメリカから与えられた皆が等しく扱われる。
の空気に喜んでいたりとか、1952年に死刑にされるいわゆるBC級戦犯が獄中から英軍司令官に手紙を送って戰勝國を批判してたりする手紙が掲載されていたりと。
様々な発見があっておもしろいな。
あと前にも言ったがこの頃はUFOではなく「空飛ぶ円盤」だったw とかもあって少し笑けた。


267 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:53:55 ID:1XXXDLDO
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/06/post_cff1.html

これは中島と島耕作の欺瞞をあばいてる。ある意味、中島の料簡は一貫してる。一貫して馬鹿w

268 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:54:41 ID:rauBX/Mp
>>266
全面的に良い事言ってると思う。
普通にこういう史料検証とかを含めて歴史学をやれば、
もうちょっと実務的な学問が出来ると思うなー

じゃ、これにておやすみノシ

269 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 02:59:13 ID:BD7k61Yv
>>263
↓人の論旨パクって何言ってんだよ

>漸進的に国家の単位を保守して、ある種の国際秩序を形成するのは、
>ナショナルを土台とする世界的な法治主義を志向する意味で矛盾しない。


↓これはないがな
>国家にある程度の権限が失われる事を含めても、ね。


270 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 03:03:00 ID:BD7k61Yv
つうか論点はほとんどスルーしやがるな

271 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 03:06:33 ID:BD7k61Yv
貼っとくか


まぁ攻撃は最大の防御ってことか
具体的にどのような機関によって法治が形成されるかも、
その実効性を担保する武力の管理法も、それらとナショナリズムとを両立する術も考えずに
よくも世界連邦やらそれによる法治なんて言えたもんだ
パール自身が諦めてるし、具体的なビジョンも示してるないんだから無理だわな
君は国際法の知識もないようだし
ついでに国際政治の知識もないようだな

272 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 03:07:00 ID:bqfRrRyG
>>268
途中でわけのわからんこと言われてたから折角気分が良いいことあって寝ようと思ってたのに台無し。
もう限界。
俺も寝る。おやすみ〜新聞記事は朝の8時くらいにupするかも。

273 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 03:15:03 ID:1XXXDLDO
http://blogs.yahoo.co.jp/master3511/8816676.html

これも、中島批評。見抜く人間は見抜く。「支離滅裂」w

274 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 03:36:50 ID:1FQaN8eo
中島は小物すぎw
なんかサスペンス映画で開始5分で死んだ人間みたいだ

275 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 05:17:33 ID:veqP/WQ5
★朝鮮人に乗っ取られた日本の主な組織

・テレビ局ほぼ全部
・サンケイ以外の大新聞
・民主党・社会党・公明党・自民党の過半数・・・
・地方議会のほとんど
・堂本千葉県知事など・・の県知事や市町村長
・京都市役所など役所まるごと乗っ取られたケースもある TBSと同じ
・電通
・地方裁判所と高等裁判所
・日本弁護士会
・公安(朝鮮工作員を監視するのが仕事なのに・・・)
・警察庁・外務省・文部省など・・キャリア官僚の一部
・日教組
・積水ハウス。東急不動産など・・・・大手一流企業
・山口組以外のヤクザのほとんど
・JR東海以外のJR各社
・ほとんどのネットプロバイダーや検索サイト(ニュースのアジア欄が中国韓国だけ
独立扱い。その他のアジアを軽視。台湾はほとんど、ない扱い)
・2ちゃんねる運営(切込君を追い出した本当の理由は親日ウヨだから
金銭トラブルは口実用のオモテの理由 その後在日運営が完全に支配)
・Wikipedia ←今ここ
・・・・・・
その他にもいっぱいおっぱい


276 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 09:26:32 ID:bqfRrRyG
>>92の続き
『パール博士講演要旨』
東洋人のお互いは破壊に破壊を返えすことを忘れ、破壊に平和を返えすことを考えようではないか。戦争によって平和を成就することの不可能は二つの大戦の実験によってあきらかだ。
常識ある人間として失敗の実験を今後くり返してはならない。
私は平和的方法によって、いいかえれば武器に対しても無抵抗主義によってあたるという新しい実験を試みようと提唱する。
この前の戦争中インドでは英国の対日戦争に反抗したため四万人もがろうやにぶち込まれ我々は青年が殺され婦人が圧迫されるのを目撃した。しかしガンジーを指導者とするインド人の返事は
タンクをもって我々の肉体を征服できても心を征服することはできない
という言葉だった。
無抵抗主義は戦争より以上の勇気を必要とする。
日本は武器をもって無類に勇敢だったが、平和憲法を守ることでも無類の勇気を世界に示して頂きたい。
伝統的に無抵抗主義を守って来たインドと勇気をもって平和憲法を守る日本と手を握るなら平和の大きく高いカベを世界の中に打ち建てることができると信ずる。
私ははるばるインドから日本の友情を乞いに来た。
再び武器をとる日本となら手を握ることはできないが平和主義を守る決心をした日本となら永久に手をつなぎ、世界歴史に残る功績を立てることができると思う。

以上

277 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 11:06:10 ID:bqfRrRyG
>>92
〇川京都府知事=蜷川京都府知事

『平和の宣言』p244〜266の京都講演の箇所
──蜷川府知事、高山市長、牧野虎次氏ら多数の出迎えを受けて、午後四時二十分京都着、特別室でインタビューを終えると、吉田山荘に旅装をといた。
その夜は京都新聞社主催の同社講堂における講演会にのぞんだ。講題は「世界の恒久平和について」というのであった。

「むかしインドの行者が、なんとかして死の恐怖から逃れようと、あらゆる修行をつみ、くふうをこらした。彼は山の奥へはいつて禅をくんでみた。しかし恐怖は去らない。
彼は海の中にはいつて静坐した。しかしやはり死の恐怖はつきまとつてくる。四方を武装して身のまわりを固めてみた。
それでもやつぱり恐怖はつきまとつてきた。彼は悶々として苦しみ、火の中、水の中にとびこんで死の恐怖を払い落そうとこころみた。しかし徒労であった。最後に彼は死≠悟つた。
死から逃れようとしないで、死と抱き合つた。そこには恐怖はなかつた。死を抱いてしまつた以上は、もはや地上に何一つおそれるものはなかつた。恐怖は遠くへ離れてしまつた。
無抵抗主義─非暴力、非協力の精神原理はここから出発しているのである。そこには微塵の恐怖観念もない。たゞ真理の命ずるままに進むのみである。 それは暴力よりも武力よりも、より困難な心の闘争である、それだけにいつそうの勇気と決意を要する。
この前の戦争中インドでは、英国の対日戦に反抗したというかどで、四万人もの大衆が牢獄にぶち込まれた。しかしガンヂーを指導者とするインド人の返事は
タンクをもつてわれわれの肉体を征服することはできても、心は征服することはできまい
という言葉であつた。そこには、何ものをもつてしても動かすことのできない
恐怖なき心≠ェ頑としてカベのごとく高く固くめぐらされていた。英帝国の権力をもつてしてもどうにもならなかつたのである。
死の恐怖を蝉脱してしまつた者にとつては、もはやいかなる暴力も弾圧も無意味なのである。
続く
蝉脱(せんだつ、旧字体では蝉の右は單)せみがぬけ出ること。つまり古い型を捨てて一新する。旧習を脱するたとえ。

278 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 13:49:42 ID:rauBX/Mp
>>269
>↓人の論旨パクって何言ってんだよ

・・・何よこれ。
保守主義の「漸進性」理論なんてオリジナルでもなんでもない。
そんなんで何か語ってるつもりだったのか。さよーならー

最後にまとめると、
Stateは政治・法治共同体な概念しての国家。
Nationは歴史的な共同体な概念としての国家。
そしてナショナリズムとは、ネーションを愛する感情であり、
ステイティズムではない。Super-Stateが何であれ、
同心円状に衝突する部分での制約はあれど、
ナショナリズムと直接の対立概念とはならない。

>>271も、論旨が全く伝わってこないが、
パールは「ナショナリズムは本源的なものである」と言い、
孫文の言葉を引いて「もしわれらがコスモポリタニズムを
ひろめんと欲するならば、われらはまず、
われら自身のナショナリズムを力強く宣揚しなければならない」として、
国際社会に置いては大きな役割を果たすが、遠大な見地からは自制を強いられるとしている。

だいたい、こちらが示した理解と同じだと思うけど。
あんたがナショナリズムと言っているものは、単なる偏狭なショービニズム(排外主義)であり、
保守ではなく守旧主義、硬直主義なのは明らか。

279 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 13:58:44 ID:bqfRrRyG
>>277の続き
── 文明国であるアメリカが、広島、長崎に原爆攻撃をし、数十万の非戦闘員を殺戮して恥じないのみか、戦勝国たちばを利用して、無法なる軍事裁判によつて復讐したるごときは、まさに野蛮的行為というべきである。
しかし、われわれはこうした文明国にたいして、破壊に対し破壊の態度をもつてしてはならない。復讐を考えてはならない。彼らの良心に訴え、平和をもつて彼らを教育しなければならない。
わたくしは、はるばるインドから日本の友情を乞いに来た。かつて日本は武器をとつて無類に勇敢であつたが、その勇敢さを平和主義のために誇示していただきたい。
インドはふたたび武器をとる日本とは手を握れないが、平和主義にたたかう日本となら永久に握手することができる。
将来インドは日本の援助なしには起ちあがりがたい。
ともに平和を愛し、武器をすてて、世界歴史に残すような平和の偉業を建設しようではないか」
博士の講演が終つて、高山市長らと歓談し、新聞社の玄関口に出たとき、肌寒い深夜の屋外には、聴衆が垣をつくつて待つていた。
博士が姿をあらわすと拍手の波が起つた。博士は二度、三度合掌してこれに応えた。
そのとき中年の婦人が数珠を手に「有難いことです、有難いことです…」と泣きぬれて言葉がつづかなかつた。
「どうしたのですか」博士がやさしく婦人の肩を抱くようにしていたわつた。この婦人にはたつた一人の長男があつた。その長男が戦犯で処刑されたとのことであつた。
婦人は涙のなかに
「こんばんお話を聞かしていただいて、はじめて眼がひらけました。息子も救われると思います。息子は犬死にではありませんものを…」
と泣くのであつた。 なんという切実な平和への祈りか。
人々は感動し、思わず博士にならつて合掌するのであつた。
「平和主義は庶民階級の真率の祈りだ」
この夜の博士の感想であつた。

以上

280 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 14:00:20 ID:kjyrAFAp
>>279の続き

m9<`∀´> ウェーハッハッハ

281 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 14:17:46 ID:rauBX/Mp
パールの京都公演で、
中島が信用できるとしたのは>>92>>276の毎日新聞で、
「平和の宣言」にあるのが>>277>>279と。

小林論文で「平和の宣言の方が、かなり内容が把握できる」と言う方が
妥当にしか見えないな。
「平和憲法」と言ったかどうかという問題ですらない。
(少なくとも、「平和主義と平和憲法を明確に訳し分けている」とは・・・
 唐突に、全く同じ論旨で「平和主義」に変貌する要約が正しい?)

中島は、実に不思議な目と脳をお持ちのようで。

しかも毎日新聞版ではガンジー主義に殆ど触れていないのだから、
内容に関して、中島が「平和の宣言」の記述を利用したのは確実。
どうしようもないね中島は。

282 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 14:28:59 ID:rauBX/Mp
あとはー
ま、これ以上>>271のような、レッテル貼りと罵倒に付き合っても
何の価値も無いが、今回問題なのは、
世界連邦というのは、別にパールが提唱者でもなく、
当時は右派左派問わず、世界中に賛同者がいた。

それに対し、賛同者に各々の思想はあろうが、
今回はパールがどのような世界観を持っていたか、
それが問題であり、パールは明確にナショナリズムを基盤とすることを
肯定している。

そして「現在の国民国家」の権利全てを保護するのがナショナリズム
(恐らく頭の中では、自覚せずステイティズムも含まれていると思われる。)
とする論理では、そもそも国民国家が成り立った際、
パトリオティズムの自制がある程度求められたが、
パトリ(郷土)が無くなったわけではない、という歴史を示したわけで、
根源的否定になっていないと指摘したんだな。

だが、ついに単なる現状追認に堕し、過去と未来へ目を向けることが出来ない
歴史的近視眼に陥った、って感じかねぇ。

現代の具体論なにおいては色々言う事はあるが、
今回、そうした話じゃないと思考を分離できない程度では・・・てとこかな。

283 :282:2008/01/14(月) 14:31:31 ID:rauBX/Mp
そして>>271の言うような「現在の国民国家」の権利全てを保護するのがナショナリズム
(恐らく>>271の頭の中では、自覚せずステイティズムも含まれていると思われる。)
に修正。

ま、結局は現代も「勝者の裁き」の体制は続き、
法の支配と公平は、ろくに適用されていないってことだね。

284 :282:2008/01/14(月) 14:33:34 ID:rauBX/Mp
んー、後半がなんか、パールのことみたいに読めちゃいそうだから、
念を押して修正。

>そして「現在の国民国家」の権利全てを保護するのがナショナリズム
ここ以降は、煽りばっかりなのに自信たっぷりの勘違い>>271君に対してと
明言しとくね。んじゃ。

285 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 15:05:42 ID:bqfRrRyG
『パール判事』p234〜236

第五章の一項目「ガンディー主義と平和憲法」
東京弁護士会館で講演を行った後、パールは早稲田大学に向かった。彼はここで「平和への志向」と題する講演を行い、ガンディー主義の重要性を説いた。
彼はまず、「こんにちの時代は、世界史の上にかつてみなかつた幾多の問題点をはらんだ状態におかれている」とし、世界連邦運動が盛んになりながらも、一方で極端なナショナリズムが勃興していることを憂いた。
そして、原爆の開発により戦争が破壊しかもたらさない状況が現れたにもかかわらず、世界は軍拡の道を進み、対立がさらに激化していることを批判した。 そこでパールは断言する。


私はここにみなさんにはつきり申し上げることのできるのは、この世の中にほんとうの平和を教えたのは、マハトマ・ガンヂー一人であるということである。
私は世界の指導者の中で、平和にたいして信頼できる唯一者は聖雄ガンヂーであると確信する。
[パール 一九五三:三三‐三四]

彼はガンディーの非暴力主義こそが平和的世界を構築すると主張し、「平和のための戦争」を説く欧米人を痛烈に批判した。

また、彼はガンディーの「セルフコントロール論」の重要性を説き、自己を制御できない現代人が原子爆弾の管理をすることの危険性を説いた。
そして、日本とインドが非暴力主義によって手を結び、東洋から世界平和を構築すべきことを強く訴えた。

このような認識は、翌日、京都で行った講演でも示された。
「世界の恒久平和について」と題した講演で、パールは次のように論じた。


続く

286 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 15:12:36 ID:bqfRrRyG
>>285の続き


私は平和的方法によって、いいかえれば武器に対しても無抵抗主義によってあたるという新しい実験を試みようと提唱する。(中略)無抵抗主義は戦争より以上の勇気を必要とする。
日本は武器をもって無類に勇敢だったが、平和憲法を守ることでも無類の勇気を世界に示して頂きたい。
伝統的に無抵抗主義を守って来たインドと勇気をもって平和憲法を守る日本と手を握るなら平和の大きく高いカベを世界の中に打ち建てることができると信じる。
[毎日新聞大阪版 一九五二.一○.三一]
彼はここで、明確に日本の平和憲法を支持し、インドの非暴力主義と連繋することによって世界平和に貢献すべきことを訴えている。
彼にとって憲法九条は、日本人が勇気をもって死守すべき重要なものであり、ガンディー主義を明文化した理想の宣言文であった。

以上

後で『月刊現代』の文章も載せる。

287 :m9<`∀´> ウェーハッハッハ :2008/01/14(月) 15:26:54 ID:kjyrAFAp
載せなくていいよ、ぼけっ

288 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 15:30:37 ID:BD7k61Yv
>>278
論旨は漸進性のみか?
素晴らしい国語力だな
国際法の理念自体が慣習の形成と安定化であり、それが必然的に漸進的なものになることと、
世界連邦による一元的法治は現実の国際法の理念に反することを述べたわけだが。


とりあえず、世界連邦の現実性とそこにおける国家主権、ナショナリズム、
法治の実効性また公平性についての根拠はないということだな。

289 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 15:44:38 ID:rauBX/Mp
>>288
とても論旨を理解してレスしているとは思えない。
あなたの次元が低い。

国際慣習法により成立した物により拘束することすら不能になるという
法治の不完全さを言っているのであり、
国際法が、慣習法か成分法かの議論をするのなら、

もしかしたら「世界連邦」により成文法的に国家を縛ると勘違いしているのなら
基礎知識自体が無い。
法治主義に実効性を持たせる機構が必要と考えるのは当然のことだ。

歴史的近視眼のみならず、法治主義そのものへの理解が無いようだな。

>とりあえず、世界連邦の現実性とそこにおける国家主権、ナショナリズム、

ここでも間違いがある。
「ステイト」の範囲にあたる話で、ナショナリズムの直接否定に移行するのか?
これにアナタは全く答えていない。
こんな程度で小林を嘲笑するなどお笑いだ。
あなたの言動こそ、悪い意味で小林の劣化亜流だ。

290 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 15:45:20 ID:BD7k61Yv
>>278
パールの世界連邦論におけるナショナリズムの実現に関して問題になるのは、
権力関係であると何度言えば分かるのか?
ナショナリズムの概念について講釈しても意味がない。
現実のナショナリズムは国家主権によって実現されている。


ナショナリズムの自制を強いられるとは、
具体的にどのような機構とシステムによってもたらされるのか?
それが果たして公正な法治を保証するものなのか?
一元的法治を実現すれば、当然強大な権力が生じるわけで、それが過ちを犯す可能性はないのか?
これらを何度も問うているわけだが、国語力がないんだな。
全くパールの世界連邦論の弁護になってない。

291 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 15:47:56 ID:BD7k61Yv
>もしかしたら「世界連邦」により成文法的に国家を縛ると勘違いしているのなら
>基礎知識自体が無い。
>法治主義に実効性を持たせる機構が必要と考えるのは当然のことだ。


アホですか?
支離滅裂ですよ。拘束力なくして法治の実現とは言いません。
あなたがキチガイなのはよくわかりました。

292 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 15:54:30 ID:rauBX/Mp
>>290
そもそもアナタは「議論」など出来ていないではないか。
>ナショナリズムの概念について講釈しても意味がない。

ナショナリズムの概念が分からない人間が
ナショナリズムの必要性を語るなど笑止千万。

言葉に対する誠実さすらないようだ。
ステイティズムの事を、ナショナリズムと呼んでいるのか?
それとも「歴史的共同体としてのネイション」を擁護するナショナリズムなのか。
全くそれを区別されていない。

>現実のナショナリズムは国家主権によって実現されている。
現実がどう成り立っているかすら不勉強で、
自分が理解できる範囲の表層論を言うのが「現実主義」?何を言っているんだ。

「ナショナリズムという感情」にネーションステイトの価値があるわけではない、
本来のナショナリズムは、国家成立以前のパトリオティズム(地域愛)を
拡大したものだろう。
そこにステイティズムを含むから、ナショナリズムがおかしな捉え方をされる。

それは前もそう教えたな?それへの返答が聞こえない。

>全くパールの世界連邦論の
世界連邦はパール発案でも何でも無い。これも書いたのであなたの不注意だ。
そこでパールが世界連邦に何を期待するかは別個の話だが、
どう考えてもナショナリズムを前提とした法治主義としてのステイトを志向している。

無論、現実に成り立たなかったことは既に述べたので、
その点に関しての「世界連邦への擁護」など最初からしていないが?
問題はパールにナショナリズムがなかったかどうかだが、これはある。そんだけ。

293 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 15:56:49 ID:rauBX/Mp
>>291
終わってる。
>支離滅裂ですよ。拘束力なくして法治の実現とは言いません。

驚いた。成文法的にと言ったら「法治の拘束がない」と言い出すとは。
ならイギリス憲法は法治主義ではないのだな。良く分かった。

少しでも知っていれば、そんなトンデモ解釈は出てこないのだが・・・

ま、いいや。キチガイだと思っていただけるのなら
キチガイと対話することもなかろう。どうぞお帰りなさい。

294 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 16:04:59 ID:BD7k61Yv
縛らない→拘束力がない


自分で書いてることの意味を理解出来てないようですね。
小学校からやり直してください。
お疲れさまでした。

295 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 16:07:08 ID:rauBX/Mp
>>294
お疲れさま。
ま、いくら罵倒を繰り返しても論理は成長しないと忠告しておこう。

>縛らない→拘束力がない
オレはそこで
>成文法的に国家を縛ると
と書いた。
しかしこれは「成文法的に罰則規定をして国家を統治する」という
意味で無いのは、まず前提知識があれば明らか。
あまりにあなたはレベルが低い。

296 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 16:10:43 ID:rauBX/Mp
国際慣習法や、そもそも事後法であること「ですら」無視されたのが
東京裁判だった。
それを問題にして国際法の実効力を志向する手段を考えたのがパール。
それだけのシンプルな話を、どうしてねじくれて受け取るのだろう?

297 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 16:15:44 ID:BD7k61Yv
あらら。
パールの法実証主義すら否定しとりますね。
残念。

298 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 16:18:27 ID:rauBX/Mp
>>297
「あなたの解釈の中のパール」が何を言っているか知らんが、
あなたの頭が根本的にデタラメっぽいから、どーでもいいかな。

つかさー自分で(かどーか興味ないが)「パールはスーパーステイトが必要だと言った」と
したのをナショナリズムの否定としたから、
ステイティズムとナショナリズムが本質的には別物であると説明したのに、
全くご理解なされない。困ったお人だ。

客観的に見て、四分五裂していて、「熱狂」しているのは
どう見てもアナタです。

299 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 16:42:42 ID:BD7k61Yv
パールが法実証主義者か否か、それと自分が書いたことの関わりも分からんと。
惨めですな。

300 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 17:05:05 ID:3eJsjg+R
http://wanderer.exblog.jp/

301 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 17:06:00 ID:Usv6GkyE
>ID:BD7k61Yv
そういえば
231 :名無しかましてよかですか?:2008/01/13(日) 23:30:37 ID:Hv1bxBo6
検索の仕方を知らんようだな

と、あるがグーグルにて素直に例題の単語を検索した事に何か不満でもあるの?


302 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 18:32:27 ID:+Q2zhp1d
イギリス憲法ってなに?

303 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 18:59:44 ID:c6i7EH4o
今日の産経新聞『正論』に渡部昇一の反論が載っているよ。
西部の実名はあげてないが

304 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 19:40:42 ID:s1Oxlg2C
結局、小林>>>>渡部>>>>西部>>>>>>>>>>>>>中島

という序列になったか。

305 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 19:43:15 ID:iauRC+nM
>>303
くわしく。

306 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 19:45:01 ID:iauRC+nM
見つけた。これか。

http://sankei.jp.msn.com/life/education/080114/edc0801140206000-n1.htm

307 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 20:17:54 ID:BD7k61Yv
>>301
フレーズ検索しなきゃ意味がない
ゴー板はアホが多いな

308 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 20:29:44 ID:Q2Glq6aO
>>304

対米問題では、
結局、小林西部>>>>>>>>>>西尾>>>>>>>>>>>渡部>(圏外)中島
だけどな。

309 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 20:36:41 ID:iauRC+nM
何だよその不等号は。バカっぽいからやめろよ。

310 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 20:38:51 ID:FRJcyrYt
「パール判事は、半世紀おくれて日本が頭をもちあげた時には、
司法先進国の旗にかこまれていたと述べ、
日本は先進国の模倣をするのに半世紀後れた。
そのために、アジアからも歓迎されず、
また先進国からも叩かれたのである。
という意味のことを論じている」

1952年の『日本無罪論−真理の裁き』での田中正明の記述。



311 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 21:18:19 ID:s1Oxlg2C
中島のブログ直ってるな

312 :名無しかましてよかですか?:2008/01/14(月) 21:47:12 ID:YmAvEM7w
コメントつけてやろうかと思ったけどバカが二人で長々論争してるから書く気なくなったよ
また中島が更新したときにでも書くかな

どうせどっちかはここの住人なんだろ?やめてくれんかね

313 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 00:10:00 ID:6PMi/7fR
【正論】上智大学名誉教授・渡部昇一 歴史問題は時事問題である
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080114/edc0801140206000-n1.htm

まさしく正論だが、今の小林たちの論争が身も蓋もなくなるなw

314 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 00:28:41 ID:zgIIIFqd
>>313
あなたの言うことがよくわからんな。渡部と小林は完全に同じことを言っているように見えるんだが。


315 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 00:37:26 ID:mRoeS3GB
>>313
中島・西部の主張が一瞬で消し飛んでるな。やはり渡部の方が役者が上か

≪ガンジー主義であっても≫
ところが最近パル判事について奇怪な妄論(もうろん)が現れている。
パルさんはガンジー主義者であったから、日本の戦争責任を許したわけではないとか、
従ってパルさんは日本の保守主義者がそんなに有難がる必要はないとか。

これは判事個人の思想と裁判の判決の区別を知らぬ幼稚な議論である。
私がドイツで学んでいた頃−偶然にもウエストファリア条約締結地の大学だった−
カトリックの法律学徒にこんな質問をしたことがある。

「もし堕胎が許されている国で、裁判官が熱心なカトリック教徒だったらどうするのか」
彼は簡単に答えた。
「裁判官は、法律によって判断し、自分の宗教的信念は公的場面に出さないことになっている。
 それはウエストファリア条約(1648年)以来の啓蒙(けいもう)主義のためであり、
 今日もそうである」
考えてみれば当たり前の話だ。近代国家の裁判では、
判事個人の信念や宗教を出してはいけないのである。
国際裁判においても同じ精神で法律の適用を行うのが判事の役目である。



316 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 00:40:09 ID:mRoeS3GB
>>299
「通例の戦争犯罪」も国際慣習法に従った主張だけど。
まさか、慣習法である事と実証主義であることが矛盾してると思ってるのか。

ま、殆どの論点に反論出来なかったキミが頭が悪い。

317 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 00:42:20 ID:mRoeS3GB
>>302
イギリスに成文憲法は存在しない。つまり見かけ上、憲法はない。
しかし過去の膨大な文献や一般法を利用して「不文憲法」を形成している。
慣習法すなわち法治主義で無いとするならば、
これも法治主義ではなくなってしまうが。


318 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 00:48:07 ID:mRoeS3GB
>>307
一番アホな煽り虫は貴方ではないか。
成文法的に国家を縛るしか法体系が無いと思っておられる程度で
議論に参加する資格は無い。

319 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 01:17:19 ID:PhUdWMgc
>>301
フレーズ検索とは
pacifist constitution
ではなく
"pacifist constitution"
と検索することです
わかりましたか?アホ

320 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 01:18:02 ID:0vx0wO3m
>>316
相手が書いてないことを仕立て上げても意味がない

321 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 01:27:59 ID:mRoeS3GB
>>320
それはまさにID:BD7k61Yvがやった事だな。
慣習法と法治否定の区別を付けられないのが悪い。

322 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 01:48:32 ID:0vx0wO3m
>>321
日常生活に支障はないか?
頑張って生きてくれ

323 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 07:20:19 ID:f2xKVeJp
>>314
全く同意。

324 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 08:34:33 ID:AUf/8R6w
次のSAPIO発売日はいつ?
月刊現代で叩きつけられた公開討論会に対してどういう態度をとるのか楽しみ

325 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 08:47:12 ID:2YgVzevR
ここで討論だのなんだの言ってるのは中島シンパだけ。w

326 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 08:51:37 ID:1l1/R88+
あまりにしょっぱいんで小林先生もやる気なくしてそうだ

327 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 12:07:29 ID:Ogbai93o
いま学校の売店でSAPIO読んだが、
今年は徹底的にパール問題やるとか言ってるしw

中島さんガクブルだろうw


328 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 12:27:04 ID:WBC4vHtA
パールなんて昔話はもうどうでもいいな。
9条なんてどうせアメリカの都合で作られて
アメリカの都合で消されるんだから。
そういう現在の話のほうが重要

329 :ディゾン、ついに!:2008/01/15(火) 12:59:44 ID:ifgqvbeX
http://topartists.myspace.com/index.cfm?Mytoken=2D32ADFB-E7F6-48AE-9508EE2FA32E4C4A63571070&fuseaction=music.topBands&page=2&GenreID=35&Country=JP&state=&zip=&distance=0&localType=state&xargstringp=&xargstringn=&lastpagesent=1

330 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 23:04:51 ID:+UPFl8MO
大元の一つを無視すれば
目の前の問題すら解決できなくなるものかも。近視眼的、刹那的な思考が
上手いこと行った試し無し

331 :名無しかましてよかですか?:2008/01/15(火) 23:24:25 ID:f4YfH+S5
>>330 まさに至言だね。しかも世上評論家ではなく、大学に職を持つ研究者が
しでかしてしまったのだから、今回の件は、悪しき例として皆が記憶すべきことと思う。

332 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 01:15:19 ID:H9zbEiic
渡部さんの見解。既出ならすみません

http://sankei.jp.msn.com/life/education/080114/edc0801140206000-n1.htm

333 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 01:23:30 ID:H9zbEiic
やはり既出だったようで。渡部さんは役者が一枚も二枚も上だよ。
小林寄りにもとれるし、距離を置いて中立を保っているようにも思える。
何しろ盟友の岡崎久彦さんや田久保忠衛さんがメチャクチャ描かれた経緯
があるからな。

334 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 06:53:59 ID:jh02ILaH
『改造』昭和二十八年三月号
【アジア民族主義の思想的基礎─崩壊する世界文明の再建のために─】
「ナショナリズムの本源」
かかる全世界的現象を、ここに明記するならば、この對立の全貌はあきらかにされるに相違ない。
それは、換言すれば、現代における相對立せる政治的社會的イデオロギーであり、少数者の手に握られた強力な權力の存在を許容している現代社會組織、及び近代西歐ナショナリズム等々である。
現代一流の思想家達は、ナショナリズムの問題、つまり効果的な國際秩序の成立を妨げる種々の障碍が、二十世紀の最重要課題であると主張している。
しかも他のすべての諸問題は、この決定的モメントの附随物なのである。
このような推論は、成程餘りにも單純な論理操作であるかもしれない。
しかしこの問題が世界平和への最大の障碍であり、また歴史的にも最高の問題であると考えられたことは、けだし當然であろう。
この近代西歐ナショナリズムの亞流は日本でもみられたのである。
また中國・インドのナショナリズムも、決してそれと無縁ではなかつたのである。
世界的對立の第一線においても、つまり交戦的たると中立的平和的たるとを問わず世界のいたるところで、この近代西歐の現象
─積極的急進的西歐ナショナリズムの精神─
は、大いなる影響力をもち、現在もまだ活動しているのである。
この西歐ナショナリズムの精神は、實際
「古き部族制 Tribelism の壺にもられた新しきデモクラシーの酒の中の酸つばい酵素」
とも云うことができる。近代西歐民主主義の理想は全人類が兄弟であるというキリスト教徒的直感を、現實の政治に適応することであつた。
しかし、この新しきデモクラシーの理想が、西歐世界に於いてきずき上げた現實の政治というものは、決してキリスト教的でも博愛的でもなく、部族根性に満ちた、好戰的なものであつた。
しかしナショナリズム精神が只單に惡いものだと云う事は出きない。


続く
忙しいから『月刊現代』はまた今度。
今はストックしてたこの論文を掲載する。

335 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 06:56:59 ID:jh02ILaH
>>334の続き

レナンはその古典的定義に於て次の如く云っている。
「民族は、霊魂であり精神的原則である。二つのものが一つに合してこの霊魂をかたちづくつている。…一つは、人々が過去の記憶の豊富な傳承を共有しているということである。
他の一つは共同して生活してゆこうという實際的な了解であり、共同の世襲財産を最大限に増やしてゆく努力を續けようとする意志である。
民族の生存と云うものは、個人の生存が生命の連續的な主張であるように、民族の日々の意志によるものである。」
かくて、いかに今日の現象形態がゆがめられていようとも、ナショナリズムというものは、本源的なものであり、人類の政治生活の發展途上に於て必ずしも悪い役割を果して來たものではない。
この危険なナショナリズムの酒を、いささか呑み過ぎた感のあるヨーロッパ人、或いはアメリカ人達は、今日では、こういう意見に賛成したがらないかも知れない。
しかしたとえ彼らがそうであつても、過去數世紀にわたつて西歐が通過して来た發展の段階を今日まさに經過しつつある諸國は、
この本質的にして、創世的なるナショナリズムの段階を跳びこえることは出きないと感ずるだろう。

孫逸仙も次の如き言を吐いている。

「我等辱しめを受けた諸民族は、コスモポリタニズムを云う前に、先ず何よりも先に、諸國に對して民族的な自由、平等の地位を回復しなければならぬ。
我等は、コスモポリタニズムというものが、ナショナリズムからこそ生れ來たものである事を知らねばならない。
若し我等がコスモポリタニズムを擴めんと欲するならば、我等は第一に我等自身のナショナリズムを力強く宣揚しなければならない。」
若し彼の云うようにナショナリズムが、國際社會全體の見地から見て積極的役割を演じ得るとすれば、それが、遠大な見地からして自制を餘儀なくされるだろうと云うことは、疑問の餘地のない所である。
ナショナリストは、民族というものがたしかに實體のある價値たかきものではあるが、他と關連してのみ、價値を持ちうるものだと云うことを理解しなければなるまい。
又、彼は諸民族の間の相違を見出すことは容易であるが、未だかつてその間に正當な順位づけをつけるのに成功した人間はいないということをも忘れてはなるまい。

続く

336 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 06:59:47 ID:jh02ILaH
>>335の続き

全くシュワルツェンベルガー博士の云えるが如く
「當然のことのように西歐文明に規準を置いて諸民族の價値を判定すると云うことは、西歐を犯罪者にした─極東については殊にそうだ─あの澤山のまちがつた假説の一つにしか過ぎない。」
民族的社會の使命は人々の持つている能力の全てを完全に伸展せしめることにある。
これなくしては、人々の間に競爭が行われる場合、それによつて有利な就業の機會があらゆる人々に、至る所で與えられる事にならない。
むしろ反對に階級間、國家間の不一致が増大するだけであろう。
人々の能力を伸ばし就業の機會を與えると云うことは、民族的社會の存立それ自體に奉仕することであり、又、精神的窮乏が現われる以前にすでに存在している物質的窮乏を解決することになるのである。
そしてそれはとりも直さず個人の絶對的な權利が保證されると云うことである。
しかし、民族國家というものは、今日その最高の發達段階に達している諸社會組織の中で、それ程確固とした完全なものだとは考えられない。
民族的利己心というものが、民族國家が生存せんとする以上直面せざるを得ない國際環境そのものによつて生み出されたのだと云うことは、否定出来ない事實である。
國家間の貪欲、侵略欲にしても同じ源からであるし、つまる所、諸国家間に國力、
文化水準の不均等がある時、遠い将來ということを考えに入れた場合でさえ、
永久的な諸國家間の均衡の上に立つた人類の連合組織をつくるということが殆んど不可能だというのも、やはりかかる國際環境の存在するためだという事になる。
しかしナショナリズムというものが全世界に擴がる過程で、その好戰的な部族的性格を無くしたのかと云うと、必ずしもそうではない。
これは未來の平和にとつて好ましからぬことである。同時にこのことは、
もし我々が現代の種々の政治的潮流や對立する文化的理想を研究し、それらの諸傾向が抗爭し、撃滅し合うのをやめさせ、反對に相互に、強め合い支持し合うようにするためには、如何にすべきであるかを、
進んで學ぼうとしないならば、ますます激烈な破壞的性質を強大にしてゆく西洋の戰爭は全世界をハメツの深淵に投げ込む可能性があることを意味している。
以上
次の項目へ続く

337 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 08:04:03 ID:jh02ILaH
『正論』2月号にて既に小林さんは、パール判事が「判事」であることを西部さんが完全に忘れ去っていることを指摘。
例えば、
p152
──どうやら西部は、判決書とは裁判官が自らの思想信条・或いは主義などを開陳する場ではない、ということすら失念しているようだ。──
のように。

これを指摘するとパール判事は判決書で世界連邦論に言及していた。
だとか難癖をつけてきそうなので言っておくが、これは、法の支配下にある一個の国際団体(世界連邦)のみが戦争を裁けるとし、現在の国際法では裁けないということを例示したに過ぎない。



338 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 08:06:38 ID:9eGw6BjZ
>>334
>忙しいから『月刊現代』はまた今度。
現在発売中のやつだろ?
丸々の転載はさすがにまずいぜ。
今月中は論外として、
来月以降にしてもバックナンバー購入があるわけだしさ。
やるなら著作権法の引用ルールに沿ったかたちでやらないと、
他人の学問的誠実を批判してる場合ではなくなる。

339 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 08:10:14 ID:jh02ILaH
渡部氏について、彼が一枚上のような意見があるが、それは単なるある種の政治的な立ち回りの上手さか?
彼はこれで終わらせるつもりか。それとももう少し論じるつもりか。

いずれにせよ大亜細亜悲願之碑や靖国神社の遊就館に展示されている
『平和の宣言』「パール博士の日本日記」収録の広島弁護士会での講演等、東京裁判以後の彼の言動についても中島は、従来の解釈に対して批判し、新たに自己流に解釈(妄想)している。
この中島の妄想に対して、しっかりと批判しているのは「漫画家の小林よしのり」だけである。
批判の爼上に挙げられた右派論壇側からまともな反論は一切ない。
そしてそのような様子を見てイキがっているのがサヨクである。
サヨク学者が好意的に書評をし、帯裏に書いてあるように、パール博士が「平和憲法死守を主張し続けた。」
という捏造が吉田清治のデマ本のようにサヨク宣伝によって、既成事実化されてしまう恐れがある。
そのような権威主義とデマゴギーとの闘いであるということが、平和ボケした保守論壇には、見抜くことができない。
事態の深刻さというものがまるで理解できていない。
何度「ウソも百回言えば本当になる」式のサヨク的既成事実化戦法にやられてきたのか分からないようだな。
いくら中村燦氏が桜チャンネルでささいな反論しようと無駄なのである。
向こうはNHKの全国放送だ。
8月にかなりの人間が洗脳されただろう。
このような物量作戦で押されていくのである。
気付いた時には、手遅れで、一から論じるのがバカバカしくなるくらいデマが既成事実化されていることだろう。
そしていつものことながら、デマがさも真っ当な話であるかのように持ち上げられ、それ以外は、史料検証など一切顧みられず、罵倒され、極右のレッテルを貼られるのであろう。
保守バブルも安倍前首相の墜落によって風前の灯火だ。
これもサヨク運動の結果だが・・
まつたく、サヨク運動の凄まじさにだけは、頭が下がる。

340 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 09:43:28 ID:f2AOMVcY
「パール判事は、半世紀おくれて日本が頭をもちあげた時には、
司法先進国の旗にかこまれていたと述べ、
日本は先進国の模倣をするのに半世紀後れた。
そのために、アジアからも歓迎されず、
また先進国からも叩かれたのである。
という意味のことを論じている」

1952年の『日本無罪論−真理の裁き』での田中正明の記述。

341 :大輔と大悟の呉越同舟:2008/01/16(水) 10:59:40 ID:MfYsMjlO
小林よしのりって 中島岳志と、パール論争での一点の立場の相違がなければ 反小泉、竹中の反ネオリベラルでスクラム組んでたんじゃない、朝日保守で共闘

ネオリベ保守も、朝日保守も嫌いなようだな 一点の相違が許せないらしいが 

342 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 11:17:42 ID:zO9ML0wH
>>340
>>182
それ以外にも、既に膨大な資料でパールの意見が示されてるのに、
そんな怪しげな物を部分的に出されても意味ありませんよ。

自分の意見もないようだし、悪い意味で古い2ch的なコピペバカ。
つか、「四方先進国」の誤字じゃないの?

343 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 11:45:19 ID:zO9ML0wH
まいいや、>>340
お前、『日本無罪論−真理の裁き』のそれの前後の文章と文脈、知ってるか?

そこしか知らないのなら、中島本からの部分的引用と看做し、
中島の姿勢から、そんな物には何の価値も認められなくなるぞ。

>>341
ただ、保守をやめると言ってる小林が社民主義経済を志向するのはともかく、
中島にそれを言う資格は無いんだよなぁ。保守とネオリベってかなりの部分一致するし。

344 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 11:47:01 ID:zO9ML0wH
まーどーせ、どこぞのサイトからコピペしたんだろーけど。
背景が真っ青だろ、そのサイト。そして中島信者。

ま、原典は見つからなかったそーだね、そこでも。

345 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 12:26:15 ID:jh02ILaH
>>338
まず心配し、忠告していただいたことに感謝する。
有難うございます<m(__)m>

が、もとより丸々載せる気なんかない!!!!!!!!!!(笑)
今までもしてません!!
そしてそんな予告もしていませんから!!

