5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

逃走する新進気鋭詐欺師・中島岳志

584 :名無しかましてよかですか?:2007/12/30(日) 17:30:19 ID:mp4tRYdQ
>>558の続き
──したがつて、まず戦争にのぞむばあい、あるいは国防のために再軍備をするばあいに、まず戦争をつうじてその目的が果して達せられるか否かということを考えてみなければならない。
もし日本が再軍備をやつて、ある一定の国家が合法的に目的としているその国家のみに加担することがあるならば、それは大変な事態を招来する。
すなわち二つの陣営のうち一方に加担するということは、同時に他の一方に敵対することである。
この両陣営がたたかうばあいは、当然に戦禍の渦中にはいるわけである。
こうした意味と内容をもつ再軍備というものが、果して日本の将来のためのものであるかどうか、
それこそ他国の眼や他人の頭ではなくて、自分の眼、自分の頭で、冷静かつ正確に判断しなくてはならない重大問題である。
以上述べたことは、再軍備を必要とする者にたいしての言葉であるが、それでは、もし日本が再軍備をしないというなら、日本はどういう位置に将来たたねばならないか、
この問題もじゆうぶん考えてみる必要がある。
日本が当面している現状というものが、まつたく武器もなくて、非防備非武装であるということが許されるかどうか、ただ再軍備反対だ、戦争はいやだ、というだけでは何にもならないのである。
すなわち国家目標達成の上において、いずれが有利か、いずれが不利か、ということを天秤にかけて考えてみる必要がある。
そして私はこの判断こそ、諸君の一人一人が、誰にもたよらないで決定すべき問題であるといいたいのである。それが私のきようつけたタイトルの“再軍備、是か否か”である。
もし最後まで再軍備に反対するものは、おそらく強大な軍備をもつている各国のあいだに立つてまつたく絶望的な立場におかれているような気持がするであろう。
しかし逆に、もし日本が再軍備するとすれば、この強大な軍備を擁する各国の中に列して、どちらかに加担しなければならない運命に追い込まれるであろう。

続く

496 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)