5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「日本の歴史を知らない人間は日本人じゃない」

1 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 14:28:33 ID:3O/rjSFQ
櫻井女史のお言葉です。

2 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 14:41:31 ID:z8V6kvbh
日本政府及び日本国民が自国の国防を真剣に考え、その改革の重要性を皆が認識する為には一体何が必要なのかな?
まず、首相や政治家、気まぐれなメディアがやたらと無垢な国民のナショナリズムを単発的に煽るような発言をするのではなく、
国防、外交の諸問題に対する一貫した確たる国の考え方と方針を解り易く示す事だろう。

次に重要なのが教育問題、中でも売国奴のようなイデオロギーに支配された日教組教育に素早くピリオドを打つべきだ。
日本の現体制を否定し、我が国の敵性国家を賛美するような教育者集団に、
国の未来を託す子供達の教育を任せる訳にはいかないでしょ!
外圧に屈して過去を反省するのではなく、自らが歴史を精査し反省すべき過去は反省し、
日本国のアイデンティティーを確立し、それに見合った教育改革を行わなければ決して日本の安全や日本の未来を託せる人材は育たない。



3 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 16:53:46 ID:IxgCvi5L
櫻井は、まず富田メモが本物だと認めて、靖国の天皇参拝をめぐる発言を反省しろ。
偉そうな発言をするのは、それからだ。

4 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 17:25:07 ID:rRv1reoY
櫻井女史は、日本の至宝ですが、何か?


5 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 17:44:23 ID:eublVWIq
■ケリン=辰韓王の『王位継承史』

 初代王−金・閼智王(キム・アルジ)[ケリン国=辰韓を建国]
        ↓
 2代王−金・勢漢王(セハン王)
        ↓
 3代王−金・阿道王(アド王)
        ↓
 4代王−金・首留王(スル王)
        ↓
 5代王−金・郁甫王(トポ王)
        ↓
 6代王−金・仇道王(クド王)
        ↓
 7代王−金・味鄒王(ミチュ王)
        ↓
 8代王−金・末仇王(マク王)
        ↓
 9代王−金・奈勿王(ネムル王)[国号をケリンからシラに変える]
        ↓
10代王−金・実聖王(シルソン王)
        ↓
11代王−金・訥祗王(ヌルジ王)[金奈勿の息子]
           
<以後、新羅滅亡(935年)まで金氏の王統が続く・・・>


6 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 17:46:02 ID:QwtLN6VA
>>2
まずは東京裁判史観や左翼史観を除外した歴史教育の普及(子供だけでなく
大人も学ぶべき)でしょうね。
中国関係に関しては東洋史学者の岡田英弘氏の著書が突出して良いのでお勧め。
「歴史とはなにか」(文藝春秋)辺りが読みやすくてお勧め。
「」
>>3
そもそも富田メモなんぞ天皇の独白を本人の了承も無く書き残して発表したものだろがw
そんなものをありがたがる左翼ってアホか?
日本叩きのためならお前らが大嫌いな天皇にすらすがる辺り左翼も惨めなものだな(激藁

7 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 17:53:03 ID:eublVWIq
                          
■百済は、漢人と倭人の国であった

 朝鮮韓国人は、あたかも百済が『朝鮮人の国』であったかのような前提で、
「百済文化は素晴らしかった。古代の日本文化にも多大な影響を与えた」と、自慢する。だが、百済は日本人の国だったのである。
朝鮮人は、百済とは何の関係も無いのだ。
 また、百済文化は、それほど大した文化ではなかった。百済にはオリジナル文化が無かったのだ。百済の土着文化は倭人文化である。
つまり、日本文化であった。
 314年に高句麗が中国領=楽浪郡を攻め滅ぼした時、楽浪郡の漢人たちが、帯方郡(現在の韓国・ソウル市)の南方にあった
日本領・任那の一国で倭人国だった伯済国に逃げ込み、そこを拠点にして高句麗と戦争した。これが百済の起源である。
 346年に、伯済国の漢人たちは、ヤマト朝廷から政治的・軍事的支援を受けて、旧帯方郡の地に百済を建国した。
百済建国に日本人が関わっているのである。346年に建てられた百済は、楽浪郡出身の漢人とヤマトから来た倭人による合同事業で
建国されたのだ。だから、百済には、土着の倭人文化と楽浪郡の漢文化が混在していたのだ。
 475年に最初の百済が高句麗に滅ぼされ、同年に旧伯済国の熊津(クマナリ)の地で第2次百済が建国されると、
百済文化はますます日本的になっていった。古代カラ半島南部(任那)は倭人領で、住民は倭人系だったからである。
 百済文化とは、フィリピンにおけるスペイン文化みたいなものである。百済には漢人が住んでいて、漢文化が在ったのは事実だが、
シナ本国と比べれば、しょせんはコピーにすぎないのだ。百済は、建国後も常にヤマト(日本)の政治的支配下にあったため、
日本文化の影響も受けていた。これに、呉の文化的影響が加わり、百済の文化が形成されていったのだ。
 つまり、現代人が『百済文化』と呼んでいるものは、実は、半島南部の倭人文化に楽浪郡の漢文化が加わり、これに呉文化が流入して
作られた混合文化にすぎないのである。
 百済は、戦乱の中で建国され、戦乱の中で歴史を歩み、戦乱の中で滅び去った国である。だから、百済には独自の文化を作り上げていく
余裕など無かったのである。百済にはオリジナル文化が無かった。これが真実なのである。



8 :興亜一心:2008/08/03(日) 17:59:17 ID:YpGZq8As
ユーキャン出版「太平洋戦争」DVD買いました。今、観ています。
欧米列強からアジアの同胞を守る「大東亜共栄」万歳!

9 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:04:03 ID:IxgCvi5L
>>6
富田メモの中身なんてどうだっていいんだよ。

勝手に天皇の真意はこうだとかインチキなこと喋っておいて、
証拠のメモが出てくれば偽物扱い。
TVでその話題になれば逆ギレして別の話題で相手を非難。
話しぶりは冷静に見えるけど、中身は滅茶苦茶だぞw

論争で不利になると、コピペを貼って話題をそらす馬鹿がいるだろ。
櫻井ってああいう馬鹿と同じだと思う。

10 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:18:14 ID:rRv1reoY
麻生内閣か中川酒内閣、あるいは第二次安倍内閣で
桜井さんを抜擢するのもいいんじゃないか?
外相あたりが適任か。


11 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:27:41 ID:dI6PNjLl


納税してるだけじゃ在日とかわらないよな



12 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:30:47 ID:z8V6kvbh
>>9
富田メモを暴露した新聞社は何処ですか?
その新聞社の大スポンサーは何処ですか?
その大スポンサーを通し様々な政治的圧力を日本政府にかけ続けている国は何処ですか?

以上の答えが理解できれば、胡散臭いにおいの漂う富田メモなぞと言うものは
考察する価値さえない代物であることが一目瞭然ですよねw

13 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:31:31 ID:dhoh4H1Q

大人になって左翼をしている者は知能が足りたない

           チャーチルの言葉です

14 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:35:27 ID:IxgCvi5L
>>10
閣僚にはともかく、事実を無視して自分勝手な主張をするあたりは、
ジャーナリストよりも、政治家の方が向いてるのは確かだね。
デマゴーグとしての才能はあると、俺も認める

15 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:41:54 ID:IxgCvi5L
>>12
新聞は日経だけど、特定のスポンサーなんてあるのか?

ましてや、スポンサーを通した第三国の政治的圧力だなんてw
アホな妄想してる暇があったら、マトモな歴史勉強でもしとけ

16 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:44:08 ID:IxgCvi5L
>>13
その言葉はウヨクの捏造だよw

17 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:47:32 ID:z8V6kvbh
>>15
聡明な左翼様のお出ましですかw
解らないなら以後「富田メモ」については妄想せず、語らず、をお勧めしますよ。
あなたの思考回路では理解することが無理なようですねw

18 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:49:08 ID:jXSRytSy
ガンダム裁判の件があるし
もう何がほんとかわからん

19 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 18:56:25 ID:IxgCvi5L
>>17
そういうのって、分かる分からないの話じゃなくて
知ってるかどうかの話だろ。スポンサーがどこかとかは、事実の話なんだから。

誤魔化していないで、日経のスポンサーが誰なのか言ってみろよw

20 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 19:15:07 ID:z8V6kvbh
>>19
櫻井女史も以前にそのことに触れていますよ。
あなたは女史を低学歴左翼ならではの口調で批判していますが、
女史の主張を殆ど検証していないようですねw

これではまともなお話にもなりませんね、
馬鹿や猿が相手なら別ですがインテリ相手にあなた流の富田メモを語ると恥をかきますよw
これは私からの警告です。

21 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 19:27:45 ID:IxgCvi5L
>>20
それじゃ、櫻井の主張とやらを書いてみろよ。
櫻井は日経のスポンサーがどこか知ってるんだろ

22 :興亜一心:2008/08/03(日) 19:51:17 ID:Svg6cC6g
>>21

書いてやろう。
「日本は世界でもっとも平和を愛する国」

23 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 20:08:43 ID:IxgCvi5L
>>20
気が付かなかったが、あなた櫻井女史本人でしたか?
「これではまともなお話にもなりませんね」
というのは、そういえば櫻井女史の決め台詞・・・
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E6%AB%BB%E4%BA%95%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%93

これは失礼しました。確かに私が恥かいたみたいだw

24 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 20:44:26 ID:tWz5F9OE
>>22

思わずわらっちまった
それと日経のスポンサーは関係なさそうだなww
変な横槍入れるなよw

25 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 21:24:48 ID:/GjcLVPt
そういや、富田メモの検証って、風化した後に
日経が日経の息のかかった連中に検証させて(本当にさせたかも疑問)
「検証しますた。以上です」で済ませたんだよなw
本当なら日経が潰れてもおかしくない大嘘だったのに。

26 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 21:46:45 ID:Wobh2fWr
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

いろんな意味で無知なニワカですが、
今日、上のサイトを初めて読んで
何かに目覚めました…

いろんなところに、とりあえず!
読んでほしいです。
読んでから、考えて欲しいです。

27 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 22:34:18 ID:aAArw28l
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→
朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→朝鮮煙幕→台湾賛美→∞

こんなものにダマされてる馬鹿ってまだいるの?w

28 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 22:49:42 ID:dI6PNjLl


         いいえ、国籍とればみんな日本人です




29 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 22:57:33 ID:Q4XvONoh
>>10
櫻井さんには、物が言いづらい立場に立っていただきたくない。

30 :日出づる処の名無し:2008/08/03(日) 23:15:50 ID:IxgCvi5L
>>29
国会答弁で共産党あたりから鋭い質問されても、
「お話になりませんね」
の一言で答弁終了、そんな櫻井女史を見てみたいなw

31 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 00:46:29 ID:kO8BEoPR
どうしようもなく呑み込みの悪い馬鹿が、このスレを楽しくしてくれてるようなんだがw

日経のスポンサー?それって必死になる程の謎か?
答えはただ一つ「財界」だろうが!
もう一つあったな、そのスポンサーを介して日本政府に圧力掛けて来た国?
そんな国って「支那」以外にあるのか?w

馬鹿左翼って馬鹿すぎで見てられねーな!

まじ、財界筋が訪中する毎に胡錦濤と会談して日本政府に対する支那のメッセージを
伝書鳩させられていた時期は長かったんだよな、胡錦濤はとことん役者だねw
財界は財界でモチ支那で有利な商いを展開したいよな、当然の成り行きの中で日本の鼻を明かしたかった胡錦濤、
有利に支那で儲けたかった財界、解りやすい図式じゃないかwww

支那と疎遠になった小泉時代が特に凄まじかったんだよなw
馬鹿左翼の喜ぶ、例の靖国参拝問題ね・・・・・
当時外務省の代役を演じていたのが、日経のスポンサーたる経団連!!そんなの常識でしょw

32 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 00:46:44 ID:ZYpBoGRN
>>29
10の望みはその状態でも今と同じようにしゃべっている姿だろ?
だいたい麻生さんや酒だってトップに立ったらそうそう迂闊な事言えないと思うんだけど(言って欲しいけどさ)

33 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 02:19:26 ID:h95zj4L7
>>31
財界や経団連なんて日本そのものじゃねーかw
日経だけじゃない、読売産経、自民党にとっても大スポンサーだぞw

それで日本の財界は、胡錦濤の支配下なのか?
日経は中国のためなら、記事の捏造までするのか?
秦郁彦や保阪正康までも中国の言いなりか?

ここまでくると、フリーメーソンの陰謀とかと同レベルだなw
いや、日本の財界はイルミナティに支配されてるって話もあるからな。調べるといい。

34 :名前あり:2008/08/04(月) 02:36:50 ID:nEczkg0v
櫻井さん国会議員に立候補する気はありますか?応援しますよ。

35 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 11:46:45 ID:kes3A258
歴史を知っていても安保を肯定するような日本人(櫻井)は売国奴

36 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 12:58:39 ID:6H1a7Q3J
「16歳で自由党員にあらざる者は、心を持たぬ。60歳で保守党員にあらざる者は、頭を持たぬ」

37 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 13:20:22 ID:6H1a7Q3J
日本は経済大国ではあるが経済界が日本そのものではない
レイプ発生率世界一の韓国を捉えて「性犯罪者は韓国そのものである」と主張するのと一緒

38 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 14:20:27 ID:Vh5No0Bj
>>35
中国に媚びるバカか?
お前らアホどもの妄想する日中同盟なんぞ絶対に無いぞw


39 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 15:01:46 ID:C9Rt2GSE
>>9
> >>6
> 富田メモの中身なんてどうだっていいんだよ。

結局、審議そのものが不明瞭なのに?

40 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 15:15:43 ID:7qKpeYLU
「邪魔な角」を折ろうとしたんじゃないの。

祀ったり鎮めたりする対象は、
人の心だったりもするわけだが。

41 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 17:54:38 ID:/NGX1CNx
>>3
>富田メモが本物だと認めて

偽物なのにか。


42 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 19:39:12 ID:RNXIRBKS
うん、歴史を知るのは大事なことだと思うよ

日本では近代史が黒歴史になっちゃってて、
義務教育レベルではマトモな知識も得られないというのが大問題だけどな

「日本は侵略戦争した悪い国なんです〜この意見に反対する奴はみんなウヨクで悪い奴なんです〜」
なんてガッコーで習ったことを鵜呑みにしてアホな煽りレスしかできないお利口ちゃんバカが2chには多すぎる

43 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 21:46:08 ID:Vh5No0Bj
>>42
第二次世界大戦前は白人が世界中で有色人種を奴隷にして好き放題やってた事実を
教えずに日本の明治以降の歴史を語るのはおかしいわな。
アメリカなんぞスペインから独立したフィリピンを無理やり植民地化して現地人を
20万人虐殺してる。

44 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 22:19:41 ID:kO8BEoPR
ナショナリズムは悪のような教育をしてきた日教組。
政府も文部省も過去を恥じての弱腰外交、弱腰教育。

鮮人に支那人、奴らと共闘している日本の馬鹿左翼
この連中が言いたい放題、やりたい放題の日本。

これってもう病気だな!日本を愛する真の日本人が
今何をなすべきか世界が見ている。


45 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 23:14:44 ID:SOCQcJ/r
日本はもう日本人のものじゃ無いんだよ 生活保護を独占するチョン 奨学金をもらい放題の支那人
チョンだらけのNHKなどのマスゴミ チョンだらけの医者と弁護士

46 :日出づる処の名無し:2008/08/04(月) 23:53:57 ID:kes3A258
アメリカという最大の寄生虫にたかる売国奴櫻井

47 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 01:26:20 ID:5/zpM8Ap
>>46
三流週刊誌の見出しみたいな一言馬鹿レスはもういいから

アメリカという最大の寄生虫の解説と、それにたかる売国奴櫻井の意味を
論理的に文章化してくれないか、是非頼む!期待してるぞ!

48 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 01:49:32 ID:BXp8S5ec



  韓国は なぜ 反日 か


 http://3.csx.jp/peachy/data/korea/index.html







49 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 02:15:15 ID:IFrIZbJ7
【韓国】孫成泰教授「我が民族がアステカ・インカ文明を立てた」
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1198247702/
【中国】また出た韓国起源説!「革命の父」孫文は朝鮮血統?[7/31]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1217514328/l50
>古代の美女・西施(せいし)や毛沢東、 NBA選手のヤオ・ミン(姚明)は
>いずれも朝鮮系の血統をもっており、
>漢方医学や端午の節句も韓国が起源であると主張している。
>さらに、仏教の創始者・釈迦はインド人ではなく、韓国人であるとい
う説まで飛び出しているという。

59:中国に対しても捏造工作:2008/05/01(木) 02:49:02 ID:7KEJzC42

●「韓国人は計画的に我々中国の文化遺産を略奪」
人民日報の記事は中国起源のものが「韓国発」に書き換えられようとしているケースを紹介している。
 そのため多くの人は中国伝統文化の保護を呼び掛けはじめたのである」
●「韓国はドイツで『印刷術の起源国―韓国』という展示会を開いた」
●「漢方医学(中医)を『韓医』に改めて世界遺産に申請しようとしている」
●「孔子は韓国人」
「孔子の生地とされる場所が、韓国によると、以前は韓国領だったから」
「朝鮮半島で最初に立てられたとされる『箕子朝鮮』の王と孔子が血縁関係にある」
 こうしたことから結論を導き出す、という驚くべき説を展開している。
●「漢字発明は韓国人」
「漢字も韓国人が作ったもの」と主張。
例えば、伝説によれば、音楽と文字を発明した「伏羲」は優れた弓術で有名な「東夷国」(現在の中国山東省) の出身だが、
韓国はアーチェリーが強いから漢字を作ったのも韓国人だ、など4つを根拠として挙げている。
ソウル大学の教授が「漢字を韓国人の発明として世界遺産に申請すべし」という進言がある、という話などを紹介。
●「韓国側は伝統文化の分野における様々な挑発を図っている」
韓国が「端午の節句」を韓国発祥の「世界無形文化遺産」としてユネスコに申請したところ、
見事に認められたことについては「我々中国人は反省せざるを得ない」とした上で、
●「漢方医学(中医)を『韓医』に改めて世界遺産に申請しようとしている」


50 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 02:16:03 ID:IFrIZbJ7
韓国人必見!!日本人に反省を迫る中国人!! | 時事ニュース
3420290| yamatonews | 2008.07.28 18:20:35
ttp://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=3670911
ttp://s02.megalodon.jp/2008-0729-2350-14/www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=3670911

「馬鹿に情けをかけてはいけません。」日本人は韓国人に対し、優しすぎます。
それは日本の為に良くないことです。そして、韓国の為にも良くないです。
日本在住の中国人に話を聞きました・・・・・・・・・・・・。

韓国人は、「優しい」と「弱い」の区別が出来ません。
また、「強いと」と「悪い」と「正義」の区別も出来ないのです。 
韓国人と付き合うのはとても厄介です。中国人も韓国人とは関わりたくありません。
しかし、我慢して付き合わなくてはいけない状況です。

韓国人は「対等」と言う概念を知りません。
韓国人社会は個人同士、どちらが優位な位置に居るか?それが、最重要な関心事です。
個人主義の中国人から見ても、異常性を感じる社会です。
このような社会で生きる韓国人は、他人に対する思いやりや慈愛の精神は皆無です。

したがって、日本人が普遍的に持っている「平等感」や「対等」と言う気持ちや態度は、
韓国人は敗者の態度に見えてしまいます。
中国人は韓国人の軽薄な精神性をよく理解してますが、日本人は韓国人をあまり理解していません。
日本人は韓国人が「まともな人間」だと思い、対応しているので、問題が発生するのです。

中国人から日本人に忠告します。「韓国人は犬だと思って付き合いなさい。」
それが韓国人のためでもあります。謝ってはいけません。
筋の通らない理屈を言ったら、100倍制裁をしなさい。
感謝の気持ちは、王が家来に褒美を与える様に接しなさい。
正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい。
裏切りにたいして、温情は絶対にいけません。
実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい。


51 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 06:14:20 ID:9taXoEJ6
ふつうに、東條・近衛の合祀は、ねぇとおもうぞ まともな日本人なら

てか、戦後 アメリカから【自由】民主主義をもらった日本だが
自由主義者でない国の指導者だったやつは、合祀に値しないし、賛美すべきではない。

奴隷のように死にたいのなら別だけどw

52 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 06:15:48 ID:9taXoEJ6
英霊が、あんな死に方したのは
日本に自由主義という概念がなかったから

おまえら良く考えろよな。

ちなみにウヨク・サヨクは全体主義だから 唾棄すべきアホ共

53 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 13:20:19 ID:p+0baF6C
英霊なんて持ち上げるならなんで復讐してやらんの?
いい加減偽善はやめたらどうだ?
本当は英霊なんてちっとも思ってないんだろ?
政府に従順なただのバカだと思ってるくせに

54 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 14:04:25 ID:nWRm2TJp
>>53
でも、中には本気で信じちゃって持ち上げてる人もいるみたいだよ。
ネタじゃなくて真面目になっちゃてる人。
いや、この板みると本気っぽい人みかけるもんw

55 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 15:06:34 ID:OF1jCwFv
>>53
馬鹿だね。君がね。

56 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 16:27:16 ID:5/zpM8Ap
>>51
>東條・近衛の合祀は、ねぇとおもうぞ まともな日本人なら
君は面白い事を言うねえw
日本政府としては終始一貫極東軍事裁判の判決は受け入れてないんだが。
1953年極東軍事裁判で戦犯として処刑された被告人たちは、
死刑囚としてではなく「公務死」として正式認定されたんだね。

東條ら戦犯の好き嫌いは別として靖国合祀に何ら問題点はないよ。


57 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 17:17:25 ID:1fbjdkua
>>53
てめえのような糞は日本人の資格が無い
俺らの爺さんたちが自分の家族を守るため死んでいったのをバカ呼ばわりするような
カスは今すぐ死ね!


58 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 18:14:53 ID:nWRm2TJp

こういう本気っぽいカキコって、本気なんだかネタだか分からんよなあw
マジで書き込んでそうだからコワイw

その上の、>日本政府としては終始一貫極東軍事裁判の判決は受け入れてない
ってのは、さすがにネタだと分かるけどw

59 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 18:17:43 ID:Fj84SNub
少なくとも、日本の歴史、
日本の文脈を無視するなよ、

って話じゃないのか。

60 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 18:17:53 ID:ytAURWMB
ウヨ叩き


61 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 18:23:43 ID:rWqFdtvT
国へ帰れよ在日

62 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 18:28:42 ID:Fj84SNub
現象を構築するのは、
集合した媒体なんだわな。

だから、日本人の集合が日本なわけで、
日本人じゃない人の集合は、日本ではない。

このへん、微妙なんだけど、
ガイジンでも日本を担えるかもしれないし、
現象は、生きてるから変化もする。

まあ、そのへん、
実に微妙な話で。

63 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 19:42:05 ID:p+0baF6C
復讐もせずに属国であることを肯定している櫻井に歴史を語る資格などない
歴史を語れるのは反米独立主義者だけだ
反中親米属国主義者どもはオマンマのために歴史をすてた国家喪失者だ

64 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 19:51:12 ID:ytAURWMB
鬼畜米英は結構だが、
敵を増やすのは良く考えてからな


65 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 19:57:44 ID:Fj84SNub
アイマイでアナログでファジィな日本ですから。

66 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 20:25:54 ID:5/zpM8Ap
>>58
>さすがにネタだと分かるけど

何処がネタなんだ!勝手に決め付けるな
お前が馬鹿で知らんだけだろw

日本政府としては終始一貫極東軍事裁判の判決は受け入れてない。

さあ反論してみろ!!

67 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 20:32:25 ID:p+0baF6C
>>64
そんなにオマンマの確保だけが関心の全てなのかよキモデブ親米www(笑)

68 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 20:34:07 ID:Fj84SNub
いや、食料や資源の確保は重要だろ。

69 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 21:41:13 ID:nWRm2TJp
>>66
いや、東京裁判(の正当性)は認めないが、判決(その効果)は受け入れたって話はあるけどさ
判決までも受け入れないってのは、いくらなんでもネタでしょw

だって、東条英機とかは首吊っちゃったんだぜ。
絞首刑の判決を受け入れてないのに首吊っちゃったのかよw

ネタで言ってるんだよね。本気じゃないよね? ね?

70 :日出づる処の名無し:2008/08/05(火) 21:58:35 ID:/UE7BgnU

勝ち           負け

イスラム帝国    vs 唐 +高句麗人の総大将  (タラス河畔の戦い)
日本        vs 元 +高麗          (元寇)
明         vs 日本 +朝鮮         (文禄の役)
日本        vs 明 +朝鮮          (慶長の役)
清         vs 明 +朝鮮          (明滅亡)
日本        vs 清 +朝鮮          (日清戦争)
日本        vs 露 +朝鮮          (日露戦争)
ソ連        vs 日本+朝鮮          (シベリア出兵)
アメリカ      vs 日本+朝鮮         (大東亜戦争)
ベトナム      vs アメリカ +韓国      (ベトナム戦争)

番外編(引き分け)
アメリカ+韓国 vs 中国+北朝鮮 (朝鮮戦争)

※中国は人民解放軍200万人&毛沢東の長男が戦死
米も5〜6万人が戦死。マッカーサーは解任され大統領になれず
また戦争中トルーマン政権を失う
ソ連もスターリン政権崩壊

71 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 00:44:06 ID:xlwYGbpL
>>69
>判決までも受け入れないってのは、いくらなんでもネタでしょ

受け入れた?誰が?当時の共産党をはじめとする左翼がかねw
昭和史と国際法の運用を、もう少し勉強しようね、
極東軍事裁判の違法性と矛盾点が、それに当時の政府、外務省の判断が
見えてくるだろう、見えなきゃお前は単なるアホだw

72 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 05:37:28 ID:6ktnbDub
>>63は幕末に生まれてたら攘夷攘夷とわめいて薩長に斬られてたな。

73 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 05:47:23 ID:i8k1RU6V
>63は在日だし、幕末に当てはまるのか?

74 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 08:17:05 ID:iQ5DZPNW
>>71
政府は国会とかで「裁判を受け入れた」って表明してるし
一部の右翼は「判決は受け入れたが、裁判は受け入れていない」って強弁してるw
でも、「判決を受け入れていない」なんてバカな主張は初めてだw

だけど、ネタにしては本気っぽいカキコなんだよな。
本気で日本が判決を受け入れてないと信じてるのかしらんw
それとも、ウヨクをバカにするための、サヨクの自作自演かな?

75 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 12:50:43 ID:xlwYGbpL
>>74
歴史に疎い馬鹿が何を言おうが
日本政府の見解は現在に至るまで終始一貫、サンフランシスコ講和条約後に衆院で多数可決された以下の通りである。

(1)1952年衆議院本会議で「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」が可決。
(2)1953年極東軍事裁判で戦犯として処刑された被告人たちは、「死刑囚」としてではなく「公務死」として正式認定。

馬鹿左翼が「日本政府としては極東軍事裁判の判決は受け入れてない」と言えばかららず論拠として出してくる、
サンフランシスコ講和条約第11条の解釈なんだが・・・w

只今就業中wま!機会と暇があればその根拠を教えてやろう。




76 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 17:51:12 ID:iQ5DZPNW
>>75
おそらく、私の住んでる日本は、あなたの住んでる日本とは、別の世界に存在しているようだ
俺の住んでる日本じゃ、政府はこう言ってるよ。

「この裁判については様々な議論があることは承知していますが、
我が国は、サンフランシスコ平和条約第11条により、極東国際軍事裁判所の裁判を受諾しており、
国と国との関係において、この裁判について異議を述べる立場にはないと考えています」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/09.html

多分、日本が東京裁判を受諾しなかったアナザーワールドがあって、
あなたはそこの世界から紛れ込んできたのでしょうね。
そっちの世界の住みごこちはどうですか? そっちの日本は平和ですか?

77 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 19:26:21 ID:xlwYGbpL
>>76
お前は「裁判」と「判決」を混同しているようだねw私は終始一貫
「日本政府としては極東軍事裁判の判決は受け入れてない」と言っているはずだぞw

この条項にある「裁判の受諾」の意味がポイントなんだが・・・すなわち
(1)裁判の効力は判決主文に基づいた刑の執行の受諾だとする判断。
(2)判決手続き一般の受諾だと考える判断。
に解釈が二分されているのだが、日本政府の立場はあくまでも2)だ。

更に、「裁判の受諾」の文節の本文は「Japan accepts the judgments」であり、
判決主文に基づいた刑を意味する「sentence」とは明記されていない。
また「judgment」は「判決」と訳されることもあるが、「裁判」と訳されることがより
多い。

ま、両者ともに、外交上よくある玉虫色の合意だったんだねw

戦後復興の一念のもと日本側は小異を捨てて大同に付こうとし、
連合国側はこの条約の締結により占領政策の効力が失効するという
国際法上の慣例に基づき、なんの一文もなく日本との平和条約を締結すると、
戦犯法廷の判決そのものが無効化される。
すなわち条約締結当時終結していない未裁判を考慮し設けられた条項なんだよ。

それで日本政府の立場として、判決自体を受け入れていない為、極東軍事裁判で戦犯
として処刑された被告人たちは、「死刑囚」としてではなく「公務死」として正式認定されたわけだ。


78 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 19:58:50 ID:iQ5DZPNW
>>77
あの〜
こっちの世界では、小林よしのりとかの右翼が、「判決は受け入れたけど、裁判は受け入れていない」
って言ってるんだよねw  judgmentsは「裁判」ではなく「判決」と訳すべきってのが右翼的流行なんだ

さすがアナザーワールドだねw
そっちの世界じゃ、日本は裁判は受け入れたけど、判決は受け入れていないんだw
そっちの世界にも右翼っている? そっちの世界の右翼は、judgmentsをどう訳してるの?


つーか、やっぱり、ネタでしょ・・・

79 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 20:18:07 ID:xlwYGbpL
>>78
馬鹿で文盲のお前が何を妄想しようが、何を喚こうがそれが日本政府の見解だ。

違うと言い張るのなら、以下の公式認定は何なのかね?w
(1)1952年衆議院本会議で「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」が可決。
(2)1953年極東軍事裁判で戦犯として処刑された被告人たちは、「死刑囚」としてではなく「公務死」として正式認定。

お前の存在自体がネタならいいんだがwww


80 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 20:57:23 ID:iQ5DZPNW
>>79
そっちの世界じゃ日本政府はじめ裁判の正当性に疑問を持つものは居ないようだね?
こっちの世界だと、裁判の不当性を強調する人たちがいて、
judgmentsとは判決の訳語で、日本が受け入れたのは判決だけだって言い張ってるんだよ。

そっちの世界の事情は分からんが、みんな裁判そのものを受諾することに異論は無いんだろ
だったら、講和もできたし、気の毒だから恩赦しようよって程度の話じゃないの?
こっちの世界だと、裁判そのものを受諾するかどうかが問題なんだけど、
そっちの世界じゃ、判決の受け入れが焦点なんだね。いや面白いw

81 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:22:57 ID:xlwYGbpL
>>80
お前に言ってることはもう滅茶苦茶だなw
>>71をよく読め!
>極東軍事裁判の違法性と矛盾点が、それに当時の政府、外務省の判断が
>見えてくるだろう、見えなきゃお前は単なるアホだw

それはそれとして、質問の答えはまだかな?
「戦犯在所者の釈放等に関する決議」1952年6月9日 第13回国会参議院本会議 第49号
「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」1953年8月3日 第16回国会 衆議院本会議 第35号
で決議に至った日本政府の見解は何を根拠にしてるんだ?

そっちのお前の世界は朝鮮半島のようだなw


82 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:23:58 ID:xlwYGbpL
お前に→お前の

83 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:26:05 ID:iQ5DZPNW
>>81
いや、だから恩赦って程度の話だろ
裁判そのものの受諾に異論は無いようだから。

ねえ、それよりそっちの世界には
「日本は判決は受け入れたけど、裁判は受け入れていない」って言い張る人はいないの?
こっちの世界には、小林よしのりという右翼マンガ家とかがそう言ってるんだ

84 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:28:59 ID:iQ5DZPNW
>>82
いや、そこは訂正しない方が良いw

85 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:31:58 ID:xlwYGbpL
>>83
漫画以外もたまには読むんだなw
久しぶりに暇にあかして基地外外国人と糞レス交換したよw
最初から自分のレスをもう一度読み直してみな、お前が正常なら自分の馬鹿振りが解るはずだw


86 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:36:36 ID:xlwYGbpL
>>81での質問の回答楽しみに待ってるぜ!



87 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:43:12 ID:iQ5DZPNW
>>86
だから恩赦だろ。

それより、そっちの世界のjudgmentsの訳語はなあに?
こっちだと、政府見解は「裁判」で、右翼見解だと「諸判決」なんだ。
そっちの世界に右翼は居ないの?

88 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:45:41 ID:wJjQZReV

オマンマ属国主義者は
豊かな植民地時代を否定して独立をとげた
東南アジア諸国およびアフリカ第三世界よりも
さらに格下の非人にすぎん
こやつらに歴史などもったいない


89 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:52:33 ID:b/9BB7Ui
まああれだよな
日本人なんていないってことだろ
つまり日本は存在しなかったんだ

90 :日出づる処の名無し:2008/08/06(水) 21:59:18 ID:1uowHPam
>>89
精神病院へ行けw


91 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 06:57:47 ID:6iFX6cRd
>>89
つーか、俺はこの板で、何度も在日朝鮮人や中国工作員に認定されてるが、
日本人だと認定してもらったことは無い。
日本人認定をしてもらうには、なかなか厳しいハードルがあるみたいだぞ。

まあ、櫻井よしこみたいな輩に日本人認定してもらっても、何のメリットもないけどw
しかし、何であいつらは、人種認定が好きなんだろね?

92 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 07:18:46 ID:0w0tPRai
ブサヨみたいなこと吐いてるから日本人認定されないんじゃないか

93 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 07:35:21 ID:6iFX6cRd
>>92
多分、そうだと思うw

在日認定や日本人認定が大好きな櫻井みたいな連中って、
日本にもいろんな人がいるってことを認めたくないんだろな。

94 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 09:11:58 ID:aAqBahfb
反論されて言い返せなくて、結果
>日本にもいろんな人がいるってことを認めたくないんだろな。
こういう思考に至る所が非常に朝鮮人らしい


95 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 11:55:37 ID:he/KlLFQ
いろんな人がいるからこそ認定する必要がでてきたってことなんだろうね

96 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 12:48:34 ID:ngPzyenZ
>>91
「人種」じゃなくて「民族」だろ?
自分の国の歴史や文化を知らないと外国で生活した時「貴方の国はどういうとこなの?」と
質問されてきちんと答えられないと軽蔑される訳で。
櫻井さんは極々アタリマエのこと言ってるだけなのに過剰反応してる時点で
アンタおかしいよ。


97 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 13:06:53 ID:fm/ZGMgQ
民族教育を大事にという人達がいますなぁ
日本人も民族教育をしませう


98 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 14:24:21 ID:uzxQLcdX
ふつうに歴史を勉強すれば、日本が好きになるよ。
これくらい豊かで、ドラマティックな歴史も珍しいだろ。
しかも、古代から現代日本まで直結しているのがすごい。


99 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 15:22:45 ID:yoewpCbV
従軍慰安婦(英語名レイプセンター)、731部隊(捕虜を人体実験)、
三光(殺し尽くし奪い尽くし犯し尽くすの日本軍の極悪スローガン)
南京(30万屠殺)、バターン死の行進(捕虜虐待の極み)etc。。。

いや〜知れば知るほど恥かしい我が歴史W

100 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 15:34:35 ID:0hBjWUCA
>>99
朝鮮人の歴史なのか?