ただでさえ中島の文章なんか打ち込むのすらめんどくさいのに・・
彼が毎日新聞大阪版の記事を採用した理由を載せるだけ!

それに全部引っくるめてながったらし〜く説明、批判もする(これがめんどくさい)から結局引用の範囲におさまる。

後、2chの掲示板って「刊行物」や「印刷物」
じゃないよな?
それならば
「転載」という意味を『新明解国語辞典第六版』で調べると
─他(既刊)の著作物に載っているのと同じ文章や絵・写真を別の印刷物に載せること。──
また『デジタル大辞泉』──既刊の印刷物の文章などを写し取って、そのまま他の刊行物に載せること。──
俺はこんな酷いことしてないから。
2chに一部分を載せて、説明、批判して皆と議論するんだから問題ない。
まあ55、6年前の雑誌掲載の論文や新聞を長々と載せていたから勘違いさせてしまったのだろう。
とにかく、最後に念を押して皆さんに言っておくが、現在発売中の雑誌の論文を丸々載せるなんて言っていないからな。
もとより丸々全部載せる気もない。

346 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 12:39:39 ID:GTCgmSrO
>中島は、従来の解釈に対して批判し、新たに自己流に解釈(妄想)している。

従来の解釈って誰の?
専門家を挙げてくれ。

347 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 12:44:26 ID:jh02ILaH
>>346
すまん不正確な記述だったな。

中島が勝手に妄想して作り上げた従来の解釈に一人で批判し、さらに妄想解釈をした。

の間違い。


それではまた夜に。

348 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 12:48:45 ID:zO9ML0wH
確かに中島が勝手に「右派論壇」とやらを作り上げて
それを批判しているだけだからな。
この点、牛村が「左派のパール解釈」を書いたのは新鮮だった。

まだパール判決そのものを否定する方が筋は通っている。

まぁ中島本は、殆どが憶測と妄想に基づいていて
資料としての価値は無いんだよね。

349 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 12:48:46 ID:GTCgmSrO
大東亜戦争肯定論と解釈することを批判してるんだろ

350 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 12:53:21 ID:zO9ML0wH
>>349
「パール判決書は大東亜戦争肯定論では無い」と言うのは、
上で渡部昇一が言ったように、判決は個人の心理を示さないのだから当然。
しかし中島は、パールの「人格」と法的解釈を混同し、
パールという人間そのものを、日本断罪者に仕立て上げているが、
普通に資料を読めば、それは有り得ない。

なおパール判決は、林房雄の「大東亜戦争肯定論」では部分的にしか扱われていない。
そして対米戦争の論拠として、パール判決で示された事実関係を出すのは正当だ。

そもそも田中正明の本は「大東亜戦争肯定論」が出る以前の本だから、
「パールを大東亜戦争肯定論に利用」なんてのは、時間軸もデタラメだけどな。

351 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 12:55:56 ID:GTCgmSrO
>>351
碑文やら講演が判決書にあるのか
アホですか?

352 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 12:57:19 ID:zO9ML0wH
>>351
自分がアホだと認識されたようで。
なお渡部の論の要旨は>>315な。この抜き出しに不満なら>>313から原文をどうぞ。

普通に読めばパールは大東亜戦争の理念そのものは認めていた事が明らかなのに、
「筧住職が前半を書いた」とか、無理に無理を重ねて否定している。
これは中島独自のデンパとしか言いようがない。

353 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 13:09:48 ID:GTCgmSrO
碑文は普通に読めば、壇家の兵士と原爆被災者への追悼だが。
アジア解放の理念と戦争という手段の是非は本質的に異なるしな。
まぁ陸軍を政党と言ってしまうパールのことだから、その真意は分からんが。

354 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 13:14:42 ID:zO9ML0wH
>>353
つまり原爆被害者も「抑圧されたアジアの解放のため
その厳粛なる誓いにいのちを捧げた魂」に含まれていると言うんだな?
これは大亜細亜悲願之碑の後半だから、
中島ですら、パール本人の意思と言葉である事を疑っていない。

それ以前に貴方の場合、すぐに他者を罵倒する言葉が出る。
マトモな議論ならば、そんな言葉を一言でも出した時点で退場ですよ。
中島を擁護する側の方が、「熱狂」していて「議論」をせず、
「2ch的、匿名のみで通用する感情論」の域を出ていないのは皮肉ですね。

355 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 13:16:43 ID:GTCgmSrO
IDも見ず、的外れな渡部の話持ち出したらアホと判断するわな

356 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 13:20:47 ID:zO9ML0wH
それから「戦争という手段」をパールが否定している事と、
それが「アジア解放の為」であったとする肯定は両立する。

はっきり言って大東亜戦争の最後に、原爆で失われた命を
「アジア解放の為に命を捧げた」とするならば、
パールは日本のアジア解放の意思は認めていたという事。
中島の「パール判事」など、実質的には「中島の個人文学」なんだから、
歴史としては役に立たんよ。

>>355
それ以前に、貴方からマトモな意見が聞けたためしが無いのだが。
短文で他者を罵倒するばかりで笑ってしまう。

357 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 13:23:11 ID:zO9ML0wH
では昼休みおしまい。ノシ

358 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 13:24:37 ID:zO9ML0wH
ま、最後に口を悪く忠告すれば、ID:GTCgmSrO氏は感情論ばかりで
「頭の悪い人間」だ。もう少し狭量を直すべく、広い範囲の学問をせよ。

359 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 13:25:37 ID:rHHwYwkc
>>355
346 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 2008/01/16(水) 12:39:39 ID:GTCgmSrO
>中島は、従来の解釈に対して批判し、新たに自己流に解釈(妄想)している。

従来の解釈って誰の?
専門家を挙げてくれ。

349 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 2008/01/16(水) 12:48:46 ID:GTCgmSrO
大東亜戦争肯定論と解釈することを批判してるんだろ

351 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 2008/01/16(水) 12:55:56 ID:GTCgmSrO
>>351
碑文やら講演が判決書にあるのか
アホですか?

353 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 2008/01/16(水) 13:09:48 ID:GTCgmSrO
碑文は普通に読めば、壇家の兵士と原爆被災者への追悼だが。
アジア解放の理念と戦争という手段の是非は本質的に異なるしな。
まぁ陸軍を政党と言ってしまうパールのことだから、その真意は分からんが。

355 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 2008/01/16(水) 13:16:43 ID:GTCgmSrO
IDも見ず、的外れな渡部の話持ち出したらアホと判断するわな


360 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 13:28:15 ID:GTCgmSrO
全く論理になっとらん。
アホ乙

361 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 18:14:00 ID:XsgADwHB
>>360
いやそれ以前にあなた様がおかしいですね

362 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 20:06:10 ID:jh02ILaH
>>342
>つか「四方先進国」の誤字じゃないの?

That’s right!

中島本p193では、引用した『日本無罪論─真理の裁き』(12〜13頁)の文章が「司法先進国」となっているが、原典の昭和二十七年四月二十八日発売の初版、
昭和二十七年7月1日第一刷印刷の重版、
にあたってみるとどちらとも「四方先進國」と書いてある。
何にせよ呆れる・・・散々批判した相手の文章を改竄してしまうとは・・・意味も全然違ってくる。
「司法先進国」なんて中島支持者のバカが勘違いして、何もわからず、イキガってしまったじゃないか・・・

こいつは『月刊現代』の文章もふざけまくりだし、本物の馬鹿だなあ。

バカが載せてる文章の前後は、『月刊現代』ともに今日の深夜くらいに載せるつもり。

363 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 20:38:36 ID:pQ0yGqd7
>>362
司法先進国わろたw 常識的に考えればおかしいって気づくよなw 
それにしても、あなたもよく調べてるねえ。月刊現代の論文の批判も楽しみにしてるよ。


364 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 20:38:44 ID:fe1xCp3J
期待あげ

365 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 20:51:39 ID:rHHwYwkc
俺もあげ

366 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 23:15:37 ID:H9zbEiic
>>350
まず法の問題で「裁判は思想信条を開示する場所ではないということ」、次にパールは東京裁判が
不当な裁判と分かりつつも、法の精神に基づき被告全員無罪であることを冷徹に下したこと
それも判事という立場で。中島がそうした基本的な法的、歴史的前提
に立った上で小林を批判するのなら分かるが、そういうところをウヤムヤにして
一般庶民受けしそうな「パールはガンジー主義で平和憲法を守れ」というデマを流布し定着して、ついでに小林のような
「右派」のいうことは言語道断」という風潮をも定着させたいのだろう。
もはや宗教の領域だよ、サヨクという人達は。

中島がインチキなのは誰がどう考えても(一部の不誠実な人達は除いて)
明らかなのに東京裁判の存在すら知らないほとんどの人達には>>339

>何度「ウソも百回言えば本当になる」式のサヨク的既成事実化戦法にやられてきたのか分からないようだな。
>いくら中村燦氏が桜チャンネルでささいな反論しようと無駄なのである。
>向こうはNHKの全国放送だ。
>8月にかなりの人間が洗脳されただろう。
>このような物量作戦で押されていくのである。
>気付いた時には、手遅れで、一から論じるのがバカバカしくなるくらいデマが既成事実化されていることだろう。

という様にますます洗脳されていくだろう。

>>339 >右派論壇側からまともな反論は一切ない。

そりゃそうだろう。「パール=ガンジー主義=護憲」は中島の独創ではなく、ウラで糸を引いている
いわゆる保守論壇側の人物の存在がかなりの確率であるからだ。
(疲れているので乱文失礼しました)

367 :名無しかましてよかですか?:2008/01/16(水) 23:47:09 ID:rHHwYwkc
保守論壇側の人物って誰だよ

368 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 01:25:54 ID:udB9OaTz
>>362
d すごいねあなた

>中島本p193では、引用した『日本無罪論─真理の裁き』(12〜13頁)の文章が「司法先進国」となっているが、原典の昭和二十七年四月二十八日発売の初版、
>昭和二十七年7月1日第一刷印刷の重版、
>にあたってみるとどちらとも「四方先進國」と書いてある。

こりゃ・・・「憲法九条はガンジー主義」より致命的だなwwwwwwwww
なかじまがくし(笑)

369 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 01:57:38 ID:AzeRQhj4
まあこれは単に誤植だろうな。でもこの誤植に気づかずに得意げにコピペ繰り返すバカを
生んでしまったという意味では、罪深い誤植だなw

てか、一冊の本に誤植も含めてここまででたらめが書かれてるってのも凄まじいものがあるな。
中島が学者失格なのは言うまでもないが、中島以上に編集者もこの仕事はプロとしてどうかと思うぞ。
とにかく、このスレでみんなで間違いを検証していく作業は面白いね。
「と学会」の人たちの気持ちが分かるw

370 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 02:00:52 ID:udB9OaTz
しかも「司法先進国」だとさ、東京裁判でデタラメやらかした戦勝国を
「法的感覚に優れていた」とパールが見ていた、なんて解釈が可能になるしなぁw
これはヤバすぎるわw

371 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 02:24:36 ID:udB9OaTz
>>366
そうそう、結局なかじま(笑えすぎて、いま漢字で書く気しない)は
パールの「人格」を勝手に作り上げて、
「こういう人だから小林が使っちゃいけないんだい!」て事だけだもんな。

しかしそもそも、個人の私的心情と公的な法的判断が違うってことの意味は、
「それぞれ(ある程度)別の人格の判断」と言えるしねぇ。
なかじま(笑)の姿勢は、最初から何の意味もないんだよね。
そんなんで本まで書いてしまったから、とことん笑かしてくれるんだろうねw

>一般庶民受けしそうな「パールはガンジー主義で平和憲法を守れ」というデマを流布し
>定着して、ついでに小林のような「右派」のいうことは言語道断」という風潮をも
>定着させたいのだろう。 もはや宗教の領域だよ、サヨクという人達は。

そうそう、昔から変わらないサヨク黄金パターンで、
最初に無謬性に当たる物を決めてしまい(護憲とか)
情緒による「俗情との結託」で、「なーんとなく「相手方(右派)」のイメージ
悪くしとけば、愚民は騙せるからおk」って姿勢だからね。
ちっとも進歩してない。

今回、小林が動かなかったら、一体どーなってたことやら。

372 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 04:40:01 ID:AAptsVFO
「司法先進国」は単純な護持誤植に留まらない中島の失敗。
だれか、公式ブログに書き込んで教えてあげたほうがいいと思うw

「ネット君臨」を絶賛した彼に
「2chで指摘されましたよ」と付け加えていうのも面白いww
(初版以外は直っているかもしれないけど)

373 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 10:16:51 ID:9SLSWhn6
>>370
「司法先進国」って意識的に改竄してたら、相当なもんだな。もうイッチャッテルよ。こいつ。

374 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 11:56:30 ID:zXmGpLaG
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
バカウヨ乙, 2008/1/16
By くま - レビューをすべて見る

ここで頭が悪い癖にいっちょ前に書評(にもなってない珍文)書いてクサしてるつもりの
バカウヨがぎゃんぎゃん吠えてるせいで本書が売れて売れてしょうがないww
心からバカウヨ乙ww著者にかわって心からお礼申し上げるwww


375 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 12:12:01 ID:9SLSWhn6

今見たら、それ即座に消えたみたいw

376 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 12:25:28 ID:9SLSWhn6
コメント・書評 勝ち目の無い戦いを始めてしまった中島岳志くん 塩津計 2007/11/27 16:54:18  評価 ( ★マーク )★★★★★
http://www.bk1.jp/product/02903555
心情左翼の中島君。「中村屋のボース」でやめときゃいいのに、よせばいいのに「インドについては、
俺のほうが詳しいんだぞ」とばかり「パール判事」を本にして、これをネタに安倍政権のパール判事遺族訪問にケチをつけた。
「極右安倍がバカな行動に出た。パール判事の『真意』も知らず、インドを巻き込んでの浅薄な『価値外交』なんか展開するな
。恥を知れ。お前の魂胆は中国包囲網の形成だろう」とやらかした。私はインドを巻き込んでの価値外交のどこが悪いのだと思うのだが、
中島君は思わなかったらしい。どうしても「アジアは友であり連帯しなければならない」と言いたいらしい。
でも、日本の価値外交なんて、ロシアや中国が展開している露骨な『価値外交』に比べればかわいいもので、
それにそもそも中国包囲網なんて出来ないし、安倍政権自身、中国包囲網なんていきなり形成しようなんて思っていなかった。
外交というのは囲碁に似て、そのときはなんでもないように見えた石の置き方が、後になって決定的に重要な布石だったなんてことになるものなのである。
だから、そのときは意味の無いように見える石でも、とにかく置くことが重要ということもあるのだが、中島君にはこれが我慢ならなかったようだ。
全く一方的なドグマのとらわれ人となると、白いものも黒く見えてしまうようだ。あと、中島君の計算外だったとは思うが、
安倍攻撃に現を抜かして「勝った」つもりでいたところ、小林よしのりという「歯牙にもかけていなかった」伏兵から、
思わぬ攻撃を受け、防戦一方となったことだろう。かたや下賎なる漫画家。かたや北海道大学大学院法学部准教授。


377 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 12:26:21 ID:9SLSWhn6
片方は、はじめから失うものをもっていない捨て身の攻撃が可能な男。片や戦に巻き込まれれば巻き込まれるほど失うものばかりで得るところの何ももたないカタギの職業。
この勝負、初めから小林よしのりが断然優位にたって開始されたわけだが、経過は案の上である。
小林の言論はネット上で数々の疑義が呈されており、その言論はトータルとしてみれば、穴だらけ、間違いだらけで信頼性は低い。
にもかかわらず「寸鉄人を殺す」ではないが、時折散発的に放たれる「流れ弾」のような小林の指摘は結構いい線をついているものがあるのである。
パール判事が広島の原爆慰霊碑の碑文「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませんから」を読んで「これでは誰が加害者かわからないではないか」
と激怒した事実を巡るやり取りや、同じく広島の本照寺の「大亜細亜悲願の碑」をめぐるやり取りでは小林に軍配が上がりそうである。
中島君は調子こいて安倍を叩いているうちに、小林よしのりという手ごわい(悪い)相手を喧嘩相手に選んでしまったようである。


378 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 12:32:40 ID:9SLSWhn6
で、中島のブログに対談集の宣伝がいつまでも掲載されないのは、西部に「小林に謝れ」と書かれたからかな。



379 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 12:47:02 ID:DyKjT+tO
>>376
この御仁の書評を見るとおかしいぞw

http://www.bk1.jp/review/0000126184



380 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 12:51:22 ID:9SLSWhn6
>>379
そうだな、確かに問題があるなw

で、別のhttp://www.fben.jp/bookcolumn/archives/2007/10/post_1588.html
これなんだけど、「現役弁護士」が読んでの感想よ。
中島をまるごと信じちゃってるんだよな。ま、弁護士にはサヨク多いけどさ。


381 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 13:53:57 ID:fenpSK/k
菅原裕弁護人は、パル判決書の特色は、博士の高邁な宗教の哲理により、
梵語の「リータム」(真理)を信条としたことにある、といっておられる。

382 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 13:59:20 ID:DyKjT+tO
>>381
サンスクリット語の真理って「オーム」でなかったんだ。
リータムぐぐったけどヒットしないや。



383 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 14:28:29 ID:1bq5iyw8
>>377
>小林の言論はネット上で数々の疑義が呈されており、その言論はトータルとしてみれば、穴だらけ、間違いだらけで信頼性は低い。

こういうこというやつが一番信用できないんだが
一つでもその穴を指摘できないくせに

384 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 14:29:27 ID:fenpSK/k
リタムだとヒットする。
サンスクリット語の日本語表記は一定してないようだからな。

385 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 14:53:29 ID:DyKjT+tO
>>384
ああ、なるほど〜。dクス。


386 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 15:06:49 ID:zXmGpLaG
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
バカウヨ乙, 2008/1/16
By くま - レビューをすべて見る

ここで頭が悪い癖にいっちょ前に書評(にもなってない珍文)書いてクサしてるつもりの
バカウヨがぎゃんぎゃん吠えてるせいで本書が売れて売れてしょうがないww
心からバカウヨ乙ww著者にかわって心からお礼申し上げるwww


387 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 17:49:34 ID:oGJvj4/E
『月刊現代』
「小林よしのり氏にガチンコ討論を申し込む」
p89上段で
11月6日広島で行われた演説と10月30日京都で行われた演説が第一部に収録されていないのが大きな問題だと述べる。
さらに──京都での演説は前述の通り「平和憲法」をめぐって小林氏との論点になっている演説であり、広島での演説は靖国神社の遊就館にも展示されている極めて重要な演説である。──
と述べる。そして全国各地での他の演説のほとんどが第一部に全文に近い形で収録されていることから、京都の演説と広島の演説について
──パールの演説を代表すると言って過言ではない二つの演説が、なぜかここには一切収録されていない。──と訝しがる。

p89下段ではこれらの演説が田中氏が書いた手記である第三部に
──前後の文脈を削る形で、数段落のみ部分的に「引用」されている。──と述べる。

p89下段〜p90上段では
第二部や第三部の史料選択方法を述べ、
──しかし、問題は第一部に収録されず、この手記の中で【のみ】断片的に引用されたパールの演説の取り扱いである。
先にも書いたように、京都で行った演説と広島で行った演説は、全体の論旨や文脈がまったくわからない断片的な形で、田中氏の手記の中に引用されている。
他の演説同様、いやそれら以上に第一部に全文に近い形で収録されてしかるべきところだが、不思議なことに、ほんの数段落のみ切り取り、田中氏が書いた文章の間に挿入するだけにとどめられている。──
と、更に念を押して強調し、訝しがる。
(注)【】は原文では太字の強調。

一応書いておくが、当然のことながら中島は、田中正明氏の改竄問題を前提に論じている。

388 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 17:52:57 ID:oGJvj4/E
>>387の続き

p90上段で毎日新聞大阪版を引用。
昭和二十七年10月31日の毎日新聞大阪版の全文は、>>92>>276に既に載せているので中島の引用箇所は、各々確認をよろしく。
──無抵抗主義は戦争より以上の勇気を必要とする。
日本は武器をもって無類に勇敢だったが、平和憲法を守ることでも無類の勇気を世界に示して頂きたい。
伝統的に無抵抗主義を守って来たインドと勇気をもって平和憲法を守る日本と手を握るなら平和の大きく高いカベを世界の中に打ち建てることができると信ずる。
私ははるばるインドから日本の友情を乞いに来た。
再び武器をとる日本となら手を握ることはできないが平和主義を守る決心をした日本となら永久に手をつなぎ、世界歴史に残る功績を立てることができると思う。──の箇所を中島は抜き出している。
これをもつて、平和憲法と平和主義が明確に訳し分けられている。と主張。
次にp90下段で
新聞記事を比較検討するために『平和の宣言』(245頁)の一部を、先に抜き出した新聞記事の一部と同趣旨の箇所として抜き出している。
『平和の宣言』該当講演は、>>277>>279で全文載せているので各々確認をよろしく。
──わたくしは、はるばるインドから日本の友情を乞いに来た。かつて日本は武器をとつて無類に勇敢であつたが、その勇敢さを平和主義のために誇示していただきたい。
インドはふたたび武器をとる日本とは手を握れないが、平和主義にたたかう日本となら永久に握手することができる。 ──
の箇所を中島は抜き出している。

そして、最後の「平和主義」の部分が一致しているが、前者の「平和憲法」と「平和主義」の訳語が異なることを述べる。


389 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 17:53:55 ID:oGJvj4/E
>>388の続き

史料選択について最後に──このため拙著では(1)田中氏による引用が『平和の宣言』の第一部に全文掲載されず、第三部の田中氏の手記のなかに断片的に挿入されたものである点、
(2)毎日新聞大阪版の記事が「平和憲法」と「平和主義」を明確に訳し分けている点、の二点を鑑みて、毎日新聞の記事がパールの発言をより正確に反映したものであるという判断を行った。──
こう結論づけている。
次は毎日新聞大阪版の演説要旨からパール判事が平和憲法、特に憲法九条にガンディー主義を見出そうとしているのではないか?
と妄想しているがとりあえずそれは置いといて、まず中島の杜撰な史料選択について批判することにする。
長くなるので批判は土日に行う。

390 :大悟と大輔の呉越?同州?:2008/01/17(木) 19:25:49 ID:9UqfHuWL
とりあえず 小谷野敦、渡部昇一、小林よしのり、牛村圭VS 西部邁 中島岳志、御厨貴ら 参戦者 対戦者が我よ我よと続続集まったが

パールでどこまで引っ張るんだ 小林も、ウヨサヨが正しかったら自分から折れてもいい、嫌いな奴、敵に認めるべき所があれば褒める位の事は言ってたが





391 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 19:36:46 ID:RpNpjyi8
何が問題なのかというと、中島をかばう側が誰もパールの原文に当たらずに、
中島の本だけ読んで、中島のトリックに沿って、評価してしまうとこなんだよ。
だから、まず、大切なのは、パ^ル判事の言行録を誰にもわかる形で出版する。
そうすれば、中島なんて、ぐうの音も出なくなるだろ。

頭が悪いのは誰か、パールを評価するのに適切なのは誰か、
源資料とでもいったものが公になってないとこでああだこうだというから、話が馬鹿な方向に進む。

中島は馬鹿に間違いないが、なぜ反論できてるかというと、
ここにアップされたような資料が、共有されてないから。

ほんとばかばかしい。

392 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 19:41:02 ID:RpNpjyi8
中島は敵ですらない、チンピラさ。サヨクの使いっぱしり。

393 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 19:42:12 ID:RpNpjyi8
だが、こいつを野放しにすると、従軍慰安婦の二の舞になるから、
小林は、徹底的に潰そうとしてるんでしょ。




394 :大悟と大輔の呉越?同州?:2008/01/17(木) 19:42:12 ID:9UqfHuWL
391≫
   それはまるで俺たちが ただの自己啓発セミナーを有名塾だと賛美するようなお話だね

   え? 違う?

395 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 19:42:50 ID:RpNpjyi8
>>394
お前は引っ込んでろ、吉外。

396 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 19:45:17 ID:RpNpjyi8
お前を相手にするようなもんだよ。ばかばかしいのは。すっこんでろ。吉外

397 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 19:45:40 ID:RrojoZWa
>>391
>何が問題なのかというと、中島をかばう側が誰もパールの原文に当たらずに、
>中島の本だけ読んで、中島のトリックに沿って、評価してしまうとこなんだよ。

まさにその通り。本来なら、論争になどならない資料の扱い次元の問題だ。

398 :大悟と大輔の呉越?同州?:2008/01/17(木) 19:48:31 ID:9UqfHuWL
395−396≫
       中島岳志ばりのチンピラ風情が 偉ぶってるんじゃねーよ

399 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 19:52:02 ID:DVrPeA5v
>>397
実際、現時点でやりとりだけを見れば、「論争」になっているのは、小林−中島だけなんだけどね。

400 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 20:16:15 ID:AzeRQhj4
「平和の宣言」、大学の図書館で借りてきた。
帯には、「日教組教育文化部推薦」って書かれてて、文化部長が推薦の言葉を書いてる。
昔は日教組もまともだったんだねえ。


401 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 21:01:47 ID:oGJvj4/E
>>400
日記には、サヨク中島が喜びそうな箇所があって、説明しければならない箇所だが、日記と掲載済みの史料を重ねて読めば、ほぼチェックメイト決定だろ?

402 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 21:05:13 ID:RpNpjyi8
>>398
何かお前には、気色の悪さを感じるよ。ヒキコモリの30男の気色悪さだ。
そういう人間が相手にしてもらおうとここまでやってくるのは気色悪くて仕方がない。

403 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 22:11:53 ID:oGJvj4/E
さて中島が自著p193で引用した
『日本無罪論─真理の裁き』(p12〜13)
の前後の文脈を載せる。
が、その前にこの『日本無罪論─真理の裁き』(以後、重版または初版)について重大なことがある。
それは、重版の際に本書に載せられたパール判事から田中正明氏への二通の手紙のことである。
これの経緯について述べつつ、手紙の原文を全文載せる(一通目は全文訳だけ)。

まず、SAPIOで掲載された三通の手紙とは別物。
ただし、見た目は全く同じ。
文書の形式が同じということ。
本文はタイプで打たれ、右下に直筆サインがある。
このサインは『SAPIO』の『ゴー宣』の物と同様の筆跡。
特に1953年2月19日付の手紙の直筆サインと一致する。
他の二通は1966年の物で13、4年経っているからか、少し違う。
『SAPIO』11月28日号(11月12日発売)を参照してくれ。
ちなみに、重版に掲載された二通の手紙には、Dear Mr. Tnaka,
と書かれていることから明らかに、博士がマサアキチャンと呼ぶようになったのは、二度目の来日中(1952年10月16日〜11月11日)の間のことだと推察される。
次に、手紙の一通目(この手紙は英文が見えない)は、田中氏が、昭和二十七年4月12日付の手紙をパール氏に送ったものに対する返答で、田中氏は5月7日に入手した。


続く

404 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 22:14:19 ID:oGJvj4/E
>>403の続き

その全文訳はこちら

拝啓

四月十二日付の御手紙有難く存じあげます。さて、私は日本國民のかたがたが極東國際軍事裁判の判決に関心を寄せられておられることを承知いたし、愉快に存じます。
卑見によりますれば、法廷の判決は公の所有物でありまして、一般民衆の好むまゝに出版されてよいのであります。
すくなくとも 私は私の判決文にたいしてどのような版権をも主張いたしません。
ですから、なぜ私の判決文を出版なさるのに、私の許しを必要とされるのかということも、私にはわかりません。
いずれにしましても、貴台は私の判決文を出版することに異議はないということを、出版なさるかたがたにお傳え下さつて差支えごさいません。
ただ一つ、わたしの強調いたしたいのは、判決文を出版なさるに際して、それをすこしも歪めたものにしないという理解をもつていただくことが出版社の義務である点であります。
鶴見(祐輔)様がカルカツタに御来駕される機会でもあれば、どんなにか喜ばしいことでございましよう。
心よりの御手紙に、重ねて御礼申し上げます。
敬具
一九五二年五月一日
田中正明様

一通目の手紙にはこう書かれている。
さて、何故このような手紙を掲載せねばならなかったか。
ということについて説明する。
重版で「重版に際して」1〜8頁、
これは新たに頁数が設定されていて、田中氏の感想である「パール判事の判決文を読んで」1〜33頁となっていることからわかっていただけると思うが、初版のものに付け加えられたもの。
その際、初版の近藤儀一の序文はなくなっている。

とにかくこの「重版に際して」の1〜2頁で
田中氏が、著作権の問題について触れていることから、この問題で皆に結構叩かれたということが推察される。
だから重版に際して、一通目の手紙を呈示する必要があったのだ。

何にせよ初版発売後十三日で三版、六月二十四日には六版。
さらに初版発売から2ヶ月余りで重版になり、その1ヶ月足らずの7月31日に重版八刷か七刷くらいになるベストセラー本だからすごい反響があっただろう。(しかも当時、二百三十円でこのスピード)
続く

405 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 22:17:01 ID:oGJvj4/E
>>404の続き
賛成者も多くいたが、「重版に際して」で

──この本は、決して『きわもの』的性格のものではない。
すくなくとも、私ならびに出版社が、この書の発刊にさいして取組んだ底意は、敗戰このかた七年間の占領下に決別した日本國民が、独立の第一歩を踏みだすにあたつて、
歪められた太平洋戰爭の眞因をただし、民族の自信をとりもどし、再建日本の精神的いしずえをきずくための、一資料たらしめんとするにあった。
そのためには、國民の心理的影響からいつても、講和発効の日までに出版を間にあわせる必要がある。

私が塚平光人君ら数名の学生諸君の助力を得て、連日徹夜作業で編集を終えたのが四月三日、印刷所は特別に工員を増加して十日間で組みあげ、
十日間で校正ならびに印刷を完了し、製本にまわすという超スピードぶりを発揮した。
編者、出版社、印刷、製本の四者一丸となつての犠牲的奉仕と情熱が、これを初期の計画どうりに完成さしたのである。
そのため、諸事不備の点が生じたのは、まことにやむを得ないところであつた。──

と書いていることからも自国の批判にいそしんでいた世間からの風当たりは我々の予想以上に大きかっただろう。
急ピッチの作業で不備も多かったぶん色々と難癖をつけられただろう。
というかここまで、一から十まで、言わせしめるのが世間というものか・・
しかも、実は幾人かが判決書の出版を企画したそうである。
だが、そのたびにGHQに、出版は自由だが、関係者の身分の保証のかぎりではない、と脅され断念せざるを得なかった。
このような中、田中氏は、秘密裡に約一年かけて準備をしていたのだ。

とにかく『日本無罪論』という題名からして批判を浴びているのだから心苦しかっただろう。

だが、この題名への批判を完全に打ち破るのが今回皆に紹介する二通目の手紙である。

その手紙を紹介する前に田中氏や出版社、印刷、製本に携わった皆様のご尽力に対して心から敬意を表し、感謝します。

続く

406 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 22:20:03 ID:oGJvj4/E
>>405の続き
牛村圭氏が『諸君』1月号で言及していたように、この方々が『日本無罪論─真理の裁き』を出版しなかったならば、パール判決書が一般の目に触れる機会が遠のいていたに違いない。
しかもパール博士の思想を伝える二度目の来日もどうなっていたことだろうか。
1952年5月19日、下中彌三郎氏が開催した『日本無罪論─真理の裁き』出版記念会にてパール博士を日本に招待する案が初めて出され、その少し後に中山理々氏を中心として本格的に進められ、
総選挙等の影響や不手際で何度か失敗しつつも、下中氏が手際よく準備を進めたおかげで、パール博士の再来日が決定した。
という一連の流れからも明らかだろう。
そして、パール氏が来日中に判決書全文を刊行することを強く要望し、田中氏が既に判決書全文を筆写済みの原稿を持っていたため、博士来日中にわずか20日余りで、講和発効から約半年で、
『全訳・日本無罪論』が発売されたのである。
まさに、田中氏や下中氏、その他の協力者の方々の力が一つとなったからこそ、これほど早く『パール判決書』全文が日の目を見ることができたのである。
日本人の一人としてこれらの方々に心から敬意を表し、御礼申し上げたい。


以上が俺の感想。
次は二通目の手紙を載せながら中島を批判する。

407 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 23:09:29 ID:oGJvj4/E
今から載せる手紙は、パール博士が5月29日に田中氏宛に書いたもの。
21,BEADON STREET,
CALCUTTA‐6
(India)
29th May,1952,

Dear Mr.Tnaka,

I am thankful for your letter dated the 16th May,1952.

Mr.Ogata very kindly came to my place on 25th May and presented me with a copy of your valuable book entitled Japan Not Guilty .

It is indeed very nice of you to send me a copy of this
book and I am thankful both to your goodself and Mr.Ogata for your kind feelings towards me.

I hope full text of my judgment will soon be made available to the people of Japan.

I would also like the world outside to have the original English version of my judgment so that the mischievous effect of wartime propaganda against Japan may be thoroughly counteracted.
Thanking you again,
(右下辺りに)Yours sincerely,
ここに直筆サイン
(RADHABINOD PAL)

(左下に)Mr.Masaaki Tanaka,
1889 kichijoji Musashino,
Tokyo,
JAPAN.


408 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 23:32:07 ID:f5oj6Adn
俺が中島なら、田中正明自身の信頼性を否定する攻撃だけに集中させる戦略をとるね。
他のことはいっさい無視する。

409 :名無しかましてよかですか?:2008/01/17(木) 23:45:05 ID:fenpSK/k
護憲説提示することに関しては田中腐す必要ないはずなんだがな
該当箇所に関しては毎日記事の方が細かいんだから
普通に読めば田中のは一部省略されとるように見えるわな


410 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 00:13:45 ID:8u/DlTUC
ここで小林信者はいったい何十回勝利宣言してきたんだろうな。
でも現実は一向に中島不利になってないというw

411 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 00:32:03 ID:V1CJOzpZ
学術文庫の解説はアンチ日本無罪論だからな

412 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 00:47:03 ID:rjhJb1gN
>>410
そりゃ土俵から既に押し出されてる中島が
これ以上不利にはなら・・・ないとも言い切れないのが今回の展開だからな。
小林は土俵から押し出された力士にも平気で追撃を決め続ける男だ。

413 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:03:44 ID:rjhJb1gN
>>411
何度も言うけど、「日本無罪論」ってタイトルに問題はないって。
法的無罪と道義的無罪は違い、法的無罪なのは事実なんだから。
文句を言うべきは田中正明に対してじゃないよ。

で、上の妙なレビューでは、中島は法学部の准教授って書いてあるけど、
公式な奴だと、法学の人間に見えないけど。
http://www.hops.hokudai.ac.jp/staff-n.php

414 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:07:01 ID:KurMVVvQ
>>413
そこに中島のメアドのってるから、例の「四方」について2ちゃんで指摘されてることを教えてやってくれw

415 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:08:01 ID:rjhJb1gN
中島は結局、「大阪外国語大学外国語学部(ヒンディー語専攻)」で
「京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程」
が最終学歴なんだろ?法学の訓練を受けた形跡が無いんだが。

ちなみに西部邁氏は東大の経済学部卒。元々は経済学者だったんだよね。

416 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:09:21 ID:KurMVVvQ
>>415
北大法学部の同僚は中島の法概念がおかしいことを指摘してやらないんだろうか。

417 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:11:30 ID:rjhJb1gN
>>414
しかしアレだけ細かいことで小林や田中に嫌がらせ書いた奴だから、
あまり穏便に訂正させたくないよなぁw

>>416
公共政策大学院ってのも割と作られたの最近みたいだし、
同僚のレベルも似たり寄ったりなんじゃ

418 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:15:38 ID:KurMVVvQ
こんなやつの弟子になってる連中が哀れ。

419 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:17:46 ID:rjhJb1gN
もうちょっと北大は教員のテコ入れが必要だな
中島なんかどうでもいいが学生が悲惨。

420 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:20:35 ID:KurMVVvQ
しかし、優秀な弟子なら、中島のおかしさなんてとっくに気づいてるはずなんだがな。

421 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:20:58 ID:KYgL4zHv
>>414
>>372が言っているように既に訂正されているかもしれないのであまりはやまったことは、控えた方が良い。
ちなみに、俺は中島本2007年8月30日第二刷発行を見た上で、「司法先進国」の間違いを見つけた。
普通なら単なる誤植になるのだろうが、>>414の言う通り中島は、先に相手をミソカスにした。
という責任と、やはり騙されるバカが存在するという観点から単なる誤植にすまされない。

422 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:21:23 ID:rjhJb1gN
それもそうか、中島を立派だと思ってる学生が堕ちるのは
ある意味しょうがないな

423 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:23:47 ID:KurMVVvQ
>>421
なんだ、結局増刷してんのか。サヨクの必読書になってるかもな。
目の上のたんこぶだったパールがそうじゃなかったっていうんで。

424 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:23:54 ID:V1CJOzpZ
>>412
文句を言うべきは学術文庫の解説者だろ
全員法学者だが

425 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:25:23 ID:rjhJb1gN
>>421
だな、明らかに意味が違ってくるんだから、
黙って修正させるよりは、堂々と追及して謝罪させんと。

>>423
まぁサヨクの事だから、死体を生きていると言い出すかも知れんしね。

426 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:25:54 ID:V1CJOzpZ
>>413

427 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:28:40 ID:rjhJb1gN
>>424
今出てる講談社のパル判決書って、元々出版されてたそれに
近代の法学者が、勝手に注釈と解説を付け加えたものでしょ。
関連なし。

つか、無罪と無実の違いぐらい大学初年度でも習うんだがねぇ。
「日本無罪論なんて言うな!」って言うのではなく
「日本無罪論ということに間違いは無いが、
 しかし無実じゃないんだい」って言うべきだ。当たり前。

428 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:31:41 ID:rjhJb1gN
そして「無実かどうか」ってのが「道義的なお話」なら、
どこまでも思想的解釈のことになるから、結論はおそらく出ないね。
各々で立場も全く異なるんだから。

しかし「道義的問題」についての議論で、
あたかも法的断罪が可能かのようにミスリードさせている中島には
やはり大きな問題がある。

429 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:47:01 ID:V1CJOzpZ
>>427
>今出てる講談社のパル判決書って、元々出版されてたそれに
どれ?

>近代の法学者が、勝手に注釈と解説を付け加えたものでしょ。
勝手に?

