5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

萩焼茶碗、400年ぶり韓国へ〜ハングルで「帰りたい」

1 :日出づる処の名無し:2008/07/13(日) 18:29:12 ID:02wqKqo7
http://www.asahi.com/kansai/news/image/OSK200807110057.jpg
▲ハングルの詩が書かれた萩焼茶碗を寄贈する藤井八重さん(左)と次男の慶さん
ソース:朝日新聞<ハングルで「帰りたい」 萩焼茶碗、400年ぶり韓国へ>
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200807110059.html

 懐かしいふるさとに帰りたい――。ハングルで望郷の詩が書き込まれた江戸期の抹茶茶碗(ちゃわ
ん)が、京都の古美術収集家の遺族から韓国・ソウルの国立中央博物館に寄贈される。朝鮮半島から
渡来した陶工の思いを託した作品が400年ぶりに海を渡る。

 寄贈されるのは口径約13センチ、高さ約11センチの「萩鉄絵詩文茶碗」。83年に70歳で亡
くなった京都の古美術収集家藤井孝昭さんが生前、京都国立博物館に寄託した萩焼の作品で、「犬の
遠ぼえが聞こえる。懐かしい古里に帰りたい」という趣旨のハングルが表面に記されている。

 萩焼は豊臣秀吉が朝鮮出兵した文禄・慶長の役(1592〜98)の際に、毛利輝元が現地から連
れてきた陶工が萩城下(現・山口県萩市)で窯を築いたのが始まり。寄贈される抹茶茶碗も渡来した
陶工が17世紀初めごろに製作したとみられ、藤井さんの妻八重さん(86)ら遺族が話し合い「日
韓交流のささやかな一助になれば」と韓国への寄贈を決めた。

 里帰りの橋渡しをした京都国立博物館学芸課の尾野善裕さんは「ハングル入りの萩焼は国内には他
に例がない。意義のある帰郷だ」と話す。抹茶茶碗は17日、八重さんと次男の慶さん(58)に携
えられ、韓国へと渡る。(北垣博美)

9 :日出づる処の名無し:2008/07/24(木) 14:21:41 ID:RtP6VXjG
400年ぶり韓国?

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)