101 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 15:49:43 ID:uzxQLcdX
>>99
それを入口にするのも悪くない。
自分でもっと調べていくうちに、真実に目覚めることになるよ。
「従軍慰安婦」も「三光」も「南京大虐殺」も中韓のプロパガンダに過ぎなかった。


102 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 15:53:58 ID:Qk0rR86B
>>99
全部嘘ってのが痛々しい

103 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 17:03:26 ID:qtN8JwpJ
>>91
アホなことばかり言ってるからでしょw
いろんな意見を認めろというなら、”櫻井みたいな輩”の意見も認めろよw

104 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 20:40:42 ID:dglB9v2e

              , ‐ ' ´  ̄ ̄ ` 丶、
            /              丶
              , ' r、'´    _ _      ヽ
           /  /ヽヽ__ ' ´   _____,, イ ヽ
          ,'  ,'  {_r'‐'',ニ二、ー===-‐'|l 、`、  
           iヽ i //  '´  ̄`ヽヽ       l| l  i
        ,' ヽ l /  、>‐=、、      =ニヽ ! l  l  知ってる?
        ,' /⌒ l |  ´ /(__,!゛       `、! |    
       ,' ! '^> |!   i。_oソ     , ニ、,  ノ 丿  在日コリアン64万人中46万人が無職なのよ
       ,'  ヽ ヽ     ` ─       '⌒Y, ' /       
        /   |`T 、            j     /}´       ,'^! しかも、その中のほとんどが
     /   l l i iヽ     i` ーァ   /ノ      / / 
      /    | | i i ! \   l_/    ノ |   {ヽ  / / 日本人の収めた税金から日本人は貰えない生活保護を
     ,'    | | i iノ   丶、 __  , イ | |   l } 〃 二ヽ
    ,'    r| | '´\_  / ,' ,′  | |   |└'{_/ ,─`、平均で毎月17万貰ってるニート以下の乞食民族なの。
   ,' , --─/ l | ─ 、 `X´ト、 ,′  | |  |  '-イ_ィ、 〉


105 :日出づる処の名無し:2008/08/08(金) 23:05:10 ID:ngPzyenZ
>>103
>>91のような在日工作員は他人と意見のキャッチボールができません。
他人の意見を認めることは自分の弱みを見せるという認識しか持てないのでしょう。


106 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 04:14:37 ID:/6cm2D+7
油ぎった傲慢な親米ポチ売国奴はそんなに
中朝が憎たらしいなら自分たちで民兵をつくって戦ってこいよ

107 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 04:31:28 ID:54lf2kg6
バーカ!

108 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 04:42:07 ID:hDxJ9oTM
おいおいちょっと待てって。
「英霊」にふさわしい一般兵士と、
ムチャクチャな作戦立てまくって「英霊」を殺した軍や政府のエリートを、
一緒くたにするのは、論理的にも感情的にもおかしいだろ?

おかしいと思わないやつは、官僚や財閥に殺されるコマになってるんだ。
精神的にね。

そこのところをきちっと区別しないと、本当の意味での「愛国」なんてないぜ。

109 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 04:59:06 ID:DgnJgdUs
日本は当時も民主国家だよ。

110 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 05:24:39 ID:TlVEMCtR
108様に同感です、勉強します。

111 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 05:38:44 ID:DgnJgdUs
俺たちは悪くない。
連中が悪いんだ、って?

恥ずかしくて、赤面しちゃうな。

112 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 11:12:12 ID:BrD3Uzcd
>>108
そりゃちょっと無責任かと。
太平洋戦争開戦時に国民がアメリカの経済制裁などで物凄い閉塞感を感じて開戦の際に物凄い開放感を感じたという
一般市民の証言はいっぱいありますよ。
ナチスの真似して喜んでいた軍や政府のエリート連中はカスだが、連中にだけ
戦争の原因があるというのは浅すぎる見方かと。
ハルノートを起草したヤシがソ連のコミンテルンのスパイだった事とか蒋介石の
アメリカでのロビイスト活動や中国共産党の日本軍と国民党を噛み合わせて
漁夫の利を得ようとした戦略や、スターリンがドイツと日本から挟撃されるのを
恐れて尾崎秀美などを使って日本を対ソ戦から南進戦略に転換させようと
工作したことなどを総合的に判断して前の戦争は一体何だったのかを
右左の思想関係なしに総括しなければならないと思います。


113 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 12:02:34 ID:/6cm2D+7

歴史は侵略者が作るものだ
曽我大王の歴史は焚書にあって残っていない
日本書記は朝鮮から渡ってきた藤原一族に都合のいい歴史だ
つまり歴史を学べば学ぶほど侵略者を支えてしまうのだ
歴史を知らないことは愛国者の証であるといえる


114 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 12:31:01 ID:jYkbYJzv
蒋介石との日中戦争の時、目に見えるのは中国兵相手の戦いですが
資金、兵器は米英からのもので、日中戦争は間接的に米英との
戦いでした。
米英との開戦して、はじめて真の敵を目の当たりに出来ますた。

115 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 14:58:36 ID:yIWYzdQi
ミッドウエイ海戦大敗後の陸軍参謀本部には皇道派軍人の勢力と、
ソ連型軍政国家を是とし天皇無きナショナリズムを唱える勢力(226事件から続く貧農出身の青年将校)の台頭があった。
スターリン・毛沢東ラインのコミンテルン工作に翻弄された日本の諜報処理能力の限界に起因する訳なのだが・・・
陸軍参謀本部に二つのイデオロギーが存在し、それも極右と極左の異常なイデオロギー対立。

終戦間際には万歳突撃による玉砕、自爆テロ思しき特攻攻撃、本土決戦一億総玉砕論・・・
と次第にレーニンの「敗戦革命論」に傾斜して行く軍執行部。
他方アメリカは、焼夷弾による無差別都市部大空襲と原爆投下で、陸軍にはびこる敗戦革命論を
数百万人以上の日本国民の命と引き換えにいみじくも叩き潰し、天皇の玉音放送、無条件降伏に至らしめた。

終戦間際に死を覚悟の上での特攻攻撃戦死者達は戦に勝利する為ではなく、自らの命と引き換えに
戦後は本来の真っ当な日本の姿に変革する事を夢見てその先駆けになる為に散っていったという。


116 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 19:48:27 ID:ajIY+y2f
>>112
総合的に判断して、やっちゃいけない戦争だっただろ。
>ハルノートを起草したヤシがソ連のコミンテルンのスパイだった
>中国共産党の日本軍と国民党を噛み合わせて漁夫の利を得ようとした戦略
>スターリンが尾崎秀美などを使って日本を対ソ戦から南進戦略に転換させようと工作したこと
要は、馬鹿な日本軍が共産主義者に騙されて、日本兵だけで200万もの死者が出る戦争に突き進んだと。
つーか、騙されたとはいえ、アメリカ相手に戦争するか? 何考えてたんだろ。バカw

こういう馬鹿な行為は、二度と繰り返しちゃいかんというのが教訓。
「自衛のためだった」とか言ってるアホは、共産主義者に騙されてたことに気づいてないのかねw

117 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 19:54:43 ID:kwAnzhDN
その共産主義者に未だに騙されてるブサヨって何?

118 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 20:32:58 ID:yIWYzdQi
>>116
>つーか、騙されたとはいえ、アメリカ相手に戦争するか?

独ソ戦を戦っていたスターリンにとって最悪のシナリオは、ドイツと同盟を結んでいる日本が背後からソ連を攻撃すること。
当時のソ連は日独両面攻撃に耐えうる軍事力を持っていなかったからだ。
満州国側から日本軍の攻撃を受けると、対ドイツ戦線は維持できず国家存続の危機に至ると言う危機感があった。

その結果ソ連は日本に北進策を断念させ、南進策から対米開戦に突き進むようあらゆる工作を講じることになる。
ゾルゲグループや尾崎秀実らは日本政府・陸軍参謀本部直結の工作組織網を構築。
他方米国にも親ソ共産主義者を中心に様々な工作を展開、その一端はホワイトハウスの中枢部分にも及ぶ。

その最重要人物がハルノートの実質的な立案者である、ハリー・ホワイト財務次官補である。
日本に対米開戦を決断させ、ソ連を背後から脅かす脅威を取り除くことが、共産主義者である彼の主たる目的。
ハルノートは日本が到底受け入れられない、米国の最終通告文となってしまった。
スターリンの思惑通りに展開した日・米両帝国主義国、結果もスターリンの思惑通りに進展した。

119 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 20:43:54 ID:TkV39gOg
日本人を売るニポン人は日本人じゃないのは常識。
売国奴どもは日本のためと綺麗ごといいながら
日本を売ってるよね?

120 :日出づる処の名無し:2008/08/09(土) 20:49:18 ID:TkV39gOg
http://jp.youtube.com/watch?v=bkZN-nvNo8E

121 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 00:44:27 ID:pYg0SJ48
>>119
だから、日本人はいつまで在日の通名を許しておくつもりなのか。
通名なんて、犯罪と脱税の温床だろ。


122 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 06:18:10 ID:ccdI9A0G
>>1
歴史の知識は外国人でも得ることが可能です。ok

123 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 14:32:20 ID:HjIv2ZZE
dataやinformationの取得は容易いだろうが、時の流れの息づかいや、細胞一つ一つに染み渡る確実に存在はするが
言語に形容しがたい、 何かや、長大な時間と多大な人を介して編み込まれた文化やインテリジェンスなどをみたとき、それらの取得は
その国に根ざし、その国を愛している者にしか取得出来ない。日本は、これらを取得するに十分に足る、他国に大きく抜きん出た確か
で名実なものがある数少ない国の一つであることは間違いない。これらを知らない者、スレタイを借用すると、日本の歴史を知らない者
は、いわば、これらの継承者たる日本人ではない。朝鮮半島の人間達の、自国の歴史を持たない、或は、自国の歴史を知らない事に
起因する、自国の歴史の捏造、他国の歴史への介入・破壊・改竄と比してみれば明らかに日本は豊かな国である。

124 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 14:36:38 ID:DtamC7rt
>>122
大東亜戦争は防衛戦争だったとか、日本はアジア解放のために戦ったとか、
そういう理解を外国人が持つことは不可能だろうw

一部の日本人にしか通用しない歴史知識ってものもあるんだよ。ok

125 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 14:43:04 ID:61EYFoiw
>一部の日本人にしか通用しない歴史
>一部の日本人にしか通用しない歴史
>一部の日本人にしか通用しない歴史
>一部の日本人にしか通用しない歴史


櫻井女史に言わせると「チャンネル桜と愉快な仲間たち」の俺様歴史が日本人の証明かとw

126 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 15:19:20 ID:o5BU60Li
>>118
>その最重要人物がハルノートの実質的な立案者である、ハリー・ホワイト財務次官補である。
 日本に対米開戦を決断させ、ソ連を背後から脅かす脅威を取り除くことが、共産主義者である彼の主たる目的。
 ハルノートは日本が到底受け入れられない、米国の最終通告文となってしまった。
 スターリンの思惑通りに展開した日・米両帝国主義国、結果もスターリンの思惑通りに進展した。


ヴェノナ文書ですね。
アレかなーり衝撃的でした・・・・

127 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 16:21:01 ID:DtamC7rt
ハルノートの為に日本が対米開戦を決断したなんて、
まさに、一部の日本人しか知らない知識だろうなあ。

「中国から手を引かなければ経済制裁を継続する」って程度の話
日本がアメリカの軍事的脅威にさらされた訳でもない。
それなのに、圧倒的な軍事力の差があるアメリカに戦争を仕掛けてしまう。
この考えは、日本人でなければ理解できないだろう


128 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 16:42:22 ID:UGgYPYi1
仮に今、
中国政府がアメリカ企業に中国から撤退しろと言ったら
中米戦争だろ。

129 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 17:32:57 ID:o5BU60Li
>>127
ぶっちゃけハルノートを「最終勧告」と勘違いした日本の官僚どもに開戦の
最大の責任があると思います。


130 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 19:15:32 ID:DtamC7rt
>>129
そんな考え方すると、日本人と認めてもらえなくなるぞw

131 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 19:55:31 ID:QJfIkRSW
思うに、近衛文麿と松岡洋右がいなければ、駐米大使野村吉三郎と米国務長官ハルの会談で提案された
「日米諒解案」を叩き台に日米交渉が円満締結され太平洋戦争は回避できたかもしれない。

同案には、支那大陸からの段階的な撤兵、日独伊三国同盟の形骸化と引き換えに、アメリカ側の満州国の
事実の承認、日本の南方における平和的資源確保にアメリカが協力、等の項目が盛り込まれていた。
しかし松岡はこの案に猛反対、自らが心血注いで成立させた三国同盟を有名無実化させること、そして何
よりも外交交渉が松岡の不在の間に頭越しで進められることに自身の自尊心が許さなかった。

しかし開戦した独ソ戦によって、松岡のユーラシア枢軸構想自体、その基盤から崩れ去り、締結したばかりの
日ソ中立条約を破棄して対ソ宣戦することを閣内で主張。
対米交渉では強硬な「日本案」を米国に提案するなど、その反米外交施策も冷静さを欠き混乱を招くこととなる。

「昭和天皇独白録」にも「松岡は帰国してから別人の様に異常なドイツびいきになった、恐らくはヒットラーに
買収でもされたのではないかと思われる」、「松岡はソ連との中立条約を破ることを私の処に言ってきた、こん
な大臣は困るから私は近衛に松岡を罷めさせるように言った」と記されている。

そんな松岡を重く取り立て日本の命運を任せる外務大臣の要職につけ、優柔不断な態度で日米交渉に心血を
注がず、太平洋戦争への道筋を付けたのがコミンテルン工作員をこよなく愛した近衛文麿である。
独自の北進論を唱えた松岡洋右外相を更迭後、南進論の豊田貞次郎海軍大将を任命、すでにドイツに降伏し
ていたフランスからインドシナの権益を奪い、南部仏印進駐を実行しサイゴンへ入城。

その後、近衛はようやく日米首脳会談による開戦回避を決意し、対支那撤兵による交渉に道を求めたが、これ
に反対する主戦論者東条英機陸相らは内閣総辞職か国策要綱に基づく開戦を近衛に要求。
結局近衛内閣は何もかも投げ出し総辞職する。
東条内閣の誕生となり米国の手厳しいハルノート提示で日米交渉は事実上決裂。

近衛は幾度と無くあった日米交渉の有利なチャンスを自らの懐刀松岡や、強硬な主戦論者東条らの強硬姿勢に
押し切られ内閣を投げ出し、無謀な対米開戦への門戸を開いた張本人の一人である。




132 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 20:24:07 ID:pYg0SJ48
>>124
>大東亜戦争は防衛戦争だったとか、日本はアジア解放のために戦ったとか、
>そういう理解を外国人が持つことは不可能だろうw

「日本の戦争目的がアジア解放だったことは明らかで、
今や世界の常識であり、学校でもそう教えています。」
(ミャンマー教育省副局長 トンカイン)


133 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 20:31:03 ID:pYg0SJ48
「日本に占領された国々にとって、第二次世界大戦とは、ある面では日本の
軍事的南進という形をとり、他面では近代化した日本の精神的、技術的面との
出会いであった。日本が戦争に負けて日本の軍隊が引き上げた後、アジアに
残っていたのは外ならぬ日本の精神的、技術的遺産であった。この遺産が
第二次大戦後に新しく起こった東南アジアの民族独立運動にとって、どれだけ
多くの貢献をしたかを認めなければならない。日本が敗戦国になったとはいえ、
その精神的遺産は、アジア諸国に高く評価されているのである。」
アリフィン・ベイ(インドネシア、ナショナル大学日本研究センター所長・政治学博士)


134 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 20:34:51 ID:pYg0SJ48
日本の某代議士の「過ぐる大戦において、わが国は貴国に対しご迷惑をおかけして
申し訳ありませんでした」という挨拶に対して

「どうしてそういう挨拶をなさるのですか。あの大戦で日本はよくやったでは
ないですか。マレー人と同じ小さな躰の日本人が、大きなイギリス人を
追い払ったではありませんか。その結果、マレーシアは独立できたのです。
大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、その他の東南アジア
諸国の独立も考えられないんですよ」
ガザリー・シャフェー(マレーシア、元外相、アセアン創設によりハマーシェルド賞受賞)


135 :日出づる処の名無し:2008/08/10(日) 22:13:16 ID:tkajmyb2
教育が人間をつくるからな
日本を悪と考え属国状態を肯定する親米ポチも
GHQのつくった日教組に洗脳されている売国日本人だし

136 :日出づる処の名無し:2008/08/11(月) 10:20:39 ID:5dw7BryF
>>130
ハルノートを日本の官僚が最終勧告だと勘違いしたのは堺屋太一氏なども
昔から指摘してるよ。


137 :日出づる処の名無し:2008/08/11(月) 13:06:33 ID:TmVhf6KW
近衛が戦争回避の最終手段として画策した、
昭和天皇とルーズベルトのさしのトップ会談が実際に行われていたならば展開は大きく変わっていただろうね。
結局、対米主戦派の陸軍売国馬鹿軍人に潰されたんだがw

138 :日出づる処の名無し:2008/08/11(月) 13:24:11 ID:qZt7LgMe
>>137
バカ軍人という意見には同意。
だが、「売国」ではない。少なくとも、日本の国益を考えていたはず。


139 :日出づる処の名無し:2008/08/11(月) 13:42:00 ID:TmVhf6KW
結果売国行為に至った、国を導くもの先の先を見通す力量が無いなら勝負すべきではない。
国体は博打にあらず!!

売国軍人のノータリン戦争のお陰で、勇気ある精鋭がいかに無駄死にしたのか。
今日の日本人が軟になったのは、勇敢な武士達が先の戦争でほとんど戦死し、
その偉大なDNAを引き継げなかったことにに起因する。

我々日本人は今現在もその結果を引きずっているのだ!

140 :日出づる処の名無し:2008/08/11(月) 14:29:36 ID:AI3mzVRu
日本は朝鮮人にとっては満州みたいな入植地なんだよ
経済の時代だから軍事介入などせずに
市場原理にもとづいて安い労働力を大量に送り込んで日本占領ができる

141 :日出づる処の名無し:2008/08/11(月) 15:20:17 ID:5dw7BryF
>>137
ルーズベルトは強烈な反日家だったけど、昭和天皇は実は一番日本の状況を把握していたと
思しき言葉を遺してる人なので展開が大きく変わったのは確実でしょうね。
>>138
>対米主戦派の陸軍売国馬鹿軍人

尾崎秀美とかにコントロールされて南進路線に切り替えて国政においては
ナチスの真似して喜んでた連中ですから。「売国」じゃないけど「バカ」だったと思います。
>>139
戦前の軍部が何故駄目になったのか?という質問にある方が「儒教の科挙のように
試験の結果で出世が決まってしまう仕組みにしてしまったからだ」と答えてました。
今の日本の官僚どもと重なる欠点だと思います。


142 :日出づる処の名無し:2008/08/11(月) 16:13:27 ID:TmVhf6KW
>>141
>「売国」じゃないけど「バカ」だったと思います。
馬鹿が国政を担う事、それすなわち売国行為以外の何物でも無い!

143 :日出づる処の名無し:2008/08/11(月) 16:18:51 ID:TmVhf6KW
その結果として日本は、米国や支那や朝鮮やロシアが心から喜び小馬鹿にする
何処を見渡しても去勢された宦官しか見当たらない腰ぬけ国家になり下がったのですよ。

144 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 08:26:15 ID:H1qg25dm
 
★東条元首相、終戦直前の手記みつかる 敗戦責任を国民に転嫁★

日経ネット 2008年08月11日 07時00分
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080812AT1G1000I11082008.html

 太平洋戦争開戦時の首相、東条英機陸軍大将が終戦直前の1945年8月10日から14日の間に
書き残した手記が国立公文書館(東京・千代田)に所蔵されていることが分かった。

 手記では終戦に反発し、ポツダム宣言受諾に至る背景として「国政指導者及び国民の無気魂」を挙げる
など責任を転嫁、軍人の論理に固執する考えが見られた。   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 東条元首相の手記はA級戦犯被告として巣鴨拘置所で書かれたものがあったが、終戦間際の
手記の存在が明らかになったのは初めて。

145 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 11:13:16 ID:QvePlSXD
>>104
別荘地で主君が下郎に労働させ快適なリゾート生活を享受するのは当然のことです。

146 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 13:11:38 ID:HgMIwj4V

米中に占領されると自虐史観をおしつけてくるが
ロシアだったらおしつけてこないから愛国心は保障される
日露国益保障条約を締結すればいい
ロシア統治の優秀さはオセチア国民が証明済みだ


147 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 13:50:18 ID:yVMyxZwB
>>146
君の場合、日本が占領されるなら、あとはどうでもいいみたいだね。

148 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 14:21:06 ID:k7FbaCXt
在日作家が書いたフィクションを元にした映画、日本ユニセフは現実として宣伝、なおかつ募金活動って・・・

ギャグですか?

「闇の子供たち」が映す臓器移植の課題
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080805/167273/

>---映画では、子供の心臓移植とともに、臓器売買の問題を描いていますが、現実にはない、
>これは映画のフィクション部分というのは、どこなんでしょうか。
>「まずはタイで、日本人が心臓移植を受けた例はないということですよね。
>次に、心臓移植を受けようと思っている子供の両親が、よその子供を殺してまで自分の子供を助けたい、
>精神的にそう思っている人は、一人もいないということです。
>親だから、子供をなんとしても助けたいという思いはあっても、みんな我慢して死んでいっている。
>人を殺してまで、生きたい、生かしたいという親はいません。
>もう一つ、心臓移植はリスクが高すぎて、儲けということでは成立しないかもしれない。
>というのも、心臓移植をしようと思ったら、心臓を止めている間に人工心肺の器械を動かしていないと
>いけないし、手術するためにはたくさんの人がいる。
>腎臓移植なら、ある程度うまい人がいたら、助手と二人で手術をすますことができる。でも心臓の手術は
>ぜったい少人数ではできませんから。それはありえない」
>心臓麻酔の専門医と、人工心肺の器械をまわすのに1人、手術医が3人と看護婦という具合に計算していくと、
>エキスパートが8人は揃わないと心臓移植は行えないという。
>「8人を口止めして、儲けも出そうなんて考えたら、ビジネスとして儲からへん。それに、見つかったとき
>には心臓だったら死刑でしょう。タイの外科医といえばエリートの人たちです。その人たちがいくらなんでも、
>そんな危ないことに手を貸すとは思えない。映画では、なんらかの事情があってということにしているけれど、
>そこは医療の現場にいる者の目からすると、映画のフィクションといえるでしょう」

日本ユニセフ協会
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/advocacy/movie080701.html
闇の子供たち 2ちゃんねるスレ
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1218068174/

149 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 14:42:07 ID:H1qg25dm
 
映画「闇の子供たち」来月公開 〜取材でフィリピンの児童売春店に行ったら、なんと客の90%が日本人〜
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1216123016/

150 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 16:18:19 ID:yxQLjqgk
コミンテルン第6回大会で、「帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめ、戦争を通じてプロレタリア革命を遂行する」と決議。
これは日独と米英の間で「帝国主義戦争」が始まれば、共産主義国ソ連は安泰、また帝国主義戦争の敗戦国ではその混乱に乗じ共産主義革命を奨めることができるという戦略。

1935年コミンテルン第7回大会では、中国共産党と国民党が手を組み共に日本と戦うという方針が決議。
中国共産党に対して日本帝国主義打倒のための民族解放闘争をスローガンとし、抗日人民戦線運動を巻き起こすことが命ぜられる。
中国共産党は同年抗日救国宣言を発し、一切の国内闘争の即時停止、全面的抗日闘争の展開を企図する、これは蒋介石を取り込んで日本軍をソ・満国境から遠ざけようという戦略であった。

1936年12月突如西安事件が勃発、共産軍掃討を続けていた蒋介石が、抗日救国宣言に呼応した張学良に西安で監禁される。
周恩来ら中国共産党幹部が西安で蒋介石と交渉を行い、以後蒋介石は共産軍との10年に及ぶ戦いを止め、国共合作が実現。
その後、支那事変、南進方針決定、日米開戦と事態はスターリンの思惑通りに展開。

上記のコミンテルン決議を知っていた尾崎秀實は、監禁された蒋介石の安否が不明の段階で、中央公論に「蒋介石が国共合作を条件に、無事釈放される」と予測する論文を掲載。
この予測が見事に的中し、尾崎は日本における中国問題専門家としての地位を固める。
1937年ごろから尾崎は「昭和研究会」に入り、支那問題研究部会の中心人物として活躍。
この「昭和研究会」は軍部と密接な関係を持ち、近衛新体制の生みの親となり大政翼賛会創設を推進、一国一党の軍部官僚独裁体制をつくり上げた機関だ。
近衛の信頼を得た尾崎は朝日新聞社を退社し近衛内閣の嘱託となり、首相官邸地下の一室にデスクを構え、秘書官室や書記官室に自由に出入可能となる。

まさに首相官邸とクレムリンに、「赤」のホットラインが引かれた瞬間であり、それを手助けしたのが陸軍参謀本部に巣食う売国馬鹿将校達であった。

151 :乃木希典  阿南惟幾  東條英機:2008/08/12(火) 16:29:21 ID:0DSakBjW
東條英機(*1)にはつぎの三人の息子がいた。
 
  長男 英隆 (ひでたか、1911年5月9日生、*2)
  次男 輝雄 (てるお、1914年9月23日生、*3)
  三男 敏夫 (としお、1925年11月9日年、*4)
 
長男、次男は士官学校進学を志望したが、父英機は弱視を口実に兵役義務のない技術系に
進学させ、それぞれ鴨緑江発電、三菱重工業に勤務して無難に終戦を迎えた。
 
三男だけが陸軍士官学校に進学し、卒業後陸軍兵長、陸軍伍長を経て陸軍軍曹になったが
陸軍は父英機の意向をくみとって戦線に出さずに安全な後方配属のまま終戦を迎えた。
 
これと対照的なのが日露戦争の第三軍司令官乃木希典(まれすけ、*5)大将と、
1945年8月15日に 「一死をもって大罪を謝し奉る」 と遺書をしたためて自決した最後の陸軍
大臣阿南惟幾(あなみ これちか、*6)である。
 
乃木希典は日露戦争に出征した長男勝典(かつすけ)と次男保典(やすすけ)を戦死で失った。
また阿南惟幾の次男惟晟(陸軍砲兵少尉)は昭和18年(1943年)に日中支常徳作戦で戦死した。
 
 *1 http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/human/to/hideki.html
 *2 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010475515
 *3 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E8%BC%9D%E9%9B%84
 *4 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E6%95%8F%E5%A4%AB
 *5 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%83%E6%9C%A8%E5%B8%8C%E5%85%B8
 *6 http://www.tocatch.info/jp/%E9%98%BF%E5%8D%97%E6%83%9F%E5%B9%BE.htm

152 :A 級戦犯は日本の恥である :2008/08/12(火) 16:34:09 ID:Fh0/t43B
 
A 級戦犯は日本の恥である。
 
日本は第二次世界大戦で敗北した。
歴代の陸軍・海軍大臣は敗戦の責任を取るべきであった。
 
責任をとったのはただ一人、阿南惟幾(あなみ これちか)陸軍大臣だけであった。
阿南陸軍大臣は 「一死以て大罪を謝し奉る」 との遺書を残し、
日本降伏の日 (昭和20年8月15日) 朝、敗戦の責任を一身に負って割腹自殺を遂げた。
誠に武士 (もののふ) に相応しい、あっぱれな最期であった。(享年58歳) 
 
他の歴代の陸軍・海軍大臣はおめおめ、生きながらえて、
極東軍事裁判でつべこべ助命を嘆願した。
 
東條英機にいたっては連合国軍最高司令官総司令 (GHQ) の逮捕命令が出された同年9月11日に
装飾拳銃で自殺を図ったが、未遂に終わった。
焼け跡で疲弊・困窮の暮らしを強いられていた国民大衆は 「狂言自殺」 と嘲笑した。
 
http://homepage3.nifty.com/mrbfkisami02/page012.html

153 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 17:14:07 ID:ndx8oaqn
フランスの哲学者からの引用だったと思う。

154 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 17:56:37 ID:AXb9MLLt
>>151
東條英機とその長男英隆との親子仲は冷え切っていたんじゃなかったか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E7%94%B1%E5%B8%83%E5%AD%90
なお、彼女の父・東條英隆は東條英機の長男であるが、父英機とそりがあわず、軍人にはならなかった。
就職に際しても父の世話になることはなかったが、就職先が満州国警務部であったため、
当時関東軍参謀長であった英機は彼の就職が自身のコネ・身贔屓の結果と取られることを嫌い、
彼を免職にするか永久に昇給停止にすることとを人事担当者に要求した。
(この指示は結局無視された)この出来事は両者の亀裂を決定的にし、戦後英機が巣鴨プリズンから、
面会を期待する旨の連絡を英隆に送った際も、
「何を未練がましいことを言うか」などと述べ、周囲を驚かせたという。

155 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 17:57:17 ID:HRBNt0Gl
>>152
>極東軍事裁判でつべこべ助命を嘆願した。

ソースは?
自決は立派だが、法廷闘争も大事だろ。


156 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 18:04:15 ID:XKCGcx9k
>>146
シベリア抑留された日本人が共産主義思想で洗脳された順に帰国を許された事とか
きちんと認識した方がいいですよ。


157 :日本の歴史を知る日本人はどんどん消えていって:2008/08/12(火) 18:05:09 ID:y+ks0e+L
 
櫻井よしこのようなゲテモノがはびこる。
  http://society6.2ch.net/test/read.cgi/korea/1203163779/226-228
 

158 :日出づる処の名無し:2008/08/12(火) 19:21:18 ID:sQOJGAWY
中国でオリンピックやってる影響なのか?
ブサヨや在日たちが妙に活発になってるように感じるな
しかも昼間に
あいつら仕事してないのか?

159 :君の場合、日本が占領されるなら:2008/08/12(火) 19:23:35 ID:y+ks0e+L
 
>>147 日本軍がやったみたいにやられてもいいみたいだね。
    http://society6.2ch.net/test/read.cgi/korea/1203163779/239


160 :日出づる処の名無し:2008/08/13(水) 12:59:38 ID:W31pj+WO
>>156
いつの時代のロシアだよw
今のロシアはG8にも入ってるんだけど

>>159
オセチア国民はロシアに反感や恨みをもってないが?
ソ連と間違えてんのかね〜w

161 :日出づる処の名無し:2008/08/13(水) 13:43:34 ID:aO6DK5hJ
>>160
イギリスに亡命したロシア人の元スパイを見せしめのために放射性物質で
殺すのを国のトップであるプーチンが指示してる時点でロシア人の本質は
旧ソ連時代からな〜んにも変わってないと思いますが?
亡命した人間を消す時点でテロ国家ですよ。


162 :日出づる処の名無し:2008/08/15(金) 00:56:06 ID:saEQYs1i
>>150
確か近衛内閣で閣議決定した支那事変不拡大方針を覆し、
陸軍参謀本部の作戦部長武藤が提唱した上海攻略案・南京追撃案
のバックボーンにある「対支一激論」は尾崎秀實の工作だったよな。

それに「一億総玉砕方針」を参謀本部に働きかけたのが、
スターリンを支持するコミニスト西園寺公一。

日・独・伊三国同盟にソ連を加えたユーラシア枢軸構想の
四国同盟に夢を託した松岡洋右。

盧溝橋以降、ハルノート提示、本土決戦、昭和天皇の遅すぎた聖断
大日本帝国政府の中枢部は赤一色に染まってたってわけだな。


163 :日出づる処の名無し:2008/08/15(金) 01:14:56 ID:WfWc4/ih
英米よりロシアのほうが少し強いんじゃないかな最近は

164 :日出づる処の名無し:2008/08/15(金) 01:15:01 ID:JOe8kZjf
どっちかっつーと、
囲碁のヨセな感じじゃないか。

核の長城で世界分割とかってなると、
半島が大陸側に取り残されるが。

165 :日出づる処の名無し:2008/08/15(金) 01:15:35 ID:JOe8kZjf
あ、日本が核武装した場合ね。

166 :日出づる処の名無し:2008/08/15(金) 09:55:27 ID:Xa12lF/o
>>163
軍事的な視点で言えばロシアではアメリカには全く歯が立たない。
湾岸戦争・イラク戦争で米軍のハイテク戦の恐ろしさを見せ付けられたから
アメリカに喧嘩売るのはありえんかと。


167 :日出づる処の名無し:2008/08/16(土) 11:23:00 ID:NsjwJeU0
昭和天皇は、敗戦必至という近衛文麿の申し出に対し、「今一度戦果を上げてから・・・」
と仰せになり近衛の終戦要求を蹴った?とされているのだが。
これが、東京無差別大空襲から都市部無差別爆撃そして広島・長崎原爆投下までの
民間人大量殺戮に至り、「遅過ぎたご聖断」だったとする天皇に対する責任論を云々
する議論は今も尽きない。

近衛上奏文が天皇に奏上されてから、玉音放送まで米軍の市民無差別攻撃に対する
半年間に渡る政府・参謀本部の不可解な沈黙から、本土決戦一憶総玉砕に至る過程で
誰が・何時・何故、米・英・支・蘇に対して無条件降伏を決断したのか・・・
昭和史の最大の謎である。


168 :日出づる処の名無し:2008/08/16(土) 12:00:32 ID:GwKEooT2
そし わけの分からぬ神格化した国家像。その幻想と美学に自己陶酔してしまい、実際に生きる人々や戦う兵士たちの
現実を見失ったカルト教祖の末路を感じるね。↓


★社説:東条英機が感じた「責」とは?★

毎日新聞 2008年8月15日 0時20分
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20080815k0000m070147000c.html

 「もろくも敵の脅威に脅(おび)え簡単に手を挙ぐるに至るがごとき国政指導者及国民の無気魂なりとは夢想だもせざりし」。
先ごろ見つかった東条英機元首相の終戦間際の手記の一節である。国の惨状をよそに継戦を主張する軍人の虚勢とも
いえるが、首をかしげるのはそれに続く言葉だ。

 「これに基礎を置きて戦争指導に当りたる不明は開戦当時の責任者として深くその責を感ずる」
                                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 では何に対し責任を感じたというのだろう。天皇というなら、非難している戦争終結の決断をしたのは天皇だった。
「無気魂」の国民に責任は感じないだろう。文脈を見れば戦没者に対してとも思えない。何か観念的な国家を思い浮かべたに
せよ、国民がダメなのを知らずに開戦した責任をわびねばならぬ国家とは何なのか? ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 戦記作家の伊藤桂一さんは、元首相が陸相当時に示達した戦陣訓を陸軍の一兵卒として一読し、すぐ破り捨てたそうだ。
辛酸と出血を重ねる戦場の兵に何の同情も理解もなく、高みから督戦するだけの文章に感じたのは「羞恥(しゅうち)」だという。

 同じ軍人への戒めでも明治の軍人勅諭には伊藤さんが共感する精神性があった。だが戦陣訓は生身の兵士が守れもしない
空文を羅列するだけで、人間的なものを欠いている。それを得々と配る指導者の愚かさと、その下でも力戦する兵の衷情を思い、
激しい嫌悪にとらわれたのである。(「兵隊たちの陸軍史」新潮文庫)

 では人の運命をのみ込む巨大機構のとんでもない無責任や非人間性は、今日の私たちに無縁か。戦争で落命した300万
以上の同胞と、それを大きく上回る他国民の魂の平安を祈る日に、改めて胸に手をあて考えたい。
て、その亡霊を現代の「バカの壁」がせっせと崇める構図。

169 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 00:21:57 ID:pDCdMMHy
>>167
だから〜、
天皇は専制君主じゃないんだから、
天皇の一存で開戦や終戦が決まったわけじゃないんだって。
何度言えば・・・



170 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 05:53:40 ID:oEHVqsFY
>>166
イラク戦争は、ハイテク戦の弱さが曝け出された感じだけどな。
いくらピンポイント爆撃しようが、無意味に殺戮を行うだけで、イラクを掌握することはできなかった。
結局、IEDによるゲリラ戦には為す術なしってのが実情。イラク戦争は米軍の負け戦。

171 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 06:17:14 ID:z6UoCtu5
>>170
ベトナムの再現なだけか?
(結果、アメが勝ってるはずなんだが)

172 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 07:30:16 ID:+fTfH2Fu
  
戦争を知らない世代が、中韓に対する感情的反発が引き金となって血塗られた
歴史をなんとか覆い隠せないかと悶々とする日々。
 
やがて、都合のいい部分だけをつなぎ合わせたり、捏造を加味しているうちに、
どうにかこうにか仲間内では一見筋が通りそうな歴史を創造してしまう。
 
悲惨さは覆い隠され、幻想的な美意識だけが脳を支配するトランス状態に。
こうなると真摯な意見は受け付けず、真実の歴史も断固拒否である。
 
もはや、戦争の実態とはかけ離れ、美化された歴史のみに酔いしれる


     壮  大  な  集  団  妄  想


 

173 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 07:44:20 ID:aF+VcT6n
>>172
よく判らないんだが

日 本 は 朝 鮮 に 何 か 悪 い 事 し た の か ?