430 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:47:34 ID:rjhJb1gN
放置。

で、つまりは「法による断罪」を、あたかも人治的にやろうとしてるのが中島の論調。
法治が「印象」で決められるわけがない。パールの仕事もそういう事だろ。

で、中島は「パールは古代ヒンディー法学を学んだから
法(ダルマ)を重視したんだい」みたいなこと書いてたけど、

ダルマってのは、人が知ろうが知るまいが存在する、
宇宙の真理・法則みたいな物。

もしパールをそうした人物像にすると、日本がダルマに反していた、
近代国際法がダルマに従わない、ぐらいに見るのなら、
「たかが国際法」の遵守なんて東京裁判の時点でも
重きを置かなかったはずだけどねぇ。その点もおかしい。

431 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:52:39 ID:KurMVVvQ
要するに中島の頭の中はめちゃくちゃ。支離滅裂。

432 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:56:34 ID:rjhJb1gN
>>431
ま、よーするに中島が言いたいのは
「パールはあくまで法の真理を守るために、国際法をまげなかったんだい!
 本心ではダルマに反した日本を断罪したくてたまらなかったんだ!」って
ことだと思うけど、ダルマってのは、文章化されてるされてないに関わらず、
「既にあるもの」なんだから、これもおかしい。

本当にパールがそんな人物像で、日本断罪の精神があったなら、
迷わず多数派に加担してたはず。
でも、明らかにパールは近代法の精神に従ってんだよね、と。

433 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 01:58:08 ID:V1CJOzpZ
だから中島発じゃないっての

菅原裕弁護人は、パル判決書の特色は、博士の高邁な宗教の哲理により、
梵語の「リータム」(真理)を信条としたことにある、といっておられる。

434 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 02:05:07 ID:rjhJb1gN
>>433
それも含めて既に上で説明済み。やっぱりお前とは話す価値が無い。

435 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 02:16:46 ID:KYgL4zHv
>>407に載せた手紙と『パール判事の日本無罪論』p20
──われわれは道義と法律を混同してはならない。極東国際軍事裁判は、文字どおり「裁判」なのである。裁判は法にもとづいて裁くのであって、感情や道義で裁くのでない。──
でこのように田中正明氏がはっきりと認識なされていることからサヨクやその一部の中島が
>>427さんや中島ブログのラーダさん等がおっしゃるように「無実」と「無罪」の違いもわからず、道義と法律とを混同し、
誰〜れも言っていないのに、大東亜戦争を全て何もかも正しかった、と言っているような田中正明像や右派論壇像を作りだし、妄想していたということがわかる。
というか>>427だけで普通理解できるはずだが・・・
サヨクは、日本を貶めたいあまりの妄念せいで、義務教育卒業程度の国語力すら失ってしまう。
もとから無いのだろうけどね。
>>428>>432
あなたのおっしゃる通り、中島はまるでパール判事が、もし国際法が許すなら、と仮定して、日本を断罪したくてしたくてたまらなかった。かのように仕立て上げている。
テレビではパール判事が法律的に無罪と「いわざるを得ない」立場だった。という本音がズバリ飛びだした。
その上中島本p188なんかな〜
裁判後のパール判決書について消極的な意見を持つインド政府と国民の意見の相違について説明する文脈で、
──当時のインド・メディアの報道は、概ね「パール判決書」に好意的であった。
インドの世論は、パールが展開した西洋帝国主義批判に極めて同調的であり、日本と同じ穴の狢の連合国が、自らの植民地支配を等閑に付して、一方的にA級戦犯の死刑判決を下すことを問題視していた。──
とか意味不明な文章になっている。
しかも「日本と同じ穴の狢の連合国」本心剥き出しすぎ(笑)
これって、明らかにパール判事が絶対平和主義者あるいはガンディー主義の見地から裁いているから日本も欧米も同罪!になるだけのことなんだよな。
中島は欧米人なのだろうw
当時のインド人の気持ちなどわかるはずがない。
だからこそ中島は、道義的問題について語る資格すら持たないんだ。

436 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 02:22:26 ID:V1CJOzpZ
おまえらの中島説捏造も酷いな
どうすりゃそう読めるのかと
学術文庫読んでりゃ、その一部を踏襲してるのは明白だが

437 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 02:33:33 ID:KurMVVvQ
中島というのは、複雑な思考に耐えられない脳みそをしてるとしか思えないな。

438 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 02:41:08 ID:V1CJOzpZ
当時の一流の国際法学者やら東京裁判弁護人の言葉まで小馬鹿にするおまえら凄いね

439 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 02:43:38 ID:KYgL4zHv
>>436
>>403>>406>>435や今までの俺のレスを注意深く読めば、俺が中島起源説または中島教祖説なんてちゃっちい問題を唱えているわけがないことがわかる。
しかも誰も中島起源説または中島教祖説なんかを豪語していない。というかする必要性がない。
ところであなたパール判事の考える「真理」ってわかってる?

440 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 02:54:38 ID:V1CJOzpZ
中島説捏造つってんのが分からんか。
妄想前提に議論ふっかけられてもな。

441 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/18(金) 03:08:11 ID:vIHtCq44
どうせ、このサイト見ているんだろう?

正論で保守言論人とは一線を画したようだが
元々が、おまえさんみたいな古代ギリシア哲学も古代東洋思想も踏んでないただの大衆迎合の文盲の馬鹿を保守言論人とは誰も思ってないんだわwww
まだ、西部の方がマシ

エエ加減、国粋主義のただの共産主義馬鹿だと云うのを自覚せえ

442 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/18(金) 03:12:04 ID:vIHtCq44
もし、北朝鮮へ行ったら
おまえさんも
「神」


だろうな

443 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 08:34:56 ID:KurMVVvQ
なかじまシンパとうとう狂ったかw

444 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 08:45:11 ID:tn52w80Q
「パール判事は、半世紀おくれて日本が頭をもちあげた時には、
四方先進国の旗にかこまれていたと述べ、
日本は先進国の模倣をするのに半世紀後れた。
そのために、アジアからも歓迎されず、
また先進国からも叩かれたのである。
という意味のことを論じている」

1952年の『日本無罪論−真理の裁き』での田中正明の記述。


445 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 09:47:35 ID:fmdtRQpP
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
バカウヨ乙, 2008/1/16
By くま - レビューをすべて見る

ここで頭が悪い癖にいっちょ前に書評(にもなってない珍文)書いてクサしてるつもりの
バカウヨがぎゃんぎゃん吠えてるせいで本書が売れて売れてしょうがないww
心からバカウヨ乙ww著者にかわって心からお礼申し上げるwww



446 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 11:52:36 ID:IaW4z2bU
シャドーボクシング好きのウヨ。
たぶんここには中島シンパなんていないと思うよ。
アンチ小林信者がいるだけ。

447 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 12:15:11 ID:Zv4wAnCy
てかシャドーボクシングしてるのは
実は>446のようなレッテルを貼りたがる奴だったりしてw

448 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 15:00:07 ID:7lvIjK1F
俺は確かにアンチ小林信者だ。
中島なんてどうだっていい。小林信者のアホさかげんをおちょくれればいい。
中島もおちょくりのための一つの道具にすぎん。
たぶんアンチの誰も中島の本なんて読んでないよ。おいらも。

449 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/18(金) 16:53:08 ID:vIHtCq44
オレもただの自民党好きなポチ保守ですが、何か?

450 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 17:16:57 ID:4qdvJhCp
捏造は叩かなければならないが、意見が違うからといって叩いてはいけないよな。
情報社会の欠点。

451 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 18:18:25 ID:KYgL4zHv
>>440

俺は、>>424>>433>>436のお前の発言から>>439を導く出しただけ。
>だから中島発じゃないっての

>学術文庫読んでりゃ、その一部を踏襲してるのは明白だが

という主張から中島が起源ではないと俺は主張した。
その上でお前は二回程「パル博士の人となり」p755から菅原弁護士の言葉を引用しているから何か勘違いしているんじゃないか。
と考えたわけだ。
学術文庫の法学博士等を小馬鹿にしているというが、やはりそれも勘違いだ。
中島が角田順法学博士の意見を踏襲しているのは明らかだが、中島のそれは、さらに一層混迷している。
中島が踏襲している箇所は「六
無罪勧告の意味」
だ。
法学博士等の批判はまた今度行う。
ちなみに君と議論する気はないし、する必要もない。


452 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 19:42:13 ID:947rgRjV
>>444
ちゃっかり「司法」直してんじゃねえよコピペバカw

453 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 19:47:17 ID:UtqKVM6Q
中島ってどんな面下げて大学にいるんだろう・・・・・

454 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 20:05:40 ID:V1CJOzpZ
>>435は中島説捏造だろ
そこらへんの中島批判はほとんど妄想だな
1つの命題から強引に飛躍させて反論するキチガイパターン
その命題の元は学術文庫だと言ってるわけだが

455 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 20:16:06 ID:MjYyk16g
>たぶんアンチの誰も中島の本なんて読んでないよ。おいらも
>たぶんアンチの誰も中島の本なんて読んでないよ。おいらも
>たぶんアンチの誰も中島の本なんて読んでないよ。おいらも

これはひどい

456 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/18(金) 20:19:10 ID:vIHtCq44
思うんだが
>>435辺りは人のこと、さも誇らしげにサヨクサヨクと馬鹿にして云うが、ひと昔前の知的左翼と全く変わらんな

あのよ
あたしゃ、ただのポチ保守だが、右翼は基本が陽明学だからテロ好きの馬鹿なんだわww
陸軍皇道派もおんなじ

あんた、そこのところを理解してサヨクサヨクと馬鹿にした方がエエぞ
ま、m(__)m邪魔した

457 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/18(金) 20:23:43 ID:vIHtCq44
あ、そうか
小林よしのり自体が共産主義だから、そんなもんか

ま、m(__)m邪魔しました

458 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/18(金) 20:28:47 ID:vIHtCq44
それと>>450
小林自体が著書で捏造ばかりなんだが、小林シンパはわからんのだろ?

ま、好きにやりなはれ♪
…m(__)m重ねがさね合いすまん

459 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 20:44:26 ID:KYgL4zHv
>>457
要するに小林さんやその賛同者は右翼を理解していない左翼、共産主義者だってことだろ。
でも「サヨク」って小林さんの造語で、
──戦後民主主義で育ち無意識にアメリカから与えられた「人権」などの価値に引きずられ反権力・反国家・市民主義になる「個」のない者。──
というような意味。
んで漢字の左翼は、──マルクス主義の影響のある者──
と定義し、分けている、その上保守に分類される必要もない、といってるから別に「サヨク」という言葉を使うことに問題はない。


460 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/18(金) 20:54:32 ID:vIHtCq44
ああ、そう言えば小林はそんなこと言ってたな
…m(__)mすまん

サヨクサヨクと馬鹿にするところにカチンと来ただけだ
言ってることは小林とは違い、>>435以前の過去レスにも大いに賛同してます
m(__)m、返す返す邪魔した

461 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 20:54:52 ID:KYgL4zHv
>>458
折角このスレ来たのだから、スレ違いな話で邪魔したと思うならアンチ小林の君がこの論争で小林さんが捏造したところを指摘でもしてみればどうかね?
それとインターネットについては、時浦さんが調べているかもしれないが、君が送った罵倒とか気分を害するようなものをわざわざ小林さんに報告しないだろ。
だから多分意味ないと思うがな。
そんなに伝えたければ愛読者カードで送ってみれば。

462 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/18(金) 21:05:22 ID:vIHtCq44
そんな詳しくは読んでいないんだ実は♪アハハ♪

お互いのをかい摘まんで読んだだけだよ
西部のも読んではいない

…が、人ってさ
私やあんたは別に言論人でもないから有名でもない、が、常日頃から言動が目立つ人はその言動から大体の知識と見識や器量は押し量れる

西部が正しい…と思う
これは私の生きて来た見識からの「感」だよ
コンサバは知的でもないからシノゴノはない
政治家でも言論人でもないからな
ま、おあとはどうぞ♪

463 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 21:21:28 ID:X02Zxstg
東京裁判研究のホープ・鹿児島大学の日暮が出したばっかりの新書は、
完全に中島擁護だな。
彼の議論は実に冷静だ。
パール判決書についての見解は、中島と同一のもの。

これで勝負あったな。
小林も小林信者も、はやく謝りなさい。


464 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 21:22:40 ID:947rgRjV
>>462
お前の一連のレスからも、お前がキチガイだってことがわかるな。
もう二度と書き込むなよ

465 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 21:26:32 ID:ajpuO63R
>>463
ttp://shop.kodansha.jp/bc/books/gendai/#1924

これか・・・

466 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 21:28:58 ID:947rgRjV
保阪正康絶賛か・・・ 嫌な予感がするな。
明日立ち読みしてこよう。

467 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 21:42:27 ID:X02Zxstg
「日本無罪論」という呼称は明らかなミスリーディングと
日暮は断定しているぞ。
パール判決を「日本に落ち度はなかった」と拡大解釈してきた
バカウヨを冷静に批判している。

中島説の正しさは、完全に確定したな。

しかも、日暮はパール判決の決定的な問題を指摘している。
小林は、この本によって決定的に追い込まれるな。

これに西部が追い討ちし、
さらに小林が中島の対談要請から逃げたら、おわり。

468 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 21:46:02 ID:fmdtRQpP
日暮氏が講談社のPR誌「本」に書いてた自著の宣伝文には

パル判事についても最近論争があるようだが自分の最も信頼する友人である牛村氏が
諸君!に書いた文章で論争の行方は決着ってかいてあったよ

どこが中島擁護なんだかww


469 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 21:47:30 ID:KurMVVvQ
>>467
またサヨのデマかw プッ

470 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 21:59:15 ID:X02Zxstg
まっ、日暮吉延『東京裁判』(講談社現代新書)の「パル判決をどう読むか」を
よく読んでみな。
はっきりと「日本無罪論」はミスリーディングと書いてあるし、
中島が主張してるパール判決書の読みがそのまま繰り返されているから。

471 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 22:22:20 ID:Zv4wAnCy
何だ今度は印象操作と「嘘も百回(ry」かよ。てか
>470の希望的主観を述べられても中島はもう駄目だろw

472 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 22:22:35 ID:fmdtRQpP
日暮吉延「東京裁判の論理を読み解くために」『本』2008年2月号

…最近もパルをめぐる「論争」があるようだが、この点、筆者のもっとも信頼する
東京裁判研究者である牛村圭が『諸君!』二〇〇八年一月号でパル判決研究のあり方を
泰然と正しく説いたので、それで決まりだと思っている。


473 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 22:23:40 ID:KurMVVvQ
ネットでデマを流してもすぐに検証されるという現実になじまないのがサヨw

474 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 22:29:41 ID:KurMVVvQ
俺は基本的に、サヨはうそつきだと思ってる。
だから、サヨに対応するときはソースを求める。
でも、そのソースを出してきたためしがないんだ。サヨはw

475 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 22:31:22 ID:fmdtRQpP
>>474

こいつ物事をウヨサヨの二分法でしか考えられない薄らバカウヨだろ?w

476 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 22:50:12 ID:X02Zxstg
パル判決は「日本無罪論」として独り歩きいた。
この場合、「無罪」という言葉自体がミスリーディングだろう。
パルは「被告には刑法上の責任が認定されない」と法的議論をしたのに、
それが「日本には何の落ち度もない」といった広範な道義的議論であるかのように
拡大解釈されているわけである。

日暮『東京裁判』273−274ページ

477 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 23:08:59 ID:V1CJOzpZ
日暮のは規範対権力ってスタンスなのかな?

478 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 23:11:10 ID:A4mJw8a4
「わしはパールの取り合いをするつもりはない」
って最初から逃げ道作ってるしw

479 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 23:27:22 ID:KYgL4zHv
>>407の手紙の意味わかってるのかな。
パール博士自身が書いているがJapan Not Guilty≠ニ題された 本を受け取り、それを「It is indeed very nice・・」かなり嬉しく思い、感謝している。
その上で、判決書の全文が日本国民に読まれることを願っている。
パール博士が認めているというわけだ。
つまりサヨクは「日本無罪論」という題名はパール博士自身認めているが、決して過去日本の行為は「無実」ではない。と言うべきなんだ。
>>435でも書いたが、田中氏や小林さんが大東亜戦争で日本がしたことを何もかも肯定している、
というのも 中島やサヨクの妄想だし、日暮氏の言うような「日本には何の落ち度もない」という拡大解釈を誰がしたのだ?
右派論壇とか明らかに過去の日本の指導者の責任を追及しまくりだぞ。

480 :名無しかましてよかですか?:2008/01/18(金) 23:57:26 ID:ajpuO63R
>>459
> 「サヨク」って小林さんの造語
これ使い始めたのは西部さんだね。為念。

481 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 00:13:11 ID:Zz6jtHiU
この議論は不毛もいいとこだ

482 :小林よしのりに告ぐ!:2008/01/19(土) 00:23:40 ID:5K5gTx8b
>>480小林自身が己のが左翼だと認めてる証拠だよwww

…で>>479
あんたは小林自身が今では大衆迎合な保守言論人
(つうか、言論人は一部を除いて皆さん知的な左翼です)
からは一歩前進したと云うことかえ?
ならば、エエことだわ

483 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 00:24:16 ID:tU+6MVaw
>>480
間違えてたみたいだね。
スマン。
指摘有難う。

んでwikiで調べてみた限りではもともとは島田雅彦『優しいサヨクのための嬉遊曲』(1983年)で初めて使われたみたいだね。
今俺が使っている「サヨク」は小林さんの定義だけど。

484 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 00:49:04 ID:tU+6MVaw
『日本無罪論─真理の裁き』
「パール判事の判決文を読んで」
中島引用箇所を載せる前に、田中氏がこの自分なりの読後感≠書かなければならなかった理由や田中氏の姿勢を載せる。
──この難澁にして長大な文章を、一人でも多くの読者に読ませたいという意図から、出版社は私に対し、大体の概要を解説風にした一文を書けという。
これこそまことに容易ならざるわざで、私ごとき門外漢の、菲才浅学がなし得る仕事ではない。
分をわきまえざるはなはだしきものである。
だが、私には、私なりの読後感≠ェある。この読後感をもつて責をふさぐものであるが、しかし、私のもつともおそれるのは、これによつてパール判事の論旨があやまり傳えられはせぬかということだ。
賢明なる読者諸君にお願いしておくことは、いかに難澁であろうとも、貴重なるパール判事の一語一句を、あますなく味読されたのちに、この私の小文を批判していただきたいことである。
あくまで読後感であり、サシミのツマであることをおことわりしておく。
もちろん私は、パール判事の論述が正しくて、検察側および十一ヶ國の判事の判定が間違つたものであるがごとき暴論にくみするものではない。いずれが正か、いずれが非か、私は知らない。
私はただパール判事の論旨を祖述するのみである。──(p5〜6)



485 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 00:57:19 ID:29wfrJH0
サヨが必死で頑張っているようだが
小林さんはパールネタで引っ張らないといけない状況だから
今年は延々食らいついてくるよ
分が悪いことは自覚しといた方がいい
というより既に勝負はあったんだがな


486 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 01:08:48 ID:ZlvEeFD7
>>466
保阪正康が出てくれば半藤一利とかでてくるんじゃないの。
もう系譜は分かった。司馬史観絶対の保守編集者だな黒幕は。
文春系だけど講談社ともコネがあるからな。
クソ、ここまでして東京裁判を絶対化したいのか。


487 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 01:14:17 ID:tU+6MVaw
言っておくが、俺は牛村氏や日暮氏を中島と同列にして馬鹿にしていないからな。
意見が合わないところがあり、疑問を呈するところがあれど、それとこれとは別。
『諸君』1月号の牛村論文には、学者としての誠実さ、いや人としての誠実さが存分に見受けられた。
日暮氏の場合は「パル判決再考─東京裁判における別個意見の国際環境」(伊藤隆編『日本近代史の再構築』[山川出版社、一九九三年]所収)
でパール判事の判決に対してインド本国政府は否定的であり、パール判事が文字通りたった一人で書き上げた判決書であったことを、膨大な英文資料にあたり、発見している。
これらから一定の敬意を払っている。
だが意見が合わないところは合わない。

488 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 01:47:53 ID:L444WXQG
そろそろパールよりアメリカ人弁護人のほうが凄いことに気付けよ
奴らのほうが体張ってんだろ

489 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 02:44:13 ID:ZlvEeFD7
今はパール論争だからまずこれをクリアしないと。
仕掛けてきたのは中島一派だし

490 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 07:15:41 ID:7TnxoIIE
>>479
じゃ小林の『戦争論』から奴が謝罪や反省とまでは言わないから
当時の日本の行動を「否定」した部分を一箇所でいいから
抜き出してこいよw

491 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 08:10:39 ID:U4cS+x12
馬鹿だろ 小林は神の視座にはたたないといってるよ

492 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 09:08:34 ID:Srg9dIMi
「パール判事は、半世紀おくれて日本が頭をもちあげた時には、
四方先進国の旗にかこまれていたと述べ、
日本は先進国の模倣をするのに半世紀後れた。
そのために、アジアからも歓迎されず、
また先進国からも叩かれたのである。
という意味のことを論じている」

1952年の『日本無罪論−真理の裁き』での田中正明の記述。

田中を曲解しているのは小林。
田中の主張を踏みにじっているのは小林。
都合の悪いところは引用しないのは小林と小林信者。
『平和の宣言』の田中の手記の同様の記述も小林信者は都合よく無視。


493 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 09:26:42 ID:L444WXQG
無罪論がミスリーディングってのは経過とばして無罪だけ強調する馬鹿がいるからだな
今回の小林の中島批判もそうだからな
中島が無罪に至る過程で日本批判をしてることを示してるのに、「都合良く抜き出してる」ってアホかと
「A級戦犯無罪」の結論はすでに前提とされてる事実であり、
当然述べられているのに都合良く抜き出すもクソもないだろ

494 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 09:49:28 ID:U4cS+x12
携帯氏が平和の書をかきだしてくれてるにまだそういうこといいつづけるんだ。

495 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 09:56:57 ID:L444WXQG
頭おかしいんじゃね
判決書に信念は関係ないとか公と私とか言ってんのに
都合悪いと平和の宣言か
アホ過ぎる

496 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 10:23:36 ID:U4cS+x12
法的に無罪なら無罪だろそんなことも分からない?

497 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 10:29:36 ID:L444WXQG
1400ページを一言で終らす馬鹿

498 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 10:36:46 ID:U4cS+x12
それ以外にどう言えと?

499 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 10:50:12 ID:oMN35b2O
今日の朝日の「30代の論客が今熱い」みたいな特集で中島が少し紹介されてた。
「『パール判事』は小林よしのりさんらに批判された」って書かれてたけど、
右でも左でもないっていうことを説明する文脈の中で書かれてたから、
この議論を知らない人が読んだら、左翼ではないけど右翼からは批判されてる中立的な人なんだって思うだろうな。
あと宮台の番組で小林と一緒に出た萱野って人も取り上げられてた。
この人は結構まともな感じがしたな。あの番組でも好感度高かったし。

500 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 12:47:15 ID:6egTUlTY
宮台や宮崎、大塚英志福田和也が30代のころ、10年後も論壇などで
この顔ぶれは変わらないといってたが漸く出てきたのかな。

501 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 13:18:02 ID:2BmhWh1K
>>499
その記事で紹介されていた30代論客がつくるという雑誌だが、
編集委員は東浩紀と北田暁大、NHK出版から4月に刊行予定で、
中島岳志もその主要なメンバーの一人、ということであるらしい。
22日に開催される創刊シンポジウムにも出席が予定されている。
一連の論争の勝敗がどうあれ、着々とポジションを築いているようだ。
以下、東浩紀のブログより。

1/22思想地図創刊シンポジウム
http://www.hirokiazuma.com/archives/000348.html
>すでに世界文明センターの公式サイトでも告知がでていますが、来年の1月22日(火)午後5時半より、
>東京工業大学世界文明センターの主催(NHK出版は協力)で、『思想地図』の創刊シンポジウム
>「国家・暴力・ナショナリズム」を開催します。出席者は、北田暁大、萱野稔人、白井稔、中島岳志の
>各氏とぼくの5人。場所は東京工業大学大岡山キャンパス講堂。
>
>シンポジウムは3時間。第1部と第2部にわかれ、前半では、北田+東コンビの導入のあと、
>萱野、白井、中島各氏より短いプレゼンテーションが行われ、後半でそれを受けたディスカッションを展開します。
>テーマは、国家の構成主義的理解(つまり、国家なんて結局心のもちようなんだから、
>いくらでも脱構築できんじゃね?的発想)の限界について、いまの日本の思想状況を踏まえてあらためて考える、
>という感じになりそうです。

公式サイトによると、入場無料・申し込み不要とのこと。
http://www.cswc.jp/lecture/lecture.php?id=36

「詐欺師」の話術を体験してみるにはいい機会かもしれんよ。

502 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 13:19:04 ID:tU+6MVaw
さて『日本無罪論─真理の裁き』
「パール判事の判定文を読んで」
中島引用箇所の前後。
パール判決の第一部の大要を終えて、
──四
さて、そこで当然、『侵略戰爭とは何か』という大問題が、提起されてくる。
ひとくちに、侵略戰爭だとか、自衛戰爭だとか、軽々しく論議しているが、それでは侵略戰爭とは何か、と、ひらきなおつて論議する段になると明答を與えうるものはあるまい。
もちろん東京裁判の二十五名の被吾[(注)原文ママ]は、侵略戰爭を共同謀議した、というか'ど'で起訴され、処断されたのであるが、果して侵略戰爭を企図したものは、二十五名だけかどうか。
第二部の侵略戰爭とは何か、という項目にはこのことがかかれてある。
インドを領有し、ビルマ、マレーを領有し、シンガポールを領有し、香港を領有し、中國各地に祖界を占有した大英帝國過去百年間の行爲のなかには、侵略という語はあてはまらないかどうか。
オランダのジヤワ、ボルネオ、セレベスの植民地化、フランスのラオス、カンボチヤ、トンキンへの進攻、アメリカのフイリピン領有、ロシヤのシベリア、蒙古、
満州への進出……この十八世紀以降におきた幾多の悲惨なる戰爭が、『侵略戰爭』ではなかつたかどうか。
日本がおこした満州事変、日華戰爭、第二次大戰だけが侵略戰爭で、この責任者だけが処罰されれば、侵略戰爭という問題はすべて解決済みなのかどうか。
ここに歴史的な、問題がある。
裁かれる被告の犯した罪と同じような、あるいはそれより幾倍もの罪を過去において犯した裁判官が、被告のみにむかつて罪を追及し処罰して、澄しているということに対する疑問は、拭いがたき文明の汚点となるであろう。

続く

503 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 13:22:36 ID:tU+6MVaw
>>502の続き
〈ここまでが中島引用箇所の前の文脈、んでここからが中島引用箇所(注)【】は中島の中略箇所〉

この裁判とは別に、われわれは冷静に反省してみて、たしかに日本には侵略戰爭の意図も実践もあつたと思う。
しかしそれが日本の過去五十年間の全部ではない。
【多くの、それは大部分であるが、日本人の考え方の中には、アジアを西欧の侵略から守らねばならぬ、アジアの貧困と堕弱と愚昧を救済せねばならぬ、アジアの防衛と繁栄は日本の手をもつてする以外にない
──という純粋なアジア救済の思想が根底をなして大きな流れとなつてきたことは事実である。
日露戰爭の意義、中國革命の援助などは、これを物語る一例である。
明治維新以後急激に発達した日本の後進資本主義がこれに便乗し、一部軍人や政治家を動かして、アジアに市場と販路を求めて蠢動した。
この純粋なる國民的感情と、純粋ならざるものとの交錯混合が、日本を太平洋戰爭に引きこみ、ついに破局にまで追いこんだといえようか。】
ともあれパール判事は、半世紀おくれて日本が頭をもちあげた時には、四方先進國の旗にかこまれていたと述べ、日本は先進國の模倣をするのに半世紀後れた。
そのために、アジアからも歓迎されず、また先進國からも叩かれたのである。
という意味のことを論じている。

〈ここまでが中島引用箇所、ここからは、その後の文脈。〉

さて、パール判事がこの項において最も力をいれてるのは、実はこうした歴史的糾明ではなくて、もつと本質的原理的な『侵略戰爭の定義』である。判事はシユワルゼンバーガー博士著「権力政治」の一文を引用して、侵略と自衛の不可分性を説いている。
さらに判事はマツクミラン卿、テンプル・グレイ、ホイツトマン、ラバリアテイ氏らの意見を引用しているが、それらには満足せず、クインシー・ライトの定義、ラウターパクトの定義、
ジヤツクソンの定義と題して、これら権威ある三氏の侵略戰爭に対する定義を爼上にのせて、侵略のなんたるかを掴むために非常な努力を拂つているのである。

続く

504 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 13:25:16 ID:tU+6MVaw
>>503の続き
そして皮肉にも現在日本は、ふたたび自衛とはなにか、防衛とはなにか、被支配民族の解放は侵略かどうか……こうした微妙な問題が、憲法改正、
再軍備論をめぐつて、独立を迎えたこんにちの重要課題として、その解決を迫られているのである。
私はこの意味においても、日本の識者はこのパール判事の侵略論に目をとめる必要があるのではないかと思う。
ともあれ、パール判事は、日本が戰爭をおこすにいたるまでの國際生活の事情を糾明している。
たとえば、中國における共産主義の脅威がどんなものであつたか、中國の排日抗日の実際がどんなに熾烈をきわめたか、
日華戰爭がたたかわれている最中に、アメリカは中國に武器その他の援助を行つたではないか、交戰國の一方に対し援助するということは、他の一方の國に挑戦したと同じ意味をもつものだ。
すなわち参戰状態にあつたもので、アメリカはこの時から日本との戰爭を覚悟していたはずである。
加えて、ABCD包囲陣と称する米國の経済制裁、資産の凍結など、日本が宣戦布告を余儀なくされた國際的、社会的事情を考察することなしに、
宣戦布告したということだけをもつて、侵略と認定し、これを処罰するのは当を得たものではない、と論じているのである。
これと関連して、果して侵略戰爭は犯罪なりや否や、という大問題を提起している。
パール判事は一九一四年の第一次世界大戦までの期間、パリー條約調印までの期間、第二次世界大戦までの期間、第二次世界大戦以降の期間の四期に分類し、この大問題の歴史的考察を行つているが、紙数の関係上これを割愛した。
しかし、慣習國際法からみた犯罪、自然法からみた犯罪については原爆問題を引合にだして、侵略戰爭罪惡論の絵巻をくりひろげている。
読者は本文によつてこれをきわめてもらいたい。

以上

「パール判事の判決文を読んで」一〜十二ある項目のうち「四」の項目を抜き出しました。

505 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 13:30:09 ID:30m4wJS1
>>501
今の若手論客は「小粒なコウモリ」が多い印象。10年前の若手にも
思ったが更に小粒になってきた感じ。

506 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 14:33:40 ID:ZlvEeFD7
>>505
小粒なのばかりだな。なんで論壇にこだわるのかな。あんなもん窮屈な
だけで儲かりもしないのに。論壇の小粒より大金持ちの言うことと、よしりんくらいしか気にならない。




507 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 14:34:23 ID:OH//sDJ+
>>460の小林よしのりに告ぐ!氏
ちょっとヘタレっぷりが面白かった。

ちなみに俺は、経済では「第三の道」派だから右派ではないし、
人権は認めてるから、どっちかと言うと左派思考。
その目線から見ても「サヨク」はダメすぎるの。

漏れが今回、小林の姿勢を支持しているのは、簡単な話で、
近代科学思考ってのは「全ての意見は仮説」って前提がある。
つまり、より優れた意見と、いつでも入れ替え可能でなければならないんだな。

小林は確かに誤謬もあるだろうが、この本質から外れていないんだよ。
最新号でも「自分の意見が間違っていたら、全部意見を変えてもいい」ってあったでしょ?

でも中島とか「サヨク」とか朝日系は、これを理解する気が無く、
例えば護憲とか「非・無罪論」を、上からの無謬性に位置づけた
国家主義的な事をやってるわけ。

意見に85%の正当性があっても、永久に残り15%の間違いを認めなければ、
それは全体主義国家の惨禍となる。

逆に75%の正当性であっても、聖域なく知という血を循環させて行けば、
トータルには間違いが起きにくい。(これもまた、仮説に過ぎないがね。)
ましてや国家ってのは、1%の間違いがとんでもない事態を生むわけです。

つまり近代社会では「無謬性を帯びぬ人間の仮説」は好きに発表されていいし、
好きに支持されていい。しかし「権威と無謬性を帯びた人間の「教義」」は許されない。
これが今回、私が小林を多くの部分で支持し、「サヨク」を批判している理由です。

508 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 14:48:31 ID:OH//sDJ+
>>490
なら中島が批判している、パールを出している章から出そう。
戦争論1の16章「自己犠牲の戦争体験と正義」の280P

「戦争は末端でほとんど無意味に見える兵隊の
 無数の死の上に成り立つもの
 だからと言って
 作戦効果のほとんどない死に兵を追いやるのは
 戦争指導者たちの犯罪でしかない」
その後で、「その死にも物語はある、決して忘れない」という論調。

それ以外にも309Pでは、
「むろん東條英機には敗戦責任があるとわしは思う
 戦略が杜撰すぎた
 あまりにも多くの犠牲を出しすぎた
 戦争指導者として責任をとってハラを斬ってもらうしかない」
で、この前段階では、東條英機が東京裁判で「言葉の戦い」をやりぬいた事を前提として
「まだ東條は立派だった」としている。

さらに316Pでは
「そして戦争の中では
 恐怖と復讐心の共振作用で
 理性というブレーキが効かなくなり
 つい残虐行為にまで暴走してしまうことも
 ままあっただろう」
ともしている。「ろくに読みもしないで批判している」と目に入らないのかも知れないが。

509 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 15:01:05 ID:OH//sDJ+
>>476
それも含めて、上で説明終了してるが。
日本がノット・ギルティである事は事実であり、
日暮が言う意味の「ミスリード」は、はっきり言えば英米法の知識の問題。
現代日本も、法治主義におけるシステムは基本的に一緒なのに、
その点の教育を怠っている側に問題があり、
田中正明やパールが批判される部分では無いね。
その点は日暮が間違っている。

最も、全体として日暮が「牛村論文で決着した」と見るのは妥当かな。

それから、貴方こそ引用と権威頼みで、自分で思考形成せず、
トンデモ的な扇動ばっかりしてるじゃん。
同じ事を何度も説明はしたくないぞ。

>>483
ちなみに『優しいサヨクのための嬉遊曲』ってのは、
普通に、大学のソ連マニアによる左翼サークルに参加した
主人公の恋愛沙汰を含んだ物語で、小林定義における「サヨク」では無いです。

ただ、結局は左翼サークルを抜けてしまう、主人公の「うす甘い」姿勢に関して、
参考にした部分があるかも知れない。
当時の大学サヨクの世界観が分かりやすいが、あまり面白くなかった。

510 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 15:09:06 ID:OH//sDJ+
そして問題は、林房雄「大東亜戦争肯定論」における
パール判決の影響する要素はごく一部であり、(小林の戦争論でもそうだ。)
東京裁判の欺瞞を排し、公平性のある判決をした事を肯定していて、
その文脈を越えての個人崇拝など、どこにもない。

「パール判決を利用している」など、それこそ「意図的なミスリード」である。
これは「自称保守派」にされた渡部昇一の議論を見ても明らか。
ttp://sankei.jp.msn.com/life/education/080114/edc0801140206000-n1.htm

俺も小林から抜き出してみたが、部分的に抜き出すと、
小林は、サヨクに見えるかも知れない主張をしている。
中島のように文脈を追わず、部分的に抜き出し非難する戦術そのものに問題があろう。

>>501
福田とか宮崎とかの時代より、さらに小粒になってきたな。
リアリスト系は人気を博しているんだから、この手の左派論壇に
支持が得られていないんだろうな。

511 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 15:21:05 ID:OH//sDJ+
>>493
結果的に無罪。
そして「当時は史料の制約を受けていて、歴史的研究としては疑問符が付く」
という事実は、中島も認めているから、
例えば南京事件などの事実関係について、そのまま使えないのは自明だ。

しかもその種の議論と、「共同謀議」に関する議論が明確に違うのは、
共同謀議では「日本国の政策」について批判を行っていて、それをパールは退けている。
国際法の適用対象は国家。
「国家全体の責任」を「共同謀議をした個人に負わせる」事ができなかった点で
やはり「日本国の政策は無罪」とするに相応しい。
パールは「軍国教育」などに関しても、法的問題を越えて犯罪と見ていない。

ともあれ、あなたには、そもそもの無教養が際立っているし、言葉も乱暴に過ぎ、
とても保守とも理知主義者とも思えない。
小林を大きく退化させ、知性を奪ったら貴方になるね。

512 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 15:35:42 ID:L444WXQG
>>511

デタラメこくな
日本批判は南京事件だけとでも思ってんのか
中島の引用に対する答えにもならんし、小林論文すら踏まえてないな
アホ

513 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 15:52:39 ID:tU+6MVaw
まあ>>502から>>504の文章読めばわかるけど中島は、自分の妄想解釈にしかすぎない「同じ穴の狢論」を絶対として、上から目線で、
気違いサヨク教師と同じように、「反省」とか「侵略」とか「模倣」とかいうネガティブワードが入っているから、田中氏の文章に対して部分点を与えた、ということだ。
傲慢はなはだしい、とはまさにこのこと。

結局中島は当時の検察提出資料における法定資料に依拠せざるを得ないパール判事の判決書からネガティブワードを取り出し、「パール判事は道義的には日本を非難してたんだい!」
というように道義的に判決を下したわけではない、法律的に判決を下した判決書から無理矢理に道義的な部分を抽出し、掬い上げようとおかしな努力をしているわけだ。
まるでパール氏一個人には道義的な問題を語る資格がないとでも言っているかのようだ。
道義的な問題について、東京裁判後のパール博士の言動に至っては、右派論壇に対する不満という意味での基本的な問題提起を共有する牛村氏にまで史料引用時の恣意性があると、意見の異なる小林さんに軍配を上げ、
さらに史料引用時のタブルスタンダードを指摘される始末。

何故このような始末になるのかと言えばもちろん
「おりこうさんはまんまんなか〜」の雑駁脳から導き出される「日本も欧米も法(ダルマ)のもとに同罪」
という「学校の秀才ぼっちゃんの模範解答」である「同じ穴の狢論」が念頭にあり、それを基に史料を引用しているためである。
その上日暮氏にまで見捨てられてしまっている。
牛村氏に同意するということは、論争以前に、中島本が学問的不誠実に満ちている、という意見に賛同するということである。

続く

514 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 15:55:24 ID:tU+6MVaw
>>513の続き
『諸君』1月号牛村論文にて
──批判した論壇の右派からは批判され、それ以外の論者からのみ支持されているという実態をまずはよく見据えて、
本来の専門領域である南アジア地域研究に立ち返り、「パル判決」のインドでの解釈や受容について、学問上の貢献をしてほしいと切に願う。
さきに触れた長崎書評も、これを提案している。これこそ日本の学界が、そして論壇全体が、中島に求めていることと思うからである。
東京裁判を論じる若手論客の登場を歓迎しつつも、以上苦言と提言を記させていただくことにした。──
これがどれほど痛烈な意味の苦言であることか、中島には理解出来ていないようだ。
だからこそ『月刊現代』であのような不誠実な言い訳をのうのうとするのだろう。
それについては、後で説明する。
http://wikis.jp/PAL/index.php#r9fd2a93

パール博士が東京裁判後には東京裁判を根本的に否定していた。
ということが鼎談「パル博士大いに語る!」でよ〜くわかる。
他にも様々な中島の馬鹿さ加減が、「史料」を読めば、わかる人にはよ〜く分かる。
ので興味ある人は読んでみてくれ。

515 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 15:58:10 ID:OH//sDJ+
>>512
貴方が新書を援用して、デタラメばかり書いていたから対応したのだが。、
やはり態度も悪いし、全体のロジックを全く理解していない。

そもそも中島は「議論で熱狂すること」を慎めと言っているぞ。
中島はパールに対する態度では「公的文書も、それを書いた個人の思想に従って
参照しなければならない」としている。つまり貴方のような姿勢は許されないのだがね。
そもそも相手を罵倒して黙らせた所で、論理の優位性は示せないではないか。

パールの日本の政策への見方を、中島的解釈では「西欧と同じ事をしていた」と解釈したが、
これは無理があり、「自衛行動として、何ら同情を示されなかった日本が、
自衛の為に行動を起こさざるを得なかった」という論調で受け取るのが妥当。

結局、貴方のような人間と同種の奴が、実際には隠れ蓑の為に
天皇主義を声高に訴えながら、 戦争犯罪を犯したのだろうな。
貴方が何を必死になっているか知らないが、
妙なプライドを持つ段階にすらないから、新書などではなく、もっと根源的な学問に励むことだ。

516 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 16:05:53 ID:L444WXQG
>>515
日暮の引用したやつと違うし、妄想乙
論点ずらしに必死だな

517 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 16:07:36 ID:LdGLbZzb
>>499
政治化する30代論客 同世代による思想誌創刊へ

「従来の左翼にありがちな、理想設計主義的で合理的な正義は信用しない」と語る。
と思えば、昨年の『パール判事』(白水社)では、
東京裁判でのパールの見解を保守派が政治利用していると批判、反論を受けた。
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200801190097.html


ネット上の記事じゃ「小林よしのり」って固有名詞が消えてるwww
記事自体は有体に言えば未熟な若年寄たちへの露骨な提灯記事だけど、
『パール判事』批判てものは小林や、保守派の中島への「反論」なんて生易しいものじゃなく、
完全否定に近いわけで、だからこそ中島は数々の具体的な批判から目をそらし、
今現在収拾がつかない状態に陥ってるんだよな。

518 :515:2008/01/19(土) 16:08:55 ID:OH//sDJ+
>中島はパールに対する態度では「公的文書も、それを書いた個人の思想に従って
>参照しなければならない」としている。つまり貴方のような姿勢は許されないのだがね。

なお、この中島意見に関して俺はデタラメだと思っている。
パール判決は自由に利用されていい。

一般化した理由を述べれば、アインシュタインの相対性理論を扱う人間が
妻を殴らなければならないなら、世界中の女性が大変な惨禍にさらされるし、
モーツァルトの曲を評価する人間が モーツァルトのようなデタラメな生活を送れば、
社会が成り立たなくなる。

519 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 16:13:52 ID:OH//sDJ+
>>516
「お前に取っての論点」に関わる気は無いね。
そもそも全体的結論は、スレの上下を見れば全て終わっている話。

「恣意的引用」による「権威主義利用」に関して言っても、
貴方の姿勢は次元が低い。「自分の次元より高くても低くても
怒鳴り続ける」ではな・・・

>>517
期待薄だな。

520 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 16:23:14 ID:L444WXQG
>>519
アンカー付けてレスしてきて何言ってんだよ
キチガイ乙

521 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 16:31:46 ID:OH//sDJ+
ダメだこりゃ。

