5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【瀬島機関】 瀬島龍三 死去

1 :日出づる処の名無し:2007/09/04(火) 21:10:53 ID:k5ncbxvE
瀬島龍三氏、老衰のため自宅で死去
http://news.tbs.co.jp/top_news/top_news3649730.html

 「僕も行政の改革やら国鉄の改革やら、いろんな改革、政府の仕事もしましたが、改革というのは
必ず痛みが伴う」(瀬島龍三氏〔1993年3月〕)

 太平洋戦争時は大本営の陸軍参謀として作戦の立案に参加した瀬島龍三氏。終戦後、シベリアで
11年間抑留生活を送りました。帰国後、伊藤忠商事に入社し辣腕を奮いましたが、陸軍参謀本部の
組織をモデルに直属の部下を率いたことから「瀬島機関」とも呼ばれました。

 「仕事はすごく厳しいです。でもね、仕事が終わりますとにっこり笑っていろいろご機嫌とってくれた」
(伊藤忠商事・室伏稔元会長)

 1981年からは、いわゆる土光臨調の委員として国鉄や電電公社の民営化で中心的な役割を果たし、
中曽根元総理の「ブレーン」としても名を残しました。

 「貴重な人材を失って、たいへん失望もし、悲しんでもいる次第です。心から感謝とご冥福を祈っている
次第でございます」(中曽根康弘元首相)

 戦中、戦後の日本に大きな影響力を及ぼした瀬島氏ですが、水面下の活動には多くの謎が
残されたままです。(04日18:13)

2 :日出づる処の名無し:2007/09/04(火) 21:20:44 ID:/jh4EUE4
中曽根はロックフェラーの日本番頭

3 :日出づる処の名無し:2007/09/05(水) 00:07:53 ID:Xrg5hVSb
中曽根のブレーンといえば、四元義隆もそうだったと思うんだけど、
四元と瀬島の関係はどうだったかな。

4 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2007/09/05(水) 05:30:04 ID:o51/ztyn
 旧日本軍の大本営参謀から大手商社の会長、そして政界のブレーンと
幅広い顔を持ち、「昭和の参謀」とも呼ばれた瀬島龍三氏が老衰で亡く
なりました。95歳でした。
 戦中、戦後の日本に大きな影響力を及ぼした瀬島氏ですが、水面下の
活動には多くの謎が残されたままです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    60年前、財界への米支援を見返りにした対米協力を
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    あたかも「戦争」のように演じ切った参謀の一人が死去。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~  
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| でもこれでこの国が変わる訳ではないんですよね。
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l それはWW2の本当の姿が未だに公にされないから。(・A・ )

07.9.4 TBS「瀬島龍三氏、老衰のため自宅で死去」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3649730.html

5 :日出づる処の名無し:2007/09/05(水) 07:40:47 ID:N3sm0B4F
長生きしすぎだ。

6 :日出づる処の名無し:2007/09/05(水) 18:16:30 ID:j5uXF/FP
韓日の密使として活躍した瀬島龍三さん死去
http://www.chosunonline.com/article/20070905000032

瀬島氏は韓国の政財界の有力者とも幅広い交流関係を持っていた。朴正煕(パク・チョンヒ)大統領時代から
韓国との関係が始まり、韓国に貿易商社制度の導入を勧めるなど、経済開発・政策にも深くかかわった。
全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領をはじめ、朴泰俊(パク・テジュン)前浦項製鉄
(現ポスコ)会長や故・李秉普iイ・ビョンチョル)サムスン・グループ名誉会長ら財界の名士と厚い人脈を築き、
何度も韓国を訪れている。83年の中曽根康弘首相(当時)の訪韓では、密使として事前交渉を担当した。
この過程で日本は経済協力資金40億ドルを韓国に提供したが、これについても瀬島氏が決定的な役割を
果たしたといわれている。

7 :日出づる処の名無し:2007/09/06(木) 02:28:23 ID:opk0baPI
 

8 :日出づる処の名無し:2007/09/06(木) 07:53:05 ID:q34G0ZKT
『瀬島龍三 参謀の昭和史』

 これを戦後東京裁判において初めて聞かされた東条英樹が驚いたとある。
誰もが信じがたいことだったろう。アメリカの大統領から日本の天皇への電報が勝手に
止められていたのである。日米双方、当の天皇は勿論、誰もが驚きを禁じ得なかった
であろう。

 参謀本部作戦課では最初から「開戦ありき」という考えであったのであり、アメリカとの
開戦を決定したその時から、翻意をさせるような外電差し止めを決めていたのである。

 しかしそれは通信課の一少佐が勝手に決められることではないだろう。
特に軍隊の命令系統、上意下達の関係を考えるならば、大統領からの電報が届いたとき、
瀬島と戸村が何を話し合ったか、最終的に戸村が「上げない」ことを判断したとしても、
それ以前にそのようなことが話しあわれたはずなのだ。

 そして、その時通信課に命令する立場にいた者は瀬島なのである。
http://saturniens.air-nifty.com/sennen/2006/01/post_3532.html

9 :日出づる処の名無し:2007/09/06(木) 15:26:48 ID:/Usi/aQW
なんで天皇あてのアメリカ大統領の電報が陸軍経由になるわけ?

10 :日出づる処の名無し:2007/09/06(木) 15:33:10 ID:5/im8m1/
>>9
大本営参謀本部は形式上、天皇の直属
その下の通信課が送受信を担当していたということ

11 :日出づる処の名無し:2007/09/18(火) 00:09:03 ID:y+uT18ni
伊藤厨

12 :日出づる処の名無し:2007/09/24(月) 10:23:09 ID:k9hnXhsR
日本国はあの馬鹿げた戦争の総括を何故やらないのか。
瀬島龍三はその一級の生証人であった。なぜ、生きている間に国の権威で証人喚問しなかったのだろう。
何も語らず死んでいって本当に良かったのだろうか。
これからの日本を考えていくために戦争に関係した人の国会証人喚問をぜひ行なってほしい。
戦争の総括なしに日本はどうするとゆうのだろう。


13 :日出づる処の名無し:2007/09/28(金) 20:17:43 ID:rClm17sx
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070929k0000m010023000c.html
叙位:故・瀬島龍三元伊藤忠商事会長を従三位に

政府は28日の閣議で、4日に95歳で死去した瀬島龍三元伊藤忠商事会長を従三位に叙することを決めた。
瀬島氏は45年に正六位、84年に勲一等瑞宝章を受けている。

毎日新聞 2007年9月28日 18時50分



14 :日出づる処の名無し:2007/10/17(水) 07:52:44 ID:WtcUsUBR
ドキュンからバックアップうけている反日本記事捏造のアサヒる新聞。
恥ずかしくて公共の場では読めない新聞。

15 :日出づる処の名無し:2007/10/28(日) 01:15:36 ID:jKurZrlr
 

16 :日出づる処の名無し:2007/11/12(月) 20:20:45 ID:QXls1m8c
 

17 :日出づる処の名無し:2007/11/30(金) 20:39:47 ID:lxI9FHgZ
 

18 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 01:10:43 ID:DfePo5f+
 ゛ (⌒) ヽ
 ((、´゛))
   ||||||
   |||||| ドッカーン !!
  Λ_Λ     
 <♯`Д´>  
 (つ   つ
 | | |   
 〈__フ__フ

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)