174 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 07:54:54 ID:+fTfH2Fu
  
戦争を知らない世代が、中韓に対する感情的反発が引き金となって血塗られた
歴史をなんとか覆い隠せないかと悶々とする日々。
 
やがて、都合のいい部分だけをつなぎ合わせたり、捏造を加味しているうちに、
どうにかこうにか仲間内では一見筋が通りそうな歴史を創造してしまう。
 
悲惨さは覆い隠され、幻想的な美意識だけが脳を支配するトランス状態に。
こうなると真摯な意見は受け付けず、真実の歴史も断固拒否である。
 
もはや、戦争の実態とはかけ離れ、世界との共有認識も捨て去り、
独自の美化された歴史のみに酔いしれる。


    「  壮  大  な  集  団  妄  想  」

  

175 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 08:03:24 ID:aF+VcT6n
戦争を知らない世代が、日本に対する感情的反発が引き金となって血塗られた
歴史をなんとか覆い隠せないかと悶々とする日々。

やがて、都合のいい部分だけをつなぎ合わせたり、捏造を加味しているうちに、
どうにかこうにか仲間内では一見筋が通りそうな歴史を創造してしまう。

悲惨さは覆い隠され、幻想的な美意識だけが脳を支配するトランス状態に。
こうなると真摯な意見は受け付けず、真実の歴史も断固拒否である。

もはや、戦争の実態とはかけ離れ、世界との共有認識も捨て去り、
独自の美化された歴史のみに酔いしれる。


    「  壮  大  な  集  団  妄  想  」

何の違和感もないな、むしろこっちの方が正しいよ

176 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 08:11:28 ID:+fTfH2Fu
>>175

ほう、興味深い。。。

たった、ひとつの単語を入れ替えるだけでも意味が通じる。
両者、よく似ているんだねww

177 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 08:23:28 ID:FTy+u4ai
>176
というかそのままでも、中国と韓国ってお互い忌み嫌ってるんだなあとか思えたよ。
主語がないから狙ってるんだろこれ。

178 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 08:27:06 ID:aF+VcT6n
>>176
ごめん、もう一つ単語替えないと正確でなかったね

団塊の世代が、日本に対する感情的反発が引き金となって血塗られた
歴史をなんとか覆い隠せないかと悶々とする日々。

やがて、都合のいい部分だけをつなぎ合わせたり、捏造を加味しているうちに、
どうにかこうにか仲間内では一見筋が通りそうな歴史を創造してしまう。

悲惨さは覆い隠され、幻想的な美意識だけが脳を支配するトランス状態に。
こうなると真摯な意見は受け付けず、真実の歴史も断固拒否である。

もはや、戦争の実態とはかけ離れ、世界との共有認識も捨て去り、
独自の美化された歴史のみに酔いしれる。


    「  壮  大  な  集  団  妄  想  」

179 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 08:31:52 ID:+fTfH2Fu
>>178

ほう、興味深い。。。

たった、ふたつの単語を入れ替えるだけでも意味が通じる。
日本と韓国、両者のネットウヨって、ほんとよく似ているんだねww
 

180 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 08:34:47 ID:aF+VcT6n
団塊の世代がネットウヨクだったんだ、へー知らなかった

181 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 08:38:21 ID:+fTfH2Fu
 
団塊でサヨクからウヨに転向した西尾とか藤原とか赤尾とか・・・。
今、暴れてるウヨのほとんど団塊だよね。
新風とかのラインナップ観ても一目瞭然だし。

まあ、あの世代は、いつの時代もゴミだから。

182 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 09:08:03 ID:0NdE+y3w
朴は団塊世代の馬鹿サヨクです??

183 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 09:21:18 ID:oEHVqsFY
美食を知らない日本人が、空腹に対する身体的反発が引き金となって血塗られた
鳥ガラをなんとか覆い隠せないかと悶々とする日々。
 
やがて、都合のいい具材だけをつなぎ合わせたり、調味料を加味しているうちに、
どうにかこうにか仲間内では一見喉を通りそうな味を創造してしまう。
 
貧しさは覆い隠され、幻想的な化学調味料だけが味覚を支配するトランス状態に。
こうなると真摯な意見は受け付けず、真実の栄養も断固拒否である。
 
もはや、中華麺の実態とはかけ離れ、世界との共有認識も捨て去り、
独自の美化されたラーメンのみに酔いしれる。


    「  壮  大  な  集  団  妄  想  」

184 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 09:52:44 ID:IRkmB0DM
>>170
貴方は「戦争」と「治安維持」を混同してます。
戦争に関してはハイテク使用の米軍にイラク軍は殆ど何も出来ませんでした。
治安維持に関してはあれはアメリカのイラク占領政策の無策ぶりが最大の原因かと。


185 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 09:58:53 ID:oEHVqsFY
>>184
貴方は「戦闘」と「戦争」を混同してます。
戦闘に関しては確かにハイテク使用の米軍にイラク軍は殆ど何も出来ませんでした。
戦争に関してはアメリカのイラク占領政策の無策ぶり最大の敗因かと

186 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 17:24:25 ID:Zw2qIbpw
諸君、貴い犠牲なんて無い。戦争反対!
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/

187 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 22:34:51 ID:pDCdMMHy
>>186
戦争を起こさないためには、戦力の均衡が必要なんだよ。
近年の中国の軍拡は異常。
戦争反対するなら、自衛隊を応援しろよ。


188 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 22:38:18 ID:+fTfH2Fu
世界最大の「麻薬密造軍団」をルーツにもつ軍隊を?

189 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 22:46:37 ID:bPFY+w8Q
・・・中国は、
あれだけ揺すぶられても、
まだまだ元気みたいだな。

190 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 22:52:47 ID:pDCdMMHy
>>188
自衛隊じゃ不満か?
もう一つ新たに軍隊作れってか。過激だなw


191 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 22:58:51 ID:bPFY+w8Q
敵が多くて大変なんだろ。
知らんけど。

192 :日出づる処の名無し:2008/08/17(日) 23:50:26 ID:N/IOn+mP
>>188
阿片戦争から満州事変、支那事変までの阿片と支那軍閥の関り、
それと阿片と八路軍の関りを精査しろ!
断片的なTV放送を全て鵜呑みにするネットキムチ低脳振りwもう少し賢くなれよw


193 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 04:23:11 ID:+58C6hEO
>>192
NHKの特集番組は面白かったぞ

関東軍の戦費捻出に阿片での利益が上がっていた事を強調しつつ、
欧米列強が植民地支配を行なう過程で阿片の販売が旧植民地地区で蔓延していたこと。

蒋介石を含む中国の軍閥も阿片で軍費捻出を行なって居たが、
蒋介石は国際世論の時流に乗り、日本を孤立に追い込む為に阿片の販売を止めたこと。
戦時下でも蒋介石の意向に反し中国の軍閥の中にも阿片で戦費を捻出してた者が居たこと。
中国国内では日本軍が発行した国債よりも阿片の方が金銭的価値が高かったこと。

等、時代背景と日本(関東)軍の愚行の両面にキチンと触れていたので昨晩の番組は俺は評価するぞい



194 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 04:34:42 ID:5DMP5i+i
あんな番組見ると日本も負けて当たり前というか、
昔も今と同じで外交が下手だなと思うよ。
あと内閣に力がないとことか。
何でロシアや清に勝ったんだろうね。
どっちも元々崩壊しかけてたんかな。

195 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 05:43:28 ID:KioOhE5C
  
戦争を知らない世代が、中韓に対する感情的反発が引き金となって血塗られた
歴史をなんとか覆い隠せないかと悶々とする日々。
 
やがて、都合のいい部分だけをつなぎ合わせたり、捏造を加味しているうちに、
どうにかこうにか仲間内では一見筋が通りそうな歴史を創造してしまう。
 
悲惨さは覆い隠され、幻想的な美意識だけが脳を支配するトランス状態に。
こうなると真摯な意見は受け付けず、真実の歴史も断固拒否である。
 
もはや、戦争の実態とはかけ離れ、世界との共有認識も捨て去り、
独自の美化された歴史のみに酔いしれる。


  <<<  壮  大  な  集  団  妄  想  >>>


   

196 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 05:49:51 ID:KioOhE5C
だから、

一昨日放送した
NHKスペシャル 「果てなき消耗戦 証言記録 レイテ決戦」や
昨日放送した
NHKスペシャル 「果てなき消耗戦 証言記録 レイテ決戦」などは

基本的に観ない。観ればトランス状態が崩壊するからである。
しかし、まだわずかでも「?」という人間としてアタリマエの心を
持つ人は、勇気を出して観たことだろう。

トランス状態は崩れ、美化された歴史に疑念が生じる。
自己洗脳は解けようとしている。

勇気を出して、もう一歩踏み出してみよう。
その勇気を持たなければまだ妄想の世界に引き戻されてゆくのだから。

197 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 05:51:27 ID:KioOhE5C
>昨日放送した
>NHKスペシャル 「果てなき消耗戦 証言記録 レイテ決戦」などは

訂正

昨日放送した
NHKスペシャル 「調査報告 日本軍と阿片」
 

198 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 09:04:40 ID:OZZ7rkwK
在日朝鮮人諸君!朝鮮の正しい歴史も知っておけよ

紀元前108年〜220年:漢(植民地) 
221年〜245年:魏(植民地) 
108年〜313年:晋(植民地)
314年〜676年:晋宋梁陳隋唐(属国)  
690年〜900年:渤海(属国)
1126年〜1234年:金(属国)
1259年〜1356年:モンゴル(属国)
1392年〜1637年:明(属国)
1637年〜1897年:清(属国)
1897年:下関条約により清の属国から開放される←←←←←←ココ重要!
1903年:ロシア朝鮮半島を南下。日本の尽力によりロシアの属国化を回避
1905年〜1945年:日本(保護国、併合)
1945年〜1948年:アメリカ(非独立)←←←←←←ココも重要!

1948年:大韓民国成立(アメリカ軍による朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)
1948年:軍事独裁政権誕生

1948年:済州島4.3事件 3万人虐殺
1950年:朝鮮戦争 400万人殺し合い
1950年:保導連盟事件 30万人虐殺
1951年:国民防衛軍事件 10万人虐殺
1951年:居昌事件 8500人虐殺

1979年:軍出身の大統領政権誕生
1980年:光州事件 600人虐殺
1993年:初の文民政権誕生←←←←←←韓国は民主化してまだ15年しかたっていないのです!
1997年:アジア通貨危機・国家財政崩壊によりIMFを通じ日本に土下座
2008年:再び国家財政崩壊によりIMFおかわりするも却下。土人国家に逆戻り

199 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 09:14:44 ID:6KrzxXD9
>>196

一言で言うと、戦争末期は苦戦したって話でしょ

200 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 09:28:48 ID:KioOhE5C
自国の戦争史は全く無知なくせに、韓国人よりも韓国の悲惨な歴史には詳しいネットウヨw
日本を捨てて韓国逝けよ。

ばっかじゃねーのw



201 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 09:29:33 ID:KioOhE5C
 
「日本の歴史を知らない人間は日本人じゃない」

まさにそのとおりだね。

ネットウヨ(笑)

202 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 09:33:10 ID:6KrzxXD9
まあ他国の歴史を知れば、いかに日本が恵まれているか判るし

203 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 13:15:24 ID:EITR81u9
NHKの9条維持キャンペーン番組で今更のように踊る輩こそ歴史認識が足らんぞ。

日中戦争と阿片の関りは巣鴨裁判を考察していれば
関東軍と阿片の関係が法廷で論争されたことは衆知の事実だよ。

当時支那での関東軍が大本営の援助を受けずに独自に戦線を維持する為には
蒋介石軍や他の軍閥、共産党八路軍の手法を模倣することはある意味当然の選択だったんだがね。

ただ結果だけを見て日本だけが悪と結論付けをするのはねえー
満州事変以前から阿片づけ植民地統治を行った英国やオランダも、
関東軍と同時期に阿片をフル活用していた蒋介石も毛沢東もその件でお構いなしだったわけで。



204 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 20:55:27 ID:G6gJMD3K
>>203
日本が悪いとか、英蘭や軍閥が悪いとか、そういう悪人探しじゃないだろ
異国を阿片使って侵略するような行為が、人間として許されるかどうかって話だ。
誰がやろうが、悪事は悪事。

だれも日本が悪だったなんて言ってない。日本が悪事に手を染めたと言ってるだけ。

205 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 21:15:28 ID:AP904VvA
>>204
それも少し違う。その当時はそれが許される時代だったと言うだけのことだよ
人類は少しだけ賢くなってそれが悪いことだと認識できる様になった
今の問題はこの時代の倫理について行けない中国とかロシアの様な国にそれを判らせること
過去の人間は救えないけど、今生きている人間はどうにか出来る可能性がある

206 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 21:16:33 ID:oYeVVsAd
まさか、喫煙が悪の時代が来るとは思わなかった。

207 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 21:20:26 ID:qNTKkcx8
>>204
ああ、英国は酷い国だねえw

208 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 21:44:01 ID:G6gJMD3K
>>205
その時代だって、許されない行為だろうが。
日本軍の悪事のおかげで、大勢の人間が苦しんだんだぜ。

今の俺たちが謝る必要はないけど、悪事は悪事として学ぶべきだろ。
じゃないと「当時は悪事じゃなかった」みたいなアホな歴史観の奴が出てくるから困る。

209 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 21:45:29 ID:oYeVVsAd
とりあえず、英国の意見を聞こう。
話は、それからだ。w

210 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 21:55:49 ID:AP904VvA
>>208
覚醒剤がヒロポンって名前で、大手製薬会社から販売されていた時代だが何か?
ヒロポンは戦後になっても合法だったんだよ


211 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 21:56:38 ID:oYeVVsAd
人間は、眠らないと壊れる。

212 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 21:59:00 ID:k/hAhxS9
歴代天皇の名前も言えないし、歴代総理大臣の名前も言えない。
ちばに住んでるのに群馬と栃木が右か左か上か下かも判らない。

こんな俺でも日本人です。本当にカンサハムニダ。

213 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 22:01:20 ID:oYeVVsAd
誰も日本を覚えている人がいなくなったら、
日本は消えてなくなっちゃうっててことだろ。

214 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 22:05:02 ID:G6gJMD3K
>>210
覚醒剤が合法だったから、阿片の密売が許されるとでも?
アホじゃねーか

215 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 22:10:16 ID:oYeVVsAd
鯨を殺すのも、煙草を吸うのも、
許されないって話かな。

216 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 22:18:36 ID:bp+/cwqb
>>213
結局ね、「民族」って歴史と伝統文化を共有してる人たちの集団という訳なんですよ。
そういう意味で言うなら文化大革命で伝統文化を消してしまった中国人はもう共産党の
アジテーションとしての民族意識しか持つことが出来なくなってる訳です。


217 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 22:33:06 ID:G6gJMD3K
>>216
文革程度で消えてしまうほど、中国文化はヤワじゃない。
むしろ始皇帝が焚書坑儒やったのと同じで、文革も中国の悪しき伝統の一部。
そう言えば、魯迅の「阿Q正伝」なんて、まるで文革の出来事みたいだよなw
まあ、あれが中国なんだろ。


218 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 22:45:46 ID:AP904VvA
>>217
中国は宗とか明の時代で止まった国なのかもしれないよ
清の時代には完全に日本に抜かれて、未だに追いつけていない
彼らの民度を見ると、中国が世界をリードすることは当分無いんじゃないかな

219 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 22:52:56 ID:G6gJMD3K
>>218
追い抜いた日本は伝統文化を捨ててしまった部分が大きいわけで、
結局、国際化と伝統文化は両立しえないものなんだと思う。

中国は、どんなに国際化しようとあがいても、伝統文化に埋もれてしまう
日本は、どんなに伝統文化を守ろうとしても、国際化の波に逆らえない。

どっちが良いか悪いかって話じゃなく、それぞれの国の宿命みたいなもんだと思う

220 :日出づる処の名無し:2008/08/18(月) 23:23:10 ID:1tZKnVLN
>>218
民度の高さだけが世界をリードする原動力じゃないんですよ…
日本はこれで世界に認められたのは事実ですし、
そして今の日本人がこれに再び拠ろうというのはわかりますが…

ああ、今、日本は東のイギリスになる分水嶺に立っているのですね。


221 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 01:48:35 ID:vJ5TB0Ih
>>195
刮目に値する

自らを見失うと朝鮮クズどもと同類にまで落ちた自分をも認識出来なくなる

しかし、過去についての客観的且つ冷静なデータと分析によって、自虐史観や、戦勝国による、History=His Storyからは
早急に脱却しなければならない

222 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 03:00:39 ID:gf5E5Rjm
>>217
>文革程度で消えてしまうほど、中国文化はヤワじゃない。

お前、文革でどれくらい殺されたか知らないだろ。
第二次世界大戦の全世界の犠牲者と同じかもっと多いんだぞ。
しかもな、殺すだけじゃなく食ってる。



223 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 05:06:01 ID:+vZhXqpm
伸びてると思えば正論厨かよ

224 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 07:47:37 ID:I+u8mDuY
>>222
中国の歴史では、よくある事だろ

225 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 08:28:11 ID:kRFZANm/
「日本の歴史を知らない人間は日本人じゃない」ということで
では、日本の負の歴史をきっちり見つめようか、という話をすると

いきなり「中国や韓国の負の歴史にはやたら詳しい」レスで
埋め尽くされるというw


226 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 09:22:47 ID:G6MfCaH+
何処の国もそうだよw

国家の中心性から不味い歴史はゴマカシすっとぼける。

227 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 09:41:55 ID:six3KkR5
日本は中国と韓国に侵略をした。
日本人が謝罪を続けない限り、日本人は彼らに何をされても文句は言えない。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=904076186&owner_id=147405

228 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 09:52:10 ID:kRFZANm/
>日本人が謝罪を続けない限り、日本人は彼らに何をされても文句は言えない。

恐らく、日本人が一番恐れている論法なのだろうけど
それは100%無いな。

どんな残虐行為を他の民族に行っった歴史を有していても
その罰として滅ぼしてよいなどという権利はどの民族にも国にも無い。
そのようなことをすれば、当然自衛権が行使される。




229 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 09:56:48 ID:six3KkR5
>>228
言いたいことがあるならこちらでお願いします

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=904076186&owner_id=147405

230 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 11:13:34 ID:XZPIP8wO
>>214
当時は阿片も合法だったのでは? シャーロックホームズも阿片を吸っていたし

231 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 11:19:50 ID:XZPIP8wO
>>227
別に? 朝鮮を彼等の求めに応じて併合してあげたり、イラクや中国に治安維持のために
兵隊を派遣したり、時には中国に侵略戦争仕掛けられ自衛のために反撃したりしたけど。

232 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 12:35:29 ID:XZPIP8wO
調べたらシャーロック・ホームズはコカイン常習者でした。イギリスでは阿片は痛み止め・咳止め薬として、薬局やパブで公然と市販されていた。

日本においては、阿片は医師処方による薬剤指定とされ、販売から規制する方法がとられた。
ちなみに禁止されるようになったのは1948年の麻薬取締法施行以後のことで医療用を除く麻薬類の製造・輸入・販売・所持は全面禁止となる。

233 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 13:38:50 ID:six3KkR5
自分のじいちゃんばあちゃん、ひいじいさん、ひいばあさん
それらを殺されたりレイプされたり
家財を略奪されたりしている訳だ
そんな恨み、そう簡単には消えないぞ

アナタは、自分の家族がレイプされたり殺されたりして
しかも相手が自分は悪くないと言ってるのに
それを許せるのですか?

かたちの上で、小手先では謝罪をしたかも知れないが
「日本の独立をしっかりと守り、平和な国として、
まわりのアジアの国々と共に栄えていくためには、
戦わなければならなかったのです」

などと、歴史の事実を捻じ曲げ
戦争をやむえなかったものと言ってる靖国神社に
政治家が終戦記念日に参拝している

こんな状況で、中国がいつまでの戦争の恨みが消えるわけがない
日本の国旗くらい、投げつけたくなるわな


朝鮮を植民地にしなければ、日本を守れなかったという
歴史学の研究、見解って一切ないんだな
実証的な証明って何もないわけですよ
もっと分かりやすい言葉で言うと、証拠がないんですよ

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=904076186&owner_id=147405

234 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 13:42:27 ID:NmFxPOWY
当時と今で何が違うかと言うと、
少なくとも日本は「自立した経済圏」を、
自前で持とうとは思ってない、ってことだよ。

それこそが肝心な点なんだけど。

235 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 13:52:39 ID:XZPIP8wO
>>233
虐殺は通州事件の話かな? 

236 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 13:59:50 ID:gf5E5Rjm
>>233
それは日本も同じこと。通州事件を忘れるな。
それに、韓国併合は朝鮮が望んだことだろ。謝罪する必要はない。


237 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 14:03:37 ID:gf5E5Rjm
中国は通州事件について、一切謝罪しないよな。
それで一方的に日本に謝罪しろとは、どうなってんの?

朝鮮も、戦後のどさくさでやらかした悪事には頬かむり。
強盗、殺人、強姦、駅前の一等地を不法占拠。
在日は一回でも謝罪したのか?
今からでも白日の下に明らかにしようぜ。



238 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 14:05:41 ID:gf5E5Rjm
終戦後、内地に引き上げる途中で一番強姦を働いたのは、
中国人でもロシア人でもなく、朝鮮人だったと聞いたことがあるぞ。

謝罪まだ〜?


239 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 14:15:16 ID:NmFxPOWY
国家と戦争しか見ない人たちは、
経済圏(帝国)と貿易が見えてないから、
本質を見誤ってるんじゃないか。

「問題な部分」だけ見てると、
肝心の本質を見逃すことになるし、
また同じ問題を繰り返す。

戦略で重要なのは、軍事的知識よりも、
経済や地理や歴史や文化、とかとか、
じゃないかな、なんて思ったりする。

240 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 14:20:52 ID:ojHv+NwU
創価学会から、池田大作から、未だ、謝罪どころか、説明すら無い。
この偽宗教、犯罪者集団は、正式に裁判で負けない限り、どんな悪事でも
責任は取らないと思う。それは、昔から変わらない。
所詮は、金儲け第1主義の朝鮮系犯罪集団だからさ。

241 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 14:24:28 ID:NmFxPOWY
そういや宮沢賢治も法華経の信者だっけ?
満州なんかも、ある種の理想主義に基づいてた、
って読んだ覚えはあるけど、どうなんだろね。

まあ、個人的には全く関係ないけど。

242 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 15:02:00 ID:hbe4P+8n
>>224
中国共産党とそれ以前の王朝の最大の違いは農村社会の構造にまで手を突っ込んだ事です。
歴代王朝の元では地主層を社会を安定させるため温存してきたので彼らが中国の伝統文化の
継承を担っていた部分が大きかったのを、毛沢東は地主を皆殺しにして彼らの財産を没収し
共産党の財源にし、土地を小作人に与える事で支配を確立した訳です。


243 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 15:39:12 ID:L5SYaHdH
『高麗伝』から
 高宗十八年(1231)十二月二十三日、(蒙古の)使者が来た。曰く、「崔から進上された貢物は、
 欲しくないものばかりだ。別の財宝を持ってくるがいい。また戦いが長引き、兵士の衣服がすべて
破れているので、 百万人分を調達せよ。馬一万匹を選んで持ってくるように。
王子・王女などはもちろん、身分が高い家から子女を供出せよ。 また男女一千人を選び、
蒙古皇帝に贈ること。これらは迅速に行え。」
 高宗十九年(1232)四月、高麗は蒙古に使者を送って奏上した。
高麗王は、「臣」と称した。
 曰く、「要求された貢物が多すぎて調達が困難である。現在集め得たものを贈るので、
事情を考慮願いたい」云々と。


244 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 17:15:27 ID:QTaqw74r
【日本滅亡】 国民は強盗で生活するようになります

1 :名無しさん@3周年 :2008/08/19(火) 17:01:18 ID:5vN6MtrP
我国はもう、完全に終わってます

国家転覆してもムダです

資源もないのに、

こんな狭い国で人口多すぎですね

本土決戦やって、もっと戦死すればよかったですね

これから殺しあって、人口が減ると良いですね

http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1219132878/

245 :日出づる処の名無し:2008/08/19(火) 17:21:49 ID:I+u8mDuY
>>236
>通州事件を忘れるな。

この板にも通州事件のスレがあったけど、あのスレは忘れられたみたいだぞw
まともにレスがつかなくなって久しい

246 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 00:57:54 ID:MOC0+RVp
社会科では、太平洋戦争のことは結構細かくやるのに、
日中戦争はあまりやらないよな。

日本軍が中国の都市を全土にわたって、攻略と占領を繰り返し、
虐殺と強姦を行なった、日本の歴史の恥部。

247 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 01:48:10 ID:Wk7+2w3n
>>246
お前も戦後日教組教育の被害者なんだなw
同情するよ!

これからは自分自身で歴史を検証し、
正の遺産と、負の遺産をきちんと精査する事だな。
頑張ってもう少し賢くなろうねw

248 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 01:56:47 ID:2qRCpnFL
一応、貼っとくか。


〓〓通州事件〓〓

 日本は傀儡国家「満州国」を建国した後、満州と中国の境界付近の通州に「冀東防共自治政府」という傀儡政権を作った。
そこで中国に対する密貿易を公然と行い、アヘンを輸出してボロもうけをしていた。しかし1937年7月に盧溝橋事件が
起こったあと、民族意識に目覚めた保安隊の一部が決起し、在留日本人を襲い、約200人を惨殺した。

 この事件は日本にとっては飼い犬に手を噛まれたも同然であり、しばらくは新聞発表を伏せたほどであった。この後、
「冀東防共自治政府」の殷汝耕主席は日本に陳謝し被害者に賠償して、この事件は決着する。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日本の新聞はあとになって「中国人部隊」がやったと事実関係の一部を伏せて発表し、日本人の反中国感情を煽った。
このため、南京戦に加わった将兵の中には通州事件の仇をとったという者さえいた。

 この通州事件を南京事件と対比させる者がよくいるが、通州事件は日本が作った傀儡政権の兵士の暴走であり、
中国政府とは無関係である。                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 南京事件は日本の正規軍による大虐殺事件であり、南京事件とは決して相殺すべきものではない。また、通州事件は
当事者である傀儡政権が陳謝と個人賠償をしてけりがついているが、南京事件の当事者であった日本軍と日本政府は
事件について陳謝も個人賠償もしてはいない。その点でも二つの事件の性質は異なっている。


南京事件FAQ
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%c4%cc%bd%a3%bb%f6%b7%ef%a4%c7%c1%ea%bb%a6%a4%cf%a4%b5%a4%ec%a4%ca%a4%a4

249 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 02:50:06 ID:Wk7+2w3n
支那人による残虐性を見せつけられた通州事件

通州とは、現在の北京市の東約12kmにあった現在の北京市通州区北部の中心都市である。
当時ここには、日本の傀儡政権であった冀東防共自治政府が置かれていた。
1937年7月約3000人の冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が、華北各地の日本軍留守部隊
約110名と婦女子を含む日本人居留民(当時、日本統治下だった朝鮮出身者を含む)約420名
を襲撃し、約230名が虐殺された。これにより通州特務機関は全滅。

事件の原因は、日本軍機が華北の各所を爆撃した際に、通州の保安隊兵舎をも誤爆したことの
報復であるとする説明が一般的だった。

近年は反乱首謀者である張慶餘の回想記により、中国側第二十九軍との間に事前密約があった
との説が有力になっている。

なお、中国側ではむしろ「抗日蜂起」と看做されている。

一部で「通州虐殺事件」は「第二の尼港事件」とも言われ、「殺され方が極めて残虐であった」とさ
れ日本の対中感情は大きく悪化した。
その後1937年12月冀東政府と日本側との間で交渉が成立、冀東政府は日本側に正式陳謝の上
120万円の賠償金を支払い事件は解決する。

近年ではこの事件に対する報道は日中両国で皆無であり、歴史の闇に埋もれようとしている。

250 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 02:59:56 ID:2qRCpnFL
↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6


このページは荒らしや編集合戦などのため、方針に基づき編集保護されています。
現在の記述内容が正しいとは限りません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

251 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 03:09:43 ID:mJNN4cQv
>>250
お前が貼っている電波ページより余程信頼できるがな
そこの記述嘘だらけじゃん

252 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 03:12:51 ID:Wk7+2w3n
>>248の糞コピペより遥かに正確な解説だな!

>南京事件の当事者であった日本軍と日本政府は
>事件について陳謝も個人賠償もしてはいない

支那側は日本に対して南京事件を取り上げて、しゃざい・保障しろ
とは一度も言っていない。
日本政府も南京事件の支那側の調査結果を、丸呑みの是とはしていない。
保障ではなくODAと言う形で援助が続いている。



253 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 03:51:59 ID:MOC0+RVp
なんだ関東軍の傀儡政権がやったことか。

254 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 04:16:14 ID:WCEB8dbb
>>248
通州事件で実際に虐殺があったことは詳細な記録に残る事実だが、
南京事件では虐殺が実際にあったのか、存在自体に疑いがもたれている。
確かに、相殺できるようなものじゃないよな。


255 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 04:20:15 ID:WCEB8dbb
「旭軒(飲食店)では40から17〜8歳までの女7、8名が皆強姦され、
裸体で陰部を露出したまま射殺されており、その中4、5名は陰部を
銃剣で刺殺されていた。商館や役所に残された日本人男子の死体は
ほとんどすべてが首に縄をつけて引き回した跡があり、血潮は壁に
散布し、言語に絶したものだった。」


256 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 04:21:56 ID:WCEB8dbb
「近水楼入口で女将らしき人の死体を見た。足を入口に向け、顔だけ
に新聞紙がかけてあった。本人は相当に抵抗したらしく、着物は寝た
上で剥(は)がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、4つ5つ銃剣
で突き刺した跡があったと記憶する。陰部は刃物でえぐられたらしく、
血痕が散乱していた。帳場や配膳室は足の踏み場もない程散乱し、略
奪の跡をまざまざと示していた。女中部屋に女中らしき日本婦人の4つ
の死体があり、全部もがいて死んだようだった。折り重なって死んで
いたが、1名だけは局部を露出し上向きになっていた。帳場配膳室では
男1人、女2人が横倒れ、或(ある)いはうつ伏し或いは上向いて死ん
でおり、闘った跡は明瞭で、男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣の
ようだった。女2人はいずれも背部から銃剣を突き刺されていた。階下
座敷に女の死体2つ、素っ裸で殺され、局部はじめ各部分に刺突の跡を
見た。1年前に行ったことのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸
の死体があった。その裏の日本人の家では親子2人が惨殺されていた。
子供は手の指を揃(そろ)えて切断されていた。南城門近くの日本人
商店では、主人らしき人の死体が路上に放置してあったが、胸腹の骨
が露出し、内臓が散乱していた」


257 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 04:35:07 ID:MOC0+RVp
いわゆる、まぼろし派か

258 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 05:33:06 ID:WCEB8dbb
「守備隊の東門を出ると、ほとんど数間間隔に居留民男女の惨殺死体
が横たわっており、一同悲憤の極みに達した。「日本人はいないか?」
と連呼しながら各戸毎に調査していくと、鼻に牛の如く針金を通された
子供や、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦等の死体が
そこここの埃箱(ゴミばこ)の中や壕(ごう)の中から続々出てきた。
ある飲食店では一家ことごとく首と両手を切断され惨殺されていた。
婦人という婦人は14、5歳以上はことごとく強姦されており、全く見る
に忍びなかった。旭軒では7、8名の女は全部裸体にされ強姦刺殺されて
おり、陰部に箒(ほうき)を押し込んである者、口中に土砂をつめて
ある者、腹を縦に断ち割ってある者など、見るに耐えなかった。東門
近くの池には、首を縄で縛り、両手を合わせてそれに8番鉄線を貫き通
し、一家6人数珠つなぎにして引き回された形跡歴然たる死体があった。
池の水は血で赤く染まっていたのを目撃した」

259 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 05:35:44 ID:WCEB8dbb
>>257
便衣兵を即決処刑することは、それが数万人でも虐殺とは呼ばない。
中国では、もともと「虐殺」とは言ってないしな。


260 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 07:13:05 ID:MOC0+RVp
秦郁彦氏の推計では、便衣兵よりも、軍服を着て集団で投降した兵士の方が多く殺害されていたそうだ

261 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 07:53:41 ID:2qRCpnFL

 日本が満州事変いらい十数年にわたって中因を侵略し、南京事件をふくめ中国国民に
多大の苦痛と損害を与えたのは、厳たる歴史的事実である。それにもかかわらず、中国
は第二次大戦終結後、百万を越える敗戦の日本兵と在留邦人にあえて報復せず、故国
への引きあげを許した。昭和四十七年の日中国交回復に際し、日本側が予期していた
賠償要求もしなかった。当時を知る日本人なら、この二つの負い目を決して忘れていない
はずである。

 それを失念してか、第一次史料を改竄してまで、「南京”大虐殺”はなかった」といい張り、
中国政府が堅持する「三十万人」や「四十万人」という象徴的数字をあげつらう心ない人々
がいる。                                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 もしアメリカの反日団体が日本の教科書に出ている原爆の死者数(実数は今でも不明確だが)
が「多すぎる」とか、「まぼろし」だとキャンペーンを始めたら、被害者はどう感じるだろうか。

 数字の幅に諸論があるとはいえ、南京で日本軍による大量の「虐殺」と各種の非行事件が
起きた事は動かせぬ事実であり、筆者も同じ日本人の一人として、中国国民に心からお詫び
したい。そして、この認識なしに、今後の日中友好はありえない、と確信する。

                               (秦郁彦 『南京事件』中公新書 p244)



この「あげつらう心ない人々」ってネットウヨたちのことだよね?