ま、この無罪論問題について言えば、
確かに日本には、法的無罪と道義的問題を一致させてしまう志向性がある。
裁判とは、そもそも個々の道義や正義に直接的には立ち入らないのだがね。

これが何を意味するのか。
「法の場では、道義的問題について、不要な、直接的な判断は下さない」という事。
だからこそ判決書の一部から「パール個人の思想」を
読み取ろうと言うのが無理があり、「裁判官のパール」が言っている事でしかない。

中島の言うように「日本無謬論を声高に訴える」ような人間がいるのかどうか知らないが、
明らかに田中も小林もそうした主張ではない。

ましてや、そんな大義名分があれば、「護憲派説」などのデタラメが
許されるとするなら、それこそ「(妄想で作り上げた右派と)同じ穴のムジナ」だろう。

522 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 16:38:40 ID:L444WXQG
>>521
中島本も小林論文も読んでないんだか、
脳みそ容量少なくて入ってないんだか知らんが
分からんなら黙っとけ

523 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 16:44:11 ID:OH//sDJ+
>>522
頭悪すぎ。

524 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 16:48:37 ID:tU+6MVaw
>>507
小林さんは真実を追い求める真面目な人なんだ。
だから今まで『ゴー宣』や最近で言えば、宮台氏、菅野氏との対談でも言ってたように、どんなバカな意見にも耳を貸すんだw
そしていつも、「そうなのかな〜?わしが間違えてるのか?そうなのか?違うんじゃないか?」って真面目に誠実に考えた上で、怒り心頭に達するわけだw
つまり何故小林さんが討論に向かないか?という答えもここにあるんだ。
大抵の輩は、まず自分の考えが絶対。という結論ありきで、アホのくせに信じられないくらい自信満々なんだw
だから討論中どれだけバカなこと言っていても怯むことを知らないw
しかも自分が言ったことを忘れて平然としてる。
つまり良心というものが発達していないだ。
小林さんは常に、自分が無謬だと思っていないから、間違う可能性があると自覚しているからこそ、自分の心の中の良心と葛藤してしまうわけだ。
だからたとえ、どんなバカな奴の言うことであろうと、聴き入って考えてしまう。
一瞬でもそういう葛藤があれば、テレビ的に言えば「怯んでいる」ということになるわけだ。
その隙をみつければ、すぐさま惡鬼、百邪のような輩が、「いまこそその時!!」とばかりにつけ込む、つけ込む!襲いかかる!、というわけだ。

本来は熱いものを秘めて、誰よりも強い精神の持ち主でありながら、誠実さゆえの「子リスのような小心者」
でもあるから「ゴーマン」にならなければ世の中の魑魅魍魎を相手にしていられなくなるというわけ。
その結果漫画じゃ「ゴーマニズム」で大成功!
でもテレビじゃなれないw
無理w
ということは本人は自覚済みなんだけどね。
小林さんには悪いが、小林さんの声ってアッポの子みたいでなんか「ぬけぽん」みたいな感じ、癒し系という人もいるし、何人もの女性と付き合っているけど、この声は舐められる一つの要因っしょ。

525 ::2008/01/19(土) 17:24:42 ID:MA0jFqAF
お前が、ただのビビリで頭の回転が悪くて対人恐怖症の腰抜けで、
ダラダラと言い訳を長ったらしく述べる粘着気質の
女の腐ったようなトロい奴だという事は分かった。

526 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 17:28:45 ID:29wfrJH0
>>522
君はとりあえず
「白人様の植民地支配が今後も続けばよかった」
という意見の持ち主ってことでいいんだな

527 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 17:30:29 ID:ZlvEeFD7
>>517

その朝日のリンク先の
>格差打開 今だからレーニン

なんでレーニンなんだ?
マルクスでいいじゃん。青木雄二みたいに。

で中島のくだりで中島は小林に批判されたのを誇らしげにしているね。
よしりんは、一通り終わったら、こんなの相手にしないで、普通に戦争論とか
平成攘夷論みたいなのを、またやってください。


528 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 17:40:03 ID:tU+6MVaw
>>525
アホか。
何でもありの学校のような場所ではお前のような陰キャラなんぞ相手にもならねぇんだよ!お前のような糞ムカツク陰気なヤツが中学にいて、
ジトジトこっち睨んでこそこそ、にたにた笑ってやがったからクラス中巻き込んでおちょくりまくって、いびりたおしてやったらぶるぶる震えながら「意味分からん〜」ってのが定番なんだよ。

TPOを考えろ。バ〜カ

529 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 17:55:09 ID:oMN35b2O
>>517
あれ?ほんとだ。うちに届いてる新聞の記事では、
「東京裁判でのパールの見解を保守派が政治利用していると批判、反論を受けた。」の
「反論」の前の部分に「小林よしのりさんらの」がついてんだけど、ネットでは消えてる。
あとの部分は全部一緒なのに。
ネットに出すときに消したか、それとも新聞に書くときに付け加えたか。
何でこんなことしたんだろう。謎だw


530 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 18:10:38 ID:ZlvEeFD7
>>529
気づかなかったよwで朝日はなんでネットと新聞で
使い分けるのかな。

ところで中島の背後は司馬史観の文春系でしょう。
二股編集者がいますから。こういう詐欺を平気でやる。ま、根は詐欺師だから
詐欺本を売り出すために詐欺師を朝日にこっそり。分が悪くなれば
中島は捨てられるよ。あまりジジイに媚びを売るなよ、中島君。
霊感詐欺の捜査を思想言論にも伸ばすべきだな。



531 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 18:44:45 ID:tU+6MVaw
>>508
野次馬が俺に対して送ったものに答えてくれたんだね。有難う。
俺はちったぁまともな意見をするまで野次馬を相手にする気はないのでよろしく。
>>509
そこまで調べて読んでるなんて凄いですね。俺が調べた限りでは小林さんは『新・ゴー宣』30章から「サヨク」を使い始めているみたい。
『戦争論』p24〜25で厳密に定義されたみたいだね。
それは、>>459で書いたようなもの。>>482で書いたようにこの定義を俺は使っているわけだが、アメリカがサヨクだってことをこの時点で直感的に理解していたのは凄い。

後、色々調べている内に、『新ゴー宣3巻』の第29章p66の欄外でこういうこと書いてた。
──西部邁って何でああも歯に衣着せぬ言いぷりなのかね?アレじゃバカの立つ瀬ないよ。
あれで怖がって寄りつかなくなった弟子っていっぱいいるんだよ、きっと。
そんで寂しくなって若いモンと話したがってんだよな。
わしが相手してやるから遠慮せずに言えって。
ただわしは怒るとキチガイになるからな。──
小林さんは普段冷静で落ち着いて周りを観察しているから色々溜まってくるんだろうね。(相手の弱みとともにw)
んで爆発するとキチガイになるww
こういうのが本当に怖い人の見本。
普段イキガってるやつなんかイチコロ。

まあまず周囲の人間をじっくり観察するのが基本。
すぐにいきりたったら出る杭は打たれるだけだからね。
弱みを握りつつそれを毛ほどもみせないで、糞バカなことを言ってきたとき今までこの目でみてきたこと聴いてきたこと皆の前でぶちまけてやるんだ。
もちろん正論で(そのためには日頃普段からの姿勢を正していなければならない)。
そうすりゃ誰も何も言い返せないw
自然と皆は自分につく。
初期に、こういう作業をこなしておけばその内自分の地位が勝手に不動のものとなる。
誰もが畏敬の念を持ってね。
ちなみに俺がそうだって豪語しているわけではないよ。
一般論として今まで感じたことを述べただけです。

532 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 18:50:21 ID:tU+6MVaw
>>531に関して

>>482のところは>>483の間違い!
かなり凄い間違い!


533 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 19:40:38 ID:tU+6MVaw
>>531に関して
ちなみに苦労して築き上げた信用も崩れるときは、あっというま。それまで得した分がどっと返って来て苦しむ。
白地の黒は目立つからね。
しかも結局皆は常に引き摺り下ろそうと狙っている。
落としたままにしておきたいから元に戻すのは至難の業。


534 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 19:50:22 ID:2BmhWh1K
>>533
スレ違いだよ、馬鹿。

535 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 20:08:27 ID:tU+6MVaw
『毎日新聞大阪版』昭和二十七年10月31日
>>92>>276
『平和の宣言』の同講演は
>>277>>279
『パール判事』の京都講演について
>>285>>286
『月刊現代』
>>387>>388>>389
『I Love Japan─パール博士言行録』
について27
中島表記ミスについて>>90←これも「司法先進国」並みに愚かで、人をバカにした表記ミス。

536 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 20:39:29 ID:tU+6MVaw
中島の対談に対するいちゃもんについて
>>96>>169

1月13日NHKBs2放送週間ブックレビュー要約>>196>>199

『I Love Japan─パール博士言行録』
の一部>>27
この本が載ってるのは、親切な方が提供してくれた
http://www.google.com/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww.history.gr.jp%2Findex1.html&_gwt_noimg=1&hl=ja&mrestrict=xhtmlchtml&inlang=ja&client=ms-kddi-jp&q=%E9%9B%BB%E8%84%B3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A

このサイトを見ればまんま本が見れる。
『パール博士のことば』については、
http://www.google.com/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww6.plala.or.jp%2Fmwmw%2Fkotoba.html&_gwt_noimg=1&hl=ja&mrestrict=xhtmlchtml&inlang=ja&client=ms-kddi-jp&q=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0

537 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 20:49:22 ID:Mqzhvoxc
>ID:tU+6MVaw
つまらん感情論と煽動だけでつね

538 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 21:16:46 ID:L444WXQG
田中善意の改竄
「拙著平和の宣言」

539 :m9<`∀´> ウェーハッハッハ :2008/01/19(土) 21:51:34 ID:ZId9Womr
>>ID:tU+6MVaw
ゆとり乙

540 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 23:57:50 ID:oMN35b2O
>>407
この手紙のこと、小林も知らないんじゃない?
正論11月号の論文で、「日本無罪論」っていう呼び方のことを論じてる部分があるけど、
この手紙のことには触れてない。
これ出せばパールは「日本無罪論」っていう呼び方を認めてたって一発じゃん。

541 :名無しかましてよかですか?:2008/01/19(土) 23:59:58 ID:Mqzhvoxc
>>ID:tU+6MVaw
スマヌ。つまらん感情論と煽動はその上のID:MA0jFqAFや
ID:L444WXQGだった。訂正してお詫び致しますorz


542 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 01:22:56 ID:WrpQ2XWZ
>>524
その場では言いくるめられちゃったりしても、
後から調べ上げて、相手の言ってる事が間違ってたら
全力で怒りをぶつけるんだろうねー
当人は結構、親しみやすい声と風貌だから落差が凄いw

>>531
了解。じゃ漏れも野次馬の相手はやめることにします。
マジメに書いても相手は読まないんだから、バカらしいしね。

「優しいサヨク」は、偶然に古本屋で見つけただけなんで、調べたって程じゃないです。
これは1983年の作品で、小林30歳の時の物。
作中でもその時間軸だから、「脱正義論」で小林が書いた、自分の学生時代より、
さらに左翼が劣化していたんだろう、本気では社会主義を信じていない雰囲気がある。

小林も、このサヨク世界観には影響を受けたかも知れないけど、
サヨクと左翼の区別が余りないので、今で言う小林定義の「サヨク」とは別物ですな。

ついでに「みどり」という主人公のガールフレンドを、
バージニヤ(笑)と呼ぶセンスは時代を感じる。

なお西部さんは小林との対談で「私は、彼らの軟弱な精神を表現して、
平仮名で「さよく」と呼びたい」と言ってたね。
「私のはどうせ流行しませんが」みたいに気弱だったけどw

543 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 01:43:48 ID:HyD84Cz1
判決書とは裁判官が自らの思想信条・あるいは主義などを開陳する場ではない

数ページ後
「絶対平和主義者」によって書かれた「日本無罪」


頭おかしいな

544 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 02:27:35 ID:TcbrHPwi
とりあえず
http://wikis.jp/PAL/index.php#r9fd2a93
このサイトの13番目の項目に>>407の手紙の写真を管理人さんに貼り付けていただいたので、興味ある方はどうぞ。
文字が見えないとかあれば撮り直しますので、宜しくお願いします。

545 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 04:33:28 ID:V41Igdp9
>>507
>最新号でも「自分の意見が間違っていたら、全部意見を変えてもいい」ってあったでしょ?
>>524
>小林さんは真実を追い求める真面目な人なんだ。

真実を追い求める小林はなんでこんなデタラメを訂正もしないで放置しているの?
戦争論はこういうデタラメのオンパレードなんだけど。

http://homepage3.nifty.com/hirorin/nankinb01.htm


小林はおまえらが考えてるほどナイーブで誠実な人間じゃないの。
特定の立場から現実をゆがめてプロパガンダする政治的動物にしか見えん。
小林が自分を右派だと認めてやってるんならいいが、いかにも
「わしは公平で誠実な人間だ!」というスタンスでプロパガンダやってるのが笑止千万。

546 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 07:04:54 ID:VQUTSPAo
田中正明「パール博士の日本日記」(『平和の宣言』、207ページより)

われわれは東京裁判を根本的に否定し得るとしても、
われわれ日本人として、過去において、
なんら反省すべきものをもたないかといえば、決してそうではない。
過去の日本の政策が軍国主義的、
または帝国主義的色彩が強かつたことを、
われわれは否定することはできない。
だからこそ、日本の対外政策が東亜諸民族の不信と猜疑を招き、
ついに無謀な戦争へと突入したことはおおうべからざる事実である。
もちろんパール博士はこれを認めている。
「この点で西洋帝国主義をそのまま見習つた」といつている。
博士の表現をかりれば「日本は西洋化のながれに身を投じた」のである。


547 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 07:25:23 ID:8ypw/Tos
この中にはずいぶん詳しい人間もいるようだが、院生か崩れか何かかな
そこまで自論に自信があるなら書評を書いて学術誌に投稿するか、
あるいはサピオとか正論の読者投稿欄に出したらどうだ(うまくいけば1ページぐらいもらえるかもしれん)

いずれにしても中島のことをさんざん罵倒してるようで、俺にはどっちが
正しいのかはもうよくわからんが、おまえらが中島に遠くおよばないことが
一つあって、それは彼が顔と実名をさらしていることだ
おまえらがどんなに正しいことを述べていようが、2チャンで匿名で吠えてる限り、
ほんとにたんなる「便所の落書き」かオナニーに過ぎず、従って誰にも引用どころか相手にもされんよ


548 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 08:32:17 ID:5ZbR3Jow
それならここでされる小林批判は全てあてはまるんたが

549 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 08:48:19 ID:5ZbR3Jow
>>545 それいつも貼られるけどさ、ソ連の督戦隊って独ソ戦以降じゃなかったけ?まちがってたらすまん

550 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 12:47:56 ID:TcbrHPwi
>>547
大学院生とか過大評価されるとは……
俺は単なるゆとり高校生です。まだ受験生ですらない。
はっきり言って、こんな史料集めるくらい運と金と時間と根気さえあれば中学生でもできるし、もしかすると小学生でも出来ることなんだ。
>>266に書いたようにわかる人に史料読んでもらうことと勉強が目的。つまり趣味だ。
まああとネットを取り上げる知識人も結構いるから、まあ目に止まればいいかな〜くらいの軽い気持ちでやりはじめたわけだ。
2chって有名なんだろ?
まあともかく俺は今回の論争限定だからいつまでも2chに居座る気はない。
真面目に勉強して大学入って、『発言者塾』に入塾しようと思っている。
目指す大学に尊敬できる教授もいるからそこで頑張ろうと思っているわけだ。

まあ、2chって皆には悪いが、最初バカにしてたけどやって見れば結構面白い。まともな人間もいるしね。

とにかく遊びなんだから、学校にはこんな話できる奴おらんし、していたらネクラの陰キャラ。
家では史料集めて頑張ってるから良いことだってな感じで褒められ小遣いもらったw

まあそんなこんなで自分の考えにどんな反応があるのかも試してみたかった。てのもちょっとあるね。

というわけだ。
中島は馬鹿だが、オヤジ、オバン殺しという特殊能力持ってるからね。
今の世の中そんなのばっかし。
宮崎、福田だってうま〜いこと世間渡ってるからね。
だからそれなりに取り入り先も決めておかないとね。

551 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 12:50:27 ID:HVqyzUuB
現実世界で左翼もサヨクも発音同じでわかりづらい
カタカナサヨク→カナサヨク→カナサヨ
漢字左翼→漢左翼→カンサヨ
呼ぶのはどうだろう

552 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 12:52:55 ID:TcbrHPwi
>>551
韓国語?
カナサヨ〜
カンサヨ〜

553 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 13:06:51 ID:TcbrHPwi
>>541
俺の方こそすまんな
荒らし相手に>>528でバリ感情剥き出しだったしねww

554 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 13:20:23 ID:TcbrHPwi
>>540
『ゴー宣・暫一』の 【第二場・第一場】
『いわゆるA級戦犯』を補強する
のp44で朝日の特集が「日本無罪論」という題名を否定しているのに対して
──だが、滑稽というか、正直というかこの記事、「日本無罪論」という題名は田中正明氏がパール判決の解説書を出版する際、パール氏本人の許可を得てつけたと書いている。──
と書いていることから手紙の存在は知ってると思う。
内容についてはどうか知らんが。
とにかくこの手紙や『正論』11月号の小林論文での論考や「まほろば」136号からも十分決着はつく。

555 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 14:10:31 ID:vO8eIqNw
>>545
その書き込み自体が「いかにも公平で誠実な人間というスタンスでプロパガンダやってる」って自覚してる?

556 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 14:45:43 ID:TcbrHPwi
『平和の宣言』
「パール博士の日本日記」田中正明
p205〜208
菊沢村にて
──「この村一番の貧農といわれる農家でも、インドの貧農にくらべれば、はるかにましである。二百年のイギリスの搾取と圧政は、インドの農民を人間以下の世界に追い落としてしまつた。
帝国主義のながい統治ということが、いかにおそろしい結果をもたらすものか。
日本にこの悲惨を味わせたくない。
彼らの分かち、かつ支配する≠ニいう政策が、いまやアジア人同士、日本人同士のあいだに行われようとしている」と博士はいう。
日本のどんな貧農の家にも、電燈線が引いてあることが、よほど博士の注意をひいたらしい。薄暗くはあるが平和的な灯。
貧富平等に流れる電流。文明にとり残されたインドの全農家に、せめてこの光だけでも与えられたら……。
博士の感慨はそこから飛躍して東京裁判におよぶ。
「極東軍事裁判では、国家の支援によつて日本の電源が開発され、あまねく農村漁村までも、電燈がゆきわたつている点を指摘して
かくのごとく発達した電力はただちに戦力に切換えを得る。これは日本の侵略戦争への準備である≠ニきめつけている。
そればかりか、日本の満州事変以後発達した工業も、教育も、技術も、すべて侵略戦争の準備であつたといつている。わたくしは、それは一方的であると論駁した。
日本の科学、工業、電力、教育の発達が侵略戦争への準備なりというならば、その相手国であつたアメリカやソ連や中国におけるそれらの発達状況はどうであるか。
それとこれを比較してはじめて、いずれが侵略戦争の準備なるやを断定することができるのではないか……と。
いまこうして日本の農村を廻つてみて、わたくしの判定は、あやまりなかつたことをしることができたような気がする」

続く

557 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 15:39:34 ID:HyD84Cz1
西部のパール批判に意味も分からず同意してた馬鹿はガキか
もう片方も同じようなもんだろうな

558 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 16:04:55 ID:HeiRM66/
書き込みの保存サイト、充実してきたね。携帯さん。ご苦労様。高校生だっけ?すごいね。

559 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 16:55:17 ID:v1HHyUBH
まとめサイトがどこだかしらない俺


まとめたらあとは広めてホスイ

560 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 16:59:42 ID:HeiRM66/
>>559
>>1

561 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 21:42:45 ID:F6v6snf3
思いつくまま書く。
「保守問答」読んだけど、西部の切れ味全然変わってない。
つーか、西部批判した小林の意見と全く同じじゃんって箇所が随所にある。
小林が批判したような単純な考えじゃないってのが確認できた。
やっぱり、中島なんてのに関わりあったのが間違いだったんだろうな・・・

562 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 22:15:56 ID:v1HHyUBH
見づらいな

俺や中島本読んで騙されてる程度のバカにもわかるくらい読みやすい日本語で
要点をシンプルにまとめておける人いないかね

それぐらいまでやらないと広まらんだろう

小林よしのりの論文はそういうところが偉い
言論人の鏡だな

563 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 22:29:18 ID:c4Z+1IMi
田中正明「パール博士の日本日記」(『平和の宣言』、207ページより)

われわれは東京裁判を根本的に否定し得るとしても、
われわれ日本人として、過去において、
なんら反省すべきものをもたないかといえば、決してそうではない。
過去の日本の政策が軍国主義的、
または帝国主義的色彩が強かつたことを、
われわれは否定することはできない。
だからこそ、日本の対外政策が東亜諸民族の不信と猜疑を招き、
ついに無謀な戦争へと突入したことはおおうべからざる事実である。
もちろんパール博士はこれを認めている。
「この点で西洋帝国主義をそのまま見習つた」といつている。
博士の表現をかりれば「日本は西洋化のながれに身を投じた」のである。


564 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 22:31:58 ID:HeiRM66/
>>562
おまえさん、やる気あるかい?

565 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 22:46:21 ID:TcbrHPwi
>>558
有難うございますm(__)m
これからも少しずつですが頑張っていきます。
今日はもう限界なので休みます。ストックしてるやつ貼って寝ます。
『月刊現代』批判は、ぼちぼちやっていきま。
それでは失礼します。

566 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 22:47:24 ID:HyD84Cz1
まぁ馬鹿には無理だろうな
中島本に影響もないし

567 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 22:48:25 ID:TcbrHPwi
>>556の続き
パール博士は極東軍事裁判そのものを根本的に否定している。それは戦勝国が、復讐と宣伝の欲望を満足させるために、国際法を無視し司法と立法を混合し、法の不遡及まで犯した一的な軍事裁判であつたからである。
「だから日本人はこの裁判の正体を正しく批判し、彼らの戦時謀略にごまかされてはならぬ。日本人が過去の戦争において、国際法上の罪を犯したという錯覚におちいることは、民族自尊の精神を失うものである。
自尊心を失つた民族は、強大国に迎合する卑屈なる植民地民族に転落する。日本は、連合国によつて与えられた戦犯≠フ観念を頭から一掃せよ……」とパール博士はいうのである。
だが、われわれは東京裁判を根本的に否定し得るとしても、われわれ日本人として、過去において、なんら反省すべきものをもたないかといえば、決してそうではない。
過去の日本の政策が軍国主義的、または帝国主義的色彩が強かつたことを、われわれは否定することはできない。
だからこそ、日本の対外政策が東亜諸民族の不信と猜疑を招き、ついに無謀な戦争へと突入したことはおおうべからざる事実である。もちろんパール博士はこれを認めている。
「この点で西欧帝国主義をそのまま見習つた」といつている。
博士の表現をかりれば「日本は西洋化のながれに身を投じた」のである。

続く

568 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 22:49:43 ID:TcbrHPwi
かつて偉大なるインドの詩人タゴール翁は、日本人にむかつて切々として忠告した。
「日本が自己防衛のために、西洋の武器と技術をとりいれたのはよい。かくして日本は征服されずにすんだのだ。
しかし日本は、決して西洋を模倣して、その国家主義の私欲を自己の宗教として受け入れてはならない。そして隣国の弱者にたいして無法な行動に出てはならない」
日本はこのタゴール翁の期待を裏切つてしまつた。そしていま敗戦の苦悩の中にその方向を見失つているのである。翁はいう。
「日本は古い国であると同時に新しい国である。日本は東洋古代の遺産をもつている。
この遺産は、内なる魂のなかに、真の富と力を求めることを人間に教える文明であり、機械力を基礎とする文明ではなく、人間と社会の精神的理想を基礎とる文明である」と。

詩人タゴールの日本人にたいする熱望は、そのままパール博士の願いでもある。博士は「日本はもはや西欧のながれを信じてはならない。アジアのながれのなかに身を投ぜよ。アジアにかえれ。
長きアジアの歴史がつちかつた精神的支柱の上に、西欧文明の技術を活用せよ。
そこにきずかれた、日本の技術、日本の工業、日本の科学こそ、アジアを救い、人類が長く求めてやまなかつた真の平和をもたらすものである」と。
博士は、日本が高貴なる東洋精神の伝統の上に立つならば、日本の豊富なる電源、発達した工業、普及した教育は……そして日本人のもつ勇気と叡智は、そのままアジア復興の光明であるというのである。


以上次は、法は一つ、の項目

569 :名無しかましてよかですか?:2008/01/20(日) 22:50:48 ID:TcbrHPwi
「パール博士の日本日記」p201
博士が帰国する際に、最後に帝国ホテルの送別会で述べた言葉。

「日本の自然は美しい。田園山村の人情もまたこまやかで美しい。日本こそ平和を好み、平和を守る国である。この美しい日本の国土を、一寸たりとも破壊させてはならぬ。ふたたび戦争の惨禍に追いやつてはならぬ。
日本の自然は美しく微笑かけているではないか。平和と友愛の伝統は、古来日本民族の血と魂の中に養われているはずだ。日本人よ、この美しい心、美しい自然にかえれ。
その時こそ、インドはもとよりアジア人は、諸君らを心から敬愛し、支持するであろう。アジアは独立したとはいうものの、あまりに未熟で貧困である。
行くてには多くの困難が山積している。
日本がたちあがらずして、アジアの復興はのぞみがたい。
どうか日本は、かつて世界に示したあの勇敢と叡智をもて、平和の選手、アジアの先達として起ちあがつていただきたい」

570 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 00:18:57 ID:KfnIwSZW
田中正明「パール博士の日本日記」(『平和の宣言』、207ページより)

われわれは東京裁判を根本的に否定し得るとしても、
われわれ日本人として、過去において、
なんら反省すべきものをもたないかといえば、決してそうではない。
過去の日本の政策が軍国主義的、
または帝国主義的色彩が強かつたことを、
われわれは否定することはできない。
だからこそ、日本の対外政策が東亜諸民族の不信と猜疑を招き、
ついに無謀な戦争へと突入したことはおおうべからざる事実である。
もちろんパール博士はこれを認めている。
「この点で西洋帝国主義をそのまま見習つた」といつている。
博士の表現をかりれば「日本は西洋化のながれに身を投じた」のである。





571 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 01:07:21 ID:e/paPhsI
・事実誤認を含むパール判決をパール史観として担ぐ
・判決書にパールの主義主張が反映していることを認めない


渡部と小林が地雷踏んで終了ってことだな

572 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 01:11:16 ID:qbBZeDzR
>>571
古代から勉強し直しなさい


573 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 01:20:58 ID:qbBZeDzR
>>547
中島と同格とか、どーでもいいですよ。
自分の売り込みやってるわけでもないし、その必要もない。

本来なら、知識人が書く物が安心して読めればソレで良いんです。
「聖域ない議論で、証明された事実」ならね。

だが、最初からそれを怠っているのが中島側にしか見えない。
で、それをアカデミシャンとか言って、
悦に入ってる集団の輪には入る気しないなー、ぐらいの感じですか。

そんな程度ですから、大げさにお考えなさらず。
乏しい知識の中から、ちょっぴり意見を述べているだけです。

574 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 01:48:36 ID:DRhASDBz
>>571
国語からやり直しなさい。それから本をきちんと読みなさい。
あーあでもこうしてデマが広がっていくんだろーな(欝

575 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 01:59:26 ID:3+RiseKL
だから俺や他のバカにもわかりやすく誰かまとめなおしなさいって

576 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 05:43:00 ID:yDeD36me
http://click.j-a-net.jp/1006827/71021/

577 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 07:18:26 ID:e/paPhsI
渡部と小林のデマは一部にしか広まらんから問題ない

578 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 09:05:10 ID:7n6rhgs2
かなりいろんなメディアに分散しているから
「論争のまとめなおし」は確かに必要かもしれない

579 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 10:33:40 ID:fOGfUDoF
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/d/20080120
東京裁判評

580 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 10:34:47 ID:fOGfUDoF
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062879247%3ftag=ikedanobuo-22%26link_code=xm2%26camp=2025%26dev-t=1CR2KCSDNRVJY76AMX82

581 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 10:58:57 ID:DkgwG5Cj
>>580
>ikedanobuo

ん? 何これ? 希代の○○の名前がどうしてここに? アフィ?


582 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 12:40:24 ID:fOGfUDoF
>>579
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/ffc5fa723e08a1cab0fda1bf29fd044d
こっちのほうがいいかな。

583 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 19:13:11 ID:dXuwvAde
日本本土空爆した米機から不時着してきた米兵を、
国際法違反の民間人虐殺(ハーグのあれか?) つって、
裁いて処刑したら、戦後にBC級戦犯で処刑された岡田資中将の伝記
大岡昇平著『ながい旅』 映画にもなったらしいが未見


これの角川文庫版の解説が中島大先生だと 
買おうと思ってたのに気分悪いわーw
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/071224/acd0712241105001-n2.htm

>解説を寄せた中島岳志・北海道大学大学院准教授は
>「大岡が書きたかったのは、裁く側が岡田中将に理解を示し始めた過程では。
>言うべきことは堂々と言い、責任を一身に引き受けようとした中将の姿勢に共感したのでしょう」と語る。

>中将は法廷で、住宅街や商店街までを無差別空爆した違法性を指摘する一方、戦時下の問題行為は
>「部下が行った全てについて、司令官が唯一の責任者」と述べ、青年部下の命と軍の名誉、最終的には日本の立場を守ろうとした。

こんな立派な人(大岡昇平曰くの最後の武人)を、中島さんに語られたくなかったなあ
また切り貼りパッチワークしてdデモなこと書いてないだろーな

584 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 19:43:51 ID:fOGfUDoF
中島が触れるものすべて汚れる。

585 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 19:54:43 ID:DRhASDBz
>>583
そこそこの大学を出て、学者になって権威を築き、
お利口さんになって、真ん中になれば、そこそこの仕事にありつけて
文化人になれるというよい例だよ。
彼らは歴史観を不明にしつつも、司馬史観っぽいのをベースに保守思想とやらを難解な言葉でぺらぺら操る
観念の遊戯(Gedanken Spielen)を得意とし、文学者、知識人を批評するのが彼らの特徴。
戦後体制保守の、サントリー的な保守(京都学派)の
生まじめで何となくクリスタルなやり方だよ。
で、こういうのがサラリーマン化した出版メディアに受けるのは当たり前。
朝日にも産経にも差し障り無いずる賢いやり方だよ。

こうした大衆迎合の物量作戦のメディア環境においては、
知的に誠実な渡部さんや小林さんの史料に基づく歴史観はキワモノ扱いされる。
戦後日本の不幸の一端だよ。


586 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 20:05:58 ID:fOGfUDoF
>>585
そういうのって、学者とか研究者とか言わないで、なんと言うのかね。

587 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 20:14:32 ID:DRhASDBz
>>586
ストレートに詐欺師。オレは馬鹿だからレトリックや詐術が
苦手なんよ。誰か賢い人が中島風に中島を評せばいいのだが…

588 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 21:45:51 ID:qbBZeDzR
>>586
遅れてきたポストモダニストって感じかなぁ。
中島の結論って、すべて価値相対主義に行き着くし。

589 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 22:57:16 ID:MuXzhMYo
>>586
何も気付かず朝日・毎日、学会連中(売れないサーカス軍団)に踊らされ、都合が悪くなれば簡単に見捨てさられるピエロ(道化師)。


590 :名無しかましてよかですか?:2008/01/21(月) 23:25:35 ID:iy1t3i3T
>>586
シャーレの中の出来の悪い日和見菌・・・というのは
流石に言い過ぎか

591 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 00:24:43 ID:IKphyWw8
日暮れの読んだ人いる?

592 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 00:35:32 ID:cYv32g+J
>>582
まだこの書評しか読んでないけど、日暮って要するに、パールは東京裁判の本質を見抜けず、
空気を読まずに無罪判決出したから評価できないって言ってるわけ?
マッカーサーとかアメリカ人が言うならわかるけど、日本人がこんなこと言うなよ。
小林は絶対この意見には賛成しないだろうな。
まあ本はまだ読んでないから近いうちに読もうと思う。

593 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 01:03:27 ID:gUZCSm9I
中島への嫉妬、キモイ。

594 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 02:21:54 ID:KMaFhbR1
パールの法律論じゃ責任者を焙り出せない
これは東京裁判であろうと、もし日本人の手で裁判をしたとしても同じこと
つまりパールの法律論は使えないってこった

595 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 02:30:22 ID:KMaFhbR1
小林は天皇の一声で東条に腹切らすつもりなねかね

596 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 04:15:31 ID:nVg0G+65
小林さんの物量作戦に期待。


597 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 11:23:40 ID:T2AIB9sU
>>591
パールに関しては、やはり東京裁判での欠席態度とかを出して
印象批判してる感じ。最近そういうのが流行ってるみたいね。

「無罪という言葉がミスリードだろう」と言うのも間違い。
池田信夫の書評にも少しあるが、裁判は日本式概念の「お裁き」じゃないんだよね。
道義的な事は一般論で対応すべきもの。

>>592
「多数派裁判は政治的でダメ。ただしパールは実際、立派な人なんだろうし、
 多数は判決よりは遥かにマシだが、人種概念が強くて同様に偏ってる」
みたいな言い方だったな。
パワーポリティクスを適当に混ぜる「最近のホシュ」って感じか。

>>594
「以上述べてきた理由にもとづいて、本官は各被告はすべて
 起訴訴因中の各起訴事実全部につき無罪と決定されなければならず、
 またこれらの起訴事実の全部から免除されるべきであると
 強く主張するべきものである。」の意味分かってる?
東京裁判では「A級戦犯の敗戦責任や戦術失敗」など議論されていない。

598 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 11:43:31 ID:T2AIB9sU
例えば開戦に関して、パールは共同謀議では無いというし、
日本を戦勝国が長らく追い詰めた結果と見る。
つまり対外的な「平和に対する罪」でも「共同部扇」でも無いと見ている。
この解釈は今後の前提として、普通に使えるし、
日暮の本などでは全く揺らいでいない。

「対外的な罪を犯して日本国民を苦しめた」ってのが連合国のプロパガンダだ。

しかし日本人に取って重要なのは「日本を敗戦させた責任を取れ」とか
「空襲や原爆を防げなかったのは何故だ」とか、
そういう意味での「敗戦責任」だろう。

これは東京裁判とは直接的には何の関連も無いが、
間接的に「なんとなく、一番悪い奴を裁いた」と思う事にされたのだろう。

東京裁判を否定し、パール判決を肯定する事が、
>>595のような極論に繋がるバカっぷりは凄い。

「天皇陛下の鶴の一声で東條を斬らせる」か。
キミが、それが問題だと自明に捉えてしまう理由は何か。
非文明的だからだろう?でも東京裁判も本質的にソレと同様なの。
だから「天皇が東條を斬る」を否定しながら、同レベルのこと言ってるんだよキミは。

599 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 11:43:42 ID:IKphyWw8
>>597
で、日暮が出たことによって、中島にはメリットってある?

600 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 11:49:34 ID:T2AIB9sU
>>599
無いと思う。
「無罪はミスリードだろう」って使い古された部分ぐらいかな。
むしろパールの行動から、神話否定に入ってるし。
(そこまで大したことないよ、みたいな。)

だから、中島説と重なる部分はほとんどないね。

601 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 11:52:21 ID:IKphyWw8
>>600
「多数派裁判は政治的でダメ。ただしパールは実際、立派な人なんだろうし、
 多数は判決よりは遥かにマシだが、人種概念が強くて同様に偏ってる」
みたいな言い方だったな。
パワーポリティクスを適当に混ぜる「最近のホシュ」って感じか。


この感じがいまいちつかめないんだよね。実際読んでも、日暮れの個人的趣味的判断ってことで片付けられてるのかな。

602 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 11:58:29 ID:IKphyWw8
http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%A3%81%E5%88%A4%E3%81%
AE%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%96%A2%E4%BF%82%E2%80%95%E5%9B%BD%E9%9A%9
B%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%A8%A9%
E5%8A%9B%E3%81%A8%E8%A6%8F%E7%AF%84-%E6%97%A5%E6%9A%AE-%E5%90%89%
E5%BB%B6/dp/4833223287/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1200970577&sr=1-5

政治権力と規範ってのが好きそうだな。>日暮

603 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 11:59:43 ID:IKphyWw8

東京裁判の国際関係―国際政治における権力と規範 (単行本)
日暮 吉延 (著)



604 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 12:02:28 ID:IKphyWw8
http://www4.ocn.ne.jp/~aninoji/higurashi.yoshinobu.html
書評 日暮吉延著『東京裁判の国際関係−国際政治における権力と規範−』(木鐸社、2002年)


605 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 12:04:18 ID:T2AIB9sU
>>601
そうそう、殆ど書かれてるのは「懐疑」と「印象」の段階なんだよね。

パールがインド人だから最初、ほかの判事と同様には
スウィートを用意されなかった事に怒りを感じていたとか、
そんなエピソードもある。

この人は「パワーポリティクスの前に道理は黙る」という論理があるね。
ただまぁ、そこまでこの話題で、
大きく取り上げる程の本じゃないかな、と思う。

606 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 12:09:12 ID:T2AIB9sU
ま、気になるようだったら本屋で立ち読みぐらいしてみると良いかと。
今なら本屋に並んでるだろうし、パル(パール)判事の部分だけなら
さほど時間かからんから。

607 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 14:29:21 ID:KMaFhbR1
>>597
日本は国内裁判で戦犯を裁くことを要求した
その裁判がもし行われたら、政治責任を問うものになるのは当然
政治的な意味を持つ裁判てのは、ナポレオンやら第1次大戦で慣習化している、反逆罪なんてのもある
純粋に通例の戦争犯罪についてのみ裁くなら、政治責任は棚上げされたまま
国内裁判でやる以外に正当性を確保した責任追求の手段を挙げんことには話にならんな

608 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 14:47:17 ID:KMaFhbR1
しかし、おまえら読解力低いね
反西洋帝国主義に傾いた事実認定が余計なんだとか
事後法を否定するなら通例の戦争犯罪のみに焦点を絞るべきとか
安易に日本無罪論と受け取られる原因はパール自身の検討に問題がある
ってな事が書いてあんだろ

日暮のアプローチ自体が法学と政治学の学際的視点からってことも理解出来とらんし

609 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 15:23:33 ID:SUA9eIOu
スレ違いだけど日暮本に例のサンフランシスコ講和条約11条の「東京裁判受諾」
の文言にいたる経緯の解説がある。
非常に勉強になった。

610 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 15:56:59 ID:h+2BuJ/v
>>608
このスレの主な論客が高校生なんだから、
「法学と政治学の学際的視点」なんて分かるわけないだろ。
もっと啓蒙的に、丁寧にやらないと対話にはならないよ。
読解力の問題というより、前提知識の問題だからさ。

611 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 16:08:16 ID:h+2BuJ/v
加えて言えば、
「法学と政治学の学際的視点」に立つ日暮の論考が、
中島や小林の主張とはいかなる関係に立つのかまでを論じないと、
まともに議論したことにはならないよ。
自分は学問を知ってるんだぜ、と威圧的に振舞うだけではダメ。
それでは高校生にすら勝てない。

612 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 16:19:02 ID:C9A82qlu
そんな大げさな問題でもないと思うが


613 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 17:07:03 ID:htv3ATmy
>>610
あのさ、日暮氏の本について俺は何ん〜にも語ってないから・・
まだ読んでもないし・・・
それに興味あるなら自分調べるので。
その後わからないところがあるならば教えを乞うことがあるかもしれません。
そのときは宜しくお願いします。

今まで俺が言ってたのは、日暮氏が牛村氏の論文に賛同し、論争が決着した。
ということは、中島の学問的不誠実さについて認めているということ。
ってとこくらいかな。
>>608
の言うことが本当だとするなら(まだ読んですらいないし、今のところ興味はない)曲解され続けたパールの全体像を呈示するというスタンスの中島は、
牛村氏が言うように日暮氏に巻を改めて反論するなり、賛成するなりせんといかんね。
若手の東京裁判を論じる論客の一人になったんだし。

んで今回の論争はパールを曲解しているのはどちらか?
という国語力の問題の論争だから、パール判決が正しいとか間違えているとかは、また他のスレですればいいのでは?


後、まとめサイトを充実させるために原文載ってる写真とか貼って行くので興味ある人は見てください。

つい数日前、妹に指摘されるまで自分の携帯がパソコン用の画像が撮れる機能を搭載していることに気付いていなかった……


614 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 20:35:47 ID:UEyyZ6nw
人のブログ読んでたら、ちょっとしたどーでもいい?小ネタがあったよ
(既出だったら失礼)

NHK出版が30代論客で論壇誌を作るんだと
東浩紀氏と北田暁大氏が編集って感じで
「政治化する30代論客 同世代による思想誌創刊へ」
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200801190097.html  (asahi.com2008年01月19日)

で。
そこには当然、我らが中島先生も絡んでくるわけでw

・ウェブ版
>左翼的スタンスを鮮明にした論客ばかりではない。『中村屋のボース』(白水社)が話題になり、
>いま新聞・雑誌に引っ張りだこの北海道大准教授(アジア政治)、中島岳志さん(32)の最新作は、
>西部邁さんとの共著『保守問答』(講談社)。「従来の左翼にありがちな、理想設計主義的で合理的な正義は信用しない」と語る。
>と思えば、昨年の『パール判事』(白水社)では、東京裁判でのパールの見解を保守派が政治利用していると批判、反論を受けた。

615 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 20:37:03 ID:UEyyZ6nw
>>614の続き・・

これね、アサヒってるんだよね。 新聞版とウェブ版とで違う文を載せて びみょーに。 
それも「小林よしのり」って単語をワザワザね

・新聞版01月19日の記事
>昨年の『パール判事』(白水社)では、東京裁判でのパールの見解を保守派が政治利用していると批判、小林よしのりさんらの反論を受けた。

ここのブログの人が見つけたネタ。借りましたよ。 
新聞版実物も載ってる http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080121

なんでアサヒはこんなみみっちい改竄するのかなってw なんか笑えたw

あとね、
>従来の左翼にありがちな、理想設計主義的で合理的な正義は信用しない」と語る。

これ、パール本で理想設計主義的に田中本をカットアップして、
合理的な九条主義的な正義を「作り出した」中島さんが言って良いセリフなのかなってw

ご自分ではからずも説明されてますけど中島さんって、>従来の左翼にありがちな ひとだと思いますよw 


616 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 20:46:43 ID:dUxSyqXw
>>615
これ、「小林よしのり氏から」だっけ?
その後、牛村氏なんかからも批判されたからかもしれんね。それはないか・・・

617 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 21:20:04 ID:nVg0G+65
最新号読んだよ。面白かった。
パール博士「平和の宣言」は単行本で2月8日ごろ発売だって。
単行本のほうが重厚感があっていいよね。

618 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 21:35:10 ID:cYv32g+J
>>617
中島と対談するとか書いてた?

619 :名無しかましてよかですか?:2008/01/22(火) 23:38:48 ID:nVg0G+65
>>618
書いていない。むしろ対談の求め方に怒っていた。
あまり書くとネタバレになるからこの辺にしとくけど。
明日をお楽しみに

620 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 08:13:26 ID:kg8nB+B6
読んだぞ〜!
かんなり面白かった!
中島は小林さんの手の平の上で踊るピエロだね。
小林さんの小出しに攻めていく作戦にまんまと引っかかっとるw

『月刊現代』の雑文が〜〜〜っ

まあとにかく田中正明氏の主観について
1974年田中正明著『世界連邦その思想と運動』平凡社
を引用して完膚なきまでに・・
あと1952年『平和の宣言』
「パール博士の日本日記」p210で田中氏は
──その半植民地的な日本の上にのしかかる憲法改正、再軍備──と書いていたり、
1952年『日本無罪論─真理の裁き』「パール判事の判決文を読んで」p13 でも
──ふたたび自衛とはなにか、防衛とはなにか、被支配民族の解放は侵略かどうか……こうした微妙な問題が、憲法改正、
再軍備論をめぐつて、独立を迎えたこんにちの重要課題として、その解決を迫られているのである。──
と憲法改正に否定的な見解を示し、
1963年『パール博士の日本無罪論』でもp48(これは文庫版の頁)
パリ不戦条約に対してて──日本の平和憲法を想起させるまことに立派な条約である。──
と明らかに平和憲法を支持している。

しかし小林さんは凄いな〜タイミングも心得てるしね。
その上面白い!
中島のアホさがその面白さを際立たせてる。
最高!

621 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 08:38:15 ID:UyuGAlNY
平和主義と平和憲法の書き分けについて言及していましたか?

622 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 11:26:39 ID:Nn5oNy24
>>607
やはり近視眼を晒していて能力が低い。煽り虫らしい発想だ。

>日本は国内裁判で戦犯を裁くことを要求した
>その裁判がもし行われたら、政治責任を問うものになるのは当然

無意味。あくまでも「訴因が成り立たない」と言うのがパールの評価だからな。
基本的にパールは「日本人が決める事」という姿勢を示している。

日本人による裁判なら、敗戦責任を問うことは可能だろう。
しかし「平和に対する罪」で「日本軍が勝っていれば良かった」という
論点は語れない、という違いがある。

敗戦責任とは「勝っていれば良かったのに、なぜ負けた!」という責任であり、
平和に対する罪とは「我々(連合国)に戦争を起こした罪」である。

無論、東京裁判が「占領政策と日本人の精神的手当てもかねた、
責任者(らしきもの)を吊るし上げる手打ち式」である事は明白だ。
それこそを「政治的目的により、法の真理が犯された」とパールは捉え、

政治的な裁判の形態を取った復讐式を、
過去数百年の文明を無にする物だと言っている。
言っておくがパワーポリティクス前提の現状追認と現実主義は違うからな。

623 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 11:31:41 ID:Nn5oNy24
>>608
読解力以前に、手前勝手なパワーポリティクスに凝り固まりすぎている。

>反西洋帝国主義に傾いた事実認定が余計なんだとか
親米ポチと言われる岡崎久彦でも
「開戦において、最初の1,2年は日本がプロパガンダでも勝利していました。
アジアにおける植民地支配の酷さは、想像を絶するものだったからです」と
認めていた。批判するならば「そうした事実が無かった」と証明しなければならない。

>事後法を否定するなら通例の戦争犯罪のみに焦点を絞るべきとか
それぞれの訴因を遡上に上げ、否定する作業を行っただけだろう。

>安易に日本無罪論と受け取られる原因はパール自身の検討に問題がある
何度も言うが、「日本無罪論」というタイトルに問題は無い。

>ってな事が書いてあんだろ
アナタの解釈と頭には信用が置けない。。
それが今までの言動を見た感想だ。無知の割に態度だけは大きく、不快だ。

624 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 11:39:25 ID:Nn5oNy24
>>618
「史料批判で対談してどうする?」という論調と、あとはこれ。
73P「対談するには筋を通してもらいたい。
わしが今後明らかにしていく中島の本の誤謬にどう対処するのか?
わしに対する誹謗をどう謝罪するのか?自著を全面的に書き直すのか?
回収するのか?真実に目を背けぬ勇気があるのか?
善人づらしてひき逃げ犯のように生きていくのか?
それを見極めずに対談には応じられない。」

>>621
田中正明「世界連邦ーその思想と運動」という著書を出して、
当時の田中正明が「護憲論」を書いていて、
「押し付けといわれようと正しい」と言っていたこと、
憲法九条は「人類の理想をうたったもの」と書いていたことを示した。

これは決定的だろうな。
中島が言うように、主観的に「平和主義→平和憲法に書き分ける可能性」とか
改竄する可能性ってのは、田中正明が当時「右翼」じゃなきゃ成り立たないから。

625 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 11:41:38 ID:m4BFn0Uy
>>624
73P「対談するには筋を通してもらいたい。
わしが今後明らかにしていく中島の本の誤謬にどう対処するのか?
わしに対する誹謗をどう謝罪するのか?自著を全面的に書き直すのか?
回収するのか?真実に目を背けぬ勇気があるのか?
善人づらしてひき逃げ犯のように生きていくのか?
それを見極めずに対談には応じられない。」



最高だ!!!!!!!!

626 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 11:44:42 ID:Nn5oNy24
まぁこれにより、中島の多くの邪推は成り立たなくなるだろ。

あの毎日の内容も、全く同じ文脈で「平和憲法」と「平和主義」が出るし、
(「平和憲法」なら、3回ともそう言えばいい文脈だ)。
パールが「平和憲法」と言ったなら、平和主義なんて書く必要なかったろうな。

ただ結論としては、今回のゴー宣は相当凄い。
普通の人が見れば、これで決着したと見るんじゃないか?

627 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 11:53:13 ID:Nn5oNy24
つか上の煽り虫君は、パールはナポレオンの例は適用出来ないと
判決書で明確に言ってるのに。レベル低すぎ。

もちろん俺も、パワーポリティクスに背を向けて
幻想だけ語っていれば良いとは考えていない。
東京裁判が「手打ち式」「占領政策」「日本人への感情的手当て」と言う効果を
何はともあれ狙った物なのは事実だろう。
しかし、そうした中でも理想を現実に求めた人物には敬意を払う。当然の事だ。

>>625
ついでに、中島が何を謝っているのか分からないと言っていたな。

かつて「小林は右翼」と分析したのに、「保守とは何か」を説くのは
どういうつもりだ?「なぜ今回も右翼と書かなかった」と言うような。
あと、表面上は謝罪しているが、同じ主張をしていると。
そうした諸々の理由で、対談を受ける気は無いそうだ。
明らかに小林に筋が通っていると思った。

628 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 12:40:26 ID:bysharO7
日本が東京裁判を天皇の免責に利用した事実から逃げ続けるコヴァ

629 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 12:41:32 ID:m4BFn0Uy
パル判決書は南京大虐殺を認定しているか
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Judge_Pal.html

630 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 12:52:06 ID:bysharO7
判決書の主眼は事実認定じゃないのに
「昭和史の検討」とか「パール史観」とか言う馬鹿は何なんだろうな

631 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 12:52:13 ID:Px4UWz8v
逃げたー やっぱり逃げたー
小林よしのりやっぱり逃げたー
うれしくてしかたがありませんー

632 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 13:04:35 ID:m4BFn0Uy
サヨ。発狂したなw

633 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 13:21:06 ID:zuHPM6uW
私はボディビルダーですが、
絡んできた若者を軽く〆ることができます。
トレーニング方法や食事など、参考にしてください。   馬場孝司

ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/musclebodybuilding2006/19978372.html
2ちゃんねるスレッド
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/muscle/1200207291/l50



634 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:22:47 ID:Nn5oNy24
>>631
SAPIOの67P
「対談を断ったら「小林が逃げた!」と吹聴し
 勝手に勝利宣言をする奴も過去にいた。

 中島には、それを勧める。」
というわけです。

ま、月刊現代の読者も今回のゴー宣を読む事を薦める。
それで判断しとけ。
でなければ、月刊現代のみの読者こそが「情報弱者の愚民」となる。

635 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:26:40 ID:Nn5oNy24
>>628
戦勝国が占領体制のためにだろ?

昭和天皇は最初から死ぬつもりだったのに、
どうやって配下が止めるんだ。

つか、「いわゆるA級戦犯」ぐらい読んで言ってるのか?
それにも一連の話ぐらいは書いてあるぞ。

>>630
お前よりはマシだろうな

636 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:27:45 ID:Ix043aGj
>>627
>東京裁判が「手打ち式」「占領政策」「日本人への感情的手当て」と言う効果を
何はともあれ狙った物なのは事実だろう。

これは違うんじゃないか。
東京裁判が一方的な復讐裁判、リンチ裁判であることは開廷当初から、あのマッカーサーの
強権的占領政策の言論弾圧下の中でさえ言われてきたことなのだから。

「手打ち式」と、あえていえるのは、1951年のサンフランシスコ講和条約調印でしょう。
>「日本人への感情的手当て」このような解釈こそマッカーサーが狙った軍部と国民を切り離してWGIP
を受けた当時の日本国民的感情ではないのか。
 
横レス失礼した。


637 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:31:52 ID:R1WrK8h5
ただ、西部と中島が意図的に連携して・・・というくだりには同意しかねるな。
だったら、現代があんな挑戦的なものにならないはず。
連携したというより、ありうるとすれば中島が勝手に西部にのっかったんだと思う。


638 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:33:00 ID:UyuGAlNY
痛烈だな
さすがに見透かされるよなあれじゃ

それでも中島本人が騒ぐ必要はないけどね
サヨクは小林の反論などみとめないし
勝手に「逃げた」と騒いでくれるだろうから
中島はその材料さえ提供しておけばよいのだろう

それも中島にとっては計算済みのこと
計算はまだ狂ってはいない

のか?


639 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:37:46 ID:Nn5oNy24
>>636
なるほど指摘ありがとう。

東京裁判というのを含めて、俺の解釈としては、
一連の占領統治によって、敗戦日本人に、「敗戦して占領されたのは、
自分達が悪いのではない」という、悪い意味での「安易な解答」を与え、
敵意を「戦犯」とか「軍国主義」に向けさせた物だと思う。

で、東京裁判で責任者(らしきもの)の悪事を書き立て、
一般の日本人は免罪する、というストーリーを作り上げ、
日本が戦争に向かった理由は考慮されない手打ち式にいたる
ストーリーを作り上げた。
この一連の物がWGIPだと思う。で、そこから今も抜け切れない日本があると。

もちろん、これを肯定するのは敗北主義としか思えませんが、
「無理が通れば道理が引っ込む」時代がまだ続いている事を考えると、
それは現実にはありえてしまうなと。
当然、それに抗ったパールの方が格段に評価できるけど。

640 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:40:57 ID:Nn5oNy24
>>637
「保守問答」を見ても、西部さんは中島には
「若いんだから頑張りなさいよ。」ぐらいの感覚しかないみたいだし、
意見も合ってない部分多かったからなぁ。
そこまで高く評価してるようには見えなかった。

641 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:46:50 ID:Nn5oNy24
で、不思議なのはパールの西欧批判に対して、
なぜ日本語で「それ言いすぎ」的な批判が聞こえるのかな、って思う。
自分だけは黄色人じゃ無く、名誉白人と思ってるのかな。

で、日暮の本はそんな深い物じゃないと思った。パールの章は大体、NHKの番組と一緒だし。

結局、チャーチルの東京裁判批判と日米同盟強化の意思も紹介されていたが、
結局は、政策的に行なわれた占領政策と東京裁判を、
状況変化で政策的に転換したってのが事実だろう。

ともあれパワーポリティクスと言うなら、「大義や理」など一切認めず、
ただ軍事力の多寡のみに焦点を絞る唯物史観を語るべきだ。

が、パールの今回の議論に、それは持ち込めない。
パワーポリティクスをジョーカーみたいに扱うのは思考停止。

「所詮、力だけで決まる、法など無意味だ」と虚無主義を語る場所はこの議論ではないし、
そうした立場なら、東京裁判にハンパに「理」や「法的価値」があったように語るから、
論理破綻するんだよと。

642 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 14:50:59 ID:R1WrK8h5
>>640
おれも読んだ。全面的に同意。


643 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 15:19:26 ID:Nn5oNy24
で、日暮の文章には、「無罪自体がミスリード」という珍説もそうだが、
「パールは弁護側の立場に立っている」など、
そもそも、弁護側と検察側のどちらの見解を取るか判断するのが
裁判官の仕事という事を失念している文章もある。より理がある方を取るのみ。

>>642
実際の所は、西部さんがあー書いたからそれに乗って
「に、にしべ先生もこういってるんだよ、小林さんっ!だからボクを許してよ!」という、
学級委員長的な便乗だった気がするねぇ。

とはいえ、その「にしべ先生」が既に切り捨てられてるとは、全く予想してなかっただろうなw
小林GJとしか言いようがない。
サヨクは「小林と西部を完全離間できた!」と満足なのかも知れないが。

644 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 15:36:11 ID:R1WrK8h5
そう、中島氏の便乗だと思う。
離間させた! っていうのは本当にそうだね。
サヨクだけじゃなく、親米保守(渡辺氏みたいな人じゃなく田久保氏とか岡崎氏とかあの辺)
も相当喜んでるんじゃないかね。藤岡氏とかね。



645 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 15:37:53 ID:kg8nB+B6
>>641
東京裁判後パール氏が訴えたかったことは、日本は国際法上無罪である。
だから残虐民族とか劣等民族とか世界に宣伝されているようなものでは全くない。
胸を張れ!
謂われなき宣伝によって卑屈になるな!
卑屈になり、自尊心を失った民族は植民地の民となる。
日本人よかつての誇りを取り戻せ!

日本がかつてのように勇敢に立ち上がり、今度はガンディーの教えを貫き、インド、そしてアジアと手を携え、西欧を教育して行けばその時こそ、人類が真に求めてやまなかった平和を手に入れることができるであろう。

てな感じ。

パール氏について限定して日暮氏の本を読んだけど
日暮氏は当時の西欧帝国主義をどのように考えているんでしょうね。
人種差別についても同じですが、これらの凄まじさについて言及することなく、パール氏の生い立ちを並べてパール判決は事実認定に政治性を帯びていた。だから多数判決よりはましだが、偏っている。
と断定する神経も信じられんわこりゃ。
これこそ感情論じゃん。
まあはじめに感情論は排して…とか言ってるやつは大抵デンパ。
日暮氏はあなたのおっしゃる通り白人なんだろうな…
感情を排した論理などない。と自覚した人の言うことの方がはるかに信用できる。

646 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 15:43:29 ID:kg8nB+B6
>>643
>より理がある方をとるのみ。

『ゴー宣』に書いているように中島みたいに対談せんでも理解出来る人間には理解できるしね。


西部さんについては「西部氏」と書き、中島は呼び捨てしていることからデマに手を貸してしまう「結果」になったことに対して戒めているのであって、絵もめちゃめちゃに書いていないからサヨクの画策も外れだと思う。

647 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 15:45:35 ID:edvZJGmH
>>645
「日本は」じゃなく「A級戦犯は」だろ。

648 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 15:49:30 ID:kg8nB+B6
>>647
戦争自体が犯罪じゃないんだから世界の中で日本が卑屈になる必要がないって意味。
『日本無罪論』はパール博士自身認めたことなんだよ。
わかってる?

649 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 16:08:22 ID:R27D2ALJ
永江朗って奴の「パール判事」書評
http://book.asahi.com/topics/TKY200709030193.html

中島のデタラメのエッセンスをギュッと凝縮したような書評だw

650 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 16:16:12 ID:kg8nB+B6
>>649
これ即ち「反・小林地獄」なり。

中島はまんまんなかを標榜しているからな〜まっ自己責任だわw


651 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 16:28:37 ID:XZyZo++n
保守派がパール判決を都合よく切り取ってるとかよく言うよなw

652 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 16:34:03 ID:kg8nB+B6
日暮氏はパール氏が日本の指導者を無罪にしたことに対して、これでは日本の中に責任を引き受けるものがいなくなってブラックボックス化してしまう。
ってな感じに日本国内にのみ目を向ける「蛸壺史観」が無意識に前提となっている。

やはり保坂が推薦するだけあるわ。こりゃ

653 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 16:45:17 ID:LKPrzkKw
中島の目的が売名であったならば、
結果的に小林に喧嘩売ったのは正解だったな。
>>649
こういう書評はこれからも次々出てくるでしょう。
ある種踏み絵になっていいと思うけどね。

654 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 17:04:33 ID:Q2ST7bAi
小林、逃げた。wwwwww

どれだけ虚勢を張っても、逃げたことは事実。

しかも『月刊現代』中島論文にまともに反論できず、
感情的にわめいてる。


655 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 17:33:53 ID:kg8nB+B6
>>653
中島が売名に小林さん使ったんだから小林さんは中島を散々パロディ化してやれば良いんだ。
面白いし絶対売れるww
逆に利用すればいいだけのことw


656 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 18:04:58 ID:bysharO7
629:名無しかましてよかですか? :2008/01/23(水) 12:41:32 ID:m4BFn0Uy
パル判決書は南京大虐殺を認定しているか
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Judge_Pal.html

630:名無しかましてよかですか? :2008/01/23(水) 12:52:06 ID:bysharO7
判決書の主眼は事実認定じゃないのに
「昭和史の検討」とか「パール史観」とか言う馬鹿は何なんだろうな

657 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 20:00:59 ID:m4BFn0Uy
サピオ読んできた。今回のは小林の漫画家としての腕がほんとに冴えてた。

熱狂する中島に群がるホシュ。
椅子に腰掛けながら「保守とは」を語ってみせる中島を腕組みしながら冷静に聞くよしりん。
最後の「飛んで火に入る生贄」のコマから最後天に向かって捧げるコマ。
いやあ。たまらん。

中島のイ・ン・チ・キに腹を立ててるんだ」ってとこの流れ。
しかも、最後に田中氏の思想をずばり。でとどめ。

心配する必要ないと思うけど、サピオがどれだけ読まれてるか知らないけど、
これから中島使おうとしてるまともな出版社は、相当ためらうんじゃないかな。

っていうか、白水社の担当編集はどうするんだよ。これ。
責任問題だろ。こんなの出版して。



658 :訂正:2008/01/23(水) 20:03:00 ID:m4BFn0Uy
>>657
熱狂する中島に群がるホシュ。→熱狂する中島に群がる反小林サヨク、+ポチ。

659 :m9<`∀´> ウェーハッハッハ :2008/01/23(水) 20:04:31 ID:QwArikb4
>>657
ゆとり乙。
ウヨ以外には大絶賛の本ですよ(w

660 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 20:09:36 ID:R27D2ALJ
最後の、小林が中島を生け贄に捧げてるコマ、本屋で読んで思わず噴出しちまったよw

661 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 20:17:01 ID:m4BFn0Uy
>>660
だよね。w
漫画の描くことのできる、ある部分では最高のものを読ませてくれるよ。


662 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 20:19:24 ID:m4BFn0Uy
中島は「保守」のお墨付きがほしいらしいが、わしは「小林よしのり」だけでいいから、ってとこの流れなんて
最高にいいよ。
今回は特に、気に入った。最高に気合が入ってる。調子いいんだろうな。毎回そうだろうけどさw


663 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 20:39:56 ID:m4BFn0Uy
それと、西部論文と、中島の駄文の連動っぷりの分析も、いい。
結局、中島は、中身のない、保守ヲタクなんだって誰の目にもわかる書き方だった。

664 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 21:11:27 ID:Rj6dDTjy
中島にも焦りがあるんじゃないの?
同世代で朝日とかが左派っぽい
白井とか萱野とか北田とか東とか取り上げてるだろ?
雨宮とか赤木みたいな「ガチ現場」でもないし。
そんでもって名前を売りたいから、小林にかみついた、みたいな。

665 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 21:12:16 ID:qlBH/K9N
中島氏がイケニエに・・・
最後のコマが凄く笑えた。チョンマゲよしりんを越えるギャグ。
中島氏には同情するが、よしりんには徹底的に中島氏を潰すべきだ。



666 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 22:16:20 ID:8tR2vG12
今回は中島も結構好きだった俺から見ても、
傑作だったといわざるを得ない

667 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 22:31:07 ID:m4BFn0Uy
サヨクデマゴギーの集大成=中島

668 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 22:32:43 ID:m4BFn0Uy
「インド哲学理解のためには、ヒンディ語だけじゃなく、ベンガル語とサンスクリット語も理解できなければならない。」

これは、中島に対して、学問的能力を問う、最高の記述だと思った。
「お前、ヒンディ専門らしいが、パールの出身地のベンガル語も(もちろんサンスクリットも)できないで、
何、言うてんねん」って。NHKのやつは出身地に行ったそうやぞ、って。

ヒンディ専門家として売ってる中島に対しての最高の、なんというか、馬鹿にした記述だよ。
専門家のつもりかしらんが、お前、ほんとに、そうかよ、って。

669 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 22:40:58 ID:bysharO7
ヒンディ語すら出来ない小林にはパールのインド哲学の側面を
語る資格はないと言うことだな

670 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 22:42:45 ID:m4BFn0Uy
>>669
ヒンディ語すらあやしい中島はどうなんだよw。日本語で書いたの読んでるのと同じだろ。

671 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 22:49:57 ID:rxJaT//a
>>670
そもそも日本語すら怪しい


672 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 23:07:58 ID:bysharO7
英語も出来ない小林はパールについてもガンジーについても
語る資格はないということだな

673 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 23:13:36 ID:m4BFn0Uy
>>672
お前のような低脳がいつまでからんできても、無駄だということがわからないのか。

674 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 23:20:19 ID:bysharO7
小林はこれから外人の言葉を引用する度に
その言語をマスターしなきゃならんな
素晴らしい意気込みだ

675 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 23:26:11 ID:lEdfn8GA
よしりんは漫画家。中島は学者。


676 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 23:38:32 ID:bysharO7
小林がせっかく意気込み語ってんだから信頼してやれよ
小林がかわいそうだろ

677 :名無しかましてよかですか?:2008/01/23(水) 23:45:16 ID:Ix043aGj
中島はとりあえず売名に成功したのだから、これから小林とどう
折り合いをつけるかだな。まずデマを認めて風俗ライターになって、
宮台を目指すべきだな(宮台は風俗ライターではないが、似たようなことをしていたから)
しかし中島は大東亜戦争とパール博士、一番避けるべきところを責めたから
宮台みたいにはなるのは難しいだろう。


678 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 00:07:35 ID:2lR6af6i
今回で完全に決着付いたな。
小林により中島はパンチドランカーへの道を歩む。

679 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 00:11:01 ID:2lR6af6i
世の中には単なる「反・小林よしのり」という連中がいる。
ゴミ一覧→>>669>>672>>674>>676

ー完ー

680 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 00:16:20 ID:2lR6af6i
後は、小林の死体コンボがどれだけ続くかだな。

しかし牛村とか高木徹とか、優れた奴をしっかり認める小林の姿勢は
実は謙虚で好感が持てるな。


681 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 00:19:58 ID:2lR6af6i
ま、知識人がマトモな奴ばっかりなら
小林もこんな面白い事しないで良いんだよなぁーw

という事で、中島はパンチでリング外まで吹っ飛んで
頭から落ちて死亡、だな。

682 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 00:27:39 ID:dnekuV30
頭悪そうな連投だな

683 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 01:42:03 ID:fAhlECDi
毎度のことながら、
教祖の御言葉に触れて乱舞する小林信者のトチ狂いっぷりよの。

悪いけど中島への世間の評価は落ちてないと思います。
ああ、またあの小林がファビョッてるのね、というのが世間一般の評価だと思います。

なんで小林は、タイムリーな曽野綾子・赤松の大江裁判に加勢しないんでしょ。
あれだけ沖縄に入れ揚げて「沖縄論」まで書いたのに、
欄外でアリバイ的に「サヨクの捏造が云々」と弱々しく書いただけだw
まあ、曽野の誤読から始まった今回の裁判はどう考えても勝ち目がないから
そういう計算高さはだけは一人前ってことか。


>自著を全面的に書き直すのか?
>回収するのか?真実に目を背けぬ勇気があるのか?
>善人づらしてひき逃げ犯のように生きていくのか?

先生はデタラメだらけの「戦争論」「台湾論」その他のゴミをなぜ回収しないんでしょうか。

684 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 02:07:57 ID:6YL3vgFa
>>683
遂に中島と関係ないこと引っ張り出すしかなくなったかwご愁傷さま。

685 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 06:10:34 ID:h/AZ7i5B
まあ、この状況で今回の内容に触れて反論できないってのは哀しいわ、たしかに

686 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 09:35:31 ID:SCkAkXLH
しかし田中正明も護憲・世界連邦・再軍備反対のお花畑だったんだね。
だから、パールに信頼されたんだね。

ウヨはアンチ中島をやってる間に、自分たちの立場を崩壊させていってることに気づかない。

バカばっか。

687 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 09:44:32 ID:+dQVnVQX
>>686
またサヨの歴史感覚めちゃくちゃのいちゃもんがやってきた。

お前は、戦後、共産党が日本国憲法の制定に反対し、社会党が改憲をうたい、
保守派の首相が第九条を絶賛していた時代を知っているか。
戦後の左派知識人たちが、「民族」を賞賛し、「市民」を批判していた時期のことをご存じか。
全面講和や安保反対の運動が「愛国」の名のもとに行なわれたことは? 
昭和天皇に「憲法第九条を尊重する意志がありますか」という公開質問状が出されたことは?


688 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 09:45:05 ID:dnekuV30
「まほろば」では田中は、パールが2度目の来日時、
押し付けられた「平和憲法」を変えなきゃならん、
と言ったと書いてるんだが。
小林はこれを読んだんだろうか?
読んでれば「平和憲法は左翼の造語説」はないよな。

689 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 11:43:53 ID:h6xOKe+x
>>686の正否はともかく思考パターンがよくわかるレスだな

要するに真実を明らかにしたうえて意見をのべるのではなく
自分の立場を崩すような真実なら言わないでおくべきでありそれを言ってしまうのはバカ
ということか
なるほど

690 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 12:28:38 ID:+dQVnVQX
あと、サピオので。

善人面してひき逃げするつもりか。とか、「パール判事」本を赤福と並べて「偽」でくくってるのがよかった。

691 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 12:59:31 ID:O5yW0d1P
>なんで小林は、タイムリーな曽野綾子・赤松の大江裁判に加勢しないんでしょ。

そういうタイムリーだとか、どうでもいい視点がないからな、このおっさん。
自分の興味のある問題にひたすらぶっこむw

それにしても「タイムリー」とか、久しぶりに見たw

692 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 14:48:31 ID:dnekuV30
パールは大東亜戦争を肯定していたと堂々と論じるべき
→無視


大東亜戦争肯定の文脈
→論理的に一貫性のない漫画を書いているのだと主張


中島は自称保守ではない


中島が誹謗中傷と読んだ箇所への言及なし
しかも中島反論以後のサピオの記述を持ち出す


インドと日本が平和主義のために協力すべしという箇所
毎日;平和憲法2回平和主義1回
田中;平和主義2回
田中版は一部省略されてることに言及なし


キチガイっぷり全開ですな

693 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:02:16 ID:2lR6af6i
>>683
どーせお前もホシュ教なんだろ?何の意味も無いホシュ駄文でも読んでろよ。

>なんで小林は、タイムリーな曽野綾子・赤松の大江裁判に加勢しないんでしょ。
こういう「保守派ならこう動け」という妄想こそ、「普通は計算高い」と言う。
こんなんだから、中島程度の奴にホシュとサヨクの波間を
サーフィンされたんだよ。

>>688
>「日本は独立したといっているが、これは独立でも何でもない。
〉しいて独立という言葉を使いたければ、半独立といったらいい。
〉いまだにアメリカから与えられた憲法の許で、日米安保条約に依存し、
〉東京裁判史観という歪められた自虐史観や、アメリカナイズされた
〉ものの見方や考え方が少しも直っていない。
コレのことか?パールが「平和憲法」と言った一次史料は?

となると、ますます「平和憲法」と言う可能性も低下するし
田中の志向から「平和主義」に改竄する意味も無くなるな。

694 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:03:09 ID:2lR6af6i
>>692
ゴミ当然のやっかみ。
お前の頭が完全に負けている。

695 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:09:28 ID:2lR6af6i
ま、完全に小林勝利で決着だな。
バカホシュもまた、「真実」を見切れない程度の知性しかないくせに、
「自称知識人の理解者」を気取る時点で、
マルクス=サヨクと同格だった。

この程度の奴らが「言論」とか言ってるんだから・・・

しかしバカホシュは、「単なる反サヨク」でどれだけやれると思ってるんだろうね。

サヨクにもホシュにもいる、「自己運動の慣性」だけが大好きなヤツラは
どーせマジメに勉強する気もないんだろ。

696 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:15:53 ID:2lR6af6i
>>689
中島はまさにそーゆーやり方をしたんだろうな。
そしてサヨクも日常的にやっていると。

必要なのは当時の世相の正確な解釈であり、
イデオロギーはどーでもいいのにね。
アカヒのように「それ以前の問題」で終わってる連中は今後もたたきます。

697 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:18:36 ID:+dQVnVQX
小林が書いてたじゃん。

中島に真実を見る勇気があるか、と。

ホシュもサヨクも真実なんか関係ない。己の政治だけが重要。



698 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:19:29 ID:+dQVnVQX
でも、真実を見たいと求めたいと思う人間もいる、と。

699 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:23:36 ID:+dQVnVQX
結局、勝つのは真実だけなんだ。

一度は詐欺でごまかせても、そのごまかしたという事実だけは真実として記憶に資料に残る。

中島は、スタートの時点で、真実を遠ざけたんだ。

700 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:23:37 ID:2lR6af6i
>>697-698
ま、連中に取ってみれば、そーやって言論界に位置を占めるのが
生活であり「現実」なんだろうな。
まさに小林言う所の「個の弱い人間」だ。

で、自分達がホシュなりサヨクなりの立場で
ハッタリ効かせられなくなるから、
あれだけ完璧な今回のゴー宣にも論理破綻した文句や、
「信者」呼ばわりが書かれると。

701 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:25:27 ID:2lR6af6i
ま、これから建設的な批判が出るとも思えんしなー
イチイチ相手しない事にするか

702 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:28:16 ID:+dQVnVQX
つまり、中島は詐欺師だということだけは真実なんだ。

703 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:31:38 ID:+dQVnVQX
なぜ、反小林が生まれるか、

真実を見てしまうと自分の政治ができなくなるからだ。

ホシュもサヨクもどちらもそうだ。

704 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:52:09 ID:/9RpZ2pO
>>695
>マルクス=サヨクと同格

K・マルクスと本物の「左翼」に失礼だ。薄らサヨクはマルクスさえ読んでいないのがほとんど。
まれに読んでいるのもいる奴もいるだろうが少数派だ。
マルクス&エンゲルスなんて、単に「雰囲気」とか「運動」が好きな薄らサヨクが
読むわけがない。
試しにマルクス&エンゲルスかじってみ、インチキ保守が見破れるなど、いろいろ見えて面白いですよ。




705 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 15:57:16 ID:dnekuV30
キチガイウヨクはなんで森と小泉が訪印時パールの名前を出したことに触れずに
シン首相の演説だけ連呼するのかね?
意味合いが全く変わるんだが

706 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 16:27:13 ID:/9RpZ2pO
シン首相の演説動画みたいな。

707 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 16:27:23 ID:h6xOKe+x
>>703
かなり的確なコメントだと思う
小林が最強すぎてそんなセリフも違和感なく説得的に響くから恐ろしい


と言ってもまだ今回のサピオ読んでないからどれ程完璧な「論破」なのか怪しんでしまう自分がいるわけだが

上のバカに賛成するわけではないが
やはりパール判事は大東亜戦争肯定なのか
肯定までいかないけど当然論(?)なのか
パール判事個人とパール判決書それぞれについて小林の解釈を一度整理しておくほうがいいんじゃないかな、とは思う


あとは
パール判事を大東亜戦争肯定の文脈で引用して何が悪い!?という主張にしておいたほうがよかったのでは?
という気もする

そこらへんはどうなんだろうね
読んでないうちからスマンが


あとブログにも中島は自分を保守とは思っていない
という旨の発言があったけどね

708 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 16:37:15 ID:mph6cfDi
>>707
『正論』11月号読んでください

709 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 16:48:01 ID:b/4VCH3I
中島は平和主義と平和憲法を間違っていました。
と謝ればいいだけなんだけど

710 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 16:56:24 ID:h6xOKe+x
11月号読んだけど
聖戦論まで意中にあった
とか
肯定論までふみこんで居るのではないか?的な含みを持たせた言い方だったからね
明確に小林解釈を提示したほうがいいんじゃない?

711 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 17:23:28 ID:dnekuV30
キチガイウヨクはなんで森と小泉が訪印時パールの名前を出したことに触れずに
シン首相の演説だけ連呼するのかね?
意味合いが全く変わるんだが

712 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 17:53:57 ID:/9RpZ2pO
ひき逃げ反のように善人面して生きていくだろう

713 :712:2008/01/24(木) 17:59:27 ID:/9RpZ2pO
>ひき逃げ犯、だった。

中島一派にすれば、パール像を捏造する大目標が達成できたので、後は
適当にやり過ごすんじゃないだろうか。
中島の「パール判事」は敵の手の内が読めるだろうからいずれ読んでみよう
と思う。早くアマゾンで1円で出品されんかな。

714 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 18:19:10 ID:OwaIBOAc
>>711
コピペか?
意味がわからんのだが

715 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 21:00:16 ID:mph6cfDi
>>710
──パール判決書は「日本はやむなく開戦に追い込まれた」という認識に留まり、
「アジア解放のための戦いだった」という積極的評論価にまでは踏み込んでいないため、厳密には「大東亜戦争肯定論」とまでは言えないかもしれない。
だが背後に人種問題があることをここまで認定していれば、「大東亜戦争肯定論」まではあと一歩である。──
普通これでわかるでしょ。
それに聖戦論は『平和の宣言』30頁読んだからだろうに。

>やはりパール判事は大東亜戦争肯定なのか
肯定までいかないけど当然論(?)なのか
>パール判事個人とパール判決書それぞれについて小林の解釈を一度整理しておくほうがいいんじゃないかな、とは思う


上に引用したようにあなたが言ってることとは違い、パール判事と一個人としてのパール氏をきちんと分けてる。

『パール判事』が大東亜戦争を肯定しているとか誰も言っていない、中島の妄想。

中島が大東亜戦争肯定論の定義もせず無茶苦茶言ってるだけ。

>パール判事を大東亜戦争肯定の文脈で引用して何が悪い!?という主張にしておいたほうがよかったのでは?
これだと『パール判事』が大東亜戦争を肯定したことになるんだぞ?
だから東京裁判相対化或いは無効化の文脈でいいんだよ。


716 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 21:05:02 ID:h6xOKe+x
ゴー宣よんだ
面白い面白いと聞いてたんだが、最後の怒濤の展開に不意をつかれたよ、
店内で笑いこらえるの必死だった。かなり苦しかった。どうしてくれるんだ小林w
やっぱゴー宣にはキリスト教系のドラマチックな演出が似合うし
よしりんの悪魔キャラもいいな。最近はどんどん善人になってたから「こういうのが読みたかったんだよ!」と思った。


論としては上で挙げたような疑問は残ったから完全論破かどうかはさておき、
かなり手痛い中島批判なことは確かだな
中島もキャラが立ってきて小林は冴えてるな〜
論理と感覚とのバランスがすごくいい人間なんだろうな
わるいけど多分、このスレに居る誰よりもずっと頭いいと思う



717 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 21:21:07 ID:mph6cfDi
>>716

>わるいけど多分、このスレに居る誰よりもずっと頭いいと思う

小林さんは命がけでやってんだからそんなの当たり前。
2chで遊んでる連中に何言ってんだ?