262 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 07:56:40 ID:5xI8Rc9h
外国から侵略されたら、軍服が無くとも抵抗したり、侵略者を襲ったりくらいするだろ。
傀儡政権作れば、日本の民間人を傀儡政権が守ってくれるとか、
首都を侵略しても、軍服を着て戦争してくれるとか、そんなことを期待する方がおかしい。
スポーツやってるんじゃないんだぞw

よその国を侵略しといて、その国の抵抗方法にまで注文付けるなよw
嫌なら、侵略しなければ良いだけの話だろ。

263 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 08:13:47 ID:2qRCpnFL
〓〓ネットウヨが、よく持ち出す「便衣兵」について〓〓

南京城内の敗残兵が「便衣兵作戦」というものを計画していたとか、南京城内で日本軍が私服による
戦闘行為に遭遇したという記録はない。

「便衣兵」とは、日中戦争当時の用語では「便衣隊」という。「便衣」とは平服という意味であり、
「便衣隊」と呼ばれるものには

  1.一般市民が武器を取って抵抗するもの
  2.軍隊が一般市民に偽装して作戦を行うもの

の2種類がある。

 当時の国際法では、敵軍が突然侵入してきた場合に一般市民が武装して抵抗することは許されている
(ハーグ陸戦規約第2条)。軍人が市民の服を着てはいけないという国際法はないが、軍隊が一般市民を
装って敵を安心させて攻撃することは禁じられている。(ハーグ陸戦規約 第23条ロ号)

 ネットウヨが言うころの、南京城内の「便衣兵」とは、日本軍によって南京を包囲された一般の兵士が
逃げ場を失い、日本軍に捕獲されれば必ず殺されると考えて、軍服を脱いで、市民に紛れ込もうとした
人々のことを、用語の定義を捻じ曲げて指している。

 圧倒的戦略差という現実の前に、武装抵抗に勝ち目が無いことを悟った中国兵は、武器を捨てて
市民に化けることで、日本兵に殺されずに済むと考えた。全ての兵士が交戦を放棄して市内に身を隠した。
当然、「便衣隊」としての交戦行為が行われた記録はどこにもない。南京城内には「便衣した兵士」はいたが、
「便衣隊の隊員である兵士」はいなかった。

 入城したした日本軍が、市内の中央広場で見つけたものは、中国兵が捨てて山積みされた武器であった。
この時点で、すでに中国兵が武装抵抗を放棄していることを日本軍は知っていた。


264 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 08:59:36 ID:WCEB8dbb
>>260
ハーグ陸戦協定では、正規の交戦者として認められるための4条件が定められている。
正規の交戦者でなければ、軍服を着ていても捕虜になることができない。

その条件とは、
1.部下の責任を負う指揮官が存在すること
2.遠方から識別可能な固有の徽章を着用していること
3.公然と兵器を携帯していること
4.戦争法規を遵守していること

便衣兵は当然認められない。
支那兵のほとんどは、軍服を着ていても上記の条件を満たしていなかった。
したがって、投降しても捕虜ではなく、便衣兵同様即決処刑されても虐殺ではない。


265 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 09:19:29 ID:5xI8Rc9h
>>264
よそ様の国の首都を侵略するのに、相手方に対して
識別可能な徽章をつけろとか、兵器を所持してるところを見せろとか
贅沢言ってるんじゃねえって感じだよなw

そんなに都合よく侵略されてくれる馬鹿がいるもんかw

266 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 09:48:39 ID:2qRCpnFL
 
〓〓ネットウヨが、よく言う 「投降なんか受けつける必要ないね」 について〓〓

 捕虜、民間人の保護は国際戦争法において人道を守るために設けられた最も大きな柱のひとつである。
ハーグ陸戦法規には以下のような「禁止規定」がある。

(ハ)兵器を捨て又は自衛の手段尽きて降を乞へる敵を殺傷すること
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(ニ)助命せさることを宣言すること
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 よって、投降した相手を殺害する行為になんら合法性は認められない。

 捕虜を受け付けることによってかえってその部隊が危機に瀕するときには、戦闘を継続することを認める
という学説も確かに存在する。しかしそれはあくまで陸戦法規が規定しえない例外について述べたものであり、
その部隊が危機に瀕することに対する十分な説明責任が生じる。

 一般的な戦闘において、形勢不利になったからといって、いきなり銃を捨て「俺を捕虜として取り扱え」と言い出す
投降者はいない。戦闘参加者は相手から殺される不安があるからこそ、死に物狂いで戦っている。

 たとえ手を挙げて投降の意思表示をしても、敵が撃ってくるのではないかと常に恐れている。どのように
抵抗しても全く勝ち目がなくこのままでは全滅すると観念したとき、初めてその恐怖を乗り越えて敵に投降するのである。

 南京の中国兵は、武器を捨て市民に変装して潜伏した者以外、自ら戦闘を放棄して日本軍に投降してきた
兵士が全てであり、当然陸戦協定によって生命は保護されなければならない。

戦史研究所よりハーグ陸戦協定
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/haug.htm

267 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 10:38:32 ID:6TpoYXrl
>>262 >>265
>軍服を着て戦争してくれるとか、そんなことを期待する方がおかしい。

別に軍服脱いで市民の中に潜んでも構わないけれど、そう言う便衣兵は戦争犯罪人・戦犯として合法的に処刑されるよ。

>>266
>南京の中国兵は、武器を捨て市民に変装して潜伏した者

・・・・は見つかり次第、当然死刑。

268 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 10:48:37 ID:6TpoYXrl
>>266
これもよく理解されていないことなのだが、指揮官が逃亡した軍隊では正式な降伏が出来ない。

唐生智は後任も決めずに自分だけ逃げ、その結果、南京に於いて組織としての中国軍は崩壊していた。

269 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 10:52:15 ID:5xI8Rc9h
>>267
合法的w

どんな裁判やったんだよw

270 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 10:57:05 ID:mJNN4cQv
>>269
あのー、南京大虐殺って言うのは「民間人を含む30万人が日本軍によって虐殺された」事件の筈ですよ
「1,2万の捕虜が殺された」って言うだけでは「南京事件」と呼称してください
文句があるなら中国共産党に言ってください

271 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 11:39:39 ID:6TpoYXrl
>>269
アノね、裁判は無用

> 「審判ヲ経ヘキ必要ナキ」(有賀長雄の「万国戦時公法 陸戦条規」)と明記した上で銃殺してかまわないと書かれています。

> 他にも高橋作衛の「戦時国際法要論」(1905年)にも、偵察や密使の処分について無裁判での殺害を認めた学説があります。

> いづれもハーグ陸戦法規と同時代(1899年第一回平和会議、1907年第二回平和会議)の学説

http://page.freett.com/souther/nankingwar1.html

272 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 11:40:06 ID:2qRCpnFL
石川達三『生きている兵隊』(中公文庫 1999)所載 
半藤一利「『生きている兵隊』の時代 解説に代えて」より抜粋
※半藤一利氏は、元『文藝春秋』編集長

----------------------------------------------------------------------

「昭和十四年二月に作成された陸軍省秘密文書第四〇四号
「事変地ヨリ帰還ノ軍隊、軍人ノ状況」
(原文はカタカナ)。

「戦闘間一番嬉しいものは掠奪で、上官も第一線では見ても知らぬ振りをするから、思う存分掠奪するものもあった。
ある中隊長は『余り問題が起らぬように金をやるか、又は用をすましたら後は分からぬように殺しておくようにしろ』と
暗に強姦を教えていた。戦争に参加した軍人をいちいち調べたら、みな殺人強盗強姦の犯罪者ばかりだろう」


 中国戦線にある日本軍の軍紀のゆるみは、個人のレベルではなく、すでに集団になっていることを、これらの
言葉は示している。

  (石川達三『生きている兵隊』(中公文庫1999)所載 半藤一利「『生きている兵隊』の時代 解説に代えて」より)

273 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 11:45:55 ID:Wk7+2w3n
>>261
>もしアメリカの反日団体が日本の教科書に出ている原爆の死者数(実数は今でも不明確だが)
>が「多すぎる」とか、「まぼろし」だとキャンペーンを始めたら、被害者はどう感じるだろうか。

アホコピペ厨、お前がいくらネットキムチでも、いい加減にしなさいよ!米軍が落とした原爆はな、いかほ
どの死傷者が出るのか米軍は予め予測済みで投下したんだぞ。
戦後も日米合同で被害実態の調査をしてるわけで、被害者数が多過ぎるとかの問題が起きるわけが
ないだろうw

南京事件は、支那共産党が根拠無く人数決定しているだけで、極東軍事裁判でも被害者数的な確た
る証拠は出ていないんだがな。
さらに言うと支那共産党のトップが変わるたびに、虐殺されたとする人数が乱高下する、これってメチャ
おかしいわなw

あんたはイデオロギーに色取られたバカコピペを集めるだけしか脳のないアホなんだな!

274 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 11:52:07 ID:6TpoYXrl
>>272
石川氏の小説本を書き写してナニをしたのか判らないが。


「私が南京に入ったのは入城式から二週間後です。大虐殺の痕跡は一片も見ておりません。何万の死体の処理はとても二、三週間では終らないと思います。
あの話は私は今も信じてはおりません」

石川達三氏談

275 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 12:03:43 ID:mJNN4cQv
>>273
つうか南京を広島に例えるなら、日本の首相が「広島では一千万人の市民が殺されて・・・」って演説ブッこいだぐらいに匹敵するよね
そりゃアメリカ大統領も「広島に一千万人もいる訳ねーダロ」って突っ込み入れるよ

276 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 12:12:24 ID:3mbqH9Pr
南京関連の数値の変動って、よーするに中共政府が自分自身でぬっころした人民数を計るバロメーターなんだよな。


277 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 12:15:03 ID:Wk7+2w3n
>>266
今更ハーグ規定の解釈論なんて無駄な議論は止めろ。
拡大解釈も縮小解釈も大いに可能でそれを想定したかのような100年前の単純な作文だよな。

つい最近もクリントン前大統領、オルブライト元国務長官、ブレア英首相、シュローダー独首相などなど欧米の名立たる指導者が「とある罪状」で告訴されているw
その罪状は、ハーグ規定、ジュネーブ協定その他国際法に基づく人道に対する犯罪、戦争犯罪、平和に対する犯罪でだ。
で、彼らがその罪を認めているとでもw有罪になるとでもw
もちろん、これらを審議できる法廷など世界に存在しないw国際戦犯法廷で裁かれるのは、あくまでも敗者のみなのだよw

ハーグ規定など南京進攻時の不法殺人の何の論拠にもならない代物、単なる過去の「ざる規定」に過ぎないのだよ。

虐殺肯定論者並びに不法殺害肯定論者の諸君。
左右様々な思想に基づいた学者、研究者の諸説をただ鵜呑みにし誇らしげに不法殺害の根拠とするのはもう止めろ。
元来拡大、縮小解釈が幾らでも可能な「ハーグ規定」の解釈論や、長らく占領軍の手の内にあり証拠価値の乏しい「戦闘詳報」の解釈議論も、もう止めにしろ。

虐殺、不法殺害をどうしても認めさせたいのならば、たった一つだけでいい、否定論者が絶句する決定的物証を提示して頂きたい、勿論、有ればの話だが。

それが出来ないのなら、推論や屁理屈で我国の先人達を犯罪者扱いしたり、冒涜する言動は慎まれよ!

278 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 12:29:01 ID:q6A3Gn5H
 
だから日本は北京オリンピックでメダルがすくないのですね。涙。
  http://society6.2ch.net/test/read.cgi/korea/1218849102/111

279 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 18:20:28 ID:5xI8Rc9h
>>277
>否定論者が絶句する決定的物証

否定論者は日記や証言ぐらいじゃ認めないからなあw
彼らを絶句させることなんてできるのか?

つーか、否定論者が絶句しない限り南京虐殺を認めないって、
随分と不公平な基準だと思うんだがw


280 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 18:36:56 ID:2qRCpnFL

テーブルひっくり返してふんぞり返ってるこのオヤジ>>277 なに?

281 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 18:40:22 ID:mJNN4cQv
いやだから、キリングフィールド並の遺骨の山さえ発掘できれば大丈夫だよ
遺体の検証さえ完璧なら否定派もぐうの音も出ないよ
でも、何故かこの話をすると、肯定派が「遺体の検証は無理ニダ」って逃げるんだよね
無理なのかはやってみなくちゃ判らないのに

282 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 18:50:09 ID:5xI8Rc9h
>>281
否定論者は、遺骨ぐらいじゃ絶句しないだろw

つーか、いっぱい遺骨は出てるんだが、何が不満なんだ?
質量ともに、否定論者の要求するレベルは、限りなく高いからなあw

283 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 18:51:39 ID:2qRCpnFL
>キリングフィールド並の遺骨の山さえ発掘できれば大丈夫だよ


じゃあ、これで決着だね。

南京大虐殺記念館、建設中に19遺体発見

考古学の発掘と史学、法医学の専門家らの鑑定を経て、南京事件の
被害者であることが確認された。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1213&f=national_1213_001.shtml

死骸の山はこちら
http://px820.onmitsu.jp/kankou/danvesha/danvesha01.html

284 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 18:59:00 ID:2qRCpnFL
>>277
>>281

早く「絶句」しろよw

285 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 20:59:50 ID:WCEB8dbb
南京というのは、過去数限りなく虐殺が行なわれてきた土地なんだが、
遺骨はどの「南京事件」のものかね?


286 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 21:05:03 ID:WCEB8dbb
・・・
1842年 英軍、南京突入、南京大混乱。 
1853年 太平軍、南京乱入。清軍南京略奪。
1862年 ウォードの常勝軍、南京(金陵)乱入。南京大虐殺。
1864年 曾國軍、南京乱入。南京大虐殺。
1911年 辛亥革命、南京略奪。
1927年 国民党の国民軍、南京占領。南京事件。日本人等に陵辱虐殺強奪を繰り返す。
1937年 日本軍、南京占領。南京事件。
1949年 中共軍、南京乱入、資本家の財産強奪、国民党員金持ちを大虐殺。
・・・


287 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 21:26:04 ID:2qRCpnFL
ネットウヨは、2時間絶叫して挙句、悔しくてやっとイジイジと言いわけ探し始めたって感じだねww


〓〓ネットウヨが、よくすっとぼける 「南京大虐殺だっていろいろあるし〜」について〓〓

 南京大虐殺は、日中戦争(当時は日本側は支那事変と呼んだ)初期の1937年(昭和12年)に日本軍が中華民国の首都
南京市を占領した際、約6週間 - 2ヶ月にわたって多数の中国軍捕虜、敗残兵、便衣兵及び一般市民を不法に虐殺したと
される事件をさす。

中国では南京大屠殺と呼び、欧米ではNanking AtrocitiesあるいはRape of Nankingと呼ぶ。日本では単に南京虐殺、
南京事件とも呼ばれる。南京事件という呼び方は、不法殺害の他に暴行・略奪・放火も含めて事件全体を論じる場合に
よく使われる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA



 13日に新館のオープンを控えている 「侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館」が10日、新館建設中に建設予定地から
19体の遺骸が発見されていたことを公表。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 考古学の発掘と史学、法医学の専門家らの鑑定を経て、南京事件の被害者であることが確認された。 ←★ここが決定的★
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  これらの遺骸は2006年4月21日に発見され、南京市公安局法医センターが鑑定。遺骸の格好が曲がっていたり、
折り重なるようになっていることから、非正常な死亡と非正常な埋葬だったとした。
  
  同記念館の朱成山館長は「新たに発掘された遺骸は歴史的価値があり、南京大虐殺を証明するとともに記念館が
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄
かつて虐殺の地であったことも証明された」と述べた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1213&f=national_1213_001.shtml

288 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 21:33:49 ID:772UKyTn
>>279
人に罪を着せるには、証拠を集め、それらのものについて
反対尋問をしっかり受けて、淘汰された事実を積み重ね
なければならんだろう

今まで60−70年の間、肯定派はなにやってきたのさ
オレなどは若いうちから「正義感」に駆られて日本の
したことについて”悪い”ことは認めて反省すべきだ
と思ってきたもんだが、学者らや作家らが挙げてきた
証拠とやらは反対尋問を受けるやすぐにボロがでる

おおかみ少年が嘘を繰り返したため、真実すら信じて
もらえない状況、こういう隘路に肯定派はみづから
入り込んでいるぞ


289 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 21:39:17 ID:2qRCpnFL
>>288
なんだそりゃ? 己の不勉強を人のせいにしてるのか?

 
〓〓ネットウヨが、よくのたまう 「はあ?大虐殺なんかあったのかよ?」 について〓〓

 南京大虐殺の存在は膨大な資料によって実証されている。被害者の中国人や第三者の外国人が残した資料だけではなく、
加害者にあたる日本軍の資料からも、事件の存在は明らかである。ここに陰謀論が入り込む余地などまったくない。

 南京大虐殺の「定義」は、研究者によって時期的範囲や地理的範囲、犠牲者の取り方などにずれがあるため一言で
説明することは困難である。しかし「1937年末から1938年初頭にかけて日本軍が南京で繰り広げた暴虐事件」という程度には
一致を見ている。各論者が述べる「犠牲者数」となると万単位で幅が出てくるが、事件そのものを否定するまともな研究者は
一人も存在しない。                                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 当然ながら日本政府も事件を否定する立場をとっていない。

外務省見解
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html

290 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 22:57:17 ID:Wk7+2w3n
>>289
下らんコピペ貼りにえらく熱心なID:2qRCpnFLクンよ。
コピペ厨のお前が上から目線で興奮している姿が多少ムカつくんだがw

自己満足コピペもいいが「否定論者が絶句する物証」はまだ見つからんのかね?
ま、何でもいいけど頑張って早く我々否定論者を絶句させてくれや!電波コピペクン!

再度お前の湧いた脳みそに叩き込んでおけよ!
半世紀以上も前の戦闘で、お手本通りの国際法が順守されたか否かは、
今となっては正確に検証しようもないし、又その必要も無い。

それは現在のアフガニスタン、イラク、アフリカ諸国、チェチェン、チベット・・・
等々でも同様のことが言える、各国の利害が激しく絡み「ハーグ規定」の順守
確認どころか、虐殺弾圧の有無の調査すらできない現状が真実の姿なのだ。

その様な中で、取り立てて半世紀以上も前の、何ら物的証拠のない南京での
不法虐殺の容疑者に日本国を仕立て上げようと、無用の空論陣を張る輩は
売国奴、外国人工作員と認定されても仕方あるまいな!w





291 :日出づる処の名無し:2008/08/20(水) 23:24:23 ID:2qRCpnFL
>>290
おいおい、君ののご希望通り「決定的物証を提示」してやって何が不満なんだ?
「絶句」するかしないかは君の勝手だが。
 引きつって8時間固まってたのか?w

基本的にバカは放置するが、今、君がなすべきことをしいてアドバイスするなら、南京大虐殺記念館にすっ飛んでいく。
そして遺骨の山が南京大虐殺のものではないことをどうにか知恵を働かせて立証する。それしか方法が無いと思うがね。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 それがムリなら、訪問したついでに事件で殺された被害者に対し、日本人の一人として深く冥福を祈る。

どちらかしかないと思うぞ。

292 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 00:09:51 ID:Ps4T7zBw
>引きつって8時間固まってたのか?

心配してくれてたのか電波クンw
実は女と2ショットでがっちり5〜6時間同化して固まってたんだよw
まそれは余談だが・・

兎に角あんたは南京事件の「まともな物証」を今後も探し続けるんだな、ただし捏造とこじつけはNGだぜw
俺は歴史的な物証が日の目を見るまで気長に待っていることにするさw

健闘を祈るコピペクン!!



293 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 00:12:12 ID:532qcy42
こうやってネットウヨは妄想の中に逃げ込むんですね

294 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 01:57:32 ID:A33n74tC
棒線君はこの前から頑張ってるね。

295 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 08:40:48 ID:N+BJbXSf
 南京大虐殺記念館建設の引き金になったのが、ネットウヨがあちらこちらで「南京大虐殺は幻だ」とか言い出して
無視できないほどの声になったことが大きなキッカケと聞いたことがあるけど、記念館の建設地のまさに真下が
南京大虐殺の現場であり、そこから生々しい遺骨の山が出てきて、決定的な物証になったということは、
何かものすごい因果を感じる。

 殺された人々の霊が「どうか、ここを掘ってください。ここを・・」と訴えたんだろうねえ。

 約20万人と言われる、南京大虐殺の犠牲者の亡霊が、これから毎夜毎夜ネットウヨの枕元に、入れ替わり立ち代り
ぬおーっと出現しては怨念を込めて


       「  こ  ん  ば  ん  わ  ーー、、  ネ  ッ  ト  ウ  ヨ  さ  ん  」 


 真夏の世の怪奇が始まる。

296 :セイラ・マス・大山:2008/08/21(木) 08:55:46 ID:6S4v8DB0
>>291
立証責任はその証拠品とやらを出してきた方にあるんだけどな。
南京で過去何回虐殺が有ったか、知らないだろお前。

297 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 08:58:24 ID:N+BJbXSf
 
〓〓ネットウヨが、よくすっとぼける 「南京大虐殺だっていろいろあるし〜」について〓〓

 南京大虐殺は、日中戦争(当時は日本側は支那事変と呼んだ)初期の1937年(昭和12年)に日本軍が中華民国の首都
南京市を占領した際、約6週間 - 2ヶ月にわたって多数の中国軍捕虜、敗残兵、便衣兵及び一般市民を不法に虐殺したと
される事件をさす。

中国では南京大屠殺と呼び、欧米ではNanking AtrocitiesあるいはRape of Nankingと呼ぶ。日本では単に南京虐殺、
南京事件とも呼ばれる。南京事件という呼び方は、不法殺害の他に暴行・略奪・放火も含めて事件全体を論じる場合に
よく使われる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA



 13日に新館のオープンを控えている 「侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館」が10日、新館建設中に建設予定地から
19体の遺骸が発見されていたことを公表。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 考古学の発掘と史学、法医学の専門家らの鑑定を経て、南京事件の被害者であることが確認された。 ←★ここが決定的★
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  これらの遺骸は2006年4月21日に発見され、南京市公安局法医センターが鑑定。遺骸の格好が曲がっていたり、
折り重なるようになっていることから、非正常な死亡と非正常な埋葬だったとした。
  
  同記念館の朱成山館長は「新たに発掘された遺骸は歴史的価値があり、南京大虐殺を証明するとともに記念館が
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄
かつて虐殺の地であったことも証明された」と述べた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1213&f=national_1213_001.shtml

298 :セイラ・マス・大山:2008/08/21(木) 09:31:58 ID:6S4v8DB0
ウィキが証拠w

299 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 09:45:41 ID:vfabmw/l
遺骨の年代測定をやってみたら、面白い結果が出そうだな。

遺骨以外の物証は無いのかね。
虐殺の信頼できる写真を見たことがないんだが。
たとえ支那側に無くても、日本側に無いというのも変だ。


300 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 09:55:47 ID:N+BJbXSf
死骸の山はこちら
http://px820.onmitsu.jp/kankou/danvesha/danvesha01.html

301 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 09:57:30 ID:rLxSiHgm
南京大虐殺の写真、おかしいのばっかジャン
12・10前後の中国鉄血軍事に写真が載るけど、何時・何処で・誰がも
不明で、東京空襲の日本人の死体写真まで出てくるよ。

中国はチベットで解放軍兵士がチベット僧侶の衣装を持っていたのを
やらせ出なく、何年か前の映画のロケに参加した時の写真と言っていた
でしょう。

302 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 10:08:19 ID:QGsjVAG5
>>299
服とかが全く映っていないのが異常だよね
南京では火葬の記録が残っていないのに燃やしたとしか思えない遺骨群
それとも身ぐるみ剥がしてから埋めたのかな?

303 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 10:09:41 ID:N+BJbXSf
基本的にバカは放置するが、今、君がなすべきことをしいてアドバイスするなら、南京大虐殺記念館にすっ飛んでいく。
そして遺骨の山が南京大虐殺のものではないことをどうにか知恵を働かせて立証する。それしか方法が無いと思うがね。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 それがムリなら、訪問したついでに事件で殺された被害者に対し、日本人の一人として深く冥福を祈る。

どちらかしかないと思うぞ。

304 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 10:13:28 ID:KI35lu7y
具体的な数字が不明だとしても、日本の歴史の教科書には
南京で「多数の中国人を殺害」という説明あるし。
(たとえば山川出版社 世界史B 326ページ)

604 :名無しさん@3周年:2008/06/12(木) 00:43:32 ID:kzmkPuzE
>>590
日本人にそれ説得するのはなかなか難しいよ。
俺も含めて日本人は南京虐殺について何も知らないに等しい。
文部科学省が検定する歴史教科書には一行くらいしか書いてない。
(盧溝橋事件→華北南京占領→多数の中国人を殺害 そのくらいの記述)
俺は事実に基づいた説明があれば事実を受け止めて、二度と起こしてはならない、
二度と起こってはならないことだと思ってる。
ただね、日本の戦争犯罪の重さを戦後希釈したのはアメリカの占領政策だから。
最近そういうの明らかになってきたよ。いろいろ調べる必要があるね。
いまどきは米兵は日本人をレイプしたり殺したりするんだけどね。日本人も大変だよ。
中国人の友達がいるのであればそこんとこ教えてあげれば?

305 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 10:34:34 ID:N+BJbXSf
なんか、今頃になって「ちゃんと教えてくれなかったのが悪い」みたいな、
言い逃れをする人がいるけど、俺は最初から南京大虐殺は実際に起こった
事件であり歴史だったと信じていたよ。

なぜ、何の知識も無い状態で、最初から事件が事実だと信じれたのか?

その理由が、南京大虐殺絵を否定する人の話を聞いていると、明らかに彼らは
嫌中感情と陰謀論が支配した、ウヨ臭さ、胡散臭さを発散していて、それが強烈に
俺の鼻を突いたからに他ならない。



このような連中が、必死に訴える「事実」など絶対にデタラメに決まってると確信してた。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  
戦争を知らない世代が、中韓に対する感情的反発が引き金となって血塗られた
歴史をなんとか覆い隠せないかと悶々とする日々。
 
やがて、都合のいい部分だけをつなぎ合わせたり、捏造を加味しているうちに、
どうにかこうにか仲間内では一見筋が通りそうな歴史を創造してしまう。
 
悲惨さは覆い隠され、幻想的な美意識だけが脳を支配するトランス状態に。
こうなると真摯な意見は受け付けず、真実の歴史も断固拒否である。
 
もはや、戦争の実態とはかけ離れ、世界との共有認識も捨て去り、
独自の美化された歴史のみに酔いしれる。


  <<<  壮  大  な  集  団  妄  想  >>>

  

306 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 10:42:29 ID:isZ2uQ7t


南京大虐殺は捏造、北京五輪の開会式も捏造

307 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 10:44:18 ID:QGsjVAG5
南京など、中国人が真実と言っているんだから嘘に決まっているだろ

308 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 10:55:04 ID:Hz5gs6XT
>>295,297,300,303,305の ID:N+BJbXSf は、
そんなに自分の妄想オナニートークを晒したいんなら、以下へ行って思う存分やってこい。

【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】77次資料
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/asia/1218041581/

309 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:07:08 ID:A33n74tC
そもそも政府が賠償に応じる訳でもないのに何をそんなに騒ぐのか
それが理解できん

310 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:07:46 ID:vfabmw/l
>>305
オレはその逆だったな。
最初はそんな出来事があったのかとびっくりすると同時に無邪気に信じていた。
ところが、少しでも興味をもって自分で調べてみると、疑問点が山のように出てくる。
結果、中国や朝鮮のプロパガンダであることが明らかになると。
南京しかり、従軍慰安婦しかり。
731部隊はまだ調べていないが、どんなもんかね。


311 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:12:10 ID:4wM4p5Wi
馬鹿って大変ですね。

プロパガンダによる誇張はあれども、虐殺や性奴隷に該当するような実態はあったと
考えるのが普通の知性なのに。裁判所も政府もそうでしょ?

312 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:20:06 ID:QGsjVAG5
>>311
性奴隷って、元慰安婦の貯金返還訴訟で完全瓦解しているんだけどね
奴隷が家数軒分の貯金持ちなんて誰が信じられの?

313 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:20:47 ID:vfabmw/l
>>305
集団妄想というのは、中国や朝鮮の方にこそ当てはまるんじゃない?
それだけの大事件のはずが、確実な証拠=物証がないじゃん。
一つもないんだよな。皆無!

通州事件は数百人の犠牲者だが、医者の所見や写真がしっかり残っている。


314 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:22:52 ID:vfabmw/l
>>311
実態があったと考えるための証拠がないんだが?
ぜひ証拠を提出して、俺にも信じさせてくれ。


315 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:24:26 ID:4wM4p5Wi
>>312
>誰が信じられの?

裁判所、日本政府、世論、研究者、国際社会。

つまり、ネットウヨ馬鹿と、ウヨク、日本会議以外全員。

316 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:25:26 ID:QGsjVAG5
>>315
慰安婦訴訟全敗だろ

317 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:25:31 ID:4wM4p5Wi
>>314
ネットウヨが馬鹿だから、目の前に証拠があって気が付かないだけ。w

一連の判決書でも読めばよい。

318 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:27:54 ID:vfabmw/l
>>317
一連の判決書とは、どれのこと?
ソースきぼん。


319 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:31:13 ID:rX2NdLmO
>>316
請求権が認められないことと、前提事実が認められないことは大違い。
そして事実認定段階では、原告慰安婦側の主張は完全に認められてる。
全敗というのも事実と違うし。

なんつーか、無知すぎなんだよね、ネットウヨ馬鹿って。

なお、右翼の起こした馬鹿裁判では、事実認定の段階で右翼の主張は
ほとんど全て退けられています。

>>318
一連だから、どれということもないなー。
検索かければいいじゃん。すぐに出てくる。
判決書は長いから、こんなとこに引用できるもんじゃないし。

320 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:37:46 ID:vfabmw/l
>>319
じゃあ、一つだけでもいいから、その裁判名を教えてくれ。
あとは自分で調べる。


321 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:38:52 ID:QGsjVAG5
>>319
請求権がないのに請求続けるって只の恐喝だよな
貴方は何で恐喝犯を支持するの?

322 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:40:51 ID:rX2NdLmO
ワンクリックで簡単に調べられるんだから、調べたら?

この程度のもんを調べもせずに、「証拠はなかったソース出せ」みたいなことを
繰り返してるうちに、普通の知性をもった日本国民と乖離してくんだよね。

バカウヨニートや日本会議は。w

323 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:42:25 ID:rX2NdLmO
>>321
そう思うんなら、その旨被告日本政府や関連企業にアドバイスしてみたら?
鼻で笑われるだけだから。

優秀なネットウヨさん。wwww

324 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:43:13 ID:vfabmw/l
>>322
だから証拠となる判決が出たという裁判名を教えてくれないか?
俺が調べても、そういうのは皆無なんだから。


325 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:44:10 ID:QGsjVAG5
>>323
いや、日本政府じゃなくて貴方に聞いているんだが
「何故恐喝犯を支持するの?」

326 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:44:56 ID:rX2NdLmO
>>324
どうやって調べたの?

「慰安婦 判決」で検索するだけで膨大な資料が出てくるけど?

なにもしてないことがお前以外には丸わかりなんだから、適当なこと言わないほうがいいよ。

327 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:49:22 ID:1fANIT1B
>>325
私も、被告日本政府や関連企業も、恐喝じゃないで一致してるからでしょうね。
もちろん検察も。

そこまでいうのなら告発でもして、結果教えてよ。告発は誰でも出来るから。
ネットウヨニートさん。ww

328 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:51:20 ID:QGsjVAG5
>>327
恐喝じゃない根拠を教えてくださいい、根拠無しに違うと言われても困ります

329 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:53:45 ID:1fANIT1B
>>328
請求権があるかないか争いがあって、正当な手続きに則って裁判で解決を
志向してる人が恐喝ならば、世の中恐喝ばかりですよね?

330 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:54:09 ID:vfabmw/l
>>326
そのキーワードでググってみたが、膨大な資料が出て来て、その証拠とやらが埋もれてるんだよ。
本当にあるんなら、もったいぶらずに教えてくれ。
オレは真実が知りたいだけなんだからよ。




331 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:55:41 ID:QGsjVAG5
>>329
いや裁判は決着しているんだが、アメリカに遠征して裁判起こした奴も負けたでしょ

332 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:55:55 ID:1fANIT1B
>>330
なんだ、単なる荒らしネトウヨか。

333 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:58:20 ID:vfabmw/l
>>332
おいおい、証拠となる裁判名を教えてくれたらすぐに解決するんだが?
まさか、逃げるわけじゃないよな?



334 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 12:59:29 ID:ifZ2s7CB
>>331
決着した同一事例を同一の請求原因で訴訟提起してる事例でもあるの?

ねぇバカウヨさん。

335 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 13:08:05 ID:QGsjVAG5
>>334
韓国人の自称慰安婦訴訟は「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求訴訟」として既に最高裁で棄却されていますが何か?

336 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 13:18:36 ID:vfabmw/l
>>332
なぜ、南京大虐殺が存在した確実な証拠となる裁判名を言えないのか?
自分で調べろとは何?
挙句の果てにネトウヨ認定で、シッポを巻いて逃亡かよw

結局、確たる証拠なんて無いんだろ。
南京大虐殺はなかった、でいいんだな?


337 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 16:47:01 ID:wCiuBdeM
南京スレで幾度となく泣かされた、涙目の売国さん達がまだここでやってたのかw

「虐殺があった」と言う物証の捏造を見破り、証人とやらの証言を覆し、状況証拠を論破すれば、
必然的に「虐殺は無かった」と言う事になる(今日までに提示されている肯定証拠は全てそれに当たる)
即ち「あった」論者が、「無かった」論者を完璧に黙らせる確実な証拠を提示しない限り「虐殺は無かった」
と結論付けるのが物事の筋ではないかね?

何ら「確実な物証」の提示もできずに、虚言と捏造、更に妄想を繰り返し、レッテル貼りに終始する売国奴
ID:N+BJbXSf  ID:4wM4p5Wi  ID:rX2NdLmOよ、残念ながら君らの妄想は全てNGだwww

虐殺肯定論者の諸君に再度問いたい!
たった、たった一つでいいから虐殺否定論者諸君が納得する決定的物証を提示して頂きたい!!
勿論、有ればの話だがw

338 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 17:06:15 ID:YfPBkaR3
>>337
妄想に物証を出せと言うのは無理かと。
妄想に逃げ込むのは左翼と特定アジア住人の特徴。


339 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 18:03:28 ID:smjIxL36
>>337
>虐殺否定論者諸君が納得する決定的物証

研究者や裁判所を納得させた史料はあるんだけど、虐殺否定論者諸君を納得させることができる史料はなあw
彼らは思考回路が常人とは違うからな。難しいだろうなあ・・・

何せ、今までの南京虐殺をめぐる論争で、被害者の数はともかく、
虐殺の存在自体は、まあ大体の人間が納得するところとなっている。
現存する虐殺否定論者とは、それでも虐殺を認めない、いわば筋金入りの連中w
そんな彼らを納得させる決定的物証って何だ?

340 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 18:08:37 ID:luWEpi1q
田中メモ(田中奏摺)・・・・
アジアの小国が生意気な!  すべてはここから始まった。

341 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 18:47:48 ID:YfPBkaR3
>>340
>田中メモ

それ、偽書なのとっくにばれてますよw

342 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 18:52:22 ID:M7ZVFobo
>>339
要するに出せないってことか

343 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 18:58:38 ID:pT5L2O51
そういえば、中国政府の南京大虐殺記念館は
ユダヤ人虐殺史料館のパクリみたいな作りな
そうな・・・・
そこまで必死だから余計うそくさくなるんだろうな

ちなみに、俺は南京で一部日本兵による、一部中
国人への暴行や犯罪はあったと思うが、戦争中の
話じゃ珍しくもないし、大虐殺なんて名前を付けて
政治の道具にする中国政府の方がおかしいと思う
がね。



344 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 19:04:02 ID:wCiuBdeM
支那におけるチベット弾圧、支那は虐殺や弾圧などは無いと言ってる。
チベット亡命政府側は虐殺があったと言っている。
他方国際社会は当事者国との複雑な関係も絡み様々ではあるが、
おおむね「あったようだが確たる証拠はない」と言ったところだろう。
真実の追求が国連の限界も含め、今の国際制度の中では不可能と
言う事なんだな。
最終的には力関係で黙らすか、玉虫色の決着を見るしかない。

現在の弾圧事件でさえ様々な制約の中で検証すらできない今、70年前
の事件をあったあったと殊更騒ぎ立てるのは何故なんだね?
支那は支那の事情で色々工作するだろうし、日本は日本で抗議すべき
は抗議し、時の政権が公式見解を示せばよいだけ。

南京事件の確たる物証が今後出る確率はほぼゼロだろう。
司法の世界でも最終判決で日本側の一方的な虐殺があったと結論付け
られることもまずないだろう。
補償金狙いの外国人が騒ぎ立てるのはまだいいが、れっきとした日本人
がヒステリックに騒ぎ立ててどんな国益があるのだね?