較べるのが失礼だろうが。
おかしなこと言うな〜
いちいちこんなこと言うとかあなた気持ち悪い人間だね。

このスレには誰も小林さんと張り合ってる人間なんかいない。

尊敬してる人は少しいるけど。俺もその内の一人。

サヨクは罵倒してるだけ。
それにあんたが疑問に思ってる箇所とか明らかに中島に洗脳された結果としか思えない。

718 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 21:21:15 ID:h6xOKe+x
>>715
それは知ってるよ
俺が「一度整理」と書いたのは例えば
パール判決は肯定論ではないがパール個人は肯定論だ
という風に改めて明確に書き示せ、ということ。

あと一歩とか意中にあったとか
そのあたりについて小林の書き方はややぼかし気味でゴー宣らしくないね

俺も書こうと思っていたんだが中島に限らず大東亜戦争肯定論という言葉の定義にもよるわけで
自衛戦争だった、やらざるを得なかった、ということも肯定だし
もっと積極的にやって良かった!とまで言えるものかどうかにもよる
中島がしないのであれば小林が「肯定論」の小林なりの定義を示してやってもよいだろう
その上で一度改めて整理してほしいと言う意味でいったんだけどね
それによっては大東亜戦争肯定論の文脈で使って何が悪い、とも書けるのだからそちらの方がよいだろう

719 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:08:21 ID:h6xOKe+x
あらら
どうも攻撃対象が俺になっちゃったみたいだね

俺は世の中に色々な人が居ると思ってるから
このスレにも色々な人が来ているだろう「だけれども」と思ってああ言っただけなんだけどね
俺は当たり前のことなら読み流しちゃうけどなぁ
そこまで反応されちゃうとびっくりだ。
さっきから妙に喧嘩腰だし、そういうキャラなのかね。気持ち悪いのはお前じゃないのかな。

まあ、当たり前のことを言われるのがそれほどまでに気持ち悪いなら
それこそ2chに来ない方がいいんじゃないか?
ここにはなんだって書き込まれるから、これから先も当たり前のことは沢山書き込まれ続けると思うよ

720 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:20:32 ID:mph6cfDi
>>718
洗脳とまでは言い過ぎたよ。
悪かったね。


既に『パール判事』の意見と一個人の意見は何度も明確にしているだろう。
パール氏一個人の意見である大亜細亜悲願之碑とかに言及してるんだから。
さっきの続き
──やむなくであろうと、結果的にであろうと大東亜戦争は日本が有色人種を代表して白色人種と戦う戦争となり、アジア解放のための戦争となったのである。それは東京裁判の時点ではまだはっきりしていなかった。
しかし、インド、ビルマ、インドネシアの独立を経た後である昭和二十七年のパールの再来日の際には、これが明確になっていた。
だからこそ、この時にはパールは「アジア民族の独立という聖なる目的」
「アジアの貧困と文盲と疫病からの解放という聖なるこころざし」を認める発言をし、あの「大亜細亜悲願之碑」の詩を書き、署名したのであろうとわしは確信する。──
とか
『SAPIO』12月12日号
『正論』2月号読めばかんなり明確にわかるだろ普通。
小林さんはバカを説得してるわけじゃないんだから。

んで中島は小林さんが、『パール判事』が大東亜戦争を全面的に肯定している、
と描いていると空想して批判したのだろう。

まあ何にせよ、判決書読んでも積極的評価にまで踏み込んでいないし、やむを得なかった。
という程にとどまっているから、小林さんが一々大東亜戦争の定義づけをやる必要もないだろ。

小林さんの肯定論と「パール判事」の歴史観の違いがわかれば十分。
小林さんの大東亜戦争肯定論の文脈でパール判事を使うなってのが中島の主張なのだから。
さすがに中島も大東亜戦争一般について言ってるわけじゃないだろ。
とにかく小林さんが目の敵なんだ。

721 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:21:31 ID:2lR6af6i
>>718
>パール判決は肯定論ではないがパール個人は肯定論だ
>という風に改めて明確に書き示せ、ということ。
ゴー宣・暫 1巻と、正論11月号の論文で充分書いてあると思うよ、正直。
「パールは、いかなる国の軍国主義や帝国主義も正当化しなかったから、
 日本の道徳的責任まで正当化はしていない」という主張。

それと自分の考えは別って事だろう。

そもそも判決書を、ある人間が、論理の補強にそれの引用をしたとして、
問題になるのは「法的、もしくは歴史認定として正しいか?そして恣意的ではないか?」でしょう。

近代自由主義社会には「内心の自由」が自明に存在するし、
東京裁判の手続きも含めて、(一応は)その圏内で行なわれたものだから、
「パール個人がガンジー主義だから」的な公私一体化の主張や、整理を求めるとかには、
そもそも意味が無いんだよな。

んでパール個人としては、日本にあった「アジア解放の理念」は同意している。
「必ずしも侵略と受け取っていない」とね。
その手段として、戦争や軍国主義に向かった事が問題点だったと。日本の事情は充分に理解している。


722 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:28:14 ID:2lR6af6i
>>718続き
「大東亜戦争肯定論」の解釈については色々あろうが、
この場合に問題になるのは、大東亜戦争の「意味」だろう。

パールは戦争という手段に訴えたことを否定しているわけだが、
その開戦責任を欧米に多く求めている。
林房雄の「大東亜戦争肯定論」は「負けて悔いなき戦争」として、
「日本は日清戦争以前の姿に戻り、多くの犠牲を出したが、
 その周囲は大東亜戦争により全てが変わった」という認識。
パールも「そうした志があったこと」は認めていよう。

だから件の戦争論1の引用箇所は、「戦争という政策の是非」よりも、
パールを米英の外交的責任を示すために描き、
小林本人が、アジア解放の意思・行動を認める意味で描いたわけだから、

仮に後者にパールの意見がかかるとしても、(かからないと思うが)
この意味での「大東亜戦争肯定論」の思考は問題が無いのではと思う。
パールを「戦争肯定、好戦人物」に書き換えたなら問題だがな。

なお、絶対平和主義者ってなっているパールだが、
パールはハンキー卿の言葉を、唯一同意できる戦争への見解として引いて、
「戦争は政治の延長線上で、なるべくなら避けなければならないし、
 天変地異が起こる覚悟でなければならないが」正戦と呼べるものがあれば、それは認めている。
↓がパールによる引用箇所。
「善人が戰爭する目的は、不法行爲を犯す人間を撃ち滅すというのではなく、
 彼らの不法行爲を改めさせようというのである。
 罪ある者を撃つたたかいに、罪なき者を道づれとせず、罪ありと見なされた者さえ、
 罪なき者の保護と向上に、ともに盡力させようとするにある。」
(「政治史」第五卷第二章、27頁ハンキー卿の引用)

全体戦争の時代に理想論ではあるが、「国際法に従った限定戦争」までは
必ずしも否定していないんだよね。

723 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:34:29 ID:h6xOKe+x
いやあキミやっぱ変な人だよ
そうやってクドクド説明しなくてもすむように、バカにもわかるように改めて整理したら?
と言っているだけなんだけど。それがダメなの?
そうすれば2行で済むんだよ。

このようなややこしい議論をできるだけ平易に整頓しなおすのはむしろ小林がやってきたことじゃん
バカにもわかるように書かないとダメなんだよ。
なんならキミがバカな僕の為にやってみてくれてもいいしさ。

パール判決は大東亜戦争を自衛戦争として認める消極的肯定
パール本人は「やって良かった」という積極的肯定

これでいいなら小林が大東亜戦争は自衛戦争だったと言う文脈でパール判決を引用しても何のもんだいもないじゃない?

724 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:35:05 ID:2lR6af6i
「戦争は政治の延長線上」
これはクラウゼヴィッツ「戦争論」の超有名なテーゼで、
小林の戦争論の序盤にも引用されている。

今でも、国家間の駆け引きでは、武力準備による牽制が基本的認識だろう。
当時のパールは少なくとも、この認識は持っていたと言う事だな。

ただし、ハンナ・アレントなんかは、冷戦時代にこれを認めていなかった。
核により「政治の延長線上」という概念や、従来の戦術は無意味になり、
一度の大戦で世界崩壊まで行くと考えたんだな。

パールも最後の来日で、Force(武力)は無意味になったと言っていたため、
冷戦の深刻化で、少なからず「絶対平和主義」に傾いたのだろうな。

725 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:42:17 ID:2lR6af6i
>>723
上の人とは別人だが。なら短文で説明する

後から「騙された」って言わないでくれよ?
言葉が単純化するのは避けられないから。

>パール判決は大東亜戦争を自衛戦争として認める消極的肯定
そもそも国際法に「戦争は悪」とは無く、
「侵略戦争」という罪を作ったが、これは成り立たない。
判決での判断は、そこに留まる。
その過程で出されたものを、パール個人の思想と重ねるのはおかしいと。

>パール本人は「やって良かった」という積極的肯定
戦争行為、帝国主義は否定していたが、大東亜戦争の理念には賛同するという肯定。
これでOK?

>これでいいなら小林が大東亜戦争は自衛戦争だったと言う文脈でパール判決を引用しても何のもんだいもないじゃない?
結論としては無いよ。

726 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:49:16 ID:mph6cfDi
>>722
「パール判決書」は、p284の


──日本には自衛のためさらには欧米列強によるアジアの全植民地化を防ぐという「正義」がある!──


という文脈に用いることはできないと思う。
パール氏一個人としてならあなたのおっしゃる通りOKです。

中島は個人としてのパール氏をすら引用することは適切ではないと言っていますが…
中島p14
──小林の議論の是非はともかく、このような文脈でパールおよび「パール判決書」を引用することは、適切な行為とは思えない。
「パール判決書」の一部分を都合よく切り取り、「大東亜戦争肯定論」の主張につなげることには大きな問題がある。──
ってな感じに小林さんの主張を「大東亜戦争肯定論」にしていますが、凄い定義の仕方。

727 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:52:37 ID:mph6cfDi
>>723

俺は>>725さんとは違う。
ID見ればわかるが一応。
>>725
さんの文章は丁寧で読みやすいぞ。
明らかに俺より文章が上手い。

728 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:53:14 ID:h6xOKe+x
>>725
そうそう、そうやって整理しなおせばすごく分かりやすいし正確さも十分でしょ
特に前者はつまり「パール判決=消極的肯定」の図式。
当然これは思想じゃなくて判断の話ね。

だから小林がパール判事の判断を大東亜戦争は自衛戦争だったという文脈に引用してわるいわけがない
初めからこうしておけばよかったんじゃない?というだけなんだけどね。
こんなに攻撃されるようなこと言ってるのかいな俺は

729 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:54:23 ID:fiH4OKMw
小林依存症患者って、まだ世の中に数人いるんだね。

730 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:55:06 ID:2lR6af6i
ただ、>>723氏が批判されたのは、
どう考えても、「小林により分かりやすく」説明されている事を
「分からない、再度説明せよ」って言ってるからだと思う。

それ自体は、「批判要望」としては当然アリだけど、
流石に、不十分で無い物を不十分と言うからには、
ある程度の批判を受けるのは、仕方が無いと思う。

確かに小林は凄い人物だと思うけど、小林は学者にも負けない
膨大な史料を読んだ結果、まとめているワケでしょ。
史料を読まずに判断して良いって事は無いと思うぞ。

>>726
確かに。
まぁ件のパール判決書の主張は、パール個人の主張と
峻別されるハズですからな。

中島の場合「パール当人がガンジー主義者だから」という否定の仕方を
しているからね。
んだが「当人の人格」まで出すなら、この主張は通る事になってしまうわけで
中島の批判の仕方は確実にマトハズレですな。

731 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:55:14 ID:mph6cfDi
>>725さん
巻き込んでしまってすいません。

>>719
先に感情的に喧嘩腰になった俺が悪かった。スマン。


732 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 22:59:24 ID:2lR6af6i
>>727
そんな大したもんじゃないです。

>>728
大体、真意がわかってまいりました。
こちらも少々勘違いしていたかも知れないので謝罪します。
分かりやすさに関しては、今後考えますわ。

「パール判決」は、「東京裁判史観の否定」の文脈で使われるものだから、
直接、大東亜戦争肯定論には、かからないわけです。
「アジア解放が成功したか」など、判決の論点にならんので。

>だから小林がパール判事の判断を大東亜戦争は自衛戦争だったという文脈に引用してわるいわけがない
>初めからこうしておけばよかったんじゃない?というだけなんだけどね。
>こんなに攻撃されるようなこと言ってるのかいな俺は
それは、同意できる部分があります。
中島の「パールは絶対平和主義者!」って主張が
アクロバット過ぎたんでしょう。

733 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:02:53 ID:2lR6af6i
>>731
いやいや慣れてますから。
このスレでも、他の所でもね・・・w

ただ、中島による批判って相当おかしいんだよなぁ。
戦争論2、3、そして「いわゆるA級戦犯」の過程で、
小林の真意も分かりやすくなってるし、
「いわゆる」も引用しているんだから、
確実に中島はそれを分かってるわけなのよ。

なのに、こんな極一部にこだわって、何がしたいのかな?と。
普通の読者は、こんな変な読み方せんよ。

734 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:08:40 ID:h6xOKe+x
>>730
悪いけど俺の指摘した点についてはわかりやすくない。不十分だ。
現に2行で済むことを、色々さかのぼって「あの時こう書いた、ここではこう書いた」とやるよりも整理しなおしてほしいと言っただけだし今までの説明では歯切れが悪く感じる人が居ても仕方ない。
少なくとも俺はそう感じた。それが俺だけだと言い切れるか?
自分が十分と感じたことを絶対化してそういう声を批判していたら論壇村のバカ知識人と同じだよ

735 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:11:09 ID:h6xOKe+x
わかって貰えたなら良かったよ

携帯で頑張ったよ

736 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:12:46 ID:2lR6af6i
>>734
つまり「結論だけ教えろ」って事か。
傾聴するが、その二行の結論にも「根拠」があるんだぞ。

それを示さなければ、ワンフレーズとワンフレーズの闘いにしかならない。
だから小林も、漫画の他に論文で、充分に論理を説明しているんだ。
そこは理解して欲しい。

はっきり言って「短ければ良い」とは思ってないし、
過剰に単純化する事も、ワンフレーズ主義に過ぎないと思う。
はっきり言えば、単純さのため正確性を犠牲にする気は無い。

しかし、過剰に意味不明にする事はないように勤める。

737 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:16:03 ID:2lR6af6i
>>735
お疲れさま。

考えが違う部分はあるけど、それは全く当然のことだから
今後も遠慮せず、意見を書き込んで下さい。

「ある程度の長さ」が、どーしても必要になることはあるが、
(「結論のための根拠」だね)
なるべく「分かりやすさ」も犠牲にしないことにしましょう。

738 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:18:54 ID:+dQVnVQX
>>736
僕は君の説明の仕方は一貫して好きだよ。よくわかる。だからあまり心配する必要はないと思う。
ただ、ひとそれぞれ手持ちの情報量に差があって、
一旦資料を読み込んだ上で、君の説明を聞くのと、
てっとりばやくこれどうなってんの、で回答を求める人では、受け取り方に差が出てくるんだよ。

まだるっこしいとも思わないし、必要十分な説明の仕方だと思ってる。というか、感謝してる。すごいな、と。



739 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:21:35 ID:2lR6af6i
>>738
あ、そう?
マジそれは嬉しい!

確かに、本とか読んでいて、
「で、結論はどーなのよ?」って思うことは、俺にもあるからね。
最初に該当箇所をペラペラめくったり。

そういう意味では、「のんびり読む」ばかり想定せず、
争点を、まず出すのが良いかも知れないね。
漏れも技術は不足しているから、なるべく努力いたします。

740 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:24:13 ID:+dQVnVQX
いろんな著作でも、資料の引用をすっとばして、著者の説明結論付けだけをスピーディに読み取っていく人もいるが、
そうじゃない人もいる。
著者としては引用部分も味わってほしいと思って引用してんのに、読むほうはそこをすっとばす。
特に、古典関係なんか、古文すっとばして、説明だけ読むんだよw。
わかりやすく説明しろ、と言われて、なんでこれでわからないんだ、と思うだろ。
だって、相手は全部読んでないんだもの。

だから、ま、わかんないといわれたら単純化したらいいだろうけど、
あなたが一貫して行ってきた、資料を引いての説得力のある論理的説明を乱す必要もないよ。



741 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:24:37 ID:h6xOKe+x
まだわかって貰えてないかな。結論「だけ」ではなくその論証を同時にやったってよい。

西部すらパール個人とパール判事の立場の違いを混同しているのであれば
パール判決は消極的肯定こう、パール個人は(理念に対して)積極的肯定
と、「大東亜戦争肯定論」へのそれぞれの見解を一度整理しておけばよい
と言っているだけ
サヨクは当然混同しているんだしね

判事の立場と個人の立場は違う、とは書くがどう違うのか過去の論説を細かくあたらないとわからないのではダメ
単に整理するだけなんだからそんなたいした労力でもないと思う


742 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:28:41 ID:mph6cfDi
>>735

>>726で書いたけど
『戦争論』p284の文脈での小林さんの意見は──欧米列強によるアジアの全植民地化を防ぐという「正義」がある!──
という積極的肯定の文脈なんだから「パール判事」がそのような判断に踏み込んでいない以上
この文脈でパール判事の「被告人全員無罪!」を使えないでしょ。
パール氏一個人としてなら構わないけど。

どっちにしろ中島は倒錯している。

743 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:31:08 ID:+dQVnVQX
>>741
ねえ、積極的と消極的にも、それぞれ、レベルがあって、そこをすっとばして、
そんな風に書くのが、乱暴だから、資料で引用してんじゃないのよ。

あなたの書き方はあまりに、なんというか、俺からしたら、そんなふうな書き方はしないよね、って書き方だよ。

744 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:34:18 ID:2lR6af6i
>>740
私は「携帯さん」じゃないですよ。
褒めてもらって悪いけどwよかったね携帯さん。
言っていることは同意です。

>>741
ちょっと理想論に聞こえる。

パールに関する「私人と公人」に関しては、
まず前提として「裁判官の立場と、私人の立場」の違いから
理解しないとならんのだけど。

裁判官は「私人としての」意見を判決に反映させず、
法に従う立場であり、法に意見は拘束される。
それと「私人としての考え」は別物。

サヨクの主張は「私人としての、パール個人の考え方」を出して、
公人としてのパール判決書の利用をやめよって物だから、
それの反証として、パールが日本の戦争の意味を認めていた事が分かればいいわけ。

具体的に見えてこないんだよね、どう整理するのか。
ハッキリ言うけど、今のところは小林論文とゴー宣見ておけばいいんじゃない?

745 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:34:27 ID:mph6cfDi
>>730
おっしゃる通りです!
明らかに分かりやすく説明されているものをわかりにくいってのがど〜も納得いきませんでした。

>>738さんに全く同意!
>>739さんの文章、丁寧でわかり易いです。

746 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:38:41 ID:h6xOKe+x
>>742
いや、そこまでくるとそれは明らかに小林個人の意見だから。

パルが大東亜戦争に否定的な判決書を書いた場合なら
「被告人無罪!」から小林のその主張につなげるのは問題があるだろうがそうではない。
自衛戦争だったという認識をパルと共有した上で、さらに発展させた小林個人の意見として「正義がある」を言っているだけ

大東亜戦争肯定論につなげる、つなげ方の問題


747 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:41:15 ID:2lR6af6i
>>743
そうそう、消極的も積極的も段階があるからね。
「単純化すれば分かる」という主張には同意できないんだよね俺は。

「パールは大東亜戦争を理念的に肯定していた!」とワンフレーズで言って、
これだけだと聞く人によっては、酷く乱暴に聞こえるハズなんだよね。
「何を肯定したか」も違ってくる。

当然「戦争犯罪」は否定しているし、
「戦争と言う政策」にも否定的だが、
「アジア民族の独立という聖なる目的」については同意していた。

さらに林房雄の「大東亜戦争肯定論」では、
「日中戦争は余り良いと思っていなかったが、
 アジア解放と、米英に一発かますのは賛同」という人の話も載ってる。
コレは重層的なものだからねー

ゴー宣が評価されているのは「ウソを書かないように努力していて、
間違ったら間違ったと言う」事だと思うし。

748 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:45:46 ID:h6xOKe+x
>>743>>747
だからそう思うならすっとばさずに資料を引用して説明した上で
パール判決はこう
パール個人はこう
と綺麗に整理すれば良いだけでしょ

あなた達の頭のなかで一体どういう風に整理されてるの?

749 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:46:16 ID:dnekuV30
「博士の説の中には自衛権と自存権の混同が窺われる」田岡

750 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:48:36 ID:2lR6af6i
>>745
そうそう、充分に分かるし納得行くのに、
変な事書いてるなぁ、ってどーしても思ってしまう。

>>746
パール判決書を、「そうした文脈」で引用していないことが、
小林の公式見解なわけだ。

引用されている部分は、「戦争に追い込まれた日本」を示し、
「アメリカの開戦責任」を追及する箇所。
(その前段で説明されていることだね。)

これに関して、パールは明確に、その章の説明のとおり
「アメリカの開戦責任」を認めているわけだ。

それと、全体として否定的論調の判決文だとしても
「肯定的な部分があった」のなら、それを引用しても特に問題ないわけで。
「この判決では、被告の責任を多く認めていたが、
 この一点だけは肯定的であった」みたいな、ね。
だから余り意味の無い論点だと思う。

751 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:51:42 ID:2lR6af6i
>>748
それも正論11月号で説明されていることだと思うが。
何が言いたいの?

752 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:54:09 ID:OwaIBOAc
>>749
田岡ってだれ?

753 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:54:13 ID:h6xOKe+x
>>751
むしろ何がわからないの?


754 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:56:33 ID:2lR6af6i
>>753
どー考えても、既に行なわれている事を行なわれていないと
何度も言っていること。

755 :名無しかましてよかですか?:2008/01/24(木) 23:58:25 ID:2lR6af6i
「キレイに整理」ってのも主観的だし、
その結果長くなれば「二行にしろ」じゃ、流石にどーかと感じられるね。

756 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:00:50 ID:frpR8pHS
>>754
だから俺は説明がなされていない、なんて言ったことはないよ?
ちゃんと読んでるのか?

757 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:02:43 ID:2lR6af6i
ま、該当部分の整理をすれば、
「パール判決書は、大東亜戦争肯定論の文脈で使っていない。
 あくまで、東京裁判史観の相対化で使っている」が小林の主張、
「他の二箇所はそうだが、該当箇所では、絶対に使っている」が中島の主張。

で、小林は使っていないと言っている。
公式見解がこうなんだから、特に問題は無いのではないか?

758 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:03:45 ID:frpR8pHS
>>755なんだそりゃ?
>>725からループしてないか?

759 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:06:10 ID:C3iM/Wn8
>>756
だとしたら、「アナタの言い方」もあまり正確ではないのでは?

>>758
「より分かりやすく正確に」というのは当然の話であって、
「短ければいいイデオロギー」には同意しないし、
「キレイに説明」というのも曖昧なんだよ。

760 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:14:08 ID:frpR8pHS
>>759
どこが不正確?説明しろなんて一度も言っていないだろ。
結論を整理しろと言っている。
それとも整理されたことがあったのか?>>718からもう一度読め

お前が何がしたいのか分からない
俺は何と言ったらお前は納得するのだ?

761 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:16:11 ID:C3iM/Wn8
>>760
だからゴー宣・暫1と「正論11月号+2月号」を読みなさいって。
それに対して長文で説明したら「分からない」って言い出したろ?

逆に、どう説明したら納得するの?

762 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:17:02 ID:HrTtpNMm
>>746
『判決書』は自衛戦争という「正義」がある!
とまで踏み込んでいない。
やむを得ない。で止められているから、唐突に「被告人無罪!」というフキダシがあると「パール判事」が小林さんの言う積極的な肯定にくみしているかのように読める。

だから「小林は大東亜肯定論にパールを利用している」と>>726で引用したように倒錯しながら
中島が言うわけ。

もし、p283〜p284が見開きにあって、暗転もなければ、唐突に「パール判事」が出てきた場合小林さんの主張と同様であると勘違いされても仕方ないだろ。

だから『正論』11月号でその辺りを明確にしたいから小林さんは、厳密には大東亜肯定論まであと一歩。
と『判決書』は自分が主張する大東亜戦争肯定論ではないというのも含めて言ったんじゃないか。
と俺は思ったわけ。


とにかく『判決書』が小林さんと同じく積極的に肯定してるように見せかけることを危惧したのが中島。
「パール判決」曲解しているというのもそのことを指している。

763 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:19:37 ID:frpR8pHS
>>761
なんべん繰り返そうか?
説明は求めていない
なぜなら既にされたことだから。
>>725で行われたように整理して改めて提示しろと言っている

整理されたことがあったのか?

764 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:21:50 ID:C3iM/Wn8
>>763
ここまできたら、こう言うしかないなぁ。

その「整理」とやらを自分でやれば?

>>725みたいな事を緊急的な手段だよ。
だって、「この言葉の根拠」はその中には無いんだから。

765 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:29:38 ID:frpR8pHS
>>762
判決書は踏み込んでいないが、小林が小林の意見として踏み込んだんだろ
よみゃわかる

普通に読んだらパールが積極的な肯定にくみしているかどうかはわからない
なぜならつけられているのは「被告人無罪」の吹き出しであり「正義があった」という吹き出しまではつけられていないから
そしてその後の文は明らかに小林の意見だから

大東亜戦争肯定論の「文脈につなげた」としても問題ない
なぜなら完全に同じ意見の人間の言葉(判断)でない限り引用してはいけない、などという決まりはないし
言葉を引用した人間と引用された人間が完全に同じ意見だと見られることは常識的にないであろうから

766 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:33:37 ID:frpR8pHS
>>764
なぜ正面からこたえてくれないんだろうなあ…
整理されたことは無かった、と認めるのね?

だったら「歯切れが悪いしやっておいた方がずっと分かりやすい」という
たったそれだけの俺の意見を必死で否定しようとするのはなぜですか?


767 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:34:41 ID:HrTtpNMm
>>764
に同意。
小林さんは『SAPIO』2.13日号で──わしはこの世に本物を見たい者はいると信じている。真実に近づきたい者はいると信じる。
「国語力」のある者がいると信じて、主張したいことは『ゴー宣』と論文で発表する!──
と書いてますし、今までも同じようなことを何回も言ってます。

小林さんの一連の著作を読んでわからないような奴はあまり相手にしていないのでは?

あなたのことを言ってるわけではありません。

768 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:35:37 ID:C3iM/Wn8
ま、ID:frpR8pHS氏の言いたいことは分かるし、考えるけど、
小説や話し言葉ならともかく、こうした議論では
根拠がいるから限界があるでしょう、って事です。

政治語で言うと「前向きに善処します」ぐらいしか
言えないでしょうね。

それと今回の論点に関しては、改めて小林が
ゴー宣なりで整理する必要は感じられないなー、と。

>>765
その解釈には同意します。
「アメリカの正義批判の文面でパールを援用した」と見るべきで、
その後の意見は、明らかにパールのそれではないと
見るべきでしょうね。

769 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:39:13 ID:C3iM/Wn8
>>766
「ガンガン整理するよ、誰にでも分かりやすくな!」って
言っちゃえば、そりゃ納得されるし簡単でしょう。

>整理されたことは無かった、と認めるのね?
そのあなたの言う「整理」の定義が分からないんだよね。
俺には特に「定義が分からなかった」という要素は今回感じなかったから。

「必死で否定」と言うよりは、何を為せと言うのかが分からない、というのが
正直な感想ですな。
長文も認めないんだから、推し進めていくと、
完全にそこらのワンフレーズに堕する気がするし。

>>767
結局、そこに行き着かざるを得ないでしょうからなぁ。
それこそ「漸進的」に行なうべき話でしょう。

770 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:39:29 ID:frpR8pHS
>>725のように明示的にまとめるのってそんなに大層な作業なの?

>>767にも>>766に答えてもらいたい

俺の意見のどこががそんなに否定されるものなのか?

相手にしていないもなにも西部も中島もわかって居なかったし
正直このスレでも2月号が出るまでは西部論文をそのように批判した人間もいない

邪推させてもらえばお前らもわかって無かったんちゃうの?

771 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:43:14 ID:C3iM/Wn8
>>770
>>>725のように明示的にまとめるのってそんなに大層な作業なの?
カンタンだよ。
ただし既に行なわれていると思ってるし、
これ以上やれば「意味」は確実に失われるぞ、と言っているわけね。

>正直このスレでも2月号が出るまでは西部論文をそのように批判した人間もいない
これは一体どういう意味ですか?

772 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:44:47 ID:frpR8pHS
>>769
本当に何度くりかえそうか?
歯切れの悪い言い方で整理されていないから>>725のように整理したほうが良いだろう
ということ。

それ以上俺はキミになんと言えばいいのだ?

773 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:46:22 ID:C3iM/Wn8
>>772
だからケースバイケースでやりますよ。
いつがそのケースかはともかく、って話です。

774 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:48:37 ID:C3iM/Wn8
ただ、2chでやるみたいにパコーンと書き込むのと、
性質が違う気がするんだよね。

ただ、言っている内容は良く分かりましたよ。
それは信用して下さい。

775 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:48:50 ID:frpR8pHS
>>771
いつ行われた?

意味が失われるとは?
説明をした上でその結論をまとめたら意味が失われるのか?
説明したものをまとめたら失われるなんて聞いたことないな

776 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:51:46 ID:frpR8pHS
>>773
ケースバイケース?

判決書やすでに死んだパール本人の大東亜戦争の肯定具合が
ケースバイケースでかわるわけないだろう
本当にお前は何がしたいのか

777 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:56:13 ID:C3iM/Wn8
>>775
小林論文でも過去のゴー宣でも、既に行なわれてるやんってコトよ。
でも、あなたに取っては説明ってのが「ダラダラした物」なんでしょ?
長文を書かれるだけで嫌がってたし。

>>725は、かなり意見を圧縮したものだけど、
そこにはやはり根拠が必要となるし、
まず結論を出して、後から説明しろって事なら、
技術の一つとは思うが、そこに留まるなぁ。
てか「分かりやすければ」良いんでしょ?

>>776
言っとくけど>>725は「俺の見解」であって、唯一の見解じゃないよ。
こうやってまとめた際に失われる意味もある。

右派が「整理」し左派が「整理」した結果、これだけこじれたんだから、
全体の文脈をなるべく誠実に読まないとならんでしょ。

778 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 00:58:13 ID:C3iM/Wn8
ま、今日はこれで寝ますわ。ノシ

779 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:00:52 ID:frpR8pHS
>>770の後半部分だがつまり

西部に対して小林より早く「判事の立場と個人の立場はちがう!」と西部論文を批判していた奴はこのスレには居ない
「ガンジー主義に立つ判決書」と今から思えば明らかな間違いを書いているにも関わらずな。

西部ですら両者を混同し、それに対する批判も無かったわけだ

であるのに俺が
そこの違いの部分を明示的にまとめなおしておいたほうがいい
と言ったからと言ってなにを批判する必要がある?

判事と個人はちがう、というだけでなく
判事としてはこうだ
個人としてはこうだと、その大東亜戦争肯定の度合いを改めて整理したらよい
というのはそんなに悪い意見ですか?

780 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:04:23 ID:HrTtpNMm
>>765
結局俺が言いたかったのは、>>762のもしものような場合であればもう少し小林さんの説明が必要になってくるということ。
厳密には『パル判決』と小林さんの主張は違うからね。
その場合でもあなたの言うように、中島の批判は単なる印象批判にすぎない。

引用した人間と引用元の主張が必ず同じであるはずがないからね。そのもしもの場合、その説明が必要になってくると思うんだ。

もちろんもしもの場合であったとしてもわかる人にはわかるよ。

781 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:06:40 ID:frpR8pHS
>>777
だからどこでやられてるの?と聞いているんだが答えずに寝るわけね

>>725のやったように「小林が自分の見解を」整理しろと言ってるの
お前の見解を絶対視なんてしていません
大事なのは小林の見解

結論と説明の順番がどうこうなんてはなしもしていない
お前やっぱアタマ悪いわw


正しい説明をして、正しい説明の上でわかりやすくまとめる


たったそれだけのことですがな。一晩良く考えてみ。


782 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:15:46 ID:frpR8pHS
>>780
もしもの場合というのがなんなのかよくわからんが
誤読された場合の説明は俺が>>765で言ったように言えば済むんでないかい?


783 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:17:38 ID:HrTtpNMm
>>779

あなたの言う『正論』2月号で既に明確にされてます。
それで気付いた人が沢山いるのです(2chを見る限り)。
もう一度『正論』11月号や『SAPIO』を読めばさらに明確にわかると思う。
だから既に明確に何度も説明されていて、これ以上説明の必要があるのか?


と思ったわけです。

784 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:22:56 ID:frpR8pHS
>>783
「違う」ということには気付いたが
気付いて11月論文をみたところ、意中にあっただの踏み込んでいると言えるのでは?など、どうもはっきりしない

だから>>692の一行目のような突っ込みも入る

やはり改めて明示的にしておいたほうがいいのではないか?



という意見はそんなにダメな意見でしょうか?

785 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:27:57 ID:C3iM/Wn8
じゃ寝る前に。

>>779
>西部に対して小林より早く「判事の立場と個人の立場はちがう!」と
>西部論文を批判していた奴はこのスレには居ない

・・・すいません、そんなもん西部さんが書く何年も前から自明でしたけど。
当時はスレ覗いていなかったけど、法学的に考えれば自明と言っていいほど当然のことです。
中島ブログでも、数ヶ月前に同じ事を言っていた人がいたと思う。

で、これはパール史料に関わる話じゃなくて、初歩的な法学の領域なんですね。
そこから説明が必要になるのかなぁ?

>>781
つまり、それってパールの「個人と公人の違い」の事?
「ゴー宣・暫1」でも既に触れていることだけど。

そうしたレベルなら、悪いけど自明すぎて分からなかった。

>>782
分かりにくいよ正直。

786 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:30:46 ID:C3iM/Wn8
>>784
そりゃそーだよ。
基本的には「パールは大東亜戦争肯定論に踏み込んでいない」というのが、
それまでの小林の立場で、それは個人的な物であると言う主張だから、
さらに研究を進めた結果、「意中にあったのではないか」と見たわけでしょ。

>>692は単なる文脈無視の煽り虫でしょ。そんなの頭に入れる必要もない。
それから、流石に説明を聞かないで「逃げた」だの
「頭が悪い」だの言われてもねぇ。

787 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:38:32 ID:C3iM/Wn8
あ、ちょっと間違えた。
「ゴー宣・暫1」で触れているのは、「パールの平和主義」に関してだった。
公私に関しては最近だな。

東京裁判は形式上、英米法で行なわれた。
近代の裁判というのは、弁護士と検察の理のある側の意見を
裁判官が採用し、法的判断を下すという物。

実は英米法の裁判の概念では、この作業で「真実」が明かされるかどうか、
実はどーでもいいのだ。
パールには「真理に迫る」性質があったけどね。

だからそうした場での「法的見解」と、個人的意見は必ずしも一致しない。
これは最近の渡部昇一の産経の記事でも書かれているね。
ま、そんなとこか。

あと、さすがに生活を崩してまで2chやる気は無いので。

788 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:41:27 ID:HrTtpNMm
>>784
既に『正論』2月号やさらに前の『ゴー宣暫』でそれが明示的に示されていると
思っております。

わざわざそれをもう一度説明する必要があるのかどうか?
ただただ疑問に思ったからです。


789 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:42:50 ID:frpR8pHS
>>785
だからお前が「わかっていた!自明だ!」とこのタイミングで力説してもわかって居ない奴が実は多かった。
西部ですらそうなのだから、中島に喜んで騙されてるサヨクや
サヨクに引きずられる一般人にはもっと多いと俺は思う。
そんなことはないと言い切れるのか?
まあその様子では言い切れるのだろうな。

しかし「わかりにくい」とかどの口が言うんだろうね
オモロイやっちゃ

>>786
何にたいしてそりゃそーだよと言ってるんだ?
「それまでの立場」から変わったのならなおさら整理しておいてほしいな

>>692が煽りだろうとやはり明示していないからそう言われてしまう
小林はお前だけを相手にして居るのではなく、サヨクやサヨクの宣伝に引きずられる一般人に言葉を届けなくてはいけない
説明を十分したのであれば結論としてしっかり整理しておくことは大事なことではないか?

お前が大事だと思わなくても俺は大事だと思った
だからそう書きこんだ


これ以上俺はなにをどう説明すればよいのだ?

何か謝ればよいのか?全然わからない

790 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:47:22 ID:C3iM/Wn8
>>789
>だからお前が「わかっていた!自明だ!」とこのタイミングで力説してもわかって居ない奴が実は多かった。

ブログ見たら、俺と殆ど同じ事が10月に書かれてたぞ?
で、既にゴー宣や論文でも書かれたじゃないか、既に。それでいいんじゃ?

>何にたいしてそりゃそーだよと言ってるんだ?
小林が「パールは大東亜戦争聖戦論が意中にあった」的な
書き方をしていること。
「パールは肯定論を取っていない」って立場なんだから当然だろう。

で、煽りも含めた全ての人に理解してもらうなんて無理だろう。
最初から「読みたくねー!」って言ってるのがいるんだから。
まずは支持層や一般人をターゲットにすべき。

791 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:47:48 ID:frpR8pHS
>>788どの部分で示された?

判事と個人の立場はちがう
と説明があったが、
それぞれの立場でどの程度肯定論に傾いていたと小林が解釈しているのか
明示的に示されたわけではなかった
11月正論に立ち返っても歯切れは悪い
だから改めて示したら?>>692のような宣伝を許すことにもなるし?と思ったのですが

それを書きこんだことはそんなに悪いことでしたか?


792 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:47:57 ID:HrTtpNMm
>>787
確かに公私については厳密に明示されてませんね。
──パール氏も「あの戦争裁判で、私は日本は道徳的には責任はあっても、法律的には責任はないという結論を下しました」と言っている。── p46
や次のコマで
明確にしていることから裁判官と個人の違いはわかりますが。

793 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:51:31 ID:C3iM/Wn8
>>792
まーパールに取っては、「裁判官と個人の違い」で
考えれば良いんじゃないでしょうかね。

もちろん、明確に区別出来るものじゃないけど、
一致するものでもないからね。

パール判決書を扱うなら「法律的に責任が無い」という判断が重要だし、
パール個人を出すなら、パールの人物を史料から見ないとならないけど、
確実に中島が言うような人物像じゃないと。

794 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:53:34 ID:frpR8pHS
>>790
全ての人に理解させるのは無理だから、「あやふやに見えかねないところを改めてまとめたらハッキリしていいんじゃない?」という意見を徹底批判するのか?
ベクトルまちがえてるだろ

それで俺はどうしましょうか?

795 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:56:52 ID:C3iM/Wn8
>>791
正論二月号
「パールは判決書で「法による正義の優れている点は、
 裁判官がいかに善良であり、いかに賢明であっても、
 かれらの個人的な好みやかれら特有の気質にのみ
 もとづいて判決を下す自由を持たないという事実にある」と書いている。」

「A級戦犯」被告は共同謀議をしておらず、
 侵略戦争を計画・実行したのではない。
 日本が戦争に至ったのはほかに理由があると、
 個人の思想信条からではなく、証拠をもとにして論証したのだ。」

796 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 01:59:07 ID:C3iM/Wn8
>>794
流石に、事ここに至って、何度も説明されている
「どうやら西部は、判決書とは裁判官が
 自らの思想信条・或いは主義などを開陳する場ではない、
 ということすら失念しているようだ。
 むしろ個人の思想信条に左右されずに法の判断を明記するのが
 判決書であって、個人の思想と裁判官としての判断は
 必ずしも一致しない。」

ことが分からないレベルの人にまで、あえて薄めて主張する必要は無いと思うな。

797 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:01:24 ID:frpR8pHS
>>795-796
そのどこに判事と個人の「大東亜戦争肯定の程度の違い」についてまとめられているんだ?
二人とも文盲か?




あと>>789の後半部分にどちらか答えてくれよ

このままじゃ寂しいだろう


798 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:02:27 ID:3JjHwmcQ
ID:frpR8pHSさん。

そういうふうにからむようにかくのも悪いよ。
まず、あなたの主張が「これはこういうことなのか」という問いかけから始まれば
「いや、そうではなく。。。。。」で回答されるだろ。

あなたの最初は、「整理してくれ」だろ。どういうこっちゃ、だよ。
そんなこと知るかよ。ここは好きで書き込んでるんだ。
こんなの普通なら、まともに相手にされるはずないだろ。うっとおし、と思うだけで。
それからのやりとりは、そのうっとおしさをあなたに伝えるためにあったんだよ。


799 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:03:42 ID:frpR8pHS
なんだそりゃ?

それはやっぱりバカなんだよお前

800 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:04:01 ID:C3iM/Wn8
「言うまでもなくパール判事の矜持としては、
 判決書では史料検証による戦争の原因までしか書けまい。
 だが「東京裁判判事」という立場を離れたパールが、
 個人の意見として「このわたくしの歴史を読めば、
 欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということが
 わかるはずだ」と発言していたこと、
「抑圧されたアジアの解放のため、その厳粛な誓いに
 いのち捧げた魂の上に幸あれ」と「大亜細亜悲願乃碑」の
 碑文の詩に書いた事も前回の論文で紹介した。」
かなり丁寧に説明されてると思うがなぁ。

>>794
それに、別に「徹底批判」なんてしてませんよ?
認められる部分は、普通に認めてますし、
より「質的向上」することに何ら異議は唱えてません。

ただ、現状で不十分と言う見解が納得行かないんだよね。
そんだけ。


801 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:06:03 ID:3JjHwmcQ
>>799
やっぱ、あんた、うっとおしいよ。

802 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:06:30 ID:frpR8pHS
>>800
また「説明」か

そろそろ自分を殴りたくならないか?


803 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:07:38 ID:frpR8pHS
説明

結論(まとめ)


の違いを習うのはやはり国語の時間だよな?

804 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:07:54 ID:C3iM/Wn8
>>797
「分かりやすくする」ということに、何一つ異論は無いよ。
「現状が分かりにくい」と認定する材料がなさすぎるだけで。

>>798
なるべく分かってもらおうとしたんだけどねぇー

>>799
さっぱり自分で「伝える努力」してないやん・・・
で、結局「パールの裁判官と個人の違い」でいいの?説明箇所は。


805 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:09:37 ID:C3iM/Wn8
>>802
じゃあ>>800の小林論文を、意味を保ったまま、
これ以上、どう短縮、要約するんだ?
具体案を教えてくれ。

806 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:12:31 ID:frpR8pHS
いやぁこんな奴等が小林を尊敬しているとか中島は詐欺師だとか言って正義感ゴッコしてんのか
もはや悲しみしかわいてこないな


807 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:14:02 ID:C3iM/Wn8
>>806
いや、可能なら「整理して良い」と思ってるよ。
そんな風に怒らなくても・・・

808 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:16:35 ID:C3iM/Wn8
で、分かりやすく整理して欲しいって提言なんでしょ?
それは分かりますよ確かに。
ただ、こちらとしては充分に分かったから、そこまでやるべきかなぁ?って
思って聞いただけで・・・

809 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:16:40 ID:frpR8pHS
俺が最初に「整理してくれ」なんて言ったのかな?