左翼諸君、そんな暇な時間があるのなら、今起きている支那での事例を
真剣に調査すべきではないのかね。



345 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 20:26:15 ID:vfabmw/l
>>344
「れっきとした日本人」ではないと思われ。
北朝鮮による拉致はないと断言していた社民党党首・土井たか子も、
「れっきとした日本人」ではなかった。

注:土井たか子は親族が今も北朝鮮にいる帰化人。


346 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 20:30:38 ID:vfabmw/l
×社民党党首・土井たか子
○前社民党党首・土井たか子

ちなみに、現社民党党首・福島瑞穂も帰化前の本名が趙春花という元在日朝鮮人らしい。
帰化したのに、なぜ朝鮮の国益を優先するのかね?
なんちゃって帰化なのか。


347 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 20:49:09 ID:wCiuBdeM
>>345
2CHに、鮮人・支那人がレスできないフィルターが必要だなw

害国人の捏造プロパガンダに惑わされる厨房達が可哀そうだ。


348 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 20:59:57 ID:smjIxL36
>>344
「無かった」って言い張る連中がいるから騒ぎになるだけだろ。

虐殺否定論者諸君を納得させることができる物証が出るまで認められないって、どんな理屈だよw
まあ、虐殺否定論者が納得しなくても、世の中は「虐殺はあった」で納得してるからね。
一部の気狂いのためだけに物証を探すような奇特な人はそういないしw

>日本は日本で抗議すべきは抗議し、時の政権が公式見解を示せばよいだけ

日本政府は公式見解出してるし、虐殺の責任は裁判で裁かれたし、
一部の虐殺否定論者を除けば、物証を探すまでもない話なんだなw

349 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 21:26:31 ID:wCiuBdeM
>>348
>「無かった」って言い張る連中がいるから騒ぎになるだけだろ。
お前も困った馬鹿だねw
いいかこのスレは南京事件を専門に語るスレではない、しかし現に肯定支持の>>248
南京事件を取り上げ煽りのレスしてから南京一色になってるんだがなw
鶏か卵かの話じゃなく、確証のない事件を根掘り葉掘りやらんでもいいだろうと言う事よw

>日本政府は公式見解出してるし、虐殺の責任は裁判で裁かれたし
公式見解は政権が代われば、言い回しも変わるし使う単語も変わるわな、見解であり
二国間の条約を交わすんじゃないんだから、首相が代われば表現が代わっても問題はない。
現に支那では南京事件に関してだけでも、頻繁に変更してるわなw

裁判で裁かれた?ほう、どの裁判でどんな判決だったんだ?日本の虐殺があったと結審したのかな?
勉強不足で俺の記憶にはないのだがw、ソース提示よろしく。


350 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 23:01:54 ID:smjIxL36
>>349
記憶にないのは、勉強不足じゃなくて頭が悪いからだろ。
百人切りの奴やら、松井大将やらが死刑判決を受けたのを知らんはずが無いw

お前、百人切り裁判は知ってるけど、その発端になった死刑判決は忘れてるだろw
「虐殺の責任を裁いた」という文脈なら、昔の裁判の話だと分かると思ったんだがなあ。
バカは頭が固いから困るw

351 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 23:02:36 ID:/4RsbAa/
中国人留学生が日本の大学に入ると、自公政府からいくらもらえるのか

1)奨学金/月額142,500円(年171万円)
2)授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/航空券支給 東京-北京 (111,100円)
4)帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給 (111,100円)
5)渡日一時金/25,000円
6)宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年144万円)
7)医療費補助/実費の80%
上記 1) +2)+3)+4)+5)=380万円!年に380万円。

これが10万人。しかも返還不要。

年金が少なく病院通いの爺ちゃん、婆ちゃんが楽に暮らせる金額
これコピーしまくって、抗議する必要あり!

352 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 23:41:04 ID:wCiuBdeM
>>350
おやおや!元々まともなソースは提示できないとは思っていたが・・・w

松井石根は、極東国際軍事裁判で死刑判決を受けたのだが、
まさか南京事件の虐殺の確たる根拠が、敗戦国を一方的に裁く極東国際軍事裁判だと言
いたいんじゃないんだろうなw

巣鴨裁判の裁判の在り方自体に有効性がないため有罪という概念そのものが成立しない。
更に戦犯として死刑判決を受けたA級戦犯が、講和条約締結後日本政府からいかに名誉
回復なされたかも検証しておけ!

お前のような白痴バカの妄想にはやはりついて行けないわなwww



353 :日出づる処の名無し:2008/08/21(木) 23:53:28 ID:DETnEbnZ
政府としては、裁判を受諾してると繰り返し繰り返し言及して
バカウヨのバカな妄想を否定してるんですけどね。

名誉回復?裁判自体を条約で包括的に受諾してるのに、
そんなもんあるわけねーじゃん。

名誉回復みてーないい加減極まりない、学部卒でも詭弁だとわかる理屈に
騙される奴は馬鹿しかいねーよ。だから、最近ネットウヨは馬鹿の集まりだと
社会からはっきり認知され、もはや新規参入がいないだろ?ww

354 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:03:17 ID:wCiuBdeM
政府見解は、裁判は受諾、判決は受諾せず>>77

名誉回復は
「戦犯在所者の釈放等に関する決議」1952年6月9日 第13回国会参議院本会議 第49号
「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」1953年8月3日 第16回国会 衆議院本会議 第35号

も少し賢くなれよ!!

355 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:07:49 ID:Am0Pui5o
>>354
それ>>77はバカウヨの妄想で政府見解ではないじゃん。

ちゃんとしたソース持って来いよ。
そんな馬鹿しか騙されない誤魔化が知性の高い日本国民に
呆れられて、いまのネットウヨの惨めな実態があるんだろうけどよ。ww

356 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:10:51 ID:UbHzUg+g
呑み込みの悪い馬鹿だなw
上記二決議を自分でググれ!

357 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:15:58 ID:0ZrVXA9J
しかし、日本政府も受け入れた裁判で出された判決を
家族会議で無罪にして名誉回復なんて言ってるウヨって・・・
やっぱ彼氏になんてできないわ、バカすぎて。

358 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:24:26 ID:Am0Pui5o
>>356
多少、こちらからソースを出してみますか。キチガイウヨは認めないんだろうけど。w

お前が上げた決議は、なんら法的拘束力をもたない、連合国や政府に対する「お願い」。
もちろん、BC級に対する国民感情を考慮したもので、基本的にA級犯罪者は念頭に置いたもんではない。

そして、サ条約を根拠に、「減刑」は行われたわけだが、「減刑」「赦免」は

 有 罪 で あ る こ と を 前 提と し た 

行刑上の取り扱い。有罪である、犯罪者であることはなんら変わりはないわけよ。
「上記二決議を自分でググれ!」って・・・・。なんて馬鹿。w

答弁書第一二号
内閣参質一二一第一二号
  平成三年十月二十九日
内閣総理大臣 海 部 俊 樹   
       参議院議長 長 田 裕 二 殿
参議院議員吉岡吉典君提出日本の戦争犯罪についての軍事裁判に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。
(中略)
二の1について
 A級戦争犯罪人に対する減刑及び赦免は、平和条約第十一条及び平和条約第十一条による刑の執行及び
赦免等に関する法律 (昭和二十七年法律第百三号)を根拠として、中央更生保護審査会の審査に基づく
我が国の勧告及び極東国際軍事裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定に基づいて行うものとされて
いた。
 A級戦争犯罪人として有罪判決を受けた者のうち減刑された者は十名(いずれも終身禁錮の判決を受けた者
である。)であり、いずれも昭和三十三年四月七日付けで、同日までにそれぞれ服役した期間を刑期とする刑
に減刑された。 なお、赦免された者はいない。

359 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:27:25 ID:UbHzUg+g
>日本政府も受け入れた裁判で出された判決を
>家族会議で無罪にして名誉回復なんて言ってるウヨって

それが国家主権を回復する為の外交と言うものなんだよ、ネットキムチクンw

バカ左翼には解らんだろうがなw

360 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:31:13 ID:Am0Pui5o
デタラメな妄想法解釈をネットで貼り付けて回っても
なんら国家主権回復にはならんと思うぞ。w

日本国民にも馬鹿にされるだけの存在だろ?ネットウヨは。

361 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:33:27 ID:nt2XIJ0Q
「戦犯は名誉回復した」なんて都市伝説がいまだに存在してるスレがあると聞いて飛んでまいりました。

362 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:36:21 ID:YxxAP5DL
でも減刑はされたんだね。

363 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:44:28 ID:Am0Pui5o
だから?

現代でいうと、「刑の執行の免除」を受けた無期懲役凶悪犯つーことだよ。


364 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:49:20 ID:UbHzUg+g
>>358
>連合国や政府に対する「お願い」

ハイハイ!馬鹿左翼はいつもその論調なんだがw
GHQの統治下であったことは事実だが講和条約後は日本は独立国だ、
戦勝国に対する要望的な議決であっても、議会が決議したことは政府見
解であることに変わりはないんだがね。

尚、1953年死刑執行された戦犯は全員死刑囚ではなく公務死として認定。
A級戦犯が靖国入りしたのも、それが理由なんだよな。


365 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:51:25 ID:Am0Pui5o
>議会が決議したことは政府見解であることに変わりはないんだがね。

(´д`)

366 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:53:42 ID:Am0Pui5o
ま、いいや。ネットウヨが底なしの馬鹿だと良くわかっただけでも、今日の収穫。

367 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:54:12 ID:UbHzUg+g
>>365
ん!なにか?

368 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:56:21 ID:UbHzUg+g
ま、いいや。ネットキムチが改めて底なしの大馬鹿だと良くわかっただけでも、俺は情けないw

369 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:56:47 ID:nt2XIJ0Q
>>364
公務死では、靖国神社に合祀できる条件に該当しないのでは?
東条英機自身が、戦闘死した兵士のみ靖国に祀ると言っていた様に記憶してるんですけど?
現に、特攻機の訓練飛行中墜落したパイロットは公務死だけど合祀されてないですよ。

370 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 00:58:29 ID:UbHzUg+g
>>369
死刑囚だと100%無理だわなw

371 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 01:00:53 ID:nt2XIJ0Q
A級戦犯合祀の真の理由ってこれですかね?
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1218640113/961

372 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 01:06:15 ID:UbHzUg+g
左翼はそう言ってることは承知しているw

373 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 01:17:01 ID:YxxAP5DL
凶悪犯ねぇ。

374 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 01:20:39 ID:UbHzUg+g
左翼と特定アジア住人にとってはそうなんだろうさ。

375 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 06:12:27 ID:zEI/SE1h
>>369
東条英機総理が戦後の合祀基準を決めた訳じゃないから関係ないだろう。
無罪なのに処刑された公務死の方々も合祀するのが戦後の在り方

376 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 06:34:55 ID:zEI/SE1h
また靖国神社では「戦犯」などとレッテルを貼られ不当に殺害された人々を昭和殉難者と呼び祀っている

377 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 07:55:37 ID:mNks35hp
>>376
だから、昭和天皇は靖国神社の参拝をやめた

378 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 10:26:48 ID:nt2XIJ0Q
>>375
無罪? 無罪判決なんか存在しないけど?

国際裁判では有罪確定。国内法では戦争犯罪を裁く法律が
無いので有罪でも無罪でもない。この事実しか存在しませんよ。

戦争犯罪にかかわらないで死んだ兵を差し置いて
戦争犯罪人は必ずもれなく絶対に手厚くしっかりと合祀する
(ただし、戦後日本政府からから嫌われていた人間は除く)
という、テキトーな基準で合祀しているのは
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1218640113/961
のとおりでしょうね。

さらに言うなら、日本政府が合祀に関わること自体明確に政教分離原則に
違反しており、その点からも合祀は認められないでしょうね。


379 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 14:04:01 ID:UbHzUg+g
>>378
>無罪判決なんか存在しないけど?
ネットキムチである>>363や君が戦犯を「凶悪犯・戦争犯罪人」と決め付けるように、
極東軍事裁判の在り方自体に有効性がないため、有罪という概念そのものが成立しない
と考える連中にとって、敗者を一方的に裁く国際裁判及びその判決は「冤罪であり無罪」
と言う概念を持つことは何ら矛盾した考え方ではないのでは。

>テキトーな基準で合祀している
戦前と戦後をごちゃ混ぜにしない様にね!
戦前の合祀は陸軍・海軍の審査で内定し、天皇の勅許を経て決定された。
戦後の合祀は恩給法と戦傷病者戦没者遺族等援護法で公務死と認められた者を合祀予定者とし、
厚生省引揚援護局に提出しその名簿を厚生省から靖国神社に送付、靖国神社はその名簿により
合祀している。

>日本政府が合祀に関わること自体明確に政教分離原則に違反
戦後は政教分離政策の推進により宗教法人化された、日本政府との直接的な関係はない。
厚生省が遺族に出品を依頼したり、厚生省引揚援護局が都道府県に対し合祀事務協力という
通知を出したりするが、あくまでも不平等性の排除であり政教分離を犯すものではない。

サヨクたる君の考え方は尊重するが、世の中にはその他の考え方をする者もいる。
その他の考え方を完全否定することは誰にもできないと言うことだね!







380 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 14:09:56 ID:Z+/D6CKO
いや、有罪無罪は国家権力が一義的に決めるもの。
それゆえ名誉回復も、国家権力が正当な手続きをもって宣言する形で
行われる、恩赦とかな。

もちろん、サ条約で戦犯認定の裁判をまるっと受け入れている日本にとっては

 A 級 キ チ カ ゙ イ 戦 犯  = 犯  罪 者 

という認識しかありえないわけ。ネットウヨ馬鹿のバカな考えなど
否定されまくって、いっぺんの正当性もないわけですな。

381 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 14:15:17 ID:Z+/D6CKO
ま、オウムの信者が

「麻原は無罪である!」と喚くのは間違ってる。
「麻原は有罪であるが、裁判が間違ってた!」というのは考え方としてあり。

そういう違い。


382 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 15:01:17 ID:tmcRVbWd
>378 >>380-381

国際司法裁判なんてやってないんだから関係ないでしょ? 

383 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 15:02:45 ID:tmcRVbWd
>>380
あと一応説明すれば政府が勝手に誰かを犯罪者と認定することは
司法の独立を明記した憲法に違反するのでダメです。

384 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/22(金) 19:36:24 ID:CC0gMtQo
>司法の独立を明記した憲法に違反するのでダメです。
ウソつき。


385 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 19:55:49 ID:nt2XIJ0Q
>>379
日本政府主導で戦犯合祀したことは、ちゃんと証拠が存在する厳然たる事実ですよ。
この時点で政教分離原則違反。合祀は完全に違法ですね。
そのことを、靖国神社はよく承知しているので、教義上の理屈を盾に分祀を拒絶してますけどw

まあ「そうやって断れよ!」と靖国神社を操ってるのは、旧軍・重戦犯とチスジのある議員ですけどね。

386 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 20:05:28 ID:kJOzw+Y1
政治による宗教介入など大した問題じゃない、宗教による政治介入の方が遥かに問題の大きい政教分離違反だ
勿論創価学会と公明党の事ね、靖国以前に公明党を取りつぶす必要がある

387 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 20:05:59 ID:UXOyo5l6
隠されてきた韓国軍憲兵による10万人虐殺
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4370915

388 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 20:23:33 ID:mNks35hp
>>386
今、公明党を潰したら、自民党政権崩壊するぞw
自民党は創価学会の助けなしに選挙を戦えなくなってるから

389 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 20:34:35 ID:tmcRVbWd
>>385
戦没者の氏名を伝えたのは事実だけど当たり前でしょ? 国民の知る権利。

390 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 20:43:37 ID:kJOzw+Y1
>>388
仮に公明を崩壊させることが出来るなら、数年の自民党政権諦めるぐらい致し方ないだろうね
どうせみんすが政権とっても数年で崩壊するから、政権再奪取ぐらい簡単な物だ

391 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 20:57:14 ID:YxxAP5DL
日本国民全員戦犯さ

392 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 21:56:46 ID:nt2XIJ0Q
>>389
日本政府は戦犯合祀を「主導」したのよ。
まずはBC戦犯をこっそり合祀しろ。
見つからないように。
つぎにA級戦犯を合祀しろ。
目立たないようにこっそりやれ、ってぜ〜〜んぶ指図したの。

これ、明確な法律違反。よって「合祀は無効」なの。
証拠もちゃんとあるのよ。
ワカル?

おばかさん。

393 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:04:06 ID:JJE8nGGn
>>392
合祀も何も、戦犯自体がもういないわけだが

394 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:08:45 ID:JJE8nGGn
>>380
日本が受諾したのは「裁判」ではなく「判決」
また、平和条約の締結と同時に戦争犯罪そのものが
消滅するのが国際法上の慣例
国内においても国会において戦争犯罪人の名誉回復決議が
全会一致で為されているわけだが
Z+/D6CKOは国民主権を否定するのだろうか?

395 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:09:33 ID:kJOzw+Y1
仮に政府による靖国への介入があったとして、何が問題なんだろうな
この行為によって被害を被るのは靖国神社側であり
彼らが被害と認識していない時点で何の問題もないだろ

396 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:17:13 ID:nt2XIJ0Q
>>393
旧軍・戦争重犯罪人に血脈をもつ君らはそう思いたいだろうな。

397 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:18:14 ID:nt2XIJ0Q
>仮に政府による靖国への介入があったとして、何が問題なんだろうな

これ、明確な法律違反。よって「合祀は無効」なの。
証拠もちゃんとあるのよ。
ワカル?

おばかさん。

398 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:21:25 ID:YxxAP5DL
血ですか。

399 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:24:08 ID:nt2XIJ0Q
そうでしょう。

「  チ  ス  ジ  」ですね。

チスジでなけりゃ、感化された単なるアホウヨ。
どちらかでしょう。

400 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:28:49 ID:kJOzw+Y1
そういや、有史以来人類にひとかけらも貢献していない血があるらしいね
やたらと「ウリナラが起源ニダ」なんて嘘ばっかり言っているから
宗主国様からも嫌われて居るみたいだが

401 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:39:02 ID:UbHzUg+g
>>396>>397
君の主張はとりあえず解った、で君はどうしたいんだね?
ただそう「法律違反だ!」と声高く主張したいだけなのかね?

それとも靖国と日本政府相手に裁判も・・・かw


402 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:48:38 ID:nt2XIJ0Q
>>401
おいらの目標はただひとつ。
靖国から、「戦犯」とくに東条英機はかならず叩き出すことさ。
分祀なんてどうでもいい。「叩き出す」コレが大事。

東条によって殺されたり犬死させられた幾万の英霊のためにね。
英霊は、すでに60年間も東条に居座られ、本当につらい日々を過ごしている。

天皇陛下は同じ気持ちだ。日本遺族会もしかり。
日本国民なら、誰でもそうおもうだろう。


唯一の反対者が、旧軍・戦争重犯罪人に血脈をもつ君らさ。
まあ、簡単に言ってしまえば「国賊」「逆賊」「反日売国奴」だな。


403 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:52:20 ID:YxxAP5DL
んじゃ分祀でいいじゃん。

404 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 22:54:07 ID:kJOzw+Y1
>>397
NGO/NPOに対する助成金とか私学助成も、厳密に言えば憲法違反だが何か?
靖国に対する憲法違反疑惑なんてこれらと同レベルだよ

憲法違反を問題にしたいのなら、玉串料みたいなみみっちい金額よりNGO/NPO助成金の方が大問題だ
日本が大事ならそっちの方を突いてみたらどうだ

405 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 23:01:04 ID:5LUirxP4
8/15の靖国の拝殿の庭には各政党(自民・民主等)からの
籠に榊だか花だかが贈られて飾られてるよ。
離れてるから籠と名前だけ覚えてる。
政府ではないから


406 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 23:06:33 ID:UbHzUg+g
>>402
理由はどうあれ、
神道の世界ではすでに人霊から神霊へと化した、
東條英機命(とうじょうひできのみこと)を
君の一存で叩き出すのは不可能だな、諦めろ!

407 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 23:26:38 ID:nt2XIJ0Q
>>406
>君の一存で叩き出すのは不可能だな、諦めろ!

旧軍・戦争重犯罪人に血脈をもつ君としては、そう言いたいところだろうけど
その君に「諦めろ」といわれて諦めるわけないいだろw

408 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 23:29:50 ID:M6bkTOse
分祀は暖簾分けみたいなもんだから、単に靖国の祭神と同じ祭神を祀る神社が増えるだけなんだけど。
護国神社にも靖国の祭神を大々的に祀ろうってお話?

409 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 23:47:58 ID:kJOzw+Y1
サヨクは靖国叩きまくっているけど、それに代わる物が必要ならサヨクが寄付募って別の神社でも建立すればいいのにね
それにしてもサヨクの神道に対する弾圧ってウザイよね。大半の国民は天皇と別枠で神社に参拝しているというのに
もう極右と極左だけで戦争してればいいよ

410 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 23:50:25 ID:M6bkTOse
うん。
新しく自分たちで決めた祭神を祀る神社を建立して、そっちを盛り上げればいいだけだよね。


411 :日出づる処の名無し:2008/08/22(金) 23:55:17 ID:6Q5KzUq2
>>394
なんでネットウヨはすぐに嘘つくの?馬鹿なの?それともキチガイ?

>日本が受諾したのは「裁判」ではなく「判決」→嘘

○政府参考人(林景一君) お答えいたします。
 先生も今御指摘のとおり、サンフランシスコ平和条約第十一条によりまして、我が国は極東国際軍事裁判所その他各国で
行われました軍事裁判につきまして、そのジャッジメントを受諾しておるわけでございます。
 このジャッジメントの訳語につきまして、裁判というのが適当ではないんではないかというような御指摘かとも思います
けれども、これは裁判という訳語が正文に準ずるものとして締約国の間で承認されておりますので、これはそういうものとして
受け止めるしかないかと思います。ただ、重要なことはそのジャッジメントというものの中身でございまして、これは実際、
裁判の結論におきまして、ウェッブ裁判長の方からこのジャッジメントを読み上げる、このジャッジ、正にそのジャッジメント
を受け入れたということでございますけれども、そのジャッジメントの内容となる文書、これは、従来から申し上げております
とおり、裁判所の設立、あるいは審理、あるいはその根拠、管轄権の問題、あるいはその様々なこの訴因のもとになります
事実認識、それから起訴状の訴因についての認定、それから判定、いわゆるバーディクトと英語で言いますけれども、
あるいはその刑の宣告でありますセンテンス、そのすべてが含まれているというふうに考えております。
 したがって、私どもといたしましては、我が国は、この受諾ということによりまして、その個々の事実認識等につきまして
積極的にこれを肯定、あるいは積極的に評価するという立場に立つかどうかということは別にいたしまして、少なくともこの裁判
について不法、不当なものとして異議を述べる立場にはないというのが従来から一貫して申し上げていることでございます。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/162/0059/main.html

412 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:03:35 ID:saKVNiHG
>>394
>平和条約の締結と同時に戦争犯罪そのものが消滅するのが国際法上の慣例→嘘

サンフランシスコ平和条約第十一条によりまして、我が国は極東国際軍事裁判所その他各国で
行われました軍事裁判につきまして、そのジャッジメントを受諾しておるわけだな。
それは、「平和条約の締結と同時に占領政策が失効する」という国際法上の慣例に対する念書。

つまり、条約により「A級戦犯が極悪キチガイ犯罪者である」という事実と裁判の正当性、結果について
締結当事国に対し拘束力を持たせ、平和条約締結によってもA級キチガイの罪は消滅しませんよ、つー確認。

もちろん、ネットウヨ馬鹿のいうように、平和条約の締結と同時に戦争犯罪そのものが消滅する
国際法上の慣例なども存在しない。あくまで「占領政策」な。

学部卒レベルの知識でも嘘だと丸わかりな妄想ばっか書き散らして、だからネットウヨは社会から
ヲタとかニートとかゴミとかいわれんだぜ?wwwww

413 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:14:55 ID:swv1jetT
立場にはないってのがミソだな。

414 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:17:33 ID:WUsSaIcs
>>410
サヨクの皆さんが、相当数の国民に支持されているなら100億でも200億でも余裕で集められるはずだよね
そして金も国に頼らなければ、国に干渉されることもないし、良い事尽くめだよ

何故か大っ嫌いな政府≠自民党に金を出させたい様だが

415 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:20:41 ID:saKVNiHG
>>413
どこがどうミソなの?

論理的に通説に従って説明してみてよ。

バカウヨさん。wwwwwwwwwwww

416 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:33:01 ID:swv1jetT
自分の言に対して他人が何かしら言えばバカウヨですかそうですか。
君の脳味噌はチョンチョンと言ってる連中と大差ないね。同属嫌悪という言葉は知っているかい。

417 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:39:59 ID:swv1jetT
それに、この子は「重光葵」も知るまいて。

418 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:44:08 ID:saKVNiHG
無知蒙昧丸出しの一行レスを続けないで、きちんとソースや論拠を示して反論してくれないかな?

雑魚すぎて話にもならん。

こんなのばっかだから、ネットウヨは日本のゴミ扱いしかされんのだよ。www

419 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:47:06 ID:swv1jetT
A級キチガイの一人が戦後の外務大臣を担ったか。
いやぁ、日本って凄い国だね。

420 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 00:49:59 ID:ixa78jOA
重光の場合は米ソの駆け引きが裏にあるからなあ〜


421 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:55:00 ID:saKVNiHG
>>419
キチガイ犯罪者だって罪を償って更正し場合によっては資格停止が解ければ、
議員にも大臣にもなれますがな。

だが、犯罪者であった事実は消えない。

でさ、はやくこの低脳レスの趣旨を論理的に説明してくれよ。待ってんだぜ。

413 日出づる処の名無し sage New! 2008/08/23(土) 00:14:55 ID:swv1jetT
立場にはないってのがミソだな。


422 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:55:33 ID:swv1jetT
そもそも何故俺が反論しなければならないのかね。
東京裁判については反論は無い。疑問が幾分あるにしてもだ。
日本はそれを受け入れたのだから、今更覆そうとは毛頭思わんよ。

しかし、こういったスレが立つと痛い子が左右に湧くのは一種の伝統の様なものかね。

423 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:57:15 ID:saKVNiHG
>>422
お前の低脳レスの説明を求めてるんだが?

「痛くない」お前にはそのくらい出来るだろ?w


424 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 00:58:34 ID:swv1jetT
>>421
苦しいねぇ。重光が犯したという犯罪を具体的に「証明」して下さいな。

>でさ、はやくこの低脳レスの趣旨を論理的に説明してくれよ。待ってんだぜ。

議文をコピペしてウヨウヨ言っている他人任せな甘ちゃんを見て、そう思っただけだが。
素直な子って幸せだね。

425 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 01:01:32 ID:ixa78jOA
林景一がいう「立場にない」ってのは、国際軍事法廷開廷時の日本には国家主権がなく、
当該裁判については関与する立場にないって意味だろう。


426 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:02:19 ID:saKVNiHG
ありゃ質問に質問を返すようになったか。
しかも都合のいい論点そらしまで始めて。

ネットウヨって無知蒙昧なのに、なんで素直にごめんなさいが言えないんだろうね。
いい年したおっさんニートだから屈折したもんが大きいのかな?



427 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:05:12 ID:swv1jetT
さてね。そもそも何故俺がここまで噛み付かれるのかがわからん。
なぜかウヨ扱いだし。

しかし、透視能力でも持っているんかね。だいたいは>>425の通りだが。

428 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:06:38 ID:swv1jetT
ああ、ごめんなさいが言ってほしかったのね。最初からそう言えばいいのに。

はい、ごめんなさいっと。

429 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:14:18 ID:saKVNiHG
>>427
おいおい、今度は人様の書き込みを助け舟代わりに、なんか言い出したよ。w
なんでそれを始めから書けないんかね?たった二行。
少し惨めすぎじゃね?

ま、それはいいとして、条約として裁判を受諾した限りで、不法であるとか不当であるとか
そういう遠吠えはなんら正当性をもたない、でいいんだよな?

430 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:16:38 ID:WUsSaIcs
A級戦犯戦争責任ってのは判らんでも無いが、同じ基準だと朝日新聞廃刊だよな

431 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:18:58 ID:swv1jetT
>>429
>ま、それはいいとして、条約として裁判を受諾した限りで、不法であるとか不当であるとかそういう遠吠えはなんら正当性をもたない、でいいんだよな?

それで結構。

俺は、君がなぜ俺の言に対して噛み付いてきたのかが意味不明な訳でね。
一々文章に書かないとわからないのかね。最初からネットウヨと決め付けた上で、噛み付いて来ただけじゃあないか。
俺は君を一度たりとも左翼やら何やら挑発的なことは言ってはおらん。だが、君はまるで喧嘩を売るように言ってきたのだから。

だっから子供と言うのだよ。

432 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:22:26 ID:J1bfnpWc
>>411
政治家らしいい話し方だな
>我が国は、この受諾ということによりまして、その個々の事実認識等につきまして
 積極的にこれを肯定、あるいは積極的に評価するという立場に立つかどうかというこ
 とは別にいたしまして、少なくともこの裁判について不法、不当なものとして異議を述
 べる立場にはないというのが従来から一貫して申し上げていることでございます。

つまりわかりやすい言葉でいえば

我が国は東京裁判の判決を認める気はないが、戦争に負けたから文句を言える資格はないだな。

433 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:22:46 ID:saKVNiHG
>>431
左翼だろうが右翼だろうがキチガイだろうが、内容のある議論の叩き台を提供してくれれば
それでいいよ。

お前は、なに一つ具体的なことを言えてない上に、枝葉末節の指摘とほのめかしだけ。

おこちゃまじゃない、いい年したおっさんなら、議論に参加するにも資格があるということを
理解できるよな?

434 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 01:24:54 ID:ixa78jOA
>我が国は東京裁判の判決を認める気はないが、
は、間違った認識だな。
林は肯定も否定もしていない。
何故なら国内法による法廷じゃないから。
政治家とゆ〜よりは法学者的表現。


435 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:24:59 ID:saKVNiHG
>>432
その政府参考人ですけど政治家じゃないですよ。

436 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:27:03 ID:swv1jetT
他人様をウヨウヨ言う人間が一丁前にも「議論の叩き台」かね。
笑止千万とはこのことだな。

そもそも、俺は君に対して否定も賛同もしてはおらん。
誤解をして、殴りこんできたのは君の方だよ。君は俺との対話の中で何回「ウヨ」という言葉をだしたのかね。

437 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 01:27:40 ID:ixa78jOA
そう。
林の立場は外務省国際法局長。法学者として政府参考人の立場で発言している。


438 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:30:32 ID:G7JSs24O
>>411>>412
外交防衛委員会のコピペがバカ左翼から誇らしげに出たんだがw

以下の「」の部分が、当時の政府側の本音と言う事を見抜こうね。
>その個々の「事実認識等につきまして積極的にこれを肯定、あるいは積極的に
>評価するという立場に立つかどうかということは別」にいたしまして・・・・・

すなわち、1)裁判の効力は判決主文に基づいた刑の執行の受諾だとする判断。
2)判決手続き一般の受諾だと考える判断。
に解釈が二分されているのだが、日本政府の立場はあくまでも2)なんだな。

更に、裁判の受諾の文節の本文は「Japan accepts the judgments」であり、
判決主文に基づいた刑を意味する「sentence」とは明記されていない。
また「judgment」は「判決」と訳されることもあるが、「裁判」と訳されることも多い
というのが当時の日本政府の解釈。








439 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:31:56 ID:G7JSs24O
しかしだ、以下の「」部分が、敗戦国として国家主権を回復する為の苦心の外交と言うもの。
>不法、不当なものとして「異議を述べる立場にはない」・・・・・

すなわち、新たな独立と戦後復興の一念のもと日本側は小異を捨てて大同に付く選択をし、
連合国側はこの条約の締結により占領政策の効力が失効するという国際法上の慣例

に基づき、一文もなく日本との平和条約を締結すると、戦犯法廷の判決そのものが無効

化される事を考慮した結果である。
要するに条約締結当時終結していない裁判を考慮し設けられた条項なんだな。
ま、両者ともに、外交上よくある玉虫色の決着をつけた訳だ。

バカ左翼が日本政府が極東軍事裁判を鵜呑みにしたと言う根拠は当て外れだw
結果として講和条約成立後日本国内では極東軍事裁判の判決を完全スルーしてA級戦犯を
「死刑囚」から「公務死」扱いに変更し、靖国合祀への道が開けたんだがな。
いいとこ取りはいかんよ!左翼クン。

440 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:33:16 ID:J1bfnpWc
>>434
おお、スマン正しくは

我が国は東京裁判の判決をどう思うかはべつにして、戦争に負けたから文句を言える資格はないだな。



441 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:38:18 ID:saKVNiHG
>>439
>裁判所の設立、あるいは審理、あるいはその根拠、管轄権の問題、あるいはその様々なこの訴因のもとになります
>事実認識、それから起訴状の訴因についての認定、それから判定、いわゆるバーディクトと英語で言いますけれども、
>あるいはその刑の宣告でありますセンテンス、そのすべてが含まれているというふうに考えております。

つまり、設立から刑の宣告まで、まるっと全てを「受諾」してるということです。
刑の執行の受諾ではないことはもちろん、手続きのみでもない、ということになりますね。

「鵜呑みにしてる」という表現はともかく、これが日本国政府の公式見解です。

442 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:40:41 ID:dASdvjZi
靖国の茶店で。
外務省を退官され人が娘さんと参拝に来ていた。
漏れネトウヨ「失礼ですがあなたのような方が何故靖国に」
「兄が戦争で亡くなってますから」色々

443 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:47:40 ID:saKVNiHG
ネトウヨの癖にコミュニケーション能力のある奴だな。

俺も延々30分、戦争話聞かされたことあるぞ。爺の話は好きだからいいけど、
30分はきつかったぜ。蒼龍で爆撃機乗ってたとか言ってた。

ひやかしで来てる俺じゃなくて周りに数人いたネトウヨ風の若者の方にいきゃいいものを。

444 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 01:54:57 ID:G7JSs24O
>>441
>裁判所の設立、あるいは審理、あるいはその根拠、管轄権の問題、あるいはその様々なこの訴因のもとになります
>事実認識、それから起訴状の訴因についての認定、それから判定、いわゆるバーディクトと英語で言いますけれども、
>あるいはその刑の宣告でありますセンテンス、そのすべてが含まれているというふうに考えております。

それら全てをひっくるめて、言いたいことは多々あるが、
>積極的にこれを肯定、あるいは積極的に評価するという立場に立つかどうかということは別にいたしまして、
>少なくともこの裁判について不法、不当なものとして異議を述べる立場にはないというのが従来から一貫
>して申し上げていることでございます。

と言う文脈につながるんだがね、この究極の外交努力、苦汁の選択がお前には見えないのかね?
新たな独立と戦後復興の一念のもと日本側は小異を捨てて大同に付く選択をしたんだよ。

445 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 02:17:22 ID:G7JSs24O

再度言うが、「judgment」(判決と解釈)を否定するからこそ、
結果として講和条約成立後に日本国内では極東軍事裁判の判決を完全スルーしてA級戦犯を
「死刑囚」から「公務死」扱いに変更し、更に戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議を
議会で可決させたんだ。


446 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 02:18:14 ID:Ny4989v8
>>392
靖国神社は戦没者を祀る神社だけど、誰が戦没者かを定めるのは国だから
国の報告・名簿に基づくのは当たり前でしょ

447 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 03:09:03 ID:vPk7iygW
兵士が明らかな戦死と行方不明では名誉・ニ階級特進とか、靖国祭祀、
家族へ支払われる遺族への年金が違うのね。
だから戦闘機乗りは場面(帰還途中)によっても戦死扱いにと
こだわるの

448 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 03:10:10 ID:tBTkdywG
使い捨ての人民じゃねーぞ。

449 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 04:21:33 ID:3iRQadr4
>>448
残念ながら、古今東西の例はその逆が真なりと語る

政治体制・思想をどう選ぼうと、そして君のような
言葉を大きく表にうち出す体制下では一層人民の命は
使い捨てにされてきた

日本のお隣さんにあたる国々にそういう例は特におおいね

450 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 08:28:49 ID:QvupL/Bv
使い捨てじゃなくて、神様にしてくれるところが
日本のありがたいところだな。
ありがたや、ありがたや

451 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 09:31:24 ID:q5vrdXUI
>>450
日本の神様っつーのは、何時でも何処でも
熱湯を入れれば好きなだけ生産できる
カップラーメンみたいな存在っつーことだね。
それで喜んでいるんだから、安上がりな民族だな。

452 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 10:04:52 ID:G7JSs24O
>>446
>国の報告・名簿に基づくのは当たり前でしょ

>>379に有る通り、れを厚生省が「戦没者」・「公務死」担当の省庁として靖国神社に資料提供している。
それに対してバカ左翼が政教分離に反すると意味不明なイチャモンを付けている訳だw


453 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 10:06:21 ID:G7JSs24O
れを厚生省が→それを厚生省が

454 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 12:38:38 ID:PeezNcXk
「事件起こせば警察が何とかしてくれる」 通り魔事件で女が供述

東京都渋谷区渋谷の東急百貨店東横店前の通り魔事件で、
殺人未遂の現行犯で逮捕された自称・住所不定、無職、北川初子容疑者(79)は、
警視庁渋谷署の調べに「所持金もなく、事件を起こせば生活は警察が何とかしてくれると思った」と供述した。
逮捕時の所持金は約6500円だった。大阪府出身とも話している。(産経新聞)

455 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 12:53:51 ID:ixa78jOA
>政教分離に反すると意味不明なイチャモンを付けている
それは、オマイが政教分離の意味を知らないからなんだよ。
知っていれば旧厚生省が行ったコトが、いかにヤバイ違憲性を帯びた行為か分かる。


456 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 13:02:19 ID:azJ6ZqF5
★慰安所(英名:The Rape Center)の経営者(BC級戦犯)を政府が靖国神社に合祀★

 「まずは、目立たない範囲で」と旧厚生省側が戦犯の合祀を靖国神社に指示していたことが明らかになった。
東京新聞によると合祀されたBC級戦犯の中には12才の幼女を拉致して性奴隷にした強姦所の経営者も含まれていた。
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
毎日新聞 2007年3月29日 12時37分
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070329k0000e070062000c.html

★国が主導して靖国神社に戦犯合祀を進める=靖国問題で国会図書館が刊行★
http://www.asahi.com/national/update/0328/TKY200703280359.html
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007032800988


★白馬事件の強姦魔を政府の肝いりで靖国神社に合祀★
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
政府と旧厚生省の主導により、1943年にインドネシアで強姦所を開業後、オランダ軍による戦犯裁判で
強姦の有罪判決を受け、46年に現地で獄死した強姦魔(岡田少佐)について、日本の旧厚生省と靖国神社が
69年に神様として合祀を決めていたことが分かった。 (東京新聞3月29日=28日、国会図書館公表の「新編 
靖国神社問題資料集」に明記)

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/05/0705j0417-00001.htm
http://www.videonews.com/asx/press/070417_jwrc_300.asx

457 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 13:28:28 ID:IvcgIb4n
456、62年前より、
現在の3万〜4万人の日本国内で働くの韓国人の風俗女性、
鶯谷の韓国売春婦や各地の韓国エステなんとかしろよ。
新宿じゃホストまで居るぜ。
皆風俗は警察の管理下で、今に警察が関与謝罪賠償と・・・



458 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 15:10:02 ID:y8T+cVMv
【韓国】外務省:「中国での反韓感情は、両国間の交流が増えた結果のようだ。交流するとなぜ嫌韓になるのか不明だが…」[08/21]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1219466946/l50

「知れば知るほど嫌いになる国 姦酷」って真理なんですね〜w

459 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 15:30:05 ID:3nCzsv48
>>455
>ヤバイ違憲性を帯びた行為
おいバカ絵文字!
お前は靖国嫌いの朝日が報じた、遊就館の戦犯遺書を旧厚生省が収集依頼した件を言いたいのだろうが
政治の宗教介入を目くじらを立てやたらと騒ぎたて、宗教の政治介入はスルーなんだなw

ことの重要性はどちらが大きいかの認識くらいできる頭も無いのか?