まずそこからソースだして

俺のこの問題の最初のレスは>>707だけどそれ以前にありますか?

810 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:18:58 ID:C3iM/Wn8
>>809
気分を害させて申し訳ありませんでした

>パール判事個人とパール判決書それぞれについて
>小林の解釈を一度整理しておくほうがいいんじゃないかな、とは思う

コレに関しては、論文や前回のゴー宣などで
既に為されてるんじゃないかなぁ、と思うわけだけど。
それから今後もパールを描くわけだから、
その時に説明するのかも知れない。

811 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:18:59 ID:frpR8pHS
>>807-808
「小林はやったほうがいいと思う」と言ってるんだがあなたたちは小林なのか?


812 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:19:00 ID:3JjHwmcQ
>>809
俺が「一度整理」と書いたのは例えば
パール判決は肯定論ではないがパール個人は肯定論だ
という風に改めて明確に書き示せ、ということ。


813 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:20:51 ID:HrTtpNMm
>>791
暫については上に示した通りですが、『正論』2月号と『平和の宣言』読めば十分わかると思います。

パール氏の人物像を真に読解力のある方にわかってもらうことが小林さんの目的なので。

パール判決書について中島のデマを論じなければならないし、改めてパール氏一個人の主張について論じる暇がないから『平和の宣言』を復刊したのでしょう。

あなたに最初つっかかっていったのは誤解や>>714の言葉に反応して不愉快に思ったからということもあります。
あなたのおっしゃるように、2chでわざわざ過剰反応した私がおかしかったのは認めます。

だからもう一度改めて論じる必要がある。

という意見自体悪いというわけではありません。
ただ最初のあなたの意見に対して「小林さんはもう十分明確にしてるじゃん。
時間や紙幅の関係もあるのに何言ってんだろ。議論を長引かせるつもりか?」
というように不可解に思ったわけです。
あなたが誠実に小林がもう一度論じ直してみる必要があると考えていることはわかりました。
ですから賛同できませんが「悪い」というわけではありません。

814 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:21:17 ID:3JjHwmcQ
>>707で「小林の解釈を一度整理しておくほうがいいんじゃないかな、とは思う 」

で、>>718で、俺が「一度整理」と書いたのは例えば
パール判決は肯定論ではないがパール個人は肯定論だ
という風に改めて明確に書き示せ、ということ。

この流れで、あなたが整理を要求してると思ったわけだ。



815 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:22:22 ID:frpR8pHS
>>812全然最初ではないね
どうみてもお前らが突っ込んできたことに対処してるレスだが
2chの見方も分からなくなったか?

>>810
思ったならそこを教えてくれ
さっきから違うところばかり引用していのはわざと?
それともやぶれかぶれ?

816 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:22:38 ID:C3iM/Wn8
>>811
あえて小林がゴー宣で、ページを割いてやるべきかなぁ?
って事ですわ。

>>813
基本的にそうですね。
煽り虫と一緒とは言わないけど、あまり好感を持てる態度では
なかったからね。

817 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:24:17 ID:C3iM/Wn8
>>815
なんだ、やっぱり謝罪戦法は効かないな。

「違う所ばかり」って何よ。全てパールと大東亜戦争肯定論に
関わる箇所ばかりだけど。

というか一体、どうしちゃったの?明らかに常軌を逸してるよ。
冷静になってほしい。

818 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:25:14 ID:DwlL+yd5
判決には要件事実のみを考慮し、個々の事情は排除するという要件事実絶対主義
非暴力のインド人を英国が弾圧しても、それを罰する法律の犯罪構成要件が無ければチャーチルは人道の罪に問われないから無罪。
中島氏は法律が解ってない。

819 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:25:40 ID:frpR8pHS
不快なものを不快とも言えず
結局は謝罪することになり
それでも粘着してソースもだせない


そんな自分に好感をもてますか?

820 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:28:02 ID:C3iM/Wn8
>>818
基本なんだよね、それが。

>>819
「ソース」なんか求めてたの?
ソースじゃ分かりにくいから、それを整理した物しか
求めていないのだと思った。

あと「気分を害させたこと」は謝罪したが、
論理を通した覚えはありませんね。まるで子供だよアナタ。

821 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:29:04 ID:frpR8pHS
・パールの


・判事の立場と個人の立場の


・大東亜戦争肯定論への傾きの程度の違いを


・小林が結論としてまとめた部分



以上の条件を満たせ

822 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:30:56 ID:frpR8pHS
明日の朝までの宿題ね

「もう小林はやった」と言うなら簡単でしょ?


出せていなかったら笑うよ
お休み♪

823 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:32:37 ID:HrTtpNMm
>>800さん
のソースは『正論』2月号154頁


824 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:33:07 ID:DwlL+yd5
フランス人権宣言の後に
フランスが奴隷貿易してもフランスに違法性はない。
黒人奴隷所有の権利は神聖な物だからリンカーンは憲法違反。民主党は抵抗権を行使したが共和党は武力で弾圧。

民主主義を理解しなさい。法の支配の意味を理解しる。


825 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:34:18 ID:C3iM/Wn8
>>821-822
「言うまでもなくパール判事の矜持としては、
 判決書では史料検証による戦争の原因までしか書けまい。
 だが「東京裁判判事」という立場を離れたパールが、
 個人の意見として「このわたくしの歴史を読めば、
 欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということが
 わかるはずだ」と発言していたこと、
「抑圧されたアジアの解放のため、その厳粛な誓いに
 いのち捧げた魂の上に幸あれ」と「大亜細亜悲願乃碑」の
 碑文の詩に書いた事も前回の論文で紹介した。
 ここでは「アジア解放」の理念に共鳴することで、
 大東亜戦争肯定論に踏み込んでいるのではないか?」

826 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:38:33 ID:C3iM/Wn8
あとは>>796か。

で、
>出せていなかったら笑うよ

こんな下らない煽りに、何か「公的な意味」あるのかなぁ?
まるっきり「自分の意見が否定された」という
私情だけでブチギレちゃったように見える。
一晩寝れば冷静になるのかな?

で、この人の言う通りにして何か良くなるのか?と言うと
ならないと思うんだよね。

827 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:39:24 ID:frpR8pHS
だからそれを紹介してどういう結論が出たの?

全然条件をみたしていません




これでは明日起きても期待できないな

では本当にお休み

828 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:40:08 ID:DwlL+yd5
東條さんは何の法律に違反したの?



829 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:40:58 ID:frpR8pHS
>>796も傾きの程度がわからない

なぜ違う部分ばかりだすのだろう



一体君たちは何がしたいのか?

830 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:41:54 ID:C3iM/Wn8
>>827
書いてある通りだと思うし、あなたに取って
「条件を満たしていない」ことは、何も問題ないと思う。

東京裁判での立場
「言うまでもなくパール判事の矜持としては、
 判決書では史料検証による戦争の原因までしか書けまい。 」

私人としての立場
「だが「東京裁判判事」という立場を離れたパールが、
 個人の意見として「このわたくしの歴史を読めば、
 欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということが
 わかるはずだ」と発言していたこと、
「抑圧されたアジアの解放のため、その厳粛な誓いに
 いのち捧げた魂の上に幸あれ」と「大亜細亜悲願乃碑」の
 碑文の詩に書いた事も前回の論文で紹介した。
 ここでは「アジア解放」の理念に共鳴することで、
 大東亜戦争肯定論に踏み込んでいるのではないか?」

831 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:44:33 ID:DwlL+yd5
黒人に公民権を認めない
アメリカ
ユダヤ人に公民権認めないドイツ

アメリカは正しく、ドイツは悪いと単純考える奴は馬鹿。



832 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:46:20 ID:C3iM/Wn8
>>828
東京裁判では、真珠湾攻撃に関して
「宣戦布告なしの不法攻撃」の罪にされたらしい。

833 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:47:09 ID:frpR8pHS
日本語が読めなすぎて条件もわからないんじゃ寝れんな

だから「ではないか?」じゃ歯切れがわるいから上でアンチに突っ込まれてるんだろ



いまではお前らがアンチみたいなもんだけどな
小林ファンのレベルを下げている


寝る前に電池が切れそうだ

834 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:48:19 ID:HrTtpNMm
>>829
私は>>813ですが、これについてはどう思われますか?
『平和の宣言』を復刊して読んでもらうことが小林さんの目的でしょう。
>>830を読めば明らかに小林さんの言いたいことはわかる。
あなたはどの程度説明されればよいと考えているのですか?

もう一度言いますが、はじめに感情的になった私が悪いのは認めます。
だからもう少し落ち着いていただけませんか?

835 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:50:14 ID:C3iM/Wn8
>>833
どう見ても、相手への極度の罵倒ばっかりやってる方が変だと思う。

肝心の自分が、「説明」できてないじゃん。
自分の説明、論点整理能力ぐらい目の前に見せてよ。
具体策が全然ない。

836 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:55:06 ID:DwlL+yd5
1936年12月
西安事件
第二次国共合作

日華軍事停戦協定を破り、満州国侵略の為
対日戦争開始をしようとする戦争共同謀議の罪

1937年夏ついに中国は日本に平和に対する罪を犯した。

その後、米国は中立宣言に違反する犯罪行為に及び、日本は自衛権行使した。



837 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:55:52 ID:frpR8pHS
言いたいことが
パールは大東亜戦争肯定論者だ
ということなら
そんな言い方じゃアンチに
何故堂々と主張しない?と言われるのは当たり前だろ

なぜ小林はハッキリ結論を言わないのか?

俺は言ってほしいから言って欲しいと書きこんだ


お前らが十分だと「思って」も
ハッキリ言ったことがあるという証拠をお前らがだせないなら
俺の気持ちを変えることはできない

違うだろうか?



さあ早く条件をみたしたソースをだしてくれ
朝までにな

838 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 02:58:42 ID:DwlL+yd5
ソ連が占領して作った
外蒙古や東ドイツ

日本が解放した
満州国

国際法上問題ある?



839 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:06:56 ID:C3iM/Wn8
>>837
無駄な改行はやめなさい、見苦しい。
>パールは大東亜戦争肯定論者だ
>ということなら
今までの物、読んで言ってるのかね?
正論11月号などでも、普通に人口問題に触れ、
「絶対平和主義」であった事は、ゴー宣・暫1にもある。

パールは「平和主義者」であるという前提で、
「大東亜戦争の理念への肯定」をしている、
しかし武力行使は全く肯定しない、そういう人物像なのは
パールが人口問題や平和主義に触れた史料を見ても明白だ。
これを「大東亜戦争肯定論者」とカテゴライズ出来るかは微妙だが、
否定論者ではない。

そうした前提を知っていて「まとめろ」と言うのなら良いが、
知らないのなら、まずもう一度、論文やゴー宣を精読しなさい。

自分で何も出来ず、人にダダッコみたいに甘えなさんな。
知りたければ自分で知るのが基本だ。

>>838
ない

840 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:12:11 ID:DwlL+yd5
宣戦布告せず
アメリカが北ベトナムを 爆撃したのは
なぜか?

宣戦布告は国際法上義務ではない。

戦争は国家の権利。
戦争は国際法の強制執行である。

社会学者は馬鹿でサヨ


841 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:14:14 ID:C3iM/Wn8
「正論」11月号 141-142P

「アジア民族の独立という聖なる目的さえも、
 アジアの貧困と文盲と疫病からの解放という聖なるこころざしさえも
 ”侵略”という名の下に一言で片づけられてしまつた。
 私はもちろんそうとは思わない。またインドをはじめ
 アジア諸民族も、決してそうとばかり受け取つてはいない。
 だが世界は”侵略”の名の下にこれを裁いた。なぜだろうか」
(平和の宣言30頁)
呆れてモノもいえない。パールは日本の過去を「もちろん」侵略とは
思っていなかったのだ。それどころか「アジア民族の独立という
聖なる目的」と、「アジアの貧困と文盲と疫病からの解放という
聖なるこころざし」まで認めている。

なんとこれは、わしが挑発的に描いた「大東亜戦争肯定論」を上回る
「大東亜聖戦論」ではないか!
(中略)わしの反省点はパールが「大東亜聖戦論」すら意中にあったと
見抜けなかったことである。

これは、どう見ても小林に取って、パールの論は
「大東亜戦争肯定論は越えている」という認識だな。

842 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:16:31 ID:C3iM/Wn8
>>840
宣戦布告なんて、当時もその後も「慣習化」されてなかったんだよね。
それで裁いた東京裁判は、やはりおかしいな。

843 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:19:21 ID:HrTtpNMm
>>837
『SAPIO』2007年12月12日号
p61

──パール氏は原爆犠牲者の慰霊文のために熟考した末に、
原爆のみならず、大東亜戦争全体を文明史的に俯瞰するところまで視野を広げたのだろう。
原爆投下は4世紀に亘る白人の支配、人種偏見の帰結であった。
この白人の支配、人種偏見からの脱却こそがまさに大亜細亜の悲願であり、大東亜戦争はそのための戦争であった。
…そんな思いから、パール氏は「アジア解放」のため命捧げた全てのアジア人の魂に幸あれと書いたのだろう。
もちろん、その中には原爆犠牲者も、日本軍の戦死者も含まれている。
その上でパール氏は、アジア人の一員として、同胞のインド人の名を奉納した。
…そう見るのがごく自然というものだろう。──
結論を述べるにしても史料に事実書いてある文字やその人の行動から推測するしかないのだから断定口調にはならない。
これで十分だと思います。
後は国語力のある人間に、
『平和の宣言』や中島関連の論文等も収録される『ゴー宣』を読んでわかってもらえれば小林さんにとって十分でしょう。
それ以上時間的にも小林さん一人の力ではどうすることもできません。


844 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:22:17 ID:C3iM/Wn8
てなわけで、
変な人>>718
>あと一歩とか意中にあったとか
ってのが弱腰って書き方をしていたけど、とんでもない。

>>841に引用した小林論文のこの場合の「意中にあった」は、

「パールは大東亜戦争肯定論以上の聖戦論を認めていた」
という文脈だよ、確実に。少なくとも肯定論は越えていると見ていた。

>なんとこれは、わしが挑発的に描いた「大東亜戦争肯定論」を上回る
>「大東亜聖戦論」ではないか!
この場合の「意中にあった」は、「パールは確実にそう考えていた」って意味で、
全く弱腰じゃないな。

その議論以前に、ID:frpR8pHSは、「サヨクを叩く何」なんだ?
これほど酷い態度を見せた、アナタにこそ嫌悪感を覚えるが。

845 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:27:45 ID:C3iM/Wn8
そして論文中で、「諸事情」にも「人口問題」にも触れている。

そして148Pで、判決書での評価に対して。
「パールが判決書で示した世界観とは、端的に言ってしまえば
「日本は誤りを犯したが、日本がそうせざるを得ない状況に
 追い込んだのは欧米であり、欧米にこそ責任がある」という
 ものである。ところがサヨクは「日本は誤りを犯した」の部分だけを
 つまみ食いし、曲解・拡大して利用しているのだ。
 これこそ歴史の捏造ではないか。

 繰り返すが、判決書の真意は「日本は欧米に追い込まれ、
 やむなく開戦した」という点にこそあった。
 そして、その認識は当時の国家指導者たち全てが痛感していたことだった。
 だから、それを代弁してもらえたことに「A級戦犯」たちは
 感激したのだ。それが真実である。」

で、判決書では「アジア解放の戦い」という評価には踏み込んでいないため、
「大東亜戦争肯定論」まであと一歩、という内容だな。

846 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:29:30 ID:DwlL+yd5
大西洋会談

世界征服を目論む
米英の戦争共同謀議!

国際連合
戦争するかしないかを決める国際的共同謀議会議場
反日サヨは何も解ってない。


847 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:31:36 ID:HrTtpNMm
>>844
さんの示した箇所の方が説得的ですね。
>>718
これらの論点を含めて、もう一度整理し直す必要があると言っているのですが、超多忙な小林さんはそんな暇ない。
おんなじこと何度も頭の悪い奴に言っててもしかたないから、国語力のある人間に読んでわかってもらうしかない。
どうせデマは蔓延するんだから後生のために単行本残しておくだけでしょ。

つか、単行本になるんだからそれで整理したことになるし。
それでもわからん奴はサヨクやアンチ小林だけ。

848 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:33:19 ID:C3iM/Wn8
では寝る前に最後に言おう。
ID:frpR8pHS は結局、ダダっこのようにごねるばかりで、
自らの能力というのを全く示していない。

そんなんだが、丸く収めようとしてみたら増長し、
「戦略的・商業的価値」も無い主張に固執した。
マトモではない。

自分が正しいと思うなら、そう思っていれば良いではないか。
誰もソレを証明する人間はいないがな。

「気分を害した」という謝罪も取り消し。バカバカしいわ。

849 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:38:06 ID:DwlL+yd5
法学と歴史学が
反日サヨ達のイデオロギーの宣言の手段となり
学問に対する良心や誠実が失われ
中島のような学者を生み出した。

中島は自分の誤りを認め謝罪すべき。
さもないと中島はもっとダメージを受ける。
よしりんはノリノリの状態だ!将来中島は論壇から消える事になりそう。


850 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:38:50 ID:C3iM/Wn8
>>847
いやもう、この人の言う事に付き合う価値ないですわ。

肝心の、「その場所の文脈」すら読めてないで、
印象だけで「弱腰に見える」って言ってるだけだもん。
アンチもそうだけど、読解力に問題がありますよ。

何も具体的な事を言えず「整理」と言うばかりで、
実例も示せない、自分の表現力の低さは分かってないようだし・・・
もういいや。

851 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:39:12 ID:HrTtpNMm
単行本に論文残すってことはどのような経緯で西部さんが間違っているのか?とかも全部入るのだからより明確になる。
>>844>>845さん
が示した箇所は3頁くらい間が空いていますが、それはダメとおっしゃるっているのがあなたということになりますが?
同じ論文なのに。



852 :850:2008/01/25(金) 03:40:45 ID:C3iM/Wn8
>>850は当然、>>847さんじゃなくてID:frpR8pHS氏への意見ね。
朝起きてもこの調子のままなら、オシマイだね。

>>849
それにもGHQ占領でサヨクばっかり出世した時代の傷跡があるんだよねー
困ったもんだ。

853 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:48:16 ID:HrTtpNMm
>>850さん
大丈夫です。数字の間違いに関しては言われるまで気づきませんでした。
結局小林さんのおっしゃる読解力って物事を察する力のことなのでしょう。
あまり邪推が過ぎると妄想になってしまいますが…
今日の私のように感情的なミスをしてしまうことになります。
(小声で言うとあながち最初に私が感じた不気味な不快感というものも間違いではなかったような気がします)
自分のせいでこんなことになってしまい本当に申し訳なく思います<m(__)m>


854 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 03:57:40 ID:C3iM/Wn8
>>853
いやアナタが謝ることないですよ。
一応、2chもまた「公的な場」と考えていたら、
あんなおかしな態度は取れない。

>(小声で言うとあながち最初に私が感じた不気味な不快感というものも間違いではなかったような気がします)

実は私も、それをなんとなく感じていました。
悪い意味での「単なるクレーマー」特有の物ですね。
こういう時には、保守主義の「愚民思想」が評価の役に立つw

ま、2chですからヘンなのもいます。
あまり真剣にお考えなきよう。

855 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 04:00:13 ID:C3iM/Wn8
>一応、2chもまた「公的な場」と考えていたら、
>あんなおかしな態度は取れない。

コレはもちろん、>>821>>822みたいな、頭のおかしい人のことです。
「単なる反論」は当たり前の事ですが、
彼はどんどん、文章から感情的になり、
煽り虫と変わらない改行文で煽り始めた。

100%、彼に非がありますな。

856 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 07:26:31 ID:frpR8pHS
いくら罵詈雑言してもアウトはアウトなんだけどなあ

俺が「これでは歯切れがわるい」とずっと言って来た部分を自分から出すなんて
もうやぶれかぶれじゃん

しかも条件も満たしていないし(二つの立場の傾きの違いを明示的に示していない)一体なんなの?

こんな展開はさすがに予想してなかったわ。完全に文盲ホモカップル誕生ですな。
バカもいいとこ

857 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 08:55:25 ID:zVziz+Is
ゴー宣読んだら、小林が調子に乗りすぎててワロタw
もっとやれwww

858 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 09:22:44 ID:kBQUoLbe
>>857
低脳は消えろ

859 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 09:23:51 ID:GFcoZWLL
「欧米にこそ責任がある」って判決書のどこにあんの?

860 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 11:30:43 ID:C3iM/Wn8
>>856
>いくら罵詈雑言してもアウトはアウトなんだけどなあ

確実にあなたの方が罵詈雑言を重ねていて、感情的。
しかも態度も悪いではないか。

しかも、どこまで行ってもあなたは
「自分の言葉で言えていない」事を他人に求め、
違ったら違うとダダをこねているだけ。とても大人のそれではない。

件の箇所の引用の意味も分かっていないな。
あなたの読解力にアウトが出されたって話なんだよね。

>俺が「これでは歯切れがわるい」とずっと言って来た部分を

「歯切れの悪さ」って「印象」のか?
同様の箇所は、貴方の主張からは、
「実は・・・大東亜戦争肯定論、なんじゃ、ないの?」みたいな
記述だと受け取れるように書かれていた。

しかし確実に「大東亜戦争肯定論」以上だと「言い切っている」ぞ?
コロコロ定義を変えて「オレは間違っていない」と言い続けるなよ。
「貴方個人の主観」を満足させることなど無意味だ。

>>859
開戦責任に関してそういう評価だ、という意味だろう。

861 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 11:38:10 ID:C3iM/Wn8
>だから「ではないか?」じゃ歯切れがわるいから上でアンチに突っ込まれてるんだろ
とあったが、これを貴方が「小林は大東亜戦争肯定論だと言い切っていない」と
捉えるのは、通常の読み方だろう。
だから肝心の同様箇所で「言い切っている」と引用したんだよ。

その意味が分からなかったみたいだな。普通の人なら分かる事であり、
貴方は極端に「大衆向け」を狙いすぎているだけだ。

それからなー。あなたみたいなダダっこのセンスなどアテにしていない。
↓のような、人を見下した妄言ばかり重ねていて、自分が言われたら「罵詈雑言」か。
>2chの見方も分からなくなったか?

>出せていなかったら笑うよ
>お休み♪

>これでは明日起きても期待できないな

>だから「ではないか?」じゃ歯切れがわるいから上でアンチに突っ込まれてるんだろ

>もうやぶれかぶれじゃん

>完全に文盲ホモカップル誕生ですな。

>バカもいいとこ

862 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 11:48:19 ID:C3iM/Wn8
例えば>>841を、「聖戦論すら意中にあった」の部分を除いて読んでみれば、
パールは「大東亜聖戦論」を言った、と明確に主張しているじゃないか。

そして個人と裁判官の立場と言うのは、
裁判官の立場では、「その立場に個人意見は抑止される」のだから、
>>845のように「事実認定」に留まる。

しかも「あと一歩」の意味も示されていた。
人種問題まで主張しているのだから、「アジア解放の戦い」と
認識する所まで「あと一歩」(その他の条件は整っている)って意味。
ここまでの事は、「ただ精読するだけ」でも分かるぞ。
従って
>・判事の立場と個人の立場の
>・大東亜戦争肯定論への傾きの程度の違いを
>・小林が結論としてまとめた部分
これは全て満たしている。
ただ、それが「論文の結論」では無いから、
印象のみを重視する「貴方には」分からなかっただけだろう。

結局、「良いと思う案」を否定され、キレただけなんでしょ?
それにしたって、もっと言動と態度という物があろう。

863 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 11:50:42 ID:C3iM/Wn8
861修正

>とあったが、これを貴方が「小林は大東亜戦争肯定論だと言い切っていない」と
>捉えるの「が」、(貴方の文章を読んだ)通常の読み方だろう。

という意味で、「小林のがそう読める」って意味じゃない。

864 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 11:55:27 ID:frpR8pHS
どこで言い切ったのよ?
ダダっ子くんが「聖戦論まで意中にあったというのは聖戦論だったという意味だ」
と自分流に再解釈して俺にその解釈を押し付けているだけだろ

その時点で「明示的に結論づけられていない」と認めたようなものだな
本当に明示的ならばいちいち解釈などしなくてもその部分の文章をそのまま引用すればよいだけだ

俺の読解力はいくらでも批判してよいが
これは俺個人の問題ではなく西部すら誤ってスレでも指摘が出なかった問題なのだ

だから
「パール判決は肯定論ではない。しかしパール個人は聖戦論者である」
と言い切ればより明確になるしスッキリする
そうした方がよい
と俺は言って居るだけ


俺のたったそれだけの意見を批判するのは
そんなことをしてはいけない!という立場の人しかいないはずだ
既にやったからしなくてよい、というならその箇所を示してくれればよいのだ
しかしその条件を満たした箇所は一向に示してくれない
本当に何がしたいのか?

865 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 11:59:56 ID:frpR8pHS
省くなよw

意中にあった、という表現を入れることで強調の度合いを弱めてあるんだよ
そうじゃなかったら「意中」などという曖昧な表現はしない

小林のことだからパールは聖戦論だった、と断定してくれるはずだ
なぜわざわざ聖戦論説を弱めるような言葉で表現しているのか?


お前のやってることは中島と同じことなんだが?

866 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:01:45 ID:C3iM/Wn8
>>864
>ダダっ子くんが「聖戦論まで意中にあったというのは聖戦論だったという意味だ」

やっぱり、読解力ないねぇ。
小林論文では「肯定論を上回る聖戦論ではないか!」と言っているんだよ?
言ってること分かる?

ならば普通に、「肯定論」の条件は満たしていると
言い切っているじゃないか。

アナタは「パールが肯定論者か分からない」って言ってたろ?
そして、この議論で「聖戦論者である」という条件を満たす必要は無い。
だから、肯定論者の条件は満たされている、と言っているんだが。

>その部分の文章をそのまま引用すればよいだけだ
してるんだけど。目は見える?

>これは俺個人の問題ではなく西部すら誤ってスレでも指摘が出なかった問題なのだ
西部さんは分かってたはずだよ。
過去の論文を見る限り、法治主義の意味を理解していた。
それこそ今回がおかしかったんだよ。

>「パール判決は肯定論ではない。しかしパール個人は聖戦論者である」
>と言い切ればより明確になるしスッキリする
だから、どう読んでも既に言い切られてるって。
引用した論文を見る限りね。

>既にやったからしなくてよい、というならその箇所を示してくれればよいのだ
既に条件を満たした物を示しているが。

867 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:06:39 ID:frpR8pHS
どうよんでも言い切られている?

省いて読めば言い切られている、と言ったのは誰だ?
読み方を限定しているじゃないか既に?


しかも俺が求めているのは論証ではない
なにを論証したのかという結論が明示的にまとめられていない
ということだ
本当に一体何度繰り返しましょうか?

お前がそうやって俺に解説している時点で
結論としてまとまっていないと自分でみとめているのと同じなんだよ

868 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:10:26 ID:frpR8pHS
結論を
パールが聖戦論者だったことを知らなかった


と書かずに


パールが聖戦論まで意中にあったことを見抜けなかった
とあえて曖昧な表現にしたのか?


これは及び腰と見られて当たり前ではないか?
これをみて「言い切ってほしい」と思った俺はそんなに異常ですか?


869 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:34:11 ID:C3iM/Wn8
そもそもさー「公と私」という概念を提示したのって西部さんでしょ?
「本気反論」がもしあれば、問題箇所についても、
西部さんは書いてくれると思うよ。中島とは違うハズだ。

>>865
>意中にあった、という表現を入れることで強調の度合いを弱めてあるんだよ
これは違うな。
中島の主張というのは「肯定論者でないパールを肯定論に援用した」という事。

それへの反証として「肯定論を上回る聖戦論を述べている」って意味を
明確に言い切っている。

そして、ここでの「意中にあった」とは、意中とは心の中にある事だから、
「パールはそう思っていた」って意味だぞ。 ま、そういうことよ。

もちろん、今後の流れで「パールは聖戦論も書いていた」って
ゴー宣に書くのは全く反対していない。
そういう意味の事は、何度も書いたけど、それすら読んでないみたいね。
「ただし、既に示されていて必須ではない」:という見解を表明しているだけ。

この結論を、ろくに論理も示さず、悪罵と態度の悪さで否定するなら、
それはサヨクみたいな言論弾圧だと言わざるを得ない。


870 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:36:28 ID:C3iM/Wn8
>>867
アナタは「自分で意味が分からない」と相手を文盲扱いして、
相手に「意味が分からない」と言われると、自分のセンスは無謬だと
言うみたいね。それを分かった上で言う。「意味が分からない。」
「理解しようとしない」なら、論拠を示すしかない。
しかし論拠を示したら「印象批判」をする。
そこまで言うなら、自分で「結論」の例を見せてみたら?

>>868
それを「及び腰」と受け取ったのは、
アナタの解釈が「意中にあった」という表現に集中していて、
意味を受け取っていないからじゃないの?って言ってる。

「聖戦論まで意中にあったことを見抜けなかった」という表現が問題だと言うなら、
それはただ「ストレートなワンフレーズ」を求めてるだけじゃないか?「文体の好み」に過ぎんし、言い切られてるよ。

まして、煽りなんぞには分からなくてもいいし、
学者の西部さんは、(確実に「書き切れなかっただけ」だと思うが)
仮にこんな事も知らないなら、「保守思想家の代表」 の地位を失うだけで、
気を使う必要は無い。(気を使うことは、西部さんをバカにしてる。)

アナタがおかしいかは知らないが、
妙な解釈をしているあなたの姿勢と、その言動、態度は相当変だよ。
「これで充分だ、これ以上の進歩は認めない」なんて
こちらは一言も言ってないわけで、「既に示されていることは考慮してくれ」としか言っていない。

871 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:39:55 ID:LWbdIAG3
ニートたちがどうでもいいことで暴れ狂ってるな。
お前らの解釈なんて、この論争に何の影響も与えないのに、よくそんなに必死になれるな。


872 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:40:52 ID:C3iM/Wn8
>>871
それもそうだけどな。
大体2chがどーだろうが論争には無関係だし。

873 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:53:46 ID:frpR8pHS
だからそうやって解釈をして俺に改めて説明している時点で
明示的にまとめられていないということなんだよ
いい加減それは認めたら?

思えば戦争論からいわゆるA級戦犯からこれだけサピオや正論でパールを論じてきて
「パールは大東亜戦争肯定論者だ!」
と言い切ったことが一度もない。
これはちょっと不自然ではないか?
やはりパールがガンジー主義者だということがポイントになっているのかもしれないが
どちらにしろ「大東亜戦争肯定論につながる認識はもっている」としか表現できないからだろう
肯定論者なら肯定論者だと言うだろう。これだけ何回も論じてりゃ

そこらへんはどうだ?
こういう疑問を解決するにはやはりパールの大東亜戦争肯定論への傾きの度合いを結論として明確にしておく必要はないのか?
お前が必須ではないと思っても俺は思ったのだから、お前の感想を俺が優先させなくては行けない理由はない
それはわかるか?

874 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 12:59:35 ID:frpR8pHS
>>871
必須ではないがやってもいいと思っていることをいつまでも批判している分裂病の人間が居るんだよ

875 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:01:28 ID:C3iM/Wn8
>>873
>だからそうやって解釈をして俺に改めて説明している時点で
ちゃんと読んでないんだからしょうがないわ。
「意味」が抜けているなら補足の余地もあるが、そうじゃないからな。
で、あなたの説明のしかたも、さほど「明示的」とは思えない。
「自分で分からない物」を求めてもしょうがないよ。

>思えば戦争論からいわゆるA級戦犯からこれだけサピオや正論でパールを論じてきて
>「パールは大東亜戦争肯定論者だ!」
>と言い切ったことが一度もない。
そう思ってなかったからでしょ?
「絶対平和主義」などの前提があるから。
だから「聖戦論が意中にあったと見抜けなかった」と書いてるんだよ。

>やはりパールがガンジー主義者だということがポイントになっているのかもしれないが
「しれないが」じゃなくて、批判するならそれ位は自明じゃないと。
そもそも平和主義の傾向が強いパールにおいては、
「武力」という手段を取った事は肯定出来ない物だった。
しかしアジアの惨状と、大東亜戦争の意味に関しては充分理解していた。
それは書かれているじゃないか。

>どちらにしろ「大東亜戦争肯定論につながる認識はもっている」としか表現できないからだろう
単に「大東亜戦争に肯定か否定か」の単純二元論のみで表現できないからだろ。

>こういう疑問を解決するには
だから作中でも論文でも説明は終わっているだろう。

>お前が必須ではないと思っても俺は思ったのだから、
これは全く「愚民・大衆の言葉」だな。
その意見の成否を考慮することなく「思ったから求める」では論理ですら無い。

876 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:02:42 ID:C3iM/Wn8
>>874
>必須ではないがやってもいいと思っていることをいつまでも批判している分裂病の人間が居るんだよ
それは、あなたの主張・言動が明らか「0と1」的でヘンだから。

仕分けしようとしても理解せず、不満ばかりを漏らされても。
爆笑問題の太田じゃないんだから。

877 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:07:47 ID:frpR8pHS
不満をもらしているのはあなた

お前だってやっても良いと思っていることを
俺が「やって欲しいなあ」と書いたことが気に入らなくて
でも必須ではない!とか繰り返しているだけなんだろ?

それで何がしたいのかもう一度言ってみろ
明らかに分裂病だ

878 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:09:32 ID:C3iM/Wn8
ま、やるかどーかは小林が決めることだが、
アナタは必須だと思う。
オレは必須だと思わない。まずはそこだが、

ならば、なぜアナタは必須と思い、オレは必須と思わないのか。
それについてあなたは、他人にはソースを極端に求めるが
自分で示した例が極端に少なく、一次データが無い、
いわば「口を空けて待っているだけ」的に見える。

>>877
幼稚すぎる・・・
>俺が「やって欲しいなあ」と書いたことが気に入らなくて

「説明されていない」とした事を批判しているんだが。
これも直前で書いたぞ。何を言っているんだ。

879 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:11:35 ID:frpR8pHS
>説明は終わっているだろう

なんの説明だ?

パール個人は大東亜聖戦論者だという説明?
肯定論者だという説明?
肯定論者とまでは言えないという説明?


880 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:12:35 ID:frpR8pHS
>説明は終わっているだろう

なんの説明だ?その結論は?

パール個人は大東亜聖戦論者だという説明?
肯定論者だという説明?
肯定論者とまでは言えないという説明?

それを明確にしろと言っているのだよ

881 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:13:18 ID:C3iM/Wn8
>>879
てかさ、「正論」11月号と2月号買って精読した?

882 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:14:11 ID:C3iM/Wn8
>>880
どーぞ上をもう一度読んでください。
手間ばかりかけさせるな。
アンタ一人の能力が低くて分からないのなら
別に大勢に影響ないよ。

883 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:15:09 ID:frpR8pHS
俺は説明など求めていない
なんの説明だったのか結論を明示的にしろと言っている

分裂病で痴呆症かよ

884 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:15:17 ID:3JjHwmcQ
>>880
なんで、お前は自分の頭の中を人に整理してもらいたがってるんだ。
傍から見ててお前のその虫のよさは滑稽だぞ。


885 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:18:01 ID:C3iM/Wn8
>>883
だからソレって「文体の好み」ぐらいの話でしょ?
具体的に何文字ぐらい圧縮できるのか言ってくれよ。

結局、自説が批判されたから、
これだけ示しても「明示的でない」とか
イチャモン付けてるだけでしょ?
余りに不真面目だ。

「平易に書かれている物を、最初からある種の傾きで
 素直に読む気が無い人間」が理解する必要はないとオレは考える。

886 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:20:29 ID:C3iM/Wn8
>>884
オレも人が良いから相手して、スレ消費してしまったよ。
「結論言い切り」をやったら、逆にアンチなんかが
「その結論はどこか!ギャーギャー」って言うの分かってるのに。

「この世のあらゆる人間が、同じように理解できる事」なんて無いんだよね。

887 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:21:24 ID:frpR8pHS
手間をかけないように三択にしよう

パール個人に対する小林の見解は

1・大東亜聖戦論者である
2・大東亜肯定論者である
3・肯定論につながる認識はもっているが肯定論者とは言い切れない


このどれだとキミは解釈する?

おれは小林が及び腰に見えるので3かなという認識にしかとどまっていない
しかし1・2であるならそれは是非明言してほしい
その結論が曖昧に見えるのだ


888 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:23:03 ID:frpR8pHS
>>886
あれ?結論は言い切ったんじゃなかったのか?


889 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:24:32 ID:C3iM/Wn8
>>887
「大東亜戦争の理念・精神への、聖戦論と言えるレベルの肯定」と
「その結果の、戦争行為への否定」はどこに入るんだ?
と言っているんだが。
そういう単純化で、全く重層的な意味が失われると言っているんだが、
何故まだ分からない。

890 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:25:24 ID:frpR8pHS
>>889だろう
大東亜聖戦論者だと言い切れていないからね

891 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:26:16 ID:C3iM/Wn8
>>888
意味不明。「小林の表現」についてだろ?
そこで「敢えてやった結果」、批判が減るなんて事はありえないと
述べているんだが。
「北朝鮮に善意を求めるのと一緒」。

お前は他人に求める以外、発想が無いのか?
>>884氏に同意する。

892 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:27:02 ID:frpR8pHS
>>889しかも単純化ではない
結論だ




あれ?結論は言い切ったんじゃなかったの?


893 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:29:20 ID:C3iM/Wn8
>>890
何が「だろう」なの?
こちらが大人として教えていて、
あなたがダダッコとして教わっているんだよ。どー見ても。

パールを「武力行使も含め、アジア解放の意味を認め、
戦争やって良かった」という意味での肯定論者とは、まず受け取れない。
それは平和主義であり、ガンジー主義者だからだ。
しかし、その肯定の精神は聖戦論と同様。

アナタの三択ではその意味が完全に消滅してしまう。

894 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:29:48 ID:frpR8pHS
>>891ごめんさすがに言ってることわからんわ
話が飛びすぎ


小林はパールが大東亜肯定論者かどうかについて結論を言ったの?
言ったのなら何番?


895 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:34:47 ID:NT7AvHDC
つまりこういうことか。

frpR8pHS 君は、小林先生の授業がよく分からなかったんだろ?
だから、もう一度、
今までの授業の内容をプリントに整理して、
「まとめ」の授業をやってほしい、と言ってるんだ。

対するにC3iM/Wn8 君は、
今までのところはもう分かったから、
次の授業では先に進んでほしいと思ってる、と。

ただし、この二人が学級会で言い争ったところで、
肝心の小林先生とは連絡のとりようがない、そういう状況なわけね。

俺としては、
frpR8pHS 君が小林先生にハガキを書くことをお勧めするね。
僕のために「まとめ」の授業をやって下さいって。
少なくとも、これ以上、学級会で言い争ってても仕方ないと思うな。

896 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:35:01 ID:C3iM/Wn8
>>892
細部をグダグダ文句言うのはラクだろうが、
全くそれは「批判者」に依存した態度だな。

そんな調子なら、仮にアンタにウソを教えたって、
アンタがそれを見抜くことは出来ない。それでいいの?

>>894
俺には、アナタの文章も非常に分かりにくい。

「アンチを黙らせるためにも、小林はそれを言い切るべし」という
アンタの主張なら、その「効果」は無いといっているの。

で、上で述べたことは「その三択に当てはまらない」と言う意味で、
無理に当てはめれば、「本来の意味を失う」と言っているの。分かる?

てか、正論11月号を買って読んでいれば分かる事すら言わず、
「自分の考えた図式」に当てはめてるだけだぞ、お前。
買って家で読んで確認してるのか?

「一般人に分かりやすい」ってことと、
「怠惰な人間の甘えを許容する」は違うからな。

897 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:37:47 ID:C3iM/Wn8
>>895
そういう事なのかも。
ただ違うのは、俺は「小林先生の今までにくれたプリント」を
改めて読むだけで分かるだろう?って認識なんだな。

小林先生に「補習」を申し込むのは結構だけど、
クラス全員、ましてや最初から授業を聞く気の無い不良を含めて
巻き込む必要あるのかな?と。

898 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:38:09 ID:frpR8pHS
>>893
失われないだろ
肯定論者だとはいえないがそれにつながることはできる
の3だろう
結論だぞ?どこが違うの?



しかし
肯定論者の条件は満たされている
と上で誰か言ってたけど?