460 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 16:07:36 ID:ixa78jOA
>宗教の政治介入はスルーなんだなw
関係ない話題を持ち出して議論を阻害する、いわゆる詭弁のテンプレ通りのレスだな。


461 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 16:11:48 ID:WUsSaIcs
>>460
高々戦死者の情報提供ぐらいで騒ぎ過ぎなんだよ、政教分離なら公明党の存在の方が被害甚大だろ
池田大作が国を動かすなんて何の冗談だよ

462 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 16:15:29 ID:ixa78jOA
>政教分離なら公明党の存在の方が被害甚大だろ
これも詭弁のテンプレ通り。


463 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 16:20:18 ID:WUsSaIcs
政教分離の重大違反者の公明党が、靖国の情報提供如きの軽い違反を糾弾って何の冗談なのかって話だろ
殺人犯が立ちションを責めている様な物だ、大笑いだろ?

464 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 16:22:16 ID:ixa78jOA
だれも公明党の話題なんてしていない。
すり替えするな。


465 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 16:29:29 ID:3nCzsv48
(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6
この大馬鹿者は大作支持者だったんだねw
コテの絵文字も大作によく似ているなwww

466 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 16:31:58 ID:azJ6ZqF5
(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 さんは、創価と無関係。


467 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 16:34:59 ID:3nCzsv48
なら誤解されんように大作絵文字変えるんだな!w

468 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 16:36:33 ID:WUsSaIcs
詭弁の塊の様な存在の公明党を擁護する為に「詭弁だ」と叫ぶ奴って面白いね
公明党なんか日本の中で存在しちゃいけない存在だろ

469 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 16:39:43 ID:3nCzsv48
(○´ー`○)はダイサクタ〜ン ◆cwkQcZxsX6
コテはこれに変えろ!>>464


470 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 17:01:38 ID:azJ6ZqF5
結局、無敵君たちは論戦を挑んでるフリをしてるけど
論で敵わなくなると、詭弁のガイドラインに沿って論を放棄し、
在日レッテル・反日レッテル・創価レッテル。

レッテルを貼れば勝ち。無敵君は絶対無敵。

議論と無関係なレスでも、ともかく数で埋める。
埋め立て完了して、相手があきれ果てていなくなったころ
反論はまだか?と問いかける。相手はいないので勝利。

「本当の勝利」と確信してるからすごい。

さすが無敵君。

471 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 17:22:41 ID:WUsSaIcs
>>470
「詭弁だ」しか言い返せない「(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6」は、どう見ても負けだろ
2人しかいないのに「数で埋める」って酷い被害妄想だね

472 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 17:27:31 ID:l7O/qD4K
N速もコテが来るなんて珍しいね。

473 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 17:29:17 ID:l7O/qD4K
「N速のコテ〜」だったよ。

474 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 17:51:13 ID:3nCzsv48
>>470
ウヨレッテル・バカ右翼レッテル・国士レッテル・・・等々
レッテル貼りのみでしか返せない超無敵クンがいることも忘れるなよ!

バカレスにはそれ相応のレスで返し、
マジレスにはそれ以上のマジレスで返す。
これって2の常識じゃろがw

>「本当の勝利」と確信してるからすごい
えっ!真剣勝負なのか?2は、程々の教養と、程々の馬鹿振りを
カキコする遊び掲示板だと思ってたよw

さすが超無敵クン。



475 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 18:25:44 ID:ixa78jOA
あららw
スレ違いやテーマ違いを指摘したらソウカ認定されちまったよw
ここのネットウヨがいつまで経ってもレベルが低く、まともな議論が成立しないなんて
言われるのも無理はないよな。こんな低レベルなレスしかできないんだから。


476 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 18:29:53 ID:3nCzsv48
だからお前のコテハン絵文字何とかしろや
大作に見えてしょうがない
お前が違和感なく使ってる事に、違和感を覚えるぜw

477 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 18:36:23 ID:ixa78jOA
この顔文字はなっちなんだが。
つうか、アホの要求は飲めない。


478 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/23(土) 18:39:53 ID:ixa78jOA
オレは犬作は嫌いだが、石原さとみは大好きだ。
ソウカだろうと構わない。


479 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 18:45:19 ID:Cv92O5H+
>>477
なっちは頬●だろ常考w

480 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 19:15:20 ID:2wnhMW/z
>>477
http://soejima.to/souko/visual_data/img20041123224724.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/737.jpg

なるほど何となく似てる (○´ー`○)

481 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 19:26:52 ID:QvupL/Bv
そもそも、宗教の政治介入と、政治の宗教介入と、どっちが問題かと問われれば、
政治の宗教介入こそ問題なんだけどな。

つーか、創価学会のどこが問題なんだかわからん。立正佼成会とかだって選挙協力ぐらいするだろ。
教祖を国家権力に殺されていながら、首相の靖国参拝を黙認してるようなヘタレ宗教に何ができるものかw
創価学会って自己満足の為に選挙を利用してる、選挙オタクみたいなものだろ。
創価学会を利用してる自民党には嫌な感じするけど、創価学会自体は人畜無害だろ。

482 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 19:28:36 ID:azJ6ZqF5
 
ネットウヨが議論のテーマであった靖国神社から必死に偏向を試みてる件について。

483 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 19:34:36 ID:YxuUdnfh
結論は出てるし、その結論はネットウヨ以外には周知されちゃった状況だし、
話題を逸らすか、信仰告白を続けるか二者択一なんじゃないの?

間違いだらけの認識を改める気はさらさらないようだし。

484 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 19:59:49 ID:QvupL/Bv
>>482
靖国神社はウヨクにとって、まあ弱点なんだろな。
この板からも、靖国神社のスレは消えてしまったw

保守思想の持ち主は、いい加減に靖国神社を切り捨てるべきだろ。
あの神社だけで、かなり保守勢力の印象を悪くしてるぞ。
富田メモ捏造説とか、戦犯無罪説とか、ウヨクがトンデモ主張に走ってしまうのも
結局は、今の靖国神社を擁護しようとするからなんだよな。
もう見捨てちゃえよ。あんなバカ神社。

485 :(○´ー`○)はカワイイ ◆Sa5SBMSRMc :2008/08/23(土) 20:21:29 ID:4VnU9U5z
ネットウヨの主張の大半は遊就館のまんまだからな。
一般日本人の意識とは相当乖離した自慰行為史観。

我国の自存自衛の為…皮膚の色とは関係のない自由で平等な世界を達成するため、
避け得なかった戦ひがございました(『遊就館図録』靖国神社宮司の「ご挨拶」)

日中和平を拒否する中国側の意志があった。…広大な国土全域を戦場として、
日本軍を疲弊させる道を選んだ(『遊就館図録』)

資源に乏しい日本を、禁輸(石油などの輸出禁止)で追い詰めて開戦を強要(『遊就館図録』)



486 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 20:35:36 ID:azJ6ZqF5
 
「太平洋戦争はアジア諸国を開放した聖戦だった」と

当のアジア諸国に対してや、旧米英連合軍諸国に対して
宣言したらオモシロイことになるでしょう。

487 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 20:40:09 ID:azJ6ZqF5
>>485
その記述の写しを取って、国連か米国に持っていったら
オモシロイことになりそうですね。

488 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 20:41:06 ID:sCkGOOD8
やってマイナスになる行為なんぞ誰もせんよ。

489 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 20:45:46 ID:QvupL/Bv
>>486-488
アメリカは、とっくに知ってるよ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-16/2006091601_02_0.html

490 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 20:47:47 ID:azJ6ZqF5
>>489
Thanks です。

こうやって、アホウヨはアメリカからも見捨てられ、
アメリカを逆恨みするようになるんでしょうね。

491 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 20:49:48 ID:sCkGOOD8
いいんじゃないの。アメリカ離れが進むことは、一方の連中にとっては諸手を挙げて歓迎すべきことだろう。

492 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:05:20 ID:4Xplbqan
日本が62年前に、撃ち方やめにした後に
中国、韓国は朝鮮・ベトナム戦争に参戦して、
アジア人を殺しているジャン。
韓国はWW2は日本軍として、ベトナム戦争は米軍と
中国は近隣諸国と・・・  対して変わらんよ。


493 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:08:57 ID:wn7IqUXv
ソースが赤旗という嫌味がわからない44歳

494 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:12:29 ID:WUsSaIcs
神社の要請に従って名簿を渡すのは介入とは言えないよ
政治の宗教介入って言うのは、靖国神社に対して「A級戦犯を分祀せよ」って命令することでしょ
つまり、野党が宗教への政治介入を要求しているんだよ

495 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:13:52 ID:azJ6ZqF5
>>494
>>455-456

496 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:26:25 ID:QvupL/Bv
>>494
靖国信者は野党にも多いのだが、それは置いといて

靖国に反対する人は、誰も戦犯分祀なんぞ要求しとらん
あれは、靖国に天皇やら首相やらを参拝させたい権力主義者どもが、
アホな靖国神社を、もう少し世間一般に受け入れられないかとやってるだけの話。
サヨク的には、靖国神社は、いつまでもお馬鹿な神社であって欲しいので、
戦犯分祀(一緒に遊就館も潰さにゃ駄目だろうがw)なんかして、マトモになっちゃあ、つまらん

497 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:32:43 ID:WUsSaIcs
>>496
分祀を要求しているのって主に中国でしょうね。そして所謂親中派という人たちが「政治の宗教介入」を絶賛要求中ですよ

498 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:36:17 ID:krUjOsHD
別に靖国に反対しようが賛成しようが、好きにすればいいけどさ。
分祀という言葉は使わない方がいいと思うな。

499 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:37:35 ID:QvupL/Bv
>>497
A級戦犯分祀したら、中国が首相の靖国参拝を許してくれるとでも思うのか?
甘いんだよ。バカw

500 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:45:53 ID:YxuUdnfh
靖国から、右翼と区別が付かない神職や頭のおかしい戦争博物館の展示内容、
下品極まりない鳥居や門扉といった宗教色、そんなのを全て取り去って国営化すべきだろうな。

国家として靖国で顕彰するんだから、まともな愛国者は反対しないと思うが。

501 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 21:53:02 ID:azJ6ZqF5
ですね。

502 :日出づる処の名無し:2008/08/23(土) 23:53:20 ID:h6dtCCLS
いわゆるA級戦犯を「国家功労者」として祀られると、
いろいろと不都合だから、外すか、せめて特定の要人は参拝を控えてくれ、
ってのが中国側の要請なんでしょ?

503 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 00:28:09 ID:zE+1aNMS
ま、アホの左巻きがここに集って何を喚こうが靖国神社は
何も変わらんと言う事だけは間違いないな。

勿論、変わらにゃならん理由は何一つない訳だがw

504 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 00:35:35 ID:z/gDUBaD
もう少し空気も読めるようにはなってほしいところだが。
うまく折衝出来るようにならんとやっていけんよ。

505 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 00:44:04 ID:zE+1aNMS
ほう、バカ左翼の臭い合唱が空気ねえ・・・w

ま、それはいいとして、何か靖国に関する馬鹿左翼提案でもあるのかな
あればお聞かせて頂こうか


506 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 00:56:18 ID:YYwuwSkP
A級戦犯合祀がってくだりは理解できないこともないけど、たかが神社に政教分離って理解不能なんだよね
日本人は神社に宗教なんて意識は殆ど無いから???の嵐だよ。クリスマスにケーキ食うのと初詣は何も変わらんからね
やっぱりそれを主導しているのは、神社の鳥居くぐるのさえ拒否するあの集団なのかね。
はっきり言って気持ち悪い

507 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:04:58 ID:rX2GaKs7
近所の稲荷と靖国をいっしょにすんなよ。

カソリックと統一協会くらいに日本人の意識としては違うものだな。

508 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:11:49 ID:PZlZwaMU
・・・近所のお稲荷さんには、愛着ある。

509 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:12:13 ID:YYwuwSkP
そうかな?宗教ってのは変な集会所に集まってセミナー開いて壺だとか仏壇買わせたり
新聞家族の人数分買わせたり選挙の時にいきなり友達面して電話掛けてくる連中だと思っているよ
靖国より、靖国を嫌悪する奴らの方がよっぽど宗教的に見えるんだよなぁ

510 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:21:42 ID:PZlZwaMU
靖国神社で神学論争ってのも、
ちと、なんか違う気はするわな。

511 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:22:30 ID:zE+1aNMS
>>506
恩給法と戦傷病者戦没者遺族等援護法で公務死と認められた者を合祀予定者とするわけで、
公務死たるA級戦犯が合祀されることに何ら問題はない。

政教分離に関しては例の朝日新聞の告発も含め左翼政党が政争の具にしているだけだ。





512 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:24:07 ID:JewuWDKP
>>502
一般的にそれは「内政干渉」といいまして、
通常の国家は拒否する権利があります。

513 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:26:10 ID:PZlZwaMU
日本の要人が靖国神社に参拝すると、
中国の内政に干渉しちゃうんだろうねぇ。

514 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:33:07 ID:Ipe7prxt
日本人は「A級戦犯」を戦争犯罪人だとは考えていないから。
中国がこれについてとやかく介入するのは、内政干渉だろ。
一切無視でいいんじゃね?


515 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:35:37 ID:Ipe7prxt
毅然として参拝すればいいだけ。
中国の言い分を少しでも気にするから外交カードにもなる。
天皇陛下が参拝すれば、中国は何も言わなくなるという観測もあるな。


516 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:36:28 ID:PZlZwaMU
誰も騒がなければ、
何も問題ないとは思うんだけどね。

517 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:37:05 ID:zE+1aNMS
>>513
日本の信教の自由では、何人に対してもこを保障するとされている。
政治家であっても宗教および思想については制限を加えることができない。
更に政治家の参拝は宗教的行為ではなく、習俗的行為であるから政教分離原則にも抵触しない。

支那や朝鮮がぐちゃぐちゃ言うのは紛れもない内政干渉にあたる。

518 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:45:17 ID:YYwuwSkP
ただ靖国参拝って宗教儀式じゃなくて、大戦で犠牲になった人たちに対する追悼なんだよね
神社であるってのは日本人の追悼のスタイルってだけで、アーリントン墓地と同じ物だよね
朝から晩までお経を上げたり、稼ぎの半分も教祖様に捧げる行為とは別物だよ

519 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:47:12 ID:PZlZwaMU
中国が気にしてるのは宗教的云々じゃなくて、
政治的に困る、ってことじゃないんか。

520 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:54:24 ID:zE+1aNMS
>>518
その通り、
そこに共産党や瑞穂党がピントのずれた屁理屈をこねイチャモンを付けてるんだなw
両党ともに国内の遺族や戦没者には目を向けず、支那や朝鮮人の目線になってるだけだね。

>>519
胡錦濤は支那人民の心を傷つけ踏み躙ると言ってるなw

521 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:56:32 ID:YYwuwSkP
中国ってこの件に関しては比較的冷静なんだよね。安倍政権でも福田政権でも総理が参拝しなかったことを評価していたりして
うるさいのは朝鮮や在日、創価、政権から引きずり下ろそうとしている野党。そしてサヨクとその手先のマスコミの方だよね

522 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 01:57:11 ID:Ipe7prxt
>>520
その中国は、日本人の心を傷つけ踏みにじっているけどな。
お互い様だ。


523 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:02:32 ID:YYwuwSkP
>>522
中国は、世界最狂って地位を旧日本軍に押しつけたいだけじゃないのとも思うよ
どう考えても狂っているのは奴らだし、史上最狂の国家だけどね

524 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:06:27 ID:PZlZwaMU
中国主観で、大日本帝国は指導者連中が悪かったけど、
そいつらは成敗されたから、新しい日本とは仲良くできるんだよ、
ってな方向に話を持っていったら、

「旦那、旦那、あいつらA級戦犯が祀られてる靖国に参拝してやすぜ」とか、
余計なことを言いに来て、挙句にキャンペーンとか始めるもんだから、
正式に抗議せざるを得なくなる中国。

つかなんだ、この構図。

525 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:06:40 ID:JewuWDKP
>>522
おいおい、靖国参拝して中共人の心が勝手に傷ついたのは小泉1人だが
日本人の心を傷つけ踏みにじってるのは13億だぞ。


526 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:07:59 ID:RVuUD8n7
日本国千葉県千葉市の真実。

- 連続強姦殺人犯、地主薗(じぬしぞの)・・連続殺人犯・小野悦男、藤原清隆(勝田清隆)、宮崎勤など多数。
- 連続強姦殺人犯、獄場(ごくば)   ・・・・千葉市中央区蘇我町、美浜区高浜の連続強姦殺人事件。
                    (地主薗が2名事情徴収され連続殺人犯と言われていたが、犯人は、獄場。)

地主薗、獄場は千葉市民。 千葉市民(原住民)は、全部、穢多非人。
多くのものが、江戸川区など、日本各地に、転居している。  血液型は、全部、O型。
ほとんど全部が、梅毒(黴毒)ビールス感染者。淋菌感染者、HIVウィルス感染者もいる。

地主薗や獄場などの現在の主な苗字は、
古川、小野、鈴木、藤原、松本<麻原>、川島、山地、山城、林、川俣、都井、野崎、畑瀬、代古、中原、大原、星島、菅野、
小林、小原、上部、神谷、押谷、八木、加賀山、森川、森、近藤、岩瀬、西口、古谷、古屋l、酒田、榊原、緑、西山、大野、
宅間、畠山、片山、南、内山、市橋、吉崎、清田、三浦、川崎、佐川、千葉、諸橋、安斉、藤田、馬込、小池、本藤、上妻、
高橋、太田、宮崎、坂本、中元、志村、福田、奥野、奥田、荒木、荒井、吉田、高田、五味、幅、阿部、金川、及川、加藤、
戸田、酒井、坂田、杉村、佐々木、財津、大野、石橋、岩崎、栗田、菅、梅川、来栖、高山、中尾、植村、川上、福迫、迫、
本橋、笠、柳、西村、後藤、金山、藤村、地主薗、江成、糸谷、児玉、佐藤、斉藤、木内、武田、佐竹、藤村、組山、藤代、
勝田、野地、安田、岡崎、豊田、山崎,、市原、安藤、竹内、松田、益子、永田、永山、妻木、東條、坂巻、西本、
など多数。  (ほとんど全部が、殺人等、凶悪事件などを起こしている。)

* 苗字の数が多すぎて書き込みエラーになった。少し削除した。
* 地主薗、獄場は創価学会の主な構成メンバー。
* 創価学会は、連続強姦殺人犯血縁連合体。  オウム真理教も同様。主な、居住地は千葉市。
* 殺人犯など凶悪犯のほとんどは、千葉市民。

* 生業は、様々。汲み取り事業、土木建築業などや、官公庁に多くいる。
(主に、千葉県、千葉市、四街道市、東京都、匝瑳市、旭市、名古屋市、大阪市、福岡市、熊本市、大分市、大分県などの
職員。特に、千葉市に限っては、全部、地主薗や獄場などの関係者。) また、中央、地方を問わず、特別職員にも多くいる。



527 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:11:22 ID:PZlZwaMU
つまるところ、中国と仲良くされても困る人たち、
とかいるのかな。

・・・まあ、いろんな方面に配慮が必要で困るな。

528 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:12:33 ID:zE+1aNMS
>>521
メディアは大いに問題ありだよな、
8月15日にNHKを始め政治家に同じコメントを求める恒例のアレなw
恥ずかしいな左向け左の報道、各局記者の本音を逆インタビュウしたいくらいだよな。

>>523
>史上最狂の国家だけどね
同意!五輪を機に少しでも民主化してほしいよな・・
チベットはじめ少数民族に対する弾圧は狂気の沙汰だよな
南京事件の捏造記念館なんかより、てめーらが虐殺した同胞の記念館でも作れば?だよな

529 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:14:31 ID:YsN8GIwr
>>518
追悼じゃなくて顕彰な。

強制的に戦争に連れ出されて死んじゃった人達を、「よくやった」と称えて神様扱いしてる。
ついでに、彼らを戦争に連れ出した張本人達も神様。
静かに追悼するならともかく、靖国で褒め称える方式は日本人には馴染まない。

日本の追悼は、昔っから仏さんの仕事と決まってるw
神道で祀るのは、祟りをおこすような死者を慰める場合とかかな。
英霊は祟るのか?



あと、


530 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:15:40 ID:DgjGbx4I
>524
靖国参拝してもしなくても日本人は困らないんだが

参拝すると、中国の今の指導者が確実に困るんだよ、反日で煽ってた上海に
篭ってる誰かさんのせいで。

しかもその誰かさんは権力奪回のためにうごめいてる・・・て中国の内戦の話
でしかないな、これは。

531 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:17:45 ID:PZlZwaMU
一つだけ勘違いされたくないのは、
靖国に祀るのは結果への対応であって目的ではない、
ってことだが。

532 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:19:53 ID:YsN8GIwr
>>528
確かに、靖国に関する報道は問題あるね。

靖国のいびつな歴史観とか、8月15日の靖国は右翼の溜まり場になってることとか、
そういう本質的なことをマスコミは隠してるんだよね。
米議会が靖国参拝に反対したことだって、まともに伝えたのは赤旗くらいだろ。
靖国神社が、いかに異様な神社であるか、きっちり報道すべきなんだよ

533 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:22:00 ID:PZlZwaMU
神社だから鎮まってんじゃないのか。

534 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:23:27 ID:YsN8GIwr
>>531
>靖国に祀るのは結果への対応であって目的ではない

そりゃそうだろw
靖国で祀る目的のために、赤紙で招集した訳じゃないもんな。
召集した結果、死んじゃったから、お祀りして対応したんだろ。

誰も勘違いして無いと思うが?

535 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:25:28 ID:PZlZwaMU
念のためね。

536 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:27:55 ID:YYwuwSkP
>>532
共産党が、戦前に強盗や人殺し上等の団体で、治安維持方って奴は犯罪集団の共産主義者を
取り締まる為に作られたってのも報道しないからおあいこじゃね
尤も靖国には旧連合軍を含む世界の要人(韓国の武官まで)参拝に来ているんだけどね

537 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:38:46 ID:YsN8GIwr
>>536
戦前には、強盗や人殺しを取り締まる法律が無かったのかよw

マスコミは臆病だけど馬鹿じゃないからな。
どこぞの右翼みたいな、アホな理屈はさすがに報道できないだろw

538 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:45:38 ID:YYwuwSkP
>>537
強盗起こした後に取り締まる法律はあったが、起こす前に取り締まれなかったんだよ(今でもそうだが)
彼奴らの「革命の為には何やっても許される」って危険思想は、自由主義の中でも許される物ではない

539 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:52:29 ID:Ipe7prxt
革命って、何のために起こすの?
素朴な疑問。

想像するに、
日本に嫉妬した三国人が日本をメチャクチャにするのが革命。


540 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:53:26 ID:YsN8GIwr
>>538
今でも、起こす前に取り締まれないのは当たり前w
まあ破防法という法律はあるけどな。知ってるかい?

「悪いことしそうだから」ってだけで、誰かを牢屋にぶちこんじゃうのは危険なんだよ。
思想信条の自由や、言論の自由というものが、自由主義つーか民主主義国家の基本。
戦前の日本は、その意味で民主主義国家では無かったんだな

541 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:54:56 ID:zE+1aNMS
日本共産党の歴史は大御所のソ連や支那に負けない
粛清の名の下の血塗られた歴史だからなw
左翼としての本流かと思きや、やってることは連合赤軍に類似してるんだよなw


542 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 02:57:53 ID:PZlZwaMU
今の武士は間違ってる、
って新しい武士が出てくるのが、
革命なんじゃね。

でも、武家の商法ってのは、
決して褒め言葉ではないわな。

543 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:04:34 ID:YsN8GIwr
共産党が駄目な団体であっても、治安維持法による言論や集会の弾圧を
肯定する理由にはならんと思うけどねえ

ちなみに戦前の共産党で、政治犯として死刑にされた者はいないんだな。
ある意味、共産党は守られていたんだ。
本当に弾圧されたのは、大逆事件の幸徳秋水とか、大杉栄とかの一派。
俺は何となくだが、アナは好きだけど、ボルは嫌いだな。

544 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:05:59 ID:zE+1aNMS
終戦間際にもソ連型共産主義を目指す一団が参謀本部内に結構いたんだよな。
彼ら貧農出身者の将校たちは本土決戦と一億総玉砕を画策し敗戦革命論を実行しようと
マジに考えてたようだなw
大日本帝国の断末魔は親ソ共産主義者に脅かされたってかw

545 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:14:27 ID:YsN8GIwr
>>544
アホな大日本帝国の崩壊は見えてるんだからな。
ソ連型共産主義を夢見るのも無理はない。アメリカ型民主主義は知られて無かっただろうし。

つーか、大日本帝国が駄目なのは、北一輝とかだって見通してただろ。

546 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:15:55 ID:YYwuwSkP
>>543
治安維持法が、行き過ぎた暴対法だと思えば少しは許されると思うんだけどね
逆に貴方の言う様に政権内部まで浸食した奴らには無効だったザル法とも言えるが

547 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:22:25 ID:zE+1aNMS
>>545
ただし参謀本部内のイデオロギー対立の為東京大空襲から
二発の原爆投下まで天皇のご聖断(玉音放送)が遅らされちゃったんだぜ!
その半年間に何人の国民が無駄死にしたことか

共産主義者もまた人民の目線には立ってなかったんだね。

548 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:23:05 ID:YsN8GIwr
>>546
>行き過ぎた暴対法だと思えば少しは許されると思うんだけどね

暴対法は、ヤクザ映画を取り締まったりしないだろ。
ヤクザ映画のビデオを隠し持っていただけで逮捕とかされたらたまらんw

549 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:25:02 ID:PZlZwaMU
共産主義者がいたのか知らんが、
国民なら共産主義者でも国民だろ。

550 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:28:54 ID:YYwuwSkP
>>548
だから「行き過ぎた」ってかいてあるんだけどね。ただ、あの時代にロシア革命みたいな物起こされていたら目も当てられないよ
一応日本を共産革命から守ることに成功したんだから、一定の評価を与えても良いと思う

551 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:30:43 ID:YsN8GIwr
>>547
>その半年間に何人の国民が無駄死にしたことか

沖縄戦の死者とか、神風特攻隊とか、明らかに無駄死にだもんなあ。
イデオロギー対立だか何だか知らんが、
馬鹿な戦争遂行者のおかげで、国民が犠牲になっていくんだよな。

552 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:33:02 ID:PZlZwaMU
死ぬのが無駄なら、
生きるのも無駄だろ。

553 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:34:24 ID:zE+1aNMS
共産主義者はいつの時代もそれなりの根をはっているわな。
幹やら茎やらは見えなくても、ほったら根がふぉ核は無いんだが広がってる
焼き畑で根絶するしかないんなw




554 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:35:24 ID:YYwuwSkP
ミッドウエー敗戦で大勢は決したんだから、あそこで降伏するべきだったと思うよ
あれ以降良くなる可能性0だったんだから諦めないとね

555 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:36:29 ID:YsN8GIwr
>>552
例えば、通り魔に殺された人とかって、無駄な死だったと思うんだよ。
だけど、その人が生きていたことは無駄ではなかったと思うんだな。

556 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:38:04 ID:PZlZwaMU
生きてるから死ぬんだろ。
死人は死なない。

557 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 03:58:06 ID:PZlZwaMU
もういっぺん言っとくか。
念のため。

靖国に祀るのは結果への対応であって目的ではない。

558 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 04:12:16 ID:ZGVSR4xq
明治二年の靖国創建から130年。
中共北朝鮮韓国の建国より長いじゃん

559 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 04:21:54 ID:PZlZwaMU
死を肯定しろとは言わんけど、
生きたことを否定しちゃマズいわな。

560 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 16:06:11 ID:Pp9/LIh8
薬害エイズ、タミフル、狂牛病、郵政民営化、派遣ピンハネ率10%→30%改悪、違憲の強制動員式の裁判員制度・・・すべてアメリカの圧力
自民党、親米系官僚、帰化人弁護士に乗っ取られた日弁連、安保体制の盲目的擁護・・・などの政治的暴力によって日本国民が虐待されています。

561 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 16:48:08 ID:WsEAA/Lh
>>264
A級戦犯は国内法上も国際法上も犯罪者だけどな・・・
サンフランシスコ条約で、裁判を受諾してるのだから・・・

平成十七年十月二十五日受領
答弁第二一号
  内閣衆質一六三第二一号
  平成十七年十月二十五日
内閣総理大臣 小泉純一郎
       衆議院議長 河野洋平 殿
衆議院議員野田佳彦君提出「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問に対し、
別紙答弁書を送付する。
(中略)
二の1について
 極東国際軍事裁判所の裁判については、御指摘のような趣旨のものも含め、法的な諸問題に関して
種々の議論があることは承知しているが、いずれにせよ、我が国は、平和条約第十一条により、同裁判
を受諾しており、国と国との関係において、同裁判について異議を述べる立場にはない。
二の2について
 極東国際軍事裁判所において被告人が極東国際軍事裁判所条例第五条第二項(a)に規定する平和に
対する罪等を犯したとして有罪判決を受けたことは事実である。そして、我が国としては、平和条約
第十一条により、極東国際軍事裁判所の裁判を受諾している。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b163021.htm

562 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 17:57:32 ID:gWDNOyFc
>>561
じゃあその極東国際軍事裁判所の法源は?

563 :(○´ー`○)はカワイイ ◆Sa5SBMSRMc :2008/08/24(日) 19:15:47 ID:afQcy8N4
法源の意味を分かってるか?


564 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 19:37:03 ID:YYwuwSkP
>>563
創価の人乙です

565 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 19:38:27 ID:6WQ4Fe43
>>563
ダイサクタ〜ン乙

566 :(○´ー`○)はカワイイ ◆Sa5SBMSRMc :2008/08/24(日) 19:40:40 ID:afQcy8N4
いつの間にかソウカ信者になってるんだなw


567 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 20:44:43 ID:vI3mAWDk
本日、NHK教育テレビ 22:00〜23:30 (90分)

ETV特集 「シリ―ズBC級戦犯」 第2回

が放送されます。

〓番組内容〓

 5700人が裁かれ934人が処刑されたBC級戦犯裁判。ニュ―ギニアで敵ゲリラの殺害に関与したとされ
20年の有期刑を受けた飯田進さんは、獄中で自らの戦場体験を見つめ、戦前・戦後の日本社会の
矛盾を訴え続けてきました。

 叔父がマレ―半島で華僑虐殺を指揮したとして処刑された橋本和正さんは、裁判資料を読み、事実そのものに
向き合おうとしています。今なお戦犯裁判の意味を問い続ける元BC級戦犯とその遺族たちの声を伝えます。

568 :日出づる処の名無し:2008/08/24(日) 20:51:24 ID:z/gDUBaD
醍醐忠重まで処刑されているからな

569 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 01:00:57 ID:eKV5ggbC
>>566
創価信者にお前みたな性格の奴が多いからだろ

570 :(○´ー`○)はカワイイ ◆Sa5SBMSRMc :2008/08/25(月) 01:11:07 ID:MtYmLTGt
>>567
見応えがあったな。特に戦犯として裁かれた人物の言葉。
「アジアを開放するという理想に疑問を持った」とゆ〜証言は重い。
命令で罪のない子供や女性を虐殺せざるを得なかったとはいえ、
苦悩の大きさは察してあまりある。


571 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 01:22:35 ID:PugeO+8E
・・・華僑とは微妙な距離感だなぁ。
愛想半ばする・・・いや、違うか。

でも、タイの王様が世界一の金持ちだ、
とかってのは、どうかと思わんでもなかったり。
南米の反米の例とか見ると。

572 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 01:24:03 ID:PugeO+8E
訂正:愛想→愛憎

なんとなくググって見たら、
愛想でもヒットしてワロタ。

573 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 01:27:51 ID:Pm3z8BKT

朝鮮史しか知らなくても納税してれば日本人に決まってるだろ
日本史をよく知っててもニートなら非国民だろ


574 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 01:28:36 ID:1gYSScRP
>>570
きちんとした検証に基づいたよいドキュメンタリーだった。
戦犯の気持ちが痛いほどよく分かった。

まさに当事者であった彼らの声を聞こうとせず独自の狂った宗教を立ち上げて
デタラメ思想と歴史を流布する靖国神社とその取り巻きの愚かなこと。


575 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 01:36:52 ID:dUBqAkgV
>>570
ダイサクはカワイイのくせに、たまにはいい事言うじゃないかw

576 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 03:55:42 ID:64kkRTVP
>>561
ただ国内法的には昭和殉難者たちは無罪なんだけどね。

577 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 04:02:48 ID:PugeO+8E
また繰り返すんじゃないか、
とか言われたら心外だけど、

国家がケツまくったら、
どうにもならん。

578 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 04:03:29 ID:1gYSScRP
>ただ国内法的には昭和殉難者たちは無罪なんだけどね。

どのような法律によって無罪が確定したの?

579 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 04:05:14 ID:PugeO+8E
それ言ったら、
どのような法律によって裁かれたのか、
って話になるけどな。

580 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 04:15:23 ID:1gYSScRP
>>579
通例の戦争犯罪に基づく罪および人道に対する罪という
国際条約に基づいた法と国際慣習によって裁かれた裁判でしょ。

裁判があるから無罪有罪が確定する。

裁判を経ずして無罪は無い。

581 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 04:21:17 ID:PugeO+8E
で、裁く権利の根拠は?

582 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 04:26:51 ID:1gYSScRP
「裁く権利の根拠」の意味が不明。
>>580で解答になっていると思うが?


その根拠・根拠・根拠のおねだり論に付き合うと

じゃあ、それの根拠は?
答え
じゃあ、それの根拠は?
答え
じゃあ、それの根拠は?
答え
で、永遠に議論が空回りする。
これに相手が付き合うのは小学生まで。

583 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 04:48:25 ID:PugeO+8E
オランダは、世界のすべてに法の裁きを下してるようだね。

584 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 11:44:12 ID:dm+9eTjP
人道に対する罪ねぇ

585 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 14:27:17 ID:jCgdZFBN
>>580
>裁判があるから無罪有罪が確定する

そうばかりでもない。一旦別の裁判で有罪が確定した人間を裁判以外で「赦免」すれば
無実となる。

586 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 14:28:54 ID:jCgdZFBN
ちなみに戦犯の有罪理由に「人道に対する罪」は含まれていない。


587 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 18:23:18 ID:VuxCO5qE
>>585
完全に逆だろw

再審のような裁判制度を通じて赦免されれば無実だが、
恩赦や超法規的措置(w)で赦免されても、無実にはならない。

588 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 18:26:13 ID:1gYSScRP
>>586
>ちなみに戦犯の有罪理由に「人道に対する罪」は含まれていない。

含まれてたよ。

589 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 18:27:10 ID:1gYSScRP
>>585
赦免されたっけ?