899 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:42:44 ID:C3iM/Wn8
>>898
>肯定論者だとはいえないがそれにつながることはできる
「肯定論者だとはいえない」に問題が出る。
理念、精神的には「聖戦論者」のそれに至っているが、
それを「武力」の一点で否定しているのだからな。
3なら「大東亜戦争の意味を少しは認めている」ぐらいじゃないとならんから、
当てはまると考えるのは間違い。
意味は失われた。

>肯定論者の条件は満たされている
>と上で誰か言ってたけど?
やはりアナタに極端に読解力がないんだよ。
劣っている方が威張る資格は無い。

中島の主張は「パールは大東亜戦争に、アジア解放の意思など
認めていない」という物。
しかしパールは「精神的」には大東亜戦争聖戦論に至っている。
これで議論は決着しているんだな。

900 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:45:41 ID:frpR8pHS
中島との論争の論点のひとつは

パールは大東亜戦争肯定論者なのかどうか?である


この論点にはどういう結論が出たの?教えてくれよ。


〜かどうかだから二者択一
選択肢3つもあれば十分なんだが


「結論」を辞書でひいてみなよ

901 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:47:13 ID:3JjHwmcQ
>>896
付け加えれば、
5桁の算盤が瞬時(暗算)にできる人間が俺は数学できるんだと勘違いして
代数幾何の問題に取り組んだはいいが、俺は解けるはずだと根拠のない自信を持ってるから
いつまでたっても自分が何を知らなければならないのか自分でもよくわからない、ってとこだろ。

どういうことかというと、この問題は、そもそも
ID:frpR8pHSがかかわるような問題じゃないってこと。

わからないわからないと思ってても、自分に何が足りないのかわかんないんだから処置なし。

902 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:48:56 ID:C3iM/Wn8
>>900
まさに論理無視だな。

少なくとも俺は、上記の理由で、その三択では「不十分」と認識する。
それへのアナタのマトモな反論はない。
もっと具体的に示せ。ほらほら。

>パールは大東亜戦争肯定論者なのかどうか?である
理念への肯定と、平和主義から来る行動への否定。
これで決着している。

903 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:49:28 ID:frpR8pHS
精神的に至るとは?

肉体的な思想とか物理的な思想とかあるのか?


パールは精神的にガンジー主義の思想をもっている
そのパールを大東亜戦争肯定論者と言えるのかどうか?
肯定論者とは言えないがそれにつながる認識はもっているのか
はたまた中島のように肯定していないと言えるのか?

結論はどれだよ?

904 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:53:27 ID:C3iM/Wn8
>>901
なんか言われる通りだね。
数学が苦手な人が「(トンデモ)解答を持っているつもり」で主張してる感じだな。

>どういうことかというと、この問題は、そもそも
>ID:frpR8pHSがかかわるような問題じゃないってこと。
>
>わからないわからないと思ってても、自分に何が足りないのかわかんないんだから処置なし。
みたいだな。そろそろ俺は昼休みも終わりだし引っ込むわ。

905 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:54:23 ID:frpR8pHS
理念への肯定をしているから、肯定論者の条件は満たされているのか?

でも肯定論者とは言い切れないのか?


選択肢が気に入らないなら結論を書いてくれよ
小林の結論だぞ?小林がどう結論づけているのか
それを早く教えてくれ。俺が間違っていたなら謝るから。


906 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 13:57:42 ID:C3iM/Wn8
>>903
>肉体的な思想とか物理的な思想とかあるのか?

下らないイチャモン。
ここで示した意味は「物理的な武力行使」への否定と
「精神的なアジア解放への肯定」である。

>パールは精神的にガンジー主義の思想をもっている

ガンジー主義とは「非暴力・不服従」という侵略否定の手段だ。
何故ガンジーがそんな手段を取ったかと言えば、イギリスへの抵抗だ。
「欧米のアジア侵略」に対してのね。だから大東亜戦争の理念には
完全に近い同意を示し、同罪などと思っていなかった。

件の「平和憲法と平和主義」の箇所に関しても、
むしろ「ガンジー主義により理念を貫徹して欲しい」と受け取れる主張だ。

ということは「大東亜戦争の理念を認めていたが、手段は認めていない」と出来る。

907 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:00:50 ID:C3iM/Wn8
>>905
これも上で述べた。
ちゃんと書いてもロクに読まないのか。

>理念への肯定をしているから、肯定論者の条件は満たされているのか?

中島は「パールはアジア解放の意思を認めていなかった」という主張をしている。
これに対するパールの「精神的肯定論と手段への否定」は、充分な反証となる。

これは一連のゴー宣を読んでいるだけで書いてある事だぞ。

908 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:02:51 ID:frpR8pHS
小林はパール個人が大東亜戦争肯定論かどうかという問題に結論をだしているか?

出しているならば、どう結論づけているのか?

それは疑いようのないほどに、明確に断言されたことはあるか?


あるならばそれはどこか引用せよ。



…たったそれだけのことに答えればいいだけなんだけど
何時間たっても示せないのは何故?


909 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:05:23 ID:frpR8pHS
>>906
だからそれが結論だとして
お前がお前の言葉でいくらそれを書いてもダメなんだよ


俺は小林にその結論をはっきり言って欲しいと言っているのだよ文盲くん



910 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:06:53 ID:C3iM/Wn8
>>908
あなたの
「大東亜戦争肯定論を丸ごと認めるか認めないか」という
問題提起その物に問題がある。
これを変えないなら、絶対に決着できないし、
>>899のようにすれば一瞬で終わる。

それを認めていないのは、ワンフレーズ化のみを狙う
アナタだけだよ。

悪いけど、記述に文句を言うなら、
公に出ているものぐらいは一読してから言おうよ。

上でも「正論」を示したが、書いてあるんだからな。

国語力に問題がある人間に全体を合わせる必要は無いし、
合わせたからと言ってプラスにはならない。
じゃね。

>>909
なにこのダダッコ。
俺はこの件では「小林の言葉」からしか解釈してないぞ。

完全にお前の「意中にある」って言葉が嫌いという「印象」だけじゃん。
意味として明確に語られているのに。

911 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:07:51 ID:frpR8pHS
理念を認めていたが手段は認めていないならやはり肯定論者ではないな
大東亜「戦争」なのだから戦争というの手段も含めて肯定できなければ
大東亜戦争肯定論ではない


912 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:13:11 ID:GFcoZWLL
「欧米にこそ責任がある」って、太平洋戦争のアメリカの対応だけの話か。
判決書買って損したな。

913 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:13:13 ID:C3iM/Wn8
>>911
全く過程無視でポンポン結論を出す奴だな。
そんなのセンスじゃないよ。

「ガンジー主義と入れ替え可能な一部否定・自衛戦争論」ならば、
実質的に、アジア解放の理念に関しては「聖戦論」と言える。

この議論での中島が示した争点はそこなんだから、
明確に小林に分がある。

しかしそうした事情から、
小林も「大東亜戦争肯定論者」とは書いていない。
つまり現状で正しいんだよ。わかった?

914 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:16:03 ID:frpR8pHS
>>910
だから小林の言葉からお前が解釈したんだろ?
解釈してお前が結論づけてもしかたない
小林が結論づけたことがあるのか?と聞いているんだが?

915 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:17:03 ID:C3iM/Wn8
>>912
いやいや、そこは今回のゴー宣に引用され、
中島が追及している争点だから言ってるだけ。
判決書の極一部だから。

私人としては「欧米こそ明確にアジア侵略の犯人である」と
言っているし、
「日本の最も貧困な農民でさえ、インドの惨状よりは遥かにマシだ」として
イギリスに怒りを示している。

916 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:20:14 ID:frpR8pHS
>>913
大東亜戦争肯定論者とは書いていないのはなぜか?
大東亜戦争肯定論者とはいいきれないからだ

しかし十分聖戦論につながることはできる

のであれば3じゃないか
あの選択肢そのままの「結論」だよな
もしかしてダダこねてたのか?

917 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:20:23 ID:C3iM/Wn8
>>914
つまり、オレの言った解釈には満足なんだ?

ならオレの今の主張は、小林が論文で言った事を繰り返しただけ。
つまり、少なくとも小林論文を読めば、
「小林がそういう解釈をしていると分かる人間はいる」ことの
証明になるわけだ。

で、「小林は結論付けていない」とするアナタの事実誤認を、
仕方が無いからオレが説明している。

てか「正論11月号」持ってるの?今、読める?

918 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:23:16 ID:C3iM/Wn8
>>916
全然間違っている。あなたに「分析力」は無い。

>のであれば3じゃないか
明確に間違っている。

3だったら、大東亜戦争の大義「アジア解放」に対して、
限定的同意でなければならない。

しかし、非暴力・不服従と入れ替え可能な認識で、
「アジア解放の志」を認めているのなら、
理念的には完全に同意していると看做せる。
従って、3にはならないな。

919 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:25:02 ID:frpR8pHS
>>917
満足もなにもお前の解釈だからな
小林は結論を言っていないのだから、それをはっきりかいてくれと俺は言っている
俺のためにではない
西部やこのスレの住民もきづかなかったあやふやな問題であるということが
明らかになったのだから
その程度の作業はしておいたほうがよいからだ
お前がわかっていてもなんの意味もない

920 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:27:31 ID:frpR8pHS
>>918
だからそれを小林が言ったの?
入れ換えかのうとかなんとかさ?

徹底的に文盲ぶぁいw

921 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:27:40 ID:C3iM/Wn8
パールの、そうした特殊なメンタリティを考える限り、
単純に「大東亜戦争肯定論=武力行使」と見る事も、
「武力否定=大東亜戦争否定論」と見る事もできない。

普通のメンタリティだったら、こうした論点にならない。
パールのそれは、明確には「武力否定」ではないからだな。
それが三択ではすっぽり抜け落ちてしまう。

>>919
>西部やこのスレの住民もきづかなかったあやふやな問題であるということが
パール個人と裁判官としての?
前のゴー宣でも書かれた事じゃん。

お前が皆の代表面しても、誰もお前の「解釈希望」なんかに同意していないぞ。
お前はお前だけの事を考えている。

922 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:29:40 ID:frpR8pHS
しかし結論どころか
小林がしていない説明まではじめて言われていない結論を主張するのはもう電波でいいよな?

していないけどそういう意味なのだとかいいはじめたらもうエスパー

923 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:29:44 ID:C3iM/Wn8
>>920
「三択に当てはまらない理由」を述べたのに、こんな返答が来るの?
小林も同様に考えて、三択に当てはめず、
パールの意見を、出来るだけ意味を失わないように
援用しているんだろ?と言っているんだが。

924 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:32:50 ID:frpR8pHS
>>923失わないようにした意味とは?
それを結論として小林は明確にしたのか?ともう何回尋ねただろう…やれやれ

925 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:33:28 ID:C3iM/Wn8
>>922
精読して解釈する、ということも出来ないの?

ま、そんな態度になっているのを見る限り、
よっぽど「反論できない自分」が憎くてしょうがないんだろうな。

最初から、異常に読解力が無いと思っていたけど、
やはりお前の一般人以下の読解力なんぞに
合わせる必要は感じないわ。議論すらマトモに出来ない人間の意見を
どうやって採用せよというのか?じゃ本当にノシ

>>924
何回説明しても分からないみたいだな。
あなたは落第。

926 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 14:38:57 ID:frpR8pHS
投げっぱなしの論文にならないために
小林は結論を明示的にしておくほうがよい
好き勝手解釈されたんじゃたまらない
結論を明示的にすればそれが防げるしスッキリする
わかりやすい

たったそれだけのことなんだが?

そんなことは必須ではないというのは自由
しかしそれを押し付けられてはこまる


当たり前だよね?

さあそろそろ終わりかな

927 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 15:03:38 ID:frpR8pHS
繰り返します
小林の結論をおしえてといっているのに延々と自分の解釈をかいてしまうのはもうやめてください
そんなのは中島です

結論と説明の区別をつけてください
そんなの小学生以下です

これだけはお願いします

928 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 15:04:06 ID:GFcoZWLL
判決書の真意ってのもきっちりやって欲しいよな。

929 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 15:43:19 ID:HrTtpNMm
>>927
だからさ、今回の論争をまとめた単行本(スペシャル本になるかもしれないが)
ともうすぐ発売の『平和の宣言』読んで自分で考えてくれ、小林さんはそれでもわからん人間を最初から相手にしてないから。
『平和の宣言』は平易だから中学義務教育卒業の国語力で十分読める。
判決書は難解だからこれから中島を批判しつつ明らかにしていくつもりだろ。

930 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 15:55:25 ID:HrTtpNMm
>>929の続き

『平和の宣言』
は小林さんの解説つきだからよりわかり易いだろうしな。

931 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 16:34:31 ID:EBsnYKvA
盛り上がってる奴らは
しっかり次スレも建てろよ

それさえやってくれれば、なんも文句は言わん

932 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 16:34:56 ID:frpR8pHS
>>929
この点について「自分で考える」必要はない
小林が結論としてまとめているかいないかの問題だから
それが明確に書いてあれば考えなくても「小林の結論」はわかる
小林の結論をみた上でそれを自分の中にでどう位置付けるかというときに
自分で考えるだけだ


933 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 16:59:11 ID:HrTtpNMm
>>932
俺は今まで小林さんが書いて来たことから十分に察することができる。
と思う。
あなたは思わない。
結論が必要と思う。

それで終わり。

別に攻撃してる訳じゃないよ。
先に感情的になったことは謝ったし。
後は単に不可解に思っただけの話。

ID:C3iM/Wn8さんだって不可解に思ってただけ。

彼も別に攻撃する気なんてなかったんだよ。丁寧に説明してるだけだ。
今日だって感情的になりつつも最後まで説明しようとしてた。
あんたがキレるべきは俺に対してだけ。
あんたは俺等二人に攻撃されてると思ってたからキレたんだろうけどな。
まあこれははっきりさせておくぞ。

934 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2008/01/25(金) 17:06:29 ID:2ay+99En
小林による結論を知りたいのなら、手紙を質問状として実名で送るべし。
効果あるかもよ。

935 :次スレ、こんな感じでどう?:2008/01/25(金) 17:10:08 ID:gcBfg1Xi
善人面したひき逃げ詐欺師・中島岳志

小林よしのり(サピオ連載・正論11月号)や牛村圭(諸君1月号)によって徹底的に吊るし上げられ化けの皮を剥がされた詐欺師・中島岳志。
(現代2月号)での懇願クリンチ作戦も功を奏さず”若くして老練な対話の達人”とやらも後退は必至と見られるも、
NHK・BS(1月13日)では「 パール判事は法律的に無罪と『いわざるを得ない』立場だった」などとしゃあしゃあと強調。
まだまだ懲りない自称「若輩者」の詐欺師としての面目躍如といったところか。
日暮吉延(本2月号)も牛村論文を支持する中、小林はサピオ最新号(1月23日)で、
これまでのサヨクデマゴギーの集大成たる中島を生贄として神に捧ぐ姿を戯画化。冴え渡る漫画家魂。
一方、中島との共著を今月出版したばかりの西部邁(正論1月号)は、小林の反撃(正論2月号)にいかなる対応を見せるのか。。
さらには依然として相手にされないもてない男・小谷野敦の動向は。。
今後ともこのパール判事論争の行方からは目が離せないw

ウィキペディア(Wikipedia) 小林よしのりとの批判合戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%B2%B3%E5%BF%97

【祝「平和の宣言」(ラダビノード・パール著田中正明編 ・小学館)2月上旬復刊】

ゴーマニズム板に書き込まれたパール史料情報を残すサイト
http://wikis.jp/PAL/index.php#r9fd2a93
前スレ
保守ヲタクの薄らサヨク詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1199959726/l50
逃走する新進気鋭詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1198685926/l50
続・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1196566676/l50
中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1189325137/l50


936 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 17:15:51 ID:HrTtpNMm
>>932
あんたもかなりキレまくってたんだから途中嫌味言ってたことは勘弁しろよな。
ID:C3iM/Wn8さんなんか最初から俺と間違えられて散々ボロくそ言われた被害者なんだから。

あと>>843はどうよ。
ダメか?
それなら>>934の言うように手紙を送ってくれ。

937 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 17:23:45 ID:HrTtpNMm
>>935
生け贄が書き込まれているところが気に入ったww
善人面したひき逃げ詐欺師・中島岳志ってのがスレタイなのもいけてるww
下ネタだが、「真性包茎」も面白かったww

「善人面した真性包茎・中島岳志」ってのはどう?
ほか
「飛んで火に入る生け贄詐欺師・中島岳志」とかもある。

938 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 17:24:34 ID:gcBfg1Xi
>>937
内容文に間違いない?事実誤認とか?

939 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 17:26:05 ID:gcBfg1Xi
>>937
「飛んで火に入る生け贄詐欺師・中島岳志

タイトルとしてはこれが現時点ではいいかな。

940 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 17:29:21 ID:HrTtpNMm
>>938
『平和の宣言』が
『パール博士の「平和の宣言」』として2月8日ごろ発売予定。これは文庫ではなく単行本。
に変更なくらい。
題名変わったみたいだね。

941 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 17:30:53 ID:gcBfg1Xi
OK
では立ててくる。

942 :立てられなかったから、これでお願い。:2008/01/25(金) 17:34:28 ID:gcBfg1Xi
飛んで火に入る生け贄詐欺師・中島岳志

小林よしのり(サピオ連載・正論11月号)や牛村圭(諸君1月号)によって徹底的に吊るし上げられ化けの皮を剥がされた詐欺師・中島岳志。
(現代2月号)での懇願クリンチ作戦も功を奏さず”若くして老練な対話の達人”とやらも後退は必至と見られるも、
NHK・BS(1月13日)では「 パール判事は法律的に無罪と『いわざるを得ない』立場だった」などとしゃあしゃあと強弁。
まだまだ懲りない自称「若輩者」の詐欺師としての面目躍如といったところか。
日暮吉延(本2月号)も牛村論文を支持する中、小林はサピオ最新号(1月23日)で、
これまでのサヨクデマゴギーの集大成たる中島を生贄として神に捧ぐ姿を戯画化。冴え渡る漫画家魂。
一方、中島との共著を今月出版したばかりの西部邁(正論1月号)は、小林の反撃(正論2月号)にいかなる対応を見せるのか。。
さらには依然として相手にされないもてない男・小谷野敦の動向は。。
今後ともこのパール判事論争の行方からは目が離せないw

ウィキペディア(Wikipedia) 小林よしのりとの批判合戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%B2%B3%E5%BF%97

【祝『パール博士の「平和の宣言」』(ラダビノード・パール著田中正明編 ・小学館・解説小林よしのり)2月8日復刊】

ゴーマニズム板に書き込まれたパール史料情報を残すサイト
http://wikis.jp/PAL/index.php#r9fd2a93
前スレ
保守ヲタクの薄らサヨク詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1199959726/l50
逃走する新進気鋭詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1198685926/l50
続・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1196566676/l50
中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1189325137/l50



943 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 17:35:09 ID:HrTtpNMm
>>940の続き
もちろん

ラダビノード・パール著
田中正明編著(「パール博士の日本日記」の部分が「著」)

だよ。
表紙は、パール氏の直筆サインと腕組みしてるパール氏の写真。
もう小学館のホームページで表紙の画像upされてるかな?

944 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 17:59:33 ID:frpR8pHS
俺が嫌味を言われたのが気に入らないとか罵詈雑言について謝罪しろとか
感情的になるなとか言ったことなんてあったかな
そんなこと思ってないから多分言ってないと思うんだよね

ネット論争に煽りはつきものだからそれも含めて楽しむだけだし、バカにはバカなりの対処をするというだけの話
だからキミらも引き続き好きなように振る舞えばいいんだよ
それでも謝罪したいというならしてくれてもいいけど、それを恩着せがましく言われても困る

大事なのは煽り合いのなかでも論理的一貫性をたもち続けること
俺ははじめからずっと同じことしか言ってないんだが
お前らの論理の混乱っぷりはすごいぞ
なんど同じ突っ込みをしたか数えきれん
それぐらいの自覚はあるだろう?

昨日、小林は論理と感情のバランス非常にが良いと書いたが
お前らはその点から言えば底辺だな
中島を批判する資格はないよ

この論争はうざいと伝えるためにやっていたんだとか
省いて読めばいいとか、名言集ができそうだ
もし謝罪したいなら自分たちが論理的に間違っていたことを謝罪してほしいかなとは思う

945 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:03:52 ID:NQnZj6Jc
中島なんてどうでもいいが田中正明の本にからむと小林のイメージダウンに
なるなあ

946 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:08:29 ID:NT7AvHDC
>>942
>日暮吉延(本2月号)も牛村論文を支持する中、小林はサピオ最新号(1月23日)で、
のところは他の表記と合わせて、
>サピオ最新号(2月13日号)
のほうが良くない?

つーか、立てられなかったか。
950が立てる、とかでいいのかな。

947 :立てられる人、これ訂正版です。:2008/01/25(金) 18:11:43 ID:gcBfg1Xi
飛んで火に入る生け贄詐欺師・中島岳志

小林よしのり(サピオ連載・正論11月号)や牛村圭(諸君1月号)によって徹底的に吊るし上げられ化けの皮を剥がされた詐欺師・中島岳志。
(現代2月号)での懇願クリンチ作戦も功を奏さず”若くして老練な対話の達人”とやらも後退は必至と見られるも、
NHK・BS(1月13日)では「 パール判事は法律的に無罪と『いわざるを得ない』立場だった」などとしゃあしゃあと強弁。
まだまだ懲りない自称「若輩者」の詐欺師としての面目躍如といったところか。
日暮吉延(本2月号)も牛村論文を支持する中、小林はサピオ最新号((2月13日号)で、
これまでのサヨクデマゴギーの集大成たる中島を生贄として神に捧ぐ姿を戯画化。冴え渡る漫画家魂。
一方、中島との共著を今月出版したばかりの西部邁(正論1月号)は、小林の反撃(正論2月号)にいかなる対応を見せるのか。。
さらには依然として相手にされないもてない男・小谷野敦の動向は。。
今後ともこのパール判事論争の行方からは目が離せないw

ウィキペディア(Wikipedia) 小林よしのりとの批判合戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%B2%B3%E5%BF%97

【祝『パール博士の「平和の宣言」』(ラダビノード・パール著田中正明編著 ・小学館・解説小林よしのり)2月8日復刊】

ゴーマニズム板に書き込まれたパール史料情報を残すサイト
http://wikis.jp/PAL/index.php#r9fd2a93
前スレ
保守ヲタクの薄らサヨク詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1199959726/l50
逃走する新進気鋭詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1198685926/l50
続・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1196566676/l50
中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1189325137/l50




948 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:19:12 ID:HrTtpNMm
>>944
論理について謝罪する気はなし。

ずっと同じこと言ってんのはこっちも同じ。
小林さんが今まで書いてきたことから言いたいことは十分わかる。
あんたは結論が必要。といっているだけ。
別に悪くないよ。

いちいち攻撃する気もなくなったから
最初に感情的になって気分を害させたことに対して悪かったと思っただけ。
だってそれからだろ?あんたがヤバいくらいぶちギレだしたのは。

2chとてコミュニケーションの場なんだからそれなりに礼儀も必要と思ってるの俺は。
だから感情的になったことを謝罪したわけ。
あんたが2chに対してどのように考えていようがどうでもいい。

んで論理について戦わせるために>>843では不十分なのか?
と示したわけだ。
これでわからんのなら知らん。
あんたを説得しても無駄だから。

949 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:30:36 ID:HrTtpNMm
>>895>>897をあわせりゃ滑稽さがよくわかる。

950 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:31:11 ID:UfKzVfog
「2008年現代2月号」の中島岳志の論評が 小林よしのりの「正論2月号」パール論争での、中島岳志、西部邁批判の発売日より3日遅れてる事を挙げて

 『SAPIO 2月13日号』のゴー宣で 「わしの『正論2月号』読んでない内に書かれてる!」と言って 西部と中島の小林に対する言い分が一致して 自称保守を槍玉にしてるから 小林がわしを取り込む作戦かっ!て言ってたけど




 その中島岳志の公開討論要請の「現代2月号」の論文って1日で終わる作業だっけ ワープロで打って、編集部に送るだけの「作業工程」なのか?よくわからないけども そもそも「中島論文」を書いて刷る時期と 「小林論文」を書いて刷る時期がニアミスしただけで

951 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:40:38 ID:UfKzVfog
1月30日のわしズム発売で 昨年終了した「ザ ワイド」の常連コメンテーターの「有田芳生」が出るって告知があったが





952 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:46:29 ID:HrTtpNMm
>>944
それにお前が勝手に小林の結論を示せ!
とかルール作ったんだろが、俺は端から今までの小林さんの論文や『ゴー宣』読めば十分明確に理解できる。
って言ってんの。
わけわからん。
やっぱり最初に感じた不気味な不快感は当たってた。
お前ごときに礼儀正しくする必要はないから遠慮なく言う。

気持ち悪いんだよお前。
お前はやっぱり
『月刊現代』p86
小林氏は誹謗中傷の言葉を投げかけることで過去の自らの主張から逃げるのではなく、「パールは大東亜戦争をアジア解放の正義の戦争とみなしていた」という議論を正々堂々と展開するべきではないか?


の中島の言葉に洗脳されてんだよ。
なんせ三択バカだからな。

953 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:52:04 ID:frpR8pHS
>>948
ブチ切れた?俺は相手がいくら感情的になってもいいと思ってるからお前の感情は関係ない
お前の論理が乱れすぎててアホとしか思えなかったから丁寧にレスする気がなくなっただけ
お前はキレたのかもしれないけど俺はキレてないから。

で、論理は全然一貫していないねぇ
ていうかまだわかってないようだ
「今まで小林が言ってきたことでわかるかどうか」なんて話しはしていないの
わかってもわからなくても、改めて明示的にすることで論点整理がしっかりでき誤解も防げる
アンチのネガキャンにも対応できる
だからやった方がいいと思った、と言ってるだけ
しかしそれを言うと「もうちゃんとまとめて居る」とも言われる
そしてソースを求めても出せない。
ムキになって攻撃するわりには「やってもいいと思う」とか言う(ポストモダン風?)

で、>>843を持ち出して
「結論を断言しないのはむしろ慎重で正しい」
みたいに言う
本当に一体なんなんだ?


小林は結論を断言してるのか?
断言してはいけないのか?
少し整理してからレスをかけ

954 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 18:56:37 ID:frpR8pHS
>>952
ルールを作るってなんだよ
当然の要求だろう

「小林は既にまとめている」と言っている人間にそれの提示を求めるのは?
お前らが俺を批判してきたんだぞ?批判しっぱなしでなんの責任も負わないのか?

んで今は「ずっと読んでいれば分かる」みたいな勝手にお前が出してきた論点でループさせる
本当に頭が悪いよね?

955 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:01:01 ID:UfKzVfog
948−952>
   「以前」948の言い分=「2チャンはコミニケーションの場なんだからそれなりの礼儀も必要」

   「以後」952の言い分=「お前ごときに礼儀正しくする必要はないから遠慮なく言う」


   お前「以前=948」と「以後=952」の言い分とまったく違ってますが

   まるでお前は、論争ふっかけたくせに、小林に擦り寄ろうとする中島岳志そのもの


   いや中島岳志以下か同格だね 952は お前のほうこそ気持ち悪さが際立ってしょうがない


956 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:05:24 ID:frpR8pHS
>>955
サンクス
携帯だからなかなか過去レス確認できないんだ


やはり論理が混乱しているよな

また謝罪してすぐに撤回するかな

957 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:11:19 ID:HrTtpNMm
>>953
俺もお前に対して丁寧にレスする気はない。
>改めて明示的にすることで論点整理がしっかりでき誤解も防げる
だからこれについて、今までの論文等読めばわかるだろ。
それで察しないような奴はいくら整理してもわからんのだから単行本や『平和の宣言』読めばわかる。
別に改めて整理せよ。ってほどのことじゃないってこと。
を小林さんの身になって考えてみりゃ何回も同じこと言わせるな!ってなもんだろ。

だからお前の意見を根本から否定してるわけじゃない。

「別に改めて整理しなくていいじゃん。今でも十分わかる」ってな軽い感覚。

>>843について
史料に書いてある事実から推測するんだから〜だろう。になるがな普通。
>>843
読めば小林さんのパール氏個人についての解釈はわかるだろうが。
何度もいうが単行本になりゃまとまるでしょ。
それと『平和の宣言』読んで各自考えればいいんだよ。

958 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:13:13 ID:HrTtpNMm
>>955
あまりにキレてくるからこっちも返しただけ。
2ch全員じゃない。
>>956のこいつ限定。


959 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:16:48 ID:HrTtpNMm
>>955
大したことない論争ふっかけたことに関しては悪かったってだけの話。
あまりにもつっかかってくるからこちらも丁寧にレスする必要がないと考えたわけ。


960 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:21:20 ID:frpR8pHS
>>957
いやだねおバカさんは

「俺はそんなことは問題にしていない」
というレスに向かってまた同じ反応をする

お前がすべき反応は「問題にしていなかったのか、スマン」もしくは
「なぜ問題にしないのだ?」だろう

なぜ問題にしていないかも何度も説明したがな。


その答えは
俺が個人的に結論を知りたくて言っているわけではないから。だ
その方がより明確に整理でき、アンチのネガキャン対策にもなる


これに対してさらに反論したいなら
「そんなことをしてはいけない」
という反論しかない

しかしお前は
そんなことをしてはいけない、とは思っていないのだろう?
だったらここで議論はおわりだ。お前が論点を把握せずに難癖をつけてきただけなのだよ


961 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:24:13 ID:HrTtpNMm
>>954

>>714が俺の最初の文章。
「既にまとめている」なんて言ってない。
読めばわかる。と言ってるわけだ。

962 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:25:28 ID:frpR8pHS
しかしなぁいちいちリアクションの仕方までレクチャーせにゃならんとは
論理的思考が苦手なくせに議論なんかふっかけてくるんじゃないよ、文盲ホモカップルがw

963 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:27:26 ID:frpR8pHS
>>961
論点を把握せずに難癖つけてきたということだろ?
お前は文盲なのだから仕方ないかもな

964 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:32:38 ID:HrTtpNMm
>>960
>>714で単なる意見のハズが感情的に罵倒じみたものになったから謝ったんだろうが。

もともとここまで論争になるほどのもんじゃないってのは初めからわかってたの。
だから謝った。

整理することが悪いわけじゃない。
ただ単行本にもなるし『平和の宣言』読めばわかるっしょ。
程度のもん。
それが罵倒じみたものになったから謝っただけの!

手紙に書けと言ったのは小林さんが結論をまとめる必要があるとお前が思うならそうすれば?してくれるかもね。
ってなもん。


965 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:36:32 ID:HrTtpNMm
>>714じゃなくて
>>715の間違い。
スマンね。

966 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:40:40 ID:UfKzVfog
959>
   キレ返しのレスなら俺にもあるから、言い過ぎたのであれば誤るけど 真っ当なレスなら、いちいち言い返しはしないし納得して折れる、けど折れるってゆうのは 「小林よしのり派の」尻馬か「中島岳志派の」尻馬に乗るとかの「付和雷同」でも

   中島岳志と小林よしのりが気に入らないからネタにしようってなのは、俺自身は避けようと思ってるが



967 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:42:07 ID:frpR8pHS
>>964
だから謝ったのはそちらの勝手

こっちは初めからお前らに返事をしているだけなんだが?
お前の事情なんてしらないし
一体何が言いたいんだ

968 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:49:24 ID:HrTtpNMm
とりあえず、最初の方
>>715 >>716 >>717
>>718 >>719 >>720

>>723


969 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 19:52:03 ID:yFeoGSq6
>>1 
次スレが近くなってきたけど、
そろそろスレタイに番号つけましょうや

えー このスレが4スレ目で、次が5ね

970 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:05:25 ID:gcBfg1Xi
飛んで火に入る生け贄詐欺師・中島岳志 5

小林よしのり(サピオ連載・正論11月号)や牛村圭(諸君1月号)によって徹底的に吊るし上げられ化けの皮を剥がされた詐欺師・中島岳志。
(現代2月号)での懇願クリンチ作戦も功を奏さず”若くして老練な対話の達人”とやらも後退は必至と見られるも、
NHK・BS(1月13日)では「 パール判事は法律的に無罪と『いわざるを得ない』立場だった」などとしゃあしゃあと強弁。
まだまだ懲りない自称「若輩者」の詐欺師としての面目躍如といったところか。
日暮吉延(本2月号)も牛村論文を支持する中、小林はサピオ最新号(2月13日号)で、
これまでのサヨクデマゴギーの集大成たる中島を生贄として神に捧ぐ姿を戯画化。冴え渡る漫画家魂。
一方、中島との共著を今月出版したばかりの西部邁(正論1月号)は、小林の反撃(正論2月号)にいかなる対応を見せるのか。。
さらには依然として相手にされないもてない男・小谷野敦の動向は。。
今後ともこのパール判事論争の行方からは目が離せないw

ウィキペディア(Wikipedia) 小林よしのりとの批判合戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%B2%B3%E5%BF%97

【祝『パール博士の「平和の宣言」』(ラダビノード・パール著田中正明編著 ・小学館・解説小林よしのり)2月8日復刊】

ゴーマニズム板に書き込まれたパール史料情報を残すサイト
http://wikis.jp/PAL/index.php#r9fd2a93
前スレ
保守ヲタクの薄らサヨク詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1199959726/l50
逃走する新進気鋭詐欺師・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1198685926/l50
続・中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1196566676/l50
中島岳志
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1189325137/l50





971 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:08:44 ID:frpR8pHS
お願いします
読んで分かるか分からないかの話は初めからしていないのに
読めばわかると繰り返すのはやめてください


972 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:15:54 ID:yFeoGSq6
>>970
おおー 飛んで火に入る生け贄詐欺師w
まとめ文もいいっすなあw
ありがとう 

これでいきましょうや 


973 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:17:19 ID:HrTtpNMm
結局俺は小林論文や『ゴー宣』に書いている文章載っけて、これでわかるじゃん。

別に改めて整理しなくてもいいじゃん。
小林さんも多忙でそんな時間ないし、アンチみたいなの相手して、説得する気はないでしょ。
単行本にのっけりゃ
『SAPIO』2月13日号で言ってるように
──「国語力」のある者がいると信じて、主張したいことは『ゴー宣』と論文で発表する!──
良き読者はわかるだろってことが言いたかったわけ。
絶対整理するな!してはいけない!
と言ってるわけではない。
>>813で既に丁重に答えた。

それにあんたにわかって貰うつもりはない。
俺は載せた文章読めばわかるって思ってる。これは俺の主観。
あんたに同意する人もいれば俺に同意する人もいる。

あんたに押し付けるつもりはない。

単なる意見。

974 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:19:33 ID:HrTtpNMm
もちろんこの意見が正しいかどうか示すために、小林さんの文章掲載したわけ。


975 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:20:44 ID:NT7AvHDC
いまさら言うのも何だが、
スレタイで「詐欺師」呼ばわりってのはどうなのかね。
2chの流儀だ、と言われればそれまでだが、
それこそ裁判でも起こされたら負けるんじゃないか?
法の正義を守り抜いたパール判事に後ろめたくはないか?

976 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:21:35 ID:gcBfg1Xi
>>972
何度も繰り返すようだけど、アク禁かかってて、スレ立てられないの。
立ててくれたら、すぐに資料や書評張っていくから、お願い。誰か、立てて、

977 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:26:43 ID:yFeoGSq6
>>976
新スレ立ったどー
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1201260353/

978 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:28:48 ID:HrTtpNMm
>>971
念のために書いておくが、俺は最初感情的になってつっかかっていった。
しかもほとんどつまらん感情オンリーで。
これは事実。
これがあるから俺の意見を押し付けてるように思えたんだろう。
だから謝った。
そして撤回した。
だが、その後も文盲だかなんだかうっとおしかったんで俺も丁寧にレスする気がなくなったんだ。

979 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:30:34 ID:frpR8pHS
言ってるそばから…

>>813自体が「論じ直し」とか言って勘違いしたままの状態だけどね
論じなおさずともよい、明確に結論づけろ
というだけのことだと何度も言ってる

しかしパールを大東亜戦争肯定論者として扱うか否かについてはやはり明確にしておいた方がよいだろうなあ
なにせ中島との議論で、当の中島がそれを求めているのだからはっきり答えておいた方がよいに決まっているし
俺自身も、これだけ大東亜戦争肯定論っぽい発言を紹介していながら
小林がそこについて明言しないのはひっかかるものがある
どう考えても歯切れがわるい

980 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:30:40 ID:HrTtpNMm
>>977
サンクス!
>>976
俺もできなかったんだ。スマンね。

981 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:38:05 ID:LWbdIAG3


ここでID真っ赤にしてくだらない討論してる奴は、次スレに持ち込むなよ。
永遠に終わらなそうだから、このスレでお仕舞いにしとけ。
周りの迷惑も考えろ。

982 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:40:39 ID:HrTtpNMm
>>981
申し訳ございませんでした<m(__)m>

983 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:41:08 ID:HrTtpNMm
>>979
結論づけるにしても繊細な問題だから結構論じる必要があると俺は思うけど。
『平和の宣言』や大亜細亜悲願之碑について改めて論じなおさなきゃ、簡単に結論づけてもサヨクの総攻撃受けるんじゃない?

それとも、簡明に結論づけた上で立場をはっきりさせて、後は今まで書いてきたことを読めばわかる。ということか?


984 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:44:55 ID:HrTtpNMm
>>981
まずはじめに悪いのは俺だから、次スレでは史料張って貢献します。

985 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:45:39 ID:frpR8pHS
もっと論じる必要があれば論じればよい
それだけだな

986 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:47:15 ID:3+0QWuH5
こんなに論争するほどのことか

987 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:49:41 ID:DhG/Uokq
>>ID:frpR8pHS

お前74回も書き込んでまる一日粘着してんじゃねーよwww
義務教育卒業課程の読解力も無い中島君!君のことだよw


988 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:50:48 ID:LWbdIAG3
数人だけが何十個もレスつけてやりあうと、スレが壊れる。
中島のブログがいい例。2人が中島の返答が早いか遅いかでやりあってコメント欄が炎上して、
中島も更新しないから、コメント機能が完全に死んでしまってる。
もう誰も書き込もうとしない。
この問題に興味持った人も、スレのぞいたら数人がずっと意味不明な議論してたら興味なくすだろ。
まだ討論続けるなら専用スレつくってくれ。

989 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 20:58:08 ID:gcBfg1Xi
>>987
俺もそうなんじゃないかと思ってたけど、君もそう思うか。

>>952に以下のようにあるとおり
お前はやっぱり
『月刊現代』p86
小林氏は誹謗中傷の言葉を投げかけることで過去の自らの主張から逃げるのではなく、
「パールは大東亜戦争をアジア解放の正義の戦争とみなしていた」という議論を正々堂々と展開するべきではないか?

の中島の言葉に洗脳されてんだよ。


中島が小林から最も引き出したいものこそ、そいつが整理しろと言ってるんだよねw

990 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:00:20 ID:frpR8pHS
どう洗脳されてるんだ?
その説明が一切ないんだよなあ


991 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:02:45 ID:UfKzVfog
小林は中島批判の冒頭で「会えば『中島に』わしも心根が優しいから筆が鈍る」って小林が「SAPIO 2月13日号」で言ってたが

会ってみたらそんな悪い奴ではなかったぽくなってたな 会ってたら西部邁みたくなるってゆうのか?、小林は

和解って決着も あるだろーけどさ





992 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:05:52 ID:3+0QWuH5
何が問題かも、もう分からない。



993 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:09:23 ID:frpR8pHS
おれのせいじゃないかんね〜

うざい事を伝える為に議論してたとか敗北釣り宣言してた彼らを責めなさい

994 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:09:28 ID:UfKzVfog
987>
   中島岳志は罵倒こそはしなかったが お前はあの中島でさえしなかった悪罵を吐いている

   それが2ちゃんクオリティならば 俺もそれに従い お前と遊ぶだけだ

995 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:12:58 ID:frpR8pHS
さあさあ俺がどう洗脳されているのかきちんと説明できるのかな?
楽しみだなあ

996 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:15:29 ID:HrTtpNMm
>>993
なんじゃそら?

単に、読めばわかる。っていう意見があったのみ。
俺はスレの皆に悪いと思ってるだけ。

普通に会話すればいいのに他の方を間違えて巻き込んでしまったお前も悪い。

997 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:16:54 ID:UfKzVfog
995>
   恥ずかしくて読めないよ 君の珍文 なに?きみの世界には、ドラゴンボールZのくリりんやら、フリーザがいるのかな?

998 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:19:01 ID:gcBfg1Xi
【自作自演】紳士様専用ライブスレッド28【遂行中】
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1192956635/l50


お前等、ここ過疎だからそこで議論しろ。次スレで議論するなよ。みんなの迷惑。

999 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:19:01 ID:frpR8pHS
ではなぜ俺へのレスという形をとっていたのだろう?
今さらトボケて何がしたいのやら
どうしても相討ちにもって行きたいか


1000 :名無しかましてよかですか?:2008/01/25(金) 21:20:39 ID:UfKzVfog
997<>悪い、、、俺ミスした994−995の辺り

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

489 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)