590 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 18:47:35 ID:up11UY1N
>>588
不遡及の原則に反した野蛮な法であるけどな
こんな事やるのは他には朝鮮ぐらいだ

591 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 18:49:38 ID:1gYSScRP
また、ネットウヨの愚痴とやっかみか。
毎度レッテルは得意だけど論は苦手だよね。

592 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 18:53:13 ID:CCUb7Nlo
現実にはドイツと日本があらん限りに侵略と破壊をしまくったために、
ワシントン体制もハーグ戦時法も適用できない事態にまでなったのが
第二次大戦。だから「不遡及の原則」なんて言い訳にもならない。


593 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 18:56:58 ID:up11UY1N
>>592
じゃあ、仮に今から人類に対する罪ってのを今からでっち上げて、大作死刑にしても構わないのか?

594 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 18:58:45 ID:CCUb7Nlo
でっちあげはマズイだろうw
事実に基づかなければ何人も裁けはしない。


595 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:00:20 ID:up11UY1N
>>594
平和に対する罪もでっち上げだが何か?
こんなのが正常なら大作死刑でOKだろ

596 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 19:02:51 ID:CCUb7Nlo
>平和に対する罪もでっち上げだが何か?
ああ、そう思いこみたい願望か。
まあ、議論する気があるなら、せめてそも根拠は示そうな。
アホの思いこみに付き合うほどオレはお人好しじゃない。


597 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:07:14 ID:up11UY1N
>>596
平和に対する罪が有効なら、チベットやベトナムに侵攻した毛沢東死刑だろ
勿論朝鮮戦争やった金日成や、竹島占領したイスンマンもね
あんなご都合主義の法が正常に見えるってお前大丈夫か?

598 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:09:35 ID:VuxCO5qE
そもそも日本は敗戦国なんだから、莫大な賠償金や領土割譲を要求されてもおかしくなかったんだがな。
戦犯処刑ぐらいで済んで恩の字ってのが、正直なところじゃないの?
だいたい侵略戦争をして、ものすごい迷惑をかけといて、後になってなに文句言ってるんだって感じw

599 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 19:13:23 ID:CCUb7Nlo
「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始および遂行、
もしくはこれらの行為を達成するための共同の計画や謀議に参画した行為」
(平和に対する罪の極東軍事裁判での定義)に照らし合わせて、それに該当するなら
国際軍事法廷で裁けるんだよ。まあ、毛沢東は既に死去しているから裁きようがないが。


600 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:15:12 ID:On84OJW6
極東軍事裁判自体が戦勝国のでっち上げ裁判だからなw
どう考えても、裁判と称する戦勝国のオナニーが、その在り方自体に有効性がないため、有罪という概念そのものが成立しないわな。
捕虜及び一般人に対する国際法違反なんて言う判決は超でっち上げの最たるものだしなw



601 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:17:56 ID:VuxCO5qE
>>600
まあ、天皇を裁けなかった時点で、片手落ちの裁判だったことは明らかだけどね。
政治的妥協の産物だな。後から文句言っても仕方ない。

602 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:23:18 ID:1gYSScRP
>>600
戦勝国側の裁判ではあるがデッチアゲではないな。
戦犯に課せられた罪状は、現在の国際法や条約・慣習に照らしあわせても
多くの点で整合してるし。

603 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 19:23:32 ID:CCUb7Nlo
>超でっち上げの最たるものだしなw
じゃ、それ以前のよ〜に莫大な賠償金支払いと自国領土割譲の方が良かったのか?
敗戦した日本にはそれを受け入れるか、東京裁判を受け入れるかの選択肢しかなかったんだよ。
常識的に判断すれば後者を選ぶよな。前者なら日本は朝鮮半島みたいに分断されていただろう。


604 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:27:31 ID:up11UY1N
>>603
こそっと「平和に対する罪」の正当性は引っ込めるんだね・・・あんたの負け

605 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 19:29:55 ID:CCUb7Nlo
勝ち負けでレスをしていたのかw
別にオレは「平和に対する罪」の正当性は引っ込めちゃいないよ。
切り口を変えてみただけだから。


606 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 19:33:06 ID:CCUb7Nlo
まあ、反論できるだけの能力があるなら
「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始および遂行、
もしくはこれらの行為を達成するための共同の計画や謀議に参画した行為」 とする
平和に対する罪の定義をでっち上げであると論証するコトだな。出来るならだが。


607 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:33:15 ID:up11UY1N
>>605
「平和に対する罪の正当性」と「他に選択し合ったのか?」って全くかみ合っていないだろ
それは「切り口を替える」じゃなくて「論点ずらし」って言うんだぞ

608 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:38:21 ID:1gYSScRP
>>607
読解力が無いのは君のほうだよ。

無条件降伏を選び戦勝国の裁判に日本をゆだねるか
徹底抗戦&玉砕で臨み、米ソに日本分割統治されてしまうか?
二者択一で好きなほうを選ぶことが出来たのさ。

日本は前者を選んだだけ。
前者を否定するなら残りは後者しかない。

609 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:38:25 ID:up11UY1N
>>606
1.事件以前に全く問題になっていなかった
2.行為の後に法が作られた
3.以降に適用されるべき案件を無視しまくり

大作所刑法って奴を作るのと何ら変わらんぞ

610 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 19:38:45 ID:CCUb7Nlo
何でもいいから、ID:up11UY1Nはでっち上げとする論拠を示せよ。
言いだしたのはオマイなんだから論証できなければオマイの負けだよw


611 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:39:37 ID:VuxCO5qE
東京裁判は茶番劇ではあるけれど、茶番劇が必要とされてたんだから仕方ない。
天皇の戦争責任とか、日本人全体の侵略戦争への反省とか、
そういう本質論から目をそむけて、A級戦犯達をスケープゴートにした。
あの場を繕うには、それなりに有効だったと思うけどねえ。他に方法なかっただろ。
「日本は悪くありませんでした」で、日本が社会復帰できるわけねえだろw

612 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:40:57 ID:up11UY1N
>>611
俺は東京裁判が茶番だったとしか言っていないんだが・・・

613 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/25(月) 19:42:54 ID:CCUb7Nlo
ああ、そうか。
ID:up11UY1Nは国際法の知識がないから、それは習慣法を含む
国際間の言わば相互慣例に則って運用されるって事実を知らないだけか。
だから事後法なんて文言に囚われてちゃんと自分の発言を説明できない。
まあ、もう少し国際法の勉強をしてくれとしか言えないわな。
このレベルじゃ話にならないし、議論にもならない。


614 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:44:33 ID:1gYSScRP
>>611
なんか、同じようなアフォが沸いて、全く同じこと言ってるとこみると
重戦犯に直接のルーツをもつ自衛隊の厨房工作員臭いなw

615 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:47:58 ID:up11UY1N
>>611
日本が当時、茶番と判っていても東京裁判を受け容れるしかなかったのは理解しているよ
でも、それを根拠に「南京大虐殺は事実ニダ、裁判でもちゃんと裁かれているニダ」って奴に対して「はぁ?」って言いたくならないか?

616 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:49:18 ID:VuxCO5qE
>>612
それって、それを言っちゃあお終いよって奴だと思うよ。

例えば、プロレスは八百長だって叫ぶようなもんだ。
つーか、プロレスは八百長だから、猪木より前田の方が強いって言い張るようなもんw
そんなことに拘ってどうするんだとw

617 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:52:46 ID:89PCXRbT
>>611
アレが「茶番」なのは判るけれど、結局のところ国内法的には無罪なんだよね。

>>615
うん、そう、判決を受け入れて無実の人間を投獄していたけれど、国内的に
犯罪者扱いしたら憲法に違反するから。

官僚のどんな偉い人でも内閣総理大臣でも、特定の国民を国内の裁判に寄らずして
犯罪者と認定することは憲法違反。
仮に政治的な都合でやったら、それは憲法を無視する独裁者となる

618 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:58:20 ID:1gYSScRP
>結局のところ国内法的には無罪なんだよね。

また、論破済みの蒸し返しかw 永遠にスパイラルだ。

619 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 19:59:52 ID:VuxCO5qE
>>615
茶番だったと言うのは、一部の戦犯をスケープゴートにしたやりくちの話。

日本兵が南京大虐殺のような残虐行為をしたのは、日本軍の組織的行為であって、
一部の人間だけが残酷だったからじゃない。それを、一部の人間に責任を押し付けて、
他の大多数を免責した。そのやり方が茶番劇だったと思う
A級戦犯に責任を押し付けて、天皇を免責したのも同じような茶番劇。

南京大虐殺を含む、日本の非道な行為を無視するのは、また別の話。
裁判が茶番だったからと言って、過去の悪行が消えるわけないだろw


620 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:02:33 ID:up11UY1N
>>619
倫理的な罪と法的な罪は別モンだぞ、国内法に「平和に対する罪」が無かった以上、そんな罪で裁ける訳がない

621 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:07:40 ID:VuxCO5qE
>>620
別モンで結構。

倫理的な罪を裁く法律が無かったならば、法をデッチアゲテでも裁かなければいけなかった。
日本軍が行った行為は、十分それに値する行為だろ

622 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:10:07 ID:89PCXRbT
>>621
でも日本人が従う必要は無いけれどね。

>>618
憲法を論破するとはたいしたもんだw

623 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:14:09 ID:VuxCO5qE
>>622
>でも日本人が従う必要は無いけれどね

つまり、日本人は異国を侵略して、人殺しをやりまくって
だけどそれを裁く法律が無ければ知らん顔ってことか?

624 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:14:38 ID:up11UY1N
日本軍の残虐行為の代表が「でっち上げの南京大虐殺か」・・・・ここ笑う所だよね

625 :日出づる処の名無し :2008/08/25(月) 20:19:31 ID:1w7dBkV0
でも 日本だけ裁くのは片手落ちだと思うがなぁ
カーチス・ルメイや原爆落としたトルーマン
実際は、ルーズベルトが原爆投下は署名していたらしいが
彼らも国際法違反だわな

626 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:20:10 ID:dm+9eTjP
もう日本人は滅べよ。

627 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:26:28 ID:VuxCO5qE
>>625
確かに、それは言わなきゃならんよなあ。

民間人を無差別に殺す攻撃は、明らかに不法行為だよな。
今でも、米軍はイラクやアフガンで民間人を殺し続けてるし。
原爆の被害に遭った国の国民としても、ああいう不法行為にはノーと言い続けるべき。

628 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:34:36 ID:up11UY1N
>>627
アメリカ以上に酷いのは、中国とロシアだよね。彼奴ら自国民だけでも万千万殺してるんだよ
更に周辺諸国にも介入しまくり、チェチェン,アフガン、プラハ、朝鮮、チベット、ベトナム・・・
共産主義に殺された人数って一体何人だ?

629 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:37:07 ID:89PCXRbT
>>623
知らないよ。捏造された南京他なんて

ちなみに日本の法律で戦犯として逮捕された兵士も居るよ。

630 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:39:28 ID:On84OJW6
>>618
>論破済みの蒸し返しかw
は!どう論破されたんだ?お前の妄想だろうがw

631 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:41:32 ID:7XjpNp52
はっきりと物を言うと
『戦争被害者と主張する人達が自己満足出来るような、何かを日本政府が行うべき』
って事を言いたいのか?

632 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:49:48 ID:up11UY1N
中国ロシアを無視して、アメリカや日本を叩く奴が信じられないよな
共産国家どもは、旧日本軍の数十倍殺しているし、奴らの責める「戦後のアメリカ」の百倍以上殺しているのにね

633 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:51:32 ID:1gYSScRP
DQN自衛隊の糞厨房が沸いてるなw

634 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:51:39 ID:VuxCO5qE
>>631
賠償請求なら無理だもな。政府間で決着済みだから。
あれも茶番劇だよなあ。
朴正煕なんか、日韓条約で大儲けだったろ。
その結果、本当の戦争被害者が救済されなかったんだな。
だからって、後から不満を、日本に向けても困るよなw

朴正煕とか岸信介みたいな悪い奴等が、庶民を食い物にして肥え太る。
それが、戦争の一側面なんだろな

635 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:56:20 ID:89PCXRbT
>>633
どうも憲法なんて持ち出されて反論できなくなって来てるらしいな。

636 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:59:17 ID:dm+9eTjP
なんで自衛隊が出てくるのかがわからん。

637 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 21:16:16 ID:up11UY1N
人民解放軍>>>>>>>>>>アメリカ軍=自衛隊だと思っている不思議な集団があるらしい

638 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 21:52:15 ID:On84OJW6
>>633
お前、昨日の真夜中に朝鮮慰安婦スレでファビョってバカにされてたネットキムチだなw
今日はこっちか?連日の売国カキコ大変だなw

639 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 02:27:06 ID:/2Eqt+vk
東京裁判が有効であるという根拠は、
日本国が受け入れることに同意した、
ただ、その一点のみと違うんか。

裁判という形式ではあるけれど、
実際には、戦争の終了処理なだけで、
判決というよりも、外交的要求じゃん。

まあ、こばむことはできんわな。

640 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 02:32:16 ID:/2Eqt+vk
要するに、戦争に負けたってだけの話で、
裁判だと思うから、話がややこしくなる。

641 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 03:05:05 ID:DFy7chbg
ちと学生時代に詳しく習わなかった開戦当時〜終戦の日本の歴史を色々調べてみたんだけど。

簡単に言うと、ソ連にアメリカと中国が(特にアメリカが)まんまと利用されて朝鮮が裏切ったで保々おkなのかな?
違うなら誰か突っ込んでくれwなるべく中立的な意見で頼む。




642 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 03:27:59 ID:/2Eqt+vk
大陸で、何のために誰と戦ってるのか、
そろそろ忘れそうな泥沼にハマってるときに、

欧米列強から経済封鎖を受けたんで、
思い切って、連中の経済圏を分捕ろうとしたら、
アメリカにボコられた。

643 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 03:30:57 ID:/2Eqt+vk
もともとアメリカは、
殖民地争奪戦に出遅れてたから、

「殖民地を囲い込んだ帝国」みたいなのは止めて、
みんなで自由に貿易できるようにしようぜ、とか言ってたんで、
戦後は、なんか、そんな感じ。

ただ最近は、また囲い込みが再発しかけてる、
ような気がするんで、非常に危ない、と思う。

644 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 03:34:38 ID:/2Eqt+vk
・・・で、いいんかな。

645 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 03:44:00 ID:Uki2HrLt
戦前のアメリカは正義だけど、戦後のアメリカは極悪なんだよな・・・・ある人達の脳内では

646 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 13:43:47 ID:mVG39n7m
戦前のアメリカのどこが正義?
笑うところか?


647 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 13:57:41 ID:7AeVxURk
近衛が和平に応じていればな
いらん連中の言うことなんて聞くから

648 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 14:09:39 ID:T2SnH5wL
今の貿易体制は、WW2以後に出来たアメリカの体制でしょ。
世銀・IMF・OECD
中国もアメリカと通商が出来るようになって・・・
北朝鮮は核を持ったまま、入りたい

649 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 15:01:16 ID:8C24eNpH
自由と平等の綱引きってのは、
国家の中だけじゃなくて、
国家間でも起こってんだわな。

今は比較的、自由に傾いてると思うけど、
これをもっと、平等に是正したがってる人たちは、
国連の機能を高めたがってる・・・のかな?

中国は、ちとマナーを逸脱してるから、
どういうふうに判断するべきなのか、
評価が定まってない、とか思ったり。

650 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 15:09:24 ID:Uki2HrLt
>>646
大日本帝国が絶対悪じゃないと困るから、それと戦争したアメリカは正義なんだろうね
そして憲法九条を日本に与えるまで絶対正義・・・・安保以降は悪の帝国になります


651 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 17:15:15 ID:mVG39n7m
>>649
持たざる者、平均より貧乏な国は平等を声高に叫ぶ。
金持ちになって平均を超えると平等よりも自由を強調する。
人間のエゴだね。


652 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 17:47:50 ID:774tiFZG
>>651
その意味では経済大国にのしあがってなお一億総中流で世界で最も格差
の少なかった昭和の日本は異常。日本では保守主義こそアンチ格差たれ
と言いたい。そうすれば左翼なんかの出る幕は永久になくなる。

653 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 17:51:54 ID:8C24eNpH
・・・平等を叫ぶ国では、
自由な商人を追い出して、
平等の武士が求められる。

でも計画経済とかって結局、
武家の商法だからなぁ。

654 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 17:57:42 ID:8C24eNpH
でも、商人が武士を抑えこめば、
反動で強力な武士が登場するし、

商人と武士が結託すれば、
不満が高まって革命が起こる。

・・・かな。

655 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 18:00:03 ID:N54ZBGht
残酷な話ではあるが、BRICS諸国の人たちがG7諸国水準の生活をしようとしたら資源やエネルギーの面で破綻する。
その意味で、これからの時代はいかに平等に見せかけて不平等な生活を押しつけるのか。
あるいは平等に貧乏な生活に甘んじるのか。
そういう世界にならざるをえないと思うな。

656 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 18:07:27 ID:8C24eNpH
いや、資源やエネルギーに関しては、
新しい手段や方法を考慮に入れれば、
限界があるとは思わない。

国民の数に入らない安価な外国人労働者を、
社会の前提にするような仕組みは、破綻するだろうけど。

657 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 18:44:24 ID:mVG39n7m
人類全員が今の日本並みの生活を送ることは、資源・エネルギーの面から不可能。
もうすぐ資源争奪戦が起きるだろ。


658 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 18:47:28 ID:INblIV+m
>>649
>これをもっと、平等に是正したがってる人たちは、
>国連の機能を高めたがってる・・・のかな?

経済の世界では、資本を持つものが強い。
国家内ではマルクスが指摘したように、資本家が絶対的な力を持つし
国家間でも資産のある国だけが、再投資をして経済発展することができる。
経済発展に必要な国民への教育だって、金があってはじめてできる話だからね。
弱小国家の企業と、大国の多国籍企業が同じ土俵で勝負すれば、勝敗は見えているし。
かくして強者はますます強くなり、弱者はどんどん弱くなる。原理的にそうなる。

659 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 19:08:59 ID:8C24eNpH
なにより必要なのは時間だよ。

660 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 19:52:50 ID:hj/4zsEZ
アメリカに対して、「日本を取るか支那を取るか」の究極の選択を迫ると、
色んな意味で13億やら15億やらの人数の方を取るのは当然の選択。
すでにブッシュ政権末期にはその兆候が顕著に出たわけで、民主党に
代わればさらに加速だよな。

政治家が何も言わない何もしないの無政府状態ともいえる現政府は何故
かアメ様だけは信じ込んでるんようなんだが・・・
日本の国家基盤に関る危機感をもう少し真剣に論じてほしいんだがね。

661 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 20:03:45 ID:8C24eNpH
アメリカが中国を選ぶ、
ってのが何の意味なのか分からない。

662 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 15:23:42 ID:cjHs8BsD
太平洋戦争は、中国市場をずっと狙っていたアメリカが、
目障りな日本を叩き潰すために起こした戦争だもんな。


663 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 17:41:45 ID:N00YJXKH
いざ日本をブッ潰してみたら、今まで日本が背負ってきた『共産主義の防波堤』をそっくりアメリカが背負わされる事になった。

マッカーサーは気が付いた。
日本統治時には『2000年の伝統壊してやったぜぃ!』
朝鮮戦争時には『朝鮮半島を守るために満州に原爆使わせてくれ!』

帰国後『日本の戦争は自衛のためでした・・・』

664 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 18:46:54 ID:mYnea6Kn
>>662
太平洋戦争の前から、日中戦争やってるんだけどな。

そりゃ、アメリカだって嫌な気持ち持つだろ。
首都を武力制圧して一般市民を大勢殺してるんだぜ、日本は。
アメリカだって、そんな気狂い国家に、石油を売ってあげる義理なんかないだろ。
そしたら、石油を売ってもらえない日本が逆ギレして戦争はじめただけ

665 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 18:49:36 ID:Dt5qlhc5
・・・その「構図」が、
今の何に似てるかな。

666 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 19:44:57 ID:N00YJXKH
>664
その頃誰も『南京大虐殺』って騒いでないんだが?
奨介石も毛沢東も、当時南京にいた外国人記者も誰も騒いでいないんだが?


667 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 19:57:09 ID:mYnea6Kn
>>666
だから、アメリカは日本に石油を売ってあげなきゃいけなかったのか?
馬鹿言ってるんじゃねえよw

668 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 19:59:40 ID:Dt5qlhc5
マナーの問題じゃね?

669 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:01:36 ID:yf5jT6qD
マナーの問題として、キチガイ大日本帝国など外交手段により締め付けるのが穏当
と考えて当然だな。

北朝鮮みたいなもんだ。

670 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:05:17 ID:Dt5qlhc5
外交手段じゃなくて、
実力行使の話かな?

671 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:07:48 ID:yf5jT6qD
禁輸は外交手段ですし、お前は曖昧なほのめかししかできないウスラ馬鹿ということですね。

672 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:10:19 ID:Dt5qlhc5
いや、その締め付けを下手に認めちゃうと、
EUや中国に、ちょっと厳しいかなって思っただけだよ。

673 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:10:24 ID:mYnea6Kn
つーか、侵略戦争やってる国に軍需物資を輸出しないのは、第三国として当然の行為だろ。
石油を売ってもらえなかったってだけで、被害者面してる馬鹿がいるが、
甘えるのもいい加減にしろって感じだよな。

674 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:11:26 ID:fRqU5ViF
支那戦線は政府が定めた戦地拡大制令線を超え南京攻略を決定した事が最大の戦略
ミスだったな。
関東軍の独断を許し大本営がそれを後から追認し、政府が更に追認するといった陸軍
内部に二重権力構造ができていたことは最悪の問題だ。
これらは軍部の圧力に屈し、広田弘毅が軍部大臣現役武官制の復活を事実上認めた為
文民統制が機能しなくなったことに尽きる。

結果として軍部の独断・独行が加速しハルノートの提示となる。

真珠湾に関しても山口多聞の進言を退け第三次攻撃を実施しなかった南雲忠一の戦略ミス。
更に真珠湾で中途半端な攻撃に終始した南雲を、再びミッドウェー海戦で用いその南雲の
武装転換命令の度重なる誤認が原因で日本海軍は大敗北。
無能な南雲の二度に渡る任命者山本五十六の戦略ミスは大きい。

しかし1942年6月のミッドウェー海戦大敗、遅くとも同12月のガダルカナル島大敗の段階
で対米講和の道を探っていれば、何名の日本人の犬死が防げたことやら・・・・





675 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:13:04 ID:Dt5qlhc5
首都を占領すれば、
戦争が終わると思った。

ってのも、
なんだかなぁ、とは思うけど。

676 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:22:40 ID:mYnea6Kn
>>674
真珠湾でどれだけ米軍人を殺そうが、ミッドウェイで大勝しようが、
どうせ、欧州戦線で勝った連合軍が日本を叩きつぶしに来るのだから
万に一つも、日本の勝ち目はなかっただろ。

大日本帝国は、欧州でナチスドイツが英米を撃破してくれると勘違いしてたんだな。
他力本願というより、火事場泥棒みたいなもんだよなw

677 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:35:51 ID:Dt5qlhc5
「殖民地の解放」ってのが鍵じゃないか。

独立したがってる殖民地と手を組んで、
「搾取されない自分たちの経済圏」を持とう、
ってな方向に話が進めば、タテマエで勝てる。

とかさ。

678 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:38:13 ID:4+c2doXi
そもそも対米開戦自体がアウトな訳でな

石油を断てば日本が折れるだろうというアメリカの見通しが甘かったというのもあるだろうが
成程、先に書いている奴の言い分通り、それは現在でも当て嵌まるんだな

679 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:38:53 ID:cjHs8BsD
結果論はいただけないな。
1940年当時、ドイツはフランスを降伏させ、圧倒的な力を誇示していたし、
状況はそんなに単純ではない。


680 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:41:58 ID:Dt5qlhc5
昔の話ってわけじゃなくて、独立したがってる少数民族を援助して、
自分たちに都合の良い経済圏を作っちゃおうってのは、

ここ最近、流行ってるよね。

独立とか、どうでもいいから、
とにかく地域が荒れてりゃ充分、
みたいに投げやりなのもあるけど。

681 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:42:31 ID:mYnea6Kn
>>677
朝鮮と手を組んでロシアと対抗したり、中国と手を組んで列強の圧力を排したりしてればねえw
アジアの盟主として、尊敬される国家になれたのかもしれないね。

大日本帝国は、欧米と一緒になって朝鮮や中国を侵略しちゃったから・・・

682 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:43:46 ID:cjHs8BsD
>>677
それが大東亜宣言だろ。
たとえ戦争に負けても、理念だけは残そうとしたんだよな。


683 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:44:35 ID:4+c2doXi
朝鮮はいらなかったな
どうせ生産も糞なんだし、ソ連にあげてラーゲリにご招待させてあげればよかった

684 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:44:44 ID:mYnea6Kn
>>680
>ここ最近、流行ってるよね。

ローマ時代から流行ってたと思う。そのやり方・・・

685 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:51:46 ID:T7lW0HpN
JOCの竹田だろ
中国国旗持たせたのは
あいつは元皇族のくせに売国奴だよ

686 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:54:23 ID:Dt5qlhc5
んー、とりあえず、

中国は、すでに自国の領域で微妙な地域を、
もっと大切にしないと、ヤバいと思う。
特に、アフリカに対するマナーを良くしないと、
なぜかゴタゴタが増えるかも。

それとロシア。
商売は商人に任せるもんだし、
信用を失ったら、商売は続かないよぅ。

687 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 21:33:33 ID:fRqU5ViF
仮定の話ではあるが支那戦線で関東軍が首都南京を攻めていなければ、国共合作は無かったと言う事と、
ハルノーの提示自体もなかっただろうね・・・
つい最近、長年謎とされていた盧溝橋事件の原因は、毛沢東共産党軍が作ったと言う報道が支那メディア
自ら出たが、結局毛沢東の工作に仕組まれ泥沼の日中戦争にまんまと引き込まれ、世界に対する極悪日本軍
と言うプロパガンダの口実をリアルに与えちゃったんだよなw

あらぬ妄想ではなく、可能性として国民党軍と共に共産党軍の壊滅を目指すという新たな局面もあり得たはず、
それには米国も興味を持つだろうしね、南京虫は日本の鬼門だったんだね。



688 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 21:45:13 ID:mYnea6Kn
>>687
アホな日本軍が、毛沢東の知略に勝てるわけないけどなw

今でも、毛沢東に騙されたことが理解できず、
日本の自衛戦争だったとか言ってる馬鹿の多いことw
毛沢東に操られて、無駄な殺生しちゃっただけだっちゅーにw

689 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 21:54:40 ID:Dt5qlhc5
・・・毛沢東が全て悪いって話かぁ。

690 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 22:50:38 ID:4+c2doXi
風呂嫌いがどうしたって?

691 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 23:03:42 ID:fRqU5ViF
誰が悪いとか良いとかじゃなくね、毛沢東や周恩来も支那大陸を
赤旗で埋め尽くすべく必死だったんだろうな。
諜報管理能力や諜報分析能力に重きを置がず、見事に乗せられ
た日本軍が馬鹿丸出しだろうね。

「赤」を舐めちゃいかんて事だろうねw日本人は表に出ない昭和史
の負遺産をきっちり反省し学習しなくちゃね。

692 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 23:05:38 ID:Dt5qlhc5
・・・つか、正直に気持ちを述べても良いかな。

日本は、アメリカに負けたと思ってる。
それで、それだけ。

693 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 23:29:49 ID:fRqU5ViF
そうだね、直接的にやられたのは勿論米国にだろうな。
ただしそう仕向けたのが支那共産党とそのバックに控えるスターリンて事かな。

近衛文麿は最後の内閣総辞職後に「私は何か見えない力にあやつられていたような気がする」
と語ったんだが。
この一文は、自らの無能さと脇の甘さを認めた一見頼りないコメントのようだが、後に天皇に
奏上される、軍部の共産主義化を危惧した「近衛上奏文」につながる自らの実体験を振返った
正直な感想だったようだな。

不思議な事に近衛文麿が登場するたびに事実日本は大きく戦争へと前進しちゃったんだなw
第一次近衛内閣、盧溝橋事件・支那事変勃発。
第二次近衛内閣、北部仏印進駐・日独伊三国軍事同盟締結。
第三次近衛内閣、南部仏印進駐・ハルノート提示・日米交渉決裂。

694 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 23:34:24 ID:Dt5qlhc5
実は黒幕が、とか言われてもなぁ。

695 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 07:48:54 ID:OwirX98k
>>692
日本は中国(共産党)に負けた。

認めたくないんだろうが、それも歴史。
日本は負けたんだよ。

696 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 08:38:22 ID:47l/zlYd
国民党に負けたんだろ。

697 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 10:29:46 ID:bwYjZvyf
支那共産党は、第二次国共合作により国民党軍に接近し自らの工作範囲内に置き、
更に日本軍と国民党軍の勢力を共に弱体化させる工作を展開した。

蒋介石は日本軍に対して休戦協定・和平協定等、幾度となく対立から協調へのシグナル
を送ったが、周恩来や日本国内の支那共産党工作員にことごとく見抜かれ、工作によって
潰されたんだな。

「大陸では兎に角日本軍が一方的に滅茶苦茶の侵略行為をした」と言うスタンスを取り続
けて来た、NHK等メディアが決して触れることのない歴史の真実なんだがね。

http://usam.blogtribe.org/entry-ab5da5fe2dc41716359b819172eefbab.html
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/rokokyo.html



698 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 14:39:19 ID:ml3+J/dZ
中国共産党の謀略で泥沼に引きずり込まれたが、
アメリカに負けたんで、中国に負けたとは誰も思わんだろ。


699 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 16:56:36 ID:JwXNdmTE
>>1
じゃあ親米ポチなどのオマンマ主義者は日本人とは言えないですね

700 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 11:32:05 ID:RtpChlyR
米国だって日本と戦争したがっていたんだから
中共がいなくても結果は同じだろう。


701 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 20:14:19 ID:aY5B2TB8
>>700
アメリカは日本と戦争したくて、日本に屑鉄や石油を売ってたのか?
日本は、アメリカの屑鉄や石油が無ければ、日中戦争だってできなかったんだぞw

702 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 20:55:48 ID:88Gewf1U
百団大戦

703 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 21:58:31 ID:RtpChlyR
>>701

中共がいなくても、結局第二次世界大戦で日米は戦争しただろうし
どちらにしても日本はその戦争で負けてただろうから
歴史的にはたいして変わらないんじゃね?って言っただけ。

704 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 22:02:43 ID:aY5B2TB8
>>703
日本が中国侵略をしなけりゃ、日米戦争は無かっただろ?
他に何か、日米が戦争する理由があったのか?

705 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 23:00:58 ID:a2pPZkRc
今はロシアが優先みたいだけど、
中国も、身勝手な「囲い込み」が過ぎると、
どうなるか分からんから、

ちょっと配慮したほうがいいように思う。

706 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 02:05:58 ID:MOmDto6+
>>687

おまえ 西安事件をしらない アフォだろ 

どう考えても全面戦争をしかけたのは中国側


707 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 02:11:24 ID:MOmDto6+
>>704
アメリカが日本の移民を禁止したんだよ。
それがそもそもの原因。
アメリカにいけなくなった人たちが満州に移住した。

昭和天皇も、後に、移民禁止が遠因だったと述べておられる。



708 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 02:14:29 ID:MOmDto6+
あのなー満州帝国作られて、一番ビビったのは 中国人民じゃねーぞw

ソ連だソ連w

んで中国共産党を組織させて、反日を煽った訳。


709 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 09:24:29 ID:JgGZnahz
>>708
そのソ連を信じて安心してた馬鹿が日本w

肝心の対ソ防衛は忘れて、中国やアメリカに喧嘩売るなんて、どこまでアホなのかとw
亜細亜解放なんてやってる場合じゃ無いだろうっちゅーにw
無駄な喧嘩やって、防衛戦争だって開き直ってるんだからなあ、
無駄に死んじゃった二百万の兵隊は浮かばれませんよ。
馬鹿な上層部がいちゃあ、迷惑被るのは下っ端の兵隊。
やらなくてもよい戦争で死んじゃったんだからなあ。それもこれも馬鹿な上層部のせい。

710 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 09:42:12 ID:qoOnwEsO
>>706
1935年コミンテルン第7回大会では、中国共産党と国民党が手を組み共に日本と戦うという方針が決議。
中国共産党に対して日本帝国主義打倒のための民族解放闘争をスローガンとし、抗日人民戦線運動を巻き起こすことが命ぜられる。
中国共産党は同年抗日救国宣言を発し、一切の国内闘争の即時停止、全面的抗日闘争の展開を企図する、これは蒋介石を取り込んで日本軍をソ・満国境から遠ざけようという戦略であった。

1936年12月突如西安事件が勃発、共産軍掃討を続けていた蒋介石が、抗日救国宣言に呼応した張学良に西安で監禁される。
周恩来ら中国共産党幹部が西安で蒋介石と交渉(脅迫)を行い、以後蒋介石は共産軍との10年に及ぶ戦いを止め、国共合作が実現。
その後、支那事変、南進方針決定、日米開戦と事態はスターリンの思惑通りに展開。

以上が国民党軍と日本軍との和平案を潰し、国共合作から対日全面戦争を煽り、国民党軍と日本軍の双方を弱体化さす為のスターリン方針だったのだ。

711 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 09:53:22 ID:JgGZnahz
>>710
やっぱり、共産党って頭良いなあ・・・

それに引き換え、日本軍の馬鹿なこと間抜けなことw
馬鹿が戦争やっちゃいけないよなあ・・・

712 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 10:25:16 ID:l2/y6KGN
共産党の
頭がよければ、ソ連・東独が崩壊すっかよ
チェコやポーランドはEUに加盟じゃん

713 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 10:27:34 ID:JgGZnahz
>>712
つまり、日本軍の馬鹿さ加減が際立っていたってことか・・・

714 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 10:32:43 ID:O2sxZwyL
筋金入りの共産主義者は破壊工作は天才的かつ天災な規模で実行する能力がある。
これは、本気で凄い。
少数精鋭で国の一つや二つは簡単にひっくり返す。
だから、米なんかもすっげえ警戒した。

けど、残念ながら国家の建設と運営に関しての才能はまるでない。
国土を疲弊させ、社会に倦怠感を蔓延させ、インフラを軽視し、衰亡に至る。

中国のアレは共産主義でも社会主義でもない、中華思想なのでまだ保ってるというだけで。

715 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 10:53:24 ID:JgGZnahz
>>714
それで、共産主義者に目を付けられた大日本帝国は、
完膚なきまでに叩きつぶされたんだな。

内乱で潰すんじゃ無く、無駄な戦争をけしかけて潰すってのが天才的だよな。
まあ、騙される方が馬鹿すぎたって面もあるが・・・

716 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:26:07 ID:O2sxZwyL
>>715
共産主義は本質的にリソースの集中を許さない思想だから、君主制なんて真っ先に否定されるわけで。
おまけに発端が革命思想だから、暴力や謀略を一切否定しない。
でもって、目指す目的地はスタートレック顔負けのユートピアな社会システムであり、その社会システムを支えるのに必要なエネルギーや資材が得られない限りは崩壊するしかない。
というかなり悲惨な社会構造を内包している。

だからこそ、段階的な発展というものが提唱されたんだけどねえ。
段階的な発展過程においてブルジョアジーというものが解体されて、プロレタリアートと均質化してしまうという発想はなかったようで。。。
日本が最も成功した社会主義だなんて言われるのは、いわゆる「一億総中流化」「機会平等結果均質」「終身雇用」なんていう社会構造こそ、まさにブルジョアジーとプロレタリアートの均質化であり、
社会主義・共産主義が理想とした「リソースの集中による意志強制を伴わない無格差社会」に見えたからなんだよね。。。
実際にはブルジョワジーという個人に変わって、企業とか学校とかいう意志強制機構が成立してたんだけど。

717 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/31(日) 12:32:45 ID:xoZXOCK9
>かなり悲惨な社会構造を内包している。
これはウソ。
社会主義国家群は冷戦が激化するまでは重工業を中心にそれなりの経済発展をしてきた。
経済システムがダメになったのは冷戦の激化により軍事予算を増大させたから。


718 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:56:07 ID:JgGZnahz
>>717
冷戦が激化したから軍事費が増大したんじゃ無くて、
軍事費が増大したから、冷戦が激化したんだと思われ。
冷戦の激化は、社会主義国家の自業自得だろ。

大日本帝国もそうだけど、馬鹿が権力握ると、だいたいロクなことはしない。
社会主義国家だと、権力を握った奴が、好き勝手に富を使えるから
軍事費みたいな馬鹿な部分に過剰に金かけちゃったりするんじゃないの?
東欧やアフガンなんかの、明らかに無駄な戦いで国力を衰退させちゃったんだな。
無駄な戦争なんかしないで、真面目に麦でも作っていればなあ・・・

どこの国でも、馬鹿が国を滅ぼすんだよなw

719 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 13:04:32 ID:Kt+G9/fB
>>717
トラバントって東ドイツの車知ってるよね。元はアウディと同じ会社だったのに、ベルリンの壁が崩れるまで
600cc23psなんてスペックの車作り続けていたんだよね。最後のマイナーチェンジが64年
こんなお粗末な物でも納車12年待ちの大人気車。これが社会主義優等生の現実だよ
これの原因が軍事費増大だけだと思いますか?社会構造に問題があったと素直に認めたらどうかな

720 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 13:13:00 ID:O2sxZwyL
共産主義・社会主義における経済システムの根幹は、資本主義で言うところの「神の見えざる手」の否定にある。
すなわち、需要と供給や生産性などは制御しうるとして社会経済のシステムに取り入れられていた。
これが明らかに人口<リソースな場合は、余裕がある分だけ達成しやすいが人口とリソースの差分が縮小すると致命的な打撃を受ける。
計画経済の失敗が大飢饉を招くことは中国や北朝鮮において、明らかである。
次に人員リソースだが、社会主義や共産主義では流動性が著しく劣ることになる。
基本的に競争による淘汰が発生しないので、例えば企業などのでいう経営責任を問われると言うことが少なくなってしまう。
そして、社会主義や共産主義は革命思想であるので根本的に異見を受け入れない。そして、異見に関しては暴力や謀略を用いることを否定しない。
これは結局は主流なポジションにあるプロレタリアートが権力者化し独裁者へと発展することを、ほぼ強制する。
ゆえに社会主義国家の内実は独裁政権であり、これを維持するためにおびただしい人員リソースを必要とした。
俗に言う秘密警察と言うヤツである。
異見を認めないので、権力争いは壮絶な生存競争と化し謀殺暗殺が日常となる。

すでに崩壊しかかっていたフランス革命前夜の貴族や王権などの権力支配機構に裏付けされた資本主義というものに対してのアンチテーゼという時点で、社会主義や共産主義は実効能力を喪失していたとも言える。

皮肉なことに、そのユートピア思想の根幹たり得る思想って日本が古来より有する「和」の思想なんだよねw

721 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/31(日) 13:14:10 ID:xoZXOCK9
>冷戦が激化したから軍事費が増大したんじゃ無くて、
>軍事費が増大したから、冷戦が激化したんだと思われ。
そこは「ニワトリか卵か」みたない話だが、冷戦が激化して相乗的に軍事費が
肥大化したのは本当。アメリカは軍産複合体とゆ〜特殊性もあり、
ソ連の軍事費を過大に見積もって軍事予算を拡大させてきたが、ソ連もアメリカに
対抗すべく拡大させてきた。そのため50年代のころまでは堅調だった
年配の人に社会主義幻想があるのも、こうした経済発展を目の当たりにし、
それが発展するとゆ〜幻想を抱いたからだ。
しかし、50年代後半あたりから冷戦が激化し、重工業部門への投資が削られ出して、
軍事予算に回すとゆ〜デフレスパイラルみたない状況に陥った。


722 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 13:41:49 ID:Kt+G9/fB
>>721
もしかすると、軍事費の増大さえなければ社会主義は成功したとか考えているのですか
つまり社会主義+九条最高、と

723 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 14:44:53 ID:JgGZnahz
>>722
社会主義+九条なんかやったら、米軍に制圧されて終了だよなw
中南米の左派政権がいくつ潰されたことか。

724 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/31(日) 15:46:39 ID:xoZXOCK9
>つまり社会主義+九条最高、と
勘違いしないで欲しいなw
オレは自由主義も民主主義も支持している。
ただ、社会主義に関しての誤った評価をしていては正しい理解は得られない。
それに充分な根拠があるなら九条の改正には反対しない。
ただ、現状を考えると改正に踏み切るだけのメリットがないから、
自民党案の改正には賛成しかねる。


725 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 15:50:32 ID:t7bE9Wq3
・・・そもそも、

九条の目的ってのは、
戦争という「手段」の放棄なわけだよね。

じゃあ、目的は何なのか、
って話になるべきなんだけど、
そのへんがアイマイだわな。

戦争は良くないことです、
で話が終わってる。

726 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 15:53:49 ID:0VvzFB82
>>709
日本軍の内部に共産主義にシンパシーを感じてた人が相当数いたわけだが・・・。


天皇の権威をかさに着る軍人もいたし、それに反感を持つ軍人(おまえらみたいなやつ)も相当数いた

727 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 15:55:48 ID:0VvzFB82
>>725
世界相手に平気で戦争おっぱじめ
原爆使わないと勝てないような
キチガイ国家or民族に二度と戦争を起こさないようにするため。

728 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:00:02 ID:0VvzFB82

日本軍で
戦争をおっぱじめたのは
左派軍人なのも知らないのか?

729 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:02:53 ID:t7bE9Wq3
それは、九条の目的ね。
混乱させてゴメン。

戦争という手段の「目的」は何かって話で、こりゃ別に、
軍事力を使わなくたって目的を達成できるんなら、
それで問題ないわけよ。

実は、そっちが「虎の尾」だと思うけどね。

米露は、ひょっとすると折り合いつけるかもしれないけど、
むしろ危険なのは、分かりやすい軍事力の行使よりも、
分かりにくい手段による「目的」の達成なんじゃないか。

730 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:04:19 ID:t7bE9Wq3
・・・例えば、独裁的な国家に対して、
軍事的な支援を行うことで、資源を独占するとか。

731 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:06:55 ID:JgGZnahz
>>728
そんなの知らねえが、誰が始めようが、馬鹿な戦争に変わりないだろ。
右だろうが、左だろうが、大東亜戦争なんぞ始めた奴は馬鹿に決まってる。

732 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:10:21 ID:Z+jzY1+G
 
 
結論
 
日本人は勝てるわけ無い大東亜戦争をオッパジメた馬鹿民族。
 
 
 

733 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:13:20 ID:0VvzFB82
>>731
当時は、世界の列強が覇権を争ってたわけだが
戦争なんていうものは外交の延長にすぎない。

>>732
本当のバカ民族は共産主義化したやつらwwww



734 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:25:58 ID:0VvzFB82
>>731
戦争をおっぱじめたのは、中国も日本も共産主義者たちなわけ

ロシア帝国は日露戦争で滅亡してソ連が誕生しただろ
あれの日本版をしようとしてたわけ

今でもいるだろ天皇の戦争責任とやらを追求したがる連中がw

735 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:27:01 ID:qhUpsYto
日本が大東亜戦争をやらなきゃ、世界はいまだに白人の天下で
有色人種は白人に劣るとされ、それを有色人種も信じ込まされ、
アジア・アフリカ諸国は植民地、奴隷の境遇のままだけどな。


736 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:28:01 ID:t7bE9Wq3
織田がつき。

737 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:30:02 ID:Kt+G9/fB
>>735
いや、それについてはどうか判らないが、戦争やらなかったら朝鮮は未だ日本だった。

738 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:31:03 ID:Z+jzY1+G
>>735
そのまま放っておいても、時代の流れでこうなったのに
日本の馬鹿民族が、余計な事をしたから大きな犠牲を払うハメになった。
そういう事。

739 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:33:05 ID:qhUpsYto
>>732
負けると分かっていても、戦わなければならない時があるんだよ。
僅かな可能性に賭けて。
そして大事なものを命に賭けてでも守る気概を示すために。

我々の祖先が勇気をもってそれをしてくれたから、今の世界に冠たる日本があるんじゃないか。
中国や朝鮮の嫉妬なんか気にするなよ。


740 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:33:44 ID:CCZBZ1M1
確かに軍部、特に参謀本部の参謀たちが馬鹿丸出しだったことは事実だな。
揃いも揃ってノータリンの猪武者軍団で見事に統一されていたからね。

国益とは何たるやが全く理解できていなかったような・・・
そう言う意味では今日の日本外交にも通じる共通点ともいえるな。

741 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:35:18 ID:qhUpsYto
>>738
>そのまま放っておいても、時代の流れでこうなったのに

まさかだろ。何もせず、黙っていても今のような世界になっただと?
主体性の欠如、ここに極まったな。
お前、何にもするなよw


742 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:35:59 ID:Kt+G9/fB
>>738
大戦は兎も角、日露戦争はアジア、アフリカの独立だけじゃなく、アメリカ黒人の公民化運動にまで影響を及ぼしたんだぞ
日本海海戦の勝利は歴史の大きなマイルストーンだ

743 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:41:56 ID:XpljNNxD
右翼には在日が多い
http://www.geocities.jp/uyoku33/

744 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:44:33 ID:CCZBZ1M1
結果だけを見て、やった事が悪かったとは言い切れないね。

間違いなく言える事は、やり方が余りにもマズ過ぎたと言う事だな。



745 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:50:55 ID:t7bE9Wq3
・・・こう言っちゃなんだが、

あの戦争で、
最も望ましい結果を得たのは、
アメリカじゃないのか。

って言っても、アメリカが仕掛けたとかじゃなくて、
結果的には日本にも、決して悪くない形になった、
とは思うけど。

「独占的な囲い込み競争」の時代が終わった、
と言う・・・まあ実は、あんまり変わってないのかもしれないけど、
本質は今でも。

746 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:51:40 ID:qhUpsYto
大東亜戦争、太平洋戦争は、確かに戦術的に反省点が多いな。
だが、有色人種として欧米と対決するという戦略は間違いではなかっただろ。
いつかは戦わなければならなかったのさ。
それができるのは、唯一日本しかいなかった。


747 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:56:52 ID:JgGZnahz
>>746
欧米人の真似して、中国侵略した馬鹿国家が日本だろーがw

748 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:02:32 ID:qhUpsYto
>>747
日中戦争が、実は中国共産党の筋書きだったことが、
近年わかってきたようだがな。
大陸に深入りしすぎたのは、確かに馬鹿と言われても仕方がないが。


749 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:09:53 ID:JgGZnahz
>>748
騙された日本が馬鹿なんだが、その馬鹿な侵略戦争のせいで、二百万もの兵隊が死んでるんだぞ。
それなのに、いまだに欧米との対決なんて言ってる馬鹿がいつからなあw

共産党に騙されて、無駄な戦争しちゃっただけなのに、何が有色人種の解放だかw


750 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:12:40 ID:t7bE9Wq3
帝国主義に対抗して、
帝国を築こうとしただけだよ。

実際には「帝国」って言っても、
富国強兵の行き着く先というか、
帝政も共和制も、関係ないんだけど。

751 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:16:23 ID:JgGZnahz
>>750
国力不十分で、植民地統治のノウハウもない馬鹿が、
欧米さえ躊躇していた中国に、分不相応にも手を出しただけだろ。

その結果、共産党に挑発されて自滅してんだから、もう馬鹿丸出し
馬鹿が侵略戦争なんかに手を染めるから、みんなが迷惑した。

752 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:16:37 ID:qhUpsYto
>>749
日中戦争と大東亜戦争をゴッチャにしちゃ、いかんだろ。
それに侵略の定義をもう少し考えたほうがいいぞ。
一部分に捉われて、大局を見失わないようにな。


753 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:19:35 ID:O2sxZwyL
日本という国は自分から変化することがとてもヘタな国だ。
国外からの何らかの強制力が伴わないと、ずーっと現状を維持しようとする。
それでいて、変化が必要であると国外の力によって感じ取ったら躊躇わない。
一度、方針を決めるととかくそれに猪突する。
途中で立ち止まって首を傾げて考えると言うことが極めて苦手で、それ故に発展もしてきたし亡国一歩手前まで自らを追い込んだりもした。

これは上古の時代から現在までも少しも変わらない。
言ってみれば、日本の本能とでも言うようなものといってもいい。

そして、自ら変化するのがヘタな日本が国外からの影響力によってまたもや変化しようとしている。
そのことにいち早く気がついたのがインドだというのはちと面白い発見だったりする。

もっとも、肝心の日本に変化を促している連中は気がついていないっぽいんだが。。。

754 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:22:34 ID:JgGZnahz
>>752
どこで日中戦争と大東亜戦争を区別すんだよw

日中戦争で物資の無くなった日本が、欧州の戦乱に紛れて
南方に火事場泥棒しに行ったのが太平洋戦争だろ。

それとも何か?
日本は中国を侵略しながら、亜細亜を解放してたのか?
どこにそんな余裕があったんだよw

755 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:30:26 ID:qhUpsYto
>>754
そんな杜撰な認識では、客観的な歴史の評価は無理だよ。
頭を冷やした方がいいだろう。


756 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:32:45 ID:qhUpsYto
>>753
どの方向に変化しようとしているのか、詳しく。


757 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:34:38 ID:t7bE9Wq3
正直、なんの為に戦ってるのか、
泥沼な中国での戦いに比べれば、

欧米列強からの非難や制裁に対して、
そのような圧力を可能にする彼らの植民地支配を、
今こそ排除し、日本がアジアを開放するのだ、

ってな流れは分かりやすくて、
ようやく正しい方向に向かい始めた、
ってな感じだったらしいけどね。

まあ、比較の問題かもなー。

758 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:42:30 ID:JgGZnahz
>>755
ん、どこか杜撰なとこあるか?
具体的に指摘してくれよ。できるものならばw

亜細亜の解放(w)みたいな嘘っぱちより、よっぽど客観的だと思うぞw
有色人種の解放と言いつつ中国侵略しちゃったり、
ハルノート突きつけられたら急に亜細亜の解放始めちゃったり、
矛盾ありすぎだろ「亜細亜の解放」はw

759 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:48:18 ID:t7bE9Wq3
・・・当時の中国は、
地域って認識なんだよ。

760 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:57:23 ID:O2sxZwyL
>>756
遺憾ながら一口に「このような変化である」と言えるほど見通しはよくない。
それが言えるようになるのは数十年後の話であって、現時点では「このようなカラーへと変遷しつつある」という程度の言及になる。
さならが、オイルショックという外圧が日本にとってのエネルギー政策と環境保全政策のターニングポイントであったと言えるのは数十年後の今だからであって、
当時は右往左往しつつも、環境改善と省エネ運動が起こり始めていたことをうっすらと感じ取る程度でしかなかったということに似ている。

そのようなあやふやな印象ではあるが、日本に訪れている変化は概ね次のような部分に収束されるかと思う。

1.日本という島国国家が潜在的に内包する強固な国境意識の曖昧化。
2.日本的な思想哲学に対する理解の要求から、日本が提示し主導する新しい思想哲学を大洋州において新構築する潮流。
3.その延長としての、移民の緩和政策と日本国民の国外進出を軸とした日本国土の維持から日本的な意識の拡散への転換。

これらを促しているのは中国の無視できない成長であり、中国と朝鮮半島の狂乱的なアイデンティティの押しつけが一点。
パクスアメリカーナの綻びと、ドルの弱体化による日米同盟の実効能力の相対的な弱体化が一点。
国内の世代交代に伴い成長すると考えられる、軍備アレルギーの緩和による国防意識の変遷が一点。

これに加えて、金融工学と実体経済の乖離の危険性が世界経済に及ぼす影響や食料をはじめとする資源確保および資源流通などのライン確保。

こういった国外圧力が日本国という強固な枠の枠組みを曖昧化させ、シーレーンを軸とした新しい意味での大東亜共栄圏の中の日本的なカラーリングへと変化を促している。
と考える。



761 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/08/31(日) 18:40:47 ID:xoZXOCK9
>日中戦争と大東亜戦争をゴッチャにしちゃ、いかんだろ。
当時の閣議決定で「大東亜戦争」とゆ〜呼称が選ばれたのは、海軍が推した「太平洋戦争」では
支那事変を含むとはならないからとの理由で、陸軍案(大東亜戦争案)を採用したんだから、
常識的に言えば日中戦争を含む呼称と考えて良い。


762 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 18:47:51 ID:qhUpsYto
>>760
今は、日本が日本という殻をあくまで守るか、中国や朝鮮の移民を受け入れるかの岐路だと思う。
オレはもちろん前者。
世界各地のリトル東京のように、朝鮮人に侵食されて日本が融解するのは、
日本人ばかりではなく人類の大きな損失だよ。

>>761
大東亜戦争は日中戦争を含んでいるでOK。



763 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 18:52:43 ID:t7bE9Wq3
・・・んで、どこと戦争してたの?

764 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 20:30:56 ID:KLNlK5Q3
おまえらが馬鹿馬鹿言ってる日本軍人は、

戦争遂行によって、共産主義革命を起こそうとしてたんだよww
いたずらに、事変の長引かせたのはそのせい。

俺はつながったわ、大東亜戦争のなぞがほぼ解けた。

765 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 21:15:15 ID:JgGZnahz
>>764
それ田中宇の主張と似てるな。 アメリカはわざと負けているって奴w
http://tanakanews.com/g0314india.htm

確かに、イラク戦争にせよ、日中戦争にせよ、出口の見えないアホな戦争は
最初から自滅を狙ってるんじゃないかってと言われると、それを否定できないw

766 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 22:48:18 ID:CCZBZ1M1
確かに陸軍に共産主義者が相当数いたことは事実。
各地の貧農出身の青年将校たちなんだが、基本的には226事件の反乱軍と同じ流れの思想。
天皇の玉音放送レコード盤を強奪してでも、本土決戦一億総玉砕に持ち込もうとした連中。
日本の壊滅的な大敗戦を期し、一億総玉砕のどさくさに北から上陸するソ連軍と共に革命を成す。

天皇無きソ連型軍政国家の建設を夢見ていたわけだな。
結果としてアメリカが開発した二発の超新兵器で彼らの夢は潰えたのだがね・・・



767 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 00:51:29 ID:QWGS10Uj
日本の間抜け参謀は「孫子の兵法そんなの関係ない!」ってか

百戦百勝は善の善なるものに非ず。
戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。

善く攻むる者には、敵、その守る所を知らず。
善く守る者は、敵、其の攻むる所を知らず。

彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず。
彼れを知らずして己を知れば、一勝一負す。
彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必らず殆うし。

768 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 01:34:08 ID:CRNMAIy9
敗北が目的だったってのは、
いくらなんでもコジツケが過ぎるだろ。

769 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 03:31:10 ID:3iwvpKMU
勝てばそれはそれでいいが
負ければ負けたでよし ってことだろ

770 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 15:17:52 ID:QBmlLPXH
 どうして日本は鎖国したのか?
 そのせいでアメリカに頭が上がらなくなったといっても過言ではない。

771 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 17:48:04 ID:cJoggt80
虐殺を革命と言い換える習慣のある連中が、他人に対しては虐殺の文字を付ける。
此からは南京大革命とでも言って下さい。
ダブスタはいくない。


772 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 18:25:36 ID:jHT0uIHe
>>770
鎖国したのはキリスト教を禁止するため
キリスト教禁止は、彼らがやった日本人奴隷売買を禁止するため

773 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 19:01:51 ID:T5G1D39/
敵地で食料を調達すせよ、は孫子だよ。
孫子の起源は中国だっけ、韓国だっけ

日本軍の現地調達を悪く思わないでね。


774 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 19:31:35 ID:wApz2vZr
>>771
革命は勝利してこそ革命と呼ばれるもの。

日本軍は南京で、最終的には負けて引き揚げてるじゃねーか。
負けたくせに革命と名乗ろうなんて、図々しいにもほどがあるぞ、バカw

775 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 19:47:05 ID:QWGS10Uj
善く兵を用うる者は、役は再び籍せず、糧は三たびは載せず。
用を国に取り、糧を敵に因る。
故に軍食足るべきなり。

用を国に取り→戦費(武器弾薬)は国内で調達するが
糧を敵に因る→食糧は敵に求める

日本軍は糧だけならまだしも、武器弾薬も補給できなかったからね。

776 :日出づる処の名無し:2008/09/01(月) 20:24:50 ID:J8ucp+6Y
電凸 福島みずほ事務所

「福島みずほさんは日本に帰化されたのですか?」
http://d.hatena.ne.jp/minoru20000/20080529/p1#c1219973869

777 :日出づる処の名無し:2008/09/03(水) 09:52:34 ID:ZRcGclRP
>>775
一番の失敗は仮想敵がソ連だったのに南進に路線変更するような戦略面での
いい加減さでしょう。


778 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 00:28:02 ID:4HAGz1Xx
戦争でも敗北をこれだけ引きずるのは、
それだけ戦争での勝利に執念があったからだろう。
それが当時の日本人の思い。

そんな先人を踏みつけるがごとく、
軽々しく「戦争アレルギーを捨てましょう」なんていう奴もいるが。

779 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 06:28:08 ID:q8ubWwAc
 まあ、軍事力の否定=平和ボケじゃないよね。

780 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 08:37:43 ID:WpqfXjlC
皆さん始めまして
http://www.shomei.tv/project-59.html#detail
突然ですいませんがここのサイトの署名にご協力できませんか
この移民受け入れ法案が成立してしまったら日本は良くてナチス・ドイツか悪くてチベット
の二の舞になるでしょう。もっと解り安く言うと現実世界でコード・ギアスの世界を体験してしまう事になりかねません。そうなってしまったら有明で同人誌すら作ったり買ったり出来なくなるかもしれません。そうなる前に皆さんの協力無しには出来ないのです
ご迷惑だとは十二分に存じておりますが一刻の猶予も無いのです。
この法案をと可決させようとしているのは何も自民党だけではありません民主党などもこの
法案を可決させようとしているのです。
絶対に看破させてはいけません一度でも許してしまえば、先ほどで言ったようにコード・ギアスの世界を嫌でも追体験しなけれならなくなります。それを阻止する為に署名に出来るだけで良いですので支援よろしくお願いいたします。もっと詳しく知りたい人はニコニコ動画
で申し訳ありせんがURLを張らせていただきます
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3905516
ようつべばん
http://jp.youtube.com/watch?v=1eS4fm6azwg

781 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 08:49:38 ID:ZYkgi979
歴史を知らない馬鹿ウヨ(右翼議員・右翼学者・右翼ジャーナリスト・産経・靖国ヲタ・ネットウヨ) が焚きつける世界の話題。

 
〓馬鹿ウヨが焚きつける世界の反日祭り〓

【世界】
小泉首相靖国参拝強行で全世界に報道され、ナチスの戦犯墓地訪問と比較される。
国連人権委員会・拷問禁止委員会等で旧日本軍の慰安婦に対し謝罪と賠償をするよう勧告。
世界50カ国の日本大使館前で捕鯨・イルカ漁反対デモ。(New!)

【白人国】
EU議会:日本政府は旧日本軍の慰安婦に対し謝罪と賠償をするよう決議。
カナダ:カナダ議会下院で「旧日本軍の関与を認めて今の日本政府に責任を取るよう促す。慰安婦決議」可決。
アメリカ:アメリカ議会下院でカナダと同様の慰安婦決議を可決。靖国史観に警告。F-22ラプター日本納入無期延期。
      日本の右翼議員の核武装発言に警告。竹島問題で韓国よりに。対中国外交に主軸をシフト、日本は脇役に。
オーストラリア:オーストラリア議会上院でカナダと同様の慰安婦決議を可決。捕鯨・イルカ漁反対で反日を主導。
オランダ:オランダ議会下院で慰安婦決議を可決。ジャワ島女性収容所で性奴隷化されたので超反日。
ドイツ:上と同様の決議を準備中。日本の歴史認識(靖国史観)に対し反省を促す報道が目立つ。
英国:日本人の入国審査が後進国並みに厳しい。主要紙・タブロイドを中心に侮日報道を繰り返す。

【東アジア】
北朝鮮:半ば交戦状態で全力反日。
韓国:竹島争議が再燃で全力反日。
中国:南京大虐殺記念館増改築中に地面の下から日本軍による虐殺死体を多数発掘。全力反日。
台湾:尖閣争議で一気に反日化。対日戦争も視野。
ロシア:サハリン2石油パイプラインなどで日本を見捨て中国に供給。基本的に侮日。
東南アジア:基本的に反日。ODAというエサで手なずけてたが経済的に自立・民主化が進めば、
        金の切れ目が縁の切れ目。韓国同様に日本統治地時代の歴史検証が進み、
        70〜90年代のような反日感情が再燃する可能性大。

【中央アジア】
トルコ:名越本発「東郷ビール」はねつ造だったと国中で笑いが飛ぶ。

782 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 08:59:00 ID:cxiWN/VZ
>>781
オリンピックの中国批判をみれば、いまどき小学生でもだまされんわ

783 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 11:00:55 ID:byfdXceu
>>782
世界の反日と、中国批判は関係ないだろ

だけど、小学生低学年だと理解できないかもしれないw
小さい子は叱られると「だって○○ちゃんも悪いことしてるもん」って
関係ないことを言って誤魔化すんだ。可愛いよねw

784 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 11:04:09 ID:B+O0Y9As
>>781に代表される
日本人サヨクに成り切った在日朝鮮人・帰化朝鮮人が2CHで大増殖中!

日本人サヨの捏造コピペだと思い、釣られないようになw

785 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 11:10:04 ID:Pw8PvT4y
>>784
つか、【白人国】なんてカテゴライズをふつー日本人はしないってw
ついでに【東アジア】にロシアも含めないってw

いくら日本語で書いてても、基礎的な判断基準が食い違ってるんで見ればモロばれ。

786 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 14:14:33 ID:4jwNVFAe
トンチキ持論展開中☆

http://swnitsuki.exblog.jp/

787 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 16:28:31 ID:dLAqy6Db
>>774
アメリカとソ連の援助が無かったら中国では革命も糞もあるかよ(失笑
所詮中国はどこまで行っても外国の援助なしには成立しないみっともない国なのよね。
>>781
ヴェノナ文書ぐらいは読んどけアホサヨクw

788 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 18:27:51 ID:ZYkgi979
>>782
そのように、コトあるごとにある分野で
「自分よりももっと悪い奴がいるからいいんだいいんだ」と下ばかり見てると
総合得点で最下位という結果になります。

いわゆる「低位平準化」的発想は、馬鹿ウヨの最も得意とするところですが
こうゆう考え方は止めましょう。

789 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 18:57:24 ID:gS1CvGSF
歴史を知ってても竹島すら取り返せないなら日本人である資格がない

790 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 20:53:59 ID:byfdXceu
どこの国の国民にとっても領土は大事なんだろうけど、
国民の為に領土が存在するのであって、領土の為に国民が存在する訳じゃないんだよね。
竹島がどうなろうが、日本人が日本人であることに変わりはない

791 :日出づる処の名無し:2008/09/04(木) 22:43:42 ID:gS1CvGSF
その国民のための領土を取り返せないなら日本人である資格がない

792 :(○´ー`○)はカワイイ ◆Sa5SBMSRMc :2008/09/05(金) 07:31:19 ID:eL64nYqb
>>778
>戦争でも敗北をこれだけ引きずるのは、
>それだけ戦争での勝利に執念があったからだろう。
それは違うだろう。
敗北がそれまで想像も出来なかったくらい多くの犠牲を生む、
未曾有の出来事だったからだ。
更に有史以来初めて他国に占領されたとゆ〜ショックも
計り知れない大きな厭戦感をもたらせた。


793 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 07:37:01 ID:T0hmT+cf
大本営のウソ戦果発表ばかりで、日本軍は戦いに勝っている筈なのに
なぜか敵機が本土に来襲してくるし、ますます食糧不足はひどくなってくるし
ウソばかりで一億総厭戦モードだったとおじいちゃんは言ってたな。

玉音放送を聴いたじいちゃんは、まず最初に
「これでやっと戦争が終わるんだ」とほっとしたそうだ。

794 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 11:00:40 ID:1qwv36SY
>>792
ぶっちゃけ戦争のグランドデザインが対ソ連からアメリカに切り替わった時点で
尾崎秀美などを使ったコミンテルンの策略に日本が乗せられていた訳です。
日本はまず国家の進むべき方針などの大きな図式を描けなかったのが駄目だったんじゃないかと。
>>793
>「これで戦争が終わるんだ」とほっとしたそうだ

忘れてはいけないのはアメリカに宣戦布告した際日本人の殆どが閉塞感から
開放されたと感じた事。これについてきちんと説明してる人がまず居ないのが
なんか変だよね?

795 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 20:59:26 ID:qUmV3QB6
>>794
閉塞感から解放?
そんなの説明してどうなるの?

国民は開戦を支持し喜んだってのは、いろんなところで書かれてきただろ。
緒戦の勝ち戦で国民が喜んでたってことも書いてある。
まあ当時の日本人は、馬鹿だったってことだ。政治家もマスコミも国民もだ
それが、どうかしたのか?

796 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 21:08:39 ID:L5VU8H8l
>>795
それを先導した朝日新聞が、何一つ戦争責任を取っていないのは酷い話だよね
毎日も100人斬りとかで煽り捲りだったし

797 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 21:10:05 ID:T0hmT+cf
 
結論:その期待に答えられなかった大本営と日本軍が無能ってことだね。

798 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 21:16:45 ID:ih5rneO+
歴史ったって、誰が書いた歴史が正しいんだか分からねえし。

799 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 22:09:58 ID:j8tQFSiy
大東亜戦争の戦争目的は、戦後全て達成された。
よって、日本は大東亜戦争の勝者であるが、何か?


800 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 22:25:39 ID:qUmV3QB6
>>799
戦争目的は日本を負けさせて、共産主義革命を起こすことだったんじゃないの?
ソ連参戦が遅れたせいで、その目的は失敗しちゃったね。

それとも、中国革命を援助するのが真の目的だったのかねえ。
毛沢東は日本のおかげで勝てたと感謝してたらしいから。

あるいは、靖国の英霊を増やすことが目的だったのかも?
大東亜戦争では二百万からの神様が靖国の殿堂入り。靖国大繁盛だよねw

801 :日出づる処の名無し:2008/09/05(金) 22:56:02 ID:xElHY3l5
大したこと無いよ。ソ連の死者数に比べたら

802 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 00:08:29 ID:rpNkVtYo
インパール作戦の牟田口に代表されるんだが、数えきれない日本軍兵士に死を強要して
自らは自決すらできない似非軍人が口先だけで参謀していた日本軍、数ある作戦ミス
の責任を追及するシステムすら無かった参謀本部、これで勝てるわけがないわな。
理由は何であれ死に切れなかった東條の自殺未遂も痛かったよな・・・
昭和の軍指導部には、もはや武士道は無かったし武士もいなかったんだよな。

803 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 00:14:29 ID:XbEDSTkd
武士ってのは、役人全般だよ。

804 :(○´ー`○)はカワイイ ◆Sa5SBMSRMc :2008/09/06(土) 01:03:14 ID:emNMC16Y
戦争目的は資源獲得だったんだけどな。
従って達成されずに敗戦終了。


805 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 01:07:11 ID:XbEDSTkd
そこは、ほら、
考え方の問題だよ。

地域を囲い込んで、
他所の連中に好き勝手させない、
ってな帝国主義の流れから、

囲い込みとか止めて、
みんな仲良く貿易しようよ、
って流れに変わった、と。

・・・まあ、実際は、
いろいろあるんだろうけど。

806 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 04:41:41 ID:KSC/G5kF
>>805
戦争やってたから、自由な貿易が制限されてただけだろ。
日本の場合、中国で戦争してたから、どこの国も日本に物資を売ってくれなくなった。
戦争が終われば、自由貿易に戻るよ。その方が儲かるんだから。

807 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 04:42:50 ID:XbEDSTkd
EUも安心だね。

808 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 06:09:50 ID:RrlyXsOi
源氏と平家、徳川と薩長、日本と米英、
歴史とは人類発祥以来の殺し合い奪い合いの記録のことである。
隋と高句麗、唐と吐蕃、日本と清、次は日本と

809 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 10:22:03 ID:rpNkVtYo
戦争とは人類繁栄の為のある種の必要悪であり、
天敵無き人類の生態系バランス維持の為の本能的自衛行動である。


810 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 10:28:20 ID:uU2Y8vjB
 国家レベルでいえば、戦争は消費者金融みたいなものだろう。
 戦争しまくりで栄えた国はない。
 ご利用は計画的に。

811 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 12:19:50 ID:Dn1eII1L

日中戦争は、第二次上海事変以後はどうみても日本側の防衛戦争。

812 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 12:31:08 ID:8/1zGsvG
戦争って要は外交手段の一つでしかないので、当然ながら外交的な目的が設定され、その目的のために実行される。
言い換えれば、目的達成が不可能と分かっていたり、目的が達成したりした場合は速やかに手じまいできる体制が必須。

逆に内政的な要求で戦争やっちゃうと、内政維持のためにドンドン悲惨なスパイラルが形成されちゃう。
最初は外交目的の達成だった戦争が、いつの間にやら……なんてのもあるしね。
難しい問題です。ハイ。


813 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 12:45:51 ID:RM66++fj
三跪九叩頭の礼
大清皇帝功徳碑復元記念レリーフ 清国皇帝(ホンタイジ)に土下座で許しを乞う16代朝鮮王仁祖

この時の謝罪を記念して仁祖王自らが建立した石碑があの有名な大清皇帝功徳碑(三田渡碑)だ。
内容の要約はこうだ。

・愚かな朝鮮王は偉大な清国皇帝に逆った。

・清国皇帝は、愚かな朝鮮王を窘め、この大罪を諭してやった。

・良心に目覚めた朝鮮王は、自分の愚かさを猛省し、偉大な清国皇帝の臣下になることを誓った。

・我が朝鮮は、この清国皇帝の功徳を永遠に忘れず、また清国に逆った愚かな罪を反省するために、この石碑を
建てることにする。

814 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 12:53:32 ID:cJl/iFPX
あのさぁ、最近思うんだけど。アメリカ人って広島や長崎の原爆を「戦争を集結させた多くの人命を助けた兵器だ」とかふざけた事言ってるじゃん?

そんな理屈が通るんだったら真珠湾攻撃も欧米の植民地支配からアジアを救い多くの人命を助けた希望の光って理論が成り立つと思わないか?
皆もアメリカ人がこんな事言ってたらこれで言い返してやろうぜ。 マジでムカつくんだよな。


815 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 13:10:15 ID:a+DbXWx5
竹島は我ら日本国の固有の領土あるから
北方領土ともども自らの手で取り戻すべきであるでOK?


816 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 13:59:42 ID:bv+s3qCr
>>814
アメリカが原爆を使用したのは市街地へ実際に使用した際のデータ収集と
ソ連への示威行為が目的でした。今でも核使用へのデータを公開して無いのが
アメリカ政府。


817 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 14:13:43 ID:o/WNuXQ9
>>814
東南アジア諸国の認識はそれに近いよ。
大東亜戦争のおかげで人種差別がなくなり、独立できた。


818 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 14:18:58 ID:cJl/iFPX
>>816-817
いや、ほんとムカついたからスレ立てといた。

http://tmp7.2ch.net/asia/#4


819 :日出づる処の名無し:2008/09/06(土) 22:34:03 ID:KSC/G5kF
>>814
アメリカ人は、イラクやアフガンで人殺しやりまくって、自由だの平和だのほざいてるからな。
日本を極悪非道の軍事政権から解放したように、イラクを解放するって言っていたんだから、もうアホかと
確かに日本軍は馬鹿でアホだったけど、そんなことアメリカに言われたくはないわw
案の定、イラクでもアフガンでも、泥沼の内戦状態。だから言わんこっちゃない。

しかし、そんなアメリカの中東政策を盲目的に支持してた日本は・・・
やっぱり馬鹿だよなあ


298 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)